« 400,000Hit達成! | トップページ | 信州蒸留所への道。 »

Tokyo Tasting Event in Bar 東大“S”

さて、先週の話をそろそろしていきましょうか。
まずは、東大でのテイスティングイベント。

特に新しいものではないのですが、
1杯500円という超破格なお値段で頂けるんです。

P1060971

自分でボトルを持ってるのに、76.70 Mortlachとか
頼んじゃうんですよね・・・

ついつい安全牌に行っちゃう・・のですが、
近くにいらっしゃったウイスキーねこさんに薦められて、
66.27 Ardmore 23yoを頂くと・・・

あらぁ!まるでチーズのような香り!
こんなウイスキーは初めてです。

クリームチーズのようなコクのある香り、
口に含むと塩気を感じるところもチーズっぽい。

そのほか、森の蒸留所なのに海っぽい
ピーティさを感じた白州120.05だったり、
新樽のはじめのとっつきにくさを感じてしまった
余市116.07とか・・・かなり頂きました。

116.07も、しばらくするとマジックインキ的な
アルコールのキツさは和らぎ、ミルキーな甘みを
帯びてくるのですけどね。

500円のときだけじゃなく、ちょくちょく
伺いたいものですね。

ついでにちょっと歩いて帰りがけに、
東大・赤門を見てきました。
そういや、赤門って一度も見たことがないかも・・・

P1060984

そこらの城門よりかずっと立派な門。
赤の色合いもいい感じに褪せていて、歴史を感じます。

もともとは、加賀前田家の上屋敷の門。
大名家に嫁した将軍家の子女の御殿の門を
赤く塗ったことから、赤門と呼ばれる。

火災などで焼失してしまったら再建してはいけない、
という慣習があったらしく、この赤門は超貴重なんですよね。

さて・・このあとは一路、信濃路を北に向かって、
マルスウイスキーのふるさとへ向かいます。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 400,000Hit達成! | トップページ | 信州蒸留所への道。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/49150502

この記事へのトラックバック一覧です: Tokyo Tasting Event in Bar 東大“S”:

« 400,000Hit達成! | トップページ | 信州蒸留所への道。 »