« 上海遠征 vol.5 ~大境閣・白雲観~ | トップページ | 上海遠征 vol.7 ~上海世博会前編~ »

上海遠征 vol.6 ~WhiskyLIVE Shanghai 2010~

さて、いよいよメインイベントのWhiskyLIVE Shanghai。
会場は静安寺駅から10分?くらい歩いたところにある
上海展覧中心(The exhibition center of Shanghai)。

当時のソビエト連邦の援助を受けて
1955年に竣工。その影響でスターリン様式。

P1040699

会場は中央ホールではなく、東一館。
開場前に着いちゃった。

P1040700

残念ながら、日本からは三得利(サントリー)のみ参加。
あとも超メジャーどころがほとんどで、
シングルモルトよりもブレンテッドが多かったなぁ。

もちろん、英語表記があるから分かるんだけど、
銘柄を中国語つまり漢字で書いてるので・・・
ほぉ、こう書くんだーと妙なところに興味。

・尊尼荻加
・芝華士
・百齢壜
・帝王
・格蘭威特
・格蘭羅斯
・皇家礼炮
・拉弗格

これ・・何か分かりますか??
普段は中国語は漢字だから、なんとなく分かるよね、
と思ってましたが、英字表記の音訳は・・・
日本人にはつらい(笑)

時間になったらすぐに開場入りしたので、
まだ人はまばらでした。

P1040706

ステージではさっそくダンスが披露されてましたが・・・

びっくりしたのが、コンパニオンのお姉さんが
どこをみても超美人。なんか違うとこきたんじゃ?
と思ってしまうくらい。

逆に言うと、ウイスキーが高級クラブみたいなところで
飲まれるような、飲めることがステータスという、
お酒として見えているんだろうな、という気も。

大師課程・・とはマスタークラスのこと。
あ、さっきのクイズの答えがチラホラ・・・

P1040709

奥はVIPルーム。今回はVIPチケットを購入したので、
こちらにも潜入できます。チケットは結構高かったんだけど・・
blogネタにするには、押さえておかないとね。

P1040710

Jonnie Walker。こちらは唯一英語をしゃべる
女性がいたので、ちょっと話し込みました。

日本では今ウイスキー&ソーダが流行ってるんだよ、
というとソーダ割りをくれたのですが、こんな感じで
用意してあるんですね。

P1040715

中国の人はこんな小さなグラスで
ハイボール飲んでるの?

つくり方も最後に氷をころんと入れたりして、
ところ変われば飲み方もずいぶんと違うものだと。

ぷはー。飲む前に撮っとけや!

P1040713

Dewar's。恥ずかしながら今まで知りませんでした。
日本では有名じゃないのですが、ウイスキーの販売数としては
世界第5位にランクするブランド。

P1040719

ストレートに、ロックに、ソーダ割りに、
いろいろな飲み方をさせてくれるブース。
人の集まりも上々。なかなか悪くないですね。

日本でも買えるところでは買えそう。
12年モノのブレンテッドが2,000円程度。お手軽。

唯一マニア臭(笑)のするかんじがあったのが、
ダンカンテイラー(鄧肯泰勒)。

P1040722

Blackbull 12yoをひたすら飲んでました。
30yoというのは見るのですが、12yoってのも
あるんですね。これはこれで美味しい。

P1040723

メモつけてないので、ボキャブラリーに乏しいですが・・・

Royal Salute 38yo。展示だけ。
飲ませてくれぃ!

P1040724

こちらもはじめて知った「Winsor」。
ウィンザー城の名を冠した
ウイスキーだけど・・・

どうやら韓国のウイスキーらしい。
あまりこれと言った印象はなかったが・・・

P1040741

The Glenlivetでは、地元の放送局の方でしょうか、
テレビ放送用に撮影中。

P1040731

Glenfiddichでは、樽のメンテの実演をやってました。
ニッカのマイウイスキーづくりでやるような実演。
かなりの人だかりになってました。

The Glenrothes。こちらも知らない銘柄でしたが、
よくよく調べてみると、竹鶴政孝翁も学んだ
蒸留所なんだそうですね。

P1040750

ふむふむ・・長年ジャパニーズオンリーだったわたし、
まだまだスコッチはヒヨッコ。
知らない美味しい銘柄があるものですね。

GlenDronach。シェリー樽熟成の名門
というだけあって、シェリーが好きなわたしとしては
これから憶えておこう!と思った銘柄。

P1040757

どこもフツーの10年や12年しか飲ませてくれないところ、
こちらでは18年まで飲ませてもらえました。
またどこかでじっくりと飲みたい!
オフィシャルモノだけじゃなくていろいろと・・

すこし疲れたので、VIPルームで休憩。
水も無限に出てくるし、料理も食べ放題、
ブースだと混雑して並んで・・・なところも、
ほいほいとウイスキーがいただけます。

結局、ホテルで朝食を食べてから何も食べてなかったので、
悪酔いしないためにも、ここでしっかりと
お腹に入れておかないとね。

P1040774

特に、このカレーで煮込んだ肉が美味かった。
全然、中国に来て食べる感じではないけれど・・・

じっくりと頂いたのがこちら
The Macallan 1851 INSPIRATION。

P1040795

1851年に最初に蒸留された当時のマッカランを
イメージしてヴァッティングされた1本。

今回はこれが一番のお気に入りかなー。
帰って調べてみても、1本10,000円くらいで
超高いということもないしね。
1本買っておこうかなぁ。

サーブする方々は、スコットランド?の方が
多くて、アジア人=中国人だろうということで、
中国語ばかり話してくるんですが・・

I'm Japanese!Oh, sorry!

おそらくですが、あの場に日本人は
他には皆無だったんでは・・・と思われます(笑)

ステージに戻ると、ヴァイオリンの演奏。
知ってるんだけど、曲名が思い出せない・・・
# あ、最初のはbondの「VIVA!」ですね。思い出した。

さて、ゆっくり休憩したところで
ナント!英語も大して堪能でもないくせに、
無謀にもマスタークラス参加。

P1040806

別に予約等は要らず、時間が来ればわらわらー
と入っていけばいいだけ。事前にチケットを買って、
結構早くに完売しちゃう講座が多い日本とは
かなり勝手が違います。

当然ながら、英語も分かったような分からんような。
中国語はさっぱりーーー(笑)

ま、構成原酒は美味しくいただきましたけどね!

なかなか海外で、それも中国でウイスキーの
イベントに参加するというのは、貴重な体験ですね。

最後にVIPならではのWhiskyLIVE Shanghai
Limited Editionの1本。The Glenrothesです。

P1050217

あと、記念グラス。紙袋にころん♪と
入っているだけなのにはびっくりしました。
割れるやろ・・・と思いましたが、
意図せず、プチプチ(緩衝材)を持っていってたので、
無事に割れず、日本まで持ち帰りました。

P1050220

意外と思っていた以上に、中国の方も
参加されてるようでしたし、これからもっと
消費量が上がっていくんではないかと思います。
ってことはっ!ニッカも参加しなきゃ!

Jくん、チケットの手配ありがとう。
日本からは手配できなかったので助かりました。

帰り、静安寺まで着いたら、ライトアップしてました。

P1040821

結構食べたので、あまり晩ご飯はいらんな、
ということで久光百貨の地下で軽く。

久光百貨というのは、そごう系の日本式デパート。
デパ地下なんてあるのも、日本風。
品揃えも、日本のものがかなり多いなーという感じ。

大阪という文字にん?と惹かれたのは、
大阪北極星。元祖オムライスのお店です。
上海でビリケンを見ることになろうとは。
大阪人的には気になってしょうがない(笑)

P1040827

が、ちょっとそこまでガッツリ・・・
という気分ではなかったので、
お隣の「東海道」に。東海道でうどんの店って、
どうなのよ、いやそれ以前に上海でうどんって・・・

出てきたのがこちら。讃岐うどん。
20元(約300円)くらい?

P1040829

意外にお出汁は悪くありません。
まぁ、悪くはないということで格別美味いか、
というとそれほどでもないのだけど。。。

麺は、「讃岐」を名乗っちゃいけませんね。
かなりぷっつりぷっつりです。

よくある駅の立ち食いうどんのような感じ?
と思えばいいでしょうか。
ま、これもまた海外ならではということで。

翌日は、1日上海万博。
歩いて待って待って歩いて待って。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 上海遠征 vol.5 ~大境閣・白雲観~ | トップページ | 上海遠征 vol.7 ~上海世博会前編~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。

なるほど、場所が変わるとこんなにも雰囲気が変わるのですねー。

漢字表記のクイズは殆ど分からなかったです・・・
帝王はインペリアルだと思いました。。。

ウインザーは確かに韓国にありますね、
コンビニにもおいてありました、確か。

なんだかワールドワイドなレポートで世界が広がりますねぇ。

投稿: かりら | 2010.06.12 18:49

nikko81です。

●かりらさん

そう、ずいぶんと雰囲気が違うなーと。
モルトをマニアックに愉しむというよりは、
ウイスキーのもつ優雅で高級なイメージに
酔いしれるという感じですよね。

漢字表記、ホント分からない。
なんのこっちゃ、という感じですよ。

韓国にはウインザーがコンビニでも!
角瓶やブラックニッカのような感覚なんでしょうかね。

8月には台北でもあるようなのですが、
さすがにこの頻度で海外はムリなわけで・・・(笑)

投稿: nikko81 | 2010.06.12 19:12

高級なイメージのデザインボトルが並んでますね。
Dewar's「帝王」ですかぁ。

それにしても、マスタークラスに出席するなんてすごいです。
さすが。
予約無しで入れるのはうらやましいですね。

投稿: まぐぽ | 2010.06.13 11:05

nikko81です。

●まぐぽさん

いろんな意味でイメージ先行なんだろうな、
という気はしています。

マスタークラス、はっきり言って無謀でした。
もうちょっと英語勉強してからにしないと・・・(笑)

投稿: nikko81 | 2010.06.13 13:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上海遠征 vol.6 ~WhiskyLIVE Shanghai 2010~:

« 上海遠征 vol.5 ~大境閣・白雲観~ | トップページ | 上海遠征 vol.7 ~上海世博会前編~ »