« あの牡蠣をもう一度・・・ | トップページ | 紫陽花の季節・・ »

「鶴」

先日、とあるやんごとなきところで、
秘蔵(?)のボトルを開ける機会がありまして。

鶴・・・の初回版スリムボトル。

まだ、サントリーの響も初期は17年という
年数表記がありませんでしたが、
こちらも同じく年数がありません。

P1240062

ボトルが好きでね・・竹鶴政孝にちなみ、
「竹」と「鶴」がサンドブラストで彫られています。

P1240069

P1240071

2代目マスターブレンダーの竹鶴威氏の
ブレンドなのでしょうか、「威」の落款も。

P1240074

中身がどう違うか・・・手元に今鶴17年がないので、
手に入れたら、比較してみたいところ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« あの牡蠣をもう一度・・・ | トップページ | 紫陽花の季節・・ »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

うわあ、とてもエレガントなボトルですね・・・
鶴の絵柄がとても可愛らしくて、素敵です。
中身のウイスキーも、美味しいにきまってますね=^-^=

投稿: Margarita | 2011.06.21 09:10

nikko81です。

●Margaritaさん

現行の鶴17年のボトルよりも、
断然好きですね。

創業者・竹鶴政孝のことばに、

「ウイスキーを世に出すのは嫁にやるようなものだ。だから花嫁衣裳は立派なものにしてやりたい」

ということばがあります。
まさにそれを体現するようなボトルですよね。

http://www.nikka.com/world/sticking/takeshi/vol013.html

投稿: nikko81 | 2011.06.22 02:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「鶴」:

« あの牡蠣をもう一度・・・ | トップページ | 紫陽花の季節・・ »