« ラグジュアリー&スイートなひとときを貴女に・・・ | トップページ | 弘前城築城400年祭…散策編。 »

弘前城築城400年祭…天守観覧編。

さて・・・ようやくGWの話が片付いたと思ったら、
弘前城の話がもう2週間も前のことに!
いやいや、時の過ぎるのは早いものじゃて・・・

当選通知を頂いたのが5/22
で、お出かけしたのが5/28ですから、
1週間切ってるんですよね・・・

でも、せっかく招待状を頂いたからには、
行かないわけにはいきません。

たぶんここでないと体験できない、
アレを求めて・・アレを。

JRの東日本パスが使えれば使ってるところですが、
決まった(それも短い期間)しか使えない・・・
ということで、急遽高速バスを予約し、
金曜の夜、一路弘前を目指すのでした。

ケチって、片道5,000円の観光バス使用。
まぁ、疲れますわw

弘前までは、8時間30分。
まぁ、寝てれば「さえ」いれば、どうってない時間。
これ、眠れないと大変ですね・・

てか、そんなひとはそもそも、
高速バスなんてチョイスしないか・・

到着後、まだ弘前城に行くには早いのですが、
例によって、てくてくと駅から城を目指します。

いろんなところにマスコットのたか丸くん。
お祭り~という感じですなぁ。

P1230215

自販機にもっ。

P1230210

清掃用具入れでしょうか、
城や林檎、桜といった弘前の名物が。
なんだか、シュールな雰囲気を醸し出しているのは、
気のせいでございましょうか・・・

P1230216

P1230217

知っていれば、弘前っぽいなと分かる
マンホール。うっすらとリンゴのカタチ、
そして、卍印は津軽家の旗印であり、弘前市章。

P1230218

これまた、弘前っぽいリンゴのオブジェ。

P1230223

裏回ったら・・・食べさしやん!
(注:食べさし=食べてた途中の残り物のこと。大阪弁)

P1230228

こんなCMを思い出しつつ、歩みを進めます(笑)

いい感じにレトロな喫茶店。
今思えば、こちらでモーニングとかあったかな・・・
ここで少し食べてけばよかったよ。

P1230230

一緒に撮るって、こういうことじゃないよね?
それとも、弘前ではこう言うのか(笑)

P1230232

青森銀行記念館。旧第五十九銀行の本店。
バタバタしてて、結局中には入りませんでしたが、
弘前は洋館も充実していて、建物好きには天国(笑)

P1230238

ということで、あっと言う間に到着。
今回は三の丸東門から入城します。

P1230243

三の丸から北に向かって四の丸広場へ!
おっと見えてまいりました!

P1230245

アレとは、この気球のこと。
なんと、気球に乗って弘前城を眺められるのです!

P1230247

けっこう早めに行ったはずなのに、
すでに大行列・・・のんびり歩いてるんじゃなくって、
タクシーで急いで駆けつけるべきだったか・・

P1230252

最初の方(報道関係かな?)がフライト開始。
いーなー・・気持ちよさそう!

P1230270

まずは、整理券げーっと!
12時半までには時間があるから、
先に天守へと参りますか。

P1230272

城の堀が、蓮で覆われていることも、
多いわけですが・・・

P1230273

やっぱり、ちゃんと水面が見えてる、
水を湛えた堀が美しいよなぁ・・と思うのです。

P1230277

北面から天守。南面から入城するのが普通だから、
あまりこの方角から眺めたことはなかったなぁ。

P1230280

関東以北の城は、土塁中心で石垣が少ない。
弘前城もそうで、本丸にのみ石垣を
見ることができます。

P1230286

内側から天守。内向けには破風がなく、
非常に簡素な印象。

P1230289

天守に潜入。実は弘前城、3度目ですが
一度、雪深い季節に行って入れないことがあり・・
冬季は天守閉鎖なので、ご注意あれ。

明治初期の写真。
当時は小さいながらも多聞櫓を従えた
複合式天守だったんだよなぁ。

P1230294

高札。これだけだとどこにでも
展示されてそうなもんだが・・・

P1230297

悪魔が出てきても、殿様の威厳で追い払うので、
降魔神(悪魔を降す神)は
出てこなくていいよ、という内容。
・・どんだけ、自信のある殿様なんだ(笑)

弘前城の瓦は、木の板に銅版を貼った銅葺。
会津の鶴ヶ城とは違うが、これもまた
寒冷地ならではの瓦の凍み割れ対策。

P1230307

ただ、他城だと普通の三重櫓規模なので、
かなり狭いことは確か。

津軽藩って、さほど大きな藩ではない(47,000石)が、
どーしても・・天守が欲しくてかなり背伸びた感。
天守が建てられただけでも、御の字というところか。

最上階には、本丸模型。本丸御殿の部屋割が
示されているが、個人的には建物そのものが見てーよ、
って感じだな・・資料がないんだろうなぁ。

P1230319

周りにはよくある全国の城紹介。
もうね、どこ行っても紹介されてる城ぜーんぶ、
行ってるんですよね・・・(笑)

P1230321

かなりムリして建てたせいか、普通は他の櫓よりも
高級な木材が使用される天守だけど、
普通の櫓と同レベルの木材でできてるそうで。

P1230326

さて、天守を後に。
普通は下乗橋から眺めるアングルが定番ですが、
ここからの眺めも悪くないです。

P1230335

下乗橋から。こちらからだと
見える面が両方とも本丸の外向きになり、
どちらも破風が見えるんですよね。

P1230336

天守なのに、内面に破風がないのも、
なんとか建てるための、ケチケチ作戦だったのかな?

さて、南内門を出て記念式典の会場を
事前チェックしておきましょう。

P1230348

よく鯱を見ると、ピンッと跳ねたところの多い
活きのいい鯱ですねぇ。

P1230354

この門ひとつとっても、残ってるだけですごい。
こういった門ひとつだけが、唯一の建築遺構・・
という城跡も多いのだから。

関東以北では、こんなにたくさん櫓が
現存している城はないからね・・

未申(ひつじさる)櫓。
破風がなく、装飾性をあまり感じない櫓。

P1230350

よく見ると入り口に「未申の櫓」とある。
これって、当時からあったのかな???

P1230352

会場は三の丸、追手門から入って左手の
弘前市市民会館。特に城っぽくはなかったです(汗)

P1230368

記念式典は14:30から。気球に乗ってからでも
十分間に合いそうだねぇ。

P1230369

周辺では、市民交流会の準備が進められ。

P1230370

出店がたくさん出るようです。
あとで、いっぱいアレコレ食べなきゃ・・・・

P1230371

この光景も今だけ。

P1230374

一旦、追手門から城外に出て、
あたりを少し散策しまっせ~

P1230381

ということで、わずか12時間の青森県滞在なのに、
記事が1本で終わらないという、驚愕の事実・・・(笑)

まだ、続きます。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« ラグジュアリー&スイートなひとときを貴女に・・・ | トップページ | 弘前城築城400年祭…散策編。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ひえ~~~っ!弘前まで8時間半!!!
・・・・・・
いつも岩手まで車で行って
「ここから更に青森まで行くなんて絶対やだよね~、あはははは~」と笑っていたのですが、本当にやる人がいたとは!(爆)
それにしても、全国どこに行ってもユルキャラづくしですねっ。

弘前城は、城としては質素な方なんですね。
なんというか、やっぱり中央にあこがれて、いろいろがんばったんだろうなあ。
東北地方に行くと、「きっと都会(京都とか江戸とか)に行ってきた人が見よう見まねで作ったんだろうな」という建物・風習・舞などがたくさんあるんですが、これが面白いことに、ほとんど進化しないまま残って、むしろ、時代によって型が変わっていった都会よりも古式を受け継いでることが多かったりするんですよね。
あるいは逆に、地元のやり方が混じって独特な形になっていたり。
そういうのを見つけるのも楽しかったりしますねっ。

ところで気球!乗ったんですか!!!乗ったんですね!!!
早くレポ希望!!!!

投稿: しのぶ | 2011.06.15 00:14

nikko81です。

●しのぶさん

8時間半・・でも、夜行「快速」列車
(急行でも特急でもない)で
東京から大阪までそのくらいですからね・・
まぁ、できなくはないかなという感じですよ。
東京から緩行線で九州に行くよりかはマシです^^;

ほんと・・ひこにゃん以来、城=ゆるキャラ、
って感じになっちゃいましたね(笑)

弘前城、実は創建当時には4.7万石の小藩には
似合わない五層天守があったのですが、
16年後に落雷と天守内に火薬があったせいで、
大爆発して、焼失したのですよ。

なぜか、江戸城天守も16年間隔で破壊再建を
繰り返してるし、なんだかジンクスがあるのでしょうか。

で、なんとか1800年代になって、
ようやく再建のお許しが幕府から出たんですよね。
質素でも何でも、天守が建てられればOK!
という感じだったのでしょう。

どうして津軽家がそこまで天守にこだわったのか・・
それは今となっては謎かもしれません。

なるほど。意外と本家本元では廃れてしまって、
他地域で残ってたりするものですよね。
中国起源の文化が日本や韓国で残ってたりとか。
なかなか興味深いですよね。

気球。ふふ、まぁ、続編をお読みくださいませ・・・

投稿: nikko81 | 2011.06.15 01:48

おはようございます。
こちらには初めてコメントさせて頂きます。

弘前城も含めてですが、現存天守や国宝4城と言われる城に、微妙に疑問をいだいております(^^;
弘前城は「御三階櫓」が江戸時代の正しい名称だと思うんです。元和や正保以降の天守級建築は本丸三重櫓と言われたり御三階櫓と言われたりしているので、ほぼ同義であるのは分かっているのですが・・・。丸亀城も本丸三重櫓が正しい名称だったような。弘前城のように旧天守台にあたる部分がありながら天守代用として御三階櫓をたてるなら明石城も現存天守でいいような・・・?
もし新発田城が復元ではなく現存であればやはり天守扱いだったのですかね。
国宝四城、いつも思うのですが天守と限定していないので二条城も入れてあげて欲しい(笑)

ちなみに福岡城は南二の丸にあった南三階櫓が天守代用だったと思われます。10間×10間の大型櫓だったようですが、まったく資料が残ってないので残念ながら復元不可能なようです(T-T)

長々と書いてしまいましたが、弘前城は良いお城ですよね!僕も久々に行きたくなりました。

投稿: スカイトレッカー | 2011.06.17 08:47

nikko81です。

●スカイトレッカーさん

コメント有難うございます。

現存十二天守、あるいは国宝四天守という
言い方がありますが、江戸時代の正式名称=
現代の正式名称ではない、と考えます。

なぜなら、弘前城の本丸三重櫓(つまり天守)は
まさに天守代用として建造されたわけで、
徳川幕府に遠慮して、「天守」を名乗れなかったにすぎません。

東日本には、そのような御三階が多くありますが、
必ずしも「事実上の天守」ばかりでもなく、
(鶴ヶ城御三階とか)、特に天守としての性格を
帯びた櫓を現代になって「天守」と呼ぶことには
違和感がないからです。

ちなみに、弘前城天守は旧天守の場所には
建造されていません。場所が異なります。

明石城の巽櫓・坤櫓は、城主が天守代用を
意図していたかというと「?」かもしれません。
新発田城はどうだったか・・???

福岡城にも「御三階」があったのですか?
西日本は「三重櫓」はあっても「御三階」という
呼び名は珍しいような気がします。

まぁ・・・資料が残っていない櫓は
ムリに復元しようとするとトンデモができそうなので
慎重にならないといけないですね。
ちなみに、江戸城は天守指図が残ってますよ!

ま、弘前城は櫓門も数多く残ってますし、
見所が多いことは確かです!

ちなみに、国宝四城という言い方は
個人的にはあまり耳にしませんね・・

投稿: nikko81 | 2011.06.18 14:45

長文に返信いただきありがとうございました。
天守と御三階櫓の件、確かにおっしゃるとおりだと思いました。ただ、個人的に”御三階櫓”という名称も天守と同じくらい好きな単語なんですよ、なんというか遠慮がちな感じが(笑)。明石城に関しては、やっぱり無理がありますかね(^^;

福岡城には東三階櫓・西三階櫓・南三階櫓の三つが存在していましたが、南三階櫓は飛びぬけて大きかったようです。ちなみに現存する重文の南二の丸多聞櫓及び西隅櫓から南三階櫓は多聞櫓により接続していたようで、下見板張りで格子出窓をもつ建物だったようです。正保の絵図にはその姿がデフォルメさててはいますが描かれています。せめて古写真でもあれば・・・。規模からみて、天守に近い位置づけの櫓だったと思われます(福岡城には他にも天守櫓なる天守台脇の二重櫓もありました)。
東三階櫓と西三階櫓は二重の多聞櫓で結ばれ、合わせて”武具櫓”と呼ばれていました。武具櫓は解体中の古写真や現地にあった時の写真など資料が豊富で、一応福岡城の復元整備計画に武具櫓再建が含まれてはいますが、いつになるやら。金沢城の二重多聞とは逆の無骨な姿は福岡のシンボルになる建物だと確信しているのですが。

国宝四城という名称は最近のNHKの番組で多用されていた気がします。確かに四天守ならば違和感はまったくないですね。

江戸城天守復元ですが、現在の天守台は後の再建ですよね??江戸城天守の復元は史跡指定や文化庁の基準的にかなり厳しそうな気がしますが。
もし実物を見る事ができれば壮観でしょうね!

ところで、私のブログからこちらのブログにリンクさせていただいてもよろしいでしょうか??

では、長文失礼いたしました。

投稿: スカイトレッカー | 2011.06.20 01:59

nikko81です。

●スカイトレッカーさん

まぁ・・御三階ということばに、
思い入れがあるのであれば・・それでもいいかも。
明石は天守代用というつもりが、
当時の藩主になければちょっとね・・

福岡城、できれば南三階櫓の復元を待ちたい
ところですが、絵図レベルだと難しいですし、
無理しないほうがいいかもしれません。
ヘンなのつくられても困りますしね。

一方、武具櫓は古写真があるんですね。
資料が豊富だと、文科省の許可も下りるのでしょうか。

福岡城は熊本城に並ぶ、九州屈指の大城だと
思うのですが、なにぶん建造物の残りが
少ないですものね・・きっと武具櫓は、
シンボルになるに違いありません。

江戸城天守台は、ご指摘の通り、
寛永天守が焼失して後に、手が加わっていて、
若干、石垣の高さが低くなっているようです。
が、全くの別モノというわけではないです。

復元には、かなり詳細な天守指図があり、
CG化できるほどなので、資料の上では問題は
さほどないかと思います。

こちらの記事も、併せてご参照頂ければ。
http://arcadia.cocolog-nifty.com/nikko81_fsi/2011/03/post-9f38.html

あ、リンクの件は問題ないです。
ただ、城のことばかり書いてないので、
その点で問題がなければ・・・ですけど。

投稿: nikko81 | 2011.06.21 02:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/51937583

この記事へのトラックバック一覧です: 弘前城築城400年祭…天守観覧編。:

« ラグジュアリー&スイートなひとときを貴女に・・・ | トップページ | 弘前城築城400年祭…散策編。 »