« The Society Burns Night 2011。 | トップページ | 立川中華街で麻婆豆腐を頂く! »

シングルモルト普及委員会活動。

さて、ウイスキーイベント続き・・
な記事のトリとなるのはこちら。

シングルモルト普及委員会主催
第5回・スコットランド会議。

灯台下暗し、ジャパニーズ・モルトの力を知る、
というサブタイトルからも分かるように、
今回は、ジャパニーズウイスキーばかり。

いかにも知ったような言い方をしてますが(爆)、
KaoriさんのWebサイトを見て、参加してみようかな、
と思った、初回参加の新参者です(笑)

各々の自己紹介のあと、ブラインドティスティング。
どっちがジャパニーズでしょう?

P1170771

うーん・・明らかに左は(●付き)は、
サントリーなんだけどなぁ・・・右はどうだろ。
ジャパニーズのようなそうでないような・・・うむむ。

悩んだ挙句に両方、ジャパニーズで挙手!
うわ、やたっ!正解。

ちなみに銘柄は、左が響17年、右が鶴17年。
響きはまぁ飲むんだけど、鶴ってほとんど飲まないからな。
なんか、自信を持って回答できませんでした。
・・・うーん、まだまだ修行が足らんな?

少し、ジャパニーズウイスキーの解説も聞きつつ。
評価されてきたとはいっても、蒸留を始めて90年弱。
日本人が得意の職人芸を活かし、まだまだこれから!!
というところでしょうね。

本日のボトルは、こういうラインアップ。

■キリンシーグラム Premium Whisky "BAR" 43%特級

P1170777

まずは、「特級」とあるように旧酒税法
(1988年以前)時代のオールドボトルが3種。

今のキリンで思い浮かべるようなクリーンさはないなぁ。
これが経年変化によるものなのか、
もともとのこうなのかはよくわからず。

■サントリー Pure Malt 8yo 特級

P1170785

あれ、サントリーってこの頃って、
シングルモルトもピュアモルトって言ってたよね?
という感じですが、こっちはVatted。
つまり、山崎と白州のモルトを組み合わせています。

8年と若いですが、逆に経年変化で、
ちょうどいいくらいに落ち着いていて、
なかなか飲みやすいですね。

■ニッカ Mild Nikka 特級

P1170791

オールドボトルの最後は、ニッカ。
若干華やかさは残っているものの、枯れてるなぁ、
という感じがしました。

■本坊酒造 The Malt of Kagoshima 1984 25yo

ちょっと・・・ボトルを持っているので、
敢えて写真を撮らなかったのですが・・・
ということで、自宅のボトルから。

P1180019

この日に感じたのは・・まさかまさかのお出汁の香り!
昆布というよりはカツオダシでしょうか??
少し塩気を感じるところも、ダシっぽい感じに
させるところでしょうかねぇ。

シェリー樽熟成なんですけどねぇ・・・
実に不思議であります。ふふ、まだ開けないでおこ。

■サントリー President's Choice

P1170797

非売品で、首相関係者だけに配られた?
というPresident's choice。

以前、少しだけ分けていただいていて、
持ってはいるのだけど、こうしてボトルを目にする
機会はなかなかないよね。

残念ながら、個性の強さはさほどだけど、
樽熟成感を上品に感じられる逸品です。

■サントリー The Owner's Cask Yamazaki 1986
(La Maison du Whisky 50th Anniversary Bottling)

・・・めっだま~、めっだま~、今日のめっだま~
ということで、来ました。ミズナラ様。

P1170800

いやー・・ミズナラはほんっとにいいもんですよね。
と思わず、水野晴郎的になっちゃうのも
しゃーないっちゅーもんよ(笑)

ただ、ミズナラ様、美味しいのですが、
いつもことばに躓くのです。どう表現したらいいか。
あの複雑な香りと味わいを・・・

ミズナラが持つ上品で魅惑的な香りに
やられっぱなしです。いまだにまともに感想を
書けたことがないのですよね・・

ということで、感想かけないのでもう1杯!
・・・とお代わりしちゃいました。てへ。
お代わりしても、書けないものは書けないんですが(爆)

でもなぁ・・・1本だけでも、
ミズナラの美味しいボトルをストックしておきたいよな。

■メルシャン 軽井沢 Vintage 1984 18yo

P1170803

あ、あれ?ミズナラに気をとられて、
感想が手元のメモに書いてないんですが・・・残念。

■ニッカ 余市蒸留所限定原酒 Peaty & Salty

なんだ、いつものアレかぁ・・と写真はなし。
なんだけど、ウイスキーって何の後に何を飲むか?
で、感じ方がものすごく変わるんですよね・・

だから、Barで飲むと、時折すごいことが
起こるもんなんですよ。

このPeaty & Salty、はじめにシュワシュワした
ラムネのような感じがしたんですよね。
えええっ?みたいな驚きの後には、磯の香りや
ウインナーを焼いた香りとか・・・
でも、はじめのシュワシュワはなんだったんだろう??

このあと、余市のシェリーや当日ご同席された方の
Owner's Caskもあったんですが、例によってメモが・・・

P1170804

P1170809

思いのほか、ボトルのラインアップが豊富で
だいぶん飲ませて頂きました。やー・・・至福です。

Kaoriさん、イベントのご紹介有難うございました。
Tommy松本さん、イベントの企画有難うございました。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« The Society Burns Night 2011。 | トップページ | 立川中華街で麻婆豆腐を頂く! »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「グルメ」カテゴリの記事

コメント

シングルモルト、最近気になっているのでこちらのイベントぜひ参加したかったです!残念!

投稿: kaiko | 2011.02.08 05:48

nikko81です。

●kaikoさん

今回は、わたしも初回ということで
どんな感じか様子見な感じだったのですが、
むしろ、初心者の方にオススメしたいイベントですね。

またあれば、ご案内します!

投稿: nikko81 | 2011.02.09 01:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/50796213

この記事へのトラックバック一覧です: シングルモルト普及委員会活動。:

« The Society Burns Night 2011。 | トップページ | 立川中華街で麻婆豆腐を頂く! »