« 究極の醤油の会第2弾 その5。 | トップページ | シゴトにする「好き」、しない「好き」。 »

シングルモルト余市&宮城峡1990発売前試飲会。

はい、昨日は楽しみにしていた
今年のヴィンテージ余市宮城峡の試飲会。
今年のできは、どんなかな?

ちょっと最近は行けてなかったので、
Blender's Bar、久しぶりな感じ。

開始は19:30なんですが、例年30分は
早めについて、少しまったりとしてから、
望むのが定例になっています(笑)

まずは・・つべこべ言わずに、
カフェソニック。グレーンの優しい甘さには、
何度飲んでも、極上のハイボールだ!
と思わせられます。

P1140283

ぜひ、Blender's Barでも最初の1杯は、
こちらをオススメします・・

始まるまで、ボトルを撮ってみたり・・
今年は、青と緑。

P1140273

ついつい、開けちゃいそうになりますが、
始まるまでは、じっと我慢の子。

P1140257

しかし、Barで撮るウイスキーは、
ことのほか美しく、また頂くウイスキーは美味い。
自宅で飲むのもいいけど、この雰囲気で
飲むというところも、Barの醍醐味だよなぁ。

そんなことをぼんやりと考えていると、
チーフブレンダー・久光哲司さんのお話が開始。

久光さん、いつもお話のはじめに
おっしゃるんですけど・・・

常連の方はいつもありがとうございます、
初めての方も、よろしくお願いします、と。

初めて来られている方にも、
気を配ってられるんだな、と
配慮の細かさをいつも感じるのですよ。

まずは、余市から。

■シングルモルト余市1990

P1140279

個人的な感想を書くと、香りはすごく
新樽のWoody & Vanillicを思わせるような、
バニラ感やウッディな香りをまず感じますね。

だけど、Woody & Vanillicや、余市限定の
新樽カスクほどの力強さはなく、
あくまで、穏やかに薫るという感じでしょうか。
若干の海藻や磯の感じもします。

口に含むと、打って変わってビターで
心地よいほろ苦さが口に広がり、
いつになく、余市の原酒が優しい
出迎えをしてくれます。

余市はピート香が特徴でもあるので、
余市1987や1988なんかは、かなりピート感も
しっかりしているのですが、
ピートだけに頼らない余市らしさを
追求したということで、ピートは控えめ。

ここのところの「控えめ感」が、ピートとして
感じられるのではなく、ビターチョコのような、
大人の甘さとして、感じられるのでしょう。

最後、余韻にはちゃんとピートが出てくるところは、
やっぱり余市なんだな、という感じ。

Woodyな感じが好きなことと、
味わいにおっとギャップがあるところとか、
絶対これは好みだろうな、と発表時の
ティスティングノートを見て思ったけど、
予想を裏切らない美味しさでした。

また、頂くときには感じ方が違うかも
しれないけどね・・・

今年もいつも通り、4タイプの原酒を使用。
活性樽、バーボン樽、新樽、シェリー樽。

そして、いつもと違うのは香味豊かな
ノンチルであるところ。

今年は、香味を豊かにしつつ、
飲みやすさ、口当たりの良さを考えて、
度数を落としつつ、ノンチルに仕上げる
という手法に決めたそうですよ。

あと今年のラベルは、ロイヤルブルーという
英国王室のシンボルカラーに近い色。
そういえば、最近ウィリアム王子に
おめでたいニュースがありましたよね。

続いて、宮城峡のほうへ。

■シングルモルト宮城峡1990

P1140275

最初に感じるのは、メープルシロップ系の
深みのある甘さ。しかも、アンバーの力強い甘み。
そして、甘さが豊富なレーズン。

バターのようなコク深さも出てくると、
バターとメイプルシロップを塗った
トーストのような感じがしてきます。

宮城峡って、シェリーがすごく美味しくできる
蒸留所だと思うのですけど、
これはその中でも、相当美味しい。
宮城峡・・・やるなぁ。

余市を頂いたあとに、戻ってくると、
徐々に、シェリー本来の味わいが徐々に出てきました。

余市がWoodyさという一方のわたしの好みを
突いたものだとするならば、宮城峡はメイプルという
わたしの好みを突いてきました。

今まで、宮城峡が出てからずっとヴィンテージを
試飲してますが、余市がいいときには、
宮城峡はさほど・・・で、宮城峡が
いいときには、余市は・・だったのですが。

今年は、ヤバいです。両方ハマりました。
うぅ・・・余市か宮城峡か、どっちがいいか、
この試飲で決めようと思ったのに・・・

ものすごくうれしい悲鳴を声にならない声で
叫びながら(笑)、ティスティングを
していたのでありました。

で、この宮城峡の原酒なんですが、
活性樽、新樽、そしてシェリー樽のなかでも、
スウィートなタイプとドライなタイプ、
2種類がヴァッティングされています。

そして、この余市と宮城峡に共通する、
今年のテーマとは。

昨年は、ウイスキーが見直されたということで
再生と復活がキーワードでしたが、
今年のテーマは自分らしさ・・・だとか。

余市のあのウッディネスの芳しさ、
宮城峡のシェリーの華やかさ・・・
を追求したのだそうですね。

その自分らしさの追求、わたしの好み
ドンピシャの方向に向かってくれて、
とてもうれしいですね。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
ここからは、久光さんによる20年前を
振り返る・・・トークです。

1990年というと、わたしは13歳・・・
ということですから中学1年生ですね。

この年に秋篠宮殿下と紀子さまがご結婚。
そして、今上陛下の即位礼。

余市出身の毛利衛さんが、宇宙飛行士に認定されたり、
東西ドイツの統一だったりとか、
ネルソン・マンデラ氏の釈放も・・・
金妍兒や浅田真央は、この年の生まれとか。
若い・・・

そして1990年の久光さんは。

ブレンダーとしてニッカウヰスキーに
入社された久光さんは、87年に
マーケティング部門に異動になり、
90年にまた、ブレンダー室に戻られた年、
なんだそうです。

スーパーニッカプレミアム・・・という
商品の設計をされたそうです。
呑んだくれさんところから、アドレス拝借です。

・・・久光さんのトークの終わりとともに、
残念なお知らせ。いつもなら、久光さんが引きを回って、
いろいろお話くださるののですが、体調を崩されてる・・
ということで、今回はなし。

体調が優れないのによくここまで、
プレゼンをしていただいたと・・・
むしろ感謝でございます。

・・・ということで、余市も宮城峡も
予約を入れたのでありました・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 究極の醤油の会第2弾 その5。 | トップページ | シゴトにする「好き」、しない「好き」。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「グルメ」カテゴリの記事

コメント

レポートお待ちしておりました!(^^)
 ボーナスは期待できないしなぁ などどボヤキつつも、宮城峡購入を決断してしまいました。
 ああ・・・モルト貧乏・・・・(--;)
 ウッディ、ピートにも弱いんですが・・・・・ 
 蜂蜜とかメープルという単語にも弱いんですよねー。

 年末年始の予算を切り詰めればいいやとかなんとか自分をごまかしつつ、届くのが楽しみです!


投稿: ウイスキーねこ | 2010.11.21 16:42

nikko81です。

●ウイスキーねこさん

宮城峡、ご購入ですか・・
もし、わたしのレポで購入決定されたとしたら、
責任重大ですね・・

でも、今回の宮城峡はイイと思います。
(昨年も宮城峡は美味しかったですけどね)

わたしもモルト貧乏まっしぐらです(- -;)

投稿: nikko81 | 2010.11.21 20:29

写真も文章も上手で飲みたくなってきました。
こういうイベントもあるんですね。
あぁ、美味しそう。

投稿: とーり | 2010.11.21 20:29

nikko81です。

●とーりさん

お褒めのことば、ありがとうございます。
従来なら、それぞれ別にあったのですが、
今年は、同時開催でした。

なかなか20年モノのウイスキーを頂くことはないですし、
ウイスキー好きにとっては、今年はどちらを
買おうかな、という文字通り試す機会なんです。

おそらくこちらのBarでも、頂けるでしょうし、
余市なら、けっこう仕入れるBarも
多いんではないでしょうか。

投稿: nikko81 | 2010.11.21 20:45

的確なレポート有り難うございました。

私も宮城峡が欲しくなりました。

それにしても、久光チーフの体調不良心配ですね。
以前インフルエンザが流行っていたときも体調不良リスクを考えて席を回られなかったことがあったのですが・・・・

投稿: ウイスキーオヤジ | 2010.11.21 21:09

nikko81です。

●ウイスキーオヤジさん

的確かどうかは・・・素人のレポなので、
自信はないのですけど(笑)

でも、Blender's Barにお越しになっていた
諸先輩方も、宮城峡を推してられたので、
まず、間違いはないかと思います。

> それにしても、久光チーフの体調不良心配ですね。

そうなんです。久光さん、体調不良で
講演がキャンセルになったり、
途中でご退席されるケースを、わたしも
何度も見ているので・・・

投稿: nikko81 | 2010.11.21 21:19

ニッカファンとしては、購入見送りはありえません。
余市、宮城峡とも業者には11/30入荷予定らしいですが、
取りに行けるのは12/11になりそうです。
サントリーの白州ファンでもありますので、
白州ヘビリーピーテッド2010も注文しているのですがヽ(^。^)ノ
東京ではBlender's Barで呑めるからうらやましいです。
レポートを参照に楽しみにしてます。

オラの記事を使っていただきありがとうございます。

投稿: アルチューハイマー症、呑んだくれ | 2010.11.25 00:38

nikko81です。

●呑んだくれさん

> ニッカファンとしては、購入見送りはありえません。

そうなんですけどね・・財政再建をしないと・・
というのもあって、蓮舫よろしく事業仕分けに
掛けたのですが、やはり事業継続(笑)

わたしも、近々海外出張ですので、
受け取れるのは12/19くらいになりそうです。

> 白州ヘビリーピーテッド2010

あれもよさそうですね。
ウイスキーフェスティバルで頂いてこようと
思っております。

投稿: nikko81 | 2010.11.25 01:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/50085675

この記事へのトラックバック一覧です: シングルモルト余市&宮城峡1990発売前試飲会。:

« 究極の醤油の会第2弾 その5。 | トップページ | シゴトにする「好き」、しない「好き」。 »