« ハンドルと実名は、両立する。 | トップページ | 4/9・甲府巡礼 ~桔梗屋・信玄餅詰め放題~ »

「忘れてくれないなら、せめて悲しまないで」

今日は、ほんとうにわたしの人生というか、
生きる上での考え方に大きな影響をもらった方の誕生日。

この世を去って5年亡くなった事実を知って
もう4年も経とうとしているわけだけど、
あれから毎年誕生日である4/10には、
彼女のことを思い出します。

特に今年は、東北地方を襲った大地震があり、
もしまだ居ててくれたなら、今回の地震のこと、
どう思っただろうか、と考えずにはいられません。

たぶん・・たぶんですが、
阪神淡路大震災で、大きなこころの傷を負ったひとり、
だったのではないかと思います。

彼女が書いたside story

未完に終わってしまったわけだけど、
なぜ・・・彼女がこういった話を書いたのか。

そんな野暮なこと、聞こうにも聞けるはずが
なかったわけですが。

わたしも、かの地での地震を経験したひとりですが、
幸いにもそんな大きな痛手を
被ることは、ありませんでした。

だから、あの揺れそのものを経験はしていても、
大切な人を失った悲しみや、どう生きていけばいいか
見当もつかないという絶望を、やっぱり生身の感覚として、
こころの中で受け止めたことがない。

だからこそ、この地震を契機に日本を駆け巡っている
現実にどう向き合うか、立ち向かうかということについて、
彼女のことばを聴きたいなぁ、と思うのです。

彼女は、この世の去り際に、
こんなことばを残しています。

> 残った人は辛いよね。自分のことは忘れて欲しいけれど、
> 忘れてくれないならせめて悲しまないで欲しいかな

この地震、津波で命を失われた何千、何万という方々が、
同じようにお考えになるかは、判りません。

でも、このことばを読み返すにつれ、
ちゃんと立ち直って、生きていていいんだよ、
というメッセージなのかな、というようにも思えます。

> 頭の中を ふっと右から左に通り抜けようとする「想い」
> をがっしり掴まなきゃなって思うの。
>
> チャンスの神様には前髪しかないけれど,
> 思考の神様には しっぽがあるのよ,きっと

幸いに、思考の神様にはしっぽがあるそうです。

通り抜ける前に掴んじゃうのでもなく、
通り抜けて逃がしちゃうわけでもなく。

ちゃんと想いを汲み取ろうとして、
しっかりと掴み、受け止めよう。

今日は、白州のイベントの懇親会
同席した方々で集まって、お花見をしてきました。

その話は、また追ってするとして・・・
人間たちの想いなど知る由もなく、
今年も美しく咲いていた桜の花を捧げましょう。

P1210078

こうして「知り合えるよろこび」を、
誰よりも、深く気づかせてくれたでるふぃさんに。

そういやside storyでも、

> 桜の花びらが、雪のように舞い散る。

という一節から、始まることに気づきました。

「笹野美也子」にとっての桜のように、
被災者の方々にとっても、辛い記憶を呼び戻して
しまうのかもしれない。

だけど。

とあるバーのマスター・野上和彦が、
こう語りかけます。

 人間は想い出が無かったら生きて行かれへんよ。
 けどな、想い出だけで生きて行くわけにはいかへんの。
 (中略)
 いつか時が来たら、辛いことも昇華できるよ。
 人間ってそゆとこ上手いことなっとんねん。
 せやのに、逆行してどないすんねん?
 忘れるようにしろってゆーとんのちゃう。
 自然に昇華できるようなもんを
 引き戻すようなことをするのはやめゆーてるだけや

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« ハンドルと実名は、両立する。 | トップページ | 4/9・甲府巡礼 ~桔梗屋・信玄餅詰め放題~ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/51356528

この記事へのトラックバック一覧です: 「忘れてくれないなら、せめて悲しまないで」:

« ハンドルと実名は、両立する。 | トップページ | 4/9・甲府巡礼 ~桔梗屋・信玄餅詰め放題~ »