« ディープな旅へ。 | トップページ | わたしは行けませんが・・・ »

夜の川崎を旅する・・・

さて。夜の川崎臨海工場群のお話でも。
例のバスで巡るというJTB&川崎市の企画。

夜景評論家・丸々もとお氏の監修の下、
夜景ナビゲーターの方があれこれと
解説してくださいます。

でね。

とにかく集合してみて、びっくりだったのよ。

なにこのアウェイ感!!

・・そうなんです。半分がリタイア世代の方々、
もう半分が若いおねーさん二人組みというパターン。
なぜに?なぜに、こういうメンツなのか?

そっかーそうなのかーと思いながら、
バスは一路南に向かい、臨海地区へと進んでいくのです。

いろいろ話を聴きながらなので、移動時間も
あまり退屈せずに過ごせますよー。

今回訪れたのは、

●川崎マリエン展望室
●市営埠頭
●川崎臨港倉庫屋上
●東扇島東公園
●首都高速川崎線

の5箇所。まずは川崎マリエンから。

川崎マリエン

市民コミュニティホールみたいなところ?
展望室といっても高さ51mくらいで、さほど高くない。

これは、羽田空港がある関係で高さが制限されていて、
そのぎりぎりの高さなんだそう。ちなみに、
フランス・パリの凱旋門とほぼ同じ高さだとか。

マスコットの川丸くん(笑)
手づくりストラップもあるそうです。300円。

P1080861

夜景としては、やはりズームがないとかなり厳しめ。
撮れなくはないのですが、うん?どこどこ?みたいな感じ。

P1080878

かすーかに見える赤い玉みたいなのが、
工場から出る炎。2本見えると思いますが、
2本ってのは、なかなかないらしいですね。

これはフレアスタックといい、
石油を精製する際の余剰ガスを燃やして無害化する施設。

もーっとズームできて、性能のいいカメラなら・・
という感じですねぇ。うむむ、無念。

●市営埠頭

P1080899

こちらは日本触媒の川崎工場。
まぁ・・・特にラットアップされてるわけでも
ないので、光量がない!コンデジにはつらい!

でも、線路と一緒に工場写真が撮れる・・・
貴重な場所なんですね。冬になると水蒸気が立ち上がり、
よりいい感じだとか・・

この鉄道は、神奈川臨海鉄道千鳥線
貨物専用線ですね。

この工場では酸化エチレンを初めて事業化し、
高分子吸収ポリマーの材料となるようです。

高分子吸収ポリマーって?
紙おむつの中身など、水を大量に含めるアレです。

向かいの新日本石油精製の工場には、
フレアスタックから上がる炎があるのですが、
まぁ・・・こちらもしょぼいカメラで
炎を撮るのは至難の業なんですよ・・・
# お見せできないようなブレブレの山・・・

それでも、どういうわけか女性の皆さまは、
炎に見せられるらしく、今回のお客さんだけではなく、
全般的に女性は、炎をお撮りになるのだそう。

オトコ連中はいかにも・・・な工場loversな
わけなんですがね・・(笑)

●川崎臨港倉庫屋上

P1080916

普段は関係者以外立入禁止の建物から、
眺めるのは東亜石油・京浜製油所(水江工場)。

左手に見えるタワー型の建造物が、
見ごたえありましたね!
夜空に浮かぶ不夜城のごとき、美しい姿。

白っぽいメタルランプとオレンジのナトリウムランプの
コントラストもキレイですよね・・・

P1080955

この工場、重質油熱分解装置という世界に5台、
日本では唯一という装置を備えるそうで・・・

●東扇島東公園

赤いきつね・・・といえば?

P1080961

裏っ側は、ミドリのたぬきか?
と思いますが、赤いきつねが向いているほうしか、
高速から見えず、なーんにもないのです。

つまり、横浜方面から東京方面にしか、
高速道路からアピール用なんですね。

P1080967

さっき見たフレアスタックを間近で。
もうさっきみたいに2本は炎が上がってなかったですが。
やっぱりね、炎は厳しいわ。

P1080979

もう・・あまりに撮れないので、
むしろぼかしメインで撮っちゃうか!と開き直り(笑)

●首都高速川崎線

浮島町を首都高から眺める最後のツアー。

正直ね、最後はバスから降りれないんだ・・
と思ったよ。うん、思った。

だけど、これが一番すごいね。
ここで、わぁっ・・・と歓声が上がるのも
わかる気がします。

ホント無機質なモノのはずなのに、
めっちゃキレイに見えるんです・・・
そして、観光バスの車高から見るからこそ、
この眺めで見られるんですね。ナットク。

あたかもホタルの大群を見ているかのような・・・
これ、フルHDとかで動画撮ったら、
それはそれはキレイでしょうねぇ。

カメラがアレなんでしょうがないっす。むむ。
こういうときに、本格的なカメラがほしくなります。

運転手さんも30km/hという超低速で、
走ってくださったのもあり、しっかりと楽しめました。

左側の白い明かりが多く眺められましたが、
右側は羽田空港の眺めが見られるそうですね。

え!こんなのじゃやだーという方。
ぜひ、申し込んで素敵な夜景に出会ってくださいね。

この川崎工場の夜景、屋形船でのクルーズもあるそう。

うーん、こちらもいいなぁ。撮りメインじゃなく、
ボトル持ち込んで飲み会にするなんてのもアリ??

ほかにも、川崎って工場が多いので、
あちこちおもしろいところがありそうかな・・・

・大同特殊鋼(株)川崎工場
・東京電力(株)東扇島火力発電所
・JFEスチール(株)東日本製鉄所
・(株)日経東京政策センター 川崎工場
・クノール食品(株)

とかって感じかな?

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« ディープな旅へ。 | トップページ | わたしは行けませんが・・・ »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

面白そうなツアーですね!

近いのでぜひ参加してみたいところです。が、参加者ってリタイア組と女二人組が多いのですか?なんだか不思議ですね。夜景ツアーなのにカップルがいないなんて。
といいつつ、わたしも参加するならその女二人組となってしまいますが。。。

投稿: kaiko | 2010.09.28 06:05

はとバスで見たツアーは
肉食系女子企画で
焼肉&工場夜景のセットでした。
テレビでもやってたので人気みたいです。

羽田空港からの帰りにリムジンバス
から工場の夜景が見えたので。
これでもいいかなと思っています。

投稿: sora | 2010.09.28 17:49

nikko81です。

●kaikoさん

なかなかおもしろい&キレイですよ!
特に最後のバスからの車窓は、
わぁぁぁぁ・・・って歓声が上がるほどですからね。

参加者のメンツはホント、不思議。
ただ、工場ですからいわゆるカップル好みな
感じではなく、どことなくマニアックな感じも
しますけどね・・・

●soraさん

ははは、焼肉とセット?
食い気も満たそうという欲張りプランですね(笑)

リムジンバスからも見えるんでしたっけ。
羽田空港からの帰宅にはよくバスを使ってますが、
かなりおねむなことが多くて・・気づいてませんでした。

投稿: nikko81 | 2010.09.28 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/49511454

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の川崎を旅する・・・:

« ディープな旅へ。 | トップページ | わたしは行けませんが・・・ »