« 究極の醤油の会第2弾 その2。 | トップページ | 究極の醤油の会第2弾 その4。 »

究極の醤油の会第2弾 その3。

さて、続いては醤油を美味しくいただくための、
食べものといえば・・・豆腐ですよね。

ということで、この日協賛頂いていた、
ヨシコシ食品さん。

■ヨシコシ食品・吉越啓一さん

P1140094

ヨシコシ食品さんは、以前は北千住で、
そして葛飾に工場を移して、都内で
お豆腐を作ってられたそうですが、
宅地化が進むにつれ、郊外に拠点を移そう、
ということになったのだそうです。

13年前に、元は染物工場だった跡地で、
栃木県佐野市の磯山弁財天の近くにある
出流原弁天池の傍に工場を構えてられます。

磯山弁財天、建物が立派で気になります・・・

P1140096

出流原弁天池は、名水百選にも選ばれている
とてもきれいな水が湧き出る池。
やはり、豆腐造りもキレイな水があるに
越したことはないのでしょうねぇ。

P1140097

そして、そんなきれいな水が湧き出る地で作られる
豆腐の原料は、100%国産大豆。

P1140100

そして、特徴的なのは豆乳を煮る際にできる
泡を消すための消泡剤を使ってないこと。
じっくりと煮ていき、泡を立ちにくくしているのだそう。

P1140102

そう入っても泡はできるので、
すくって捨ててるそうですが、
これも何かに活用できないか・・・研究中。

で、いよいよ豆腐のカタチになっていきます。
木綿豆腐って、できた豆腐を一回潰して、
また固めなおしてつくるんだそうですね。

P1140103

逆に、絹豆腐は一回固めてだけの豆腐なので、
つるんとしているのだそう。
なるほどねー・・・醤油の会でしたが、
豆腐についても、勉強になりました。

こちらも工場見学の受付をしているようですが、
主に製造は午前中だそうなので、
つくってるところがみてー!という場合には、
午前中までに行くのが吉、なようです。

また、こちらの豆腐は銀座三越でも
買えるようなので、銀座に出向く際には、
のぞいてみたいと思います。

■岡直三郎商店

また今度は、醤油蔵に戻りますよ。
群馬の岡直三郎商店さんです。

・・・すみません、ご登壇された方々の
お名前を失念いたしました。
申し訳ない・・・

お話になっていた方が、すごくテキパキと
テンポのよいお話をされる方で、とても聴きやすく。
そして、15分の持ち時間なのに、
プレゼン資料40スライドも、作ってこられた・・・
という、気合の入り様(笑)

P1140107

1787年創業の老舗醤油蔵。ペリー来航の4年前です!
少なくとも、古文書に確かな記録があるのが
1787年で、実際にはもう少し古いのだとか。

そもそも、岡直三郎商店さんは、近江商人の出。
蒲生氏郷の会津転封に従って、東に向かう途中、
足尾銅山のそばに、拠点を構えたのがはじまり。

醤油造りは、寝かせてなんぼなので、
寝かせる間、お金にはならないわけで、
当初は、荒物業を営んでいたそうです。

明治時代になると、養蚕が盛んになり、
横浜との交通路が整備され、途中の町田が
交通の要衝として栄えた頃には、
小田急町田の駅前にも、醤油工場を建設。

こちらは、昭和30年代のお写真。

P1140138

今は、本社として機能していて、
工場はすべて、群馬に移管されてるそうです。
本社でも醤油は、買えるみたい。

P1140136

しかし・・・名称も「日本一醤油」また、大きく出た名前(笑)
「日本一」という名前は、今ではなかなか商標登録が
難しいのだそうですが、戦前に先代が取得されたそう。
先見の明は、ありますよね?

こちらでは、脱脂大豆を使った木桶仕込。
脱脂大豆・・要は、大豆脂を絞ったカスでしょ?
と思うかもしれないけど、油分を抜いた大豆を使うことで、
切れ味のよい美味しい醤油ができるとか。
丸大豆とはまた違った、いい面もあるのですね。

脱脂大豆ですが、国産有機丸大豆・国産有機小麦を
使った有機JAS認証工場ですからね。

で、こちらが群馬の醤油蔵。

P1140125

もちろん、こちらも木桶。
100樽ほど所有してられるそうです。
木桶仕込って、珍しいはずなのに、
なんだか、見慣れてきますね・・・桶三昧(笑)

P1140127

そして!こちらの醤油蔵も見学OKです。
いやー、みなさん気前がよろしいですな。

こうした石の重みで絞るところとかも
見学できるのでしょうか。最後は機械で強く
搾り出してるそうですけどね。

P1140130

伝統あるところも活かしつつ、
工程の最後では、HACCP認証の取れた設備で、
安全面も万全の体制。

で、おもしろい取り組みがね・・・
My醤油オーナー制度

それこそ、ニッカのマイウイスキーづくりよろしく
醤油をつくる工程を実際に体験し、
自分でつくった醤油をいただけるのです・・
うわうわうわ、メッチャ興味あるんですけど!

P1140133

オリジナルラベルとかってのも、できるらしい・・・
いいな・・・2011年も募集中
参加したい!

もうひとつ、かつての醤油工場があった町田で、
醤油をメインで楽しめる・・・
というその名も、醤油料理・天忠さんという、
お店も経営されているそうでして。

P1140141

こちらの名物は、焦がし醤油フォンデュ!
いやー、これマジで美味そうだわ。

で、ですね・・・今日。
醤油料理・天忠さんがぐるナイに出ます!

Oh!これは早く帰って、見ておきたいですね。
絶対美味そうだわ・・・

で、最後に経営理念と目標。
心に残ったのが、目標を醤油エンターテイメント企業、
とされているところ。

いつもの当たり前にある醤油でなくて、
いろんな醤油の香りや味わいを発見する楽しみって、
すごくいいな、と思いますよ。

そしてその多様な個性は、地域性に育まれたもの。
ウイスキーが違った風土でつくられ、熟成すると
まったく違った香りや味わいになるのと同じだよね。

なんだか、ますます醤油に興味が出てきたぞ。

まだまだ、続きますよ。
お次は、前回も参加されていた弓削多醤油さんから。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 究極の醤油の会第2弾 その2。 | トップページ | 究極の醤油の会第2弾 その4。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
先日の「究極の醤油の会」にご来場くださり
誠にありがとうございました。
弊店担当からのプレゼンにつきまして詳細な
フォローを頂き感謝しております。

小さな蔵ですが、木桶にて天然醸造醤油にこだわり
仕込みを行っておりますので、機会がございましたら
仕込蔵や弊店直営醤油専門料理「天忠」にお越し
下されば幸いでございます。

なお、プレゼン上で訂正をひとつ入れさせて下さい。
「ペリー来航4年前」ではなく「66年前」が正解でした。
担当者の完全なミスです。申し訳ございません。

また、弊店では脱脂加工大豆のほか、有機国産丸大豆・
国産丸大豆も木桶仕込にて仕込みを行っております。
ある意味、希少な木桶で脱脂加工大豆を仕込む蔵は
珍しいかもしれませんが、切れ味のある脱脂と深みの
ある丸大豆で比較をされると面白いかと思います。

今後とも弊店をご贔屓にいただければ幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

投稿: 岡直三郎商店 | 2010.11.18 15:35

こんばんは。
お醤油も色々と面白いですね!
確か昨日か一昨日TVニュースにてお醤油特集をしていまして・・
「お~~~地方地方で面白いなo^^o」
って思っていたところです。
その時紹介していたお醤油専門店のURLを貼らせていただきますね→醤油屋 俊蔵 http://ameblo.jp/shoyu-toshizo/

投稿: pon | 2010.11.18 20:32

nikko81です。

●岡直三郎商店さん

先日は、どうもありがとうございました。
仕込蔵やMy醤油オーナーにも興味がありますので、
参加できたらと考えております。

66年なんですね。こちらも
このあと訂正しておきます。

プレゼンではなかった気はしますが、
丸大豆も使われているのですか。
当日は他の醤油蔵の醤油とは比較はできましたが、
日本一醤油さんのもので、比較すると
より丸大豆と脱脂加工大豆の違いが
わかるかもしれませんね。

●ponさん

そうなんですよー
香りも発酵を経るだけにウイスキーと近しい
ところもあるなと、そんなところに
興味深いなとも思ったり。

こちらの醤油もおもしろそうですね。
新小岩の醤油ラーメンのお店も気になる!

投稿: nikko81 | 2010.11.20 12:32

お醤油の会って初めて聞きました。

私は料理の腕がない分、食材に助けてもらうタイプですので、かな~り気になり一気に読ませて頂きました。
先月島根に行った時にしじみ醤油を買ってきましたが、味をつけることなくそれぞれの味を楽しむ・・・お味見してみたいですわ。

投稿: とーり | 2010.11.21 20:33

nikko81です。

●とーりさん

なかなか、醤油だけにフォーカスした
イベントって少ないと思います。

伝統ある調味料ですので、知ってるつもりに
なりがちですが、実はものすごい奥が深いんですよね。

また、春にもイベントがあるようなので、
もしよろしければ、ご参加されても、
おもしろいと思います。

投稿: nikko81 | 2010.11.21 20:43

春にもあるんですか?

お醤油で料理の味が格段に上がるのは経験ずみなので、自分好みのお醤油を見つけてみたいです。

自分でもチェックしてみますが、告知されたらぜひ教えてください。

投稿: とーり | 2010.11.22 13:40

nikko81です。

●とーりさん

料理をされる方にとっては、
醤油の違いを知ることは、料理の幅を
何倍にも広げる気がします。

わたしもチェックしてますので、
気づいたら、ご案内差し上げますね。

投稿: nikko81 | 2010.11.22 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/50058722

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の醤油の会第2弾 その3。 :

« 究極の醤油の会第2弾 その2。 | トップページ | 究極の醤油の会第2弾 その4。 »