« Tokyo Designers Week 2010 - 一般編2。 | トップページ | 香水瓶とウイスキー。 »

Tokyo Designers Week 2010 - 一般編3。

さすが、14時間居座っただけのことはありますね・・・
書いても書いても、資料がまだまだ
残っているんですから・・・

早く書き終えちゃおう・・・

株式会社河田

河田ときいても、何の会社かさっぱり・・・
ですが、ダイヤブロックの会社といえば、
あぁ、と納得する人も多いでしょう。

小さな頃にブロックで遊びましたよね。
そして、レゴブロック派とダイヤブロック派がいて・・

どちらも家にあった気はしますけど、
かくいうわたしは、ダイヤブロック派。

そのブロックも子供人口の減少とともに、
子供だけではなく大人もターゲットにし始めている!
そんなことを初めて知りました。

それが・・・nano block。
1つのでっぱりが4mm×4mmの極小サイズ。

子供には扱うのは、大変かもしれませんが、
小さい分、オトナがより精巧な作品を
作り上げられるというわけです。

nano blockのサンプルを頂きました!

P1140716

これじゃ小さっさがわかんないな・・・
ケータイ(G9)と比べたら、こんな感じ!

P1140718

組み立てたら、チョコボのような
鳥になりました。

いくつか出展されていた方に質問したのですが、
レゴブロックと比べての優位性は?
との問いには、外しやすいところだそうです。

そうそう!レゴって、ぴっちり付いて、
外しにくいんだよね・・・

同じサイズのブロックを重ねたりすると、特にね。
子供だから、外せないと口に入れて、
歯で噛んで外したりして、歯型が付いちゃうんだよね。

あと、海外には進出しないんですか?
との問いには、世界ではレゴが強すぎて敵いません・・
とのことでした。なので、日本でオトナ相手に
商売しようということですね。

うむむ。頂いたパンフを見ると、
姫路城とかあるし・・惹かれる・・・

ドイツのノイシュバンシュタイン城に、
フランスのモンサンミシェル
スペインのサグラダファミリア
インドのタージ・マハール・・・
興味ありありです。

その他、生ビールチョコレートケーキなどの
食べもの系もあったりして・・

オトナへの照準、こりゃ本気ですね(笑)

gleam

コンセプトとしては、WOODPROの足場材の
再活用に近いのだけど、こちらはインド洋の島々で
使われてきたカヌーの木材や、線路の枕木、
古民家の材木を利用。

剥げ落ちたペイントの剥げ落ち感だとか、
がいい味出してますよね。

よりこちらのほうが、長い歴史を経てきた・・
という実感がわく気がします。

NTTデータエンジニアリングシステムズ

これ、リンク先を見るだけだとなんのこっちゃ、
なんですけどね・・・

3D CADでつくられたデータを基に、
ダイレクトに加工して製造できる機械なんですね。

サンプルとして、すごく複雑な機構で
折りたためる照明なども展示されてたんですが、
組み立てをすることなく、つくれるみたい。

もともとは、モックアップだとかの
テスト的につくられるものに応用されている
ものだそうですけどね。

こういうところに出品して、デザイナーさんの
感想を聴いて、産業用としてだけではなく、
一般の人にも目にすることのできる
製品への応用を考えているとか。

自分自身は、何かを生み出せることはないのだけど、
チョット可能性を感じましたよ。

積水ハウス・小さな生活展2

広いお家が好きですか?狭いお家が好きですか?
そんなの広いのに決まってるやん!

・・・そうでもないのです。
わたし、なにげに狭いところが好きでしてね。

閉所恐怖症の人から見ればありえないでしょうけど、
あのぎゅっと詰まった充実感、
秘密基地のようなわくわく感、好きです。

ということで、積水ハウスpresentsの
この小さな生活展。如何に狭い部屋でも開放感を
持たせて、快適に生活するか?
というおもしろい試みです。

掘りごたつ式で足を伸ばせる空間の先に、
枯山水があったりとか、二人がけのソファが
入るだけの空間でも、視界が庭に抜けるだけで、
とても心地いいバースペースになったりとか。

そもそも、狭い空間での食事って、
いいですよね?居酒屋とかの個室の感じ。
あれが家でもあったらいいなーって思いますよ。

押入れの中がシアタースペースってのも
アリかもしれないな!

こちらに少し写真が出ています。

Hacoa

わたしのなかではもう、結構有名なブランドに
なったなーと思ってるHacoa。

木をつかったデジタルものが多く、
気になるものが多すぎて、つい財布を
開いてしまいそうになります・・・アブナイ(笑)

最中や板チョコの形をしたUSBメモリ
いいですけど、全面木でできたキーボード・・・
いや、木ーボードに惹かれまくり!

でも、85,000円はキーボードには
出せないわ・・・

他にもいろいろほしいものがありましたが、
グッと我慢しました(笑)

12月にはHacoaの直営店が、御徒町に
できるんだそうです。


大きな地図で見る

ちょっと機会があったら、
寄ってみるのもいいかもねぇ。
うっかり、なんか買っちゃいそうだけど!

エム・エム・ヨシハシ

瀬戸物・・というと陶磁器のことを言うくらい
焼き物の町である瀬戸市。

ここでつくられているのは、陶磁器を作る
原型の段階から彫りこみを入れてあり、
完成したあとには、優しい彫りこみとなって
みえてきます。

こちらはその一例の魚偏漢字湯呑
漢字が並ぶと重い感じになるけど、
白地のみの仕上げと彫りこみ線の柔らかさで
優しい印象の湯呑になっています。

waistrap

ケータイを着こなせ!ということで、
吊るしてもつケータイホルダー。

でも・・・折り畳みじゃないわたしは
どうにも使うことができず。

どうなんだろうな、スマートフォンでも
もちろんダメだし・・・意外と
使える人って、多くないんじゃないかなぁ?

kanadaからダ!

妙なダジャレに脱力しそうになるが(笑)、
ブレントコマー氏の細い枝を組み合わせてつくった
木材がすごく気になりました。

特に・・・大きな水玉模様が隙間なく
敷き詰められたようなデザイン。

ことばでこう!とは言いにくいのですが、
すごく惹かれるものがありました。

有限会社辻建材

お城大好きなわたしにとって、
漆喰というと城壁の建材・・のイメージなんですが、
超お手軽・カンタンなチューブタイプの漆喰。

ペンキを塗るような感覚で、コテやヘラに
乗せてペタペタ塗るだけ。

うーん、おもしろいですね。
これだけカンタンなんだったら、
壁だけではなく、塗料感覚でいろんなものに
使えたりしないんでしょうかね?

天晴出品

最後は台湾から、天晴出品。

揺銭木

貯金箱なんですけどね。お金を入れれば入れるほど、
木が成長していくように見える仕掛け。

仕組みはものすごいカンタンなんですが、
発想はなかなかおもしろいなと思いました。

毎日、家に帰ったら財布の中の小銭を
これに移して、貯めておくとかするときに、
一枚一枚コインを入れなくていいのも、
ラクチンかもしれません。

茶酒杯。ひとつで中国茶を飲むグラスにも、
ビールのグラスにもなるもの。

中国茶に限らず、ショットグラスとして使えば、
ウイスキーのストレート用と、
ハイボール用の兼用ができたりするかも。

・・・いやぁ、疲れました。
これで、やっとTokyo Designers Weekの記事は完。
長かったなぁ・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« Tokyo Designers Week 2010 - 一般編2。 | トップページ | 香水瓶とウイスキー。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

すごっ!nikkoさん、14時間滞在したんですかっ!
確かに納得な詳細レポですもんね。
デザイナーズウィークもタイドもその週の土日までだと思ってて、見逃したんですよ。
なので、詳細レポ、かなり嬉しい♪
いや、行きそびれたの、大後悔。。。

このナノブロック、先日ヒルズで見かけたんですよ!
アタクシ、ショーケースに張り付きました。
かなり欲しくなりますよね。
そうそう、タージマハールとサグラダファミリアがあったの!
欲しいわー、次に見かけたら買っちゃうかもしれない。
と、まんまとダイヤブロックさんの作戦に乗ってしまう気がする。。。

あ、上海は、明日からですか???
街中で襲われないように。。。
気をつけて行ってらっしゃいませーっ。
休日の上海レポも楽しみにしております。

投稿: yoshie | 2010.11.28 23:52

nikko81です。

●yoshieさん

そう・・14時間って
どんだけいるのよって感じですよね。

あらら・・お見逃しとは。
少しでも会場の雰囲気を感じていただければ・・

ヒルズにナノブロック?
今までの感覚だと、絶対にありそうにない
ロケーションですね・・やはり、オトナ狙い。

ヤバイですね、かなりダイヤブロックの
術中にはまってますよ!

上海は、12/1に出発に延期になりました。
ということで、のんきにblogを更新したり
しております・・・

投稿: nikko81 | 2010.11.29 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/50150010

この記事へのトラックバック一覧です: Tokyo Designers Week 2010 - 一般編3。:

« Tokyo Designers Week 2010 - 一般編2。 | トップページ | 香水瓶とウイスキー。 »