« 余市めぐって、老舗を訪れ。 | トップページ | 意外と本格派。白い恋人パーク その2。 »

意外と本格派。白い恋人パーク その1。

さて、北海道最終日の日曜日。
結局のところ、前日までどうしよっかまったく
決めていなくて、朝起きてPCで調べて・・・

ということで、お手軽そうな「白い恋人パーク」へ。
とりあえず、最近工場見学好きだし・・・
程度の気持ちで向かったのですが、いやいや。
なかなか、見ごたえがあってよかったですよ。

地下鉄東西線・宮の沢駅下車5分くらい?
まず見えてきたのが、石屋製菓の事務所の建物。
事務所の建物な割りには、ずいぶんとしゃれたデザインです。

P1030018

おっと。最近建ったばかりなんですね。
Since 2010。

P1030016

隣の建物は、白い恋人パークの一部なんだけど、
Since 1992。なかなかいい感じでしょう。

P1030022

これだけみると、ヨーロッパのどこか?
って感じすらしてきます。日本がなけりゃね(笑)

P1030021

チョコレート工場としてできたのが1992年なんですね。
それにしても、レリーフとか凝ってるよなぁ。
工場って感じが全然しないんですよね。

P1030024

こちらが見学受付。

P1030026

入って通されたところは・・これまた、
アンティークで居心地のよい空間。
こういうの・・大好きなんですよねぇ。

P1030034

噴水とか・・思わず撮っちゃいますよね。

P1030042

フランスの画家・ジャン=エティエンヌ リオタール作の
「チョコレートを運ぶ娘」の原画をもとに
プロイセン王国(現ドイツ)のベルリン王立磁器製作所で
製造された貴重な陶版画。すごい!てか、何でここに?(笑)

P1030046

同じくその原画にインスパイアされたであろう、
ドイツの名窯「マイセン」の陶磁器人形。

P1030045

この水差しも・・たぶんマイセンな気がする。

P1030048

と、ここを皮切りに陶磁器コレクションがすごい!
工場見学をしにきたつもりが、思いもかけず、
陶磁器の博物館にでもきた感じです・・うれしいっ♪

1860年・マイセン・「花づくし」。

P1030065

たぶんこれ、チョコレートドリンクのカップなんですよね。
中に描かれている人物像は、どことなく中国っぽい?

P1030069

こちらもマイセン。1800年代の作。
青×金のデザイン、すごく上品かつゴージャス。
また、青の色の現れ方の美しいこと。

P1030070

天井の青を基調にしたステンドグラスには、
チョコレートにゆかりの深い人物像が。

P1030073

フランスのエミール・ガレ工房の手による、
ガラス製のチョコレート入れ。1920年代の作品。

P1030074

年代不詳ですが、こちらはイタリア・ヴェネツィアの
ヴェネツィアン・グラス。いやー、ずいぶん昔に、
ヴェネツィアで買ったお土産とはずいぶん違うなー<ったりめーだ

P1030078

こちらはイギリスのコールポートの作品。
1900年代の作品とか。ゴージャスな中にも、
水玉模様がかわいらしいですね。

P1030083

こちらもコールポート。1906年の作品。
どんな方々が使うカップだったんだろう・・・

P1030104

…うーん、かなり見ごたえあって、夢中で撮ってました。
写真撮影OKという太っ腹ぶりにも感激。

ここからやっと、当初目的の工場見学(笑)
その前に一口メモ。一人当たりチョコレート
年間消費量とチョコレート生産量のランキング。

消費量ではおもにヨーロッパの国々がランキング。
ベルギーやスイスなんてのは、有名なショコラティエがあるので、
さもありなんという感じだけど、意外と1位ドイツ。

P1030119

逆に生産量だと、アメリカやブラジルなんて顔ぶれも。
日本も第7位にランキング!

P1030120

この先が見学コース。昔は見学ってやってなかったそう。
これもやはり、あの賞味期限の偽装問題があったからだろうか?

もともと「白い恋人」はフランス語で猫の舌の意味がある、
ラング・ド・シャ(langue de chat)という薄いクッキーで、
ホワイトチョコレートを挟んだお菓子。

チョコレートがべとつかずに食べられる方法はないだろうか、
という発想で開発されたそうで。(Wikipedia

ラング・ド・シャが焼かれる工程は、見えないので
どんな感じで焼かれているか不明だけど、
焼き立てのクッキーとホワイトチョコを重ね合わせるトコは
しっかりと確認できますよ。クッキーの余熱で、
ホワイトチョコが少し解かし、しっかりくっつけます。

こういった製造ラインが合計6台あり、
すべての「白い恋人」はここでつくられているそうです。

P1030137

重ねられた白い恋人は、冷やされた後、
個別包装のラインへ。ここで1点1点賞味期限の印字を
行っているとか。わざわざそれを言うあたり、
やっぱり、事件が尾を引いてるんだな、と。

おもしろいのは、工場の生産ラインなのに、
柱に飾りつけがあること。遊び心がありますね。

P1030141

さらに階段を登ると、そこはチョコレートラウンジ。
チョコレート中心の甘いもので一服。

例によって、また長いのでブレイク。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 余市めぐって、老舗を訪れ。 | トップページ | 意外と本格派。白い恋人パーク その2。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外と本格派。白い恋人パーク その1。:

« 余市めぐって、老舗を訪れ。 | トップページ | 意外と本格派。白い恋人パーク その2。 »