« 白州ヘビリーピーテッド2010。 | トップページ | ヒリヒリなんて、どこへやら。 »

FPD international 2010。

昨年も行ってみて、素人なりにおもしろかった
FPD international。今年も行ってみました。

ぜんぜん技術畑ではないんだけど、
液晶って、ユーザからも見えやすくイメージしやすい
と思うので、大所であればけっこう楽しめるものです。

やっぱり、世の中のトレンドは3D。
CEATECでもいろんな方式を見てきたのと、
個人的に3Dにそんなに食指が伸びる感じでもないので、
ざー・・・と流す感じでした。

そんななかで気になったのをいくつかご紹介。

■透明ディスプレイ

これ、LGブースに昨年もあったのですが、
今年は、サムスンとLGに。

サムスンのほうが、いろいろと出していて、
興味深かったですね。

窓にディスプレイを設置するようなイメージ。
奥に景色が見えつつ、天気や地図なんかが
タッチパネルで操作できました。46型。

P1130857

こちらはちょっと小さめの23型液晶でしたが、
ショーウインドウをイメージしたつくりになってて。

P1130860

文字が貼ってあるように見えると思うけど、
これがいろいろと動くんだよ。

全面イメージが表示されたり、あるときは
ちょこっと透明な部分が現れて、
奥のディスプレイされた商品が見えたりしてね。

昨年のと比べて、この透明さぐあいに驚きました。
ホント、ディスプレイだと思えないんだもん。

新たなデジタルサイネージの可能性を
見た気がしますよ。

関連するサムスンモバイルディスプレイのブースでは、
ノートPCに実装した例も展示されてて。

P1130867

ちょっとねー・・・ノートPCにそのまま、
ってのはどうなんだろうね。もっと小さいモバイルPCや
スマートフォン、あるいはデジタルビデオカメラに
操作パネルとファインダを兼用にする、みたいな
感じだったら使えると思うけどね~

一方、昨年もあったLGディスプレイは
窓に実装する例だけ。この例では47型パネル。
インパクトではサムスンのほうが上だなぁ。

P1130891

だけど、透明ディスプレイ(transparent LCD)に
”Window TV”という名称をつけてました。

■折りたためるディスプレイ

こちらもサムスンモバイルディスプレイから。
主にスマートフォン向けをイメージしてデモされてた
折りたためるディスプレイ。

P1130878

3.97型を2枚使って、5.3型として
使っていました。解像度はちょっと中途半端な感じの
960×800で、かなり真四角な感じ。

特にここでは、大きく取り上げませんが、
いくつかのディスプレイを組み合わせて、
より大きな画面にするために、縁が狭いタイプの
液晶が競って展示されてました。

それをうまく使うと、こういう応用もあるんだ
ということなんでしょう。

実際、開いたところを見ても、
液晶と液晶の間が気になりませんでした。

P1130872

■プラスチックのディスプレイ。

液晶って表面部分はガラスなんですが、
こちらはプラスチックでできてるらしい・・・
こちらもサムスンからの登場。

P1130864

Unbreakableと書いてあったので、
割れない(割れにくい)ディスプレイなんでしょうね。
なんだかタフなPCができそうな感じですね。

■太陽電池PC

直接、液晶とどう関係があるのか・・・
わたしの拙い英語では、聞き出せませんでしたが・・・

台湾企業のAU Optronicsという液晶メーカのブースで、
液晶裏とキーボード部分に太陽電池を実装した
なかなか興味をそそられる展示がありました。

P1130923

Wikipediaで調べてみると、Acerグループの
液晶メーカーなんだそうです。
世界三大液晶パネル製造会社の一つだとか。

あと、液晶だけではなく太陽電池製造にも
乗り出してる
ようです。

液晶裏はこんな感じ。まぁ、そうだよねって感じ。

P1130930

すごいのは、キーボード。タッチパネル式の
バーチャルキーボードとセットにして、
ガラスの下に、フィルムで太陽電池モジュールを
挟んで実装。電池も2.1mm厚と超薄。

P1130920

しかも、表面は透明でキー刻印だけがあり、
タッチパネルも実装し、光を受けて太陽電池として
機能しつつ、キーボードとしても
十分機能するんですよ。

もちろん、打鍵感ゼロなのには、
慣れないといけないけどね(笑)
東芝のLibretto W100みたいに、打ったときに
バイブレーションが働くといいかも。

コーナーとしては、環境に優しい
グリーンプロダクトという位置づけで展示されてて、
バッテリの減りを軽減し、CO2削減に貢献する
太陽光発電でいつでも少しづつ充電する、
というコンセプトだそうで。

ま、ただ実際は稼働時間が延びるとしても、
気休め程度かなぁ・・という気はする。
でも、こちらのページによれば、
20%は消費電力を削減できるそうですね。

だって、最大出力は9W。かなり消費電力が
少なそうなわがLOOX Uでも、ACアダプタを見ると、
19V 2.1Aで40Wですからね・・・

そうなんだけど、太陽電池をPCにつかったらどうなるだろう?
という素人の素朴なギモンをカタチにして
あったのがすごくおもしろくってね。

あと、別の見方をすれば、太陽電池の模様って、
意外とデザイン的におもしろいなーという気がしていて、
PCのデザイン的なアクセントにも一役買ってる気が。

いわゆるとがったモノという意味では、
商品化されてもおもしろいな、と思った次第。

■日本勢は・・

ここまで韓国・台湾勢ばかりで、日本は?
という感じですが、東芝やNEC、富士通、シャープと
いましたけど、これは新しい!というのは、
残念ながら見あたりませんでしたね・・

唯一、気になったのは、視差バリア方式という
方法でメガネナシの3Dを実現しているデモ。

P1130901

この方式だと、左右に視線をずらすと、
縦の黒い影が見えてしまうのだけど・・・

P1130906

スマートフォン向けとかであれば、
そんなに変な角度から見ることもないので、
小さなパネル向きな感じがしましたね。

それ以外は、解像感もしっかりしているし、
自然な感じの3Dだったので、好感触。

・・・いやー、今回は液晶ではないんだけど、
太陽電池PCがヒットでしたね。
もう少し、ブラッシュアップして製品化されたら、
モバイルガジェット好きのココロを
かーなり揺さぶりますね(笑)

もう少し、PC WATCHにはいろいろと出ています。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 白州ヘビリーピーテッド2010。 | トップページ | ヒリヒリなんて、どこへやら。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

Valuable info. Lucky me I found your site by accident, I bookmarked it.

投稿: auto mechanics | 2010.11.21 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/49993036

この記事へのトラックバック一覧です: FPD international 2010。:

« 白州ヘビリーピーテッド2010。 | トップページ | ヒリヒリなんて、どこへやら。 »