« 第40回・信玄公祭り その2。 | トップページ | マイウイスキーづくり再び その1。 »

白州蒸留所。

翌日、4/11は白州に向かうことに。
山梨県に足を踏み入れてるんだもの・・
行かないわけにはいかないよね!ということで。

まぁ、変人と言われることはよく分かってるのだけど、
わたしのなかで徒歩圏内って・・10kmなんです。

毎日はつら過ぎますけど、がんばれば、
週1くらい、会社の帰り10km歩いたっていいのです。
…忙しくなけりゃね。

白州蒸留所の最寄駅は小淵沢(約6.5km)なんですが、
ここは!敢えて!挑戦です!
ということで、1駅手前の長坂駅からスタート。
ちょうど、9km超くらいの距離。

4.5km過ぎくらいのところで、甲斐百八霊場の霊長山清泰寺。
先を急ぐので、中には入りませんでしたが、
ここも桜がキレイだった~

P1020474

更に過ぎると東京電力・釜無川第二発電所取水口。
要はダムみたいになってるんですよね。
まぐぽさんじゃないですが、
けっこう心惹かれるものがありました(笑)

P1020486

この石垣は武田時代?それとも江戸時代?
なかなか現代的ではない味のある石垣だけど。

P1020477

水道管でしょうか?これだけでも迫力あって。
もう、たぶんこれだから工場見学萌えするんでしょう(笑)
P1020498

更に進んでいくと、不思議な…土壁の道。
これ崩れてこないんでしょうか?

P1020501

そう…白州って、小淵沢なり長坂から、
タクシーとかで行っちゃうもんだから、なかなか
足元を見る機会がないのよね・・ということで発見!
白州町のマンホールでございやす。

P1020506

橋を渡ったところに、ソーセージ専門店・フランク

これはこれでかなり気になったのが・・・
着いたのが中途半端な時間で、まだまだ歩かなきゃ、
という距離なので、スルー。でも、こういうお店に限って、
メッチャ美味そうな気がするんです。チェック。

橋を渡れば、民家がちょくちょく点在し始めます。
おおぅ、民家の倉に武田菱が!

P1020508

この日はホント、天気がよくって、
道路にあった気温計は18度を指していた。
ちょうど歩いて暑くなって・・・でも、
休憩したら暑さが収まって、というくらいの気温。

何気ないところに桜があったりして、
やっぱキレイだーとかって眺めたりして。

P1020510

おっとぉ。この「龍」の字…どう見ても、
上杉謙信の旗指物を同じ字なんですけど・・山梨なのに。

P1020511

コッチは、亀から「寿」の字がにゅっと出ている
なんだかおめでたいマーク。倉につけたマーク、
それぞれいろいろあっておもしろいです。

P1020512

あら。お久し振り。一休さん。

P1020517

ふぅ、ポットスチルと樽が見えてまいりました。
白州蒸留所、到着ぅ~。

P1020518

P1020520

まずは、蒸留所内のレストラン・ホワイトテラス
ごはんです。腹減ったぞー。
なにせ、10kmも歩いてきたんだから。

まずは、白州10年のハイボール。
ふー・・・染み渡りますなぁ。最高ッス。

P1020525

続いて、ウイスキー風味のカレー。
なんだかんだ言って、いつも白州で食べるのは
カレーだったりします。意外にウイスキー×カレー、アリ。

P1020531

まぁ、燻製紅マスを次は!と思いつつ、
いつも忘れちゃうんですけど・・・

お腹も満たされたところで、Bar Hakushu。
銀座8丁目にかつてあったバー・うさぎのカウンターを
譲り受け、いわゆる有料試飲をBarの雰囲気で
いただけるなんともありがたいところ。

P1020532

わたし、初めて響30年を頂いたのが、
こちらのBar(というか有料試飲)だった気がします。

で、ここで衝撃の事実。白州・山崎の樽出原酒
シリーズが・・ぬあんと終売とのこと。ええーーん。

ということで、見学ツアーに参加するのを1時間半ほど
後にして、すぐにこちらで樽出原酒を頂くのでした。
白州樽出15年・・・好きなんだよなぁ。

P1020533

インテリア。とても”有料試飲コーナー”と
片付けられない立派なカウンターです。素晴らしい。

P1020572

一応、見学ツアーにも参加。いろんな蒸留所に
何度も行ってるので、一度見た蒸留所は、
今回は見学はスキップかなー・・・
と思っちゃうこともあるんだけど。

でも・・・白州だけは必ず参加します。

なぜ?

それは・・リチャーという樽の内面焼きを
見せてくれるからなのです!これがもう迫力満点、
終わった後は甘く香ばしい香りが樽から立ち込め・・・
何度体験しても、いいのですよ、これ。

こんな感じで焼いていきます。

P1020560

動画でもぞうぞ!迫力ありますよ~
最後水を柄杓で一振りして消すところまでは収められず・・・

戻った後は、無料の試飲をしたあと、
売店で樽出原酒15年と12年、秘蔵モルトを購入。

P1030913

よほど15年が好きなのか、カゴ一杯に
買い占めている方もいて(いくらすんの?)
やはり、ファンが多いんだな、と思った次第。

あと、渋谷での白州を使った森香るハイボールナイト、
に向けたちょっとした演出アイテムもゲット。

ということで、山梨を愉しむ2日間は終了。

続いて、翌週のニッカ・余市蒸留所での、
マイウイスキーづくり再び!の巻に続きますよ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 第40回・信玄公祭り その2。 | トップページ | マイウイスキーづくり再び その1。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

日本酒の酒蔵みたいですね~^^
バーもスタイリッシュだし、ウイスキーのカレーって興味深々!

ぶらぶら歩きながらお店を見つけるっての旅の醍醐味!
きっとソーセージのお店美味しいですよ♪
次回是非、ご報告くださいネ。


投稿: あやのすけ | 2010.05.03 09:03

nikko81です。

●あやのすけさん

そうなんです、酒蔵を訪れるのもいいですよね。
お酒ができる工程はどれも興味あります。

ま、一番ウイスキーに興味がるわけですがっ(笑)

バーは銀座のバーですからね。
本格的ですよ。飲めなくても雰囲気だけでも
いい感じだと思います。

ソーセージのお店、美味しそうでした。
蒸留所の帰りに持ち帰りで買って、
ピクニックがてら、ハイボールで・・・
とか、考えただけでも最高です!

投稿: nikko81 | 2010.05.03 12:28

レポート、ありがとうございます!
有料試飲を一番楽しみにしています。
響30年・・・飲んでみたいです。

なんと残念なことに、僕が行く日は
リチャーをやっていないようなんです。
また別の機会のお楽しみに取っておきます。

投稿: だい | 2010.05.03 21:11

nikko81です。

●だいさん

そうですか・・・やってない日もあるんですね。
それは、わたしも知りませんでした。
でも、また白州を再訪できるいい理由に
なるかもしれませんよ?

有料試飲、空いていたらぜひ、
カウンターでお楽しみされるといいと思います。
スタッフの方々が、いろいろ丁寧に
説明してくださりますよ。

投稿: nikko81 | 2010.05.04 14:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白州蒸留所。:

« 第40回・信玄公祭り その2。 | トップページ | マイウイスキーづくり再び その1。 »