« Tokyo Designers Week 2010 - コンテナ編。 | トップページ | Tokyo Designers Week 2010 - 学生展編2。 »

Tokyo Designers Week 2010 - 学生展編1。

さて、学生展。

これね、いつもより数が多かった気がする・・・
かなり多くて、全部見回るのにすごく時間掛かった。

■千葉大学

館山の洲崎灯台にある「Fluchair」。
ゆっくりと時間を過ごしてほしいという思いで
つくられた椅子。

P1120770

流山市の運河河口公園にある「Cycrest」。
この辺りはサイクリングコースなんだそうですが、
木と木の間に、自転車を停めておけて、
自転車のそばで、もたれかけて休憩できたり。

P1120772

東京・武蔵境にある「茶屋・下田園」にて。
「en」というこの空間は、人のつながりの縁だったり、
和の象徴としての円、売り上げに貢献する「¥」、
そして、下田「園」をかけている。

P1120775

こういうところで、じっくりお茶を
飲むのもいいだろうなぁ。

P1120774

閉じた感じはないのだけど、
ちょっと外との空間の違いが感じられて、
ホッとできそうな気がします。

■京都芸術デザイン専門学校

ゴミ箱に装着する蓄光性のウレタンで
できた「輪舞~ロンド~」。

P1120782

夜にぼんやりと光り、ゴミ箱の位置が
わかるというもの。みんなちゃんとゴミはゴミ箱に。

■大邱大学(韓国)

ん?シャボン玉?

P1120787

解説板を見ると「Seed Babbles」とある。

P1120786

種をシャボン玉で飛ばしちゃおうということか。
なんとも夢のある発想だな。

ミルクに浮かべると、一瞬氷河の氷のようにも
見えるけれども、実は住処を失った
ホッキョクグマの形が現れる。

P1120789

そっか、今回は生物多様性がテーマなんだな。

■ヒューマンアカデミー東京校
 デザインカレッジ

未来危機構想カルタ。
電気がなくなったら?メールができないんで、
伝書鳩に託したりだとか、
石油がなくなった・・ので、馬に乗って移動とか。

P1120803

まぁ・・一種の極論だけど、
ありえないことがずらずら書かれてて、
なんだかな・・

■ものつくり大学

発想がおもしろいなーと思ったのは、
そろばん型の電卓。

P1120814

しかもこれ、カタチだけじゃなく、
そろばんを弾くことが数字の入力を
するようになってる。ボタンじゃないんだ。
ちょっと動きが怪しかったけど。

わたしはそろばんはできないのだけど、
そろばんをやったことがあって、
今やる機会がなくなっていたら、
思わず、懐かしいと思っちゃうんじゃないだろうか?
そろばんも文化的な意味での絶滅危惧種?

CDケース型のミュージックプレーヤ。
今はまだ・・だけど、いずれCDという形態は
少なくなっていくのかなぁ。

P1120816

これ、一瞬は動物たちのカタチのクッションで
かわいらしく見えるんだけど・・・

P1120817

でも、座ったときにその動物がギュッと
押されるわけで、人間が動物を圧迫しているのを
象徴させたんだとか。

後ろからみると、座ったときに
動物が縛り付けられているようにも、
見えるんだって・・・見た目に反して
意外とドギツイメッセージ性。

P1120818

■工学院大学

竹かごの編み方のひとつである「やたら編」を
薄くスライスした杉のリボンで実践。
中にライトを入れると、照明に。

P1120830

あ、これもTensegrityなんじゃ?

P1120833

よくこんな規則正しい形を作れる枝を
集めてきたもんだなぁ。

P1120838

■京都工芸繊維大学

瓦の形をしたスツール、「甍箱(いらかばこ)」。

P1120857

日本の伝統建築が好きなのもあって
目を惹いたんだけど、微妙なカーブ感が
けっこうしっくりしたすわり心地。

高さが違うのもあって、互いに寄せると、
瓦屋根のように見えるらしい。

同じ日本の伝統から生まれたものとして、
井桁組のスツールも。規則的に並んだ木材の姿は
非常に美しく感じられますね。

P1120861

デジタルを象徴するように「0」と「1」で
できた椅子。ひとつの脚には本の形が添えられ、
アナログがデジタルを支えている、あるいは
デジタルがアナログを踏みつけている・・・

P1120865

単純に「0」「1」の組み合わせデザインが
美しいと思うのですが、コンセプトを知ると、
いろいろと示唆に富みます。

■京都精華大学

世界を変えるゴミ箱・・・earth box。

P1120875

一つ一つのブロックに絶滅危惧種を含んだ
動物の絵が描いてあり、ごみを入れすぎて
ブロックが零れ落ちる、つまり絶滅してしまうと、
全体としての枠組みの強度が落ちて行き、
最後はすべてが崩れ去ってしまう・・・というもの。

生物多様性との関係は、なんだったっけ?
という感じだけど、傾けても傾けても起き上がり。

P1120886

かなりの角度でも、起き上がってくるんだよね。
すごい。

靴を履いたまま、正座をするための椅子。
けっこう正座がしっくり来て、疲れなそう。

P1120888

正座をすることも確かに少なくなったもんな。
そういう意味では、正座も絶滅危惧種ってそゆこと?

shiro・・小学生のときとかさ、
真っ白白の上履きってあったじゃない?
あれにイラストを描いてて。

P1120890

確かに絵心ある人なら、可能性が広がる
画材かもね<上履き

似顔絵描ける人に頼んで描いてもらうとか(笑)

わーん、とても終わんないや。
また、続きは明日。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« Tokyo Designers Week 2010 - コンテナ編。 | トップページ | Tokyo Designers Week 2010 - 学生展編2。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/50115136

この記事へのトラックバック一覧です: Tokyo Designers Week 2010 - 学生展編1。:

« Tokyo Designers Week 2010 - コンテナ編。 | トップページ | Tokyo Designers Week 2010 - 学生展編2。 »