« 会津を心ゆくまで・・・2日目 白孔雀食堂+レオ氏郷南蛮館。 | トップページ | 会津を心ゆくまで・・・2日目 会津武家屋敷。 »

会津を心ゆくまで・・・2日目 嘉永蔵。

さて、七日町方面にある末廣酒造・嘉永蔵
もっちろん会津は酒どころ、酒をスルーするなんて、
失礼というものです(笑)

P1090569

末廣酒造は昔は新城本店と呼ばれ、
会津藩の御用酒倉だった新城家から、
初代・新城猪之吉が分家独立し、
1850年(嘉永3年)酒造りをはじめたとか。

P1090581

やっぱり、瓦は気になるのです・・・
丸に「イ」ってどういう意味だろう・・・

P1090583

電話・・2番ってどゆこと??

P1090582

入ってすぐのところには、お水が流れてました。
ここの酒の仕込み水でしょうね。

P1090585

汲んでいってもいいらしくって、
実際に汲みに来られている方もいらっしゃいました。

るるぷぅさんも汲みに来ることがあるそうです。
いいなぁ、近くにきれいな水があるのは・・

さて・・・酒蔵見学ですよ。

P1090592

ウイスキー蒸留所にはかなり行ってますが、
酒蔵はそんなには行ってないので、
知らないこともいっぱいでした。

もう時期は終わってましたが、酒造り体験も
できるそうですね。これは・・面白そう。
ウイスキーと違って、すぐ呑めるんだろうな(笑)

P1090604

でも基本的には、ここでは多くは造ってないそうで、
会津美里町の博士蔵がメインの酒蔵。

かなり機械を導入した最新式らしいが、
逆にこちらは手づくり100%ということで、
見学するには、こっちのほうが面白いだろうな。

酒造りに適した米(酒造好適米)とそうではない米。
稲の背丈や穂の長さが長いのが特徴。

P1090612

吟醸酒だったり、大吟醸だったり・・・
これって、精米の程度を言ってるんですね。

一般に精米歩合50%以下を大吟醸とよぶそうですが、
こちらは山田錦を35%まで精米したもの。
中心部のデンプン質の塊(心白)だけを取り出した感じ。
つるっつるです。

P1090616

精米機。なんだかフォントが時代を感じさせ、
古いもの好きにはたまらんです。

P1090625

日本酒の樽も外側から輪っかをはめるんだ。
でも、使い込むにつれて徐々に膨らんで、
固定させる位置がずれていくんだって。

P1090627

あと、米だけで造られているのが純米酒、
一般的には醸造アルコールも含んでいるんだそうで。
いやー・・日本酒になると基本的な知識がないな。

日本酒は瓶詰めした後も熟成が進むということで、
ボトリングした後に貯蔵されているところも。
20年以上も熟成されているのもあるとか!

P1090632

・・・いや、だから瓦はもういいって(笑)

P1090642

コンサートホールとして使われていた部屋。
消防法上問題(イザというときの逃げ道とか?)で
このままだと使えないんですってね。

P1090644

音の響きが素晴らしいと評判良かったそうですから、
なんとか使えるようになったらいいなぁ。

昔の社長さんの部屋にも通されました。
徳川慶喜や松平容保、野口英世など、
地元にゆかりのある方々の書がありました。

松平容保の書。徳川・松平氏は源氏を称して
いましたから、書にも「源容保」とありますね。

P1090655_2

漆器屋さんであったこともあり、
1904年アメリカ万博の漆器の部では銀賞受賞!

P1090651

賞ツナガリでいうと、International Wine Challenge、
SAKE部門で、金賞を取っているそうですね。

P1090659

これの蒸留酒版、International Spirits Challengeでは、
ニッカの竹鶴21年が受賞しているわけで、
それに並ぶスゴい賞なワケですよ!

で、最後はやはり試飲。実は始まる前にも
試飲コーナーをうろちょろしていたのですけど、
最初に呑んじゃうとね・・説明頭に入らんので(笑)

P1090597

値段だけで言うと大吟醸が高いのですが、
伝承生もとも美味しかったですね。

お土産には、長期熟成酒・流転本醸造と、
蕎麦の酒をチョイス。また呑む頃になったら、
レポートしまーす。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 会津を心ゆくまで・・・2日目 白孔雀食堂+レオ氏郷南蛮館。 | トップページ | 会津を心ゆくまで・・・2日目 会津武家屋敷。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

味噌や醤油の見学をリクエストされて、対応できるところが
見つからなかったのは残念でしたが、日本酒の酒蔵見学も
楽しんで頂けて何よりです。
今度は、酒づくり体験ができる季節を選んで会津に来る
日程を組むというのもいいかもですよね!

投稿: るるぷぅ | 2010.10.12 22:01

nikko81です。

●るるぷぅさん

まだ、醤油蔵見学はマイナーなんでしょうかねぇ。
いくつか気になる醤油蔵や味噌蔵があるので、
またそちらにも出かけたいと思います。

酒造り体験!かなり惹かれます。
今回はちょっと遅かった!

投稿: nikko81 | 2010.10.13 21:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会津を心ゆくまで・・・2日目 嘉永蔵。:

« 会津を心ゆくまで・・・2日目 白孔雀食堂+レオ氏郷南蛮館。 | トップページ | 会津を心ゆくまで・・・2日目 会津武家屋敷。 »