« DESIGNTIDE 2010 vol.1。 | トップページ | DESIGNTIDE 2010 vol.3。 »

DESIGNTIDE 2010 vol.2。

さーて、第2弾ですよぅ。

designskogen

切り絵って、なにげに好きなんですよね。

シンプルで飾った部分をそぎ落とした、
どこか抽象的なところで、潔い部分もあったりしてさ。

そんなデザインを組み合わせて、
つくられた照明だったり、カーテンだったり。

P1120308

P1120310

なんだか、影が折り重なるさまも
美しいですねぇ。

P1120307

テキスタイル・・・!?
と言われてもピンときませんけど、
でも、なんだかすごく魅せられましたよ。

あ、光の当て方にも一工夫あったようです。

こういうのは、スウェーデンのものらしいのですが、
デザインされた若鍋祐子さんは、
ストックホルムのスウェーデン国立美術学校
Konstfack大学院から戻られ、
今年日本で活動されているのだそうです。

みやさんのblogを読ませて頂いているせいか、
どことなくスウェーデンに近しい感覚があるので、
日本×スウェーデンの感覚の融合って、
なんだかいいなぁ、と思って。

plugged designed by &design

> 隅に追いやられた「電気コード類」に着目し、
> その中に美しさを見いだす

という、「plugged」。

コードが球のようなカタチをつくってたり・・・

P1120311

意外とコードでふにゃふにゃしてるから、
こんがらがったりするのかも。
実は、しっかりかちーんとしてるほうがいいんじゃね?
というのは、確かにあるのかもしれない。

P1120312

果ては、コードそのものがオブジェクト化。
意外と悪くないよね。コードがダラッとしてると、
見たくもなくなるが、スッとしてると
存在感がみるみるスマートになる。

P1120315

特に気にいったのが、文字を文字として見ず、
一定の形・デザインと捉えて、
コードのカタチに落とし込んだもの。

P1120316

P1120317

P1120318

コードが巻かれてる「み」とか、
秀逸だよなぁ。

MODERN DESIGN GROUP

山をイメージした椅子。椅子取りゲームのような
かたちで全部つなげると、富士山に似たような・・・
山の姿になるというもの。

P1120325

でも、ひとつだけずらすと
見ようによっては、剥きかけのにんにくにも
見えないことも・・ない(笑)

Design Office MARRON

この不思議な物体。脚同士は互いに触れることなく、
細い糸同士の絶妙な力の均衡で、
安定した状態になっている。
こういったものをTensegrityというらしい。

P1120333

Tensegrityとは、tension(張力)integrity (全体性)から
つくられた造語。こちらのblogによると、

> 投げると弾むくらい構造は安定しています。
> が、輪ゴムを一か所外すと途端にバラバラ

になる不思議な構造体なんですね。

これをつかって、テーブルにしてみたら、
こんな感じです。

P1120335

なんだか影までエレガントな感じがしますね。
野暮なことを言うと、少々蹴っちゃったり
物がぶつかっても大丈夫・・なんでしょうね?

■t/m Wafft

多摩美術大学のご出身の方のデザインユニットt/m

ブナ材とアルミを何層にも重ね合わせて、
合板とした板でつくられた椅子。

P1120343

ものすごい軽いんだけど、くいっとひねってある
のもあって、強度は結構ありそうな感じ。

木目を外に出したり、アルミを外に出したり、
どう重ね合わせるのは自由が利くみたい。

P1120341

ReLine

山本侑樹さんの作品。
昨年は、音にあわせて水が振動する”Spica”
出展されてた方なんですね。

今年のReLineは、数学の関数のグラフをモチーフに
椅子を作られていました。

P1120347

これ、実は医療用に使用される
シリコンゴムチューブを張り巡らせて、
つくってあるんですね。

くにゅっとしたやわらかいゴムなので、
かなり深く沈みこみますが、
しっかりと受け止めてくれ、その沈み具合がいい。

でも、もっといいのは、この椅子から立ち上がるとき。
不思議と背中を押されたような、
でもすごく自然な心地よい感じ。

座っているときよりも、立ち上がった瞬間が
印象に残る椅子でしたね。

3-1 design

布をテーマに、布素材の新しい魅力を
追求・・とのこと。

そのなかで、Origaneシリーズは、
ステンレス糸を織り込んで、金属と布の特徴を
うまく融合させたプロダクトを提案。

Origane Food cover。ステンレス糸により、
自立するフードカバークロス。

P1120351

Origane LED light。金属部分は、
もちろん電気を通すので、LEDを刺すだけで
照明に早変わり。

P1120350

Origane Tablecloth。ステンレス糸を使って、
形状を記憶させられる。テーブルクロスが
箸置きにもなったりして。

P1120352

これ、まだまだ応用範囲がありそうな、
可能性のある素材だな、と思います。

さて・・・やっぱり、ダメだったか。
ということで、また一旦切って、
第3弾にしますよ・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« DESIGNTIDE 2010 vol.1。 | トップページ | DESIGNTIDE 2010 vol.3。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/50032932

この記事へのトラックバック一覧です: DESIGNTIDE 2010 vol.2。:

« DESIGNTIDE 2010 vol.1。 | トップページ | DESIGNTIDE 2010 vol.3。 »