« 特別講演・寛永度天守の魅力と実像 Part II その4。 | トップページ | SMWS Tokyo Spring Bottle Sampling 2011。 »

特別講演・寛永度天守の魅力と実像 Part II その5。

■平和の象徴・・としての江戸城天守

実は、江戸城には他の城には見られない特徴がありまして。
それは・・石落し鉄砲狭間がひとつも、
見当たらないんです。

石落しも鉄砲狭間も、いずれも鉄砲を撃つための穴で、
よく天守や城壁に、丸や三角の穴がある・・アレです。

姫路城は、現存天守で最も鉄砲狭間が多い天守らしく
世界遺産の登録も防備上の工夫がよくされた点を
評価されていたそうですが・・・

江戸城寛永度天守には、ホントに石落しはなかったようですが、
鉄砲狭間は隠されており、非常事態には使えるように
穴が開いていたようですが、普段は見えないのです。

すでにもう元和偃武から久しく、
武力で支配する時代が終わったことを暗示している・・・
という平和の象徴としての天守だったのが、大切なところ。

このあと、内部CGを見せていただきましたが、
外観もさることながら、講演であった圧倒的な空間の広さと
部屋の数の多さ・・さすが、わざわざこの高さの天守を
5Fにする意味というのがよく感じ取れました。

そして、窓ですがある方角の窓は常に閉まっていまして、
これは、将軍・大御所の住まいの方角は開けない
という決まりになっていたから。

本丸御殿は、天守の南方。
そして、大御所の座する西の丸は文字通り西。

ということで、窓が開けられるのは、
北と東。もし、再建できた暁にもこうしておけば、
一般庶民が、皇居を見下ろすような不敬をせずにすむ・・
ということにもなるとか。

で。主催が「江戸城再建を目指す会」ということで、
木造でホントに建造できるのか?という質問への答え。

再建するなら木造でないと意味がない、と。

鉄筋コンクリートの耐用年限は約50年。
戦後に再建された鉄筋コンクリートの天守は
ここ20年程度で取り壊さざるを得なくなるだろう、
というのが、三浦先生の読み。

木造なら、何百年も耐えられます。
そして、姫路城が解体修理しているように
修理すれば、どんなにも長く使えるはず。

51cmや36cmといった太い木材なら、
林野庁が管理する森林に豊富にあるらしいんです。

でも、そんな太い木材は普通使わないし、
バラバラに切ってしまうと、節が出て値段が落ち、
切り出す費用と売却価格が同じになって使い物にならんと。

これを有効に活用するという意味でも、
天守を建築できる宮大工の文化を継承していく、
という意味でも、ぜひともいつの日か再建できたらな、
と思うのでした。

このあと、懇親会にも図々しく参加させていただき、
理事長さまや再建を目指す会の会員の方と
お話させて頂きましたが、若い(!?)方が興味を持ってくれるのは
とてもうれしいと口々におっしゃっていただきました。

費用はかなりに上るでしょうし、この講演の後、
東北大震災の爪痕が著しい現在、すぐにどうこうというわけには
決して行かないとは思いますが、江戸城天守がそびえる日が、
いつか来ればいいなと思いながら、会場を後にするのでした。

で、今年「江戸城再建を目指す会」。江戸城を偲ぶ
江戸ウォークの会などもありますので、
興味のある方は、ぜひアクセスしてみてください。

わたしもできる限り、応援したいと
思っております。

江戸城再建を目指す会

■おまけ

実はですね、懇親会途中で抜けてきたんですよね。
それは?Nikka Blender's Barでのブレンド教室。

以前はイベントでしたが、4名以上集まれば、
ブレンド教室を開いていただける・・とのことで、
kaikoさんはじめ、数名をお招きし一路南青山へ・・・

ま、相変わらず本作よりも、試作のほうが好み・・
という感じでしたが、今回はグレーンを入れずに
ピュアモルトに挑戦しました。

P1200125

次はもう配合を考えるんじゃなくて、
前回のブレンテッド試作とピュアモルト試作のレシピで
いっぱい作って、Blender's Barにボトルキープしておきたい・・・
そう思ってしまいました(笑)

P1200127

で、昨週の海江田大臣が大規模停電かもぉーって、
言った途端にどの会社も「すわ、一大事」とばかりに
一斉に帰宅指示を出して、どの駅も大混乱・・・でしたよね?

あの日、Blender's Barを再訪し、自分のつくったピュアモルトを
愉しみながら時間を潰したのですが。

やっぱり、試作のほうが好みだ・・
気のせいではなかったorz

で、嵐が去った頃に、ガラガラの電車に
余裕で座って、帰ったのでした・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


|

« 特別講演・寛永度天守の魅力と実像 Part II その4。 | トップページ | SMWS Tokyo Spring Bottle Sampling 2011。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「日本史」カテゴリの記事

コメント

あの日、別件ってこちらだったんですね!

そしてあの大停電の夜……実はあの日も運よく午後休みをとっていたので、混乱に巻き込まれず。。。会社で、あの人が午後休をとると何かが起きると恐れられています。。。

投稿: kaiko | 2011.03.21 19:57

nikko81です。

●kaikoさん

そうなんですよ・・・両国から南青山に
急行したんです。

え?あの日も午後休・・ホント、運がいいですね。
心の準備をするので・・次の午後休は
いつになさいますか?(笑)

投稿: nikko81 | 2011.03.23 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/51172650

この記事へのトラックバック一覧です: 特別講演・寛永度天守の魅力と実像 Part II その5。 :

« 特別講演・寛永度天守の魅力と実像 Part II その4。 | トップページ | SMWS Tokyo Spring Bottle Sampling 2011。 »