« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

働くことの・・・Where。

ずいぶん前だけど、はたらくモチベーションに
なってるのは何だろう?
という問いを立てて、
記事を書いたのですがね。

最近、こういうはたらくってことへの問い、
ってのをしてないな・・と思ってて。

記事を書いてないのは、現状に満足しているからではなく。
むしろ、満足できない環境が長く続いてるから。
いつまで雌伏すればいいのか??
いいヒトには恵まれてると思うのですけどね。

心の奥底にある、Whatの心持ちは
捨ててはいない。

自分で言うのもなんだけど、このWhatという

 What=どんな仕事をするか

ということは、いつか戻りたいという想いとして、
自分の中に根付いている。自分の持ってるツナガリを
つかって働きかけをしたりもするしね。

で・・・今日書きたかったのは、
WhatやHowということではなくって、
それ以外の疑問詞。

Whatをどんな仕事をするか、
Howをいかにして課題を解決するか、
そして、Whoをだれと仕事をするか、と考えたとき。

最近、海外では働きたくないって新人が
多いんだよねぇ
という記事とリンクしてくる。

そして、日本は海外に目を向けなくなった、
若い人たちが内向きだっていうんだ。

この記事だけじゃなく、こういう話はよく聞く。
特にケータイから流行はじめたであろう「ガラパゴス」という
ことばに絡めて、海外への活力をなくした日本という
コンテキストで、語られるような。

でもさ。天下国家の話はまぁ、さておくとして
Whereって、どこでシゴトをするかって、
シゴトのモチベーションのCoreになるんだろうか?

どんな仕事でもいい、だれともやっていきます、
とにかく海外で仕事させてくれ、と。

・・・これが、いるんだよね。そういう人。
けっこういるんだ。

ここだからいうけど、両極端なヒトが周りには多くて、
何で海外に行きたがらないの?絶対おもしろいのに!
というヒトと、海外なんて絶対ヤダと二分。

別に他人がどんなモチベーションで、
シゴトをしていても、別にいいんだけどさ。

自分はすっごい極論すると、Whereは手段。
自分が心血注いでやりたいWhatを続けるために、
舞台を海外にも求めることが必要なら、出ればいい。

でも、場所ありきって・・なんだか
自分的には考えられないなぁ・・・という感じ。

ピュアにWhatを求めたい。

よく喩えるのだけど、ホント、野球が好き。
選手にはなれないけど、
野球に対してなにか貢献したい、みたいな。
そういう一途さで、Whatを求めてる。

自分では生み出せないのだけど、
好きなものの業界にいて、なにか貢献したい。
微々たるものだけど、縁の下を持ってるっていうか。

ホントはね、こういう風に貢献したい、
こうこうこういう感じの・・・ってビジョンはあるんだけど、
まぁ、そこはオトナの世界ですから。
それがイヤなら、フリーでやる覚悟をしなくちゃ、だよね。

でも、どちらであれ、どのようにこなすか(How)、
どこでやるか(Where)、だれとするか(Who)は、
Whatのあとに出てくるものなんだよなぁ・・・

でもなぜ、Whereが大事なのか。
それは単純な好奇心のベクトルの違いという気がしてて。

プライオリティとしては、Whereは正直高くない。
むしろ、低い。それは、どこを最終ゴールに見据えるか、
の違いだと思うんだよね。そのゴールに近づくには、
ここにいるべきだ、というそういう判断。

マクロ的な視点で考えるなら・・・
仮に現実そうだとして、内向きになってる意識を
外国へより向ける動機付けを
どう導くかは必要かもしれないけど。

・・だから、わたしも他人さんに無理強いはしません。
あくまで、nikko81としての立ち位置がどうかってことで。

自分の中で大切にしている価値の中で、
自律心や好奇心に加えて、多様性ってのも大事にしたいから。

ということで、大きな目標でもないんだけど、
ここだけはブレずにいるつもり。でも、その立ち位置で、
大きなハンドルをもてるようになりたいな、と。

会社としては、こういう何をするかに
こだわるヤツって使いにくいと思うんだけどね(苦笑)

たまにはこんなつぶやきもいいかと。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

竹鶴氏命日に頂いた・・・美味いもの。

今日8月29日は、じーさんも書いてられるように
ニッカ創業者・竹鶴政孝氏の命日。

まぁ、キリスト教に改宗したので、
「命日」という概念があるかどうかは知りませんが・・・

というわけで、今日は竹鶴21年を呑みながら。

金曜と今日は、Good Design Expo 2010
基本的に毎年行くようにしてるのだけど・・・

やはり、今年も面白かったですね。
いろんな分野の最先端のアイデアが詰まった品々。
好奇心を刺激してくれる心地いい展示会。

ま、例によって写真がいっぱいで、
更新はなかなかすぐってわけには行きませんけどね。
金曜は2時間、今日は6時間歩きっぱなしだもの。

土曜日はWISH2010。AMNさんのイベント。
トークセッションにWebサービスのプレゼンに、懇親会。

プロダクトとは違った意味で、好奇心を
刺激してくれるイベントでした。
その場で投票できたりとかして・・おもしろいし。

こちらも、更新は少しお時間を頂くとして、
この土日で頂いた美味しいものをまとめて。

土曜日、WISH2010の会場の懇親会では
結局、あまり食べれなかったので、
たまたま見つけた、餃子の珉珉(みんみん)

P1080176

正直、あの珉珉がなぜ六本木に!?と
めっちゃ驚愕だったのです。

うん・・このフォント。確かにあの珉珉だ。

P1080316

大阪では、餃子といえば王将派と珉珉派に
かなり分かれる(王将は京都王将派と大阪王将派にも)
くらい、わたしにとっては餃子のビッグタイトル。

東京に来たときに、王将があったのには
安心したのですが、さすがに珉珉はね・・・と思ってて。

でも意外と関東にもあるんですね。
王将にはかないませんがね(笑)

ということで、懐かしさ半分、興味半分で
餃子のみ(!)を頂いてまいりました。

P1080321

妙に期待をして行ったために・・
まぁ、フツーに美味しいかとってことで・・

なんか、王将も珉珉も庶民派なはずなので、
わざわざ食べに行くって感じじゃないもんな。

いや・・なんかネガティブになっちゃったけど、
美味しいのよ。美味しいんだけど、
感動的ではないかな。王将もそうだけど。

珉珉も大阪だけじゃなくて、
東京にもいっぱいできてほしいな!

で、日曜日はGDE(グッドデザインエキスポ)の会場で
ホットケーキのメープルソースがけを食べて
つかの間の休憩タイム。6時間歩き通したうちの、
わずか10分そこそこですが・・・

P1080812

メープル好きには、たまりませんでした。
メープルってなんであんなに優しくて、
コクのある甘みなんでしょうね。

帰りがけには、今日は29=ニクの日だ!
ということで、恵比寿のキムカツに寄ってきました。
そう、8月まで食べるラー油カツがいただけるのでした。

シンプルにカツはねぎ塩をチョイス。

P1080846

出てきました、食べるラー油。
いまさら感がありますが、初めてなのです。

P1080849

カツにちょいちょいと乗せて・・・

P1080852

いただきまーす!

P1080853

うん、やはり言われているように辛くないですね。
むしろにんにくだかの香ばしさが
すごく際立ってますね。美味しい。

ラー「油」というだけに、油っぽすぎないかな?
と思ったけど、そんなこともなく。

辛みも抑え目で、後からじんわりくる感じ。
一番前面に出てるのが、パリパリに焼いた
ニンニクでしょうかね、この香ばしさと歯ざわりのよさ。

これは・・これだけで白米いただけそうですね。
アレだけ人気になるのも、わかる気がします。

いやぁ・・美味しいものを食べてるときは、
しゃーわせですなぁ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1週間遅れの盆帰省 ~DAY 2後編~

さて。ここが一番のメインイベントですよ。

タカムラオンラインさんの創業10周年記念試飲会。

P1070864

ここに中学の頃のクラスメートが勤めていて、
大阪でイベントあるから、どない?
とさそわれて、はるばる東京から向かったのが、
今回の帰阪のそもそもの発端。

ワイン好きの彼女は、仕事が終わったら、
店舗を通って会社を出るまでの間に、
いろいろ目移りして、給料をうまいこと回収されてる
みごとなあるちゅーっぷりを発揮している
とっても素敵な淑女です(笑)

ただ、残念なことに当日体調を崩して・・
ということで参加できず。むむ、残念至極です。
# また、飲みにいこな~<Fちゃん

会場はナント、あの中央公会堂ですよ。
洋館好きで酒好きのわたしには、ぴったりすぎる
会場ではございませんか!

P1070862

足を踏み入れると、エレベーターとかが
あったりはしますが、なかなか雰囲気はよく残していて、
飲む前から、ついつい写真をバシャバシャと
撮っちゃいますね・・うん、イイ。

P1070866

P1070869

会場待ちのところで、呑んだくれさん
余市以来の再会!お久しぶりです!

ここでなんとー!今はなきスーパーニッカクリアを
頂いてしまいました・・ホントにありがとうございます!
こちらでおすそ分けを・・って
おねだりしちゃったんですけど(笑)

P1070921

会場となったところもすごくいいところでした。
もし、アルコールのイベントじゃなかったら・・・
もっといろいろ撮ってたと思います(爆)

P1070873

さて!ワインがたっぷり並んでる会場でしたが、
とりあえず手始めに数杯頂いた後は、
モルト三昧でした。やはり・・・Whisky Lover。

無料試飲では、呑んだくれさんお勧めの・・
BenRiach 12yo Sherrywood。

これが出回ると、The Macallanが売れなくなる?
とは、呑んだくれさんの弁。
確かに、コスパのいいシェリーとして、
いいシェリー樽モノでしたね。

あと、普段飲まないバーボンですが、
Wildturkey Tradition 14yo。

P1070875

バーボンで14年モノって、聞いたことなかったんですが、
ある意味バーボンらしくなく、繊細な複雑な香り。

バーボンもこういう上品な仕上がりになるんだ・・・
と再発見した一杯でした。

さて、有料試飲ですが・・1杯目は、
日本市場向け限定のTullibardine 1976 33yo。

P1070871

宮城峡25yoでも感じたオレンジとチョコが
複雑に交じり合った感じに近い。
チョコも甘みというよりは、心地よい苦みが
感じられるビターテイストのもの。

うーん、いきなりヒットしちゃったなぁ。
まだ、有料試飲1杯目なんだけど(笑)

もう1点、これは・・!と思ったのが、
Gordon & MacPhail社のボトリングである
Strathisla 40yo。40年・・・わたしより先輩です(笑)

P1070876

わたし・・・すごく花火を感じたんですよね。
実家が淀川沿いにあって、今は場所が移りましたが
花火大会が近くであって、火薬のにおいがしたものです。

でも、それよりかはもっと繊細で・・・
喩えるなら、線香花火のようなか弱く、
とても官能的な甘さもあって・・

ティスティングノートとしては、
ちょっと変かもしれないけど、でも花火なんです。

Tullibardineもよかったんですが・・・
個人的にはこっちに軍配。
40yoという熟成年数に比して、2万弱というのは
なかなかお買い得なんじゃないでしょうか。

・・・というわけで、Fちゃん同様、
すっかりわたしも資金回収されていたのでありました。

あと、現物がなかったのが残念でしたが、
BenRiach 1977のバーボン熟成+アメリカンオーク新樽の
フィニッシュってのが気になりました。1977だし。
むー、どっかで飲みたいぞ。

その他、ソフトドリンクでは・・ひやしあめ。
これねー、東京じゃ通じないんですよね。
なんすか、それみたいな。なつかしー。

P1070895

あとね、近所のスーパーにも売ってる、
にんじんジュース。順造選

P1070903

みなさん、知ってます?これ。
尋常じゃない甘さなんですよ、もちろん自然の甘さで。
お気に入りの人参ジュースなんですが、
こんなところでも出会うとは!

ドロドロしすぎず、さらっと頂けて、
しかもジュース感覚の自然な甘み・・・言うことなし。

となりのマンゴーやトマトも美味しいのですが、
ある意味想定の範囲内というか・・・
人参の美味しさには度肝を抜かれます。

もう、この日はチェイサー代わりに、
がっぱがっぱ飲んでました!

いやー・・・楽しかったですね。
抽選会は見事、ハズレでしたが・・・

社長さんのご挨拶もあったのだけど、
お若いんですね、社長さん。びっくりしました。

会のはじめに、昨年山崎のブロガーイベント
ご一緒させていただいたのっぽさんにも
あらためてご挨拶できました。

のですが・・・

でも、やはりかなり飲んでいたので15時ごろから
エネルギーが切れ始め・・・しばらくZzz。

一通り、ワインをお召し上がりになった
のっぽさんが出くわしたのは、夢の国出張中のわたし・・・

本当なら(まだまだ未熟者ですが)
できる限り、モルトをご案内せねばならんのに・・・
かえすがえすも、申し訳ございませんでした。

会の終了間際にいい感じに分解できたところで目覚め、
さらに1杯頂いて帰りました。

大阪から京都に向かって、京都タワーで
お風呂入って(これいつも)、
駅でかすうどんを頂きました。

P1070909

「かす」とは、牛のホルモンを. 脂が抜けきるまで
素揚げした油かすのことで、これを入れた
うどんが好きなんですわ。

でも・・・なかなか食べる機会がなくってね。

さて、こんな感じの動きまくりのせわしない、
そして飲んで食べての2日間でした。ははは。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (7) | トラックバック (1)

1週間遅れの盆帰省 ~DAY 2前編~

さて、翌日。

タカムラさんとこが午後からですので、
午前中は・・ということで、大阪・池田にふらふら。

実は・・・チキンラーメン誕生の地が池田市。
そして、チキンラーメンの誕生日が
8月25日ということで、池田市にある
インスタントラーメン発明記念館や、
阪急池田駅前ではイベントをやってたんです。

駅前。まだ開催前なので準備中。

P1070616

そういや、こうしてまじまじと池田の
マンホールを撮るのは初めてかも。

P1070620

カラーも!

P1070836

意外と近代的なつくりの建物。
そばには、創業者・安藤百福氏の銅像。

P1070629

緑がいっぱいでオサレ感があります。

P1070633

8月25日はラーメン記念日。

P1070640

・・・でも、それだけじゃない。
わかってるわよね?今日はまだ8月。
つまり、夏休みなんです。
ちびっ子の皆さんにとってはね。てことは・・

こんな感じで、オリジナルのカップの
カップヌードルをつくれたりするのですが・・

P1070834

え・・・行列?しかも・・・

P1070643

えーっと。ここは万博会場でしょうか(爆)

P1070646

だからといって、ひよこちゃんと記念写真を撮るのも
まぁ・・・アレなわけでして。

P1070641

ということで、安藤百福氏の即席・・じゃなかった
足跡をたどる展示を見ていきます。

最初にチキンラーメンを開発したときの
母屋を再現。

P1070669

インスタントラーメンの原点ともいうべき
瞬間油熱乾燥法もここで生まれて。

もともとは、天ぷらがヒントになったらしく、
麺を揚げることで、乾燥に使えないか?
とひらめいたのが最初とか。

揚げると、面に無数の穴が開き、
そこに湯を入れることで戻すときもやわらかく
仕上がるようにできたのだとか。
しかも、戻す方法はかんたん。

味付けは、はじめから麺にスープを練りこむと
ぼそぼそに切れてしまうので、
ジョウロでスープを振りかけて揉み解し、
均一に染みこませられたわけ。

麺も日本橋の道具屋筋で見つけてきた
中古の製麺機。理想の麺にありつくまで、
なんども原料の配合を試したそうですね・・・

P1070654

スープもこうして、最初は手づくり。

P1070653

こうしてできた初代チキンラーメン。

P1070675

手作業でつくられたチキンラーメンも
爆発的な人気に支えられ、やがて大量生産の時代に。

製麺機。

P1070679

袋詰め機。

P1070677

大量生産するだけでなく、ちょうど普及しはじめてた
テレビに着目し、いち早くCMを。
このころは、まだひよこちゃんはいないのね。

これからは家庭にテレビが入り、みんなが
夢中になると感じ、チキンラーメンを広く知ってもらうため、
これをつかわなきゃ、と思ったそう。

さきほど袋詰め機があったけど、袋にチキンラーメン
をいれるというのも、スーパーができ始め、
流通革命が起きようしていたころ。

その買い物の仕方が変わる流れを読んで、
スーパーで並べやすく、手に取りやすく、
しかも、衛生的な袋詰めにしたわけですね。

P1070684


チキンラーメンという食そのものだけでなく、
その周りを取り巻く環境にも、
ものすごく高いアンテナを張って、
チキンラーメンという商品に組み入れていったわけ。

・・・開発の情熱もさることながら、
やはり、マーケッターとしても一流なんですね。

百福語録。

|なにごとによらず、自分の周囲に
|好奇の目を向けるのを忘れてはならない。
|消費者のニーズや時代を読むヒントは、
|日常生活の至る所に、転がっているではないか。

うん、それは今も真実かもしれませんね。

さらに、安藤百福の目は世界に向けられます。
箸や丼で食事をする習慣のない外国人にも食べやすい
インスタントラーメンをつくろう、と思い立つ。

・・・これこそ、パッケージ・調理器具・食器の
三役をこなす器に入ったカップヌードル。

カップの入れ方にもこだわり、スポッと
入りやすい方法を考案。
上下逆にしたほうが、はまりやすいんですね。

具の乾燥にも工夫。今でこそ、ポピュラーになった
フリーズドライ製法(真空凍結乾燥法)を最初に
発明して用いた食品こそ、カップヌードル。

麺はカップの中間に浮いた格好で、
はまってあるんだね。知らなかった。

P1070703

こうすることで麺やカップが傷まず、
さらに、麺のしたの空間にお湯が回り、
麺が均一に戻るようになるわけ。

アメリカ出張で飛行機の中でCAから
手渡されたマカダミアナッツの包装が
紙とアルミ箔を貼り合わせた上蓋が容器に
密着しているのを見て、それをカップヌードルに
応用をしたりもしたんですね。

P1070707

カップ自体の包装も初。薄いポリプロピレンの
シートをかぶせて熱をかけて収縮させる
シュリンク包装を初めて実用化。

P1070711

こうしてできたカップヌードル。
1971年(生まれてない・・)には、お湯の出る自販機を
日経東京本社に設置。夜勤の記者に大人気。

P1070714

製造年月日の明記をはじめた(1965年)のも、
最初。のちに食品衛生法が成立・成功したんだってね。

そして、いまやとても身近なカップヌードルや
チキンラーメン。災害や食糧危機にも活躍してきました。
そうそう、阪神大震災のときにも活躍したとか。

P1070731

そして、最近ではついに宇宙に旅立つ
インスタントラーメン。

P1070740

世界中でカップヌードルが食べられている
わけですが、おのおのを見てみると地域差があって面白い。

アメリカは人種が多く、カップヌードルの味も多様だが
塩味や酸味が強く、セロリや胡椒、バジルなどの
ハーブや香辛料の効いたものが多いよう。

ブラジルでは、食感がパスタに近く、
トマトやチーズ味ベースが好まれ、
なんだかイタリアンっぽい感じ。

メキシコは、塩味や辛味に加え、
トマトなどの酸味を織り交ぜた味。

ヨーロッパでは、麺をすする習慣がないので、
麺が短めにしてあるとか。へぇ。

ヨーロッパ版のパッケージ。
「杯」「麺」の漢字がアジアをイメージさせる・・
んでしょうかね?

P1070753

インドは変り種で、濃厚なスープを絡ませる
焼きそばタイプ!U.F.O.的な感じなのなぁ。
かき混ぜやすいよう、底が丸いのも、
細かい工夫ですねぇ・・・

イスラム教徒の多いインドネシアでは、豚肉を使わない
「ハラール食品」のマーク取得済み。

P1070759

ラーメンの本場・中国では地域でテイストが
異なる様子。上海・北京の大都市では、
牛肉麺(ニュウロウメン)の味付け。
香菜(シャンツァイ・パクチー)が効いてるそう。

P1070762

品名の「開杯楽」とは、カップを開けると楽しい麺、
という意味だそう。ネーミングがいいですね。

全世界で年間インスタントラーメン消費量は、
915億4,000万食。

トップは中国で408.6億食で、世界第4位の人口を擁する
インドネシアが次点139.3億食。日本は3位で53.4億食。
2位がインドネシアって意外。

ここまでくると、オリジナルカップ製作の
ちびっ子たちが思い思いのカップを手にするのが
見えました。長い間並んで・・お疲れさま(笑)

P1070771

安藤百福氏の若さを示す一品。
96歳で亡くなるまで愛用していたというiPod nano。
デジタルグッズまで使いこなすとはさすが!

P1070775

ここで、百福語録をいくつか。
成功した実業家らしいことばの数々です。

|自らの足で歩き、自らの目で確認しなさい。
|そうでなければ、あなたの話には
|重みも説得力もない

|時は命なり
|刻一刻ときざむ時間は
|確かに大切ではあるが、
|命がきざまれているのだ、
|と思っている人は少ない。
|そこまでの切迫感を持って、
|私は生きたい
|周りの人にもそうしてほしい。

|哲学をもっていなければ
|他人を説得することはできない。

|統治して治めずという。
|力で動かそうとするから
|人の心は離れていく。

|人のやらないことをやれ。
|やれそうもないことを成し遂げるのが
|仕事というものである。

|仕事を戯れ化せよ。

|一時的なヒット商品よりも、
|新しい市場を創造していく商品を作れ。

|人生にの遅すぎるということはない

|逆境にたって、すべての欲とこだわりとを
|捨て去ったとき、人は思わざる力を発揮できる。

|素人だからこそ、常識を超えた発想ができる。

2Fにはチキンラーメンそのものを
手づくりできる工房もあったりします。
平日なんかに参加できると、ゆっくりじっくりと
楽しめるかもしれませんね。

P1070830

さて・・・そろそろ駅に戻ろう。
駅前ではもうすでに人だかり。

チキンラーメンなんて、みんな食べたことは
あるだろうに、暑い中並んで無料のチキンラーメンを
求めてます。もちろん・・ネタ的にわたしも。

P1070841

団扇を頂き、扇ぎながら汗をかきかき、
並び続けます。

P1070845

じゃーん。ミニなのですっごいちっさいですが
しっかりチキンラーメンです。

P1070853

・・・でも、さすがにこれじゃ、お昼として
足りなさすぎるので、池田駅前CoCo壱限定のチキラカレー
カツをチキンラーメンをまぶして揚げた、
という、ある種強引(笑)なカツが乗ってます。

P1070858

カレーの味に負けず、揚げ麺のパリパリ感や
チキラの鶏がら味が効いていて、美味しかった。
カロリーたっぷりなのは・・ま、この日はしょうがない(笑)

さて、いよいよこれからタカムラさんの
イベントに参加するために、中ノ島・中央公会堂へ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

1週間遅れの盆帰省 ~DAY 1後編~

さて、セミナー後。蒸留所のほんのすぐそば
にある椎尾神社に行ってみました。

P1070579

小さな水車がくるくる回ってたり、
なかなかいい感じのところ。

P1070580

個人的に気になったのがこの石垣!
打込接(うちこみはぎ)に角には算木積。
算木積が用いられてるとすると、慶長期以降のはず。

P1070594

かつては西観音寺があったらしく、
江戸時代には伽藍が並んで栄えていたというから、
その時代の石垣なんでしょうね。
城ではないですが、かなり見ごたえのある石垣。

かなり苔むしてたりして、積まれた年代の
古さを物語っています。

P1070585

西観音寺というくらいだから、元はお寺。
それが明治の廃仏毀釈で、無理やり神社化されたのだとか。
建物もどこか軽い感じで、後世のものだろう。

P1070588

あ、拝殿の奥に樽はっけーん♪

P1070590

ちょっと早いけど・・ヒロさんに、
ウイスキーねこさんご夫妻をお連れして再訪。

気になってた京都ハイボールをいただきました。

P1070596

なんでもこれ一杯飲むと、歴史的建造物などの
有形文化財の保存事業に役立てられる
とか。

モノは、山崎10年をベースに
伊右衛門とソーダで割ったハイボール。
まぁ・・サントリーで揃えたハイボールですな(笑)

意外と山崎の甘みとお茶の甘みが合い、
またお茶の渋みが山崎系のハイボールにしては、
味わいをキリッとさせていますね。

ちょっと炭酸不足かな・・という気もしたので、
強めの炭酸で作ったほうがいいかも。

・・・それにしても、「京都ハイボール」の
専用グラス、つくっちゃったのね・・・

いっときますが、山崎蒸留所の住所は、
大阪府ですからね!それなのに京都って!!
ソサエティの一覧にも119ってKyoto・・こらぁ!

ま、緑茶で割るハイボール、
濃ゆい味のイメージがある(だと一般的には)大阪には
たとえ、所在地が大阪でも「大阪ハイボール」は
ないんだろうなぁ・・・

お茶だったら「京都ハイボール」だろうな・・
イメージは覆せないわ(苦笑)

あとは、目ざとく見つけた「響50.5」や、
Owner's Caskを頂き。

響50.5は相変わらずの美味しさ。
終売がかえずがえすも残念。

Owner's Caskはねこさんも書いておられますが、
味わいはスーッとしたバーボンバレルなのに、
香りが濃厚というか・・・不思議なギャップが魅力的。

食事は軽めに出し巻きやきずし、大根煮。
食事も美味しいだろうな、というのは、
サントリーのブロガーイベントで体験済みなので、
ある意味、安心して頼めます。

そうそう、きずし。たぶん東京ではこう言わないので、
頼んでみたのですが、「しめさば」って言葉が出ずに、
バッテラの・・・ごにょごにょって(笑)
失礼しました<ウイスキーねこさん

ここからは、新幹線で東京に戻られる
ウイスキーねこさんご夫妻とお別れして、
まぐぽさんから聞いていた
赤枝騎士さんのBar・PARADISに向かいます。
# ちなみにお片づけは終了していました(笑)

ま・・・お読み頂いて分かる通り、
ここまででかなり飲んでるんですけどね・・・

あかしに始まり・・

P1070598

Connemara 16yo。

P1070599

フルーティ!なCaolira 18yo。
今回の一番でした。

P1070601

最後は、新樽系の余市原酒10年。

P1070613

隣り合わせたおっちゃんとちょこちょこ話したり、
いかにも大阪のBarやなぁ、という感じでした。

帰りには、赤枝氏からお土産まで頂いて。
うわぁ、ありがとうございます。

P1070920

ふぅ・・明日はいよいよタカムラさんのイベント。
とその前に午前中は池田に寄り道。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1週間遅れの盆帰省 ~DAY 1前編~

先週の土日は、大阪に帰ってました。
盆帰省・・なんていうのは盆にかこつけているだけで、
実際は、知り合いが勤めるタカムラさん
試飲会イベントに参加するため。

ま、それだけじゃなんなんでいろいろめぐって、
いろんな方にお会いできました。

今回は、少しでも財布に優しく・・ということで、
往路はムーンライトながら+18きっぷの最強コンビ。

なにせ、前日に小田急を使って小田原に入っておくと、
18きっぷ1日分消費だけで大阪へ。

指定席料金510円は掛かりますが、
小田原→大阪まで7,350円のところをなんと2,300円!
しかも当日は乗り放題ですから、
実際はもっとお得でした。

・・・っ、これだから18きっぱーは止められません(苦笑)

大阪に着くと、まずはお墓参りから。
1週間遅れちゃったけど、キチンと水を替えて、
花を換えて・・・猛暑のせいか、15日に
両親やら親戚やらがお参りしているはずなのに、
花のしおしおっぷりに驚愕・・・

そして、祖父母にお祈りをしよう頃には、
汗まみれ・・暑すぎる!

そのあとは、うめだ阪急でウイスキー量り売りコーナーへ。

阪急梅田駅では、実写版の宇宙戦艦ヤマトのPR中。波動砲発射!

P1070466

売り場ではじめてキチンとカナモリ@ウスケバstaffさんに
ご挨拶してきました。いろいろお話させていただきつつ、
Glenmorangie ASTERを200mlと、土日限定の
しずくモアシリーズから、アイラ&ショコラ。

P1070916

前回のボトルを持っていけば、その分割引を
していただけるのですが、ボトルがおされなため、
むしろボトルだけいっぱいください的な感じ(笑)
ということで、新しいボトルに詰めていただきました。

次は、山崎。ちょっと時間が早いので、
お昼からヒロさんに向かい、お昼を食べてきました。

Owner's Cask・・あるある。
あっ、響50.5まだあるーーー!きらーん☆

P1070479

お昼はおべんとランチ。魚フライをメインで
撮ってしまいましたが、煮物や酢の物中心でヘルシー。
美味しくいただきました。

P1070481

まだ時間があるので、大山崎山荘の美術館でも行こうか?
と思ったら、休館ですとぉ!

P1070484

暑い中、ぶらぶらしていると別のお店の入り口に貼ってあった
チラシに目が留まる。京都ハイボールなる代物。
むむむ、これはあとでヒロさんところで、
頂いておかなくちゃな・・・

P1070487

で・・山崎。いつも思いますが、
大阪と京都という大都市の間にあって、
この景色と雰囲気は・・スゴいですよねぇ。

P1070493

時間がまだ30分ほどあるので、
先に有料試飲しちゃお。1杯・・・1杯だけだからっ!

ということで、何かないかなと見ていたら、
山崎12年ではなく、響17年の構成原酒ミズナラを発見。
これ・・前からありました?1杯2,000円なので、
かなり長期熟成なのではないかと。

で。香りとお味がわかるうちにいただきました。

P1070507

あ、これ山崎12年のミズナラと全然ちゃうね。
ミズナラとは斯く在る可しという、
ミズナラならではの伽羅香を深く感じられますね。

白州ではなかったなぁ・・・でも、次に山崎来たら、
まずこれを頂こうと思えるモルト。
もちろん、高価だけどあれこれ飲むくらいなら、
この1杯でいいや、と思えるくらい。

さて、続いてはセミナーに参加いたします。
題して『シングルモルト匠の技講座~樽熟成の神秘~』。
ここで、ウイスキーねこさんご夫妻と合流!

何度も山崎には来ましたが、入ったことのない
場所でセミナーは開催されました。
そっか、山崎だとここでセミナーするんだね。

P1070513

まずは工場見学。まぁ・・この時期ですからね・・
と思ったら、暑いんですけど!

発酵もやってるし!

P1070517

ガシガシ蒸留ちぅ!あーーーーあつぅ!

P1070524

やはり、角瓶の出荷制限をしなくちゃいけないくらいだから、
休んでいる間はないんですかね。こりゃすごい。

お!珍しく樽詰めエリアに樽がごろごろ。
いつもがらーーーーんとしていることが多いので、
何気にレアな風景かもしれません。

P1070530

貯蔵庫。白州のときみたいに酒飲み天使さまが
がばがば飲んでてすごくアルコールが充満・・
ってほどではなく、いい感じに香っていました。

P1070535

説明してくれてたお姉さん・・話聞かずに
写真ばっか勝手に撮っててごめんなさい(笑)

奥の牢屋(笑)みたいなところには
Owner's Caskが眠り・・・

P1070542

いつもながらカメラマン泣かせの
1924年貯蔵樽。

P1070549

ウイスキーねこさんのお話だと、
樽に「和」って書いてあるものがミズナラ樽という話と
No.が四角く囲われているのがミズナラ樽という話、
二つあるんですって。囲われてて「和」って、
書いてなかったり・・・うーん、どゆこと?

P1070551

見学から戻ったら、樽材の側を外したものが。
意外とチャーした香りは感じられず。

P1070567

セミナーは、

・熟成年数別に味わいを比べる
 (0年・4年・12年)
・熟成樽毎の味わいを比べる
 (ホワイトオーク、シェリー、ミズナラ)
・山崎10年・12年と合うおつまみマリアージュ。

って構成。

P1070569

それぞれは、まぁそうかという感じなんだけど、
輿水さんのティスティングビデオを
見ながら実際に味わってみると、
こう表現するのか、ってなところが
タイムリーに感じられて、おもしろい。

P1070575

おつまみはマカロンにおせんべ、
チョコに最中となかなか豪勢なラインナップ。
個人的には(知ってはいたけど)、山崎12年×最中の
組み合わせがひっじょーに好きなんですよねぇ。

P1070578

・・・さて、長くなったので、
いったん切りまーす。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メタルマン。

DQやFFにはじまり、ゲームって同じ音楽を
繰り返して聴くことが多くて、
あまりやらなくなった今でも、音楽をふと聴きたくなる・・
ってことあるんですよね。

今日はロックマン。
なぜか、昔からメタルマンのテーマLoveなのです・・・・

ロックバージョンもあるよ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほのかわさん。

ほぼ日に石田ゆり子さんとイトイさん
の対談
が載っています。

石田ゆり子さんというと、ニッカオールモルト100・・・
なんですけどね、わたしのイメージは。

実際の石田さんは、ほのかわ(ほのぼのかわいい)さん。

|たとえば拾った石とか、拾った木ぎれとか、
|ガラスとか、そういうものがあります。

これ・・・ほんじょさんもこういうのもってそう(笑)
こういった愛おしさを感じることができる
ヒトって素敵ですね。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あともう1本!

ということで、もうしばらくお付き合いください(笑)

●錯視画像。(idea x idea

目の錯覚をつかったちょっと驚きのある錯視画像。
いわれてみれば、オレンジの波のところは
オレンジっぽく見えるような・・!?

Wave

●メルシャン、赤字拡大・・・(イザ!

むぅ、メルシャンの2010年の中間決算が
25億8,200万円の赤字、前年同期に比べても、
かなりの赤字幅の拡大。

こういうニュースを見ると、軽井沢蒸留所
なんてのは、早々に処分の対象になるんじゃ・・・
と心配になってきますねぇ。

●飲み放題と一気飲み強要って因果ある?
 (Infoseekニュース

少なくとも、社会人になって参加した飲み会の
ほとんどが飲み放題でしたが、
こんな下品な一気飲み強要は、まぁなかったです。

とにかくノリでしか酒を飲むことを知らない
連中のために、飲み放題自体が規制されるなんて、
こんな馬鹿な話はない。

暴飲や飲酒事故を防がねばいけないのは確かだが、
ホントにWHOのお節介は、勘弁してほしいもの。

●裏裏?裏表?(イザ!

全然鉄分が足りてないわたし(笑)なので、
そんなこと、ついぞ知りませんでしたが、
自動改札機にきっぷを裏面を上にして挿入したとき、
以前は、裏のまま出てきてたんですね。

かなり減ってはいるものの、まだ存在するとか。
鉄っちゃん、鉄子の皆さんには・・当たり前のこと?

●なんだか楽しそうですね!(らばQ

ドイツ・ルフトハンザ航空の機内での一幕。
CAが枕を配布するのに、枕を投げたところ、
乗客の一人が投げ返し、あれよあれよという間に、
修学旅行の夜(!)さながらの、枕投げ合戦に!

これでいいのか・・わかりませんけど、
とりあえず楽しそうですね。

ドイツ人って、お堅いイメージがありますが、
なんか違う一面を見た気がします。

●植物をレントゲン撮影すると・・・(らばQ

なかなか植物をレントゲン撮影する・・
なんていう写真にはお目にかかりませんよね。

顕微鏡写真とかでも感じる、自然が織り成す、
アーティスティックな美しさを感じますね。

わたしのお気に入りはこのバラ。

7600bba8s

●功は・・・どこにあるんでしょうか?
 (イザ!

ま、わたしが車に乗らないというのも一員ですが。

やっぱり、高速を無料化って渋滞を誘発するし、
CO2は吐きまくりだし、無駄に鉄道などの
公共交通機関を圧迫するし。

恩恵をこうむる人もいるかもしれないけど、
マクロで見れば、いいことないと思うんだよなぁ。

物流業者や高速バスの運行に支障をきたしてる、
ってのも、見逃せないよねぇ・・

●絞り込みも大事、だけど何かひとつってのも・・
 (Lifehacker

多趣味は無趣味?という話。
確かに、あまりに手広くやっちゃうと、
どれもいい加減で中途半端。

まぁ、人によってはお金に際限がないひとも、
いるかもしれないけど、時間はみんなに等しく、
限られているわけで・・・

とはいいつつも、何かひとつのことだけに
のめり込む危険性もあると思うんだな。
その世界しか見えない・・みたいな。

だから、趣味の世界にもポートフォリオというか、
いろんな視点を持つことも大事だと思うんだ。
そして、そのバランスとツナガリが大事なのかも。

PCも好きだし、旅も好き。
ウイスキーも好きなら、城マニアで
戦国フリークだったり。

物書きだってするし、写真も撮りまくり、
音楽も、展示会も・・・

自慢じゃないが、各分野の超マニアには
かなわないけど、どれも中途半端じゃないって、
自負を持ってるつもりだし、自分そのものが、
それぞれを関係付けてると思うしね。

●勝つものは強いものじゃない、
 変化できるものなんだ。(イザ!

かつてよく読んだ、遺伝子の進化に喩えて、
文化の進化を説明しようとした
文化遺伝子・ミームの概念を思い出す。

複製、伝達、変異という特性を持つ
「進化」の過程では、強いものが生き残るのではなく、
正しいものが生き残るのでもなく、
伝播しやすいものこそ、生き残るという考え方。

英語の特徴として挙げられている、
伝染しやすく、順応性があり、
ポピュリスト的で、破壊的・・・
これ、まさに生き残るミームの特徴ではないか。

確かに英語って、地域によって、
訛りがすごいなって思うんだよね。

そもそもの英語圏でも訛りはあるけど、
いわゆるジャパニーズ・イングリッシュだって、
そんな「訛り」のひとつかもしれない。

マレーシア英語に韓国英語、
あるいは中国英語に、日本英語・・・
それでも意思疎通ができるなら、
その懐の広さたるや、すごいものがある。

会社でも発音がすんごく日本語英語なのに、
ちゃんとやり取りしてる人もいて、
流暢すぎる英語よりか、むしろそういうのこそ、
すごいな・・・って思ってしまうしね。

英語が元になって英語っぽい何かが
国際共通語になるのって、なんだか想像がつく。

世界では中国語が話す人の人数では勝ってるけど、
英語の持つ、言語としての強さを感じ入った次第。

・・・だからといって、日本にいて、
日本人同士が英語でしゃべれ、というどこかの
企業は・・どうかと思うけどね。

こんなの読むと・・笑うしかない・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

貯めても2週間くらいかな・・

さて、残りが見えてきました。
やっぱり、何とかなるのは2週間分くらいだね。

たぶん、それ以上貯めちゃうと、
もーーーいいやーーーーーーーーーーー!!!!!
どーーでもいーやもーーーーーーーーーーー!!!!!
って、やけっぱちなしばじゅんチックになっちゃう(笑)

さ、そうならないうちに書ききっちゃいましょう♪

●自分への問いかけ。(blogs.com

「自分のことを他人に知ってもらいたいのだろうか」
「自分の何を他人に知ってもらいたいのか」

確かに。これを自問するのは有意義かも。
あと付け加えるなら、

「自分は書きたいのだろうか」

ということかな。

ま、使い方はいろいろだけど、
blogって、まず文章ありきだと勝手に思ってます。
写真も動画もあるけど、あくまでサブ。

根っこに何かを表現したいって思いはあるかな?
が大事だと思ってます。

そして、自分のために書く。
これも、わたしのベースとなってる考え方。

あとになって振り返ったり、文字にすることで
今の自分をできるだけ客観視したり。

ま、無理強いはしませんがね。

●英語の略語。(blogs.com

けっこう使うのから、そんなのあるんだ、
みたいなものまでいろいろ。

ASAPやBTW、FAQ、FYI、PLSなんてのは
シゴトで比較的よく使うほうですね。

あと、ここには載ってないけど
F2F MTG(=Face to Face meeting)とか使いません?

あと、長い単語を発音が同じで短いつづりに
するときに数字やアルファベットの読み方にするのって
けっこうありますよね。

●非接触充電システム、いよいよ実用化?
 (GIGAZINE)

そろそろ実用化段階に入ったようです。
望むらくは、ユニバーサルなサービスになればいいんですが、
特定の新機種だけとかってなるんでしょうかね。

アダプタをつければ、対応できます!
みたいなのを最初から考えてほしいなぁ。

あと、自宅じゃなくて、駅とか人の集まるところで
公衆非接触充電スポットみたいなのも。

●帰ってきてね、待ってるよ。
Message from UTADA HIKARU

もういろいろ話題になってますよね、
例の人間活動宣言(笑)

そっかー、”Automatic”から12年かぁ・・・
そんなに経つんだな。しみじみ。

いろいろわけあって、音楽の世界とは
鎖国状態が続いていたあるとき、
彼女の歌で、「開国」しようか・・と思った
きっかけになったんですよね。

そう、わたしにとってのペリー提督(笑)

思う存分、いろんな体験をして、
帰ってきてほしいな。

ま、いろいろ言う人はいますがね・・
誤解されてるってあとで文句言うくらいなら、
会見開いとけ、というのは逆にそういう視点あるのか
って思っちゃったけど。

でも、なんかわざわざ会見開くのなぁ、みたいな
感じはするけどね。芸能人の皆さんが、
なんか発表するのに、blogで発表する時代に。

●わかる、その気持ち!(Infoseekニュース

コンビニでのクレジットカード利用の伸び悩みに、
サインや暗証番号の面倒さよりも、
そんな小額でカード!?みたいな恥ずかしさが
先行している、という話。

確かにそうです。わたしはQUICPayはつかうことが
あるのですが、アレならSuicaで決済してるのと
見かけはわからないですからね。

●2ヵ月減って・・・今までが特殊。
 (イザ!

餃子の王将が2ヶ月連続で、前年同月比マイナス。
って、そりゃそうなるだろ、ここまで伸びてれば・・・

むしろ、王将にあんなに人出があって、
行列が起きてるのが、不思議だったくらいだもん。

や、もちろん好きなんですよ。王将。
大阪にいる頃からね。

●ひゃー、涼しそう!(Infoseekニュース

連日、まだまだ暑いですが、
かき氷シャンプーってあるんですね。

シャンプーをシロップのごとくかけて・・・
こりゃ、涼しそうですね。
むしろ、冷たすぎないんだろうか^^;

●いわれてみれば・・(にししふぁくとりー

確かにビデオを見る、DVDを見るとはいうが、
HDDを見るとはいわんな・・

でも、近いうちに違和感がなくなる気もしますね。

●健康にはいいかもしれないけど。
 (新製品大好き「こんなものいかが?」)

黄身が黄色くなくって白い卵、
があるらしいんですけど・・・

実際見てみないと、ですが、
なんか真っ白の卵って、薄気味悪い気もします・・

でも脂質やカロリーは控えめで、
濃厚さが少なくさっぱりしているとか。

これ、そもそもの「卵」としては、
用を成してない気も・・(笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USB/DVIワイヤレスドックレビュー。

このレビューは「みんぽす」の無償イベントに
参加して書かれています。(詳細は末尾で)

みんぽすさんにただいまお借りしている
EZAIR・USB/DVIワイヤレスドック「EZR601WD」。

いい感じで使わせてもらってるので、
とりあえず、中間報告といきましょうかね。

そもそも、USB/DVIワイヤレスドックってナニ?
というところから。

ノートPCにはドッキングステーション、
あるいはポートリプリケータ、という周辺機器があって、
据え置きで使う場合に固定して
つかうLANや電源などを常につないでおき、
ワンタッチで取り外しができるんです。

わたしは、LOOX Pでこんなポートリプリケータを
つかってるんですね。

no_pc

で・・・このポートリプリケータには、
アナログVGAしかなくってですね、せっかくDVI端子が
あってもディスプレイとDVIでつなげなくて。

USB経由でDVIに出せる周辺機器もあるのだけど、
かなりCPUパワーを使うみたいで、
カーソルがカクカクして使いもんにならなかったのね。

で、しょうがないからアナログRGBで接続。
そうすると、せっかくPC画面を表示しながら、
子画面で地デジを表示できるディスプレイなのに・・

で!なぜこれが気になったかというと、
もちろんワイヤレスUSBをつかってて、
映像+音声+キーボードマウスが無線化できるってのも
魅力的なわけなんですが、動作条件がけっこう低く、
Core Solo(そろそろ懐かしい名前)でも動く・・

ということは、ULV(超低電圧版)とはいえ、
一応、Core 2 Duoなんだし、動くんじゃねーの?
というとこが、発端なんですよね。

もちろん、ワイヤレスUSBの転送速度も
理論値で480Mbpsと申し分ないしね。

で、約2週間使ってみた感想なんですが。
一言で言うと、かなりイイんです!

P1070453

というのも、カクカク感があまりなく、
と同じように使えてます。カクッとする感じは
そんなには気になりませんね。

ただ、DVDはオーバーレイの作成に失敗、
と出てしまい、ディスプレイの1650*1050の
解像度ではちょっと荷が重いみたい。

そして、TVも子画面で見れるようになりました。

P1070456

性能の高いデスクトップだったら、
こんな心配もないのだろうけど、性能控えめで、
拡張性も低くって、アナログRGBしか端子がなくても、
DVIにつなげられて、いい感じですよー。

気になるところをいうなら、スタンバイや電源OFFからの
起動をする際の画面の見え方。

最初は、ノートのディスプレイにログオン画面が
表示されてしまい、外部ディスプレイ表示に
自動では表示されないところかな。

もちろん、ディスプレイの電源をONにすれば、
画面は見えるのだけど、ノート側の解像度1280*768で
引き伸ばしたような見え方。

ログオンすると正しく1650*1050で見えるのだけど。
まぁ、慣れればどぉってことないのかな?

とりあえず、8月末まで使わせていただけるので、
LOOX U(ATOM Z550)だったらどうかな?
というのをやってみたいと思います。

これ、Windows XPなら1.6GHzのATOMでも
動くんだよねぇ・・ま、LOOX Pをデスクトップ代わりに
使うので、実際には使わないとは思うけどね。



このレビューで使用されている商品はWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」 が無償で貸与しています。本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)レビュー商品無償貸し出しサービス 「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
(WillVii株式会社みんぽす運営事務局)

このレビューを評価する
とても参考になった
参考になった
powered by みんぽす
他のモノフェローズのレビュー


blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一気に書き出しておかないとね。

もう・・blogってある種のノリというか、
書く流れができてるときに、
一気に書かないと、また止まっちゃう気がするんだよね。

ってことで、気になったニュース記事、
まだまだ、続きます!

●OQO・・まだ生きていたか。
engadget japanese

むしろ、懐かしさすら感じます・・OQO。
手のひらサイズのWindows機として、
かなり前からあったもんなぁ・・高かったけど。

最小構成で10万程度ってことは、
ある程度普通の?プロダクトになったのかな。

でも、販売マーケットは中国だけ。
売れるの??

●心理学的な裏づけがあるんだな、たぶん。
 (blogs.com)

ゲームにハマる本質。これ、テレビゲームだけじゃなく、
そもそも熱中するモノには、多かれ少なかれ、
こういった「褒め」「叱り」の要素があるんでしょうね。
「アメ」「ムチ」といってもいいでしょうけど。

これって、昔読んだ心理学の教科書のくだりかと
思ったくらい、人間心理を突いてるんだと思います。

●水濡れしたケータイを30分で乾燥。
 (ITmedia +D モバイル)

これ・・発想はすばらしいのだけど、
そう落としてすぐにヨドバシに駆け込めるもんかね?

ヨドバシに向かってる最中に、
水分がしみこんで、ケータイが昇天しそう・・・

●ドット絵もいいと思うんだけどね。
 (ITmedia Gamez)

うん、ドット絵っていいと思うなぁ。
独特の味があって。

それか、昔ドット絵でゲームしてた
懐かしさがあるからだろうか?

ドット絵を知らないひとには、
どう見えるんだろうか?

なんだか、3Gギラギラのゲームより、
ケータイのDQIIIとかのほうに、
魅力を感じちゃうんだよね・・・

●ネタに走るカラオケ曲。(blogs.com

これ・・わたしはまず大阪人アピールの
六甲おろしと焼肉食べ放題の歌を押しますけどね・・
ダメ?

●おー、楽しみ!(Narinari.com

今度の8/29の「題名のない音楽会」は、
ゲーム音楽特集だそう。

いいな、いいな。コンサートやCDで
聴くことはあっても、テレビってないよなぁ。
忘れんように、観よ。

●回文。(blogs.com

こういうのって、どうやってつくるんですかね。
とにかく長いのもそうだし、短くても、
「世の中ね顔かお金かなのよ」とか秀逸だよなぁ。

●想像通りなのに、見てて爽快。
GIZMODO JAPAN

15,000発の花火の連続発火。
戦艦からミサイルを連続発射しているような
なにやら物騒な動画になってます(笑)

●イイ!こういう発想大好き。(blogs.com

富士山は動かせるか?の問いについて。
無駄に計算しているのなんかより、
別の山を「富士山」って呼べばいいとか、
こういう答えができる人のほうが、賢いんじゃないかなぁ。

●そうか、キッコーマンにも行かないと!
マイコミジャーナル

キッコーマンの工場見学の記事。
銚子のヤマサとヒゲタは行ったのだけど・・
こっちもおもしろそうですね。

そして、なんと江戸時代から見学を
受け付けていたとは・・先進的!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまって、たまってこんにちは!

えーっと。ちょっと外出したりすると、
すぐにたまっちゃうんですよね・・・

またまとめ更新になっちゃうな・・
ということで7月末から8月半ばまでの、
気になった記事を一気に・・・どばーっ!

●SANYO消滅・・・(イザ!

個人的にいろいろあっただけに、
SANYOブランドの消滅は、すごく寂しいものがあります。
むしろ、三洋電機がなくなっても、
SANYOブランドが残ったほうが、心情的にはアリな気が。

なんかこのインタビューを聞いていると、
ある種の諦観を感じてしまうんだけど・・・
もう少し、悔しがってほしいものだ。
きっかけは外圧、だったらなおさらね。

●CoCo壱×チキラ。(イザ!

チキンラーメン発祥の地、大阪池田で
CoCo壱とコラボしたチキンラーメンカレーなるものが
あるそうで・・・大阪に帰ったときに試そう。

●20万円のトミカ。(GIZMODO JAPAN

40周年記念として、アルミからの削りだしだけで
作り上げたフェアレディZが100台限定で発売とのこと。

技術がすごいのはわかるけど、
だれが買うのだろう・・・

●洗濯機に岩をいれて回したら。
idea x idea

世の中にはわけのわからんことを
する人もいるもんですね。

洗濯機のなかに岩を入れてみたという動画。
あまり見てて気分のいいもんではないので、
気になる方だけ、リンク先からどうぞ。

●水面にうつる。(らばQ PART1 PART2

水面に映ってキレイじゃないのってそうそう
ない気がしますよ。鏡のように映るその情景は、
やっぱり魅力的ですよねぇ。

●ニチレイアセロラって。
サントリーニュースリリース

これ、たまに飲むんですけど、
サントリーだったんですね・・・気づかなかった。
知らない間にニチレイの飲料事業を
取り込んでいたらしい。

サントリーの業績を押し上げるくらいにまで
育ってるんだね。ハイボールのほうがすごいけど。

●公衆電源サービス、有料なら?
INTERNET WATCH

金額にもよるだろうけど、有料でも全然OKだと思うけど。
4割かぁ・・少ないな。一部のマクドやカフェで、
無料で使えるところがあるからかな。だろうな。

ま、活用するためにはACアダプタを
持ち歩かないといけないわけで、
忘れるとまったく無意味なサービスなんだよね。

ケータイだったら、ACアダプタも
貸してくれたらいいのにねぇ。

●即席家族・・・むしろその根性と発想が凄い。
 (イザ!

上海万博で、高齢者は優先口から入れて、
その付き添い家族も同時入館できる・・・
ということに目をつけたあこぎな商売だなぁ。

車いすで障害者を装った健常者にしても、
小学生を無理にベビーカーに乗せるにしても・・・
大陸のアグレッシブな世界とは別の世界で生きていると、
そこまでして見たい!?と思ってしまうのだけど・・

こういうのも商売上手、って言うのだろうか?

●これ、心に留め置きましょうね。
blogs.com

そうだよなぁ・・最近の若いやつは・・
と言い出したら、もう終わりだなと思ってます。

しかも、最近の若いヤツはダメだ的な
話に持っていこうとするのって、紋切り型だよね。
つまらないな、そういうの。

年を重ねても、年齢に関係なく、
同じ目線で見れる人、もちろん時と場合によっては、
先輩として振舞える人って、いいですよね。

●死んだふりをする妻!(ガジェット通信

これ、おもろいね。もとはYahoo!知恵袋の相談
に上がったらしいんだけど、
その相談したダンナさんは話が大きくなって、
どう思ってるんだろうね??歌までできちゃって・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いべんとじょーほー。

これから8月月末から秋に掛けては、
イベントの季節ですね。

で、こないだ行ってきたのと
これから行く予定のイベント2つをご紹介。

梅佳代写真展「ウメップ」 シャッターチャンス祭り
in うめかよひるず

からーさんの記事を見たのはもう3年も前なんですね。
そこで気になったうめかよさん。
トップランナーに出てたときもおもしろかったな。

写真展、やってんねや。しかも、表参道。
相変わらず、ククッって笑っちゃう写真が魅力的。

・・・で足掛け3年、やっと1st写真集、
会場で買いました。
# 新刊「ウメップ」の写真展なのにね。ぷぷぷ。

P1070451

ネタあってなんぼのbloggerとして、
「おもしろいシーンを逃さず撮る」という
彼女のスタンスには、とーっても共感します。

22日まで、ということで今週末がリミット。
ぜひぜひ、クククッってしてきてください♪

Good Design Expo 2010

もう・・・どれくらいになるでしょうか。
前身のGood Design Presentationから数えると、
2003年からほぼ毎回行っています。

毎年、行われるグッドデザイン賞の1次選考を通過し
2次選考の対象になる品々が、
一同にどどーんと展示されます。

正直、ものすごい量で見て回るのは大変なんですが、
とにかく、よくばりで見逃しはいやーんなので、
思いっきり、気合を入れてみて回ります!

今年は、8/27-29の3日間。
各々、時間帯が違うのでご注意あれ。

8/27(金)18:00~21:00
8/28(土)10:00~21:00
8/29(日)10:00~16:00

わたしは、たぶん土曜日午後はWISH2010
参加予定なので、金曜と土曜午前、日曜に分散して、
見てこようと思います!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (6) | トラックバック (0)

メルシャン・軽井沢蒸留所。

さて、最後の目的地、軽井沢蒸留所。

軽井沢・・・とはいいつつ、
実は、軽井沢よりも小諸のほうが
近かったりするのですよね。

小諸から2駅行った「御代田」で下車。
ここから5,6分ほどで蒸留所。

御代田駅から降りてすぐのところで見つけた
「つもりちがい十か条」。
うむむ・・・確かに。気をつけないと。

P1070336

御代田町のマンホール。町の花「ヤマユリ」が
デザインされている。

P1070338

これ、ウイスキーねこさんに
教えていただきました
が、
ノウゼンカヅラっていうんですね。
赤に近いオレンジ色が目を引きます。
(ウイスキーねこさん、ありがとうございました)

P1070345

さて、蒸留所に到着ぅ!
余市や山崎ほどではありませんが、
なかなか駅近な蒸留所ってのは、助かりますね。

P1070348

あら。もう秋桜?早い登場ですこと。

P1070349

建物には蔦が覆い茂ってるのが、
なかなか味があっていい感じであります。

P1070350

美術館開館の説明が書いてあるんだけど、
「ウイスキー蒸留所が新たに美術館として・・・」
と聞き捨てならない記述が!

P1070353

なんだ、ここの建物、昔はみな蒸留所だったの?
貯蔵庫だったんだろうかね。
あまり造らなくなったから、空き地を再利用?
・・・さびしすぎる。

ということで、なんだか複雑な気持ちになっちゃって、
目の前まで来ているのですが、ウイスキー飲みに専念し、
美術館はパスすることに。

P1070358

ショップの一角がウイスキー試飲コーナー。
まずは、各々の気持ちを募金することで
頂ける軽井沢17年を・・・

P1070359

ついでに、ワイン樽で熟成したウイスキーも
おまけしてもらいました。

P1070363

軽井沢17年、17年から31年モノをヴァッティング
してあるそうだけど、シェリー由来の革っぽい感じが。
悪くはないけど・・軽井沢ってこんな感じだっけ?

そうこうしていると、見学の集合時間。
ウイスキー蒸留所単独施設だけではないからか、
見学者がすっごく多くてびっくり。

やはり、蒸留棟も蔦でいっぱい。蔦の蒸留所?

P1070375

館内は撮影禁止・・・動いてないのに、
撮影禁止とは意味不明。やっぱり、キリンだな(爆)

樽貯蔵庫前。樽がごろごろ転がってるが・・
これ、ウイスキーを空けた空き樽かな?

P1070381

・・・にしても数が多い。
入れるウイスキーがないってことなんだろうか。

P1070382

普通、貯蔵庫って温度調整はせずに、
その土地その土地の環境のままで寝かせはするのだけど、
扉は閉めてあるのが、普通じゃない?

ここね・・・開けっ広げなんですわ。
なので、樽貯蔵庫らしいウイスキーの香りがほとんどしない。
かなり、酒齢が高いのしかないから?

するのは、木そのものの香りや、
土の香りとか、そういうの。なんだかなー・・・・
もちろん、ここも撮影禁止。

見学を終え、蒸留棟の近くに1号蒸留機が
展示されていました。なんだか変わったカタチ?

P1070394

やはり、ここでも秋桜が満開(笑)
画的には、非常にいいわけですが。

P1070395

さーって。本格的に飲むぞーというわけで、
有料試飲コーナーでガッツリ。

基本的に酒齢が高いので、試飲と言っても、
けっこうなお値段します。

カスクの販売コーナーでは1年違いで、
購入できるのですが、試飲は5年刻み。

P1070360

ってことは、17年とか23年とかってのは、
試飲できないわけですね・・orz
いや、できたとしても、1年違いで飲んじゃぁ、
べろっべろになるわけですが(笑)

20年・25年・30年と40年を
ほんのちょっとサービスで頂きました(笑)

40年は、フルボトルでお値段15万・・
はい、無理です!

P1070361

こちら、有料試飲でいただくショットグラス、
なんとそのままお持ち帰りできます。
3杯頂いたので、3つも!
こりゃ、行く度にショットグラスがたまるな(笑)

P1070402

やはり、30年(1979年蒸留)が特に美味しい。
単純に年数が高いというんじゃなくて、この樽の個性。
30年も経ってますが、度数は59.5%と高め。

P1070403

砂糖を煮て造ったカラメルつかった焼き菓子のような、
焦げ甘臭がなんともいえない心地よさ。

ピートがピートとしてではなく、樽熟香と合わさって、
焼きあがったときの香ばしさを再現してるような・・・

味わいには、甘めを控えめのダークチョコのような、
コクと深みが感じられる一品。

これ、フルボトルだと5万を超えるのです!
さすがに駒ヶ岳も買ったことだし、そこまで散財は・・・
と思いましたが、一期一会という言葉もあるし・・
ということで、250mlを買いました。
ここが限界・・・でも、今頂くとやはり至福・・

20年も美味しかったのですが、ここは敢えて冒険をし、
ティスティングコメントだけで、飲んでない
19年(1990年蒸留)を購入してみたり・・・

黒蜜って、あぁこういう感じか。
でも、むしろ熟した柑橘系の香りが勝っているかも。
樽香と合わさって、これもなかなかいい。

うーん、blogを書くために改めて味わいながら、
書いているけど、美味さにノックアウトされそう・・・
(アルコールが回ってる??笑。)

さて、帰りは・・・小諸から御代田までは
しなの鉄道なので、18きっぷが使えず。

18きっぷをわざわざ使って帰ろうとすると、
小諸から小海線2時間乗車で、小淵沢から・・は遠い!

ってわけで、そのまましなの鉄道で軽井沢まで、
そこからバスで横川まで行って、信越線→高崎から、
湘南新宿ってルートで帰ってきました。

横川から立川まで2,230円。18きっぷを使うには
あまりに微妙なラインなので、温存。

さて、次はどこに行こっかな♪

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (1)

小諸城と小諸そば。

さて、小諸城。

以前来たのはいつだったか、もう随分前な気がする。
そのときには大手門ってなかった・・・
気がするのだけど、Webでみて最近復元された、
ということで、気にはなっていたわけさ。

せっかく軽井沢に向かうのだから、
城好きとして、ここは押さえておきたいではないか。

大手門に入れるのは10時から、ということなので、
先に城址である懐古園のほうへ。

小諸駅で野菜やおにぎり、サンドイッチを
売っている発見!

P1070132

おばちゃんの手づくりサンドをもぐもぐ
しながら、懐古園に向かう。

P1070129

小諸駅は、旧小諸城を横断するように走っていて、
駅からすぐのところなのだ。

そして、小諸城というと市街地より
低い場所にある「穴城」として名高く、
懐古園に向かう道はこのようにくだり道。

P1070133

そして・・・見えてきました。
あれが三之門。大手門の次に構える門。
小諸城址・懐古園というこちらが有名かな。

P1070137

ちょっと城門らしくない屋根だったりするけどね。
大政奉還後の徳川家を継いだ徳川家達の手による
「懐古園」の額が飾られている。

P1070141

東日本はどちらかというと城不足というか、
当時のまま現存する城って少ないので、
貴重な存在なんですよね。

P1070153

堂々とした石垣。とはいえ、明治初期に
北国街道の整備の際に持ち出されたらしく、
昭和になって復元されたのだとか。

P1070157

いわゆる観光地として整備された城は別として、
古城址ってのは、たいていが緑が豊か。
城にさほど興味がなくても、居心地のいい場所だと思います。

P1070177

季節はずれの紫陽花。しおしおではなく、
6月のそれのように、瑞々しい。なんで??

P1070179

紅葉谷と名づけられた空堀。戦国期ならではの
堀の遺構ですね。

P1070180

そもそも火山灰・軽石が堆積した台地上に
築かれていて、水堀を備えるのが難しかったのかも。

P1070184

本丸跡には、懐古神社。

P1070188

本丸内におそば屋さんが!
まだ朝の9時過ぎなんで、閉まってましたがね・・・

P1070190

「小諸城址」「懐古神社」の石柱は、
かつて小諸領の際に建てられたであろう
領地区分の石柱を転用したもの。

P1070191

現存する建物を築いたのは、秀吉旗下の仙石秀久だけど、
最初の縄張は、武田信玄が領した時代に
山本勘助がつくったといわれ、その時代の
鏡石が城内に残っていたり。

P1070207

たしかにピッカピカに磨かれ、鏡の役割を
果たすくらいになってました。

仙石秀久の時代に建てられた天守跡。
三層ながらも黄金があしらってある天守だったとか。

P1070209

寛永年間の1626年に落雷で焼失した後は、
再建されず放置されたしたせいか、
天守台の石垣は、ものすごい苔むしている場所が。

P1070214

積み方も、初期の野面積みに近く、
湾曲したような面になっていて、石垣の積み方に
まだ技術の甘さが感じられるな・・・

P1070223

城内には動物園があったりする。
小田原城なんかもそうなんだけどね・・
どうにも城址に動物園とは・・・

ただ、長野県の天然記念物に指定されている
川上犬だけはしっかりと見てきた。

P1070242

さくらちゃん。パッと見柴犬みたいけど、
狼の血を色濃く受け継ぎ、ハンターとしての能力が高いとか。

P1070248

この写真を撮る前に、本丸前で普通に
動物園の方が散歩させてたんだけどね・・(笑)

あ、マンホール発見。小諸城内なので、
小諸城三之門がデザインされてます。

P1070244

こっちはカラー。土でぐしゃぐしゃだけど・・・

P1070249

駅の反対側から、三之門を見る。
こうしてみると、市街地より低いところにある
穴城って感じがよくわかりますよね。

P1070252

で、少し行ったところにある大手門公園に、
2年ほど前に修復が終わってお披露目されている、
小諸城大手門が見えてきます。立派!

P1070264

弘前城大手門とともに大手門の双璧をなす、
と案内板に書かれてあったが、
確かによく似ているし、すごく重厚感のあるつくり。

逆に裏はすごくあっさりとしたつくりだけど・・・

P1070268

土日は昼間は無料公開中。
8月中なら、平日も公開してます。

P1070271

大手門が払い下げられたあと、人が住んでたりとか、
料亭になっていた時期もあるんだって。

P1070273

だから、修理前の大手門には妙なひさしがあるのか。

P1070275

2004年から2008年にわたって工事のため、
建物を全解体していたため、前に来たときは
なかったんだな。ナットク。

それにしても、1720年の修理の際の記録が
今回の復元に大きく役立ったとか。

大手門の建造が1612年なんで、約400年前の
建物が今に残ってるのはすばらしいですね。
惚れ惚れして、無駄に何度も写真を
撮っちゃいましたし・・・

P1070292

そろそろお昼なので、蕎麦でもいただきましょうか、
と思ってよさそうなところを発見。

P1070301

でも、まだ開店までに30分ほどあるようなので、
近くをうろちょろ。

光岳寺には、小諸城内の足柄門が移築現存。

P1070296

旧小諸脇本陣

P1070304

質素ながらも、唐破風がいい味出してます。

P1070305

こちらが旧本陣。脇本陣もそうだけど、
内部は非公開。えー、つまんなーい(笑)

P1070308

そうこうしているうちに、開店時間。
風鈴がちりんちりんと涼しげ。
こちら、そば七さんとおっしゃいます。

P1070315

出てくるそば茶が美味い・・・
待ってる間、揚げそばをポリポリ。

P1070317

せっかくなんで、石挽きのざるそばを。
人気のそばだそうで、すぐになくなっちゃうとか?
この日は、ほぼ開店と同時に入ってありつけましたけど。

P1070321

適度に太いそば。そしてそばの香りが高く、
もっちりとしたコシがあって、食べ応えがあります。

P1070324

そう、そばはツルツル~というのど越しよりも、
こういう食べ応えのあるのが好きなんです。

ツルッと頂くのはうどん、しっかりした食べ応えはそば。
これがわたしの好みでしてね。

さすが、信州蕎麦どころ。そして、小諸城を
築城した仙石家は後に、播磨国(兵庫県)出石
転封になった際に、そば職人を連れて行ったとかで、
出石がそばの名所になったんですって。
そっかー、そうなのか。出石ってそばだもんな。

さて、そばを堪能したあとは、
いよいよメルシャンの軽井沢蒸留所に向かいます。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっと寄り道。

ちょっと寄り道、という割には、
18きっぷの旅のくせに、岡谷→小淵沢まで
あずさでショートカットしてたりするわけですが(笑)

まだ14時過ぎなので、白州も行けるだろ、
ということで行ってみました。

夏休みだからか、最終の見学ツアーが16:30。
ということで最終のに参加することにし、
それまでは有料試飲で白州樽出15年ほかを頂いたり・・

P1070087

ウイスキー博物館で時間つぶしたり。
映像コーナーはまた見れなかったけど・・・

見学はもう何度も行ってるのに、やっぱり
リチャーしたときの甘い香りが忘れられなくて、
白州ではどうしても申し込んじゃうんですね。

夏真っ盛りなので、さすがに蒸留は中断中。

P1070102

貯蔵庫内、今回は撮影はダメよーって言われないなぁ。
逆にリチャーの場面も含む、録音・録画がダメ(撮影はOK)、
って言われちゃった。方針変更??

ってことで、撮っちゃいましたよ。
以前は、貯蔵庫だけはNGじゃなかったっけ?

P1070105

この日はかなり蒸発していたようで、
ウイスキー・・・というか、アルコールがすごく
充満していて、ちびっこにはつらい環境(笑)

わたしもここまでアルコールいっぱいの
白州は初めてでした。恐るべし、夏の白州。

おっ、1977年。生まれ年があったら、
思わず撮ってしまいます。

P1070114

無料試飲では森香るハイボールと
白州12年水割り。頂けるものはしっかり頂きます。

P1070119

で、ここから酔い覚ましに・・・歩きます(爆)

マルスに行くときも5km弱歩いてるわけで、
この日はけっこう歩きました。

でも、筋肉痛とかにはなりませんよ。
普段から、平日の週2~3日くらいは歩いてますからね。
短くて5km長いと、13kmくらい歩きます。

小淵沢からは小海線に乗って、終点小諸まで。
これがまた長いんだ・・2時間以上も
高原を走る電車に揺られるんだよねぇ。

ってことは!暇つぶしに白州で買った
ウイスキーとおつまみで、琥珀色の時間開始!
・・・あぁ、呑んだくれ(笑)

さて翌日は、打って変わって城マニア活動。
大修理を終えた小諸城大手門と城址を見に行きます!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

マルスウイスキー・信州蒸留所。

さて、5kmの道のりを歩いてついに到着です。
本坊酒造・マルスウイスキー信州蒸留所
南信州ビールを醸造している駒ケ岳醸造所も併設。

P1070016

”MARS”とは、古代ローマ神話の戦神MARS(マルス)。
あるいは、火星を意味する単語でもあり、
本坊酒造創業当時からのイメージシンボルなんだそう。

”SHINSYU DISTILLARY”とありますね。
蒸留所としては、信州蒸留所と呼ぶのが正しいみたい。

P1070021

稼動はしてませんが、蒸留所っぽい感じでは
ありますね・・・

P1070024

見学の申し込みをしようとすると・・・・なんと!
自分で勝手に見て、というアバウトな見学!
しかも、まず最初に樽貯蔵庫見学ってのも(笑)

P1070034

やはり、蒸留所の一番いいところは、
貯蔵庫の香りですよね。ココ何がいいって
勝手に貯蔵庫の扉開けて、
貯蔵庫の香りを楽しみ放題なトコ(笑)

今は稼動してませんが一応、製造ラインを
見ることはできます。

が、動いてないので香りも何もなく、
ちょっとさびしい見学にはなるのですけど・・・

糖化槽。ちっちゃいですね。

P1070050

ポットスチル。けっこうシュッとした形状。
力強い原酒ができそうですな。

P1070061

このポットスチル、あの竹鶴政孝の摂津酒造時代の上司、
岩井喜一郎氏の指導でつくられたもの。

そもそも、スコットランドへ竹鶴翁を送り出したのが
この岩井氏であり、竹鶴レポートもまず、
岩井氏に提出されたとか。

で、そのレポートを元に岩井氏が指導して、
ポットスチルが造られたんだね。

そういう経緯があってか、いかに竹鶴翁とツナガリが
あるかを懇々と説明してあるのがおもしろい。

P1070066

そういう意味だと、ジャパニーズウイスキーの
系統的にはサントリー・ニッカの親戚・・
と言えなくもないか。

さて・・試飲タイム。ビールやワインもありますが、
ここはモルト一筋でしょう(笑)

無料試飲もあるのだけど、それには目もくれず、
有料試飲コーナーへ直行。

ただ、常時人がいないので、呼びに行かなくっちゃ
いけないのが・・そんなに有料試飲をする人が
いなかったけどね・・・

試飲したのは・・・

・MARS MALT GALLERY 1985#324 23yo
・マルスシングルカスク駒ケ岳 1989#617 20yo
・マルスシングルカスク駒ケ岳 1992#1144 16yo

あまり酔っ払いすぎないように、
ハーフショットで出していただきました。

自分の好みかな・・と思って選んだ3杯ですが、
ものの見事に全部美味しかったです!

P1070072

特に、1989&1992の新樽コンビが秀逸。
どちらも樽由来のウッディ感を堪能できるのですが、
1989がアーモンドのロースト感にシロップの甘さ、
1992はもう少しメープル感がある感じ。
メープル味のバニラアイス!?

1992は時間がたつにつれ、おろしたての鉛筆の
ような香りも感じられますが、とにかくパワフル。

1989は4年先輩なせいか、上品な木製の家具の
ような芳しい芳醇な木香が続きます・・・至福の時。

いずれにしても、方向性としては
ニッカ余市の新樽20年に近い印象でしたね。

もちろん・・・こんなに好みなモルトがあれば、
お買い上げです。1992&1989はもちろんのこと、
安めながらも気になっていたマルスアンバーなども。

まだ蒸留所1箇所目だというのに
かなりお買い上げです(苦笑)

さすがに帰りは歩く気力がなく(ボトル重い)、
タクシーにて、駒ヶ根駅前へ。

駅近くの「水車」さんで、名物のソースカツ丼を
頂いてきました。福井・一ノ関に続いて、
ソースカツ丼3箇所目制覇!

P1070082

どうですか!ソースの染み具合といい、
この良質の脂身といい、極上の一品でした。

P1070083

サイン多数。有名なお店なのかな?

P1070084

ほかにもいろいろあるようでしたが、
日曜はお休みというところもあり、
また来たら、別のお店でも頂きたいものです。

さて、飯田線を北上して、小淵沢まで戻って、
高原鉄道の小海線を経由して、小諸まで。

・・とその前にちょっと寄り道(笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

信州蒸留所への道。

さて、信濃路のウイスキー蒸留所めぐり。

これまでかなりウイスキー蒸留所には、
出かけてきたのだけど、駒ヶ根にあるマルスウイスキーや
軽井沢にあるメルシャンには、行ったことがなくって。

どちらも長野県ではあるのだけど、広い長野県、
かなり離れてるわけで、月曜日にお休みを頂いて、
2日掛けて回ってきたわけです。

で、まず駒ヶ根。ケータイで距離を測ると・・・
5km弱。じゃぁ・・歩くか!(笑)

ま、いまさら言うことでもないですが、
徒歩圏内の感覚おかしいのでね、わたし(笑)

でも、歩いているとマンホールにも出会ったり、
するわけですよ。

P1060997

P1060998

10月には美酒フェスタ、なんてのもあるらしい。

P1060999

こ協力・・略字なんだろうけど、
なんかインスタントジョンソンが、
ご協力ちゃーんっていってそうな字だ(笑)
そうか、なんか酸っぱい梅干食べながらとか?

P1070002

これは何でしょうね・・歩いていて、
色がキレイだと思っても、名前を知らないもので・・

P1070005

これ・・「わ」って何?

P1070009

な、何で横に書く・・!?

P1070010

大田切川。なかなかの清流のようです。
川がせせらぐ音には、癒されますよね。

P1070012

あ、惜しい・・右下にも道があれば、
「卡」なのに・・ちなみに「卡」は中国語で
カードの意味。上下が重なった不思議な漢字。

P1070013

・・・あまりに関係ないことばっかり書いたので(笑)
肝心のウイスキー蒸留所の話は別記事に。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (4) | トラックバック (0)

Tokyo Tasting Event in Bar 東大“S”

さて、先週の話をそろそろしていきましょうか。
まずは、東大でのテイスティングイベント。

特に新しいものではないのですが、
1杯500円という超破格なお値段で頂けるんです。

P1060971

自分でボトルを持ってるのに、76.70 Mortlachとか
頼んじゃうんですよね・・・

ついつい安全牌に行っちゃう・・のですが、
近くにいらっしゃったウイスキーねこさんに薦められて、
66.27 Ardmore 23yoを頂くと・・・

あらぁ!まるでチーズのような香り!
こんなウイスキーは初めてです。

クリームチーズのようなコクのある香り、
口に含むと塩気を感じるところもチーズっぽい。

そのほか、森の蒸留所なのに海っぽい
ピーティさを感じた白州120.05だったり、
新樽のはじめのとっつきにくさを感じてしまった
余市116.07とか・・・かなり頂きました。

116.07も、しばらくするとマジックインキ的な
アルコールのキツさは和らぎ、ミルキーな甘みを
帯びてくるのですけどね。

500円のときだけじゃなく、ちょくちょく
伺いたいものですね。

ついでにちょっと歩いて帰りがけに、
東大・赤門を見てきました。
そういや、赤門って一度も見たことがないかも・・・

P1060984

そこらの城門よりかずっと立派な門。
赤の色合いもいい感じに褪せていて、歴史を感じます。

もともとは、加賀前田家の上屋敷の門。
大名家に嫁した将軍家の子女の御殿の門を
赤く塗ったことから、赤門と呼ばれる。

火災などで焼失してしまったら再建してはいけない、
という慣習があったらしく、この赤門は超貴重なんですよね。

さて・・このあとは一路、信濃路を北に向かって、
マルスウイスキーのふるさとへ向かいます。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

400,000Hit達成!

ようやく、アクセスカウンターが40万に到達。
前回30万の時には、2009年2月だから、
ほぼ1年半で10万って計算かな。

2004年に始めてすでに6年半、アクセスして頂く
ペースはずっと変わってないようです^^;

ま、これからもマイペースでやっていきますよ。
見に来てくださる方々に感謝です。
今後ともぜひ、ご贔屓に。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カップヌードルごはん、実食!

さて、モニターに当選したカップヌードルごはん
届きましたので、早速実食です!

P1070419

まずは中身を全部取り出し、線のふちまで
お水を加えます。

P1070423

で、具と味付けの素を投入。

P1070426

最後にごはん投入。

P1070429

この状態で600Wの電子レンジで
4分半加熱すると・・・完成です!

P1070434

肝心のお味のほうですが、思ったほど
カップヌードル感少なく、チャーハンというか
炊き込みご飯というか、ラーメン的な味付けの
味付けご飯という感じかな。

びっくりするほど美味い!というわけではないけど、
ササッとチャーハンが食べたいときにはいいかも。

また、シーフードヌードルごはんも試しますが、
チキンラーメンごはんもあっていいかも。

ちなみに、関西地区で8/16から先行発売なので、
東京ではしばらく買えませんが・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

モバイル七つ道具。

先日の蒸留所めぐりもそうですが、
最近の旅には、デジタル武装が欠かせません。
なにせ、帰ってきてからたーっぷりと
blogを書くわけですからね・・・

そのほか、現地での情報収集だったり、
ニュースやblogのチェック、などネット環境も
これまた必要不可欠なのです。

ということで、旅先まで軽く・コンパクトに
持ち運べ、かつ現地の情報を取り逃さず、また
ネット環境を切らさないかというために、
使っている機器をまとめておきたいと思います。

●モバイルPC … FUJITSU LOOX U/G90

これは以前にレビューを書いた通り。
特に旅にフォーカスするなら、
まずは圧倒的な軽さ。495gっていうと、
約ペットボトル1本分ですからね。

もう・・1kgなんて重すぎ、7~800gでも重いな、
と思ってしまうくらい。

それに、旅先でゴリゴリ使いまくることはないので、
いつもの感覚でサッと使えて、サッとしまう。
こういうときのためにVAIO Pのような、
インスタント起動ができるといいんだけどな・・・

もしものときにスペアバッテリを持ってると安心。
板チョコみたいに薄くて軽い(約100gくらい)ので、
カバンの奥にかさばらずにしまっておけるしね。

●ケータイ … au iida G9

でも、地方行くとWiMAXつかえないし!という人。
そこはBluetooth+G9の出番。流石に3Gにはかないませんが、
旅先でのネットやblog記事up、コメント記入くらいなら
全然、こなしてくれます。

しかも、G9でつないだらちゃんと上限があるし。
できるだけ使わないようにはしたいけど。

あと旅という点で言えば、とにかくお世話になるのが
GPS機能。これがないと知らない土地であれこれ
歩き回るのは、ちょっとつらい。

ただ単に旅に出るだけじゃなく、歩いて運動しよう!
ということも兼ねてるので、必須です。

●デジカメ … Panasonic LUMIX DMC-LZ10

デジイチがほしいなと思いつつも、
なかなかいいバランスの取れたヤツなんで、
なかなか手放せないですよね・・・

コンデジのクセに(笑)、マニュアル露出や
絞り優先やシャッター優先など、限度はあれど、
いろいろ凝ったことができるんですよね。

しかも、単三電池対応でeneloopが使えて助かる!
ここちょー重要なんだけどな・・・
なかなか単三電池対応って、少なくてね。

●ICレコーダ … SANYO ICR-PS502RM

最近、買った新たなアイテム。

基本的に今まではおおよそのイメージを憶えておきつつ、
撮った写真でその場を思い出しながら、
文章を起こしていたわけですが、あまりに解説が詳しいと
抜けるところもあって・・・

ICレコーダの内容をただ単に起こすだけ、
ってことがないようにはしないといけないと思うし、
録音ダメってとこでは無理ですが、
これもブロガー的には助かるアイテムですね。
かなり、重宝してます。

ポイントとしては、こちらもeneloopが使え、
なおかつPCのUSB端子に挿して、eneloopの充電が
できるってとこだったり、USBに挿しながらAC駆動したり。

あと、マイクの先に集中して音を拾い寄せる
指向性ズームモノラルマイクも、基本説明してくださる
方々の声を拾うシーンが多いので活躍します。

●充電池 … SANYO eneloop

説明の要らないほど普及してるeneloop。
旅先ではデジカメの電源として、あるいは
ケータイの電源として、なくてはならない存在。

よくコンビニで売ってるケータイ充電器のうち、
電池を取り替えられるタイプ。
アレです。アレにeneloopを装備するのです。

だいたい、旅にはデジカメ装着で×2、
4本入りのケータイ充電器、2本入りのケータイ充電器で
合計8本の単三型eneloopを持っていきますね。

●モバイルAP … Logitec AN-W150NAP

これ、なかなかすごいヤツなんです。
旅先にアクセスポイント(AP)をもってくんですよ。

ホテルで有線LANを使える部屋はあっても、
無線が使えるところって少ないですよね。

また、あったとしてもセキュリティがWEP
だったりして・・・

でも、こちらのAPはたったの70gと軽量で、
かつ、いまのところ最強と言われている
WPA2-PSK(AES)に対応して、セキュリティ面も◎。
そして、USB電源で動くのがポイント。

え?USBって・・・PCにつなげるの?
いやいや、そんなバカな。

ちょっと工夫が要ります。
まずは全長14cmという激短USBケーブルに、
コンパクトなUSB-AC電源変換コンセントを接続。

すると、なんと。ものすごくケーブル周りが
すっきりするじゃありませんか!
これ、これなんです。

これでケーブルが這い回らずコンパクトに
即席ホットスポットの完成!

今のところ、どのホテルでも使えているので
有線LANさえあればOKなんじゃないでしょうかね?

たとえ、WiMAXが入らなくても、
これならワイヤレス環境でごろ寝PCできます(笑)

普通はホテルで貸してくれるけど、念のために
LANケーブルがあれば、バッチリ。

利用価値が高いのに、4000円ぽっきり、
ってのもかなり格安かな。

●拡張コンセント … MOONS Menegallet

まだまだ、準備が要ります。
ホテルって意外とコンセントの少ないところが
あったりしません?極端なところだと
机の周りには1基だけとか・・・

でも!このMenegalletをつかえば、
PCのACアダプタから分岐して、
一気に2つもコンセントが増えて、ケータイ充電や
APの駆動に使えます。地味に助かる・・・

・・ま、こんなトコでしょうかね。
これだけあれば、出先のモバイル環境に
困ることはありません!今のところは・・・ね。

こんな便利なの使ってます!
ってのがあると、教えていただけるとうれしいです。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

始まりました!「誇り高きデザイン 鍋島」展。

けっこう好みな美術展がこれまでも
開催されていたサントリー美術館ですが、
心待ちにしていた美術展が、今日始まりました!

・・・「誇り高きデザイン 鍋島」。

こないだは、上野で熊本・細川家の美術展がありましたが、
こちらも九州は佐賀の名門・鍋島家。
そのお宝にも期待が持てそうですっ!

で、美術鑑賞のあとは、shop×cafe
響でも頂こうという魂胆・・・

やっぱ、そこかと言う勿れ(笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!モニター選出!

こんなメールが届いていました。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 Congratulations!

   カップヌードルごはん新商品モニターに
   あなたが選出されました!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

おっと!

blogの右隅にカップヌードルごはんブログパーツ
あるのに気づかれた方はいるでしょうか?

ブログパーツを貼って、モニター応募したところ、
見事当選!カップヌードル味のごはん、おもしろそう。

今週末到着予定~♪

9/10まで毎週20名さま当選だとか。
けっこう当たるかもしれませんよっ!!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (1)

帰陣せり!

意外と早めに、帰宅できました。

土曜に東大のBarで飲んだあとに、その足で
諏訪まで18きっぷで向かい、
翌日は駒ヶ根のマルスウイスキーへ。

意外とサクッと終わってしまったので、
途中、小淵沢まで引き返すのに特急を使って、
白州にも寄り道(笑)

夜の小海線で小諸まで向かって、
翌日は、解体修理が終わってから拝んでなかった
小諸城大手門と小諸城址・懐古園。

昼からは、メルシャン(キリン)の軽井沢蒸留所。
カスクがいっぱいあって、相当飲みました。

で・・・さすがに白州樽出原酒が終売になったので
サントリーではほぼお買い物ナシでしたが、
「駒ケ岳」「軽井沢」ともにカスクを
あれこれ買って散財し放題・・・

もうボトルが重くて重くて・・・
しばらくウイスキー買いは控えないと・・・
あと、明日・明後日くらいは禁酒だな。

また、週末あたりに東大での話に加え、
蒸留所&城めぐりを更新したいと思います。

ま、城は1城しかめぐってませんが・・・(笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (9) | トラックバック (0)

いざ!駒ヶ根!

我、信濃国・諏訪の地に着陣せり!
明日はいよいよ、駒ヶ根城
マルスウイスキー・信州工場)に攻め込まん!

・・・と、気分は武田信玄です(笑)

早起きして、明日朝から向かいますよーーーっ!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街で見かけたこんなニッカ。

街を歩いていてふと見つけたプランター。
よくよく見ると・・・

P1070021

おおぅ、ニッカ製樽!こんなところで
出会うとは!!テンション上がりましたっ♪

P1070022

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (2) | トラックバック (0)

さてさて。

ちょうどここで一旦、書き尽くし。
またそうしてるうちに、ネタがたくさん
集まってきているんだけど・・・

さて、いきますよ。

●Web OSでデジタルペン入力。
 (GIZMODO JAPAN

Palmを買収したHP、いよいよiPadを迫るべく、
新タブレットにWeb OSを乗せてくるわけですが、
iPadにはない機能として、デジタルペン入力に対応。

つまり、手書き入力に対応するってことですね。
こうなると、西ヨーロッパ言語と日本語や中国語のような
漢字文化圏との違いが気になりますよね。

漢字って圧倒的に認識が難しいと思うのですよね・・
実際、Windowsでもそうですからね。

ただのお絵かきに終わるか、デジタルで管理できる
テキストツールになるか。見ものです。

●中国のアラレちゃん。(GIGAZINE

こりゃ、どんな小さな女の子でも、
このコスプレすれば、アラレちゃんっぽくなるんじゃ?

●Distant Worlds music from FINAL FANTASY。
 (マイコミジャーナル)

しまった・・・申し込み忘れてた。
「ファイナルファンタジー」生誕20周年を
記念したコンサートツアーなんです。

先行販売ってあるから、また販売あるのかな。
それに期待するか。

●これいい・・ちょっとほしい。
ITmedia +D PC USER

ATOKユーザ限定らしいが、Ctrlキーを2回たたくと起動し、
メモを書いてCtrl2回で終了。また開いたら前回の内容が
保存されてるというもの。

ほかのウィンドウをアクティブにするだけでも終了らしい。
なかなか快適そうではないか。

そもそもATOKにしようか迷ってんだけど・・
絶対そのほうがいいと思うんだけど、
なぜか一歩が踏み出せないんだよなぁ。

●こんなにGoogleに情報が垂れ流し・・・
 (idea x idea)

別に個人情報ではないと思うのですが・・
GoogleへWeb閲覧履歴情報が送られてんですね。

これこそがGoogleの大事なものなんだろうけどね。
いい気はしないはなぁ。

●ぶたじる・・そんな言い方も。
ガジェット通信

むしろ、豚汁を「ぶたじる」と呼ぶ人もいるのか、
というところに新しい発見。

ま、「ぶたじる」のほうが訓+訓で普通なんですけどね。
「とんじる」は音+訓の重箱読みですから。

●3D撮影が行える交換用レンズ。
 (マイコミジャーナル)

Panasonicのデジイチ、LUMIX Gシリーズに
対応する3D撮影ができるレンズ。

マイクロフォーサーズ規格だろうから、
ほかにも使えたりするのかな?

でも、そもそも3Dの再生環境がないと・・

|家庭の3D対応ビエラ

限られるよねぇ。

●なるほど、そういう考え方もある・・が。
 (きょこ コーリング)

確かにPCも仕事の道具、英語も仕事の道具。
そういえば、そうだよなぁ。

中国人の方のコメントだそうで、
どこか中国人らしい割り切り感が感じられます。

ま、しゃべりまでは行かなくても、
メールをそれなりに自在に書けるだけでも、
だいぶん違うからね。

でも、ただの道具って考えると、
日本人同士なのに、英語で会話してるのって、
なんだかへんなの。

でも・・英語社内公用語化って、
そうなんだよね?

資料は・・・ひょっとしたら、海外とも
シェアするだろうから、英語でも違和感はないけどさ。

●名残惜しい・・SANYO消滅。
 (engadget japanese

これ・・残念ですね。
当面は、SANYOブランドを残す方針だったと
記憶してますが、まぁ企業戦略ですからね。

わたしの実家の近くが本社だったこともあり、
三洋はすごく身近な存在なんですよね。

ま、ブランドとしてはなくなりますが、
社名はそのまま・・なんだよね?

2012年1月を目処にってことなので、
あと1年半くらいは残るわけですがね。

買収したのがこれまた身近なPanasonicで
ある意味、よかったなと思いますね。

eneloopをはじめ、いろいろ世話になってますが、
Panasonicのなかでもあれっ、なんか毛色違うなぁ、
という存在感を出してほしいもの。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2000年記念。

余市に行った際にじーさんにお分けいただいた
2000年記念のミレニアムウイスキー。

Yahoo!オークションで手に入れました!
まだ開けてませんが・・美味しかったらいいな。
経年品だから心配ではあるんだけど・・・

P1060959

きちんとパラフィルムで巻いてあるので、
大丈夫だと信じたい・・・

さーって、いつ開けようかな?

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

信玄に投資。

最近は、ちょっと姿が隠れていますが、
好きなもののひとつに戦国モノや城があります。

熊本城は有名ですが、城の修繕や復興に
ということで「一口城主」を募っているところもあり、
おかげさまで(笑)熊本城主と宇都宮城主を
兼任してたりします。

要は、自分の好きなもの、興味のあるものの
役に立つなら協力したいってことなんですよね。

で、これもちょこちょこ出ていますが、
戦国といえば、わたしは信玄さんなんですよね。
毎年、信玄公祭りにも出かけてるし。

ということで、この度武田神社崇敬会の
特別会員(1万円)として寄付。

熊本城や宇都宮城と(個人的な気持ちとして)
同等を期すべく、1万円の寄付と致しました。

で、今日会員証が届いたんですがね・・・
びっくり。記念として甲州印伝のカード入れと会員章も!
武田菱がデザインされた本格的なモノ。

P1060967

ちょうど、財布にカードが入りきれなく
なってきてパンパンだったんだよね・・・
大事に使わせていただきます!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にんにく醤油をつくってみよう。

とあるところで手に入れたにんにく醤油の素
醤油さしににんにくやカツオ節、
昆布に月桂樹、ピンクペッパーが入っていて、
醤油を入れて数時間たつとできあがり。

P1060957

シーズコアという会社の
”時間が味を作る”シリーズ。

ほかにも、麺つゆの素や酢の素、
焼肉のタレの素なんかがあっておもしろい。

わたしはここもよく岩盤浴で訪れる
宮前平源泉・湯けむりの庄で手に入れましたが、
Webでも買えるようですね。

美味しいにんにく醤油ができ上がってました。

P1060961

もともと旨味成分が多い本膳ですが、
さらに美味しく仕上がってました。
これで・・・何食べよかな?

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

イベントのお知らせ。

先日参加した利き醤油イベントですが・・・
企画された職人醤油.comの高橋さんのblogに
当blogの記事をご紹介いただきました!
ややー、ありがたや、ありがたや。

それに!第2弾の計画もされているとのこと!

|実際の造り手の方をお呼びして生の声をお届け・・

とかとかで、ますます気になりますね。
前回、参加できなかった方も次回はぜひ!
とりあえず、日程だけ決まってるとのことですから、
またアナウンスがあるでしょう。

・・ともう1点。AMNさんから「WISH2010」。

WISHとは、

|日本のウェブの未来を担うような可能性のある
|「サービス」や「端末」を、参加者全員で
|発掘・共有・応援しようというイベント

なんですって。去年もあったんですね。
こちらもなかなかおもしろそうですね。
参加できたら、参加してみようと思います。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このまま1週間分書けそう・・・

けっこうストックがあるので、まとめて書いてます。
なかなか毎日ってのはしんどいからね。

さっきのFaye Wongのネタを書いたこともあって、
ストックしているけっこう前のMP3を
聞きながら、記事を書いてます。

一時期、ケルト音楽ってはまってたりとか。
Celtic Womanとかちょー久しぶり。
これじゃなくってもーっと前。
(音で出るので注意!)

SMiLE.dkって知ってる?
ダンレボですよ、ダンレボ
初期のダンレボといえば、SMiLE.dk!
・・こんなMusic Videoあったのは知らんかったけど。

ま、それはいいとして・・ニュースネタを。

●82歳の女性が素敵な絵と文章で綴るブログ。
 (blogs.com)

いやいや、好奇心があれば年なんて関係ないのですね。
絵を描かれるというのも素敵ですが、
今の時代にあるものにどんどん興味をもてるのは、
すばらしいことだと思います。

ウチの母にも見習わせたい・・・
20歳近く上なのにね・・・

●長所は短所。(ダーリンコラム

|得意なものごとっていうのは、
|やがては必ず弱点になる

なるほど・・ね。
たぶん、得意なことって楽しくて誇らしくって、
それだけやっちゃって悦に浸るって、
なりがちなんだろうなぁ。

もう・・それだけ、みたいなね。

この文章の意図とあってるかどうかは、
わからないけど、関心の持ち方や対象が
複雑なのって、いいと思うんだよね。
そしてもっと、どんどん複雑化しようってね。

何かひとつ、あるいはふたつ・・
決まった何かにすがりつくのは、
やはりどこか危うい気がしてならない。

●キッコーマンも追随!(イザ!

醤油の会で頂いてきたヤマサの鮮度の一滴。
これに似たコンセプトの醤油が、
キッコーマンからも発売。

形が違うがこちらも空気が入らない構造、らしい。
賞味期限は90日とヤマサより長め。

・・・ヒゲタ醤油で出してください。
キッコーマンさん(笑)

●ウィーンらしい旧ガスタンク。
 (らばQ

いいですね・・・すばらしい。
ぜひ、ウィーンに行くことがあったら、
洋館好きの名にかけて、ここは訪れないと・・

1899年に完成したレンガ造りのガスタンク。
もちろん、レンガでガスは貯められないだろうから、
それなりの構造は内部にあったんだろうけど、
歴史ある街に無粋な姿をさらすまい、
ということなんでしょうか?

今では集合住宅に使われているそうで、
内部は空洞になって中庭があったり・・
これもまた素敵な活用がされていて。

いいなぁ、ぜひ見てみたいです。

●いやいや、普通は・・・(lifehacker

夏の外出でパソコンを持ち歩く時に
気をつけるべき9つのポイント、なんですがね。

あったりまえやん!てのばかり・・・
これがポイントになるって、どれだけ
粗雑にPCを扱ってんの?

海のかなたではそういうもんなんでしょうか?

●NASAの全世界森林マップ。
 (GIZMODO JAPAN

NASAがまとめた世界の森林マップ。
今の地球にどれだけのCO2を吸収する能力があるかを
調べるのが目的だとか。

しっかし・・世界って緑が少ないんですね。

Ww

こうしてみると、アジアはまだ比較的
緑が多いほうですね。日本も緑がいっぱい。

Asia

これ、守ってかないとね・・

●電車でD・・・爆笑必至。(らばQ

これ・・・面白過ぎます。
思わず食い入るように見ちゃいましたよ。
あの阪急宝塚線がこんなに舞台になるとは(笑)

●ご冥福をお祈りいたします。
 (イザ!

わたしのなかで京大らしさを体現されていた、
森先生がお亡くなりなられたそうです。

飄々としていて、好奇心に満ちていて、
ズバッとした物言い、わたしのなかの京大らしさって
あんなかんじなのですよね。

ま、森先生自身は東京のお生まれで、
東大卒なんですけどね・・

ご冥福をお祈りいたします。

●確かに美味しいかもね。(イザ!

近畿2府4県の先行発売、ということだが、
カップヌードルのスープでご飯を炊く感じかな?
イケると思うな・・大阪に帰ることがあったら、
買ってみてもいいかな。

●Intelのロードマップ。
元麻布春男の週刊PCホットライン

こゆとこに興味を示すのは、やっぱりまだPC野郎な
ところがしっかりあるんだな、って自分でも思う。

OakTrailってAtom Z系のラインでWindowsが
動く道筋があるってだけでも一安心。

ま、Moorestownが目指すスマートフォンベースでも
今のLOOX UやVAIO Pのレンジでおもしろそうな
マシンを作れるかもしれないけど。

東芝のW100がAndroidで動いたら・・
ってのはまさにそういう発想だしね。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮城峡、またも落選・・でも!

また宮城峡のマイウイスキー塾にフラれました・・・
いつになったら、参加できるんでしょうねぇ。

某女史にマイウイスキーは余市だけじゃ半人前!
と言われて、行かなきゃ行かなきゃと思ってんですが・・

でも、代わりといっちゃなんですが、
大阪の知り合いが勤めるタカムラ・オンラインさん
の10周年感謝祭で、モルトの無料試飲と
高級モルトの有料試飲の話が!

はい!夏の帰省の日程がめでたく決定いたしました(笑)
しかも、洋館好きならあこがれるあの・・
あの大阪中ノ島・中央公会堂で開催されるのです!
そういった意味からも、今から興奮してきます。
SDカードと電池はたっぷり持っていこう(笑)

どなたか関西圏で知ってる方がおられたら
いいなぁ・・・定員350名、定員に達し次第締め切り!
ご興味のある方は、お早めに!

・・・もちろん、前日は今のところ、
山崎蒸留所ヒロさんに行くつもりです。

あ、そうそう量り売りも忘れずに・・
やってるかな???

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (1)

あらら・・ちょっとたまりぎみ。

ちょっとイベントに出たりだとか、
なんとなく夏の日差しにやられて
やる気がなかったりして・・・

ほっぽり出すと、たまっちゃいますね。

ということで、たくさんの記事を
コメントはスリムで出しちゃいましょう!

●フェイ・ウォン復活。(イザ!

フェイ・ウォンといえば、わたしはFF7の主題歌
「Eyes on me」が記憶に残ってますね。

ジュリアがラグナと出会ったシーンが
思い出されますね・・・

●1/10ですか・・・(イザ!

ケータイやモバイルPCの消費電力を1/10に、
という国家プロジェクトが始まったとか。

今から?という気がするんだけど・・
途中で誰かに先に越されたりしないの?
てか、そんな研究もうやってるんだと思ってた・・

●かっこいい!(nAe *'s photostream

奈江さんって、ハーレー乗ってたんだ!
まぁ、わかってることだけど、ずいぶんイメージが。
今となってはそういう奈江さんもいいかな。

●世界最古のウイスキーを300万円で。
 (YUCASEE MEDIA

モートラック70年クリスタルデキャンタが
世界で54本のみ発売され、日本では
パークタワー東京が入手、300万円で発売とか。

ま・・・遠い世界のお話ですね(苦笑)

●ケータイならできるかな?
Infoseekニュース

ケータイ版FFの最新作。
EZweb版は今冬に配信の予定とか。

まったくの新作で昔ながらの画面が
懐かしいね。今のFFはもう・・別のゲームだし。
光と闇ってのも、これまた古典的なFF。

それまでにドラクエ3・・終わらせないと。
だってー・・・低レベルでバラモス城にたどりついて
しまって、バラモス倒せないんだもん(笑)

●電子タバコ、実は興味あったり。
ガジェット通信

せっかくここまでタバコを吸わずにきたので、
今から吸う気はさらさらないのだけど、
どんなもんだか興味があったりは・・
クセになっちゃったらまずいかな。

●よ、42,000人!(イザ!

上海万博。わたしも行きましたが、
すっごい並んでたわけですが・・いよいよ夏本番。

5月からの累計で42,000人がけがや熱中症で
診察を受けたそうで。

これからは特に並ぶのときには、暑そうですね。
なにせ灼熱の上海・・この時期に上海に
行くのはご遠慮したいところ・・

●before episodeって言われても。
 (マイコミジャーナル

結局、FF13をやるタイミングを逃してしまったわけで、
ということはbeforeって言われても・・って感じ。

一応、売らずにFF13は持ってるのですが、
果たしてプレイできるときは来るのだろうか・・・

●今年こそは!(マイコミジャーナル

この記事に書かれているキャンペーンは
終わっているものの、氷でできたICE BARは行きたいと
思っていながら、昨年行けずじまい。

暑いうちにいけたらいいなぁ。
blogのネタにぴったり(笑)
やっぱ、そこかい!

●ギュギュギュギュギュイーン!
 (Infoseekニュース

とりあえず、勢いがよさそうな会社名。
株式会社ギュギュギュギュギュイーン
マジかよって思うが、ホントにある会社。

英名の「Gyu Gyu Gyu Gyu Gyueeeen Inc.」
ってのもすごい・・・外国人が見たら、
どう思うんだろうなぁ。

●角がなくなったらトリスですか・・・
 (マイコミジャーナル)

角瓶が出荷制限がかかったら、今度はトリスで攻勢。
どうなんだろうなぁ。とりあえず期待せずに、
飲んでみることにしよう。9/21とちょっと先ではあるけど。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

究極の醤油の会 その4。

醤油アイス・・気になるじゃないですか。
そもそも、砂糖を混ぜた砂糖醤油って美味しいですし、
(お餅には砂糖醤油だよね!)
塩アイスがあるなら、醤油チョコだって・・・

弓削多醤油の「醤遊王国」でも醤油アイスがあるほか、
ヤマサの銚子工場でも食べられるとか。
いやーん、銚子に行ったのに食べてないしぃ。

こちらで頂けたのは、ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
という水天宮前にあるヤマサの美術館で頂ける
マーブル醤油アイス。

P1060923

みたらし団子という形容がぴったりくる、
甘さが引き立ちますね。
でも、普通にコクがあって美味しくって、
言われないと、醤油のアイスってわからないくらい。

でも・・・来たときはカッチカチ!
サブングルばりにカッチカチやぞ(笑)

P1060921

ちなみにほかに合うものとして、
再仕込み醤油×チーズなんてもいいそうです。
ちょっと塩分が気になりますがね・・
ま、発酵モノ同士ってことなんでしょう。

そう考えると、ウイスキーをはじめとして、
お酒を合わないはずがないですね。
醸造にしても蒸留にしても、発酵工程は
必ずたどるわけですからね・・・

なにより、これだけの種類があるってところが
いいですよね。実は今はヒゲタ醤油の本膳
使っているのですが、職人醤油さんで
100mlからで試せるので、いろいろ使ってみるのもいいかも。

最後、和歌山ご出身の方が質問されてたのが興味深く。
漬けもんに醤油・・東京ではありえないのですか??

最近では、漬けもん自体をあまり食すことが
少なくなりましたが・・

漬けもんにはカツオ節に醤油に決まっとるやんけ!

はぁ、東京に来て9年になりますが、
まだまだ知らない東西の食文化の違いがあるんですな。

ホント、第1回からアツい醤油の会でした。
余市のマイウイスキーづくりに出かけたことが
きっかけになって、ウイスキーをより深く愉しめることが
できたように、このイベントをきっかけに、
醤油の世界にもはまっていきたいと思います。
ウイスキーと醤油も相性イイしね!

ご説明くださったお三方、貴重なお話を
ありがとうございました!

東京カルチャーカルチャーのライブレポはこちら

職人醤油.comの高橋さんのblogはこちら

職人醤油.comさんは、こちら

弓削多醤油さんはこちら

工場見学ができる弓削多醤油さんの
醤遊王国はこちら。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

究極の醤油の会 その3。

さて・・・ここで休憩。自由にいろんな醤油を
開けてテイスティング!

しかも、ひとり1本を持って帰っていいとか!
すっげー!

P1060882

と同時に、先ほどの火入れ前・火入れ後の醤油の
味比べもできました。

やはり、複雑な味が交錯する火入れ前、
そして火入れ後になると洗練されたというか、
調和が取れた味になってるな、という気がしますね。

そのほかにもいっぱい味見。
やっぱり、香り高いキッコーゴ醤油は好きでした。

P1060887

もう1点、丹波の黒豆醤油・菊醤(きくびしお)。

P1060891

すごいんです、豆の味がほんのりする醤油!
ほんのりなんだけど、ダイレクトに豆なんですよ。
ちょっとこれ、ほかにない醤油ですね。

持ち帰りはちょっと出遅れてしまって、
お目当ての醤油は持ちかれず・・・ま、後で買うか。

さて、休憩後は、醤油の正しい保存方法レクチャ。
醤油は発酵食品なんで、食べられなくなることは
ないんだけど、酸化するとどんどん色が黒く、
風味が落ちるだけでなく、角が立つんだそう。

醤油はべた塗りするペンキのようなソースと違い
素材の味を生かすニスのようなもの・・・
それが、どんどんと自己主張が強くなり、
素材の味を覆い隠してしまうんですね。

以前より、1ヶ月の平均醤油の使用容量が
1ℓを切るようになり、今では600mlを切っているそう。

ということは、平均的な家庭でも1ℓ醤油を
1ヶ月で使い切れない=酸化が進みやすいってこと。

常温だと2週間で黒くなってしまい、
冷蔵庫に入れて酸化を遅らせても、1ヶ月が限度とか。
でも、冷やすと香りが閉じてしまうのは
ウイスキーも醤油も同じ・・・

職場で美味しい醤油の開発をしているのに、
自宅では、黒くなった醤油が出てきたりして・・
なんとかしたい!とヤマサの藤村さんが開発したのが・・

コレ!鮮度の一滴!Webニュースで
へーっと思っていたあの不思議な容器に入った醤油!

P1060821

実は、今までは500ml入りだったのが、
今回お土産で200ml版を頂きました!
ぜひ、一人暮らしの家庭で使ってほしいとのこと!

なんでも単身世帯は醤油の常備率が36%しかない!
ということで、ぜひ単身者にもとのこと。
しっかし、しっかりとマーケティングされてますなぁ。

あ、そうそう。鮮度の一滴の特徴ですが。
空気に触れると酸化しちゃう醤油。

じゃぁ、酸化させないようにってことで、
開封後も空気に触れさせず、真空状態に保つ
不思議な容器がポイントなんですよね!

酸化による味の劣化を防ぐだけでなく、
酸化を遅らせるための冷蔵庫保管も不必要ということで、
香りが閉じず、醤油本来の香りを楽しめるのも◎。
その保管可能日数、ナント約70日!

ただ、「鮮度の一滴」減塩醤油は塩分が少なく、
注ぎ口付近に醤油が付着した際に、
雑菌の付いた布巾とかで拭いちゃうと、
中で雑菌が残っちゃうので、なるべく冷蔵庫に、
ってことだそうです。

そっかー。減塩醤油はなるべく冷蔵庫、
ってことは、普通の減塩醤油は冷蔵庫必須なのね。
気をつけよう。(ウチ、基本減塩なのでね)

で、その仕組み。こんな風に表面張力を利用して
ピチーッと貼り付けてるんですね。
出てるとこしか開かないのです。すごっ。

控えめに70日・・・ということですが、
試しに1年前の「鮮度の一滴」を食しても
十分美味しかったとか。

今はこの容器を造れる機械が世界に1台しかないそうですが、
この容器を開発した藤村さん、将来は他社の醤油も含めて、
すべての全ての醤油をこのパックに詰めたい!
とおっしゃっていました。夢が膨らみますねぇ。

さて・・・最後はお待ちかねの醤油アイスを
堪能します!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (2) | トラックバック (0)

究極の醤油の会 その2。

さて、これからが醤油の基礎知識編。

醤油って・・・黒くて塩辛い液体?
いやいや、そんな単純なもんじゃないんです。

甘味・塩味・酸味・旨味・苦味が
複雑に絡み合っていて、その上、香り成分も豊富。
なんと、300種類以上も含まれているんです。

P1060861

りんご・チョコレート・コーヒーなど、
ちょっと聞くだけでは想像もしないような香り成分が
含まれているんですね。

・・・これを聞いてん!?と思いません?
ウイスキーと同じなんですよね。

サントリーさんのセミナーでも、醸造という
共通点がある醤油や味噌とも相性がいいといってますし、
ニッカ相談役・竹鶴威氏のコラム、
ニッカウヰスキーと私、竹鶴威の回顧録第31話にも
登場していますよね。

塩分って、約16%含まれているそうですが、
一方で塩っ辛いな!と思う海水は、3.5%しかないとか。
単純に塩分だけじゃなく、いろいろ含まれている・・
ので、あまり塩分を感じないんですね。

で、醤油の種類。

P1060862

種類はほとんどが濃口醤油で。
たぶん料理用?に淡口。後の種類はニッチ市場。

基本製法は本醸造だけど、混合醤油も
全体の1/4ほどと結構多いな、と。
ポン酢醤油とかもこれに含まれるのかなぁ?

へーっと思ったのが、脱脂加工大豆。
丸大豆醤油ってよく聞くけど、実際は油を抜き取った
後の大豆を使うことが多いんだとか。

日本で年間400万tの大豆が使われるらしいけど、
そのうち300万tがいわゆるサラダ油の原料。
その使われた後の大豆が脱脂加工大豆なんですね。

丸大豆で使っても結局、油が浮き出てきて、
除去しないといけないんですってね。
微生物の働きが悪くなるみたい。

昔は除去した油をヤマサ醤油でも、
天ぷら油として売っていたときもあるそうで。

さて、作り方。

P1060864

醤油工場でも習ったけど、大豆と小麦と塩が原料。
大豆が多いとコクが深く、小麦が多いと香ばしく・・
割合は各々の醤油蔵の秘伝なんでしょうね。

基本的には1/3が大豆、1/3が小麦、1/6が水、
1/6が塩ってのが割合なんだそうですけど。

なかなか小麦のイメージがないとか。
確かにね・・・

蒸した大豆に炒った小麦に麹菌を混ぜ合わせて、
3日間寝かせ、麹菌に分解させる(麹)。
その後塩水と混ぜて諸味にし、6ヶ月間寝かせて発酵。

小さめな弓削多醤油でも8t、キッコーマンや
ヤマサなどになると200~400tくらいの諸味が入る
タンクで仕込み。ヤマサのタンクはなんと90億円とか!

タンクではそこから空気を出すことによって、
内部を循環させてかき混ぜながら、寝かせるそうですね。

ここで絞って出てくるのが、生醤油。
火入れを行う前の醤油ですね。

特別に数名の方がステージに上がって、
味比べされてました・・いいなぁ。

P1060869

この生醤油、専門家が味わうと、
どの麹菌を使ってどう寝かして・・という企業秘密が
全部わかっちゃうんだそうです。

市販の「生醤油」はフィルターに通してあって、
厳密な意味での「生醤油」ではないそう。

火入れすることで、雑味を落としたり、
酵素を失活させる意味があるみたいで、
味わった方の感想を聞くと、生醤油は、
「トゲトゲ」してるそうで。

ウイスキーのフィルタリングみたいな
もんでしょうかね。ウイスキーでもノンフィルタリングや
ノンチルフィルタリングとかあるじゃない?
樽出原酒と生醤油が似たようなものなのかも。

で、この火入れなんですが、ヤマサがこんなところでも
活躍してたという話。

ヤマサって、味の素みたいな旨味成分を抽出した
フレーブという調味料をつくってるんですね。

こんぶ、かつお節、しいたけなどの
旨味成分を絶妙にあわせ、1+1+1=3どころか、
1+1+1=21倍も旨味が強くなるんだそう。

せっかくなら、これを醤油に入れてめんつゆに!
と思ったそうですが、火入れで残っていた酵素が
かつお節の旨味(イノシン酸)だったりとか、
しいたけの旨味(グアニル酸)を分解してしまい・・・

そこを酵素を失活させて、フレーブの旨味を生かしつつ、
しっかりと醤油の旨味も残す微妙な火入れの
テクニックを開発し、美味いめんつゆが生まれたのだとか。

P1060872

さて、さっき何だっけこれと思った再仕込み醤油。
実は、諸味を作る際に一度発酵を終えた生醤油を
塩水の代わりに使ってもう一度発酵。
だから「再」仕込みなんですね。

P1060874

醤油ソムリエ・高橋さんのお勧めは、
ソースの代わりに使うのがいいのだそうです!

魚のフライやコロッケ、カレーライスなどに。
焼きおにぎりなんかにもいいそうです。

刺身にはマグロの特に脂のあるトロなんかの
赤身の魚にはこちらの再仕込がいいとか。

逆に、イカや白身の魚にはちょっと醤油の味が
勝ちすぎてしまうので、普通の醤油がいいんだそうです。

あと、溜まり醤油。そもそもこれは作り方が違うそうで、
諸味を塊にして上からぎゅーっと押して・・・

絞って出た醤油をまた上から掛けて絞って・・
を繰り返してつくるので、水の量が少なく味が凝縮。

溜まり醤油って、愛知県・知多半島が製造のメッカとか。
ミツカンの酢や日本酒とか、知多半島って
いろんな醸造メーカーが多いそうですね。

醸造じゃないけど・・・サントリーのグレーンも
知多半島で作ってるな・関係ないか(笑)

ちょっとコネタ。愛知県の小学生に黒と茶色、
どちらが醤油の色でどちらが味噌の色?
というと、混乱するそうなんです。
それだけ、味噌も醤油も種類が豊富な地域なんですね。

知り合いの愛知県出身者に聞いてみよ(笑)

さて、質問タイム。印象的だったのは、
刺身にはどの醤油が合いますか・・・というもの。

聞かれる質問の97%(笑)がこれなんだそうですが、
万人に合う醤油ってないんですよね。
一番答えるのが難しい質問だったりするそうです。

で、お勧めされるのは、いくつかの醤油を
比べられるのがいいと。

場合によっては、お父さんとお母さんで
好みが違うとか、子供も違うとか・・・

北海道の方と福岡の方が結婚して、
愛知に住んだら・・・もうややこしすぎ(笑)

ちなみに市販の「刺身醤油」は、
再仕込み醤油が多いそう。

ちなみに、ヤマサの刺身醤油は超特選濃口醤油
(旨味成分が特級の20%増し)だとか。
ウチにある醤油も超特選醤油ですねぇ。

あと、またコネタですが、アメリカにも工場が
あるヤマサ。なんと、アメリカ人はご飯に
そのまま醤油をぶっ掛けて食べる人が多いとか・・・
おそるべし、アメリカ人(笑)
ってことで、減塩醤油をお勧めしているとか(爆笑)

そうそう、ラーメン屋さんやそば屋さんからの
問い合わせも多いそうですね。

新しいラーメンに挑戦したいけど、どんな醤油が
合うのかわからない・・とか、そばつゆがうまく作れない・・

まず、どこまでどうこだわるか?がポイントだとか。
原産地にこだわるのか、味にこだわるのか。

味にこだわるにしても、どんなスープにするのか、
シンプルに仕上げるのか、鳥や豚骨や魚介などを
組み合わせて仕上げるのか・・・

必ずしも、高い醤油がいいわけではない
というところが難しいところ。

さて、ここでいったん休憩して、
いろんな銘柄の醤油のティスティングです!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »