« CEATEC JAPAN 2010 vol.6。 | トップページ | PCの価値・・・とは。 »

CEATEC JAPAN 2010 vol.7。

いよいよ最終章です。長かったぁ。
これからはどっちかというとマイナー気味、
部品・部材メーカーです。

京セラブース

[京都オパール]

京セラは、もと京都セラミックということで、
セラミックの研磨技術を応用して、
水晶やサファイアを人工的に合成。

今年もありました京都オパール。
オパールを人工的に作れるのは、京セラだけとか。

P1110846

G-SHOCKの装飾なんかに使われている例も!

P1110839

ヘッドホンにも使われてるようです。
ちょっと目立つアクセントになりそうですね。

P1110868

iPhone用のカバーだったりとか!?

P1110870

もちろん、このような工芸品にも合いますよ。

P1110851

アクセサリなんて使い道は王道でしょう。

P1110859

ケータイやPCの背面ロゴみたいですね。
全面に使わずにちょこっと使うのと
派手すぎずに、いい感じです。

P1110871

オパールのほかにも、ブルーサファイアや
ピンクサファイア。

P1110854

[産業用宝石]

一方で、産業用にも宝石をつくってたり。
人工水晶。コンピュータには欠かせない
水晶振動子の原料。

P1110832

人工単結晶サファイア。
こちらも液晶プロジェクタの偏光板や
液晶カバーなど、産業用途がいろいろ。

P1110834

[北米向け”SANYO”スマートフォン]

あと・・北米向けのスマートフォンも展示されてた。

P1110812

SANYO ZIO by Kyoceraということで、
”SANYO”の名前がブランドとして、
こんなところに活きていたりするそうだが、
展示機は、いろいろ見回しても”SANYO”の文字はなし・・

P1110813

しばらくUNOにハマッちゃいました。
Wild draw four!

P1110816

TDKブース

[有機ELシースルーディスプレイ]

ね!ね!ね!これすごくなーい?
ホントこれ・・スカウターじゃない??

P1110899

これ、カタチもスカウターっぽくして、
マネキンじゃなく、べジータ様やフリーザ様の
等身大フィギュアに掛けさせたら、
インパクト絶大だったろうにな(笑)

・・なんか、脱線してる!?

ケータイにこうして埋め込むのもアリ。
KDDIのところであった、背面入力と組み合わせると
おもしろいかもよ!

[非接触充電]

こちらでも非接触充電・・・ですが、
超薄型シートコイルと高性能磁気シート素材で
端末側の影響をシャットアウトし、
充電器側には効率よく電力が通る・・点で勝負!

P1110893

アルプス電気ブース

ジェスチャー操作のデモ。
そろそろ実用化されて来てますよね。

P1110774

スマートフォン用グライドセンサー。
キーは単独で動く一方で、キーとキーの間の隙間を
タッチセンサーとして使えるみたい。

P1110782

ノートPCのタッチパッドが
電卓になったり・・・

P1110783

Felica読み取り機になったりとか。
あとは、どう最終製品と
組み合わされてくるかですね。

P1110786

ミツミ電機ブース

デジカメ(LUMIX)に入っているGPSモジュール。
こんなに小さいんだねぇ。

P1110789

ほー・・・SDカードだけじゃなくて、
microSDですら、WiFiが載るようになったんだね。
すごいな、これ。Eye-FiもmicroSD版が
出たりするのだろうか?

P1110791

フジクラブース

特定の金属を超低温に冷却したときに、
電気抵抗が急激にゼロになる・・・超伝導。

超伝導磁石をつかった超伝導リニア方式は、
中央新幹線にも応用される予定ですね。

そのデモをやってました。

P1110873

・・・かなり子供たちが手荒に扱って、
オーバーランしまくってましたが(笑)

村田製作所ブース

村田製作所は・・・ほとんど見れなかった。
いつもお約束のムラタセイサク君と
ムラタセイコちゃんくらいだなぁ。

P1110929

セイコちゃんのS字走行。

火曜日半日と土曜日丸1日。

歩きまくりのへとへとでしたが、
やっぱりいろんな新しいデジモノをみると
わくわくしますねー♪

AMNさんにはPRESS枠で入らせていただいて、
ホント感謝です。これからの展示会でも、
こういうのがあったらいいよなぁ。期待してます。

【おまけ】

CEATECの帰り・・・といえば、IEON
(以前はカルフール)のフードコートのたこ焼き。
意外と美味しいのです。

P1110947

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« CEATEC JAPAN 2010 vol.6。 | トップページ | PCの価値・・・とは。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/49808484

この記事へのトラックバック一覧です: CEATEC JAPAN 2010 vol.7。:

« CEATEC JAPAN 2010 vol.6。 | トップページ | PCの価値・・・とは。 »