« 鉄道博物館に潜入したはるか遠くの記憶…番外編。 | トップページ | GW初日・・・喜多院。 »

GW初日・・・川越城 描かれた城絵図の世界。

さぁ、ようやくGWの話に移れるぞ、と。
今年はみっちり10日間お休み。

半分を旅に充て、半分を大掃除にしました。
例年は、半分掃除、半分のんびり・・なんですがね。

まず初日、4/29。
本丸御殿の修理が完了したばかりの川越城へ。

キレイになった御殿そのものはもちろん、
近年見つかったという、川越城の城門・櫓の図面が
展示されるということで。

川越城もどちらかというと、駅から離れている城、
なんですが、もちろん向かうは歩き(笑)

でも、川越は建物もいろいろあって、
街並みも楽しめるんですよね。

まぁ、3kmちょっとなので
たいしたもんじゃありません・・・この感覚、
なかなか分かっていただけないかもしれませんが・・

いいでしょ?大正浪漫夢通りにある
シマノコーヒー大正館」。

P1210237

山崎美術館
蔵のある川越の美術館としてぴったり。

P1210246

川越商工会議所。どこかギリシアの神殿っぽい。

P1210252

日本聖公会川越キリスト教会
煉瓦造りの小さな教会。城を見に来たはずが、
もうこの時点で愉しい建物続きで、くらっくら(笑)

P1210270

こういう蔦があるのとないのとでは、
趣が全然違いますよね。

P1210257

○に春印の瓦。どことなく相撲文字っぽくない?

P1210275

現役で使われている蔵のようです。
地震の影響で修繕中なのかなぁ・・・

P1210278

前回行ったときも行った時も
撮ったけど・・一応。カラーマンホなんで(笑)
# わ、前回って5年も前だー・・・

P1210282

で、そうこうしていると、
あっという間に本丸御殿に着いてしまうわけです。
唐破風の部分が赤っぽいな。

P1210301

ちなみに、こちらが2006年の川越城本丸御殿。

kawagoejo

ちょっと5年前の写真は、ホワイトバランスが
おかしい気がするけど、それでもやはり色が違います。
酸化した銅を磨いて、銅本来の色を出したのか??

白漆喰はかなりキレイに修復され、
まばゆい白さを放ってました。

P1210332

瓦は、再利用されたものも多そう。

P1210293

やはり、黒瓦だけじゃなく、白漆喰も
あったほうが映えますよね。

P1210323

ただ、思いっきり屋根に使っているので、
今後のメンテナンスは大変そう。
実は雨や雪に、漆喰は弱いはずだから・・・
火にはめっぽう強いのだけど。

では、中にお邪魔します。

釘隠し。現存する城遺構建築に入ったら、
釘隠しも注目すると、面白いですよ。

P1210338

解体修理時の様子が、御殿内に展示されてました。
ここまで解体して修理したんだ。ふむふむ。

P1210365

壁も一から作り直し、という様相。

P1210349

ぷぷぷっ。落書きだって。
職人さんのものかも、とか。

P1210355

廃城後、学校や武道場、果てには
タバコ工場にもなったことがある本丸御殿。

その歴史を物語るいろいろな「落し物」も
みつかったようです。

P1210356

修理前に使われていた鬼瓦。
葵紋が立派ですな。

P1210359

中庭から。光の向きの関係で、
こちらから撮ったほうが、屋根の漆喰がキレイに
見えるかもしれませんねぇ。

P1210386

アップで。空の青と黒瓦、そして白漆喰。

P1210375

P1210382

こういうちょっと瓦の姿をシルエットっぽく
画の構図に入れてみるのも好きなんだよなぁ・・・

P1210385

P1210406

これは・・・当時にはないよね?
瓦で花壇つくるというのは。

P1210377

左半分がそのままの瓦、右半分が新調した瓦。
少し色合いが違うのが、お分かりいただけるでしょうか?

P1210411

新と旧が交じり合う姿も、なかなかいいものです。

P1210421

なにやら、お武家さまが相談中?

P1210433

この後は、そばの川越市立博物館・特別展示室にて
第35回企画展「川越城-描かれた城絵図の世界-」を。

まぁ、例によって撮影禁止なわけですが、
もちろん図録を買って、手元にあるわけですが・・・

高台にあった富士見櫓をはじめ、菱櫓、虎櫓、
南大手御門、西大手御門、中之御門、
天神御門、三之御門、埋(うずみ)御門の各立面図。

寸法も記載されているし、これだったら
木造による正確な復元できそうな代物。

ただ、かなり縄張りは破壊されているので、
復元できそうなのは、高台がある
富士見櫓くらいかな・・・というとこ。

資料によっては、三重と記載されているのもあり、
博物館の模型も三重だったけど、
この史料によれば、二重櫓。
復元できそうな期待が膨らみます!

で、その富士見櫓跡も見に行くか・・・

とぉりゃんせ、とぉりゃんせ♪
こーこはどーこの細道じゃ、天神さまの細道じゃ♪
の歌のモデルとなった三芳野神社を通って。

P1210494

建物はかなり古そう・・・本丸御殿よりも
古いかもしれませんよねぇ。

P1210488

5年前は木が生い茂っていた猫小屋。
キレイさっぱりと木が伐られていましたが、
相変わらず、猫小屋はありました。

P1210503

で、富士見櫓跡。

P1210509

木が生い茂りすぎ、そう言われないと
絶対に分からないですよね・・・

P1210510

このあたりに櫓が建ってたんですかね。
二重櫓だし、気を何とかしないと、
全然目立たなくなっちゃうなぁ(苦笑)

P1210518

なんか、コンクリの塊とかがごろごろして、
風情はゼロな感じ・・・

P1210523

このあと、何でも江戸城の遺構があるという
喜多院にも足を伸ばしてきました。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 鉄道博物館に潜入したはるか遠くの記憶…番外編。 | トップページ | GW初日・・・喜多院。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GW初日・・・川越城 描かれた城絵図の世界。:

« 鉄道博物館に潜入したはるか遠くの記憶…番外編。 | トップページ | GW初日・・・喜多院。 »