« さすがに日帰りは・・だけど。 | トップページ | Tokyo Designers Week 2010 - 学生展編1。 »

Tokyo Designers Week 2010 - コンテナ編。

いやー・・後回し後回しにしていたら、
もうこんなになってしまいました。
Tokyo Designers Week 2010

P1120570

行ったのは、10月31日と11月3日・・・
もう20日以上前・・・

ですが、記録には残しておきたいので、
今更感満載でお届けします(汗)
まずはコンテナ展から。

そういや、なんで100% Designって、
言わなくなったんだろうね?

今回から、メールアドレスを書かないと、
バッグや資料などを頂けなくなりました。
いらない人も多いのかな?

P1120574

■桐で家具をつくる - 多摩美術大学 × (株)有紀

P1120607

しまうひかり。何かをしまうための箱として
用いられてきた桐。
それなら、光をしまおうということでできた照明。

P1120621

実際点かないのが惜しまれるが、
漏れる光って、すごく心地いいですよね。

KOLO-LOGHT。これは内からの光を
桐を通して感じるもの。

P1120625

思わず手にとりたくなるかたちと、
奥から漏れ出る光の加減が
美しいだろうな、と想像しつつ。

カタムク本棚。傾くことでむしろ安定するような。
本がまだ少ししかないときにも安定。
発想的にも、デザイン的にもおもしろい。

P1120635

natural camera case。
デジイチを入れるケースを桐でつくっちゃった。
それくらい軽くて丈夫?ってことかな。

P1120638

wainke-su。桐でできたワインケース。
桐の箱って、なんかそれに入ってるだけで
高級感がありますよね。
また、桐には機密性もあるそうで。

P1120640

カクカク - シカシカ。三角形のかたちに
桐を切り出してつなぎ合わせ、袋や布のような
包み込むことを可能にしたもの。

P1120642

もうちょっと、きめを細かくしたほうが
実用的かなーとは思ったけど。

■絶滅危惧種のポスター展

今回のテーマにもなってる絶滅危惧種。
これをお題にしたポスター。

Windowsのフォルダを消すのになぞらえた
ポスター。これだけの種を消します、いいですか?
と警告メッセージ。

P1120648

8ドット系のレトロゲーム調。
ゲームデータの”SAVE”と、種を救う”SAVE”を
かけてるんだろうな。選択肢がSAVE the futureしか
ないけどいいのだろうか?

P1120650

こちらは、USBキーボード。コードのカタチが
絶滅危惧種のひとつであるサイ。

P1120655

よーくみると、キートップに書かれているのは、
Ctrl + Sのみ。

P1120656

人間の足跡が、文明を持つことで靴に変わり、
そして、他の足跡を横切るように・・・
最後はすべての足跡を阻んで、人間だけ。

P1120659

これ、ものすごく秀逸。
なかなか人間活動が、動物を隅に追いやっている
という実感はわかないものだが・・

ゲシュタポに逮捕されるパンダのような。
実に象徴的で、衝撃的。

P1120661

■コンテナの車窓 - 東京大学 廣瀬・谷川研究室

コンテナ展は、貨物輸送用のコンテナを
使ってその中で展示するものなのだけど・・・

そのコンテナに窓をつけ、車窓を眺めたら・・
というのをVR技術で、実現してみたというもの。

P1120666

映像もさることながら、音の響き方が
ものすごくリアルで臨場感があって。
でも、普通の電車に乗ってる感覚とは違った、
籠もった感じがして、しばらく体感してました。

■Luxury Brand Conbini

高級品ブランドコンビニを通じて、
デザイン環境が創造性を壊しているのでは、
ということをデザイナーや消費者が見直せる場を
つくろうというもの。・・・なんだか、ピンとこない。

P1120688

確かに、こういうように置いてあったら、
高級感のかけらもないわけだけど・・・

P1120682

■FABLAB JAPAN

3次元プリンタやカッティングマシンを備えて
材料さえ持ち込めば、誰もが使える
オープンな市民製作工房をつくろう、という試み。

P1120690

こちらの機械では細長ーく、樹脂を出して
重ねていくことで立体を作り出す。

P1120694

たとえば、こんなの。

P1120696

こちらのカッティングマシンでは、
木材をカットするだけじゃなく、
文字を焼きいれることも可能。

P1120701

こちらのパネルで操作するだけ。
やりはしなかったけど、やってるお兄さんを
見ているとなんだか簡単そう。

P1120711

こんな風に焼きを入れて・・

続いては、カッティング。

薄めの板を持ち込んで、木製の名刺を
つくったりとかできそうだね。いいなぁ。

■ヨルシノブ

つりしのぶと光ファイバーのコラボってこと
らしいのだけど、そもそも「つりしのぶ」って何???

P1120734

その場でGoogle先生に教えてもらって
やっとわかりました。そゆのがあるんだー。
ここで見るまで、まったく知りませんでした・・・

P1120736

で、これに光ファイバーを組み合わせて
ホタルのようにほのかに明かりをともしたのが、
ヨルシノブ。形はさっぱりわかりませんが、
暗闇にぽつぽつと明かりが漂います。

P1120728

ザガットサーベイ

全米No.1のレストランガイドの日本版。
英語で書くとそうはならないんだけどさ、
カタカナで書くと・・・どうしても、
サガットに見えてしょうがない(笑)

中では、2011年版のザガットサーベイの
表紙の人気投票をやってました。

P1120738

わたしは、こういうシンプルなのが
いいかなー。

P1120741

■MU + a

武蔵野美術大学のデザインチームの作品。
水を入れたペットボトルに光と音を当て、
音を見えるようにする仕組み。

P1120766

音というよりは、単純に光と水が織り成す
画がとてもキレイで、ついつい写真に収めたくなります。

さて、次は学生展。
blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


|

« さすがに日帰りは・・だけど。 | トップページ | Tokyo Designers Week 2010 - 学生展編1。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/50114538

この記事へのトラックバック一覧です: Tokyo Designers Week 2010 - コンテナ編。:

« さすがに日帰りは・・だけど。 | トップページ | Tokyo Designers Week 2010 - 学生展編1。 »