« CEATEC JAPAN 2010 vol.1。 | トップページ | CEATEC JAPAN 2010 vol.3。 »

CEATEC JAPAN 2010 vol.2。

さて、続いていきましょう。

Panasonicブース

[3Dエリア]

びっくりしたのが3Dエリア。入り口で3Dメガネを
渡されて、その間ずっとカメラをしながら、
ブースを見て回るんだよね。

P1110318

もうアッチも3D、コッチも3D。
でもさすが今年になると、3D酔いになりにくい気がします。
自然な解像感と奥行きがある感じ。

みょーーんとすっごい手前に来る感じ!

P1110322

ここでもおねーさんがえいっheart01とばかりに
突き出してきます(笑)おおっと。

P1110328

もうテレビ電話ですら、3Dになっちゃうんですね。
いるのか?と言われるとうむむ・・
と唸っちゃいますが。

P1110334

しかし、3Dコンテンツってこういうblogでの
紹介って向かないね。ブレた画像にしか、
見えないものねぇ・・苦笑。

P1110344

[LUMIX Phone]

でも、興味あったのはこっちだったりする。
VIERAケータイとかあったじゃーんって話をすると、
説明員の方が、いやいやいろいろあってですね・・
といっぱいお話をしてくださいました。

こうみると、普通のケータイ。

P1110346

でも、カメラのある側を見ると・・・・
カメラの位置やらフラッシュの位置、
シャッターの位置など、デジカメにしか見えなくて。

P1110347

VIERAのほうは、あくまで「ワンセグ」なわけで、
ワンセグとしてそれなりの画質、つまりは、
フルセグではないというところで、
ある程度の画質でも「VIERA」を名乗れたけど・・・

ある意味、写真という点では、画素数も
かなり上がってきていて、「LUMIX」と名乗る以上、
それにふさわしい画質を得られない限り、
名前は使わせない!ということで社内で、
かなり激しいせめぎあいがあったそうですよ。

エントリークラスではあっても「LUMIX」と
名乗れる画質を。それがあのデジカメを思わせる、
機能の配置へのこだわりだったのです。

レンズはライカじゃないし、光学ズームもないけど、
でもLUMIX画質なんだということ。

なんだか、ブランドへのこだわりの一片が
見れたような気がして、おもしろかったですね。

iRobotブース

なんでかわかりませんが、Roombaでおなじみの
iRobotのブースがありました。

きっ・・純金のRoombaです。
とりあえず目を惹くものを・・というノリで
つくったとしか思えません(笑)

P1110352

ブースでは、縦横無尽にRoombaが動き回り、
デモをしていましたよ。

Roomba

ウチでもBlack Roombaが活躍してることもあり、
ウチでも使ってんですよーと説明員の方に
話すと、すごくうれしそうに受け答えしてくれました。

東芝のトリロバイトの頃は、約30万円でしたからねぇ・・
それがいまや、エントリーモデルなら、
4万円台ですから。安くなったもんですよ。

ブース脇には、多目的作業用ロボット
「PackBot」の模型が展示。

P1110358

なんとも物々しいいでたちですが、
それもそのはず、爆弾処理や危険地帯への潜入を
ミッションとするロボットなのです。
イラク戦争でも爆弾処理に大活躍したとか。

東芝ブース

東芝ブースでは、こちらもまずAndroidタブレットから。

P1110363

固定されてて、持ち上げたり
重さを感じたり・・というのができなかったので
ちょっと不満かな・・・

あとは、土曜日に速攻で並んだグラスレス3D。
1時間前に幕張に入って、東芝ブースに
いちばん近い入り口の前でけっこう前で並んで・・
で、この有様ですよ。

P1110466

そのしくみは、液晶にも画像生成エンジンにも
秘密があるみたいでしたが・・・

P1110467

P1110476

確かにメガネナシで3D映像を表示できるのは
すごいなーという感じでしたが、他社がかなり解像感が
ある一方、かなり荒い気がしたのも事実。

あと視野角も狭くて、ちょっと見る位置を
ずらすと3D感が失われたりも。

気軽に見るということを考えると、
メガネなんてないほうがいい訳で・・・
もう少し今後の進歩が待たれますね。

メガネナシという点が評価されたのか、
CEATECの賞でグランプリを受賞。

P1110497

ノートPCへの応用も考えられてるようで。

P1110489

同一の液晶画面で2D部分と3D部分をダイナミックに
切り替えられるのが特徴。

デモではYoutubeの映像を3D化して表示。
ウインドウの大きさが変わっても、
Youtubeの部分だけ、キチンと3D映像が映っていました。

ただ・・元の解像度のせいもあるんだろうけど、
やっぱりギザギザしてるんだよな・・・

まっだまだ、続きますよ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« CEATEC JAPAN 2010 vol.1。 | トップページ | CEATEC JAPAN 2010 vol.3。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/49773107

この記事へのトラックバック一覧です: CEATEC JAPAN 2010 vol.2。:

« CEATEC JAPAN 2010 vol.1。 | トップページ | CEATEC JAPAN 2010 vol.3。 »