« Tokyo Tasting Event in Bar 東大“S” | トップページ | マルスウイスキー・信州蒸留所。 »

信州蒸留所への道。

さて、信濃路のウイスキー蒸留所めぐり。

これまでかなりウイスキー蒸留所には、
出かけてきたのだけど、駒ヶ根にあるマルスウイスキーや
軽井沢にあるメルシャンには、行ったことがなくって。

どちらも長野県ではあるのだけど、広い長野県、
かなり離れてるわけで、月曜日にお休みを頂いて、
2日掛けて回ってきたわけです。

で、まず駒ヶ根。ケータイで距離を測ると・・・
5km弱。じゃぁ・・歩くか!(笑)

ま、いまさら言うことでもないですが、
徒歩圏内の感覚おかしいのでね、わたし(笑)

でも、歩いているとマンホールにも出会ったり、
するわけですよ。

P1060997

P1060998

10月には美酒フェスタ、なんてのもあるらしい。

P1060999

こ協力・・略字なんだろうけど、
なんかインスタントジョンソンが、
ご協力ちゃーんっていってそうな字だ(笑)
そうか、なんか酸っぱい梅干食べながらとか?

P1070002

これは何でしょうね・・歩いていて、
色がキレイだと思っても、名前を知らないもので・・

P1070005

これ・・「わ」って何?

P1070009

な、何で横に書く・・!?

P1070010

大田切川。なかなかの清流のようです。
川がせせらぐ音には、癒されますよね。

P1070012

あ、惜しい・・右下にも道があれば、
「卡」なのに・・ちなみに「卡」は中国語で
カードの意味。上下が重なった不思議な漢字。

P1070013

・・・あまりに関係ないことばっかり書いたので(笑)
肝心のウイスキー蒸留所の話は別記事に。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


|

« Tokyo Tasting Event in Bar 東大“S” | トップページ | マルスウイスキー・信州蒸留所。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「わ」気になりますね。なんでしょう?
「わ」の背後は駒ケ根ですかねぇ?

オレンジ色の花は確か、ノウゼンカヅラ だったと思います。 時々ウチの裏手からツタが侵入してきます(^^;) 

マルスのポットスティル、やっぱり竹鶴ノートですよね。 

投稿: ウイスキーねこ | 2010.08.15 17:16

nikko81です。

●ウイスキーねこさん

そうですねぇ・・駒ケ岳でしょうね。
「わ」は謎・・・

ノウゼンカヅラっていうのですね。
初めて聞きました。

|時々ウチの裏手からツタが侵入してきます

なかなか生命力があるんですね。

|マルスのポットスティル、やっぱり
|竹鶴ノートですよね。

だからこそ、動いてほしいなー
っと思うわけです。

投稿: nikko81 | 2010.08.15 21:06

10月のお酒のイベント。非常に気になります。。。

投稿: kaiko | 2010.08.17 06:12

nikko81です。

●kaikoさん

気になりますよね・・・
だからといって、駒ヶ根に向かうかは
微妙ですが・・・

投稿: nikko81 | 2010.08.17 23:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信州蒸留所への道。:

« Tokyo Tasting Event in Bar 東大“S” | トップページ | マルスウイスキー・信州蒸留所。 »