« 究極の醤油の会第2弾 その4。 | トップページ | シングルモルト余市&宮城峡1990発売前試飲会。 »

究極の醤油の会第2弾 その5。

さて、いよいよ最後のプレゼントなりました。
究極のTKG(たまごかけごはん)には欠かせない、
ヨード卵・光の日本農産工業さん。

日本農産工業 … 会場美代子さん、垣内啓子さん

P1140196

日本農産工業って・・・??
という感じですが(大変失礼)、

三菱商事系の商品会社でペットフードや
乗馬・競走馬向け飼料、畜産・水産飼料、
それに食品事業を手がけられていて、
その食品事業のひとつが「ヨード卵・光」なのです。

でね、わたしちょっとイイ卵というと、
ヨード卵・光って感じなんですよね。
実家にいたときも、ちょくちょく頂いていました。

それもそのはず、誕生は1976年
わたしの1年先輩なんです。
歴史が違いますよね。

P1140198

販売個数は、50億個を超えるとか。
50億個の卵を並べると、地球7週半するんだとか!

ヨード卵・光の「ヨード」とは、
卵を産む鶏が食べる飼料に含まれる
海藻に多く含まれるヨードの名前からとったもの。

ラフロイグとか、ボウモアとか、
あと余市もそうですが、海辺でつくられる
ウイスキーには、ヨード香がする・・・といいますが、
あのヨードのことなんです。
(・・どうしても、ウイスキーに関連付けたいんだナ)

こうした海藻などを食べて育った鶏の産む卵は
栄養価が抜群で、さまざまな機能性が確認されています。

血中コレステロール改善、乳がん予防、
アンチエイジング作用、活性酸素除去、
血糖値改善、抗アレルギー・抗炎症作用、
肝機能改善などなど・・・

特に、女性の方には「アンチエイジング作用」
なんて、気になるんじゃないでしょうか?

そして、もちろん機能だけじゃありません。
お味も違うんですよ。実に濃厚なんです。

P1140202

これ・・・なんだかわかります?
味覚センサーといって、人間の舌に似た
人工脂質膜を用い、味覚の五つの感覚である、
甘味、酸味、塩味、苦味、旨味を
数値化できる装置なんですって!

で、これによると、ヨード卵・光は、
一般的な卵と比べて、コク(=旨味?)が3.56倍も!

P1140205

こうして、数値化できるのはすごいなぁ。
非常に明確ですよね。

卵だけじゃなく、ヨード卵・光をつかった
マヨネーズもつくってられたりだとか・・・

カロリーは気になりますが、
醤油×マヨネーズって、最強ですよね・・・

スポンジケーキを焼くときの卵に使っても、
ふっくらしっとりなケーキに仕上がるそうです。

■試食タイム

で・・・いよいよ試食タイムであります。
今回は、好きな銘柄の醤油を自分で取ってくる感じ。
あまりにもいっぱいありすぎて、困っちゃうなー。

どうぞ好きなのを!って感じで、
正直なところ、ちょっと自由すぎるかなという気が。

こういうのが、オススメですよとか、
これとこれを比べると、おもしろいですよ、
とか、ある程度のヒントはほしかったなぁ。

で、わたしはというと。
ヨード卵・光が旨味たっぷり濃厚!ということなので、
ヨード卵には、普通の濃口じゃ追いつかず、
再仕込み醤油がいいんじゃないかな?

ということで、片上醤油さんの重ね仕込み醤油を
チョイスさせていただきました。

まずは、ヤマロク醤油さんに教わったとおり、
ごはんに醤油を・・ちょっと入れすぎたかな!?

P1140211

確かに、醤油の香りがかなり立ち込めますね。
うーん、いい香りだ。

そこに、ヨード卵・光を投入!
また、黄身の色が濃いですよね。
これぞ、ヨード卵。

P1140212

で、ささっと混ぜていただきます!

P1140213

いいですね、濃い醤油が合いました。
濃いもの同士が高めあって、実にまろやか・芳醇。
濃いものには、再仕込みと憶えましょ(笑)

あとヨシコシ食品さんのお豆腐も待ってます。
こちらは、ヤマロク醤油さんの菊醤で頂きました。

P1140209

前回、すごく豆の味がする・・と
驚いた丹波の黒豆醤油。プレゼンではTKGに・・
とのことでしたが、豆×豆どうし、
これもなかなかいい感じでした。

自宅にもあるので、豆腐には今後も
菊醤でいきますよ(笑)

そのあと、いろいろ醤油を試したのですが、
ある程度予想できましたが、
何がなんだか、ワケがわからなくなりました・・・

そんな中でも、日本一醤油の生揚げは、
ちょっと印象的だったかな。

ヤマロク醤油さんの生醤油も頂いたのですが、
こちらのほうが、より醤油らしくないというか、
ちょっと別の調味料なんじゃ?
というくらい、甘いんですよね。びっくり。

ただ、醤油としてはどうかな、と。
普通、醤油にかけて食べるものに同じように、
使うのはどうなんだろう、という気がしました。

また、春ごろに第3回があるようですけど、
今度は、たまり醤油を味わい比べる会とか、
再仕込みを・・とか、特定ジャンルで、
じっくりと蔵元ごとに比較をしたりできたらいいなぁ。

お土産。どうですかこのボリューム。
これでもかというくらい醤油をいただいてきました。

P1140226

使ってないディスプレイされた瓶も
頂いちゃったりして。

50mlの試供品を5本、
ヤマロク醤油さんの100mlの鶴醤を1本、
と鶴醤のストラップ、片上醤油さんの
重ね仕込み醤油350mlを1本、
それにいわしの缶詰に、豆腐2つ、
山川醸造さんのたまり粉末、
ヨード卵光のキャラクターひかりんの
ストラップ・・・・

ちょっと、ありえません(笑)
太っ腹すぎます。

弓削多醤油の中戸川さんのおもしろいお話に
敬意(笑)を表して、弓削多醤油のTシャツも
買いました。1,000円。

P1140227

でもいろいろ醤油を
使い分けられるので、50mlはうれしいかも!

どうせだったら、全部50mlづつ頂けても
よかったかなぁ。

ちょっと今回、新たにお気に入りになった
重ね仕込み醤油は、きっちり大きいのを
ゲットしてたりする(笑)

行けなかった方も、春の第3弾に期待するもよし、
今回来てくださった醤油蔵へ見学するもよし。
はたまた、職人醤油さんのお店に、
足を運ぶのも、またいいかもしれません。

これを機に、醤油蔵をめぐる旅もいいな、
と思ったりなんかして。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


|

« 究極の醤油の会第2弾 その4。 | トップページ | シングルモルト余市&宮城峡1990発売前試飲会。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「グルメ」カテゴリの記事

コメント

お土産すごすぎです!
もうこうなったら、会社にマイ醤油持っていくのもアリかもしれない。

投稿: MT2 | 2010.11.21 15:52

濃厚TKG、美味しそうぅぅぅ!
やっぱり、一堂に比べられるって
貴重な体験ですよね。
お土産がゴージャスでビックリ!

あぁ、、、行きたかった。。。
次回は、ワタクシも参戦したいと思いますっ!

投稿: yoshie | 2010.11.21 19:59

nikko81です。

●MT2さん

そうなんです。お土産がすごすぎるんです。
確かに会社に持っててもいいかな・・

でも、醤油が美味しくても、
そもそも会社の食事が美味しくないという・・
醤油パワーで美味しくなるのかな?

●yoshieさん

濃厚TKG、いいっすよー^^
せっかくなら、TKGをお代わりしたいところですが、
豆腐はお代わりあっても、ヨード卵は
売り切れでしたorz

醤油の数も多すぎて、メッチャ迷います。
職人醤油さんで、じっくり比べるのもいいかも。

次回春ごろに、またあるそうですから、
yoshieさんもぜひ、醤油の世界にお越しください!

投稿: nikko81 | 2010.11.21 20:33

今回も詳細なご紹介ありがとうございます!相変わらずの詳細さに驚きと嬉しさでいっぱいです!

また勝手ながらブログにて紹介させていただきました。第3弾もよりバージョンアップして開催したいと考えています。再仕込みなどの特定ジャンルにしぼった会など是非とも参考にさせていただきたいです。

本当にありがとうございました。

http://www.mantaro.jp/?day=20101122

投稿: 職人醤油 高橋万太郎 | 2010.11.22 10:00

行く予定ですぐ申し込みしたので整理番号1番だったのですが、時間間違えてて参加できませんでした。TKG美味しそうですし、お土産豪華ですね。前回よりバージョンupしてて…残念です。

投稿: sora | 2010.11.22 19:04

nikko81です。

●高橋万太郎さん

こちらこそ、大変お世話になりました。
今回も楽しませていただきました。

帰りにご挨拶しようと思ったのですが
忙しくされてるようでしたので、
お声掛けできず・・・また、お店のほうで
お話ができれば、と思います。

また、ブログでのご紹介も
大変ありがたく思います。うれしいです。

こちらのblogでも関心を持ってくださった
方がいらっしゃるので、もっと多くの方に
興味を持っていただけると、いいなと思います。

次回も楽しみにしております。

●soraさん

・・・それはそれは、残念でした。
卵かけご飯がやっぱり、抜群でしたね。
卵も醤油もこだわると、違います。

次回もあるそうなので、ぜひ。

投稿: nikko81 | 2010.11.22 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/50084731

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の醤油の会第2弾 その5。:

« 究極の醤油の会第2弾 その4。 | トップページ | シングルモルト余市&宮城峡1990発売前試飲会。 »