« 桜に包まれた会津へ・・・その5。 | トップページ | 杜旅・青葉城編。 »

杜旅・ニッカ宮城峡蒸留所編。

さて、仙台までは1時間ほど。
わーい、仙台だ。いよいよ杜旅の始まりです。

P1220321

「杜旅」というのは、ふらっと―仙台・宮城・東北の地域SNS
さんとのtwitterのやりとりしてるなかで、
仙台(の実家に)帰るのが「杜に帰る」だったら、
仙台への旅は「杜旅」ですかねーとかって話してたのがきっかけ。

「杜旅」、けっこうイイんじゃないかと思ってます(笑)

ステンドグラスの中に政宗さん。

P1220324

この日はもう遅いのと、日曜日だったんで
Barに繰り出すこともせず(営業時間は短い)、
そのまま、すやすや。

翌日はバッチリ早起きして、仙山線に乗り込み、
GW前に復活してくれた宮城峡蒸留所へGo!

もっちろん!作並駅からは徒歩です。
当たり前じゃないですか(爆)

あぁ・・道中唯一のコンビニが閉店してる。残念。

P1220332

この道はちょうど山形と宮城を結ぶ道で、
自衛隊の復興支援の車両が、頻繁に行き来しているのが、
とても印象的でした。

じゃーん。宮城峡到着!

P1220335

改めて思うけど、NIKKA WHISKYのこのロゴの
フォント、かっこいいよねぇ。

P1220337

残念ながら、桜はかなり散ってしまっておりました。

P1220347

キルン塔。こうしてみるだけでは、
あまり被害はないように思えました。
# 後のお話では少し外壁で崩れたところも
# あったそうなんですけどね。

P1220361

まぁ、蒸留所に限らずですが、
スカッと晴れてるほうが、旅には好いですよねぇ。

P1220354

さて、見学の予約をしなくちゃ。

P1220374

見学受け付けのそばで発見した、
仙台ニッカサービスの皆さんの手書きの寄せ書き。
ちょっとジーンときたよ・・・

P1220360

これこそ、蒸溜所だよりに載せても
よかったんじゃないかなぁ。

さてここから見学。キルン塔は地震の影響で、
念のため、中に入るのは中止。

それ以外は通常通り、見学できました。
ま、宮城峡はそもそも見学できるエリアが
少ないのではありますが・・・

お客さんはやっぱり、GWとしてはかなり
少ない人出なんだとか。そっかぁ・・・そうだよねぇ。

サッと見る限り、マッシュタンも・・

P1220363

制御室も・・

P1220366

初留・再留釜も・・特に問題はないように
思えました。うん、ヨシヨシ。

P1220371

P1220372

貯蔵庫では、ピートを触らせてくれたり。

P1220382

熟成度合いをそれぞれ香りを感じて、
比較してみたり・・これって、以前あったかなぁ?

P1220387

ま、それでなくとも、熟成されている貯蔵庫、
この香りを全身で感じるのが、なによりの喜びですねぇ。
地震でも落ちたり、漏れたりすることもなく。

P1220385

無料試飲は、宮城峡10年と鶴17年。
どちらもストレートで頂いているところで、
少し案内のお姉さんとお話して。

P1220392

なんでも、地震当日揺れはしたものの、
売店のボトルも倒れることすらなく、
こんなに大きな地震だとは思わなかったそうで。

ま、耐震工事もしていたんでしょうが、
作並という土地は、地盤がしっかりしてたんですね。

さて、ざーっとお土産コーナーを見て回る。
うーん、めぼしいもの、めぼしいもの・・・

ありゃ、こんなところにKing Of Blender's いたかな?

P1220409

おおっ、伊達がこんなに・・

P1220401

伊達があったら、買い占めてやれ(笑)
と思ってたのですが、思った以上に伊達が満載。

ということで、伊達は手持ちで1本、
発送で6本お買い上げ。これでも12,000円ちょい。

一旦、外に出てなぜか蒸留所の敷地内に
お店を出してるモツ煮込屋さんへ(笑)

P1220423

意外と美味しかったです。
さすがに試飲コーナーには持ち込めませんがね・・

P1220424

やっぱり、赤レンガが閉店してしまった
からでしょうかねぇ・・・一度も行かないまま、閉店。
復活してほしいなぁ。

P1220426

さて、ここからが本番(笑)。お楽しみの有料試飲。
宮城峡1990あたりは持ってるし、伊達は
いっぱい買ってるし・・・

できるだけここでしか飲めないもの、
というとカスクになるんだよね。

もう好みだって分かってる、
シングルカスク宮城峡25年。新樽。
樽番#70767・・ってことで、
以前は#62998だったので、別物。

ただ、傾向的には以前のものと似ており、
アーモンド系の新樽っぽさと、オレンジピールのような
果実系の甘さと酸味、苦さ、シナモン系のスパイスだったり、
コーヒーの香ばしさ、酢昆布の気配・・と、
#62998よりも、賑やかな感じがします。

特に口に含んだときに、はじめ酸味を強く感じ、
香りを感じ方を甘さ主体のほうへとひきつけます。

樽熟成のウッディな甘さだったり、
少しクリーミーな、バニラと言うより、
ミルキーな甘さも出てきますよ。

じきに、味わいはピートのどっしり感や
コクのようなものへと変わっていきますね・・・

ということで、お買い上げ決定!(できレース?)
さすがに500mlは買えないので、180ml×2本。
これでも、1本6,800円。

P1230763

あと、意外なところでスーパーニッカ15年が
有料試飲で残っていたので、飲んでおきました。
今となっては珍しいよねぇ。

さてさて、ウイスキー5杯でいい気分になりながら、
来た道を引き返します。

あんなところにも「がんばろう 東北」。

P1220431

遅いお昼は、利久の「極」定食。
やー、仙台来たらこれっしょ!
# 実は東京駅でも食べられる・・・のは、
# この際気にしてはいけない(笑)

P1220444

さて、この後は久しぶりの青葉城(仙台城)へ。
いや、こんなことになるとは思わなかった・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 桜に包まれた会津へ・・・その5。 | トップページ | 杜旅・青葉城編。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

レポート待ってました♪

写真では穏やかに見えますが
がんばろう東北ですね!

私も東北のお酒をいっぱい買います♪

25年新樽…なるほどー(゚0゚)

投稿: じー | 2011.06.08 00:02

Twitterから飛んで来ました
ニッカウィスキー宮城工場やってるんですね

数年前に見学したっきりだったので嬉しかったです(^-^)

いずれ私も行ってみたいと思います

投稿: ミチ姉 | 2011.06.08 17:24

美味しそう!美味しそう!
ニッカさんの宮城峡、ステキなところですね・・・
いつか行ってみたい・・・

投稿: 宮城! | 2011.06.08 20:23

((・(ェ)・;))↑
すみません
名前「Margarita」です。
宮城って書いちゃった。ごめんなさい。

投稿: Margarita | 2011.06.08 20:25

nikko81です。

●じーさん

すみません、ずいぶんとお待たせしてしまいましたね・・
は、まだまだこれから長い闘いだと思います。

25年新樽は相変わらず、ウマウマです♪

●ミチ姉さん

はじめまして、ようこそお越しくださいました。
そうなんです、見学を再開しているのです。
ぜひ、また訪問してみてくださいね。

●Margaritaさん

蒸留所って、何でこんなに楽しいんでしょうね!
宮城峡、もちろん試飲もいいのですが、
お弁当を持っていって、ピクニック気分で
向うのもいいかなーと思いますよ。

投稿: nikko81 | 2011.06.08 23:00

こけし、一年に一度は似ているといわれます。

ニッカ蒸留所、成人してからは一度も行ったことが無く、なんとしても行きたいところです。

投稿: kaiko | 2011.06.09 05:53

nikko81です。

●kaikoさん

> こけし、一年に一度は似ているといわれます。

超高級こけしってことですね・・って、
ノってしまいました。失礼なことを・・すみません。

ぜひ、行ってみてください。
特に宮城でお過ごしになったことにある
kaikoさんだからこそ・・・

投稿: nikko81 | 2011.06.10 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 杜旅・ニッカ宮城峡蒸留所編。:

« 桜に包まれた会津へ・・・その5。 | トップページ | 杜旅・青葉城編。 »