« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

究極の醤油の会 その1。

さて、先週行ってまいりました。
究極の醤油の会。普通なら脇役の醤油が
この日は思いっきり主役なんです!

P1060799

前のほうの席を確保したかったので、
早めに会場に到着。

待ち時間のBGMが「夏なんです」で、
懐かしさに涙でそうになったよ・・
ま、奈江さんの声だったらもっといいんだけどねー。

ずらりと並んだ醤油瓶。小さな醤油蔵のものも多く、
それぞれ味わいが違うんですよね。

P1060813

東京カルチャーカルチャーでは、アルコールや
軽食などを頂きながら、イベントに参加できます。
梅とシラスのピラフを頂きました。

P1060828

さー、いよいよ開始ですよ!
司会はテリー植田氏(一番左)、解説は左から順に・・・

高橋 万太郎氏 … 職人醤油.comを運営する醤油ソムリエ
中戸川 貢氏  … 弓削多醤油で見学施設「醤遊王国」を運営
           兼 NPO法人 食品と暮らしの安全基金
藤村 功氏   … ヤマサ醤油・営業本部
           マーケティング部MD推進室長
           ご実家は有名な蕎麦屋・有楽町更科

P1060832

高橋さんは以前は顕微鏡の営業マン・・という
すごく変わった経歴。日本中に1,600もあるといわれる
醤油倉のうち、今までに回ったのは200ほど。

100mlの瓶につめて職人醤油.comで販売しているのは
62銘柄。100mlという気軽さから、複数の醤油をセットで
贈り物・・というのも多いそうです。

とはいえ、なかなか最初は醤油蔵に訪れても、
この若造が・・的なことも多く、苦労されたそうですよ。

中戸川さんは、弓削多醤油の方。ラーメンがお好きとのこと
ですが、弓削多を使った醤油ラーメンのお店が
ランキング上位に入ってると熱っぽくお話されていて。

小さな醤油蔵なので、春に仕込んだ醤油、
冬に仕込んだ醤油、秋に仕込んだ醤油で味わいが
変わってくるそうで、ラーメン店主にとっては、
美味いのだけど、使いこなしが難しい醤油なのだとか。

藤村さんは、実家が有名な有楽町更科という蕎麦屋さん。

更科とは、信州蕎麦粉の集散地・更級(さらしな)郡の「更」に
元は布商人だった布屋太兵衛の蕎麦打ちの腕を見抜いた
上総飯野藩の藩主・保科正賢から「科」の字を賜り、
麻布・永坂の店を構えたのが始まりなんですって。

布商人の蕎麦打ちの腕を見抜くとは・・・
すごいですね。ちなみにこの保科正賢ですが、
4代遡ると、保科正俊。

そう、武田家信濃先方衆で「槍弾正」名高い
槍の名手。

・・・あらら、話がそれてしまいましたね。
閑話休題。

で、有楽町更科なんですけどね。
ものすごく儲かってて、今の額にすると
年商10億円とか。蕎麦屋で年商10億・・・

1931年(昭和6年)の新聞記事によれば、
最盛期には深夜0時までの営業で、
3日間で1万5,000人のお客があり、
売り上げの4割は丸の内への出前。
一回に100食以上も担いで、運ぶこともあったとか?

いやいやこれ・・・ありえんでしょー(笑)

P1060843

さて・・・お話の間に醤油が配られてきました。
利き醤油であります!

P1060837

スプーンに浸してちょこっと舐めて、
味を比べていきます。銀紙に色のついた丸いシールで
区別するのだけど・・・

赤は普通な感じ。緑はなんか甘いなぁ・・・
青は見た目にもわかるたぶん淡口。
淡口って普通、そのまま使うもんじゃないから、
舐めたことなくて・・塩っ辛いね!

白と黄色はすごく濃くて、実家で刺身醤油として
つかっていた溜まり醤油みたい。どっちがどうって
わからないけど・・・

で、答えあわせ。緑は混合醤油ってのなんですね。
砂糖はじめとした甘味料とか入ってるっぽい。

黄色が溜まり。白は再仕込み醤油って・・
なんだそりゃ!?

皆さんの好き嫌いはこちら。

P1060857

緑の甘い醤油は苦手かなとおもったけど、
九州で使われていると聞くと・・・
そういや、ごまさばの醤油も甘かったっけ。
要は使い方なんでしょうね。

意外に溜まり醤油が嫌われてるみたいで・・
そんなにダメ?塩分多め・・って感じはするけどさ。

さて、ここからは醤油の基礎知識!
を3名の専門家の方が、わかりやすく解説してくださいます。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わーい!借りることになりました!

気になるなーと思っていたUWBをつかった
ワイヤレスドック

みんぽすさんで借りれることになりました!
これから準備をしますが、これから楽しみです。

LOOX Pくらいでもなんとか使えるのか、
そこが試しどころですな。
一応、Core 2 Duoなんですがね・・・
さすがに、LOOX Uには荷が重いだろうけど。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついにキタ!山崎ミズナラ!

あるじさんところで伺ってはいたのですが、
ついに山崎ミズナラが発表になりましたねぇ!

ちょっとお高めになる・・と聞いてはいたのですが、
1本25,000円・・・

他のバーボンバレルやシェリーカスク、
ヘビリーピーテッドが軒並み1本9,000円
なのと比べると、えらい高い金額設定。

ミズナラさまですからね・・・仕方ないか、
と思う反面、なかなか気軽には決して
出せない金額であることもまた確か。

むー、如何したものか?

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

からあげカーニバル@ららぽーと横浜。

さて、先日の記事でも話題にしました
からあげのイベント・からあげカーニバル

どんなものかちょっくら覗いてきました。
会場はららぽーと横浜。JR鴨居駅が最寄なんです。

でもちょっと思ってたのとは違った感じ。
普通のスーパーの特売的な感じでした。
そこで酒でも飲みながら、食べれるのかと思ったのにー。

P1060773

いっぱい買って帰れないので、
大分の唐揚げ2種類を買って帰りました。

●元祖中津からあげ・もり山

P1060775

●大分宇佐からあげ・とりあん

P1060788

あまりに美味しそうだったので、
とりあんさんのからあげを帰る途中に、
ちょっとつまんでしまいまして・・うまー!

帰ってからはもちろん、ハイボールと。
もううまいの一言です。

とりあんさんは甘辛なしょうゆベース。
もり山さんは、塩ベース。
どっちも美味しくて・・・選べません!

P1060791

食べるには、現地に行かなきゃなのかな?
と思ったら、東京にもお店があるようで。

もり山さんは東京・学芸大学駅ちかく。
そのほか、大分だったら別府駅前だったり、
福岡だったら西新にあるんだって。
地図見たら、むしろ藤崎のほうが近いけど・・・
でも、福岡に行くときにはココだったらわかりやすい!

宇佐のとりあんさんも、東京に出店。
戸越銀座かぁ・・こないだ五反田から蒲田まで
歩いたときに通ったけどな。

いやー、鶏肉好きにはたまりませんな。
オードブルとかもあるみたいなので、
パーティなんかにもってくのにもいいかもね。

さ、これだけからあげを食べてしまったら・・・
翌週からはダイエットモードなのでございます・・・orz
でも、ちょっとマジメに落とさないとヤバイので
がんばりますよ!ウイスキーは飲むけどねっ♪

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

六本木で昼鍋。

土曜日。ちょっと都内に用事があったんで、
前々から気になっていた六本木で、
昼からお鍋を頂けるところに行ってきました。

そう・・・りすきぃさんが書いてられた、
探偵BARのことなんです。

夜は探偵Barなのですが、お昼には鍋ランチが
いただけるという変わったお店。

しかも、お昼は探偵Barとは別の方が
お借りになって営業されているのだとか・・・

あった!

P1060743

・・・文句はございません(笑)

P1060745

今週の鍋・・ということで毎週変わるみたいですね。

いろいろヘビーになりそうな予感がするので
スタミナつけとくか!ということで、スタミナ鍋。

P1060746

昼間からビールがどーん。ふはははは。
しゃきしゃきキャベツとナッツのおつまみつき。

P1060748

ぐつぐつ。いい感じで煮立ってきました。

P1060753

にら・にんにく入りのお鍋を
ねぎ塩レモンだれをかけていただきます。
うん、さっぱりしてて美味しい!はふはふ。

P1060758

この暑いのに鍋?と思うかもしれませんが、
かなり空調が効いていて、汗だくに
なることはありませんでした。
むしろ、お店の方が寒いのでは・・と思ったり。

最後は雑炊にしていただきます。
やー、鍋の〆は雑炊ですよねぇ。最高。

P1060761

調子に乗って、ハイボールも頼んじゃいました。
ったく、昼から・・・ねぇ(笑)

P1060764

お店は夜はBarということで、バックバーには
いろいろとお酒が並んでます。ウイスキーもちょこちょこ。
WiFiが入るってアピールは珍しいっすね。
六本木って土地柄なんでしょうか?

P1060765

少しお店の方とお話もして。お店の方もブロガーさんで
エルモアさんとおっしゃいます。

お酒がお好きなのは、読んでて知ってはいたのですが、
ウイスキーなら・・タリスカーが!ということで、
思いもよらないマジな回答でびっくり。
ホントにウイスキーもお好きなんですね。

わたしは余市がという話をしたら、飲んだことがない
ということで、ぜひぜひとお勧めしておきました。
ってことで、余市のボトルをお持ちになって、お写真を!

P1060769

エルモアさんの笑顔に出会いたいヤツは、
急いで六本木に向かえー(笑)

詳しいお店の情報はこちら。メニューの中身や
お店までの道順とかありますよ。

都内に行く機会はそうはないのですが、
鍋を頂けるとこって少ないと思うので・・・
こちらも憶えておきたいお店です。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャパニーズの聖地。

さて、先日のお話ですが。

うわさには聞いていた、ジャパニーズウイスキーの聖地、
といわれる西新宿のゾートロープさんに伺ってきましたよ。

・・・昨年に余市を訪れた際に、
じーさんからもあそこは行かなきゃ、と教わったのと、
Blender's Barの常連さんからも教えていただき、
これは行かないとね・・と思ってて。

なにせ、ニッカ70周年記念の佐藤マスターブレンダーの
ブレンテッドがまだ残ってるとかで・・

おめめが特徴的なロゴ。と言っても、
20世紀少年ではありません(笑)

P1060710

ブレンテッドはあと1杯分だけ。よかったです。
70th Anniversaryでは、これが一番好きだったりします。

P1060712

とはいえ、もう1セットあるらしいのですが、
宮城峡とグレーンが終わってから、次の1セットを
空ける予定なのだとか。まだ頂けるんですね・・・
そう、余市もある・・・

ボトル。せっかく空けたんだから、
頂けませんか?ってお願いすればよかったかなぁ。
このボトル、すごく好きなんですよね。

P1060716

ジャパニーズが揃ってるってことで、
「あかし」や「駒ケ岳」など普段あまり飲まない銘柄を。

あかしってすごく特徴的。若いウイスキーではあるけど、
香りも味わいもしっかりしていて。
マイボトルにも加えておきたいと思ってしまいました。
・・・またボトル増やすつもり!?

駒ケ岳。

P1060718

こちらもなかなか。シェリーもあったんですが、
そちらよりはホワイトオークのほうが、
繊細で駒ケ岳らしさを楽しめた気がします。

自分でボトル持ってるのに開けてない、
The Malt of Kagoshimaも一緒に行った方が
注文されているのをちょっと一口。

うん!これはこれで美味しいね。
ますます・・開けられなくなりました(苦笑)

やっぱり、ジャパニーズ好きだから?
スコッチと比べて決定的に苦手っていう銘柄が、
あまりなくそれぞれの美味しさを感じられます。

・・・ココは押さえておきたいBarですね。
新宿という立地もいいし。帰りが一本ですしね・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

誕生日プレゼント from SUNTORY。

サントリーさんのキャンペーンで、
トラックバックキャンペーンってのがあるんですよね。

お題について関連する記事をblogで書いて、
抽選で山崎12年と白州12年180mlが頂けるという・・

けっこう当選者の中に、あれ??っと
よくお見かけする人が混ざってたりとかして、
あの人も当たってるんだ!って思ってたんだけど・・・

このたび、わたくしも、見事当選
ってか、誕生日に合わせたように当たってびっくり。

P1060794

サントリーさん、ありがとうございました!
やー、うれしいな。12年ってとこがいいなっ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

けっこう飲み頃?

土用の丑が近い・・ということで、
神田・きくかわに足を運ぶも、すんでのところで閉店・・・
という残念な感じで終わるわけにはいかない!

ということで、美味卵屋でポークソテー。
卵ちゃうやん!といえばそうなんだけどさ・・・

ココのにんにくバターしょうゆ味のソースが
美味しいのです・・・

P1060739

もう、今日一日はダイエットは忘れる!
知らん、そんなん!

で、帰ってからも、6月の頭に付けた黒糖ブラックニッカ梅酒
ちょっと試しに飲んでみたりして。

・・・まだ2ヶ月弱ですがけっこう
美味しく仕上がっていました。

P1060742

黒糖なのでコクがあるのと、絶対量を
少なめにしておいたので、甘さひかえめで
梅のさわやかさが活きています。

ウイスキーもこんなに変貌するんだな、と。
やはりクセのないブラックニッカが正解だったかな?

でもでも、飲みすぎないようにしないと。
もうしばらくは漬けておきたいので・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ぞろ目。

またレベルが・・・いや年がアップしました。
正直もういいんですけど・・

特にぞろ目になったところで、宝くじが当たるわけでも、
スロットで777がでるわけでもないんですが・・・

ちなみに、さっそく柴田組組長から
激励のお便りが届いてました♪

P1060728

あざーっす。もうすぐ届く春のツアーのDVD明日見よ。

本人のblogのコメント。

|内容は、、、、
|私の歌以外、最高にお勧めです。(笑)
|演奏も照明も音響もステージ美術も
|どれもこれも最高です。

って、こらーー!(笑)

予約して他の忘れてて、2枚買っちゃったという
マヌケぶりを発揮してしまいました・・・
ま、しばじゅんへの投資ってことで。

日付変わってからは・・せっかくなんで
生まれ年蒸留のモルトを頂きながら、まったりしよ。

Highlandpark Bicentenary Vintage 1977。
40度でパンチは少ないが、やさしく穏やか、
そして、少しクリーミーな甘みで癒してくれます・・

P1060735

23日は・・・美味しいもの食べよ。
その後は即、ダイエットモードに戻らなきゃ・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

秩父蒸留所…その3。

さて、秩父蒸留所見学も終盤に差し掛かってきました。

●貯蔵工程(マチュレーション)

いよいよ、貯蔵庫。ここの香りのよさは
一番の蒸留所を訪れる楽しみであり、個人的には
貯蔵庫を見れない見学なんて、ありえません。

この日はとても暑い日でしたが、庫内はひんやり。
に漂うウイスキーのかぐわしき香り。
・・・こんなリラックスルームを自宅に
ほしいもんです。ムリだ、そりゃ(笑)

P1050948

地面が露出した上に木の枠で3段に積み上げて
伝統的なダンネージスタイルで貯蔵。
ダイレクトに秩父の自然に接して、
眠りの時をすごしているのです。

天井が高く、上部に熱気が籠もるような構造で
天井の隙間から熱気が逃げる仕組み。

貯蔵樽・・有名なところだとシェリー樽や
バーボン樽、新樽など・・・
大手に負けず、種類豊富です。

その他、ワイン樽や漏れが多くて二度と
使わない!とおっしゃていたレッドオーク樽とか、
ラム樽なんてのも。こんなんあるんだー。

バーボン樽は、バーボンが必ず新樽を使うことが
法律で定められているため、その空き樽は
比較的入手しやすいのだが・・・

世界的なウイスキーブームで、バーボンの空き樽が
追いつかなくなって、新樽と変わらないくらいまで
樽の値段が高騰しているそうで・・・

特に印象に残ったのが、ミズナラ樽。
高価な家具に使われやすいということで、
もともと値段が張る樽材らしいのだけど。

もうひとつ、ねじれて育ちやすいという性質があり、
これにのこぎりを入れて切断すると、
ねじれているので、水を伝う道管も切ってしまい
ここからウイスキーがもれてしまうのだとか。

漏れを防ぐ物質(チローズ)もホワイトオークに比べ、
少ないらしくって・・・

ミズナラ材は漏れやすいと聞いていたが、
そういうメカニズムだったんだね。

なるべくまっすぐなミズナラを厚めに製材することで
防ごうとはするんだけど・・・
やっぱり鏡板の下あたりが湿ってきちゃう。

P1050968

ちなみにウォッシュバックのミズナラは
相当厚めに造ってあるんだそうです。

でも・・・薄いのに漏れないミズナラ樽も。
これはなんと、のこぎりで切らずに、
なたで割って樽材を造ってあるんだとか。

P1050972

切らずに割ると、導管に沿って割れるため、
漏れが少なくなるんですね。表面がでこぼこして、
見た目が悪いんですが、ミズナラ樽としては
ちょー優秀なんですって。

この樽を造っているのはマルエス洋樽製作所
社長・斉藤光雄さん。今年御年83歳の大大ベテランの樽職人。

後継者がおらず、そのまま技術が途絶えようと
しているところを、肥土さんが修行をさせてもらって、
技術を学んでいるんだそうです。

昔はニッカ樽をおつくりだったそうですが、
ニッカが自社で製樽をはじめるようになっても、
焼酎ブームで需要をつないだものの、
焼酎ブームが一段落すると、需要が減ってしまったとか。

・・・でも、なんとか技術が次に伝わるといいなぁ。

ゲストハウスに戻る際に、キルン塔(予定)を。

P1050943

実は埼玉産のピートが、飯能で取れるらしく、
また大麦から栽培して、少しでも埼玉産のモルトを
造ろうとされているんですよね。

もし、それが軌道に乗ったらなら、その暁には
ピートを乾燥させるキルン塔として、使うそうです。

●ティスティング

さて、最後にティスティングをさせて頂きます。

P1050985

Aはニューポット。ニューポットは単に度数が
強いだけじゃなく、刺激が強いものだけど、
(それはそれで好きなんだけどね)
確かに秩父のニューポットは、なんだか飲みやすいかも。

度数は63.5度。アルコールが高いほうが樽の成分が
染み出しやすいか?というとそうでもないらしく、
アルコール度数90度と真水はあまり色が着かないんだって。

これは、色の成分は水に溶ける成分とアルコールに
溶ける成分があって、60度近辺が最もよく溶け出すとか。
なるほど、ニューポットの度数にも理由があるんだ。

Bのほうは、秩父の再長期熟成2年もの(笑)
これがね、とても2年ものとは思えない熟成ぐあい。

2年モノといわれないと気づかないくらい
すごく甘くフルーティなウイスキー。
年数的にはウイスキーとは名乗れないそうだけど
最低3年?だったかな。

これが、5年、10年と熟成されてくると
どういったウイスキーに成長するか、今からとても
期待してしまうような味わい。

・・・飲みながらも、いろいろと熱いお話を
してくださった肥土さん。ウイスキーにまじめで挑戦的。

コルクのお話とか、すごい興味深い。

コルクは砂漠化を防いで、地球を救うんだとか。
ウイスキーを飲んでるだけで、エコ!?

あと、コルクの造り方やコルクにあった瓶に
たどり着くまでのお話だったりとか・・・

コルクって、頭の細長い部分がある程度ないと
空気が膨張したときに押し上げちゃうとか。
コルクにするには、コルクに合ったカタチがあるんだな。

・・・その他、こんなのやこんなのも飲んでいいですって!
ちょっと太っ腹すぎ・・・贅沢です。

P1050977

P1050981

個人的には、川崎グレーンを活かすために・・
とブレンドされたこちらのブレンテッドが美味しかったです。

P1050989

今回の参加者の中に、Kaoriさんの名刺入れを
木をつかって造った方がおられて。
・・灰原愛さんとおっしゃいます。

もともと彫刻家でいらっしゃるのですが、
木つながりということで、ぜひお見せしたかった、
とはKaoriさんの弁。

肥土さんもいろいろとご興味をもたれたようで・・・
イチロー印のロゴの入った樽材の名刺入れが
秩父のお土産になってるかも!?

木を扱う人同士、木材トークが興味深い(笑)

いやー・・・この日は時間的に余裕がなかったので、
早めに帰らせていただきましたが、
1年に1度は、伺いたい蒸留所ですね、ここも。

最後に蒸留所グッズ。ティスティンググラスと
樽型のストラップ、ピンバッジ。

P1060323

・・グッズのお会計も社長自ら(驚)

肥土社長、当日はご案内や興味深いお話を
ありがとうございました。

Kaoriさん、貴重な機会を設けていただき、
ありがとうございました。

参加者の皆さまも、楽しい時間を
ありがとうございました。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (7) | トラックバック (0)

秩父蒸留所…その2。

さて、まだまだ製造工程は続きます。

●発酵工程(ファーメンテーション)

先ほどの糖化工程でできた甘い麦汁が、
木でできた5基の発酵槽(ウォッシュバック)に。

P1050901

各々、約3,100ℓの容量で1回の糖化工程でできる
約2,000ℓの麦汁があり、ここに10kgのウイスキー酵母を
投入して糖分をアルコールに変える発酵が進みます。

蒸留所ができてまだ新しいので木もまだフレッシュ。
時が経つにつれて、いい感じで古くなってくんだろうな。

P1050909

発酵は4日間、最初の2日は酵母による発酵、
後の2日間は乳酸菌によるなんですって。

一般的に手入れがしやすいということで、
発酵槽はステンレス槽が多いんだけど、
こちらでは乳酸菌が棲みつきやすく、
乳酸菌の活発な温度での保温性がある木製発酵槽。
そういや、白州もそうだったよね。

しかし、秩父はただ木製ってだけじゃなく、
規模が小さいということもあり、熟成にも使う、
ミズナラ材を使っていて、世界で唯一だとか。

で、発酵の様子。20数時間経って、
酵母発酵のピークを過ぎた感じ。ピークの時には
吹き零れんばかりの勢いで、泡切り器で
物理的に泡をつぶさないといけないんだって。

P1050918

このあと入れ替わりで乳酸菌発酵が始まるところ。
気持ち、色もヤクルトっぽい!?

かなり暑くて、汗がだらだらでてくるけど、
冬場とはずいぶん違ってきて、これもまた、
原酒のバラエティの広さにつながるんだろうな。

●蒸留工程(ディスティレーション)

4日間の発酵でできた約7~8%のビール状の
ウォッシュを蒸留釜(ポットスチル)に移して、
いよいよ蒸留工程に向かい・・・あっつぅ!

P1050925

ちょっと岩盤浴かサウナでも入ってる感じです。
大手だとここまで間近にポットスチルを
見ることがないからな・・・ホントに暑い。

手前の窓があるほうが初留釜(ウォッシュスチル)、
奥のほうが再留釜(スピリッツスチル)。

P1050921

スチームを使った間接加熱で6時間かけて蒸留。
初留で7~800ℓ、アルコール度数が
20%程度の蒸留液が抽出されてきます。

再留時は、蒸留の前・中・後をそれぞれ
ヘッド・ハート・テールの3つに分け、
樽熟成と相性のよいハートのみを使用する。

で、そのきりわける方法なのだけど、
一般的に時間やアルコール濃度を
指標にするらしいのですが・・

でも、秩父で最も大切にしてるのが、
人間の感覚・感性。ウイスキーは人間が飲むもの、
だから、五感を駆使して味と香りで見極めるのが
もっとも決め手になる・・というのが信条。

香りを確かめる肥土さん。

P1050927

ポットスチルのそばにティスティンググラスが
置いてあるのなんて、はじめて見たよ。

P1050933

で、われわれもヘッド・ハート・テールの香りを
嗅がせていただく。どれも再留なのでアルコールの強さが
すごいのだけど、特にヘッドの刺激臭は強烈。

1回の再留で220~230ℓのハートが抽出でき、
アルコール度数は約70度。ただ、樽詰めする際には、
63.5度まで度数調整するそう。

蒸留が終わった跡の高温の液体も、次の蒸留の際に
ウォッシュを通して熱するするのに使い
より効率的に、より熱エネルギーを無駄にせず、
蒸留工程を行うそうですよ。

そのあとは、牛の飼料を練るための液体として
これまた活用。どこまで行っても無駄にしません!

ちなみに再留時のヘッドとテールは、
初留が終わったローワインと合わせて蒸留され、
こちらも無駄なく活用されるとのこと。すばらしい!

メンテ時には、きちんと原酒ごとに分けて
保管するんだそうです。

あと・・・蒸留するこのポットスチルですが、
銅以外の材質で造ることは、絶対にありえないそうです。

というのも、銅の熱伝導率の高さ、
加工のしやすさだけではなく、熱せられた際に
銅イオンと蒸留液の不快成分が結合して
取り除く役割もあるんだって。

・・・ということは、身を削りながら
蒸留してるだけで、15~20年ほどでずいぶんと
やせ細って、穴が開くんだそうです。

大きさや形状、ヘッドの向きで原酒の個性が
変わるのはウイスキー好きには常識(笑)ですが、
秩父は個性的な原酒ができるカタチ。

つくってくれたのは、スコットランドの
Foresyths社。職人の手仕事でつくられるんだそうで、
よく目を凝らしてみると、ハンマーで
打ちつけた跡がよくわかります。

P1050929

スチルの仕様を決めて、正式注文から
お届けまで約9ヶ月。原料調達に3ヶ月、
製造に3ヶ月、輸送に3ヶ月という感じだとか。

ちょうど忙しい頃にだったらしく、
なんとか頼み込んで、蒸留所開業に間に合わせて
もらったんですって。

製造棟の最終には瓶詰めライン。
小さな小さな瓶詰めライン。

P1050940

これまた、長くなってしまったので、
もう一回切りますねぇ。
次は蒸留所見学の一番の醍醐味、貯蔵工程。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秩父蒸留所…その1。

さて、蒸留所。
総勢8名でワゴンタクシーを手配して向かいます。

西武秩父から約11km。
ちょっと普通のヒトじゃ、徒歩圏内ってわけには
いきませんね(笑)


大きな地図で見る

緑あふれた秩父みどりが丘工業団地に
蒸留所はあります。入り口にこじんまりと
樽が飾ってあります。天気がいいと気分がいいですね。

P1050866

まずはゲストハウスで諸注意等を伺います。
なんと、社長・創業者である肥土(あくと)伊知郎氏
直々に出迎えてくださりました。
そして、肥土さんが説明もしてくださります。

マイクロディスティラリーですが、その存在感は
ニッカやサントリーにも劣りません。
多くの表彰盾が飾られています。

P1050872

カードシリーズは有名ですよね。

P1050873

かなり製造工程の現場は暑くなるようなので、
軽い格好で見学。見学用につくられたところはなく、
足場が悪かったりするので、注意してくださいとのこと。

あるじさんところ(Bar Virgo)で伺っていた通り、
ヘビーピートモルトの蒸留を始めた、ということで、
ピーティな香りが感じられます。

しかし、びっくりしたのは肥土さんの解説の、
また詳しいこと!ま、それをなるほどーと理解する
メンツで訪れているんですけど・・ね。

●破砕工程(ミリング)

まずは、ミルルーム。
ここで、麦芽(モルト)を破砕する工程が行われます。

P1050878

モルトはイングランド・スコットランド・ドイツの
モルトスター(麦芽製造業者)から購入しているとのこと。

この日は、OxbridgeのHeavy-peatedタイプを破砕。
ピーティ具合の指標となるフェノール値は、59.6ppm。
かなりピーティなほうだろうね?

P1050893

こんな感じの袋に詰めたモルトを輸入しています。

P1050879

一口、味見をしてみます。

P1050882

ま、ニッカのスナックモルトみたいなもんでしょうか?
おつまみにもってこいな感じ。

一回の仕込には425kg、先ほどの25kg入りの袋を
17袋つかって行うそうです。小石などが混ざってないか、
目視でチェックした上で、ミル(破砕機)に投入。
上下に一対ずつのロールの間を割るように破砕。

どういった砕けぐあいか?をチェックするために、
適宜、異なる大きさの網の目があるミルボックスに
破砕した麦芽(グリスト)のサンプルを取り出し目視確認。

P1050885

5分もミルボックスを振ると3つの部分、
皮のハスク、実のグリッツ、細かな粉のフラワー
に分かれて出てくるんですね。
で、この割合がウイスキーの品質にすごく大事!とか。

P1050889

フラワーが多いと麦汁を生成する際に糖分を多く含み、
発酵工程で採取できるアルコールが増えるが、
ハスクの間で目詰まりを起こして、仕込がうまくできない。

逆にハスクが多すぎると、濾過できずに
にごった麦汁になり、また糖分も少なくなってしまう。

この絶妙なバランスが求められるのだけど、
一般的にハスク:グリッツ:フラワー=2:7:1
といわれているそうで。

だけど、やっぱり大麦は自然のもの。
品種や収穫年度、季節によって砕けやすさに違いがあって、
その麦その麦で割合を微調整していくのだとか。

●糖化工程(マッシング)

さて、その上には糖化槽(マッシュタン)で、
糖化工程に入っていきます。
麦の香りが漂ってきますね・・いい感じです。

温水の入った糖化槽に先ほどのグリストを投入。
マッシングマシンでよくかき混ぜて、糖分を抽出。

P1050899

全部で1日に3回、温水を投入し、
それぞれ量・温度が異なるんですね。

1回目:1,700ℓ、64℃。投入後約30分で
デンプンが麦芽自身が持つ糖化酵素により、糖に分解。
そして先ほどのハスクが底面に沈殿し、
糖を含んだ甘い麦汁(ウォート)が濾過されていきます。

その濾過を制御するレバーの操作も
単純ながら結構難しいんだとか!

その後、20℃になるまで1時間半~2時間かけて
ゆっくりと冷却し、発酵槽(ウォッシュバック)へ。

1回目で約1,000ℓのウォートが取れるそうです。

2回目:1,000ℓ、76℃。2回目はマッシング、
とは呼ばす、スパージングといいます。

上から先ほどよりも熱い湯をかけて、
先ほど残っていたウォートをさらに押し出して
無駄なくウォートを取り出します。

ここでもまた20℃まで冷却して、発酵槽へ。
2回目でもまた1,000ℓのウォートが取り出せます。

3回目:1,300ℓ、96℃。3回目は発酵には使わず、
糖化槽に残ったわずかな糖分を回収し、
次の1回目投入の湯にします。
糖分のお残しは許しまへんで!
忍たま乱太郎の食堂のおばちゃん風に!)
残った搾りかすは、牛の飼料に。

・・・ちょっと長くなってきたので、
いったん切ります。次は、気桶発酵槽での発酵工程。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父に着く。

・・・ずいぶんと経ってしまいましたが、
6/30にお休みを頂き、イチローズモルトで有名な、
ベンチャーウイスキー・秩父蒸留所
行ってまいりました。

社員数名で運営されているため、
大手のような気軽な感じでは見学できず、
事前にしっかりと予約と人数が必要なんですね。

行ける時がくるのかな・・と思ってましたが、
Kaoriさんからのお誘いが。さすがです。

秩父へは、わたしひとり別ルートから。
だって、立川からわざわざ池袋までいくのってねぇ。

ということで、拝島から八高線、そして東飯能で
乗り換え、というルートで西武秩父。

意外と時間がかからず、でもすっかり旅気分で、
いやいや、いいところです。

早めに行って何か食べよう、という魂胆。
おっと、早速名物発見。

P1050843

飲み物は無料でミントティーが頂けます。
すーっとして、飲み心地いいです。

P1050846

まずは、名物その一。ミニわらじカツ丼。
いろいろ食べようということで、小サイズ。

P1050851

わらじとんかつといえば、名古屋の矢場とんですが、
ここにもわらじが、あったんですねぇ。

そしていわゆる普通のカツ丼ではなく、
ソースカツ丼。ソースの染み具合が絶妙で美味。

名物その二。みそポテト。

P1050852

ふかしたジャガイモを衣を付けて揚げ、
甘味噌でいただきます。

カロリー的にはアレですが、
甘みその甘さがなかなかよくって、
ついアルコールを頼みそうに・・いかんいかん。

もう1点は、野菜の天ぷら。
外の看板で、今日の秩父産野菜に「舞茸」があって、
ぜひとも食しておきたかったのです。

P1050856

うひょ。地元のお野菜ですよ。
久しぶりに天つゆで天ぷらをいただきました。
うまいっ!

P1050854

けっこう満腹でした。ご馳走さまでした。

お店を出て気づいた看板。
どう見ても・・・Aラソチでしょう!

P1050855

待ち合わせまで、まだ30分も。
ベンチで座って待ってると、うとうとしてしまう、
いいお天気ですね・・・

P1050860

さて、いよいよ秩父蒸留所に向かいますよっ!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

買い出し。

3連休。blogを書く以外は特に予定がないので・・・
ちょっと遠出して、柏まで量り売りの
宮城峡12年を買いだしに。

5月に柏工場を訪れた際に、ジャスコ柏に
寄ってって、うわさの量り売りを買って帰って、
余市も美味しいけど、宮城峡が特に美味しくってね。

普通の宮城峡12年とは異なるヴァッティングで
シェリー主体とあって、ぜんぜん別物。

今回500ml瓶2つに詰めて、約918ml。
これで合計4,565円ナリ。

オフィシャルボトルの宮城峡12年の容量である
700ml換算にすると、約3,500円。

オフィシャル宮城峡12年が、アサヒショップで
約7,300円
、実勢価格でも6,000円前後と
考えると、とんでもなく安いのだ。

立川⇔柏の往復運賃が2,100円なんだけど、
それを足しても5,600円と実勢価格と同じか
ちょい安、くらいの感覚。

また、減ったら買いだしに行くつもり。
てかもっと、いろんなところでやってよっ!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好奇心は止まりません!

さーって、いつものように書きまくってこう!

●これって・・ペイパブ?(らばQ

VAIO Pの記事なんだけどさ。
いや、いいPCとは思うよ、思うんだけどね・・

レビューというか、すっげーペイパブ感があるのよ。
ペイパブとは、paid publicityの略で、
有料記事のこと。つまりは、広告の一種なんですな。

なんかいいトコしか書いてないし、
制限事項は小さく米印で付記してあるだけだし。

らばQってそゆのもするんだ・・と思った次第。

●WiMAXの未来。(Cnet Japan

ワイヤレスジャパン、毎年毎年平日で
困ってんですよね・・これ、土曜も開催なら、
間違いなく行っている展示会です。

UQ社長の基調講演の記事。

世界標準ということは、将来WiMAX搭載PCを
海外に持っていっても、手軽につながるように
なってほしいなーっと。無論定額で。

速度は下り30Mbps、上り7.5Mbpsが当面の目標。
でも、今のLOOX Uのモジュールは、
Intel WiMAX/WiFi Link 5150。
下り最大13Mbps、上りが最大3Mbpsってわけで・・・

なかなか入手困難みたいだけど、6250でも
下り最大20Mbps、上り最大6Mbpsということで、
実効速度に影響があるのかどうかは「?」かな。

それより、今年のCEATECでWiMAX 2のデモが
行われるってのに興味津々。

WiMAX 2は、下り330Mbps、上り112Mbpsとか。
実際内蔵PCに入るモジュールはちょっと性能が
低かったとしても、もう十分かと。楽しみ。

●うーん、うーん。(イザ!

ハマる人は猛烈にハマるらしい「ラブプラス+」。

なんと、1人で泊まっても、
2人分の布団を敷いてくれたり、
夕食も2人分用意してくれたりとか・・・

もちろん、これはゲーム内のキャラと「同伴」
という意味で、2人分なんだけどさ。

しかもこれ、問い合わせ殺到、
利用者急増だとか。

むー・・・なんともコメントに困る・・

●ムチャな車優先はやめてほしい!
 (たべちゃんの旅行記

高速2,000円で乗り放題、まだする気らしい。
たまたまお前は車乗らないからそういうんだろ、
と思われるかもしれないけど、環境問題のこともあるし、
もっと公共交通機関を使うべきだと思うんだけど。

●これ!メッチャ欲しい!今すぐ商品化を!
 (GIZMODO JAPAN

縄跳びするだけでeneloopを急速充電!
まだまだコンセプトモデルらしいけど、こりゃいい。

満充電までは平均して20分間は
跳び続けることが必要、とのことですが、
この20分を、「20分も」と捉えるか、
「たった20分」と捉えるかは・・

個人的には「たった20分」派。
ン時間かなと思っていました。
これくらいなら、なんとかなりそうな気がします。

冬なら体を温めるのにちょうどいいし、
夏は・・・汗が噴き出しそうだな(笑)

ホントに旅先で電池が切れると、
困りますからねぇ。ケータイやデジカメの
電池切れはこれでなくなる?

●誰がためにブログを書く?(blogs.com

これはまったくもって賛同。
別に自己中心的な意味ではなく、ブログって、
自分のために書くもの。まずはそこ。

ブログ暦10年かぁ・・・わたしはちょうど6年半くらい。
長く続いているひとは、やっぱりこういうスタンスで
書いてる人じゃないかなぁ。

●子供のためになるんだろうか?
Infoseekニュース

状況は理解します。

生活保護を受けてられるということは、
生活に余裕はないわけでしょうし、
そのなかから子供にゲームソフトを買い与えてる、
ってことは、かなり切り詰めてられるのでしょう。

だけど、だからって未成年はゲームを無料にしろとか、
著作権無視のマジコンを合法化しろとか、
あまりに自分のことだけを考えてますよね。

そんな状態になったら、ゲーム業界はジリ貧。
そしてゲームがなくなるでしょう。

それでもいい?むしろ、子供が仲間はずれに
ならないから?

でも、ゲームではない何かが
その代替になるでしょうね。

たしかにこの時期の子供たちの世界で、
持ってるべきものを持っていないということで、
一種の村八分的な立場に追いやられるのも、
想像には難くないが・・・

「ゲームを作っている人のお金稼ぎと、
 多くの子供たちの未来とどちらを優先すべきか」

なんて、あたしと仕事のどっちが大事なの!
といって困らせる女と大差ない気がする。

●歩くタバコ。(風雲!コネタ城

たしかにタバコが歩いてる!
歩くタバコのお化けを狩るってこと?

ゴーストバスターズ!古っ!

●カツオの乱獲?(イザ!

クロマグロの漁獲規制か?というニュースは
記憶に新しいが、中国がカツオを捕りまくってるらしい。

まだ乱獲状態にないとの認識らしいが、
こういうものこそ、先手を打って対策に乗り出す
ことが必要なんじゃないか?

困ってからの、対処療法じゃダメだ。

●から揚げイベント。(東京ウォーカー

ほほ、面白そうですな。
から揚げもイベントになるもんなんですね。

鶏好きなので、気になりますね。
確かに、お店によって味付けが結構違いますね。

から揚げを食べ比べって、珍しい。
ぜひ、都合つけて行ってみたいものです。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おかいもの。

ここ数日で買ったもの。

●西立川開業80周年記念入場券。

一応最寄り駅は立川なのですが、西立川にも
近いわたし。7/16には西立川駅から乗車して、
記念入場券を買ってきました。

P1060320

開業日が1930年7月16日。朝7時から売り出し開始。
意外と並んでいて、会社に間に合うかな?
と思いましたが、なんとか大丈夫でした。

昔っぽいきっぷですね。ついでに
もうすぐ引退らしい前面オレンジ色の中央線車両の
キーカバーも買ってしまいました。

P1060314

・・また、はっちさんに鉄とか言われんのかな(笑)
あくまで中央線って土地柄と立川Loveなだけですからね。

●POLA aroma ess.

POLAのWebでしか買えないと思ってたんだけど、
4年ほど前からちょくちょく行っている
万葉倶楽部@横浜みなとみらいで
売っているのをはっけーん♪

P1060305

そろそろ、半分を切ってきたなーと思ってたので、
忘れないうちに買っておきました。

香りもいい感じなだけでなく、
ボトルのデザインも、しゃれています。

万葉倶楽部だけではないですが、最近また
岩盤浴でさっぱりしたい時が多く、
また訪れる頻度が上がってます。

温泉で温めた後で、岩盤浴でどばーっと、
汗をかいた後の快感はやっぱりいいわぁ・・・

●とろとろスライム。

事前に知ってたんだけど、意外と売ってるトコ
少ないなーと思ってたんだけど。

とあるコンビニで見つけ。

P1060309

スライムにしてもスライムベスにしても、
とろんとした味ですね。
が、別に何度も買いたくなる感じではない・・・

むしろ、スライム好きとしてボトルが欲しかった
だけだったりする・・・爆。

スライムのホイミサイダー味に「非炭酸」って
かくのはまぁいいとして、メラトロピカル味に
「非炭酸」ってどういうこと?

空き瓶を洗って、花でも挿しておくと
オモシロイかも。頭に花咲くスライム(笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iida・LIGHTPOOL発表会。

iidaの新端末発表会があるというので、
一応行ってみました。

一応・・というのは、当日のニュースで
折りたたみ端末ということを知ってしまっていたから。

LIGHTPOOL。三角形が並んで
イルミネーションチックに点灯する仕掛け。

P1060278

黒の三角形のほうが微妙に「和」を感じ、
選ぶなら、一番好きかもしれない。

こんな風に点灯します。点灯パターンは60種類。
毎時0分に光で数字を作る「時報モード」も。

P1060281

動画でもどうぞ。

機能的には東芝・TS003から防水機能をとって、
内蔵するサウンドなんか違う感じ・・・
ということであまり目新しいのはない気がする。

個人的にあまり折りたたみが好みでない、
ってのと、イルミネーションはともかくとして、
サウンドにこだわられても、基本OFFにする人だし・・・

iidaで防水だったらすごいかな、って思うけどね。
とりあえず、G9で自分に必要な機能で
LIGHTPOOLに備わってるのはないしなぁ。

ということで、今回もパス。

だけど、iidaブランドの周辺器には興味。
こういう風に設置するかどうかは別として、
ACアダプタ周りにも遊び心のある
デザイン視点を取り込んでるのは、好感をもてますね。

P1060295

これ、ちょっと買っちゃうかも。
こういうクリームを挟んだクッキーとかありそう。

ACアダプタのコードは白だったら、
生クリーム、茶だったらチョコクリーム、
ピンクだったら、ストロベリークリーム!?

P1060296

コンセプトモデルも。水滴をイメージしてんだろな。
いっぱいつけるとアレだけど、既存機種でも、
どこかさりげなくつけてあると、主張しすぎず、
かつ、ちょっとデザイン的なアクセントになる気がするね。

P1060284

ぎゃー。やりすぎ!

P1060286

もうひとつ、なぜか植物がいっぱいあった
コーナーがあるんだけど、アレ何か分からず・・・
行った時間が遅かったので、結局???

終了時間間近になると、ちょっとずつ小分けにして
持って帰ってましたが、枯らせる自信満々(爆)
なので、遠慮させていただきました・・

次はデザイン的にグッとくる、
防水ケータイを期待します!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだまだっ。いい感じだ。

さーて、まだまだ続けます。
ほぼ日刊ペース、どこまで続くのかなー。

●日々のイライラが激減…そうなのかぁ。
 (idea * idea

ATOKにしたほうがいいとは思うんだけどね・・
なかなか思い切りが出ないというか。

そんなに高いもんではないんだけど、
わざわざ入れる?的な感覚からどうも抜け出せない。

昔は使ってたんだけどね・・そして
あの時分でも、ATOKのほうが賢かったよな。
そして、MS-IMEはいつも馬鹿・・みたいな(泣)

やっぱ・・またATOKにしようかな。

●さすがに20万は手が出んわー!
PC Watch

気になってはいるが、なかなか手が出ない・・
ツナガリということで、Scansnap。

紙の資料をどんどんPDF化ってのは、
ビジネスシーンだけじゃなく、
プライベートでもかなり使えると思うんだよね。

で、製造元のPFUが創業50周年ということで、
本社のある石川県の漆塗りにちなみ、
漆塗り筐体の限定モデルが!

写真見て、おっすげー・・と思って、
価格に目をやると、なんと下位機で20万、
上位機で30万・・むりむり。

でも、江戸時代の大名家にありそうな、
Scansnapだったりはしますね(笑)

●大人になってやるミニ四駆。
Infoseekニュース

これまた、ミニ四駆とは懐かしい響き・・・
かつてはまりましたねぇ。

まさにちょうど、第一次ミニ四駆ブームの頃に
めっちゃはまったクチです。

グレードアップに勤しみ、いかに友達を出し抜くか。
グレードアップパーツの何に投資するかの判断(大げさ)も
結構な重要なポイントだったりしてね。
# そんなお金があるわけないからさ。

|08年に新橋にオープンした「タミヤプラモデル
|ファクトリー新橋店」の大型サーキットには、
|仕事を終えたスーツ姿のサラリーマンたちが集い

って、これすごいな。まぁ世代的にそうなんだろうけど、
世の中変わってくな、という感じ。

|「技術」に触れている時の高揚感

ってのは、年齢に関係なく楽しいよね。

●その批判のしかたはないだろう。
 (Infoseekニュース

宮崎駿が、iPadを批判してるとかで
ネットでにぎわってる様子。

どっちかというと、自分もあんまり魅力的には
映らないなぁとは思ってるんだけど、
なんか、思い込みや価値観の押し付け、
それに激しい感情論・感覚論は、非常に見苦しい。

ま、このひとに振った時点で答え見えてんじゃないの?
という見方もありますがね。

なんでiPadのよさがわかんないの、バッカじゃないの!
という見苦しさと同じくらい、自分が魅力的でない何かを
感情のままにこき下ろすのも、また見苦しい。

デバイスに使われちゃってんじゃないの?
という問題提起はいいのにねぇ。表現がまずいと、
ここまで不快になるものか。
何度も書いてるけど、極論に正解はない、
ということだと思うのです。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつてないペース。

…で、更新しています。7/8はお休みしましたが、
6/12からほぼ日刊状態。

過去を振り返ってみても、ここまで
毎日更新しているのは珍しいです。

とはいいつつ、予約更新を使ってたりは
するのですがね。

ということで、気になった記事のまとめを。

●メールで使いたい“武士語”。(イザ!

メールでそもそも使いたいってのが、
よく分かりませんがね・・

ただ、出陣とか使っちゃうかも。
あと、敵陣に切り込むとか。

・・・やっぱ、戦国好きは隠せない?

●英語公用語化。(ガジェット通信

そう、なんだか抱いてしまう違和感というか、
なんだかなーというのは、ここに集約されるんでしょうね。

ウチでも英語はしゃべれるけど、シゴトに
対する心構えはどうなんだ?ってのいますからね。

英語くらいできなくっちゃ、というのはあるけど、
逆を言えば、英語ができるくらいで有能って
わけでもないわけでして・・・

無論、英語がからっきしでシゴトの何たるかを
わかっていても、これからはね・・というのも分かる。

英語もできて、シゴトがホントにできるひとが
おもいっきり高く評価されてもいいと思うけど、
こういう流れの中で、

|“仕事はできるが英語はできない”という人間よりも
|“仕事はできないが英語ができる”という人間が
|高い格付けを得る

っていうのだけは、避けないといけないよねぇ。
ことばを操る能力とシゴト力って、本質的に別だもの。

●なんだ、それ。
走れ!プロジェクトマネージャー!

そうなんでしょうかね・・・同意しかねます。
最近ではプライベートでも名刺を頂いたり、
お渡しすることもありますけど、電子書籍が普及しても、
たぶん紙の本が消えはしないように、
現物としての名刺は、なくならない気がします。

もちろん、デジモノは好きですが、
所有感というアナログ感覚は大切にしたいと思います。

デジモノだって・・そのものの所有感って
やっぱり大事だと思うしね。

●智謀の将・源義経。(永井千佳の音楽ブログ

あまり源平合戦にフォーカスして歴史ネタを
考えることはなかったのですが、
一ノ谷・屋島・壇ノ浦と実に用意周到に作戦が
練られていたんですねぇ・・てっきり勢い先行の
武将かと思っていました。

ただ、その義経も、頼朝の裏切りまでは
想定できなかったのかな、あな、かなしや。

●石垣島ラー油味。(ガジェット通信

ラー油が最近すごく話題ですが、
未だに食したことがないんですよね・・・

入手困難という石垣島ラー油がポテチに新登場。
これでちょっとどんなもんか体験したつもりになりますか。

|「ビールなどに合う味かと思います」
|(カルビー)というコメント

ってことは、またハイボールの出番か・・(笑)

●実用性はないんだが・・だが・・
西川和久の不定期コラム

別に七色に光る意味ないんじゃない?
といわれれば、そうなんだけどむやみに気にさせる・・
キーが七色に光るキーボード。

いかん、どうもこういうのに興味が出て
仕方がない(笑)

●前年同月比割れ=減速なのか?
 (yucasee media

2年以上も前年同月比でプラスで成長してきた
王将がついにストップが掛かったとか。

だけど、そもそもこんなに伸びて伸びて・・
というのがちょっと変だったんじゃない?
ということと、その1ヶ月だけで判断していいの?
というところに疑問点があり・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高尾グルメ。

滝山城を歩いた後、バスで八王子駅に到着。
お腹が空くので・・どうしよっかな?

そうだ、だいさんオススメの八王子ラーメンでも行くか!
ということで、高尾駅まで行ったのですがね・・・

なんと、お昼3時までの営業ということで
ものの見事に閉まってました。うぐぅ。

で、どうしようかと高尾駅まで戻ってきた際に、
目に付いたのが、エキナカにあるIchigendoさん

P1060243

|地元八王子で製造した、無添加の天然酵母を
|使用したパンやもっちりとした食感の米粉パンなどを
|販売するカフェスタイルのナチュラルフードショップ

とのことですが、イートインコーナーもあり、
こちらで薬膳豚角煮カレーを頂きました。

でこちら。角煮・・ですが、味付けは非常に
マイルドで豚肉の旨味をシッカリ引き立てる味付け。

P1060239

カレールーは別々に出てきます。
この中には、お豆さんがたくさん♪

P1060238

で、少しずつ掛けちゃいます。薬膳というだけあり、
スパイス感とコクが詰まった美味しいカレー。

P1060241

個人的にひっじょーに好みでありました。
高尾くらいだったら、立川から食べに行ってもいいかも?
ただ、980円といい値がするんですけど・・・

他にも、いろいろ健康によさそうな食品を
いろいろ買えます。わたしはこのポン酢を頂きました。

P1060273

鰤をさっと湯通ししてポン酢でさっぱり・・
美味しいですね・・・

この日はラーメンにはありつけませんでしたが、
でも美味しいお店を見つけられたのは
よかったですね。憶えておきたいお店です。

で・・・そもそもはやっぱりラーメンを食べに
高尾まで行ったわけで、食べられないままでいいんか!
ということで翌日の日曜日、リベンジ!

醤油らぁめん専門店・香味屋さん。
以前の人気店が屋号を変えて、最近再出発したのだとか。

P1060267

お昼頃・・・ということもあり、
かなりお客さんでにぎわっていました。
わたしはタイミングよくスッと入れましたが、
お待ちになっている方々もいたりして。

で、待望のラーメン。ネギらぁめん700円。

P1060265

醤油ラーメン専門店というだけあり、
醤油が本来持つ香ばしさや、豊かなコクが素晴らしいです。
あきる野市で醸造されているキッコーゴ醤油
使われているようですね。

ネギ好きなので、ネギらぁめんを頂きましたが、
そのネギもシャキシャキ感とネギの辛味がしっかり、
八王子ラーメン特有の刻みたまねぎも、甘みたっぷり。
また、シンプルなスープには細麺がよく合いますね。

すごく素材のうまみを活かしたいいラーメン。
まさにsimple is bestって感じです。
どっかのblogのタイトルになっちゃいましたが・・・

午前11時から午後3時までの営業なので、
休みの日にしか食べられませんが、
これまた久し振りにいいラーメンにありつけました。
だいさん、ご紹介ありがとうございました。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (8) | トラックバック (0)

滝山城・・もっとも近い城址。

すっかり、最近は城廻もしておりませんが、
ちょっと運動がてらにどこかに行こうかな・・・
と探していると、あら。滝山城がこんなに近いとは。

滝山城といえば、北条氏照の居城にして、
かの信玄公の猛攻にも耐えた、戦国きっての名城。

土曜日のお昼過ぎあたりから、バスに乗って、
拝島橋の手前で下車し、滝山城を歩いてきました。
しめてその距離約5kmですが、山道なので、
アップダウンが結構あり、歩き応えがありました。

まずは昭島市のマンホール。近いと旅してる
感覚がなくって、今まで撮ったことありませんでした。

P1060122

途中、少年野球の大会が開かれている
滝が原運動場を抜けていきます。

向日葵。夏ですね~。

P1060124

みてください、この風景。
とてもこの場所の住所が「東京都」で始まるとは
思えない景色が広がっています。

P1060126

いよいよ城山に入っていきます。

P1060128

一応、道は整備されていますが、
土塁などの保存状況はかなり良いほうですね。

P1060133

かなり苔むしてますが・・いつの時代の石垣でしょうか。
信玄と氏照が闘ったころには、石垣はない気がする・・

P1060134

ちょうど裏手から入った格好になり、
いきなり本丸に到着。

P1060141

信玄・謙信両雄の猛攻を耐えた名城。
そのいわれが刻んであります。

P1060143

本丸には霞神社。

P1060145

井戸跡。小枝を投げ入れてみると、
そこそこの深さがあるように思えました。

P1060146

本丸と中の丸をつなぐ橋。
橋がそのまま残っているわけじゃないですが、
往時もこうした橋で繋がっていたとか。

P1060147

滝山荘・中の丸ってなんだ?

P1060153

地図を見てみると、昔はこの中の丸跡に、
滝山荘という国民宿舎があったんですね・・・
2000年に廃止されてしまったようですが。

P1060154

当時の地図。かなり空堀が多く配されていて、
典型的な山城になってますね。

P1060156

滝山荘跡。閉鎖されてるのに建物はそのまま・・・
いいんでしょうかね。誰も困りはしない気もしますが。

P1060159

わずか10年ですが、廃墟っぷりは
結構醸し出しています。

P1060161

見晴らしはいいんだけどなぁ。

P1060163

先ほど下から眺めた橋。

P1060164

やはり、城らしく虎口になってますね。

P1060167

なにより驚いたのが、二の丸周辺の空堀跡。
この空堀の保存状態はすごくよく、
戦国期の山城の雰囲気を肌で感じることができます。

P1060172

今じゃ木々が生い茂ってますが、
これだけ大規模な空堀があると、さぞや侵攻が
難しかったことでしょうね。

P1060186

歴史に興味ない人にとっては、なんだっけこれ・・
という感じかもしれませんが、貴重な歴史的遺産なんです!

P1060185

三の丸周辺は竹林になっていて、
あたりとちょっと違った雰囲気でした。

P1060219

どうしても竹林を目にすると、
京都・嵯峨野の竹林を思い出してしまうのですが・・・

P1060230

最近、見つけたら必ず撮ってしまう、
キノコ。もちろん毒でしょうけど・・・

P1060227

非常に残念なものも見つけてしまいました。
あぁ・・・

P1060228

やっぱり、コッチが入り口(正面)なんですね。
ま、いいか。

P1060236

運動にもなったし、北条流築城術を垣間見れたし、
近場の散歩としては、いい感じでした。

この後は、少し電車に乗って高尾グルメに。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (3) | トラックバック (0)

これこそ、真のジンジャーエール!

さて、グルメネタが続きますが・・・

今度はオレンジスカイさんRittyさんの記事で
気になった紀州産生姜をふんだんにつかった、
「生姜丸絞り 和歌山ジンジャーエール」。

実は和歌山って、生姜の産地なんですね・・・
ちっとも知りませんでした。

通販できるんだと知り、さっそく
箱買いしてしまいました。

P1060249

オレンジスカイさんやRittyさんがオススメなら、
間違いないはずっ。

まずは単独で頂いてみます。
これが・・・すごいんですよ。
かわいらしいパッケージとは裏腹に、
辛味が凝縮されてて、ザ・生姜って感じ!

おもわず、伊勢の名物・生姜板を
イメージしてしまいました。

P1060250

「生姜」なら薬味というイメージがあるのに、
ジンジャーエールになったとたんに、
そのイメージが消え去ることが多いのですが・・・

が!これは違う。モロ生姜。生姜そのものを
飲み干す感じさえします。
なのに、繊維は全て漉されていて、
さらっとした飲み心地は拍手モノですよ。

で、お次はジンジャーハイボール。
相性がいいであろう、白州をこちらで割ってみます。

全然ウイスキーに負けずに生姜感、辛味が
活きていますね。やはり爽快さや新緑の雰囲気など、
植物的な印象のある白州との相性はバッチリ!

生姜って、体を温める効果があって、
女性には人気の食材ですが、ついつい冷たいものや
エアコンで体を冷やしがちな夏なので、
ハイボールにして、生姜を摂っていきたいですね。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (7) | トラックバック (0)

揚げないケンタッキーフライドチキン!?

ケンタッキーフライドチキン。
揚げてるからこそ、”fried”なわけなんですが・・・

GIGAZINEで、次世代KFC店舗現る!
という情報を聞きつけ、開店ほやほやの
「渋谷公園通り店」まで食べに行ってきました。

ここの主力こそ、揚げないチキン、
オーブンローストチキンが食べられるお店なのです。

というのも、こないだ「手づくりメガネ」を
つくるメガネ教室を主催されている
eyeware MEBIUSさんの近くでしてね。

ちょっとフレームが緩んできたなぁ・・
と思ってメンテに行きたかったんですよ。

そのついでに・・・ということで、
伺ってきました。

お店の外観。雰囲気がちょっと違いますね?

P1060099

インテリアもちょっと・・これがケンタッキー?
というような居心地のいい雰囲気。
ずいぶんとおしゃれさんになったもんですね。

P1060117

こちら、キッチン・・のように見えますが、
返却台なんです!

P1060119

で、そのチキンですが。
もう、体験した?そう、チキンの新しい体験なのです。

P1060121

こちらがそのオーブンローストチキン。
お店のオーブンで焼き上げているようですよ。

P1060101

オリジナルのフライドチキンも美味しいのですが、
あれだけ食べてきたオリジナルチキンよりも、
こちらのほうが美味い!と思いました。

スパイスはホントに脇役に徹し、鶏の旨味を
十分に引き出していて、ノンフライですが、
鶏のジューシーさをピュアに楽しめる逸品。

個人的にはレモン汁なんかを振って食べると
さらに美味しくなる気がしますね。

いいなぁ・・あとここにハイボールがあれば(笑)

そのほか、セットの石窯パンももっちりしていて
美味しいパンでしたし・・・

P1060108

セットのサラダはアスパラとオクラをチョイス。
こういったファーストフード店で
オクラを食べられるのって、珍しいですよね。
オクラ好きなので、うれしかったですね。

P1060110

いやいや、期待以上に美味しかったです。

で・・・あまりに美味しかったので、
その場で食べて帰り際にまたレジに向かって、
お持ち帰りしちゃいました。

そして、白州ハイボールと・・・うぅ、美味すぎる!!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Roomba、がんばってくれてます!

さて、Roombaがきて一週間。
すごくよくがんばってくれてます。

P1060253

まだ、全部使いこなせてるわけじゃないんだけど、
朝にスタートしておけば、帰ってきたら、
掃除ができて、勝手に充電し始めてる・・・

これだけでもすごいんですけど、
どういうわけか、動いてウニウニしてるのを
見たくなっちゃって、いないときに自動で
掃除してくれるのがミソなのに、
わざと掃除を始めさせたりしてね・・・

壁や障害物に当たるかどうかを
センサーか何かで察知しているのか、当たる前に
やや減速して、ドカッ!ってぶつかることが
ないように工夫されてるみたい。

それでも、車のバンパーにあたる部分に
ゴムを貼ってあるけどね(添付品)。

ただ、けっこう音は大きいので、
夜中にはあまり使えないかもしれません、
というのと、あまり大きなゴミが落ちてないかの
確認は事前に必要かもしれませんね。

ヴァーチャルウォール×2をつかって、
コードの多いところとかに進入させないのも
カンタンです。Roombaの移動中だけ、
電源が入る仕組みなのも、いいですね。

ウチのRoombaは、スケジュールを決めておけば、
自動で掃除を始めてくれるのですが、
今のところは、使わなくてもいいかも。

いない間の掃除は自分で充電ドックに入りますが、
在宅時にもういいやというときも、
リモコンひとつで、充電ドックに自分から
入りに行かせられるのも、すごいっ。

もちろん、掃除の内容もバッチリ。
下手に人間がするよりもキレイにできています。
ただし、床は定期的に水拭き・から拭きを
したほうがよさそうです。

お値段は、結構張りましたが、
それに見合うシゴトはしてくれそうです。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東急東横線・渋谷駅

渋谷駅にウイスキーがあふれてました。

P1060091

さすが、サントリーって感じですね。
渋谷でなく、いろいろな駅で見ますよね。

「ウイスキーが、私にやってきた」
というフレーズも、なかなかいい感じ。

ふと気づいたら、ウイスキーって、
なかなかいいんじゃないの、
と「気づいた」感じが出ているよね。

ぜんぜんウイスキー業界の人間じゃないけど、
もっと多くの人に気づいてもらいたいなぁ、
なんて、願ってます。

もちろん、願うだけじゃなく、
地道に伝道師活動も(笑)続けたいと思います。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になること、ゾクゾク。

なんか最近は、いい感じで書けてますねぇ。
こういう感じが続いて行くのいいのですけどね。

●角瓶出荷調整の英断。(All About)

なるほどね、ウイスキーってすぐにはつくれない。
将来のために、原酒ストックのバランスを
壊さないようにするため、か。

●ボトルキープねぇ・・角瓶。
 (フードリンクニュース

ま、焼酎などはグラスで頼むよりも、
ボトルで・・というのは、割と一般的だけど、
ついにハイボールも角瓶をボトルで頼む時代。

場所によっては、これうっすいな!
というのもあるので、お好みの濃さにできるのはいいかも。

ま、わたしは濃ゆい目につくっちゃいますけどね(笑)

●有田焼カレー・ニューデザイン。
 (焼きカレーに情熱を注ぐアンティロミィstaffの休憩所)

デザインが変わるたびに購入しているのですが、
また2010年のデザインの器ができたとか。

最近、アンティロミィも行ってないなー。
また、行かなくっちゃね。

●街中にマリオが出現!(IDEA*IDEA

ブロックにマリオの画面が出現!
これどうやってつくったんだろう・・・よくできてます。
土管くぐった地下が真下に出てくるのとか。
四角い画面の中じゃなく、先のほうまで見えてるのが
なかなか不思議な感覚です。

Super Mario Bros. from Surfap on Vimeo.

●油で揚げないですとー!(GIGAZINE

すごいです。ケンタッキー「フライド」チキンが
揚げないチキンを出すんだそうです。

で、お店の感じもちょっといままでとは違った
落ち着いた感じのインテリア。世界で第一号。

チキンのレビューはこちら

いいですね!かなり美味しそう。
チキン好きなので、ちょっと試しておきたいですね。

●無煙たばこ、害はやっぱりある?
 (イザ!)

煙が出ないたばこってあるんですね。へぇ。
呼気からは、やはり有害物質は出るのですねぇ。

それはそれであまり喜ばしくはないのだけど、
ニオイはどうなんでしょ、ニオイ。

アレがやっぱりニガテなので、
それがないだけでもマシ・・・な気はします。

●広島城天守は自壊した?(Infoseekニュース

てっきりあの原爆の爆風で倒壊したとばかり思ってたが、
このニュースによれば、

|爆風などが下層部分を損傷させたため、
|建物自体の重さにより崩落

ってことなので、ある一定の時間は原爆投下後も
その姿を保ってたんだろうか?

気になるな・・・広島まで、企画展見に行くか(笑)

●効果音までヴァイオリンで!
 (ガジェット通信

ドラクエIの音楽をヴァイオリンで・・FCの画面とともに。
もちろん、ヴァイオリンで弾ききるだけでも
すごいんだけども、コマンドの音とか、
扉が開くと音とか、壁にぶつかってドンドンドン、
階段をザッザッザッ…ってとこまで再現!

●妙にオシャレな外付けHDD?
 (japan.internet.com

あまり外付けHDDって使わなくなったよなぁ、
と思いつつも、なんだかそれでもほしくなるデザイン。

Contenthand_bg2

果たしてここで日本からでも買えるのだろうか?

どうでもいいけど、武田菱みたいなマークは
いったいどういう意味だ・・!?

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジッとした記事。

気になる記事・・なんだけど、
たまたまデジモノの話が続いてるので、
それだけまとめてみましたよ。

●更に上を行くViliv N5、388g。
 (ITmedia +D PC User)

わたしが持っているLOOX Uも軽いですが、
韓国Viliv製のUMPC、Viliv N5は更に軽い388g。

以前はOQOなど、もっと小さいのもありましたが、
海外製のUMPCって、Netbookブームで、
すっかりかき消された感があって・・
でも、こうしてまだ残ってるのはうれしいですね。

Windows 7 Starter搭載や解像度が1024*600って、
ところはあまり自分としては、マイナスにならんかなー。
手書き入力も結局しないし、4.8型液晶なら、
このくらいの解像度でギリギリ使える範囲だろう。

液晶が開く角度が140度ってのは、持ち上げて
使うスタイルを考えると、ちょっと物足りないかも?

あと、ボディがちょっと厚めに見えるな。
ま、172*86.5*25.5というサイズだから、
相対的にそう見えるだけだと思うけど。
これだったら、確かにポケットにすっぽり入る。

で、バッテリ稼働時間も公称最大約6時間と、
かなり実用的な値を出してきている。

キーボードが個性的っぽいけど、なんとか慣れで
カバーできるレベルかな、という印象だけど、
こればっかりは、実際に触ってみないと分からない。

ポインティングデバイスは、VAIO Uのような
センサー式のようだけど、場所は見なくても
指の触感でつかめそう。

だけど、左右ボタンがキーボードの一部、
ということで、ちょっとボタンが下に下がり、
違和感はないのかな、という気も。

USB 2.0×1とmicroSDスロットは微妙。
W100もそうだったけど。
有線LANがないのも、同じ。こりゃ仕方ないか。

何気にWiMAXや3Gが内蔵されてない、
ってのが痛いね。内臓になれちゃうと、
このクラスのミニPCの使い勝手が大きく殺がれる。

せめてWiMAXがあればねぇ。コンパクトさだけは
他の競合モデルに引けをとらないだけに
残念なポイント。

●Acerが繰り出すiPad対抗機。
 (GIZMODO JAPAN)

|むき出しのQWERTYキーボードを
|本体デザインにお洒落に採用

って、ところが気になりますね。
iPadやW100のようなソフトキーボードもいいんですが、
やっぱり入力性としては、キーボードが
あったほうが安心感はありますからね。

OSもAndroidということで、操作のキビキビ感や
バッテリ稼働時間の面でもよさげな気がします。

●まだそこまで困ってはいないが・・・
 (マイコミジャーナル)

どのWindowsでも必ずある起動高速化ソフト。
どれを停止していいかよくわかんなかったりするんだけど、
起動状況をチェックし、どのアプリを停止するか、
遅延させるか・・・などが選びやすくなってそう。

ま、これでどこまで早くなるかってのが
ポイントなんですけどね。

そういや、Windows 8(仮称?)は、
超速起動になるってもっぱらのウワサですよね。

もうとにかく、Windowsには早く起動することを
第一優先に考えて欲しいですね。

●ePrint、e発想。(山田祥平のRe:config.sys)

すいません、駄洒落で始めてしまいました・・・
いや、メール経由でのプリントアウトって、
すごく便利だな、って思うんですよ。

プリンタって実は持ってないんですよね。
以前なら、年賀状の印刷用に持ってはいましたが、
まぁ・・日ごろの使わないこと、使わないこと。

ということで、下取りに出したっきり、
すっかり買う気が失せているのです。

確かに上海に出かけたときのホテル情報とか、
クーポンの類など、印刷が必要なときもありますが、
そういう時はネットカフェ・・ってパターン。

そのために、ネットカフェまで出向く
面倒さはあるんですが。

これ、メールさえ送ればコンビニとかで
印刷ができたりしないかな?
セキュリティ確保は必要だけどね。

ビジネスでも出張先のプリンタにメールを
送ればいいわけだし、こちらでも活躍しそう。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ISSAでゆっくり。

秋葉原でW100を見た後は、チョットゆっくりしたいな、
ということで、この辺に行くとよく行くISSAへ。

以前、このあたりで働いていたときには、
けっこうよく行っていたんですよね。

ちょっと気になる食べものもあったのですが、
そんなにお腹が空くような時間ではなかったので、
ドリンクだけをオーダーしました。

ISSAのドリンクといえば、
ごま+はちみつ+豆乳の「ごまはち」ですが、
この日はメープル+豆乳の「ピュアメープル」。

P1060071

メープル風味のものって、けっこうかすかに、
とか、いわれてみれば的な感じだったりしますが、
これはかなりダイレクトに、メープルの甘みが主張。

逆に甘いものがニガテだと、ちょっと甘いな!
と思うかもしれませんね。わたしはメープル好きなので
大満足ですけどね(笑)

この日は、比較的お客さんも少なめで、
LOOX Uでネットサーフィンをしながら、
かなりゆっくりできましたよ。

確か、言えばコンセントも使わせてくれたはず・・・

P1060070

とても秋葉原・・とは思えない感じで、
いろんな意味での暑苦しさ(笑)から、
逃れたい方には、なかなかよいのでは・・と。

詳細は冒頭のリンク先をごらんあれ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2画面ミニPCにいち早く触れる!

さて、土曜日。この日は久し振りに秋葉原へ。

なかなかの意欲作だな、と思っていた
東芝のLibretto・W100が展示されている、
週刊アスキーの読者感謝祭、
週アスLive!にいってきましたよ。

どことなくネーミングがWhisky Magazine Live!
を彷彿とさせるのは・・気のせいでしょう(笑)

P1060067

トークセッションとかもいろいろあるのですが、
めっちゃ並んでるのと、それが目的ではないのでパス。
W100に猛突進します(笑)

他の展示ではほとんど並んでませんが、
W100だけは、3台の展示に各2~3名が並んでる感じ。
デジギア好きにはたまらんもんね。

こちらがそのW100。背面に排気口があります。

P1060024

ま、普通に使っていて手を触れるところではないのだけど、
けっこう熱い空気が出てきてましたね。

持参したLOOX Uと大きさ比べ。奥行きが
若干W100が長いけど、あまり気にならない感じ。
VAIO Pはちょっとデカいなと思ったけど、
コンパクトさは、同等といっていいかな。

残念ながら、台にピッチリと据え付けてあったので
持ち上げた重量感は分からなかった。

2画面は、同じ画面を逆向きして相手にも
見せるようにできたりだとか、縦長にして、
電子書籍を読むのにいいとか、
あるいは「TOSHIBA Bulletin Board」で、
いろんなもあるけど・・・

個人的には、上下をひとつの画面として
広々として使うのがいいかな。

P1060039

ちょっといただけないのは、液晶の光沢が
すご過ぎること。写真撮るときにも
反射しまくりで、外で使うときにはかなり
きになるんじゃないのかな?

画面はほぼ180度まで開くので、
持ち上げて使うのにも適していそうな感じ。

P1060041

だけど、なんだか加速度センサーによる
画面の縦横自動切換えはうまくいかなかった。なんで?

あと、写真の出し入れをするのに、
MicroSDスロットってのはツライ。
SDカードの対応はぜひ欲しいところだな・・・

2画面のもうひとつの特徴が、ソフトキーボード。
必要に応じて、下の液晶がキーボードに
変わって、入力ができるんだよね。

もうすでにレビューが出ている通り、
6種類のキー配列から選ぶことができるんだけど、
やっぱりFnキーも揃ってる「Full type」がいいな。

大きさとしては、LOOX U同様、なんとか
真ん中のキーでも押せなくはないのでね。

押したときにブルブルッと震えるのも、◎。
いわゆるキーを押下した感覚とは違うけど、
触覚的な何かがあるのとないのとは大違い。

個人的にはあまりLOOX UでもUSBを
使うシーンがないので気にはならなかったが、
1基しかないのは、気になる人は気になるだろうな。

タッチパネル関係で、細かいことだけど
こりゃすげーと思ったのが・・

小さいPCでタッチパネルだと、ウインドウの×とかが
かなり押しにくいんですけど、タイトルバーを
クリックするとこんな感じになるんです。

P1060047

すげ!押しやすい!LOOX Uで四苦八苦してたのは
なんだったんだ!いいアイデアですね~

とはいえ、ポインティングデバイスが
タッチしかないのはどうかな・・・とは思いますね。
LOOX Uを使い慣れてるせいもあるけど、
全部が全部、タッチパネルってのはどうかと。

一応、下の画面にタッチパッドを表示させて、
普通のPCのような操作もできはするが、
あまり操作性がいいとはいえないし。

最後に。かなりネックになるだろうと思われる、
バッテリの稼働時間。展示機の電源を抜いて(笑)、
Windowsの表示でどう出るか見てみました。

P1060032

うぷっ!43分って!
ある程度予想してましたが、現実にこう見ると
かなりの驚愕度合いです。モバイルでこれ?

一応「バランス」の設定なので、
「eco」にしてみると・・・

P1060034

ごっほ、ごっほ。それでも1時間持たない~
これはかなりきっついですね。
実質的にモバイルするな、という稼動時間。

ま、LOOX Uもあまり偉そうなことをいえず、
バッテリ保護モードで80%までの充電に押さえ、
なおかつ、省電力モードにするとちょうど2時間くらい。
(JEITA測定法による公称値は約4時間)

それでも、イザって時の予備バッテリをもって
まぁ、モバイルできるかなって感じなんで。
実質1時間程度ってのは、かなり厳しい気がします。

Lバッテリ(+120g)にすると、公称値4時間。
てことは、たぶんこれでLOOX Uと同等。
でも、LOOX Uは標準バッテリ(499g)で公称4時間。
Lバッテリにすると、7.8時間・・だから。

って、これPentium U5400とか載せちゃってるから
こんなに時間持たないんじゃないの?

たぶん、現行のAtom NであるPineTrailは
W100には物理的に入らないと思われるから・・

そうすると、LOOX UやVAIO Pと同じ、
かなりいまさら感があるMenlow系の
Atom Z5xxにせざるを得ないんだけどさ。

でも、かなりパッケージサイズが小さい
次のプラットフォームMoorestown(Atom Z6xx)が
もう年初にIntelから発表されてるんだけど、
ズレズレになってるっぽい?

ってことは、出したくても出せなかったのかなぁ。
東芝のノートPC事業25周年記念モデルだから、
2010年の後半じゃ、ちょっとマズイと(笑)

こう考えていくと、社内事情優先なのか
という指摘もさもありなん・・と思えてきてしまうね。

仮にIntelの事情が絡んでいるとするなら、
結局、iPadと比較してしまうと・・・

プラットフォームも自社で用意できるAppleと
Intelに依存せざるをえないそれ以外、という
東芝に限りはしないハンデが露見ってことなのかな?

ま、あまりiPadすげーすげーといわれる中で、
ちょっと冷静にならないとな、とは思いますが、
このバッテリ稼働時間には、いろいろと
考えさせられましたねぇ。

コンセプト的には決して悪くない、意欲作と
思うんだけど、ただでさえ電気食いしん坊の液晶が
2枚もあるわけで・・稼働時間の改善が肝ですね。

あとで、AtomのMoorestownバージョンがもし出たら、
どれだけ稼動時間が改善されるか見ものです。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

76周年、おめでとうございます!

さる7月2日に、ニッカウヰスキーさん
創業76周年を迎えられました。

1934年7月2日。実はニッカの創立は、
登記上の本社は東京であるにもかかわらず、
大阪・淀屋橋で行われたそうで。

株主のほとんどが大阪にいたことも関係してるようで、
ある時期まで株主総会や役員会等々は、
大阪で行われ、竹鶴政孝も三日もかけて余市から、
大阪に出向いたのだそうだ。

・・なーんていうことをこちらのblogから
引用してみる(笑)

で、創業70周年記念に合わせて開店した、
Nikka Blender's Barも開店6周年。

ということで、常連の方々が集う記念の日に、
わたしも出かけてきました。

ま、特に記念パーティ的なものがあるわけでは
ないんですが、やはりNikka Loversには特別な日、
なんですね。Blender's Barでお見かけする、
方々がいっぱいいらっしゃって。

わたしもまだ通い始めて1年半くらいですが、
すっかり常連の顔をしはじめてます(笑)

先日伺っていたように、この日は
シングルモルト余市1988 non-chillfilteredを特別に
いただけるので、まずはそれは確実にゲット。

P1050999

この日だけで、かなりなくなってました。
土曜日にはひょっとすると、なくなってるかな?

あとは、記念ツナガリということで、
70周年記念のカフェグレーン・宮城峡12年を。

P1060013

P1060015

さすがに余市や佐藤マスターブレンダーの
ブレンテッドはもうないんだけど、
とある方から、まだ×××には置いてあるよ・・
と伺いました。・・これはいかなくっちゃ!

あと、このボトルデザインがステキじゃないですか。
ラベルを貼らずに、ボトルに文字を彫って
仕上げてるんですね。サンドブラスト技法でしょう。

後で分かったことですが、この4月に社長に
就任されたニッカの中川社長も、
いらしていたようでした。

そのほか、ニッカではないですが、
駒ヶ根と軽井沢の話も。

駒ヶ根は復活する兆しが・・・という話。
それに伴って今売り出している原酒は
どうなるんだろうね、と。ヴァッティング用に
とっておいたりするなら・・早めに買っておくのが吉?

駒ヶ根って、福井一ノ関、会津のような、
ソースカツ丼が有名なんだとか。これも気になる。

軽井沢は、逆に閉めようとしてるんじゃないか…
というウワサ。いやーん、早めにこちらも
見学しなくっちゃ!

さすが、ウイスキー通が集まると、
情報の質もすごいもんがあります。さすがです。

実はこの前に、ベンチャーウイスキー・秩父蒸留所に
伺っていたのですが、写真が例によって大量というのと、
いろいろ準備に時間が掛かりそうなので、
また日を改めて・・・ということで。お楽しみに。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

届きました!その2。

実は、届いたのはソサエティのボトル、
だけではないんです。

以前から狙っていた、iRobot社のRoomba
自動で部屋中を動き回って、お掃除をしてくれる
ずぼら&すぐに外に出て遊び呆けてしまう
人間には、ある意味必須(笑)の掃除機ですね。

P1060074

以前、東芝がElectroluxと提携して、
Trilobiteという掃除機を出しましたが(2002年)、
圧倒的な超高価格ということで、いつのまにやら
フェードアウトした感じでしたね・・・

そのあと、iRobot社のRoombaを知ってから、
けっこう手が届くお値段で買えそう、
ということで気になっていたんですね。

あやのすけさんもご購入されてる、
ってことでますます~ってのが去年。

個人的に黒が好きなので、持ち物はほとんどが
黒っぽいものだったりします。

ケータイにデジカメ、PCもさることながら、
私服もかなり黒が多いんですよね。

なんで、どうしても黒に目が行くわけですが・・・
ないんですよね。通常ラインアップに。

実は、ブラックモデル過去には
販売されたことがあります。
そのときは約10万円とお高めの設定・・・

いくら黒が好きだからといっても、ちょっと
二の足を踏む値段だったんですよね。

で、Cnet Japanを読んでて、またブラックモデルが!

以前より少し安くなって8万円。エントリーモデルは
もっと安い(約5万円)のですが・・黒に惹かれて、
ハイグレードモデルが気になりだし・・・
ま、ボーナスも頂いたことだし、
ここは・・・とポチッたわけです。

コヤツのすごいところは、その清掃能力もさることながら、
掃除が終わったら自動でホームベースに戻って、
充電を始めたり、スケジューリング設定をしておけば、
スタートボタンを押す手間すら要らず、
いないときに勝手に掃除をしておいてくれるのです!

限定200台!ですが、まだ買えるっぽいですね。
(7/4 9:30時点の話ですが・・・)
売り切れたらどないしょ・・と思いながら、
会社の昼休みに、LOOX Uから注文。

あぁ、こういうときにミニPCがあるといいです・・
さすがに会社のPCでは出来ませんからね。

日曜の夜に届いたので、とりあえずは
開けてご紹介、というところまで。

じきに実際に動かしてみたりだとか、
レビューを書いていきたいと思います!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

届きました!

先日のテイスティングでこれは・・・
と思ったソサエティのボトル。
今日。届きました!

P1060073

一通り開けて、やっぱり美味いなーと実感。
かなり飲んだ気がしますが、あのときの
感覚は間違ってなかったですね!

トロピカル感満載の46.19 Glenlossie 16yo、
超贅沢なことに、ハイボールにもしちゃいました・・・
いや・・もったいないなと思いつつ・・

でも、すごくいい感じでした。ホント美味しい。
この季節にあったモルトですよ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

気になる記事はまめに。

ちょくちょく、といった手前、
あまり貯めずに行こうと思います。

●マクドに決まってるやんね。
(Infoseekニュース)

はっはっは、何をいまさら。
マクドに決まってるやんけ!マックはアップルじゃ!

なにより、フィリピンやフランスなど、
海外でもマクドって略してるらしいやん。

マクドを世界標準にしよう(笑)

●きずながきずなをつくりだす。
(Infoseekニュース)

昨年、みなさまへクリスマスカードを届けた
衛星「きずな」が、遠隔地の病理医が同時に
診断する実験につかわれているようです。

|アジア太平洋地域の途上国と回線をつなぎ、
|日本で画像を診断する

なんて、素晴らしいじゃないですか。
きずながあらたなきずなをつくる。
がんばってほしいものです。

●ワイヤレス充電、近々実用化?
 (イザ!)

数年前から、村田製作所がCEATECなどで
アピールしていたワイヤレス充電。

いよいよ、実用化される時期になってきたんですね。
まずはおもちゃで・・ということだけど、
ガジェットへの採用が待たれるところです♪

●ミルクシェーキ・・なんだよね。
 (nAe *'s photostream)

日本語的にはミルクセーキだよね。
小さい頃から、ミルクセーキが好きでしたが、
ミルク世紀ってなんだろう・・と思っていたのは、
今となっては笑い話。

Milkshakesのミルクシェーキがなまって、
ミルクセーキになったとか。

|「モルト」というトッピングをすると
|こくが出て美味しくなる

え?モルト?ウイスキー風味?

●これ、久々にほしいPC周辺器かも。
 (Cnet Japan)

いいですね・・・モニタにキーボード、マウス、
スピーカをまとめてワイヤレスにしちゃう、
ワイヤレスドック。

机の廃線をスッキリする意味でも、
ちょっと気になります。久し振りにすごい惹かれます。

●なるほど、そういう見方もあるのか。(イザ!

ちょっと、びっくりしたのが豊臣秀吉の朝鮮出兵。

|明、次にわが国を侵略しようとするスペインの野望に
|気付いた秀吉が危機感を抱き、機先を制して
|明を征服する前提として朝鮮から攻めた。

確かに可能性として、それもあるなと思った。
アステカ帝国みたいに、散々に征服されてたかも
しれないわけだよね・・・

もし、ホントにスペインの野望に気づいて、
先手を期したのであれば、あの年でも秀吉の頭脳は
切れてたのか、と思っちゃいますね。

ま、だからといって朝鮮半島に攻め込むのは
どうかと思うけどな。

●重そうだけど、おもしろい!(Engadget Japanese

すごいねー、動く壁紙でマリオが動いてんだ。
しかもAIで自分で動きを考えてんだってさ。

●ついに、出荷調整!(イザ!

角ハイが売れ過ぎて、角瓶の出荷調整が入るようで。
いまだ、この隙にニッカのブラハイ、がんばるんだ!

●はぁ~、そう思うのね・・(blogs.com

日本語が分からない外国人に日本語が
どう聞こえてるのか、って話。

|語尾にDEATHがついてて怖い

ってのには、相当笑いました。
そうだよなぁと思いつつ、英語で語尾にでDEATHは
確かに怖すぎだ(笑)

●7/4はケンタッキーの誕生日。(GIGAZINE

なんだそうです。7/4に限って、1ピース100円!
近くにあるのに、最近食べてないケンタッキー。
ちょっと頂いてこようかな?

そのぶん、しっかりと運動しないといけない
でしょうけどね・・・苦笑。

●軍艦島が模型に!(マイコミジャーナル

青島文化教材社、といえば西部警察のプラモ
というイメージなんですが(笑)、
なんとのそのアオシマから、全盛期の軍艦島の模型が
発売されるんだってさ!

そのマニアックぶりがいいですね。
てか、軍艦島を見てきた者としては、
そんなの、どこに置いておくんだよ、と思いつつ、
非常に気になったりするのです・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五大ウイスキーだけじゃない!

ウイスキーの製造が盛んなところといえば、
スコットランド・アイルランド・アメリカ・カナダ、
そしてわが国・日本。

これを総称して世界五大ウイスキーといいますが、
実はウイスキーはこれだけではないんですよね。

以前に、フレンチウイスキーをご紹介されていて、
気になるなぁ・・と思いつつ、
なかなかお伺いできていないBar Virgoさんへ。
ちょくちょくblogには顔を出しているのですがね・・・

blogramに参加しているのですが、ウイスキーカテゴリで
blogをお見かけしたのが始まりなんですよね。

響12年のハイボールでのどを潤わせてから、
まずはフレンチウイスキーから。
Glann ar mor(グラン・アー・モー)といいます。

P1050822

一瞬、armor?鎧?って読んじゃったのですが、
そうではありません(笑)

香りはピーティさはなく、軽やかなスコッチの印象。
が、味わいはハーブや草の匂い、
分かりやすいところでは、よもぎの香りかな。
あと、同じフランスの薬草系リキュール、
Chartreuse(シャルトリューズ)をイメージしました。

今、手元にあるChartreuse Elixirを頂きましたが、
まさにこんな感じでした。

あと、ほんの少しですが、バックに塩気も感じましたね。
だいたい塩気を感じるのはピーティなのが多いのですが、
塩気だけを感じるのって、珍しいかも。

塩気を感じるのは、”Glann ar mor”という名前で
でわかるんですよ。つくられている地方のことばで、
海のそばという意味なんだそうです。

P1050825

続いては、スウェディッシュウイスキーのMackmyra。
みやさんがスウェーデンに居られたときに伺っていて、
非常に興味があったんですよね。

P1050828

Preludium 05は日本に入ってきたことはなく、
マスターがヨーロッパに行かれた際に、
買って帰ってこられたのだそうです。

まだ5年ものなんですが、実に樽の存在感が豊富で
そんなに若いウイスキーとは思えないほど。

あとしっかりどっしりしたフルーティ感もあり、
個人的には巨峰の甘みと渋み、酸味を感じましたね。

なんでも、50lというすごく小さな樽で
寝かしているのだそうで、小さいと熟成も早いですから、
すぐに商品に出来るんだそうです。

ラベルが・・・スウェーデン語?わからん・・・

P1050835

これ、10年、15年とじわじわと長期熟成できるようになると、
どういったように化けるのか、非常に楽しみです。
その頃には、日本にも入ってきてほしいな。

最後、マスターからサービス。今年の秋ごろにでるという、
サントリーの樽別シリーズ・ミズナラ樽のサンプル。
ついに・・ついに来ましたよぉ!
ミズナラ樽が発売される日が・・

P1050837

今までの山崎シェリーや白州ヘビリーピーテッド、
山崎白州バーボンバレルより高め?らしいのですが・・・
いや、これは期待できますね。絶対買いだ。

・・マスター、ありがとうございました!
なかなか、赤坂を訪れる機会はないのですが・・・
また、ぜひよろしくお願いします!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »