« これ、いいかもぉー! | トップページ | やはり、疲れが一気に噴き出したようで。 »

墓標はまだ残り続ける・・・

もう亡くなって2年になろうとしているわけだけど、
いまだblogを訪れる人が多いみたい、という話を
こちらで読んで知る。

去る10/31の誕生日にも、お祝いコメントが
ずらっと並ぶ。あの頃は、2万6千だったわけだけど、
今見たら、コメント数6万5千超えてるからね。

もちろん、そんな意図で書かれたわけでは
ないのだけど、凄い人は記事を書いた本人・・
だったのかもしれない。

で。

やはり、墓標のような何かになろうとしている
ひとつのモデルケースだと思うわけで、
あの世に旅立った後のblogのあり方、
を問いかけている事例だと思うんですよね。

個人的な感覚として、blogってつながりも
もちろんあるのだけれど、自分の城というか、
まず、自分の拠りどころ・・みたいなところもあるので、
墓「標」になりえるんじゃないかな、
という気がしていますが、SNSはどうなんだろう。

SNSって、関係性が中心だから、
死によって、関係性が固定化されてしまうと、
どうなんだろうな、とも思ったり。

少なくとも、SNSじゃないけど、
twitterは墓標にはなりえないだろうな。

twitterって、流れだもん。
ストックじゃなくてフローというか、
ストリーム。しかも、流れの速い。

昔は、自分でタグ打ったりして、
HTMLを編集するWebページと比べて、
blogがよりストリーム性があったかもしれないけど、
技術的障壁を削り落とすことで、ストリーム性を
獲得しつつ、メディアとしてのストック性を
持ち合わせているのが、blogなんだと思うね。

そのストック性が、blogを墓標になりうる理由、
なんじゃないかな、と思ったりしています。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« これ、いいかもぉー! | トップページ | やはり、疲れが一気に噴き出したようで。 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 墓標はまだ残り続ける・・・:

« これ、いいかもぉー! | トップページ | やはり、疲れが一気に噴き出したようで。 »