« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

川崎工場夜景バスツアー。

工場とかも好きなんだな・・ブックマークした後で、
はたと気づいたのでした(笑)

すべて陸上からの撮影で・・・ってアピールしてる
時点でごっついカメラをお持ちの方が、
多数参加してそうな予感。

軍艦島行ったときも、結構熱心に長崎造船所の
100万トンドック撮ってたし。
建物好き、産業建物もカバー範囲かも?

6月以降でチョット考えとこう。
金曜ってのが、大変そうだけどな・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (13) | トラックバック (0)

LOOX Uに合わせるアレコレ。

もはや、LOOX Uがあって当たり前になってきました。
家にいるときですら、モニタに向かわずに
ごろーーんとして、ネットしてたりとか・・(笑)

先日、WiMAXのドライバがアップデートされてて、
早速適用してみました。

まー、一応やっとくか?くらいの気持ちでしたが、
意外と接続性アップ。また電波の入り具合が、
タスクトレイでわかるようになってGood。

コレくらいは最初からしとけ・・・って気もするが、
made by Intelなんでそんなもんなんでしょう。

机に置いて操作するときは、スタイラスを
使うわけですが、標準のがどうも性に合わなくて、
こんなのを買ってみました。はと ver.2

P1010744

意外とコレがもちやすくて、いい感じなのです。
やっぱり解像度が高いとタップするのに、
ある種の慣れは必要だけど・・ずいぶんよくなった。

あと、今のところ県庁所在地にしか、
WiMAXが来てないのと、仙台に行ったときに
首都圏・京阪神以外は、入りがまだまだだなー
ということで・・USB給電OKのAPを入手。
ホテルの有線LANを手軽に無線化。

もちろん、LOOX UからUSB取ったら意味ナイので、
USBが挿せるACアダプタで給電。
14cmのUSBケーブルとセットで非常にコンパクトに
まとまってイイ感じですわ。

自宅のルータに口が余ってたので、
普段はそっちに挿しといて、遠出するときに、
まとめて持ち歩くんだろうな。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六本木アートナイト2010。

もう4月だというのに・・・寒いですねぇ。
また、風邪っぴきに逆戻り。
今度は鼻が詰まってしょうがない・・

ウイスキー飲みには、鼻が利かないってのが
なによりダメージなのです。香りの酒ですからね。

さて、土曜日行ってきた、六本木アートナイト。
夜に美術館巡りができる・・・
ってのは、なかなかオツなものですねぇ。

さて、まずはサントリー美術館のある
東京ミッドタウンへ。
華道家の方の手による、桜の装飾。

P1010537

外は寒寒でしたが、気分だけでも暖かな春を感じます。

P1010546

まずは、サントリー美術館。
今回のテーマは和ガラス。ガラスものって大好きなので、
めちゃめちゃそそられるテーマなんです。
ガラスの冷涼な姿には、とても魅了されます。

前回の薩摩切子はそのカット技術やデザインの
独創性に惹かれるものがありましたが、
今回は、日本人とガラスの付き合いの移り変わりが
興味深かったですよ。

はるか異国の地からもたらされた美しいガラス。
それを長崎の職人が苦労して自分のものにしようとした跡。

江戸時代にもこんなに!と思わせる
色鮮やかな色ガラスの食器類。

ポストカードにもなってる藍色縁杯や、
水滴のカタチをしたスマートなデザインの水色徳利…
現代にも通じるモダンなデザイン。
食・呑の中でガラス器が浸透したようです。

おもしろかったのが可杯(べくはい)。
漢文で「可」の字が最初に来ることはあっても、
最後に来ることがないことから、
飲み干さないと置くことができない杯をいう。

個人的に気になるのが、ギヤマン彫りで描かれた
城郭と帆船の杯。ちょっ…これ…欲しいんですけど!!
レプリカ!レプリカつくってーっと、
わたしの中の城郭魂が叫んでおりました(笑)

練上手といわれる透明じゃないガラスも、
色合いが素晴らしかったですね。
ガラスは透明だけじゃないんだと。

いろいろ見るだけで楽しかった…のですが、
すっかり図説を買うのを忘れてしまいました・・

これは、また行けってことですね?
ちょうど六本木アートナイトに合わせて、
始まったので、5月末まで。

shop×cafeでウイスキーも飲めなかったし。
また行こっと。

続いて、ミッドタウンからチョット出て、
21_21DESIGN SIGHTのほうへ。

P1010551

仕掛け自体はなーんだ、というものですが、
LEDと紙でつくった芝桜。
素直な気持ちでみると、キレイだな、と。

P1010558

大人気だったのが、シャボン玉発生器。
けっこう風が強くて(そして寒くて)、
コンデジじゃ捉えるのも、一苦労。

P1010582

これも何てことないものですが、
夜に漂うシャボン玉はなんとも幻想的。

P1010574

桜。こちらではけっこう開花していて、
いい感じになっていましたよ。

P1010594

21_21 DESIGN SIGHTでは、
クリストとジャンヌ=クロード展
わたしにとっては初めて聞く名前でしたが、
興味深い美術展でした。

P1010605

ある一時だけ、世界を布という素材であらゆるものを
アートにしてしまう…そんなある種荒唐無稽な、
そんなアート作品。

橋や建物といった建造物すら、布で覆う…
理解できない人にはなんで?と思うかもしれないけど、
デザインスケッチを見てると、
なんだかその世界に引き込まれる・・・

大掛かりなことだから、関係者とのネゴとか大変。
でも、誰からも援助を受けず、自らの資金だけで、
というコダワリもカッコいい。

うむむ。ふらーっと入った割には、
なかなか満足でした。

ミッドタウンの最後は、大きなケーキ。
やたらと女の子グループがきゃっきゃ言ってましたが・・

P1010641

クリームのところはスライムというか、
弾力のあるゴムというかなんというか…そんな感じ、
生地の部分はスポンジかな?

さて、続いては六本木ヒルズ。
ミッドタウンはお気に入りのサントリー美術館が
あるのでけっこう来るのだけど、
六本木ヒルズはすごく久し振りですね。

P1010652

なんか妙に盛り上がって、わーわーゆってたのも
ありましたが、わたしは一路、響×ペリエのテイスティングへ。

P1010663

これがねぇ…なんと1杯100円!すごい!すごすぎる!!
こりゃぁ、呑みまくるしかないでしょう!

普段、ウイスキーを飲まないであろう人々が、
コレを目当てで行列を作ってます。

次から次へとつくられる、響×ペリエ。

P1010670

ミニボトルでさっと原酒をひと噴きして、
香り付け。でも、途中からそんなのわかんなーい(笑)

P1010669

わたしのように、あの響×ペリエが…!!
というので来る人は少ないでしょうが、
コレで初めて飲んだ方も、美味しいねぇという声が
アチコチから聞かれていました。

P1010671

受付のおねーさんに「美味しいですか?」と
聞かれたのが「そんなにも」と前置きがあるんじゃ?
と勘違いするほど、呑みました。
コイツ何杯呑んでんねん!みたいな。

P1010675

だって美味しいんだものー。100円なんだものー。
こんなに呑んで1000円行かないってありえない(笑)

隣では、紙をうわーってやって妙に盛り上がってました。
これまた単純ですが、こういう雰囲気だと盛り上がりそう。

P1010685

ありがとう、響×ペリエ。
自宅でも響12年とペリエを用意してるのに、
特価!と聞くと出向いてしまう貧乏人根性丸出しですね(爆)

P1010686

ただ、調子乗って呑んでると、ほんとに
頭がふわふわして、森美術館はちょっとお預けです。
呑み過ぎ。ははは。

ぼーっとオーロラ色の作品を眺めて呑んだり・・

P1010733

ビフォアフラワーの下でパフォーマンスを見たり・・

P1010702

P1010723

ただ、いい加減寒くなってきて、
これままオールはないわぁ…ということで、
臨時の大江戸線で清澄白河まで、
そこからチョット歩いて両国まで。

しばらく行ってなかった「江戸遊」で夜明かし。

やー、やっぱり寒いのが堪えたねぇ・・・
アートナイト、ということで遅めに行ったけど、
もうちょっと早めに行けばよかったな。

あと、夜に美術展を見て回れる以上に、
いまだけ!というのに惹かれるのが少なく、
まだまだこれからブラッシュアップがいる気がしました。
ま、まだ今年で2回目だしね!

というのと、今年だけかもしれないが、
寒かった…こういうイベントは夏ごろが良いのかも。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

羽田空港D滑走路+六義園。

ずっと後回し、後回しにしてきた、
羽田空港D滑走路の見学。
先週の三連休の最終日に、ようやく行ってきました。

現在羽田には、A・B・Cの滑走路があるんだけど、
更に1つ、D滑走路を追加すべく建造中。
こんな出島みたいなカタチになってるんです。

P1010359

羽田空港から1つ手前の「新整備場」駅下車。
ANAの機体工場見学以来ですね。
こゆことがないときには、まず降りない駅。

ただ、けっこう離れていてかなり歩きます。
途中トンネルがあったりもするし・・埃っぽい!

P1010347

もうすぐ。

P1010348

コレが展望台。ただのプレハブ小屋…
って言っちゃいけません(笑)

P1010349

屋上から、建造中のD滑走路を見学。

P1010388

船の奥に見える構造体がソレ。
左部分に少し見えるのが連絡誘導路、右手が桟橋。

ただ、ぼーっと見ててもよく分からない(笑)
なので、階下に降りて解説をいろいろと見て回る。

桟橋の先には新たに埋めてて人工島をつくり、
桟橋と人工島を結んでいる。

多摩川の流れをせき止めないため、
連絡誘導路や桟橋は埋め立てずに、
構造体の組み合わせででき、通水性を確保。

構造物は、遠いものだと九州、それから三重の津、
それから横浜で建造され、海上輸送で東京湾まで運び、
千葉の富津で結合した上で、現場に設置。

もちろん、環境にも配慮しているのだけど、
魚が住みやすい環境を…ということで、
人工漁礁としての役割も担ってるんだとか。

それにしても、D滑走路から飛び立つ飛行機は、
通路を通ってD滑走路に入るわけだけど・・
この絵を見てるとチョット不安。どぼーーんってならない??

P1010370

意外と見所が少なくて、30分くらいで退散。
思ったより遠いところからの見学でした・・・

もっと知りたい方は、こちらからどうぞ。
音が出るので注意!

帰り、そろそろ桜はどうかな?と思って、
六義園に寄ってきました。

ライトアップしていたので、まずさくさくっと、
夕暮れ直後のの庭園撮影を愉しんだり。

P1010402

これはこれできれいなんだけどね…
来た趣旨と違いますが…

P1010413

桜のほうはも全般的に微妙な感じ。まだ早かった。
それでも、内庭大門よりすぐ先の枝垂桜は、
それなりに開花はしていましたけどね。

P1010441

夜桜はキレイで趣がありますが、やはり撮るのが難しい…
こゆときにもっといいカメラがあれば、と思いますね。

P1010477

次は、土曜日に行ってきた
六本木アートナイト2010」の模様について。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウイスキーイベント 2010春。

ここにきて、サントリー&ニッカのウイスキーイベント。
コアなモルトのイベントもよいですが、
こういう裾野をが広がりそうなイベントもいいですな。

●ニッカ:マイブレンドウイスキーづくりに挑戦

・日時:4/28(水) 19:30~21:00
・場所:Nikka Blender's Bar
・費用:\4,000 テイスティング費含む
・講師:Blender's Bar支配人・平野和也さん
・概要:余市と宮城峡のモルト、そしてカフェグレーンで、
    オリジナルブレンテッドをつくりましょというもの。
    前回、わたしも参加しましたが、かなり楽しい!
    また行こうかどうか、悩み中。
・申込:Nikka Blender's Bar 03-3498-3338まで。
    定員(15名)に達し次第受付終了。

●サントリー:ブロガーイベント「森香るハイボールナイト2010」

・日時:4/20(火) 19:30~22:00
・場所:NOS ORG(4/1open予定)
・概要:ウイスキーとハイボールの基礎知識の講義、
    そして「森香るハイボール」体験に
    ハイボールと料理のマリアージュの盛りだくさん。
    サントリーさんのイベントはマヂお得です!    
・申込:こちらの応募方法からどうぞ。
・注意:ブロガーイベントなので、マイブログ必須。

やっぱり、サントリーが大掛かり、ニッカがこじんまり
という感じですが、どちらもイイ感じです。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台 vol.5 ~岩出山後編+鳴子温泉~

どんだけ、岩出山でひっぱんねん!
と自分でも思いながら、blog書いてるんですけど(笑)

有備館の隣にまた興味を引く建物が。

P1010300

実はココ、日本酒の醸造元。森民酒造店
森泉…というどっかで聞いたことのあるような(笑)
銘柄なんだけど。ホーローの看板がいいわぁ。

P1010302

試飲ということでナント4杯も!
それホンマに試飲か・・・けっこう飲んだよ(爆)

全般に甘めの日本酒。森泉純米冷酒が
いいなーと思ったんだけど、720mlしかない・・

そりゃさすがに飲めない&持って帰れない、
ってことで、特別純米酒もりいずみ180ml。
刺し身あたりと一緒に、たまには日本酒もいいかな?

さて、そろそろ岩出山を離れます。

他にも岩出山駅の鉄道資料館ポッポランドとか、
あそこのコロッケとか…すし屋なのに、
でっかく「らぁ麺」とかとか…あるんだけどね。
ま、なにぶん写真撮ってないもんだから。

最後に。メッチャ鯉かたまってる。
寒いから寄り添ってる?そじゃないか。

P1010304

あ・ら・伊達な道の駅で…

P1010312

寒いのにソフトクリームなんか食べちゃって。
お腹弱いのに・・でも、ミルク感満載で美味いっ!
でも、寒いっ!!

P1010311

だから温めましょう…というわけじゃないが、
たどり着いたのは鳴子温泉。1年ちょっと前にも、
ちょっくら寄ったところです。

ニオイが気になる人は気になるでしょうが、
温泉では硫黄泉って好きなんですよね。
The ONSENって、感じじゃありません??
あのニオイすら、むしろ好きだったりします。

ん…あれは…手湯?

P1010316

足湯は整備中でしたが(カタチすら見当たらんが)、
手湯ってのは、ホントに手を漬ける温泉。
けっこうコレでも温まるもんです。
てか、湯の出どころは熱い!

P1010321

前回は見つけられなかった「早稲田桟敷湯」。
早稲田大学の学生が掘り当てたのだとか。
建物のデザインが個性的。

P1010325

でも入るのは、やっぱり滝の湯。
この建物いいですよねぇ。

P1010329

あつ湯はホント熱いですが、
熱いからこそいいんじゃないですか。
温まりがハンパないですよ。
出てしばらくしても、熱い熱い!

さて、空も暗くなり帰る時間です。
駅でさくっと夕御飯をいただいて帰りました。

あの仙台駅の看板の裏。駐車場だったんですね。

P1010335

「究極の」親子丼を頂きました。飲み屋さんなのに、
3人ともアルコール一切なし(笑)

P1010338

お店の名前失念・・・

さてさて。はっちさん&なごみさんご夫妻には、
とてもとてもお世話になりました。

せめてのお返しということでお土産を
お持ちしましたが・・それも最後に・・・orz

数ある街でも、ココ最近指折りの大好きな街に
なりつつあります、仙台。
また、ぜひよろしくお願いいたします。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (2) | トラックバック (0)

仙台 vol.4 ~岩出山中編~

さて、お昼の時間。
あらかじめ、決めてくださってた
「キッチン食堂城山」にて。

いやーん、フォントに惚れるぅ。

P1010212

ムシガマで炊く御飯、食べてみてけらいん。
けらいん?

P1010208

今日のメニューはこちら!
頭の中でぐるぐるさせて迷いましたが、
ちょっと変わったカツオのシソ巻き揚げに決定!

P1010203

おおおぅ。こりゃーうまそーだわ。

P1010204

脂の乗ったトロカツオをさくっとシソで巻いて、
シソの香りをほんのりと感じていただきます。うまー。

おっとっと。全体図行く前に接写しちゃいました。
蒸し釜で炊いた御飯をはじめ、美味しい。
日ごろから、こういう食事をしてたいですね。贅沢?

P1010205

お次は、こちらに来るといつも買って帰るという、
はっちさん&なごみさん御用達の
パン屋さん「ひとつぶ屋」。

P1010215

建物もナイスですが、一歩足を踏み入れると、
それはそれは撮欲(笑)をかきたてる品々。
えーえー…どうし…と思うより早く、
「お写真とっていいですか♪」
はっちさん、有難うございます&さすがです。

P1010218

P1010219

P1010220

こういうの撮ってると、ホントに楽しいなって。
blog書くまではたくさんは写真撮らなかったのに、
そしてあくまで、写真はサブだったんですよ。

それが、自分の中で「伝統的」な「書きたい衝動」に
並ぶ新たな柱として「撮りたい衝動」がむくむくしてる、
そんな気がしています。

中国秦代の篆書でしょうかね?
一種のデザインとしても、いい味出してますよね。

…さて、肝心のパンは事前に予約しておくのはよさそう。
このあたりを通ることがあったら、
ぜひ食しながら、旅を続けられたらいいな。

P1010222

ぐるっと回って、有備館近くから。
おっと、マンホールは押さえとかなきゃね。

P1010230

スナック(?)と健康志向、ってなミスマッチにプッと
してしまいました。

P1010231

このあたりじゃ、かりんとうが名物?らしいのだけど。
いくらなんでも一斗缶はないだろう(笑)
しかもフタ閉めてんの、ガムテやし!

P1010232

一斗缶でも1,200~1,500円程度。安い。
でも…持って帰られへんわー。

JR有備館駅はホント、有備館のまん前。
開業10年の若い駅。

P1010235

無人駅ながら、駅は立派です。

P1010244

仙台駅にいた政宗騎馬像は今ここに。
個人的には仙台駅にごにょごにょ。新しくつくってー。

P1010240

さて有備館です。岩出山城のふもとにあり、
岩出山城二の丸が焼けたときの仮御殿として建てられ、
のちに武士の子弟の学問所として、
「有備館」と名を改められたという。

有備館駅のマスコットこけし・ゆうこちゃん。

P1010251

ごめん、やたらと色目つかってる政宗のほうが
気になってしょうがない!

P1010252

大阪人としては「淀川」の名には
敏感にならざるを得ない(笑)

P1010250

伊達の三つ引き両紋がぎっしり。

P1010257

屋内展示で廃藩から、北海道開拓に向かい、
現在の当別町の開拓が進むまでをいろいろ説明してあった。

1万石以上あった石高がたったの数十。
もうそりゃ、いきなり破産ですわなぁ・・・

意図がよく分からんが、政宗像。
ただ、どうしても天邪鬼なせいか、
そっちよりも釘隠しが竹雀紋
なってるところが気になったり・・

しかし、茅葺ってのも質素ながら、
味があっていいもんですね。

P1010268

…どうしても、どうしても…
1UPキノコに見える…すみません…

P1010283

今はココからは入らないのですが、有備館正門。
小ぶりだけど、しっかりとした武家の門、
という趣がありますよね。

P1010298

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台 vol.3 ~岩出山前編~

さて最終日。お休みを取って、岩出山に。
前回来た時には、建物もないしまーいっかーって、
通り過ぎてしまったのですけど、
そりゃ、機会があれば訪れておきたいところではあります。

お車出してもらって・・有難うございます、ホントに。

で、途中「河童のふるさと」を名乗る
色麻町(しかまちょう。読めないよね。)で一旦停車。
マンホあるから撮っときな!くらいの勢いで(笑)
そう…micioさんに連なるマンホ一族でしたね・・

美人ガッパにデレデレなカッパの図。
どこの温泉でしょうか?

P1010130

はっちさん&なごみさんが目を離したスキに、
ちゃちゃっと激写。漢字間違い2つ!出直してこい!(笑)

P1010133

さて、岩出山城址。江戸時代は岩出山伊達家が
治めていたが、石垣も見事にペロンペロンに剥がされ、
石垣を見れる箇所はかなり少ない。

というのも、亘理の伊達家と同様、明治期に
北海道へ移住、その資金のために売れるものはすべて
売りつくしたらしく、一説には石垣の石まで売ったとか。

でも逆に、土塁はよく残っており、
見る人が見れば、保存状況のよい城跡だ。

P1010139

まー、普通に見ればタダの盛り土なわけだが・・・

唯一石垣が残る、内門跡。

P1010140

妙に丸々した石垣が気になるが・・・
向かい側は上半分が土塁がむき出し。
途中まで石を取り去った後で、やめてしまったのだろうか?

P1010142

ただ、なんとなく門があったであろうな、
という姿は想像ができる姿ではある。

その奥には、伊達政宗立像。
戦時中に金属供出で騎馬像が失われたあと、
コンクリートでつくられたのがコレ。

P1010143

市民には不評だったというが、
…うむむ、そりゃ仕方ないのでは?という感じも。

だってー、なんかお腹でっぷりしてるし、
顔が丸々してて、○川家×みたいじゃーん(笑)
なんか、こうキリッとしたところがほしいよね。

一旦引き返して、SL広場まで。このSLはSLで、
なかなか撮り甲斐のある逸品。

P1010155

なんだか軍艦島行ったり、八甲田丸見たりしてると、
こういうサビサビしたのが愛おしくなってきたり・・・

P1010160

こんなこといってるから、移動手段として、
アレコレ電車に乗るだけで、鉄じゃない!と言っても、
はっちさんに細い目して「えー?」言われるんだろうな・・

SL広場から回り込んで、堀切に向かおうと。
途中にある池広場。えーっと。
ツッコミどころ満載すぎて、ちょっと困るんですけど(笑)

P1010167

堀切には鬱蒼と茂る雑草で、先に進めず。無念。

P1010161

下のほうに有備館が見えますね。
後で向かいますよ!

P1010165

SL広場から本丸へ戻るところ。
来れも往時の石垣なのだろうか・・・!?

P1010173

と思ってると、SL広場に観光バスが!
マニアックな人しか来そうにないんじゃ?
と思ったのだけど・・政宗ツアーとか?

P1010171

本丸をさっきとは逆向きに下って、
いろいろと郭を回ります。

城跡によくありがちな、なぜここ?的なモニュメント。
新しそうに見えるけど、意外とわたしと同年齢。

P1010177

意図したところとは違うけど、
堀切というか空堀。意外と偲ばせるものは残ってる。

P1010180

いかにも山城!という感じですね。
あまりにもはだかんぼすぎて、土砂崩れしないか心配。

P1010196

さっきの堀切の逆側。なんだか2,3歩先が
すとーーーんってなってそうでキケンキケン。

P1010198

うわうわ、建物崩れそうでキケンキケン!

P1010200

そろそろ、お昼なので一旦きりまーす。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仙台 vol.2 ~宮城峡+しばじゅんライブ~

なぜ、仙台に行くか?それはわざわざ、
しばじゅんのライブを聞きに行くのに、仙台を選んだから。
結局、仙台に行く理由を勝手につけてるだけなんだけど(笑)

午前中は、おヒマなので仙台に来て時間あるならば、
そりゃあんた、宮城峡に決まってるでしょーが。

これがまたねぇ…愛子(あやし)止まりの
電車のなんと、多いことよ。

冬の間は、作並駅からの送迎もないそうなので、
約2kmの道のりをテクテク。
寒空ですが、天気はよかったので佳き哉。

P1010105

見学はもう何度もしているので(爆)、
速攻で有料試飲会場&売店へ。

そばの売店では、伊達がもりもり売ってました。
また補充しとこーっと。
これでも36,000本限定ですからね。

P1010109

先日、トロフィーを受賞した竹鶴21年の
記念トロフィーのレプリカも(ややこしいな)。

P1010110

長く続いて、できれば定番になってほしいんですが、
やはり値段の割りにいい原酒を使ってるとのことで、
採算的には「?」なんだとか。むむむ。

まずはノージングサンプルから丹念に
香りを感じる・・・

カスクの25年、香りを感じてはたと。
樽番号同じじゃないか!62998。
あの長熟新樽の宮城峡。まだあったんだ・・・

そして、やたらとこの日はキャラメル+バナナを
感じた12年Fruity & rich。

確かめた上で、いざティスティング。
う、美味い・・・

P1010113

ふと見上げると、七夕じゃないんだが、
仙台七夕の飾りつけ。そしてなぜか戦国Ver。

P1010122

政宗クンは当然としても、泣き虫兼続(それは天地人だけ)
って・・・むしろ敵同士なんですが!?
それに・・信玄おじさん!なぜ、あなたがココに(笑)
居るんだったら、白州でしょうよ・・・

奥には真田、更に奥には・・・いやいやいや。
将は将でも…現代のぼやき将軍(笑)

P1010115

なーんて、悦に入って完全に酔っぱらい。
昼間から酔っててもイイありがたい空間。最高。

ただ、次があるのであんまりよっぱよっぱだと
ちょっと申し訳ないんで2杯…といいつつサービスで
伊達を頂いてたりするんですけど、仙台に戻ります。

しばじゅんの会場は、イズミティ21。
事前に調べときゃ済む話ですが、はっちさんに、
地下鉄終点の泉中央よーって、先日の間に
教えてくださったので、助かりまちた。

15:30前に着いたのですが、グッズに群がる輩
(そして自分もそのひとり)でいっぱい。
人気のUSBメモリは早々に完売。

ここは実用的なハンカチ、タオルや
旅の際に重宝するエコバッグをげっとです。

開幕前にまたぐらり・・として、
おろろと戸惑いそうになりましたが、
無事、楽しめて何よりでした。

席がまたねぇ・・・すっごい前なんだ。
前から5席目。うわーうわーうわーって。すげー。
こんなに前で見ると興奮します!

当たらし目の曲もさることながら、
お気に入りの「白い世界」があったりとか、
知るきっかけになった「月光浴」は外せないとか、
自分自身がこんなあったかい曲をかけるんだ、
と自信を改めて取り戻した「君へ」など、
どれもよかったですね。いいわ・・・やっぱり。

個人的に「うちうのほうそく」のツチノコが
みょーんって何度もでてきたのが・・・笑。

まだまだわたしなんかこんな素晴らしい人と・・
というほどの、素晴らしいバックミュージックもあり
歌声だけでなく本物の演奏を聴かせるステージでもあり。

でも、MCは相変わらず、”気まずい”(本人談)感じ。
でもそれがとってもlovelyなんだよな。

何気にすごく仙台びいきなしばじゅん。
一人できて青葉城あたりを
うろちょろしちょるらしいです(え?)。

自身で”緊張大魔王”とよくいいますが、
最近は緊張よりも、楽しい、わくわくと思えるそうで、
見ているほうも安心しますね。

アンコールのときのアカペラが多かったのも◎。
友人になんでなかったの!って前回怒られたらしい・・
トークのゆるさもいいなー。

わざわざ”仙台で”聴きにいった甲斐がありましたね。
うーむ、満足満足。

翌日はお休みを頂いて、再度はっちさん&なごみさんと
待ち合わせ。リクエストをさせていただいて、
仙台に城を築くまでの12年間の政宗の居城、
岩出山城址に向かいまする。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台 vol.1 ~Bar Andy~

さて、CP+のあと。そのまま新幹線に乗って、
北へ一路、仙台まで。えきねっと限定の「トクだ値」で
30%割引と相成り、7,000円ちょっと。

駅のホームでおっ・・・というのは、
リアルタイムで更新したとおり、伊達なハイボール

一旦、ホテルにチェックインしてから、
チョットぼーっとしつつ、
はっちさん&なごみさんと待ち合わせ。

以前から行ってみたい!とのことだった、
Bar Andyに向かいます。

途中、明後日の方角に向かったりもしつつ(笑)、
無事到着。食事はどうしましょっか?という問いに、
なんかあったはず、という直感でありますよーと
一声かけたものの・・・

お腹にたまりそうなのはピザくらいでした(滝汗)
美味しかったので個人的には満足でしたが、
大丈夫だったでしょうか・・・

P1010093

あと、チーズ盛り合わせ。真ん中にあるのは、
ハチミツ。ほほぅ、チーズにハチミツをつけて食すとな?

P1010096

つい先日なんですが、あれれ・・皆さんの飲みものを
はっきり憶えてないな・・・

1杯目ははっちさんマッカラン梅酒ロック。
てか、マッカラン梅酒って!
それに、ストレートに氷が別立てで出てきて、びっくり。
ロックって頼まないから・・そうなんだ、と感心。

なごみさんは、ちょっと強めのギネスだったかな?
わたしは、宮城峡10yoのハイボール。

はっちさんは次、何かのハイボールだったんだよな・・・
なごみさんは宮城峡のハイボール→ロックのはず。

おっきな氷をカツカツ削ってつくった氷。
こういう氷が出てくるBarはいいですよね。

P1010101

わたしは次に、ニッカ70th anniversary
シングルグレーン。他はsold out。
ま、そりゃそーだよね。
お二人にも香りは好評でしたよ。

P1010094

それにマッカラングランレゼルバ12年、
に1980年蒸留のシェリー樽にハイランドパーク25年旧ボトル…
すみません、どんどん飲んでしまって。
(あ、ハイランドパークはさすがにハーフショット!)
ホント、申し訳ないッス<はっちさん、なごみさん

P1010102

途中、マスターも出勤され、ご挨拶できてよかったです。
東京から遠く離れた場所なのに、
心落ち着ける場所があるのはうれしいことです。
改めて、ご紹介いただいたKaoriさんに感謝です。

はっちさんにはひざ掛けが出てきたりして、
さすが!という一幕も。

いやぁ、仙台行くときには必ず行かないとね。Andy。
Barはあまりご縁がない?かものお二人でしたが、
いい時間であったなら、幸いです。

途中の地震だけはビックリしたけどな!
なーんかいやな揺れ方で。

一度お別れして、翌日は宮城峡。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (5) | トラックバック (0)

CP+ 2010。

さて、先週。まずはカメラのイベント「CP+」。

昨年はビックサイトで「PIE」という名前でしたが、
今年は会場をパシフィコ横浜に移して。

実は、パシフィコ横浜に程近い「万葉の湯」が
けっこう好きで(ちょっと高いけど)、
早めに上がって一旦家に帰って、仙台に行く準備して、
温泉つかって朝から直行!と思ったんだけど・・・
時間的にムリだった(笑)

そんなにヘビーな撮り手ではないので、
レンズメーカーとか、機材の類はあまり見に行かず、
大手どころをくるくる…という感じ。

●FUJIFILM

前回PIEでは、参考出品だった3D映像を
撮影できるコンパクトデジカメ。

P1000865

試作機の時には、3D感がキツ過ぎて、
くらくらしちゃいそうでしたが、その点は
ソフトに押さえられてる感じですね。

機能的にはほとんど同じかな。
左右にあるレンズで左目用・右目用の映像を撮影、
それを3Dとして見せる工夫がされてある。

面白いのは、3Dって複数の方式があるんだけど、
コンテンツとしては全部同じなんだとか。

だから、このカメラで撮った3D写真・映像は
プロジェクタ・モニタ・PCで異なる方式を取っていても、
全部対応してるんですね。ふむふむ。

なんだかよくわかりませんが、実際見ると
カメラでも3Dであることが分かるんですよね。

P1000867

ボタン1つで2D⇔3D。てか、このボタン自体は
押しにくいよなぁ。

P1000869

あと、デジタルフォトフレームだったり・・・

P1000872

3D対応モニタ(テレビだっけか?)も。

P1000874

こちらはnVIDIAのグラフィックボードを活用し、
右目向けの画像と左眼向けの画像とを高速に切り替えることで、
PC上で3D映像化させている。

P1000880

モニタは120Hz駆動の倍速液晶以上なら、
どのモニタ・テレビでも問題ないとのこと。

Webカメラみたいな、こんな装置を装備。

P1000882

シャッターグラス方式だからメガネ側も
電力が要るんだろうなぁ。

P1000884

あと、3Dプリント。今でも申し込めばできるらしいが、
こういった端末を配置することでより多くのお店で、
3Dプリント対応ができるとのこと。

P1000876

…技術的にはすごーいとは思うんだけどね。
あまり、写真を3D化することには興味が起きなかったりする。

テレビもやたらと3D!3D!って言ってるけど
(去年のCEATECとかまさにそう)
どうなんだかね、とちょっと醒めた目線を送ってしまう。

その他、PINEPIX HS10の動体キャンセル機能。

1回のシャッターで5枚の画像を連写し、わずかな差分から
動きのあるものを消去した映像を撮影。

人の多い観光地とかだと、どうしても人がわんさか
入りこんじゃうじゃない?

アレをきれいに消して、撮りたいものだけを
撮るということができるんですな。

なかなかコレはおもしろい機能。
動かないものはしっかり動かずに撮らないといけないから、
三脚は必須だろうねぇ。

デモではこんな感じで撮影。ちょっと小さいけど、
カメラの液晶の左脇になんか見えるでしょ?

P1000913

これ、一輪車に乗った人の絵が風景の前を
うろうろーうろうろーしているわけよ。

で、撮ったのがこの写真。
見事に一輪車が消えておりまする。

P1000912

現実そんなうまくいくんだっけ、というのはあるし、
コレがあるから買う決め手になるかというと、
そうでもないんだけど、すごく興味がわく機能でした。

●Panasonic

LUMIXは、あんまりめぼしいものはないかも。
新しく出たモノとしては、DMC-G1の後継機種である、
DMC-G2が出ているくらいかな?

タッチパネル液晶でタッチすることで
フォーカスしたりだとか、超解像技術が新しいトコ?
ま、でもマイナーエンハンスだよね。

どっちかというと、GF1のほうが気になってます。
てか、ずっと前から。勢いで買っちゃっても
いいくらいなんですが、LOOX Uを買った後なので・・・

P1000929

新色のシルバー。適度にメカっぽい感じの
カラーがいい感じです。ってわたしにはイイですが、
女性受けしなくないんじゃ?という気も。

P1000932

こういうピンクピンクした色も用意してあったりはするけど、
そもそもの発想として、G2発表時の記事とかを見ると、
F1層よりもF2層あたりを狙ってるフシもあって、
意図的なこと、かもしれませんがね。

コレも目新しくないけど、タフスリムFT2。

P1000939

そういうシーンで撮るんだっけ?
といわれるとアレなんだが、とりあえず
防水・防塵・耐低温を1台持っときたいな
という気はしています。

●SONY

ソニーもついにマイクロフォーサーズ規格の
マイクロ一眼に参入する様子。

でもとりあえず、カタチと重さが分かる
モックアップともいえない粘土造り(笑)
みたいなのしか、触ることはできず。

P1000948

遠くのほうで、着色したモックアップ。
なんかLUMIXみたいですけど?

P1000951

結局、どんなものはよく分からんかった。
いずれ発表になるんだろう。

●OLYMPUS

やっぱり、PEN Lite(E-PL1)ですね。
このレンジのカメラが気になると、必然的に視界に
入ってくるカメラです。

P1000967

個人的にはどうしてもブラック系を好むのですが、
このボディに合うのはやっぱりホワイトだな、
と思わせる柔和なデザインが特徴的。

特に手をかけるところのベージュが、
いいアクセントになっています。

とりあえず、ピンクにしとけっちゅーんじゃなくて
ホントに女性の方がデザインしたんじゃ?
というそこはかとない女性らしさを感じます。

だから、逆にブラックが違和感あるんだよなー。
そんなことないです?

P1000971

説明してくださったコンパニオンさんは、
ご自分でEP-1をお持ちだとか。
これがあるのが分かったら、絶対コレ買うのにーって(笑)

たいてい間際で詰め込んだであろう知識で
説明されることが多いんだけど、
ホントに写真が好きで、自分のことばで
説明してくれていたのが、とても感じよかったです。

あと、実際に買ったオレンジスカイさん
おっしゃっているように、背景をぼかす、
明るさを調節する、とかとかが非常に分かりやすい。

専門用語を使わなくても、ちょいちょいって
カンタンに調節できます。
こちらのページで擬似的に体験することが可能!
よくできたカメラだなーと思います。ユニバーサルデザイン。

操作系に関してはすごく保守的なわたし。
一回慣れた操作系から違うのに移るのにとても困るのですが、
これだったらイイかな?とちょっと思わせます。

●Nikon

すいませんっ!カメラの写真がないのですが(汗)
奥のほうで皆さん、熱心にレッスンを受けてられましたよ。

P1000980

このblogに来てくださる方々にも多いですが、
カメラ好きな女性はホント多いんですねぇ・・・
この参加者の方々、わたしなんぞよりも
カメラの知識お持ちだと思います。

●日本カメラ博物館

日本カメラ博物館からも出展。
昔の珍しかったり、変わったカメラが一同に展示!
その中からいくつかをピックアップ。

1957年製のミノルタ16。
電子回路を持たないカメラだそう。

P1000991

重さは約150gというから、ちょっと重めの
ケータイくらいの重量。

この当時からこの重さのカメラがあって、
なおかつカラバリがあったということにオドロキ。

なんたって「ちょっとしゃれたアクセサリーに!」
ですからね。感心しちゃいます。

P1000993

ざっとググッたところ当時の販売価格が約4,000円。
日銀のこちらのページを参照すると、
2008年度の消費者物価は、1957年度の約5.8倍。
ということは・・・約23,000円。

あれ?けっこうリーズナブル?
買えなくはない金額だったりする??

こちらはリコーのゴールデンステキー。

P1000996

主にアメリカへの輸出用だったようですが、
それなりの機能はありつつ、デザインは35mmカメラっぽく、
そしてあまりに小さい・・・のがかわいらしく、
けっこう人気だったようです。

超特殊な全天カメラ。学術用や気象観測用。
どんな画が撮れるんだろう??

P1000997

ソルントン=ピッカード 射撃カメラ MarkIII。
なんとも物々しい名前だけど、第1次大戦期にイギリス空軍が
利用した射撃訓練用のカメラ。

P1010006

引き金を引くと目標物を撮影し、ターゲットが
キッチリ映せるように訓練するわけね。

二眼レフカメラ。これって、博物館以外じゃ
なかなか見れない代物。

P1010011

ウチにあるミノルタSRT-101とちょっと違うけど・・・
それより約8年前に発売されたミノルタSR2。

P1010013

古いものは見てるだけでも、楽しいね。
そこまでカメラ好きじゃないんだけど・・・
要は古いもの好きってことか!?

●その他

その他いろいろ。薄っぺらいお姉さん。
CEATEC以来の登場かな?

P1010030

取り込んだ写真を自動的に絵みたいに徐々に変換して
動きをつけてくれるフォトフレーム from CASIO。

P1010042

まぁ、フォトショップでも使えば、
簡単にできちゃうんでしょうけど、入れておくだけで
こういう動きをするのは、デジタルフォトフレームの
新たな位置づけとしてアリかもなーっと。

と、今回はこんなくらいでしょうか。
展示会としては小ぶりなほうで、4時間そこそこで
行きたいところは全部回れました。

コレくらいが疲れなくていいかな・・・
CEATECとかデザフェスとか、歩き過ぎて
ふらふらになるもの・・・

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (2) | トラックバック (0)

Tokyo Spring Tasting Week。

さて、お次。

3/8~3/14のソサエティボトル、
春の新商品のテイスティング。
Bar HIGH SOCIETY@パークホテル東京。
# Tさん、こないだ言ってたアレだよ。

P1000864

ホントなら、3/8に参加しておくと、
全種類が4,000円(メンバー価格)で頂けるのですが・・・
ま、しゃあないね。

●119.12 山崎16年 ミズナラ樽 54.0%

度数の割りに最初に感じるアルコール感が強く、
マジックインキ系のガツンがくるが、
じきに変わっていくところは116.16と似てる。

が、樽感というよりはダイレクトに”木”を感じる
というほうが近いか。いつも感じるミズナラと
ちょっと違うなという感じ。

この違いを上手に説明できないのがもどかしい。

個人的には若干加水した後のほうが、
安心感をもってミズナラを楽しめた感じがする。

余韻も、そしてグラスの残り香までも、
じっくりミズナラを堪能できる逸品。

●97.18 Littemill 19yo 1st-fill ballel 56.7%

まだまだスコッチは初心者なわたし、
聞きなれない蒸留所ですがすでに閉鎖されているそうで・・・

バナナといえば個人的には宮城峡なのですが、
軽やかなフルーティさとは違った、
熟成感がしっかりしたバナナという感じ。

●29.79 Laphroaig 10yo refill bourbon hogshead

オフィシャルの10年よりもピートピートしてなくて、
甘さがしっかり感じられる。

やっぱり、ピーティなのってバックに甘さは
必須だよなぁなんて思いながら・・・

てか、やっぱりティスティングには、
もう少し少なめでいろいろ試したいなぁ。
だって、リトルミルの終わり頃から本格的に酔ってきたし(笑)
やっぱり、月曜日に来るのが正解ですね。うむむ。

今回はパッとみて、これだっと思った山崎16年。
コレが一番印象的だったですね。
やっぱり・・・ジャパニーズが好きなんだな、と。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高速道路を歩こう!

…しばらく空いちゃいましたね。

先週は仙台を満喫していましたが、
実は先々週もイベントに参加。
それも高速道路を歩こう!というもの。

普通、高速道路は歩けません。
というか、法令違反で罰則の対象になります。

が!

今回は、大橋ジャンクションが開通間近!
ということで特別に開通前に公開されてたのでした。
# soraさん、情報ありがとうございました!
# ご一緒できずに残念でしたが・・・

東急田園都市線の池尻大橋駅から徒歩。
言われないとジャンクションって分からないかも?

P1000622

あいにくの雨模様でしたが、
結局建物の中、ということで何の障害もなく。

事前申し込み制ということもあり、
大行列もなくけっこういるなー程度で見学も快適。

P1000629

徒歩でこういう看板を見るのって、
すごく不思議な感じ。特にわたしは東京来てから、
自分で運転することがないのでなおさら。

P1000641

入ってしばらくはライトアップが続きます。

P1000644

なんだか雪の結晶っぽい?

P1000652

でもむしろ、こういうなんてことない
看板撮るほうが気になったりして。
コンデジじゃ、こういうヒカリモノは撮りにくい。

P1000663

続いてはいろいろ建設にまつわる話や、
将来こうなりますよーとかアピールポイント。

道路の赤・青はさっきの看板とリンクしてる。
道路が青いほうに向かうと、青で示されてた東名方面へ。

P1000677

普段はめったにお目にかかることがない、
高速道路の非常電話。

P1000685

さすがに実際触るのはチビッコ優先。
有事の際には慌てて何を話したらいいか分からない…
そんなときのために4つの黄色いボタンで、
何が起きてるのかを伝えることもできるとか。

これも開いてるトコ見ることはまぁない、
泡消火栓。

P1000687

職員の方にシャキッと構えていただきました!

P1000691

これ、無尽蔵に見学客がいたら、
人・人・人になっちゃうんじゃないでしょうか??

P1000694

道路上で見つけたコレ、なんだろう・・・

P1000709

東名高速に繋がる側の先へ行ってみました。
当たり前ですが、普通に車が走ってます(笑)

P1000713

日本人が大好きな記念撮影用ボード。

P1000715

でも、わたしはこういう方が気になったりします。
高速のランプをこうしてはなかなか撮れないでしょ。

P1000717

非常口。今だからいいけど、
ホントの「非常」時にはぜひ、お世話になりたくないところ。

P1000724

ここからはチビッコお待ちかねの、
「はたらくくるま」のコーナー。
まぁ…まともに写真撮れやしない(笑)

人気の高い消防車。

P1000727

一応、消防車であることはお分かりいただけるでしょうが、
人を入れずに撮ろうとするとこういうのでやっと。

P1000737

高速道路なので、高速道路専用の業務車両も。

P1000739

ウニモグ??

P1000746

nikko81(以下n)
「ウニモグってなんスか」

スタッフのおじさん(以下お)
「こういうのをウニモグっていうんだよ」

n「え?どういうの?特長とかは?」

お「うーん…」

…それくらい、勉強してきてくれ(苦笑)

結局、家に帰ってWikipediaで調べたがな。

Universal-Motor-Gerät、これをUni-Mo-G。
なんだか、McDonaldを「マクド」と略すのに通じる?
ドイツ語独特の略号法だとか。

これ、メルセデス・ベンツブランドなんですな。
ちっともセレブ感はなく、地道な労働者って感じのベンツ。

P1000747

この写真からみるに、トンネル壁面の清掃車、
っぽい気がするね。

続いて、チビッコにこれまた人気のパトカー。
ただこれも実際の場であまりお世話になりたくない・・・

P1000751

同じく白バイ。

P1000755

黄色いのも。黄色は高速道路パトロールなんだろうけど、
車は見たことあっても、バイクは知らんかった。

P1000756

さて入り口まで引き返してきて、さらに逆方向へ。
将来の大橋ジャンクションの模型。
緑豊かな公園になる予定…らしい。

P1000777

ただし、すぐではない様子。

Mr.ETC。車に乗らんもんだから、
こんなゆるキャラがいたのか、と初めて知り。

P1000783

なんか台北101のキャラにも似てる?
(目鼻を文字で描くところね)

大橋ジャンクションを走ってみようというヤツ。
皆さん、軒並みできたての大橋ジャンクションを
ボッコボコにしてましたが^^;

P1000789

その先では、東山小学校の吹奏楽部?
の皆さんによるオーケストラ。確かに密閉された空間、
音が響いて、オーケストラ向きかも。

P1000815

更にその先では・・・地面が濡れてます。

P1000844

コレ、火災鎮火用のスプリンクラー。
15分に1回・・・だったかな、デモをしてくれてます。

キタッ!放水~!

P1000848

ド迫力でした。あとけっこう水飛沫が飛ぶので、
カメラが心配であまり撮れなかったな(笑)

天井の形に合わせたんだろうか?
妙な形の案内板。

P1000842

さて、ここでおしまい。歩いた距離としては
(よく歩くわたしとしては)さほどなかったのですが、
けっこうな枚数の写真を撮りました。うん、おもしろい。

P1000857

この日の夜は、キムカツ恵比寿本店へ。
ゲンカツ吉祥寺はたまに行くんだけど、恵比寿本店は初。

今月の月替わり・明太マヨネーズを。

P1000860

ココはやっぱり高いんだけど、
美味しいですね~

明太子にマヨネーズ、そしてチーズ。
カツにコレだとしつこくなりがちだけど、
さくっと食べられるところはさすが。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

仙台に来ています。

午前中は、カメラのイベント「CP+」で
横浜へ、そしてサクッと回った後には仙台へ!

新幹線を降りたら、昨日オープンしたばかりの
こんなお店を発見!

P1010083

しかも!伊達なハイボールですと!
仙台ならではですなー!こりゃ、突撃でしょ!

P1010084_2

立ち呑み・伊達や。ホントッに開店ホヤホヤ。

P1010087

ということで、伊達なハイボールを頂きました。
伊達好きにはとてもうれしいですね。

P1010090

改札内ってのがちょっと残念な気もしますが…
この伊達なハイボール、仙台では他でも飲めるんでしょうか?
ぜひ、盛り上げていってほしいですね。

がんばれ、伊達!がんばれ、ニッカ!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

LOOX U/G90、3週間経って。

LOOX U/G90、基本的に満足してます。
明らかにLOOX Pがお出かけする出番が減(笑)

3週間経って、すっかり生活になじんできたところで
いろいろ気づいた点をレビューしていこ。

●持ち上げて使うのがキホン。

開発者の方のコメントにもあるように、
キーボード部分を持ち上げて使うのが、
一番使いよいという気がしますね。

真ん中のキーが届きにくい…という声もあるようだけど、
逆にそうすると据え置いて使ったときに、
キーボードが小さすぎる。

コレを中途半端と取るか、絶妙なバランスと取るか。
手の大きさによって評価が分かれそうだけど、
ちょうどギリギリ持ち上げても使えるイイ感じ。

●タッチパネルは脇役

実は、モバイルならタッチパネルだ!
とずっと言ってきたのですが、
このLOOX Uに関しては、すっかり脇役…ですね。

据え置き時はポインティングデバイスが
使いにくくなるので、必然的にタッチ操作になるのだけど…

5.6"型×1280*800の解像度のせいで、
小さいボタンが押しにくい!

あと、何度もタッチパネルの位置修正をしても
どうもズレてしまうんだよなぁ。なんで?

慣れるにつれ、こうやりゃいいんだな?
という感覚はあるんだけどね。

ということで、後ろ向きな理由だけど、
結果的にコンバーチブル構造はなくていいかも、
という感じに落ち着きそう。

ただ、よく使うのはフリック動作。
iPhoneとかである、指でちょいちょいってやって
スクロールしたりするヤツね。

あれはよく使ってる。使いやすいわー。
左右で戻る/進むというのもGood。

●画面

画面はきれいです。一時期のタッチパネル=透過度が低下
=チョット色の出が悪いという感じがないですね。

あと、持ち上げて使うと目と画面が近くなるせいか、
タッチはしづらいけど、見る分には文字の小ささは
個人的には無問題でした。近視だし(笑)

●キーボード

とはいえ、それなりに文字入力をする際には、
据え置いてキーボード入力したくなる。

もともとタッチタイプができないわたし(え?)、
それなりのキーピッチがあればOKで、
LOOX Pと比べ変則的な位置に慣れさえすれば、
さほど苦労することなく、タイプOK。

長い文章のblogを更新はしたくないけど、
ちょっとした記事ならできるかなーという感触。

据え置きもOK、持ち上げて使うのもOK。
この微妙なバランスが…わたしはお気に入りのひとつ。
ペンタッチの精度がもうちょっとよかったらなぁ。

個人的にはF1~F6よりも、F7~F12のほうが
使うのにな…という気はするけど。

あと表面処理ね。この後にあるように
外装もテカテカなら、キーボード含めた内部もテカテカ。
キーボードはテカラなくても…という気はする。

●電池のもち

まぁ、悪いですわな(笑)
PCの場合、JEITA基準測定値の半分が目安になるが
実際、コイツも2時間ちょうどくらい。

ハイバネ(休止状態)を使っていれば、
会社の往復くらいは何とかもつし、
初回プレゼントでもらった
スペアバッテリがけっこういいのだ。

なにせバッテリが薄くて軽いので、
もう1個予備に持っててもぜんぜん平気。
AC持ち歩くくらいなら、マシでしょ。

ちょうどこれで実稼動4時間。なんとかなる範囲。
カバンにもスッと入るしね。

旅のときはAC持ってても小さいので、
コレも助かる。が、LOOX Pと共通じゃないのは…困るぅ!

●デザイン

わたしはモカブラック。真っ黒黒じゃなくて、
ちょっと濃茶くらいの色がいい感じ。
チョコっぽい、っちゃーチョコっぽい。

珍しく底面にも塗装。モバイルガジェットヲタクには
どうだっていいのでしょうが、わたしもちょっとは(?)
そういうところにも意識が働くようになって、
なかなかイイなと思うように。

ただ、どうせキレイに塗装するなら、バッテリの形を
底面全体にできなかったのかな?

本体とバッテリが分かれる線がはっきり見えるのは…
どうだろうか…こだわりが足りないような。

それはそうと、一番好みを分けるであろうポイントが、
光沢処理だそうな。要は指紋が付くのが
気になるか気にならないか。

以前、INFOBARを買ったときにもそうだが、
個人的にはまったく気にならない。
コレばっかりは、個々人の趣味だろうなぁ。

●スーツの内ポケ

キムタクのCMよろしく、ホントにポケットに入れて
持ち歩いています。プライベートのジャケットにも、
仕事用のスーツにもすっぽり。

ただ、入れる際に慣れないとなかなか入りにくい。
入れようとしても口が閉じて、実は入ってなかった、
ということもあるので、落とさないように気を付けないと。

|標準バッテリーを装着して上着のポケットに入れても、
|スーツが引きつって見栄えが悪いからだ。

という人は、実際に入れてみたんでしょうかね?
意外とイケると思いますがね…

むしろ、PC本体の形が崩れるLバッテリのほうが
もっとイケてない…

ということで、LOOX Uの色に合わせて、
ブラウンのネックストラップを買い、
スタイラスのストラップにつなげてから、
内ポケに入れるようにしてます。

持ってるときはそうも気にならないのだけど、
満員電車のときとか、LOOX Uを入れてるほうのポケットを
自然とガードするように腕が動く(笑)

何かの拍子でコツンと当たっても、
大丈夫かいな??と思ってしまったりはするな。

●軽さ
おっとっと、危うく書き忘れるところでした。
そう、忘れるくらい軽いんですよね。495g。

コレに慣れてしまうと、1kg近辺のPCを
毎日持ち出すなんて…ありえません。
ましてや1kgoverなんぞ…

●WiMAX

せっかく入ってるんだから、試してみよっと、
くらいの気持ちだったのだけど、
15日間の無料体験でしっかり使い込み、
それなりに首都圏・関西圏ではエリアがありそうなのと、
やはり、速さはさすがだなということで、
完全にWILLCOMからスイッチしました。

立川の自宅では初めは1Mbps程度だったのが、
場所に寄れば3Mbps近くに。都内だと、5~6Mbps出て、
こりゃー、すげーなと。

関西圏でも京都駅周辺やJR京都線~JR神戸線などで
使ってみましたが、なかなかイケます。

ただし、移動はところによっては
ちょいちょい切れたりして、うーんというところも。
移動にはまだ弱い印象かな。

あ、そうそう、山崎蒸留所でも
問題なく使えましたよ!

●Bluetooth

コレが付いてるのは、やっぱり安心する。
WiMAXが不調なときは、G9+Bluetoothで
とりあえずはつながるからね。

あと、LogitecのBluetoothワイヤレスヘッドフォン
音もバッチリ。

●その他

USBやCRT/LANケーブルその他が全部前だったり、
スタイラスが本体に入らない、
スタイラスストラップを通す穴が
何で左にしかないねんとか…
明らかにツッコまれるやろ、というポイント。

USBはとりあえず、つなげるものがないのでよくわからん。
CRT/LANケーブルは…やっぱり持ち上げるのが基本、
と考えると、まぁ違和感はあるが致命的ではない。
なんでやねん感は拭えないけど。

スタイラスは本体に入らなくていいけど、
やっぱ、右にほしいなという気はする。
左でも使えなくはないんだけどね。

でも…なんで?という気はするよね。
あえて火より明らかなツッコミどころ用意せんでも…

あと、CPUはやっぱりZ550にしておいてよかったな。
SSDも64GB。Windows 7のせいか、あるいは
SSDがLOOX Pのより高速なのか、
(それでもSATA⇔PATA変換されてるけど)
ハイバネがまぁまぁの時間が立ち上がってくれるのが
なかなかいいですね。スリープはバッテリ減りすぎ!!

●結局、のところ。

アレコレ言い出すとキリがないんですが、
要はいつもの(Windowsの)画面を持ち歩く、
というところにどこまでのアドバンテージを感じるか?
というところでしょうね。

これまでモバイルしてる人は当たり前に持ち出してても、
あんな重いの、あんな大きいのを持ち出すなんて…
というところは十分クリアしてるでしょうから。

わたしもいつもの環境がギュッと詰まってて、
そのまま持ち歩ける気になるってところが
やっぱり今回ポチした理由かな。

思いのほか、いつもの環境を立ってても使える、
というのは快適ですねぇ。

LOOX Pはいつも持ち歩くわけにはいきませんからね。
それでも1kg以下でコンパクトなんですが、
さすがにカバンなしというわけにはいかないし。

数あるレビューでこの記事が面白かったです。
なかなかこういうのの、女性目線の記事ってないですからね。

ということで、他にLOOX U使ってる人を
みないかなーと思って、これからも持ち歩くことにします(笑)
気づいた点が新たに出たら、その都度追加ってことで。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

戦後直後のウイスキーの香りとは・・・

ちょいちょいネタ記事書いてくって言ったのは、
どこのどいつだ、という感じですが・・・
(にしおかすみこ?)

もうニュースにちょいちょいコメントしてくのは、
難しいのかもな・・方向転換が必要でしょうかね?

ま、そゆことはおいといて。

金庫に眠っていた60年以上前のニッカのウヰスキーの話
「イザ」より。株主への配当代わりにだったとか。

度数が14.5%まで下がってるらしいのだけど・・
どんなウイスキーじゃいという感じもするなぁ。
ストレートで飲んでもすでに水割り、みたいな(笑)

ニッカのイベントによく来られる久光さんも
頂いたそうなので、今度お会いするときに詳しく
感想を聞こっと。興味津々。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柄にもない話を。

これだけウイスキーの話題を書くようになったので、
ウイスキー好きというのは分かるかと思うのですが、
香り全般に比較的敏感なのかもしれません。

今はしてませんが、以前は茶香炉で
お茶を焙じてたりしたのですがね・・・
お茶の香りは緑茶も紅茶もほうじ茶も好きで。

あと、バニラっぽい香りのする紙のお香
papier d'armenie(パピエダルメニィ)」とか
買ってた時期もあったなー。

逆に、ガソリンスタンドのニオイがダメだったり、
タバコはもってのほか。
まぁ、飲み会で吸う人がいたら・・・
そのときはいいけど。

納豆のニオイもダメ。味がどうのではなくて、
ニオイがダメ。決定的にダメ。

前置きが長いですが、ちょっと遡って
減量をしていた数年前。ちょうど岩盤浴を始めた頃。

とある岩盤浴のお店にかなりの頻度で
行くようになり、懇意にしていました。
(た。と過去形なのは閉店しちゃったからだったりする・・)

そこで頂いた試供品みたいなシャンプーセット。
カモミールの香りがちょうどイイ程度で、
ちょっとずつ使ってたのですよね。

アロマキャンドルはどうにも香りが強すぎて、
合わないみたいで、でもコレは香りのよさもさることながら、
その香りの強さの塩梅が好みだったわけです。

それがふとしたとき、あれ?これもしかして?
とWebの広告に目に留まって。
それがこちら。AROMA ESS(アロマエッセ)

|ホテルやスパアメニティで、この使い心地が
|忘れられないお客さまのご要望にお応えして

へぇーそうなんだーということで、
ポチしました。実はお店では売ってなくて、
販売元のPOLAの会員にならなくちゃいけないんだけど・・・

このわたしが「POLA」という会社とお付き合いがあり、
ましてや会員登録するなど、思ってもみない話で(爆笑)

ね?「柄にもない」でしょ?

わたしがお店で頂いたのはトラベルセットでした。
試供品じゃなかったんだ(笑)

お試しにまずいかがでしょうか?

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彦根にも行ってきました。

日曜日。用事は昼からだったので、
どこかに…ということで、あえて実家には泊まらず、
彦根で宿泊。意外とこれが滋賀県初宿泊。

ということで経県値+1。これで未宿泊地は、
茨城・埼玉・群馬・富山・和歌山・鳥取の6県だな!

彦根に泊まったのは、彦根城狙い。
何度か行ってるけど、すごい久し振りだし。
5年ぶりくらいかな?

なんだかいろいろ印象が薄くなってて…
こんなところあったっけ?

P1000375

厩(馬屋)が公開になってました。
城内の厩が残っている例は、確かに少ないかも。
ウマがどことなくニヤついてるのは気のせいか(笑)

P1000382

外では、梅がそろそろ開花。いい香り。
そか、もう3月だものな。

P1000389

ポストに乗っかる彦根城。

P1000396

佐和口多門櫓無料公開…ってあったら、
そりゃ入るっしょ!

P1000400

彦根城全体模型。琵琶湖湖畔の城というイメージで
どことなく水辺の城のイメージもあるが、
こうしてみると、典型的な平山城だな。

P1000405

外に面した壁の下から3/4ほどのところまでは
外壁の厚みが違う。おそらく防衛上の理由だろう。

P1000409

櫓から出たら、その足で彦根城博物館へ。
ちょうどひこにゃんの登場時間だったけど…見るのに
並ぶんだもの…ちょっと遠慮しちゃいました。

井伊の赤備え。もとは武田の赤備えなんだけどなぁ…
という解説は一切ナシorz

P1000425

湖東焼。赤を基調にした鮮やかな焼き物。
中は鳳凰の図案かな?おめでたそうな逸品。

P1000436

こちらは、水鳥をイメージして模った焼き物。
遊び心あっていいねぇ。現代でもあっていいよね。

P1000435

表御殿の一部を復元したところにあった枯山水。
日差しも暖かで、前に座ってぼーっとしてました。

P1000444

さて、いよいよ本丸に向かいます。

P1000457_2

天秤櫓。ちょうど堀切の上に建ち、
橋で渡るようになってるのがイイ感じです。

P1000464

「コ」の字型から天秤櫓の名があるそうで、
羽柴秀吉時代の長浜城大手門の移築。この形式の門は、
彦根城にだけ、現存するとのこと。

左右の二重櫓が片方は江戸に、
もう片方は京に、正面を向かせているのも面白い。

P1000468

太鼓門櫓。正面から見ると普通だけど・・・

P1000490

後ろがスカスカしてます!
思わず、びんぼっちゃまを思い出したよ(笑)

P1000500

びんぼっちゃまな太鼓門櫓にあった高松城との
姉妹縁組のしるし。そっかー、城って女性扱いなんだ。
そゆことじゃない?

P1000501

で!お待ちかねの天守。国宝。
小振りながら、少しの金色がいいアクセント。

P1000505

多めの破風に、窓が火灯窓ってのも
デザインポイント高いですね。

P1000512

天守内部。特に中に入ると小振りだな、
という印象が強いね。そして、現存天守にはつきものの…
超・急階段。毎度ながら上り下りが大変。

P1000539

天守から琵琶湖のを望むの図。
見晴らしはかなりいい方ですねぇ。

P1000543

破風が多いのはこういう仕掛けにも
なってるんだな~。外から見たらわかんないもんな。
彦根城は戦争を体験してないので、
使う機会がなかったわけだけど。

P1000546

あれ?現存天守なのにコンセント??

P1000552

個人的にはささーっと(一般的にじっくりかもだけど)見て
彦根を後にしました。なかなかよかったっす。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

京都に行ってました。

しばらく空いちゃいましたねぇ・・・
このところ体調が優れず、書く気が起こらなくて。

といいながら、先週の土日は用事があって、
関西に戻ってました。

日曜に用事だったので、土曜は完全フリー。

Wireless LANでインターネットができるように
なってからというもの、最近はもっぱらN700系新幹線
電源もあって、快適そのもの。

で、降りたのは京都。そこから各停で数駅。
とくりゃ、もう分かりますよね。はい、山崎蒸留所

P1000307

こらっ、そこ!またかーとか言わないのー(笑)

実は今回はちゃんとしたミッションがあったのです。
そう、WMLでキチンと頂けなかった
山崎バーボンバレルと白州バーボンバレルを頂くこと!
こちらで有料試飲に登場!との情報もありましたしね。

いままで足を踏み入れたことがなかった、
駐車場近辺にこんな一角が。とても京都と大阪という、
大都市に挟まれたところとは思えないですよね。
レジャーシートを張って、お弁当を食べてる
ファミリーもいたり。

P1000312

快晴!とまではいかなかったけど、
なかなかいい天気。

P1000319

この日は、見学はせずひたすら飲み(笑)
有料試飲コーナーでテイスティングまっしぐら。

ありました、バーボンバレル×2。

P1000328

早速、頂きますよぉ。

P1000330

個人的には、山崎のほうが好きかなという感じ。
白州はまず香りが控えめなのと、
軽めですっきり…でちょっと単調な感じがしました。

山崎のほうが「らしさ」を残しつつ、
バーボン樽由来のバニラ香がしっかりした感じ。
いうなれば、あんこが入った
バニラアイス最中、という感じ?

ただ、ボトル買うか…というと微妙かな。

続いては、やっぱりここ来たら飲むでしょう!
という、山崎12年構成原酒・ミズナラ。

P1000332

たまりませんねぇ、このミズナラを全身で感じる原酒。
ナッティな感じや、古い木造建築、いろいろ言えるけど、
「木」を感じるのが好きなんだよな、やっぱり。

ひとしきり飲んだら、しばらく休憩。
こんなの見つけた…1960年原酒。
何年にボトリングしたんだろう…色が深い。

P1000335

南アルプスの天然水…じゃなくてピュアモルト。
こういうネーミングのってあったんだ。
今の「北杜」みたいな感じなのかな。
個人的には「伊達」に対抗して、
サントリーピュアモルトウイスキー「信玄」に期待(笑)

P1000341

さて、次どうしよっか…と考えて向かったのが、
古代カルタゴとローマ展をやってる京都文化博物館。

THE ハプスブルクの京都国立博物館と迷ったんだけど、
人が多そう…ということでコッチに。

海洋民族フェニキア人の血を引き、
「地中海の女王」として君臨したカルタゴ。
その栄枯盛衰を物語る遺品の数々。

世界史には確固たる自信があったかつての
記憶を紐解きつつ、興味深く見学。

黒像式アンフォラや、英雄ハンニバル時代の
軽装な鎧などが印象的。ちょうど2点が収まった
クリアファイルがあったので購入。

P1000618

あと、モザイク壁画がすごかった。
個人(といっても裕福なひとだろうけど)の浴室に
こういった壁画があっただとか、
すっごい広いものは、床に用いられたとか。

メデューサ。一般に髪が蛇にさせられ、
醜い姿に変えられた…のだけど、
そうでもないような(笑)

P1000620

ちょうど出る頃には向かうにいい時間…
ん?どこかって?また山崎に戻るのですよ!
昨年7月のブロガーイベント
お世話になった、山崎駅前のヒロさん。

まずは山崎12年ハイボールからスタート。

P1000348

おつまみには出し巻きに明太子…

P1000349

それに豚トロ焼き。シンプルながら美味しい。
いいわー、こゆの。

P1000352

ひとしきり、腹にいれてよしこれから!
というときにチョイスいたのが、これ。
HIRO オーナーズカスク!

P1000355

前回来た時に、オーナーズカスクがあるな!
と目を付けていたので、ぜひにと思っていたのです。

が!ナントこれが最後の一杯!危なかった!
カウンターの向こうにはまだ1本ありましたが、
常連さんのボトルキープだそうで・・・

キープしてるおっちゃんが10万円で売ったろかー、
とOsakan joke(笑)

モノは1996年蒸留のホワイトオーク熟成。
やはり、香りではバニラが立ってくる感じがするものの、
山崎には珍しい酸味や若い感じの果実香を感じ。

P1000357

なかなかおいしゅうござりました。
毎年1樽を買い付けているそうですが、今年もそろそろ…
ということらしいです。2010年買い付けの樽は
どんな感じなんでしょうね?
またヒロさんに寄りたいものです。

あんまりゆっくり、そしてメモを取りながら、
飲んでるもんだから、ウイスキー研究してる人?
とか言われたり…いやいやいやいや(笑)

最後、〆に響50.5(ごーまるご)。
いいですね、ごーまるごくださいで通じるこの感覚。

P1000359

ヒロさんではかなりよく出る銘柄だったらしく、
人気やねんから止めんといてーって
ゆってたんやけどねぇ、と。

で、もう探し回ってあれば買い付けてるらしいですよ。
流石にもうなかなか見ないですねぇ。
わたしもネットであれば買ってましたけどね。
あと2.5本くらいストックあり。

いやー、よきかなよきかな。
翌日に続きます。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »