« 上海遠征 vol.4 ~龍華寺~ | トップページ | 上海遠征 vol.6 ~WhiskyLIVE Shanghai 2010~ »

上海遠征 vol.5 ~大境閣・白雲観~

上海の地図を見ると、明代の庭園・豫園を含む一角が
人民路と中華路に丸く囲まれているのが分かる。

実はこの小さな領域は、旧上海城の名残。
この円に沿うように、城壁を取り囲んでいたわけだ。

Sha

1553年に、倭寇侵入を防ぐために突貫工事で
建設されたといい、明清代通して上海に聳えていたが、
上海の近代化・経済発展とともにほとんどが
取り壊されてしまったわけだが・・
唯一、現存するのが大境閣ってわけ。
これ、ガイドブックにもなかなか載ってないよ。

P1040560

建物好きには、けっこうぐいぐいと
心惹かれるものがあります。
でも隣はコンクリートでベター・・・公衆トイレ。

P1040561

入り口のほうに回ってみると、
思いもかけず、関帝廟があることを発見!おっ!

P1040564

小さな入り口。入場料5元(約75円)。

P1040565

観光客、だれっ一人いませんけど・・・
でも、城壁がなかなかいい雰囲気なのです。

P1040569

1Fは、上海老城廂史跡展。解説が中国語なので、
分かったような分からんような・・・だけど、
往時の上海城の古写真とかには、なかなか魅せられました。

P1040580

さて、2F部分に上がります。
同治七年戊辰九月、とありますね。
同治7年は1868年、つまり日本の明治元年。
戊辰とは、あの戊辰戦争の戊辰。

P1040588

立ってみると、意外と城壁は低い。
これで倭寇を防げたんだろうか?大丈夫?

P1040591

城壁内に入って、奥に進むと、
信義千秋(=信義は不滅)の文字。

P1040602

これを読むと、初めから関帝廟があったわけではなく、
明代万暦年間(1572~1620)に関羽像が置かれたようです。
ちょうど、日本の戦国時代ですね。

P1040601

信義千秋の向かいに関羽将軍がおわしました。
三国志好きにとってはドキドキします。

P1040604

日本も含め、関羽像は見てきましたが、
一番迫力というかオーラがある像ですねぇ、すごい!

愛読書である春秋左氏伝を片手に、
遠くを眺める関羽将軍。

P1040617

左右に侍るのは、息子・関平くんと・・・

P1040618

架空の部下(演義のみ登場)の周倉。
主人の青龍偃月刀を持ってますが・・・黒すぎじゃない?

P1040620

さて、隣にもなにやら建物があるので、
向かってみます。

P1040634

ここは白雲観という道教寺院。北京のものが
最も大きい寺院のようですが。
せっかくなので、こちらもお参りして来ました。

P1040641

最奥部では、道教の最も偉い神様でしょうか、
黄金色の輝く聖武天皇みたいな方がご鎮座。

P1040656

左右に方角を冠した(戌亥とか丑寅とか)
十二支の神々。

P1040653

二階に上がって財神殿には、またも関羽将軍。
いやぁ、またお目にかかりましたな。

P1040673

こちらは青龍偃月刀をもって戦闘態勢?

近くには娘娘殿。なんだろうと思ったら、
中国語で「娘娘」とは女神さまのことなんですってね。
ニャンニャン殿・・・メイド喫茶か(笑)

いずれも人間っぽい豊かな表情の女神さま。

P1040679

P1040681

P1040684

・・・さて、けっこうTraditional Chinaを堪能。
いよいよ、WhiskyLIVE Shanghai 2010会場に
向かいますよ!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


|

« 上海遠征 vol.4 ~龍華寺~ | トップページ | 上海遠征 vol.6 ~WhiskyLIVE Shanghai 2010~ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上海遠征 vol.5 ~大境閣・白雲観~:

« 上海遠征 vol.4 ~龍華寺~ | トップページ | 上海遠征 vol.6 ~WhiskyLIVE Shanghai 2010~ »