« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

やっと…2009年を振り返る。

もう今年も、2時間切りましたね。

振り返ってみると、2009年って
大きな変化があった年でした。

シゴト面では、前半まではすごくいい感じ。
思っていたことを思っていたように、
進めることができ、いい感じに次のステップに
引き渡せたかな、と自分では思ってるのだけど。

ホント、お世話になった方のチカラを
自分の血肉として、吸収できた気がします。

将来こうなりたい、こうしたいというときに、
経験しておかなくちゃいけないこと、
だったんだろうな、という気がしています。

見てくれてるかどうか分からないけど、
心から感謝しています。

で、後半からなかなかこれは強敵だな、と。
途中までは、以前にやっていた経験もあるし、
それにやっぱりこのヒトに救われるな、
という人がいてくれていて。

だけど、今の悩みは信じられないヒトと
仕事をしないといけないことと、
信じられる仲間たちの手では、
とても手に負えない魔王のような存在に
振り回され、そしてその不安に怯えてること…

仕事の量とか、ハードルの高さとか、
それ以前に、信頼を築き、築こうとするのって、
基本中の基本だと思うのよ。

そしていままでは、人に恵まれてきたな、
って思って仕事していたのに、
今度の難局はどうしたもんかと…

2010年、いい方向に転がるのかどうか、
すごく不安だけど。でも…未来のためには、
どうにかしてヤル…しかない。

パーソナルなところでは、昨年2008年が
ウイスキー再発見の年だとすると、
2009年はウイスキーの飛躍年。

イベントにもいっぱい参加したし、
気になるボトルもいっぱい買っちゃったし、
ウイスキーの世界が広がった1年でしたね。

その分、旅はチョット少なめ。

それでも2月の山梨・長野・新潟
3月のはやぶささよなら乗車
9月の東北北海道with北斗星に、
10月の長崎軍艦島上陸と遠出はしていますけど…

城巡りは、ちょっと足踏みな一方、
旅先のBarを訪ねる楽しさを覚えました。
もちろん、都内のBarも開拓も♪

それからそれから、ANA工場見学だとか、
銚子の醤油工場見学をきっかけに、
オトナの工場見学もいいなーと思い始めたり。
ちなみにあれから、醤油はヒゲタ醤油の
減塩本膳と決めてます。

あと、ウイスキーも含めて、ブロガーイベント。
これもやっぱり楽しいですね。

特にサントリーさんのショコラ×モルトに、
山崎蒸留所のイベント、それからニッカさんの
マイブレンド講座ですかね。あ、ウイスキーばっかり(笑)

行き過ぎると、アップアップになりそうだけど、
自分のキャパとそれをイベントに振り分けられる
程度を見極めつつ、2010年も参加していきたいな、と。

そういえば、ケータイをG9に、
デジカメをLUMIX LZ10に変えたのも今年。
デジカメはむくむくとデジイチへの欲望が
日々盛り上がってますけど★
PCは…LOOX Pにまだまだがんばってもらいます!

今年も読んでいただけた皆さま、
コメントを下さった皆さま、
リアルでお世話になった皆さま。

本来は個人的に自分の記憶と思考と関心の移ろいを
記録しておきたいだけのblogなんですが…

そこで、わたしのひととなりを幾分でも、
知っていただけたり、皆さまの何かの気づきの
きっかけになったりするようなお話を聞くと、
blogという形式で書いていて、よかったなと思うのです。

自利・利他。唐時代の中国に学び、
比叡山延暦寺を開いた、伝教大師・最澄のことば。

自分のためにすることが即、皆のためとなり、
皆のためになることが即、自分のためになる。

ゆるいゆるい関係ではありますが、
そんな微々たる量でもgive & takeをこれからも
続けていけたらと思います。

そして、年末は自分のエゴ丸出しで、
記事を書きなぐって、ご迷惑をおかけしました(笑)

2009年、本当にお世話になりました。
有難うございました。2010年もなにとぞ、
ごひいきにお願いいたします。

新年は1週間強ほど、blogはお休みする予定です。
年明け3連休くらいから再開かな?

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (18) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その19

たぶんコレで、2009年のニュース振り返りは最後。
なんとか、その20以内収まりました。
けっこうこれでも…絞ったんですよ?

●世界の美しい地下鉄駅。(blogs.com)

世界には、いろんな駅があるもんです。
左下に日本のがありますが、美しいといっても、
機能美的なスマートな感じなのに対し、
デコレーションに凝ったものや、
岩盤をくりぬいてつくったようなものまで。

●これもRPGっぽいかも。(blogs.com)

DQ/FF好きならこういう画が好きだろ!
というのを載せましたけど、コレもそゆ感じかも。

ちょっと最近のFFではなくって、
初期の中世を感じさせる作品の頃に
ちょうど似合ってるような気がします。

●iPhoneに関する貴重な意見。
 (Business media誠)

iPhoneがないとダメとか、iPhoneの記事が多いな、
という今日この頃ですけど。

なかなか少ないiPhoneやめましたという記事。
物事は両面から見ないといけない、ってことで、
止めた人の意見って貴重だな、と。

iPhoneが最初に騒がれたときにも、
Twitterみたいになんで、惹かれないか?
をまとめておこうと思ったんだけど、
結局流しちゃったんですよねぇ。

でも、この記事を見て、なるほどと。
iPhoneなくても致命的にはならないけど、
普通のケータイがないと困るところがいっぱいあると。

わたしの場合会社のメールを外で見る必要自体が
ないので、PCメールはリモートメールでOKだし、
記事にあるようにFelicaやGPSまわりの機能は、
auですごく満足していて、コレないと
わたしもすっごい困りますね。
ezナビウォークとか、旅に必須です。

片手でメール打てないのはどうだろ?
これはiPhoneを実際に使ったことないから
わからないな…

で、すごく当たり前のことなんですが、
iPhoneがニーズに合ってる人、合ってない人が
必ずいるワケですよね。

やっぱり問題だと思うのは、iPhoneサイコー、
普通のケータイ馬鹿じゃないの、
という感覚でいる人がいることです。

このコメントとか、やっぱりまずいと思うのです。

|『iPhoneやめました」であっさりやめれる
|(コメントママ)人なんて、そもそもiPhoneを
|何も使いこなしてない人なんですよ。
|その持ち歩いてるPCだってろくなもんじゃないでしょう。
|そして『iPhoneやめました』と公に
|表明する時点で知れてる人間性です

すごいですよね。ここまで言えちゃうんだ、って。
個人的に普通のケータイをガラケー
(ガラパゴスケータイ)
というのも、ずいぶん蔑んだ呼び方です。

自分に合ったものを使う。
極々当たり前のことなのにね…。

そんなにiPhoneをやめることが奇異に映るんですかね?
なんで、やめちゃったの?こうすれば、
使い続けられたのに…って。

そこまでこだわるほうが逆に奇異。

●上から目線は、どの立場でもやっちゃいけない
 (坂本史郎の【朝メール】より)

呼び方よりも、その目線が大事だと思います。
いくら丁寧に言っていても、どこかから感じる
「上から目線」があれば、すごく警戒します。
あ、このヒト気をつけないと、と。

上から目線って、配慮がきく人であれば、
取れない態度だと思うんですよね。
分かってないからこそ、取れる態度というか。

その上で、話し方も基本わたしも年下・年上関係なく、
敬語ではないですけど、丁寧語を使いますね。
そのせいで、どうしても標準語になるんですが。
(大阪弁の丁寧ことばって、すごく使い方難)

一方で、いつも敬語・丁寧語でばかり話していると、
それはそれで、堅苦しすぎる気もしていて、
ふと、丁寧語を外すタイミングを考えています。

でも、上から目線はやっぱり、どんなときでも
控えないといけないし、もしそれに気づいたら、
よく振り返りをしないといけないでしょう。

●地下鉄をケータイの圏内にするか圏外にするか。
 (Software Development)
 (ケータイWATCH)

これ、わたしも福岡に行ったときに気づきました。
トンネル内でも繋がるんですよね。

逆に古い記事で今はどうか分からないけど、
名古屋の地下鉄ではホームと電車内を圏外にするという
真逆の対応が取られているわけ。

電波の問題を別にするならば、話し声でさえ
迷惑をかけなければ、回線は繋がってても、
いいのではないか、という立場です、わたしは。

ペースメーカーの話は付いて回るのだけど、
最近はどうなんだろう、あんまり話を聞かないな?

改善されて影響が少なくなったとか、
やっぱり、影響はあるんだとか。

影響があるんだったら、福岡はまずいかもね。

●今年はやったかどうか?はギモンだけど。
 (抱き込め!ユーザー、巻き込め!デベロッパー)

ファミマに入ったときのチャイム音。
アレ、特殊なもんじゃなかったんですね。
すっかり、アレ聞くとファミマ~を連想しますが。

面白いのがそのチャイム音をアレンジした
曲(?)というか、なんというか。

なかなかよくできているので、
ぜひ聴いてみてください。

動画がいっぱいありすぎで、動画は
リンク先から…見てくださいな。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その18

さて、いよいよ終盤です。

●歴女じゃない武女子。(イザ!)

さてさて、また妙なことばが出てきたぞ?

歴史好きの女性を「歴女」といいますが、
ただの戦国BASARAのキャラ萌えと一緒にされたくない!
ということで、歴女と言わないでほしい、
ということらしい。

武将の生き方に共感するっていうのは、
三国志にせよ、戦国時代にせよ、
極々普通の歴史好きに共通する感じ方だと思う。

むしろ、そういうのが男女問わず、
語れるようになるのは、うれしいことかもしれません。

●薩摩切子の技を活かして、上海で披露。
 (イザ!)

薩摩切子の技をどう活かしているのか、
イマイチよく分からないけど、CGデザインを
薩摩切子の技で立体化するのを上海万博で披露するとか。

日本のガラス工芸で、特に薩摩切子は素晴らしい。
一度消えた灯が復活し、新たな姿に進化していく…

願わくば、もう少し手の届きやすいものに
なればいいんですけどねぇ。

鹿児島に行けば分かりますが、
薩摩切子、メッチャ高いです。マジで。

●iPhoneなんて…と登場当時に
 コメントしちゃった人をあげつらう悪趣味。
 (新倉茂彦の情報セキュリティAtoZ)

引用元の記事がそう、ってワケじゃないんだけど、
売れたからって、こういうのつくるのって、
すっごい悪趣味だと思うなぁ…

あ、元はコレか。

●あっ!落ちる!(IDEA * IDEA)

転ぶ瞬間とか、木から落ちる新刊を捉えた写真。
これ、どう撮ってんでしょうねぇ。

おもしろいと思う一方で、見てるだけで、
あいたたたた…ってなります。
ちょうど、自転車で転んだところってのもあるけど。
チェーン外れちゃったしな・・・

●USB端子付き壁コンセント。(engadget japanese

最近は、USBで充電できるのも増えましたよね。
わたしも旅先でケータイとか、eneloopとか
よくUSB経由で充電をしますけど。

もうそれだったら、コンセントにつけとけよ!
という感じの壁コンセント。

いや、マジメにこれ、ありなんじゃないか?

●さすが鳥山明。(大航海時代的思索)

鳥山明というとドラゴンボールを思い出す人も
多いと思うのですが、コレも有名ですが、
ドラクエのキャラクターデザインもされてるんですよね。

ドラクエの生みの親・堀井雄二氏の
ラフスケッチと、それを元に鳥山明氏が起こした
デザインの比較をしている動画があり、
改めて、鳥山明のスゴさに感じ入った次第です。

もともとのラフスケッチが、あんまりなんじゃ?
という気もしないでもないが(笑)

●日本の肥満率は、先進国で最低水準?
 (イザ!)

経済協力開発機構の公表した
「図表で見る保健医療2009」によると、
加盟30カ国中で成人の肥満人口の割合が
日本が3.4%で最低、次に韓国が3.5%と続く。

でも、けっこう日本でも太ってる人を
見かける気がしますが、日本でコレだと、
アメリカの35%って、どんだけ多いんでしょうか?
想像がつきませんよ・・・

●うっ、コレは悲し過ぎるメモ…(IDEA * IDEA)

育毛剤メーカーのノベルティで、よくできてるな
と思いますけど、自分がそうでなかったら、
アハハで済みますけど、切実な人には堪えますよね・

逆にめくればめくるほど、髪が増えてくる
バージョンもあったらいいのに(笑)

●たばこを吸うそれぞれの動機に合わせて、
 ってことなのかな?(Infoseekニュース)

死のリスクが高まりますよ、的な
文言がたばこのパッケージにはよくかいてありますが、
必ずしもたばこ抑止に繋がっていないばかりか、
逆に助長してる側面もあるとか?
そういわれると、天邪鬼になっちゃうんでしょうかね。

魅力がなくなるとか、回りに迷惑をかけるとか、
たばこをどういう動機で吸ってるかに合わせて、
文言を変えないと、一律では効果がない
ってことなんだろう。

かっこつけるために吸う人には、「魅力なくなる」
自分はどうなってもいい、リスクを分かった上で
吸ってるんだという人には、
「自分だけじゃなく他人にも迷惑」という具合に。

もちろん、「死のリスク」も単純に長生きしたい、
という人には、相変わらず効果があるんじゃ…
とは思うんですけどね。

●いや、ガソリンのニオイキライです!
 (らばQ)

全部のランキングが載ってないので、
というのと、イギリスの話なので、
日本と違いがあるかもですけどね。

|イギリス男性はベーコンやガソリンのにおいが
|赤ちゃんのにおいに勝る

ベーコンはともかく、ガソリンはないだろ!
わたし、ガソリンのにおいがキライです。
正直、ガソリンスタンドもキライなくらいで。
あ、でもマッチのニオイとかは好きかも。

●初詣は、下鴨神社?(毎日.jp)

下鴨神社に(なんでMS-IMEは下賀茂神社って変換するんだ!)
年末年始のアルバイトとして、イタリア人の巫女さんが
いるらしいよ。そのほかにも、韓・中・台の3カ国も。

…じゃ、初詣は下鴨神社に決定か(笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その17

もう今年も終わりだというのに…
最後の最後まで、あわただしいんだから。
年が明けたらゆっくりする!

●バブル時代。(blogs.com)

まぁ、なんだかすごい話が並んでますけどね。
そういう場を経験したら、感じ方が違うのかも、
だけど、いいんだっけそういうの、という気がします。

なんかこう…お金の回り方が「正しくない」。
でもその時代にいれば、雰囲気に呑まれるんだろうな。

●Suicaを中心にした鉄道系電子マネー連合。
 (マイコミジャーナル
 (ITmedia +D モバイル

全国各地の鉄道系ICカードが続々と
Suicaとつながりますね。3/13から。

現時点で、Suicaは、
・PASMO(首都圏私鉄)
・ICOCA(JR西日本)
・Kitaca(JR北海道)

とつながっているわけだけど、3/13からは
コレに加えて、
・TOICA(JR東海)
・SUGOCA(JR九州)
・nimoca(西鉄)
・はやかけん(福岡市営地下鉄)

と相当利用範囲が広がる。

ICOCAやTOICAなど、Suicaとつながる各ICカードが
これらとどうつながるか未定だけど、
Suicaがつながったからといって、
必ずしも、つながる保証はないわけで。

そうすると、他地方の方でも、
首都圏に来る機会があったらついでに、
Suicaを1枚、手に入れておいた方が得かも。

個人的に、近畿圏の私鉄(PiTaPa)とSuicaの
相互利用をさっさと始めてほしいんだけどな・・・
実家帰るときに、スルッとKANSAIを買うのすら、
最近面倒になってきて。

JRなら、ケータイかざせば通れるのに。

●寝台特急「北陸」・急行「能登」廃止。
 (マイコミジャーナル

寝台は楽しいよー…と言ってるそばから
廃止のニュースですよ、まったく。

ただ、ちょっと寝台で行く時間を楽しむには、
金沢はチョット近すぎるのかな、
という気はしていますけどね。

やっぱり、東京からだと北海道とか、
九州、山陰とか、うんと離れたところに
ゆっくり優雅に出かけるのがいいんですよね・・
九州はもうないけど・・

●FF13は売らないほうがいい?(GIGAZINE)

実はこれ、大阪で書いているので、
すっかりFF13、買うだけ買って全然やってない状態ですが、
最近は以下にゲームソフトを中古市場に回さないか?
が、ゲームソフト会社のポイントなんだろうな。

DQ8もセーブをソフト1本につき1つまで、
とすることも、中古市場への流出防止の一環だというし。

●PS3の値下げ効果のバックにFF13?
 (All About

なるほどね。1万円の値下げをしたPS3とXbox360エリート。
FF13の登場で際立ったPS3が、FF13に引かれて
値下げ効果が現れ、売り上げが伸びてる?という話。

かくいう、わたしもFF13がきっかけになったのは事実。
もちろん、それだけじゃなくて、
コレを期にBlu-rayもみれるなーとか、
いろいろあるんですけど。

でも、逆にひとつのタイトルでしかない、
FF13がここまで影響を及ぼしていると、
PS3自体のチカラが弱いんじゃ?という心配も
あったりなんかしますけど。

●海外の嗜好に影響される日がくる…FF。
 (IT-PLUS)

まずは、やってから言えよというのは、
至極ごもっともなんですけどね。

ゲームシステムに目新しさがなく、
その一方で、グラフィック「だけ」がキレイで、
ちぐはぐだというんですけどね。

それこそが、FFなんじゃないかと、
むしろ思うんですけどね。

はじめからFFがグラフィック志向ではなかったけど、
FF7あたりからその傾向がはじまって、
いまや、FF=グラフィックという印象。

この当時から、グラフィック偏重に賛否両論が
あったと記憶してるけど、良くも悪くも、
ある種の伝統になりつつあると思う。

もうひとつ、ゲームというより、
物語の足跡を自分の手で追うということ。
これもまた、FFらしさではある。

しかし、その傾向は、欧米で受け入れられにくい、
のだそうだ。欧米ではゲーム性が求められる、と。

企業活動として、日本だけを視野に置いていて、
勝ち残れる時代ではないことは分かるのだけど、
そんな欧米向けの市場に向いて、変質するのはやだなぁ。

それだったら、グラフィックにお金かけなくてもいいから、
FFらしいFFをつくってほしい、と思います。

といっても、実際にプレイをすると、
システムが単調…とか、文句を言ってるのかもしれないけど。

ケータイやPCもそうだけど、日本人の嗜好って
なんか世界とズレやすいのかなぁ。

●海水を使わず育てる「森のクロマグロ」。
 (イザ!)

岡山理科大で、海水を使わずに、
魚の成長に適した特殊な水を使って、
クロマグロ(いわゆる本マグロ)を育てる研究。

日本だけではなく、世界の他の国でも、
消費されつつあることが、クロマグロの漁獲高と
需要のバランスを乱しているのだけど、
如何に養殖を行うかは、クロマグロの危機を救う、
大事な研究ですね。

マグロがないお寿司とか、考えられないですからね。

●稼働時間を2倍にする高容量
 リチウムイオンバッテリ。
 (PC WATCH)

燃料電池とか、次世代のエネルギー媒体も
そろそろ実用化する中、リチウムイオンもがんばってます。

稼働時間2倍か、あるいは同容量で、
セル数半減=軽量化・小型化ということ。

バッテリ時間はまだまだ延びる余地がありそう。

●GPSデータロガー。(ケータイWATCH)

PC用のGPSは一度買ったことがあるのだけど、
捕捉精度がアレで…全然使い物にならなかった記憶があります。

が、PCの地図を開いてその場で使うのではなく、
たとえば旅先の移動に記録とかに、データを記録して、
あとで振り返るだけに限って使うのも、アリか?

●お茶プレッソ。(イザ!)

恵比寿に紅茶をエスプレッソマシンで出す、
というHATEAってのがあって、
何度か記事にしましたが、けっこう好きです。

が、今度はお茶プレッソって、日本茶を
エスプレッソマシンで出すお店登場。

どんな味になるんでしょうね。興味あります。
煎茶よりも味が濃く、抹茶よりも透明感が高いとか。
エスプレッソマシンだから、けっこう即席で、
できちゃうのもすごいですよね。

●ウイスキーと草食系。(イザ!)

今年はウイスキーが上向き始めた業界的には
エポックメイキングな年になるかも、と思いますが、
その流れに乗って、若い女性のほうが、
シングルモルトも試してみようと思う人が多いのに、
若い男性は、警戒感アリアリなんだとか…

ダメだな、男子。と思う一方で、
女性がウイスキーの世界に入ってきてくれると、
うれしいなーって思います。

そういや、Blender's Barでも年下の人って、
なかなか見ない気がする…お客さんでいるのかな?

●美しい波の写真アレコレ。(GIGAZINE)

なかなかこういうアングルで、
波を撮ってる写真も珍しいですけどね。

特にモルディブの透明度の高さにびっくりしたり、
ポルトガル・地中海・ドミニカの日の光りと
波の輝きの加減が美しいなーって思ったり。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その16

もう丸1日もありませんが、やりますよ~

●難問を愛する。(ほぼ日・ダーリンコラム)

ちょっとこれ、ハッとさせられたので。
仕事の大枠の内容は、4年ほど前に大きく変わってから
一応は同じままなんだけど、担当する分野が
あれやったりこれやったり、また戻ったり、
とけっこう1年単位くらいで動いてるんですけどね。

今年の振り返りでも書こうと思うんだけど、
今年前半までやってたことは、自分なりにうまく
まとめ上げられたと思うし、十分な評価をしてもらえてる?
かどうかは微妙なんだけど、やりきった感はある。

そのときのことを振り返ってみると、
難問というかトラブルが起きても、
それを楽しむくらいの余裕がまだあったな、と。

いや、余裕といっても毎日終電だったり、
ストレスで帯状疱疹になったりはしたよ?
でも、先が見えてた感じがする。

問題が起きてるのに、うれしそうですね
って言われたこともあるし。
いや、うれしくはないんだけど、
こうすれば何とかなるかも、という糸口が
見えていて、それをやることで、
期待と予想に近い結果が得られていたかな。

今年後半から、別の仕事になっても、
そういう難問を楽しむってのは、はじめはね、
上手くできてたなって思うんだけど、
ちょっと手に負えなくなってきたな、というのが
正直な最近の感想。でも、ホントにすごいひとは
どんな環境でも楽しんじゃうんだろうな。

どんな強敵が出てきても、いつもわくわくしてる
ドラゴンボールの悟空をふと、思い出す。

●一直線ちゃうやん・・・(イザ!)

2011年に全線開通する九州新幹線のキャッチ。
大阪から鹿児島までが一気につながるから、
かごしま一直線ならわかるんだけど。

青森から鹿児島は一直線じゃないし!
東京と大阪で2回乗り換えないと、
青森から鹿児島までいけないぞー!
乗り換えるのって、一直線っていうんだっけ?

●広島城の古井戸から金箔シャチホコ。(イザ!)

広島城の古井戸から、金箔のシャチホコが
見つかったという話。

お隣の岡山城もそうだけど、豊臣時代は
豊臣恩顧の大名として、縄張りから天守のつくりまで、
典型的な豊臣系天守として造られている。

そして、岡山城は豊臣時代には金シャチだったことが
分かっていて、岡山城は比較的最近になって、
シャチが金色に変わったんだよね。

ということは、広島城だって
そうでもおかしくはないな。

これ、展示ってしてくんないのかな?
展示があったら、見に行きたいな~

●オトコとオンナ、どっちが酒強い?
 (アメーバニュース)

これ、わたしの思い込みかもしれないけど、
実は女性のほうが強いじゃ?って思うことも
けっこうあるんですけどねぇ。

一般的にどうっていうのは、わかりませんけど。
たまたま強い?人ばかりだったのかも…

とりあえず、入社前の内定式くらいだったかな?
ビールをピッチャーまま飲んでる女子には、
正直チョット・・・

●目の錯覚で楽しむ。(blogs.com)

目の錯覚(錯視)って、けっこういろいろあるんですけど、
それ関係のネタ。下の画像をごらんあれ。

Gradation

実は、中の■がみんな同じ色なんです。
ははは、何をバカなことを!と思ったあなた。
コチラをご覧くださいね。

ただの紙なはずなのに、どの方向向いても、
コッチを見てるように見える…という、
ドラゴンイリュージョンもおもしろい!

ゆがんでるはずのチェスボードが・・・
というコチラ(blogs.com)もぜひどうぞ。

●台湾が日本を征服する?(GIGAZINE その1 その2)

すわ一大事…といっても、PCの話です。
台湾のASUSTek・Acerが、日本企業のPC事業買収に
乗り出しているらしい?という話。

特にASUSのほうは、コンタクト先が東芝という
話まで上がっているようですね。

日本でのPCのシェアはまだまだ高くないですが、
Acerに関しては世界2位ですし、同じく日本でまだ
そんなにシェアが高くないHP/DELLに、
日本市場で差をつける作戦なのかな?

●SSDの暴落は2011年までナシ?(GIGAZINE)

SSDが非常に安価になるには、
2011年くらいになりそうとのこと。

そっか…それまではまだHDDは生き残ってくんだな。
それでも小型PCには、SSDの搭載が
増えていくとは思うけどな…単純に容量には
変えられない利点があるし。

●地下鉄に出た虹。(らばQ)

そんなアホな、と思ったら。
乗ってるひとの服の色の並びがレインボーだったようです。

よく気づけるな…こういうの気づける人って、
いいなぁと思うね。楽しいことを見つける達人。

●ペイント使って、500時間。(GIGAZINE)

Windows付属の画像ソフト・ペイント。
正直、あんまり大した機能はないんですけど、
これでナント!すごく美麗な絵を描いてる!

製作途中の絵もあったりして、
確かにペイントで描いてるんだな、という感じ。

何をどうやれば、ペイントなんかで描けるですかね?
絵心ナシなわたしには、さっぱり見当も付きません。

●女性用甲冑。(イザ!

大阪・高槻で、最後の薩摩藩主夫妻の甲冑が
見つかったという話。

藩主のものはいいとして、藩主夫人の甲冑が珍しい。
確かに戦国時代に数少ないですが、
女性ながら、武器を手に取り戦った人はいますが…

江戸時代も末期なこの時代に、どうして
つくられたのか?興味あります。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その15

さて、いよいよ15本目に突入です。
勝手にblog書き続け耐久マラソンをやってる感じ。
ていうか、今年の振り返りとかできんのか!?

●プロに学ぶ鉄道写真の撮り方。
 (マイコミジャーナル)

なかなか興味深く読みました。
無意識でありますが、こうしてみると、
自分の好みの構図ってのが、やっぱりあって、
読んでて、あ、そうそう、やっぱそうなんだ!って。

ISO感度の調節・露出補正・フラッシュ強OFFは、
わたしも誰に言われたわけではないのですが、
基本ですね。この設定と調節。

あと、個人的にはホワイトバランスも
微妙に調整を入れることが多いかな。

Barとかちょっと赤めの色合いに撮った方が
自分好みの画になるので。

こういうのって、鉄道写真に限ったもんじゃなく、
一般的に使えそうなテクではありますよね。

●振動力発電で、電池要らず!?なリモコン。
 (AV WATCH)

すごいですね、振動力発電。

|人が歩く際に生じる振動や自動車、自転車、
|レジャースポーツなどの動きで生じる
|振動のエネルギーを利用して発電する

もう…なんでも電力に変えてやろうという
意気込みをすごく感じます。

確かにリモコンなどは1回あたりの、
消費電力が小さく、長く持つことが求められるし、
うってつけかも。

あと、置時計とか、ずっと置かれてあることで、
役目を果たしつつ、微量の電力を少しずつ、
定期的に長く消費するというスタイルのものに
適してそうな技術。

●ブログペーパー。(らばQ)

イギリスでのことですが、bloggerが特定のサイトに
投稿した記事のなかで、人気投票の上位の記事を
新聞のようなカタチで、無料で配布しようというもの。

なかなか面白いですね。
お気に入りのblogって、興味のある記事が
きっかけだったり、コメントを頂いたからだったり。

あと、同じイベントに参加したとか、たまたまググって、
とかいろいろありますが、ブログペーパーを読んで、
というのもアリかもですね。

ただある程度、大枠のジャンルくらいには、
分けてもらわないと、興味ないジャンルばかりのを
受け取っても…扱いに困りそうですが。

●そういうのが裁判の対象になるのか…
 (らばQ)

カナダで、うちの子供には宿題出すな!
と裁判を起こし、勝訴したという話。

そもそもそういう発想がなかったので、
そういう裁判があるのか、というのも驚きですが、
クラスで特定の子だけ、宿題なしって、
すごく違和感があるし、クラスの他の子供たちに
不公平感が湧き出てくるのでは…と勝手に心配。

よくまぁ、2年間も裁判し続けましたね。
逆に感心しますわ。

●ホントのニーズをお客さんは表現できないかも、
 と思ってみる。(竹内義晴の、しごとのみらい)

美容師さんに上手くしてほしい髪型を
伝えられずに、逆に一方的に話されてストレスが
溜まったという話。

ここで「どうしたいんですか?」と問い詰めてしまうのは
厳しい言い方をすると、プロとしてのシゴトを
放棄してるといってもいいかもしれない。

お客さんは、基本素人だ。プロを自認するならば、
その素人のお客さんが発する断片的な表現や、
内容によっては、しぐさや表情なんかも
関係してくる職種もあるかもしれないけど、
そういうのを見聞きして、提案ができなくてはね。

お客さんが自分のニーズを的確に表現できるなら
こんなやさしいことはない。
言うことを実直に聞いてりゃいいんだから。

でも、たぶんお客さんがほしいといったそのままを
実現しても、お客さんのホントの「ほしい」に
たどり着くことは難しいだろうな。

こうじゃなかった、ってなる。そうならないように、
よく聞いてどうするのがイイかをアドバイスできるのが、
プロの仕事だと思いますねぇ。

●Adamo XPS。(ITmedia +D PC USER)

Adamoの新機種ですが、個人的にはチョット響きません…
薄い一方で特異なデザインが目を引きますが、
薄くするための特異なデザインてのがどうも。

カッコよけりゃいいんですが、
あんまりそうも思えないしなーという感じ。
薄いが命!な人向けでしょうか。

●東西、鍋の作り方違い。(マイコミジャーナル)

これ言われるまで意識してなかったですね。
どうなんだろ?

実家に帰って、鍋というときは、
確かにダレにつける気がするな…そういや。
ん?いやそうでもないか…わかんないや。

ま、東に行っても西に行っても、
まったくやらないことはなくて、
どっちがメジャー?とかよくする?って
質問だからいいのかな?

●確かに説得力ある…(風雲!コネタ城)

そうですね、説得力ある。
確かにここを渡って、事故になったら、
確実に歩行者が悪い、ってなるな・・・

何かをやらせるには、やれというだけじゃなく、
どう言えば効果があるかを考えろ、
という好例ですね。

●9 hours。(アンドウ的デザイン考)

おしゃれなカプセルホテルです。
ちょっとサイトをのぞいてみると、
単純にシャワー・寝るだけにフォーカスした
内容で、なかなか快適そうですが、
9hで4,900円はちょっと高いかな?

これだったら、普通のビジネスホテルでも
ありそうな気がする。

●一般人である以上、仕方ないのでは?
 (イザ!)

裁判員制度で始まった「素人」と裁判とのかかわり。
むかつくなどという、裁判員として不適切な
ことばが出るのも、仕方がないかなと思うんだよね。

だって、そんな訓練もしてないし、
突然、アナタ裁判員ですから、きてね!
といわれて、国民の誰もがふさわしい裁判員たる
振る舞いができるか、といえばそれは普通に
考えてNoだと思う。特にまだ始まって、間もないわけで。

もちろん、いいことではないんでしょうけど、
裁判員に決まった方々への説明会というか、
研修というか、そういうのが必要かもよ。

●わたしにも、無機物好きの気があるようで・・・
 (blogs.com)

長崎の軍艦島に行って分かったことだけど、
たぶん、鉄塔とかそういうの、けっこう好きかも。

どんどん城好きからいろんな建造物へと
関心が広がっていきますねぇ…

もちろん、一番す好きのは城ですよ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その14

大晦日に突入…ですね。
ようやく残りのブックマーク数は180に。

かなり、自己満足だよな…
と思いつつ、まだまだ書かせてください。

いっぱいアップしちゃうと、Blender's Barの記事
どんどん後ろにいっちゃうけど…

●提示するだけで毎回5%割引・王将カード。
 (GIGAZINE)

blogであまり大々的に取り扱ったことは少ない
かもしれませんが、餃子の王将はわたしにとって、
欠かせないもの。そもそも、餃子自体が大好きなんですけど。

で、この王将カード。昨年も頂きましたが、
今年ももらいました。しかもスタンプを2冊貯めて、
無意味に2枚持ってたりとか(笑)

あ、無意味じゃないわ、
「誕生月に税込1000円割引」が2回!

毎回、集めようと思ってないんですよね。
自然と集まっちゃうというか。

2枚セットで毎回割引10%ならいいんだけど(笑)

●日本人向きの世界遺産?(らばQ)

トルコのパムックレというところ。

|丘陵地帯の石灰棚が弱酸性の雨によって溶け、
|地熱によって温泉となり沈殿した石灰が固まった結果、
|この芸術的な景観が生まれた

とのことですが、美しいだけではなく、
温泉保養地なわけですよね?

温泉大好き日本人好みな世界遺産な気がしますけど、
あまり知名度がないんじゃないかな?
え、わたしが知らないだけ?

温泉に浸かってゆったりするだけじゃなく、
露天風呂で風景も一緒に愉しむのが日本人。

キレイな風景を見ながら温泉って、
なかなか日本人ウケする気がしますね。

●他人からの批判に立ち向かう6か条。
 (blogs.com)

誰しも批判はされたくないものですが、
生きてくなかで、避けては通れないですよね。

批判されたくないから、八方美人…
というのも問題アリですしね。

チョット引用してみます。

1. 自分に向けられた批判に対して効果的に
対処しなければならない理由を明確にすること
2. 当面している事態の重大さを瞬時に
  判断できるようになること
3. 超然として批判に動じない態度を身につけること
4. 批判に反応する際、心をコントロールする術を身につけ、
  自分自身との対話を自分が意図した方向に
  沿って進むようにすること
5. 自分のパーソナリティをコントロールできるようになること
6. 自分を傷つける批判に対処するため、
どんな行動をとることができるか学ぶこと

言われれば納得なのですが、なかなか理性だけで
立ち振る舞えないのが人間だったりしますが、
逆に、極めて理性的・自律的になれないと、
より問題を一層広げてしまうのだろうな、と思います。

批判と非難は違っていて、基本的に批判というときには、
きちんと筋が通っていて、議論の余地がある指摘、
だと思っていますから、きちんと受け止めて吸収できれば、
自分のチカラになるとは思うんですけどね。

まず、3番の動じないってのが大事だろうな。
言われて、傷つくことにはとっさに(かつ感情的に)
反応しちゃいがちですが、そうならないように、
できるかどうか。比較的わたしは怒らない(マジギレしない)
ほうですが、内心穏やかかというとそうでもないのです。

コレができると、シゴトでどうというだけでなく、
人間的にすごく成長するだろうなー。

●会社を批判するということ。
 (ITmedia エンタープライズ)
 (走れ!プロジェクトマネージャー!)
 (ビジネスをデザインするブログ)

で。このエントリ。さっきの6か条はコレの伏線。

基本的に会社を批判する、身近なところでは、
会社=上司に当たると思っていいのでしょうが、
そんなことを言ってるヒマがあったら、
目先の問題だけでなく、今後起こりうる課題を
見つけ出し、主体的に問題発掘・解決を
していかないといけないだろう、という内容。

それには、まったく同意します。
そして、それは多くの人が当たり前にできるのではなく、
できる・できないの差になって、現れてくるんだろうと。

昨日の「薩摩の教え」じゃないですが、
最低の人間に置かれている、何もせずに批判だけしている者、
コレであってはいけないわけです。

で・す・が。

別の方が書かれている、「批判は会社に嫌われるから」
には、まったく同意ができません。

元記事で指摘されていたのは、
批判だけして何もしない人間に対し、そんなヒマが
あるんだったら、自分でまず動け、
批評家は会社には要らん!ということだったはず。

批判をするな、ということではなく、
自分で動きもしないのに、批判をするな、
ということと理解しています。

会社に嫌われるから、批判しない、してはいけない、
というと、ホントに会社がおかしな状態のとき、
誰が諫言するんでしょうか?

出世できないとか、リストラされるとか、
絶対王政や恐怖政治じゃあるまいし、
そんな意見の言えない組織は、ダメなはすでしょう。

批判と非難は違います。批判は論理的であるべきもの。
そうでなかったら、それは批判じゃなく、
非難とか悪口とか、そういうものでしょう。

|あなたが上司だとして、自分を公然と
|批判する人材を評価しますか?

ここで、正当な理由で批判されているのに、
その自分の間違いを認めないのは、絶対悪です。

確かに本当に腹立たしいと思われますが、
それこそ、さっきの批判に立ち向かう6か条を
思い出していただきたいものです。

正しく補足するなら、自分がキッチリ批判できるように
日々、自分から主体的にビジネスを監視し、
問題意識を持ちつづけ、言われたことも、
言われてないことも、キッチリこなして実績をつくる。

そして、批判してもコイツから
言われるんだったら、仕方がないと思わせる
環境を作る努力をせよ、ということ
だと思いますが、いかがでしょうか?

ま、自分にとって正しいシゴトの立ち振る舞い方を
したいと思ってるだけで、出世とかはぶっちゃけ、
そんな気にしないですけどね。ダメ?そんなんじゃ?

てか、そもそもマジメに論破など、
しなくてよかったんだろうか?

●3世紀前半の建物跡…卑弥呼の宮殿?
 (イザ!その1 その2)

これ、ブックマークしたときには、
ほーそうなんか?と思ったんですけど。

曹操の陵墓の話に眉唾がつけられてる、という話の
あとに読んでみると、日本と中国と国の違いはあれど、
ホントにそうは言い切れないんだろうな?
と思ってしまいますね・・・

もし、そうだったらすごいですけど、
時代的にも三国時代と卑弥呼の時代は重なりますし、
そんな昔のこと、そうそうたやすく結論は
でないでしょう…という夢のないコメント(苦笑)

●遺伝子とヒトの嗜好を安易に結びつけるのはキケンでは?
 (ITmedia News)

これ、読んで何を思い出したかというと、
リチャード・ドーキンスの利己的遺伝子理論を
曲解して、浮気するのも遺伝子のせいとかって、
言われていた時があったときのこと。

高校から大学受験の頃を経て、大学生まで
基本、アタマは文型なのですけど、
生物、特に進化の仕組みのところは非常に興味があって、
専門書をあれこれ読みました。和訳がないものは、
原書から読み込んだりもしたな…なつかしい。

遺伝子=設計図なわけなので、行動に何らかの影響が
あるのは当然だけど、実際の行動として、
現れてくる現象と遺伝子の影響を直接、結びつけるには
非常に慎重な議論が必要だと思うんだよね。

この○○%もどう出しているのか、さっぱり
わからないですしね。えてして結論だけが、
一人歩きするようになっちゃうんだよな・・・

●水滴はいつも水面で踊っている…
 (GIZMODO JAPAN)

チョット、重い話題が続いたので、
軽めのものをチョイス。

2000fps(flame per second)の超ハイスピードカメラが
捉えた水に水滴が落ち瞬間の動画。

ヒトの目には、「ぽちゃん♪」と落ちて、
それだけにしか見えないのだけど、
実際は何度もぴょうぴょんと跳ねているんですね…

●ルート時計。(風雲!コネタ城)

時計の数字が平方根(ルート)で書いてあるんですけど…
特にデザイン的にイケてるわけでもなく、
単に見づらいだけのような・・・

●ウイスキーボトルサーバ。(ライフハッカー)

これまた、ムリヤリ感がいっぱいです…
せめて、コネクタ類を背面にしておきべきでしょうかね。

ウイスキー好き+PC自作家の方は、
挑戦してみては?

わたしは、極小モバイルPC専門なので、
PCの自作そのものすら、やったことないんですよね。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その13

まだまだ、続きます。
もう…どこまで…という感じですが・・・

●ビクターの音楽部門、コナミに売却?
 (イザ!その1 その2)

なんでこれ挙げたのかって言うと、
しばじゅんがビクターなんだよね…どうなるんだろ?

|レコード会社間の争奪戦が繰り広げられる一方、
|無名のアーティストは淘汰されることに
|なるのは自明だと分析

これって、そうなのかな?
レコード会社ないと何もできないんだろうか?
そゆもの?うーん。

●「孤独な時間」がひらめきを生む。(IIDA35-C)

ブックマークしておいたのに、どのページも
みんな消えてて…個人blogさんとこにリンクしとこ。

|他人を気にせずにやりたいことを自分のペースで
|できるというのは、ストレス解消やリフレッシュ効果

そうだよなー…って思いますね。
シゴトがこうできると最高なんだけど、
まぁ、そういうわけには行きませんからね。

最近は、blog書くのすら、自分のホントに
書きたいペースで書けないのが、ムキキ…となる
一因になっちゃってる気もするんだが・・・

で、確かに考えることがひらめきを生むのかも
しれないんだけど、逆に考え過ぎて、
というか悩みすぎて、袋小路に陥って、
ちっとも行動に移せなくなることもある、
という悪い面もあると思うんだけどさ。

どっちかというと、わたしは頭が先で、
手はあとからというタイプ。

こういうのって、たぶんバランスが大事で、
ほっといても、考えることはすると思うので、
むしろ、人付き合いの充実のほうが、
自分にとっては、大事かも。

●モバイルPCに何を求める?(IT-PLUS)

Acerの調査だけど、モバイルしてるヒトは
男性で6割以上、回答者全体でも約5割に達するとか。
まぁ、Netbookが増えたことの影響が大きそうだけど。

面白いのが、「高年齢層ほどモバイル利用を前提」、
男性は20代より30代、30代より40代のモバイル比率が高い。
これって、購買力とかも関係するんだろう。

ホントは50代以上がどうなってるのか?
っていうのが興味あるんだけどなー。

女性は相対的に低いが、それでも40代では
急に伸びていますよ。

用途別にいうと、「メールの作成・チェック」って、
ホントにモバイルの二大用途のひとつなんだろうかな?

自分の場合、PCのメールはリモートメールで
見ているので、PCを開く必要はなくて、
長いのは書けないけど、返信もできるしね。

メールって、シゴトほどには使わなくなったなー
っていう気がするんですよね。

で、みんなモバイルで買い物をしてるんだー
ってのが、けっこう意外というか、
へぇーっという感じですね。

わたしは、こんな感じかな?

1.ケータイでチェックしたRSSの整理
→これは、残すとすぐ溜まっちゃうから、
 出先でもけっこう頻繁にします。

2.blogの更新・準備
→これも、重要ですね。外出しているからといって、
 blog書けないとか、最低写真の準備とか、
 できないのは、すっごい困ります。

3.コメントを付けて回る
→いつも読んでるblogには、よくコメントをするほうですが、
 ケータイでコメントする気にはなれませんね。
 RSSで流し読みしたときに、どれをコメントするかを
 事前にチェックしておき、あとでPCでコメントをつける
 って感じでしょうか?

あと、「仕様を高めるよりは低価格化にニーズ」。
そうなんですねぇ…ホント、日用品化しているって感じですね。
おんなじようなのばっかりで、価格が安いだけの
PCがずらりと並んでいても、全然面白くないんですけど。

そんな中でも求める性能が、軽量・長時間駆動・デザイン。
まぁ、コレは順当なところでしょう。

気になるのは、インターネット環境の内蔵。
コレどういう風にPCメーカーが解決していくかが見もの。

思うに、単純に接続機能を内蔵とかじゃ…
たぶんなくって、それこそPocket WiFiみたいなのとの
セット提案とかが大事な気がしますね。

●写真だけを見ると、ギョッと!(らばQ)

オープンカーのボンネットにどん!と
飛び乗ってくるライオン!

一方でのんきに構えてる人たち…
これ、強化ガラスがはめてあるんですね。

でもコレだけだと、どこにガラス?
という感じで、恐怖の瞬間に見えますね。

●コンパクト地デジチューナーどうする?
 (GIGAZINE)

小型のB-CASカードができたことで、
フルセグのチューナーが登場しましたよね。

これいいかなと思う反面、結局見ないんでしょ?
というのもあって…

昔は、迷わずデジモノは買ってたんですが、
最近はあまりすぐに手が出る!ってことはなくなった気が。

●ドキッ、まさに今の状態だよ・・・
 (ダーリンコラム)

まさに今の状態を言い当てられてる…感じ。
気になったことは、「とりあえず」アタマのフィルターを
通しておいて、記憶のどこかに残そうとしているからな…

とはいえ、無目的というわけでもなく、
自分が何に関心を持ってきたか、その推移を記録すること。

そして、それをblogとすることで、
自分の人となりを紹介したり、関心をキーに
適度な距離感をもってつながることが、
目的は何?の答えにはなるんだけど。

感覚的な問題として、全部目を通さないと
気が済まないという性格的な問題もあると思ってる。

|「力があるかどうかわからないけれど、
| 目的に向かって進んでいる」というようなことが、

そうだなぁ、そうかもしれないなぁ。
でも、そのためにはエポックメイキングな何かが
ない限り、今の延長線上にはその状態は、
ないだろうな・・・

うーん、どうなんだろ。悩ましい。

●金クレ掲示板。(Infoseekニュース)

振り込んだら、名前が出てしまうてのもあるけど、
下手にお金が返ってくる前提で、振り込むと
もめるだろうな…どう考えても。

ヤフオクとかだったら、お互いの口座番号などを
明らかにせずに、お金のやり取りができるから、
そういう仕組みになれば、口座問題は解決する?かも。

セキュリティ関係は、慎重にならないとね。
でも、どんな人が無利子でお金を貸したり、
寄付をするんだろうねぇ。

900件も金クレという書き込みがあるとのことだけど、
どのくらいの金額なんだろうか?

●やっぱり幻のバラ。(イザ!)

サントリーが青いバラを発売したのは記憶に新しいが、
1本2~3,000円もするのに、バカ売れらしい。

11/3にわずか3分で売り切れとのことだけど、
いまはどうなんだろうかな?
さすがに2ヶ月近く経って、そうでもなくなってきた?

●秋芳洞に緑、観光用の明かりが原因。
 (イザ!)

秋芳洞というと日本有数の鍾乳洞だけど、
観光用の明かりが、本来は存在し得ない、
藻やコケ、シダが繁殖し、生態系に影響があるのだとか。

LEDにすることで生育を15%低減できる…とか
緑色の光は、光合成を抑制するとか、
ってことで、いろいろ研究が進んでいるみたい。

意外なところで影響が出るもんだなぁ、と。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その12

さーて、再開です。怒涛の勢いで
大晦日にかけてこれからも更新します!

ま、そんなに立て続けに、
文章長いのアップされても…というのは、
非常に分かるのですが…

1月は2週間くらい、blogをお休みする
つもりですので、その間に読んでいただける方は、
読んで頂けるとありがたいです。

完全に自分都合でスミマセン。

じゃ、いっくよー♪
はじめの数本は最新ニュースから。

●え?そうなの?曹操の陵墓。(イザ!)

喜び勇んで、曹操の陵墓発見!なんて
書いてみたのに、ホンマかいな?というツッコミが
中国国内の学者からアレコレ出てるらしい。

曹操の陵墓に見せかけるために、仕組まれてる?
とかっての可能性を排除できていないらしい…

なーんか、すっごいガックシ。
まんまと飛びついた自分にもガックシ。

曹操の子孫を見つけてDNA鑑定なんて、
実際にはほとんど不可能では。

ホントに子孫かどうかって…1,800年前ですからね。
家系図とかもどこまで正確なもんか…

●これ、謝罪すること?(Infoseekニュース)

子供向けの雑誌に、発明家のおじいちゃんが
孫たちに江戸時代の暮らしを教えている場面で、
タバコを吸いながら、話してるのが問題として、
発売中止になったという話。

これ、どうなんでしょうね。
いいことではないでしょうけど、じゃ同じ状況が
現実に起きたとして、このおじいちゃんは
逮捕されるわけではないですよね?

出版元が中止するって言ってんだから、
横からチャチャ入れるもんではないのかも、だけど
なんかタダのタバコ狩り?のようにも見えてきて。

もちろん、わたしタバコ吸いませんし、
吸ったこともないんですし、タバコの煙は
基本的にキライですけどね。

だからといって、なんか極端な気が。

●ケータイ of the Year 2009は「G9」。
 (ケータイwatch)

なんだそうですね。でもよく見てみましょう。
ケータイ部門の総投票数が、1408。
に対して、G9の獲得票数は、114で約8%。

一方、スマートフォン部門の総投票数は、
1002に対し、1位のiPhone 3GSの票数はナント、
677で断トツなワケですよ。

じゃぁ、そんなにiPhone 3GSがすごいのか?
というとどうなんだろう。

勝手な憶測だけど、マーケット規模がここで言う、
ケータイとスマートフォンが同サイズ…なわけないと
思うので、明らかに母数がスマートフォンに、
偏っているといわざるを得ないので…

きちんとその点も考慮してみないと、
G9位置づけがそうなのか?とはいえない気がするね。
個人的にはG9が1位ってのには、納得しますが。

●設計ってアンタ…(blogs.com)

人体の設計ミスって…アメリカみたいにまだ、
神によるヒト創造論が幅を利かせているならともかく、
進化論の立場を取るならば、挙げるだけムダでは・・

●発想だけじゃなく、やっちゃうところがすごい!
 (CNET Japan)

中国にあるという「始皇帝ケータイ」。
兵馬俑のフィギュアがセットになってたり、
ケータイに始皇帝の顔が付いてたり、
数字が旧字体の漢数字だったり…

アプリのカスタマイズとか、専用コンテンツは
ないみたいだけど、着メロとかメニュー画面の一部は
とにかく始皇帝っぽい。

問題は、中国で始皇帝って人気あるの?
ってことかな。あんまり人気あるって聞いたことないような。

むしろ、三国志モノとか水滸伝モノとか、
そっちのほうがいいんでは?とお節介したくなりますね。

●Windows 7の出足と移行。
 (山田祥平のWindows 7カウントダウン
 (大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」

いきなりまたバックデートした話に
なってしまうけど、Windows 7の話。
よく売れてはいるみたいですねぇ。

ただ、いまどきOSを単体で買うってのって、
すごく特殊なんじゃないかねぇ。

Vistaがあまりにも出来が悪かったから、
売れてなかったのが、7は前評判がよく…って感じ?

一応、個人的にもそれなりに興味はあるんだけど、
さっきも書いたように、もっさりVistaを
入れ替えてまで、7にするモチベーションも時間も
残念ながらないんですよねぇ。

業界的には、7に移行したほうがいいんだろうけど、
単純にXPが優れたOSじゃなくて、
それ以上のものがないから、XPが支持されてる、
ってんじゃないと思うんですよね。

OSって、基本の基本になる部分だから、
正直、操作の基本的なやり方は、
便利になったとしても、変わってほしくない
という気持ちがあるな、と気づいた。

確かにWindows 7の記事を見てたりすると、
コレは面白そうだな、とかあるんだけど、
今あるのを移行するってのは、心理的なハードルが
高いんだよなぁ。

逆に言えば、別のPCに買い換えたときに、
Windows 7が入っていたとして、
それをわざわざXPにするってのも、ナイ気がする。

これからの10年を考えると、っていうけど、
PCに10年なんてスパンは、一般ユーザーから見ると、
あまりにも長過ぎる。そんな感覚はもてないよ。

●モバイルPCの今後。
 (山田祥平のRe:config.sys)
 (本田雅一の週刊モバイル通信)

ホント、今年はモバイルPCでこれ!というのが
少なかったという感覚がある。

VAIO PとかXとかは気になったけど、
そもそもタッチ機能なし=論外だしな・・・

Netbookが出てきて、結局違いが何か?
がデザイン以外に決定的な決め手がなくなり、
先鋭的なPCってのが出にくい環境になった気がする。

他ではつくれないモノ、コンセプトに独自性があって、
明確なモノ自体が少なくなっているわけだから、
そのなかで、好みに合う何かを探そうとするのは、
けっこう難しい時代になってしまった。

|手頃で、しかしみんながハッとするような製品を作るには、
|ここまでの思い切った商品の企画が必要

なんだろうけど、その思い切りが感じられる
PCが少ないのも事実なんだよね。

このままだと、しばらく今のLOOX Pを
使い続けていかなくちゃいけないかな…という気も。

一方で、Netbook/CULVで持ち歩けるPCの
価格自体が下がってきたときに、
ホントに持ち歩く人が多くなるのであれば、
また、クラウドの進展が今後進むのならば、
コンセプト提案レベルの製品から、
本気でマーケットをつくりにいくモードに
各社が動くかもしれないな、という予測もできる。

2010年の動きに、期待したいところ。

●ファイナルファンタジーの略称について。
 (GIGAZINE)

ま、話す相手が理解してさえいれば、
何と略したって勝手、といえば勝手ですけどね。

わたしはどっちかというと、FFと略してきた気がします。
blogで、どっかにファイファンと書いてるかも
しれないけど・・・

でも、略した時にアルファベットが2文字重なるもの、
と意識してたのは初めて知りました。

ま、先に一般的にヒットしたのが、DQ(ドラクエ)
だったから、ファイファンと呼ばれても、
仕方はないかな、と思いますけどね。

当時小学生のわたしとか、ディープダンジョン(DD)とか
知りませんでしたしね。

●闘うバービー人形。(イザ!)

イギリス軍の女性兵士が、ミス・ワールドに出場
という話。闘うバービー人形って呼ばれてるらしいです。

こちらの写真をみて・・・
キャミィ?とか思ったのは、わたしだけ、か?

●「eneloop」1億個出荷達成モデル。
 (マイコミジャーナル)

ほしいことはほしいんだけど、
そんな何個もeneloop持ってても、もったいないだけ…
かと思って、買うのは控えようかと思いますが。

むしろ、限定にせず、用途別・未充電/既充電で
使い分けられるという意味で、
今後はこのカラフルバージョンに統一してくれないかな?

1,000回は繰り返し使えるので、
今のeneloopの寿命が切れるのは、けっこう先だと思うけど。

●寝台列車は楽しい。(マイコミジャーナル)

うん、コレは真実だと思う。
寝台列車は、ただの移動手段ではなく、
列車そのものが、旅に出る理由になりうるもの。

JRは寝台列車をなくしつつあるけど、
自らの役目を移動手段を提供する企業と
狭く位置づけてしまっているからではないか?

自らの事業を狭義に捉えていると、
ドラスティックに環境が変わるときに、
対応が鈍くなってしまうんじゃないかと。

寝台列車なんてまさにそうで、
単純に移動手段としか考えていないと、
単なるお荷物になるかもしれない。

だがそうすると、飛行機や自家用車とガチで、
より速く・安くのレッド・オーシャンに
突き進むしかないわけよ。

逆に、鉄道事業を顧客に旅を愉しんでもらう
サポートをする事業の一つ、と捉えるなら、
寝台列車をひとつの旅行商品と見ることができないだろうか?

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Nikka Blender's Bar 忘年会2009。

ちょっとネタ記事はストップして、
昨日の話。ホントにこれが今年最後の忘年会。

昨年は、あまり顔も出していないのに、
お店のKさんが呼んでくださって、参加できましたが、
今年はようやく、常連ぽく(?)なって、
参加と相成りました。

今年はbloggerさんでは、ウスケバから
きゃず3さんも参加!

昨年同様、表参道の駅を出たところ。
ちょうど、昨年もいい時間だったので、
駅を出る前にデジカメをスタンバってました。

P1140571

やはり今年も、会費制でオリジナルウイスキーが
飲み放題という、ニッカ好きには堪らない企画。

P1140580

ウェルカムドリンクは、ブラックニッカ
クリアブレンドのハイボール。

ここから、最初は竹鶴相談役作のオリジナルウイスキー、
ブレンダーズウイスキーNo.10を堪能。

このほかにもいつもはしないロックだったりとか、
飲んだことのない番号を次々と頂きます。

No.10は、Kさんがおっしゃってたように、
毎日晩酌で飲んでも飽きが来ず、
なおかつ、味わい深いものを目指したブレンテッドとか。

確かに特徴がピン!と立ったものではないですが、
逆にそうだからこそ、食事にスッと溶け込む、
ウイスキーだな、という感じ。

あと、Woody & Vanillic系が好きになって、
それが分かりやすい番号ばかりを飲んでたんだけど、
たとえば、No.3の甘みのあるウイスキーもいいなーって、
発見してみたり。

料理も、ピザにまいたけが乗ってて、
まいたけLOVEなわたしは、こころの中で舞い上がってました。

P1140583

青椒肉絲っぽいコレも、味付けが好みで
かなり頂きましたよ。

P1140585

で、途中で著名なウイスキー評論家、
マイケル・ジャクソン氏(THIS IS ITのほうじゃなく)が
絶賛したという、シングルカスク余市が、
登場しちゃいます。

Kaoriさんにボトルを持って頂き、皆が撮影。
さながら、Kaori撮影会の様相(笑)

P1140597

抽選会は、やっぱり今年もハズレ。
宮城峡のミニボトルが参加賞。

P1140602

ま、ソサエティのほうでボトル当てたからな・・・
そう何度も当たっちゃ、バチが当たりますね。

一方、Kaoriさんは見事、竹鶴21年トロフィー記念
ラベル
のボトルにご当選!

あと、ウイスキーに全然関係ないんですが、
LOOX Pをお持ちの方がいました!
せっかくなんで、見せていただきましたよ。

こりゃまたなんとレアなこと…同じ機種を
持ってる方に出会ったの、初めてです。

P1140603

ご存知の方も多いと思いますが、
わたしは実にマニアックな機種ばかり、
使ってきてますからねぇ・・・

このあと、2次会にも突入!
常連の皆さまの差し入れをいろいろ頂き。
わたしもラガヴーリン12年カスク+余市新樽20年を
持参し、皆さまに振舞ってきました。

十年浪漫倶楽部余市の5年物とか、
50年?以上も前にボトリングされたNIKKA GOLDとか。
濃いメンバーのマニアックな代物多数(笑)

昨年ほど、ふらっふらにはならず、
比較的頭がしゃんとした状態で今年は帰れました。

当日、お世話になった皆さま、
有難うございました。

そして、1次会で人手不足なところを
バーカウンターおひとりで切り盛りしてくださったKさん、
連絡役の中心になってくださってるKaoriさん、
有難うございました!

また、2010年もウイスキーを
愉しんでいきたいと思います。

さ、ネタ記事ネタ記事…(爆)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その11

いやいや、さてもさても、
よくこんだけ貯めたな…と自分でも
呆れますね。いかに興味が雑食かという点も…

●カロリー表示とカロリー抑制の関係。
 (イザ!)

特にハンバーガーとかイメージしますが、
日本のよりもとかくビッグな量のアメリカ。

肥満防止のため、ニューヨークではファーストフード店に
商品のカロリー表示を義務付けてみたその結果。

研究者と市の結果が違うってのもあるが、
「サブウェイ」では大きめの「12インチ・サンドイッチ」
のキャンペーンが行われていたので、
カロリー表示にもかかわらず、逆に増えてたっての。

書いてても、キャンペーンがあれば、
やっぱり食べちゃうのね…

個人的には市の成功というのは、
これだけじゃホントかな?
とちょっと訝しく思う気もしますよ。

ってのは、カロリー表示って気にしようと思わないと、
書いてあっても価値ないですからね。

購入品のカロリーが減ったとかはあるかも知れないが、
表示に気づいた人がどれだけカロリーを
減らそうという気になっているか?っていうのを
調査しておく必要がある気がしますねぇ。

●なんだか、示唆に富む内容。
 (アメーバニュース)

ナスカの地上絵で著名なナス歌人…じゃなくて、
ナスカ人(もうMS-IMEやっぱ馬鹿だ)の滅亡は
いまだによく分かっていないのだけど。

1500年前に森林を伐採し自らの滅亡を
早めてることになった、という研究結果。

これが証明されたわけではないだろうが、
地球規模で森林がなくなっていっている現状に
照らし合わせてみると、ちょっと示唆的。

●上戸鉄子…そりゃ飛躍ありすぎだろ。
 (nikkansports.com)

|新幹線は、乗り物の中でも一番好き。
|乗り心地がいいし、音楽も楽しめる

といっただけで、鉄子扱いにしちゃうのは…ねぇ。
ホントの鉄子さんからクレームが来そうです(笑)

ねぇ、はるかさんはっちさん
まだまだ、甘いわってね。

●ウイスキー一生分って…(イザ!)

No Whisky, No Music、けっこう吊広告や
駅の広告とか、いろんなところで目にするので、
ご存知の方も多いのでは?と思いますけど。

|アーティストの参稼報酬は、
|ウイスキー一生分とユニーク

これ、うらやましいのと、銘柄は何?
というのが気になります。
飲みたいのを飲みたいだけ、一生分だったらすごい・・
ま、サントリーのものだけだろうけど(笑)

それでも、響とか山崎飲み放題だなんて・・

●作家だけにことばの扱いは一級品。(イザ!)

作家が自らをイメージしたウイスキーを当てるという
「ウイスキー&ミステリー2009」という、イベントの話題。

参加された作家の方が、普段からウイスキーを
飲まれているかは知らないけど、表現の仕方とか、
さすが作家さんだな、という感じ。

ウイスキーはよく飲んでいても、ことばの扱いは
トーシロだからな…ははは。

●あえて大理石で発泡スチロールをつくる。
 (GIGAZINE)

おもしろいですね、硬い大理石をここまで
自在に操る技術があってのものですが、
一度目にして、触ったりしてみたいものです。

●薩摩の教え。(もののふ天守)

何度か言っていますが、わたしの血筋は鹿児島がルーツ。
だけど、ちっとも知らなかった「薩摩の教え」。
うんうん、と納得する内容なので、ご紹介したく。

「男の」とありますが、まぁそこは時代背景を
汲んでいただき、男女問わずと思っていいと思います。

男の順序

一、何かに挑戦し、成功した者     
二、何かに挑戦し、失敗した者
三、自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者   
四、何もしなかった者
五、何もせず批判だけしている者

最悪でも、五にはなりたくないですし、
そういうひととシゴトをするのはカンベンですよね・・

●曽祖父母が勢ぞろい!(らばQ)

物心付いたときには、祖父母がいなかったとか、
いても祖母だけとか、父方は健在だけど…とか、
そういう方も多いんではないかと思いますけども。

イギリスで、祖父母だけではなく、
曽祖父母までが全員健在というしあわせな赤ちゃんが。

曽祖父母8人、祖父母4人、そして両親。
すごいですねぇ・・・

この子が物心付くまでは少なくても、
元気でいなきゃ、とひいおじいちゃん・おばあちゃんも
思ってられるのではないでしょうか。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その10

ほんとに来ちゃいました~その10。
このペースで行くと、年内に終わりません…
そして、その20まで確実に行きますが…

なんか、年末を目の前にして、
締め切りに追われているマンガ家のような気分(笑)

もう…書こうと思ってブックマークしたのを
全部網羅しないときが済まない!
というある種の完璧主義が、まだまだ自分の中に
残ってるんだなーと再認識してます。

我ながら、メンドクサイ性格だ(爆)

●blog登場の前後で変わる情報収集のスタイル、
 そしてその先…(blogs.com)

まぁ、そうだろうな、と思います。

どれだけの人がblogの登場と普及にしたがって、
情報収集のスタイルを変えているかは未知数ですが、
確実にblogの登場にしたがって、RSSベースで、
情報を取りに行くようになりましたね。

でも、けっこうこれでもRSSの登録が多いと、
1日に1,000件以上の未読タイトルがあって、
1日サボるとエライことになったりはしますけどね。

さらにその先、Twitterをやってる人の中には、
もうRSSすらメンドクサイ、
だれかがTwitterでつぶやいたのを
みることで、フォローしてるひと=
自分と関心が近しいと思われる人のつぶやき
で追ってく、というひとも。

個人的には、最初に書いたように少しでも、
関心があるかもしれないことを諦めたくないという、
情報に関してはムダに強欲なので(笑)、
そのスタイルはちょっと…という気がしますが。

だといっても、RSSすら知らない、活用してない、
という人もいっぱいいるんでは?という気もしていて、
ますます、その格差が広がってく気がします。

これ、デジタルデバイドではなく…
何デバイドっていうのでしょうかね?

●線の中にJR。(風雲!コネタ城)

おもわず、笑った記事。
走り書き気味で、「線」の水をJRってかくと、
それらしく見える気がしますね~

●ぜひ、ウェブポとコラボを!
 (walkerplus)

なかなかおもしろい発想なキットカット。
いわゆる定番のお菓子でも、各地方にしかない
という味があったりしますよね?

ま、手軽なお土産ではあるのですが、
そのままポストに入れて、送ることができる
という画期的なアイデア。

いいですね、これ。切手もそこのご当地の
切手にしてみたりだとか、ポストじゃなくて、
るるぷぅさんみたいに郵便局に行って、
地元ならではの風景印で消印とか。
いろいろ組み合わせると、さらによさそう。

あと、ウェブポと組んで、blog仲間にも
旅先からお土産を渡せたりしたら、楽しいだろうなー。
もちろん、連絡が付かなかったら、
自分の家に届くようにしなくちゃ、だけど・・・

●せんたく便お試しレポート。(マイコミジャーナル)

確かにこういうのって、需要がありそう。
てか、すっごい自分だって気になる。

実は、ワイシャツは自分で洗濯してまして、
ドラム式洗濯機で乾燥はほどほどにして、
浴室乾燥で干しておくと、アイロン要らないくらいに
けっこうキレイになるんですよね。

だけど、さすがにジャケットはねぇ。
クリーニング出します。一人暮らしだと。

畳んで送られてくるのもあれば、
ダンボールに詰めて、吊るされているタイプも。

確かに折りたたんでないほうは、
シワを気にしなくてもいいけど…
ダンボールがもったいないな、という感じ。

個人的にはよくクリーニングを出すのを
うっかり忘れたりするので、
深夜に開いてる、もしくは集荷してくれる、
ってのがあったほうが、うれしいかもです。

●世間は広いというかなんというか。
 (みんなのアンテナ バックナンバーセレクション)

世の中では、ひとりじゃどうしても
食事ができない人っているんですね、というか、
そういうひとに哀れみの視線とか…どっかおかしいのでは?

|大学生や専門学生がひとりだと学食で食事が出来なくて
|校内のトイレの個室で昼ご飯食べてる

ってのには、驚愕です。マジで?ネタじゃなくて?
ありえない…ありえなすぎる。

あと、女性一人の食事でも、
高級フレンチで一人のディナーってのは、それはどうだ?
という気はするけど、あとは全然イイと思うけどね。

フレンチや焼肉とかも、イヤとかじゃなくて、
その度胸というか、気にしなさというか、
に感心しますね。すごいな、と。

いろんな意味で一匹狼的要素が多くて、
傍から見るとそれでも「さびしさ感」が
足りないらしいわたしですが・・・

昼休みも、かならず誰かと一緒でないと!
と無言の圧力がかかるのはシンドイですね、そりゃ。

どれも、一人で食べるのは友達いないとか
さびしいとか、なんかそういう勝手な思い込みを
している人がけっこういるってことが問題だな・・・

●仲間の死を嘆き悲しむチンパンジーたち。
 (らばQ)

未来を悩まないのか、悩めないのか、
という話を先日書きましたけどね。

これに続いて、チンパンジーの話題2つ目。

埋葬という行為をチンパンジーに見取らせることで、
死の概念を持ちうるかどうか、
の実験的な要素もあったのだろうけど…

悲しみにくれるかのように、静かに見つめる
チンパンジーが多かったとのこと。

人間に非常に近しいチンパンジー、
彼らの心に去来するのは、なんだったのだろうか?

●これはすごい…一見の価値アリ!(らばQ

普段、ゴルフなんてしないし、
あまり興味もないんですが、これはすごいな!
という動画があったので。

まるで水切り石のごとく、すいすいぴょんぴょん、
池の水面を跳ねて行き、あれよあれよという間に、
なんとホールインワン。

●Wi-Fiダイレクト。(ライフハッカー)

これ…どういう意味だろ?

全ての対応ガジェットをAPにするってことは、
その周囲90m以内に、たとえばPocket WiFiを
持ってる人がいたら、周りの人がみんな、
それ経由でネットにつながるってこと?

あとPocket WiFiの周囲90mから離れていても、
そのPocket WiFiにつながっている
PCとだけは90m以内にあれば、それもつながるってこと?

ちょっと…なんかキケンなニオイがしませんか?

●どうして33歳なのか…(笑)
 (All About)

結局、蒸留所で11月に買ってしまった
山崎パンチョンですが、33歳のしなやかな女性、
という表現がおもしろいな…と。

ウチのblogを見てくださってるなかにも、
「33歳(前後)のしなやかな女性」ってけっこういる…
のではないかと思っていますが、どんなもんでしょうか(笑)

●日本人としてうれしい限り。(イザ!)

ベトナム戦争での米軍枯葉剤散布の影響の
象徴にもなっていたグエン・ドクさんのお子さんの名前に、
富士山と桜を意味するベトナム語を名前に。

分離手術のときもそうだし、日本と関係が深いわけだけと、
いい関係を築ける礎になればいいなぁ。

ちなみに、Wikipedia見て知ったんですが、
漢字にすると「阮徳」と書くそう。

●鼻づまりは集中力を落とす?(ライフハッカー)

風邪を引くと、鼻づまりしやすいので、
それ、すごく分かりますね。

もう…つらくてつらくてしょうがない、
ってほどじゃないんだけど、ちょいちょいイラッと
くる感じがすごくタチが悪いです。

ちなみに、鼻づまりになると、ウイスキー飲んでても
まったく価値半減。なにせ、香りを楽しむ酒。
鼻が利かなきゃ、ウイスキーに失礼なので、
鼻づまりになったら、飲みません。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その9

えーっと。さっき書いてた記事が消滅…うぅ。
約1時間半のロス。時間ないのにー!
下書きとして、保存するのを忘れたときに限って、
やっちゃうんだよなぁ…復元するアドオンは、
最近のFirefoxには対応してないしさ。。。

数項目だけだったので、まだ救いがあるな、
ということで仕切り直し。最近のニュースで
気になったのも入れて、新旧織り交ぜて、
書いていくことにしますよ。

●50年代生まれの9割がDQ経験者。(イザ!

われわれの年代にとっては、必ず通ってきた道?
なんじゃないかと思われるDQ。

それでもちょっと9割は多いんじゃ?
という気はしますが、まぁ納得の数字ですね。

その中でも4人に3人(約75%)がDQIIIがトップ。
続いて、DQIV、DQVと続きます。

DQI・IIの頃はまだRPG自体が黎明期だったこと、
あと70年代後半生まれだと(わたしもそう)、
ちょっと難しかった気もします。

逆にDQVI以降は、発売までの時間がどんどん長引き、
また他にもおもしろいゲームが出たり、
そもそもゲームに飽きた、する時間がない…
などどどんどんゲームが端に追いやられていく時期、
だったりするので、DQVくらいまでなんだろうな、と。

最新作のDQVIIIが、けっこう話題になっていても、
遊んだことがあるのは、約3割という数字が
それを物語ってますよね。

かくいうわたしもわたしもやってないわけですが…
FF13もあって、さすがにどうににゃムリだろ、と。

●曹操の陵墓が発見!(YUCASEE MEDIA

三国志好きなら当然、あまり知らなくても、
レッドクリフでご存知になった方も多いであろう、
魏王・曹操。

その曹操の陵墓が、河南省安陽県で発見。
河南省文物管理局のページ(中国語)を見てみると、
その様子が写真に収められてますよ。

イザ!の情報によると(中国語読めないもん!)
総面積740m2、墓室2室に副室4室、
最深部は地下15mと魏王にふさわしい規模の大きさ。

何度も盗掘にあった形跡があるようだけど、
それでも金銀の器や水晶珠、それに「魏武王」の銘の入った
副葬品などなど約250点が出土。
さらに曹操自身と思われる60代男性の遺骨。

これ、わくわくする大発見のニュース。
瑞鳳殿再建で伊達政宗の遺骨が発見されたとき、
その骨格から、身長や体つきやその顔までが
復元されてますが、曹操もその当時の顔や雰囲気を
正確に復元することができるかもしれませんね。

●1世紀前のウイスキー。(Infoseekニュース)

asaさんも書かれているけど、1909年に南極点に到達間近で
断念をせざるを得なかったイギリスの探検家が、
南極に残した小屋の中にあったウイスキー。

これが回収されるとのことで、その中身はそうなんだ?
というのが気になっています。

ウイスキーって、比較的味の変化が鈍いことと、
南極という極寒の地で置かれていたわけで、
どうなってるんだろう、と。

|味については「ロマンチックなままの方が
|良いこともあるのでは」

ということだけど、ぜひ味見してほしいなぁ。

●歓迎すべきメープル旋風。(walkerplus)

見つけたら、ちょくちょく買ってはいるのですけど。
いろいろある甘いものの中で、メープルシロップって
かなり上位にくるものなんですよね。
ハチミツより好きだなー。

夏には氷にメープルかけて食べるし、
冬には紅茶に入れたりとか、ホットウイスキーにも。

ヒノキ風呂もそうだし、もちろんウイスキーも、
木の香りというか木由来のものって、
全般的に好きなんだな、って改めて思います。

また、ちょくちょく買おう。
お菓子ばっかり食べてられないけど(笑)

●そもそも、そこまでのコダワリがない…
 (モノを買わなくなった時代、
 ほな何やったら買うてもええねやろ
?)

まぁ、XPで全然ええやん、という意見には
同意はするのですが、かといってムリヤリXPを使い続ける?
という気もまたするんですよね。

そこまでこだわるのがメンドクサイ。

正直、OS自体に機能的な進化って、
あまり求めるものがなくって、裏方に徹して、
ちゃっちゃと動いてくれればいいという感じ。
あと、余計なチャチャを入れないでほしい、と。

Windows 7への期待もたぶん、
そういうところへの期待・満足であって、
機能的な面では、タッチ操作の標準サポートくらい?

でも、これだって評価はまだこれからってとこ。
もちろん、何年も前からタッチ操作万歳!
って言い続けてきたので、Windowsがサポートすることで
広がってほしいな、とは思うけどね。

て感じなので、新しいPCを買おうとして、
それが最新OSだったとしても、まぁしょうがなく使うか、
という感じに落ち着いちゃって、LOOX Pも
Windows 7に変えようかな、と思ったけど、
すっかりその気分は、萎えてしまってます(爆)

●3D液晶搭載ノートPC。(GIGAZINE)

FPDであれだけ、3D~3D~ってあちこちで
展示していたわけだから、当然こういう動きが
あってしかるべきでしょうね。

が、これまたあまりPCに映像面の強化を
求めるつもりがないので、ふーんという感じかな。

ていうか、みんなそんな3D好き?

●あ、これぜひお願いします。(ITmedia News)

充電器をどのケータイでも共通にしようという動き。
これ、すっごい賛成です。いいことだ。

マクロ的に見て、廃棄される充電器を少なくできる、
というのももちろんいいことだけど、共通化されることで、
ミクロな各個人の視点でも、いいよね。

みんなで使い回しが利きそうだし、ホテルでも
docomoはあるけどauの充電器はいまなくて…とかもナシ。
もちろん、買い替え時にも買わなくていいし、
キャリアを変えても、関係なし。

●ワコムが急上昇!(morningstar)

珍しい株価の話。

ワコムというと、タッチパネルやデジタイザなど、
ペン操作PCやTablet関係の有力企業。

Windows 7でPC関係のタッチパネルの需要が
急伸するという思惑から、株価が急上昇とか。

ただ、これ今?という気はしますけどね。
ずっと前からWindows 7はタッチ操作を主軸に…
と言われてきたわけですけどね。

あ、てことはワコムの株を買っておけばよかった、
ってこと?株やっとけばよかったのかなぁ・・・

●Windows 7をUSBメモリからインストール!
 (ZDnet Japan)

これ、けっこう時代が変わったなーというのを
象徴的に見せるできごとかもしれません。

ソフトのインストールって、その昔はFD、
CDが一般的になるに従い、DVDになったとしても、
円盤からインストールってのが普通だったわけで。

それが、ドライブなくても、USBにサクッと
挿してインストールができるってのは、
けっこうすごい変化だと思うのですよ。

一部ドライバとかはUSBメモリからってのは
体験したことあるけどね…もはやOSすらも、
USBメモリか…まだツールを発表するかもってだけだけど。

将来的に、OSのパッケージだって、
USBメモリで販売されるかもよ?
あ、そのためにはROMのUSBメモリが必要か。

●通勤でカロリー消費する人たち。
 (wakerplus)

どうなんでしょうねー通勤時間って、
カロリー消費になってるのかな?

むしろ、相対的に消費しているというだけで、
ホントは昼間のPCにらめっこで、
あまりにもカロリーを消費しなさすぎ、
というだけではないか、という気が…

|女性は数値の高い時間帯が
|18時頃から21時頃まで続いている

ってのは興味深いですね。既婚者と未婚者で、
振り分けでみると、もっとおもしろいデータが見えるかも。

|夜遅くまで飲んだくれてタクシーに乗ったりもせず

ええ。わたしは夜遅くて飲んだくれて、
終電がなくても、途中駅まで電車があれば、
そこから家まで歩きますけどね!10km程度なら(爆)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その8

おらおらおらー!どんどんいくぜー!

●変わった国旗。(らばQ)

世界を見渡せば、おもしろい国旗もあるもので。
ネパールの旗の形がおもしろいのは、
知ってはいましたが、神龍みたいなブータン、
テニスボールみたいなキルギス、
なんかよく分からない足がつながったマン島…

グアムのどっかの土産物においてありそうな
デザインだとか、ちょっと不格好なところが逆に
ラブリーなオランダ・フリースラント州も、
なかなかおもしろいですが…

個人的にはリビア!緑一色!
そう来たか!という、なんか不意打ちを食らった、
今川義元
みたいな心持でした(笑)

緑はイスラム教で聖なる色とされてるそうです。

●別に縮小したっていいし。(ココログニュース)

アルコールを飲むと、脳が縮小するってさ。
でも酒が飲めない人生なんて、まっぴらごめんだ!

ということで、病気して酒禁止!
といわれることがないよう、休肝日を設けながら、
飲んでいる次第であります、はい。

●ゴーゴーカレー…食べようと思ってどのくらい?
 (Infoseekニュース)

かかりちょさんとこで見て、
気になってるんだけどね。

最近はもう、ココイチか、スープカレー。
スープカレーは時間に余裕のあるときに
食べに出かけるもので、さっと食べたいときの
カレーではないんだよね。

TOKYO ROUXもけっこう好きなんだけど、
これまた何かのついでに…という感じで、
食べられるとこが少ないんだよ。

2010年にはゴーゴーカレー、忘れずに
食べに行くとしますか。

●えー…そうなの?謝礼強要。(四国新聞社)

物を落として拾ってもらったら、
謝礼10%はもらえる…なんてのは、教えてもらわなくても
なーんとなく知ってるものですが。

預貯金通帳7冊や印鑑の入ったカバンを拾い、
届けたらしいのだが、預貯金が1,700万円以上あり、
その15%に当たる255万円を要求。

確かに遺失物法によれば、返還されたら、
遺失物の価格の5~20%に相当する
「報労金」を支払わなくてはいけない、とある。

しかし、通帳と印鑑そのものが1,700万円、
ってわけではないよね?ってとこを
どう判断されるかが、けっこう気になるところ。

●いや、別に何書いてもいいと思うけど。
 (走れ!プロジェクトマネージャー!)

うむ、そりゃblog書くことで人間力は
付かんだろうな。あくまで人間力は人と人の
関係の中で生まれるもの。

コメントを付けたり、付けられたり、
ってのはあるけど、それにもそれまでの人間力というか、
人となりがものをいう気はします。

あと、文章力を上げるためには…って、
だからといってこう思うとか、内容を縛っちゃ、
ダメだと思うんですよね。blogって。

あ、もちろんそういうテーマに沿った
blogを書きたいという人は、いいんですよ。

他人にあー書け、こー書けってのは、
言わないほうが…と思います。
書きたいように、書きましょう。
そして、なりたいようになりましょう。

Twitter…トレーニングなんて思うと、
ますますヤル気が失せちゃいますが(爆)

●エベレストに蝿が!(イザ!)

確かにこれも温暖化の影響かなぁ。
かといって、これに絞った何か対策を
打てるわけもなし…

ちょっと気になったのが、

|従来は50人が立つことができた
|エベレストの山頂も縮小し、
|今は最大で18人しか立てません

ってくだり。温暖化で氷河が溶けると、
エベレストの高さが縮んじゃうってこと??

●えーっ、そうなの?「//」が不要とは。
 (隠れた財産)

「http://」の「//」が実は要らなかった、という話。
えーっ…とわたしもすごく拍子抜けしました。

●ハウステンボスの経営難。
 (Infoseekニュース)

実は、10月に長崎に行った際に、
ハウステンボスも見てこようかなーって思ったんだけどさ。

建物好きなもんで、「17世紀のオランダの町並みを再現」
ってのにはけっこう惹かれるものがあったんですけど。

行こうと思ったときには、もうありません、
ってのはヤだなぁ…がんばって!
行けるときに行ってないクセに、無責任ですが…

●FF13特別仕様のPS3。(GIGAZINE)

かなり人気で予約殺到だったみたいですが、
結局、これを買うことはなく。

や、単純に家の中というか、持ち物全体的に
黒が好きなもんで、これだけ白ってのもなぁ…という、
そこが理由だったりする(笑)

なんかここぞとばかりプレミア乗せて売るのって、
なんか感心しませんよねぇ…

●いやいやいや、そんなこと言われても。
 (YUCASEE MEDIA)

世界中の宝くじの1等当選者の8割は、
162cm以下の身長…

いや…そういわれてもどうしようもないんですけど。
(あ、わたし171cmですので。念のため。)

ちょっと…年末ジャンボも買ったんだけど!
今から夢のないこと、言わないでくれる!?

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その7

さて、まだまだ行きます。
半分もまだ行ってないんじゃ…という気がしなくもないorz

●巻いてクルクル、なPC?(GIZMODO JAPAN)

なかなかコンセプトとしては、おもしろいアイデア。
曲げられる液晶ももうできてはいるわけだし、
やってやれなくはないな…とあと少しで、
手が届く感覚なのもいいですね。

実際には、もうちょっと小さいほうがいいかな、
という気はしますが、まぁなにぶんまだ
アイデアレベルということで…

●食べ物を撮る!(マイコミジャーナル)

ま、女性のほうが撮る率は高いだろうなーと
予想はしてましたが、案の定。

ちょっと不思議なのは、男性7割、女性で8割という
blogやSNSに投稿したことがあること。

何が不思議かって、逆に投稿したことがない人って、
撮った食べものの写真をどうするんでしょう?
印刷して誰かに見せるとか?
食べたものを記録しておくのにとっとくとか?

食べものの写真=blogアップ用、にしか
使ったことがないわたしには、なんだか不思議なのです。

●写真と見まごうばかりのリアルさ。(らばQ)

実は、鉛筆で描かれた絵なんですが、
まぁそのリアルさったら。

しかも、独学らしいです。
ぜひ、見てみてください!

●なんか…ミシュランにコナモンは似合わない。
 (YOMIURI ONLINE イザ!)

まぁ…そうギャーギャー反発しなくても?
という気はしますね。

高級そうなところのガイドブックという
イメージを持っていたので、
そういう目で見てもらえばイイだけでは。

安くて美味いというのは、ミシュランを買って
旅行しそうな人には響かない気もするし…

●無線充電機能搭載。(CNET Japan)

そろそろ、こういうのが出てきましたね。
しかもこれをやってのけたのが、DELLというのが
何よりびっくりするところです。

DELLでそういう先進的なものを
アグレッシブに取り入れていく、
というイメージじゃなかったんで。

試しにUSのサイトを覗いてみたら、
このLatitude Z本体価格のstarting priceがUSD1,999、
ワイヤレス充電スタンド付きでUSD2,348。

1USD=90JPYとすると、本体が179,910円。
セット価格が211,320円。差し引き31,410円が
スタンドの価格ということになろうか。

薄いけど、ちょっと重くて(2kg程度)、
ほしい!対象にはならないけど、
ほしいPCにこの程度の+αなら、
人柱になってもよさそうな感じかなーっと。

●う、かなり平均を上回る?(マイコミジャーナル)

Firefoxのタブをどの程度開きますか、という話。
平均は10程度だそうですが、わたしはblogを書くときには、
ネタ元が多いこともあって、多いときだと50以上の
タブを開きながら、記事を書いたりします。

一応、モバイルPCでもCore 2 Duoなんで、
それなりには働いてくれるんですよね。
Netbookじゃさすがにチョット荷が重いかも。

しかし、グラフを見ると100を超え、
200近いタブを同時に開くユーザもいるようで…
それなりのスペックのPCじゃないとムリですね。

●確かに…昔は区別がつかんかった。(イザ!)

北関東4県が、「地域ブランド調査2009」で
軒並み下位のほうに名を連ねるという不名誉な番付。

別にこの4県(栃木・埼玉・群馬・茨城)に
魅力が乏しいという気はないんだけど、
少なくとも、大阪にいたときは区別が付かないくらい
県名であれ!というイメージがなかったのも事実。

イキナリ、甘えている!といわれても、
困惑するばかりだろうが、現実は現実なので…

そういや、最近駅ポスターに
茨城のポスターがあったような??

●なんでこんな当たり前のことが…
 (GIGAZINE)

ケータイの着信音を屋外で鳴らすことは、
著作権侵害だとの訴えが却下されたとのこと。

アメリカでの話ですが、まぁ…よくもまぁ、
そういう発想があるんだな、と逆に感心しちゃうくらい。

なんか裁判するだけ無駄な費用や時間が
掛かっちゃったんじゃないの?
と思うのは、わたしだけでしょうか…

●高速1000円の弊害、ここにも。
 (たべちゃんの旅行記)

確かにJR四国はドル箱といえる路線がなくて、
苦しいだろうな、というのは想像に難くない。
ローカル線などは廃線の可能性もあるだろうなぁ。

車に乗る必要のない向きには、
なんだか不安になるニュースではあります。

バスやフェリーにも被害は出ているし、

|公共交通を税金で邪魔している

といわれても、仕方ないですね。はぁ。

●理想の1日は…。(イザ!)

えー…28時間じゃ全然足んないよ!
増やせることなら、1日48時間くらいあってもいい(笑)
確かに時は金なりを実感する日々ですね。

●8ビットの世界にようこそ!(GIZMODO JAPAN

いいですね…こういうアクセントになるのって
センスを感じますよ。

個人的にではなく、お店の照明とか、
目立たせたり、話題性を出したりするのにいいかも。

●HDDだからこそ、の美しさ。(GIZMODO JAPAN)

またちょっと変わったガジェットネタ。
HDDの中身のディスクを外に露出させて、
時計をつくってしました。

ヒカリモノに弱いわたしは、これ売ってたら、
思わず衝動買いしちゃうかもしれません(笑)

●あれ、今度は水素?(イザ!)

水素水を飲むのがブームになりそう…という話。
仕組みが分からないので、
なんだかうむむ…という感じですけどね。

一時期のブームが去った気がしますが、
酸素カプセルは行ったことあるんですけど、
酸素を取ったり、水素を取ったり…なんなんだろ?

酸素カプセルは、激疲れでどうにもならなくなったら
お世話になってます。ホント、しゃんとします。

●いや、むしろ何でつくってたの?(イザ!)

MOやFDが続々製造中止になってくみたい。
ってか、もうとっくの昔になくなってても
おかしくはないと思うんだけどねぇ。

FDとか、よくここまでもったな、とすら
思えてくるもんね。

FDは95年にWWで36億枚だったのが…
10年には2億枚の見込み。でも、それでも2億枚も
需要があるんだ、とソッチに驚き。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その6

これ…そのいくつくらいになるんだろうか?
全部書ききったら、その20くらいになりそう…

●直葬。
(イザ!   )
(MSN産経   )

生き方が人それぞれ違ったように許されるのなら、
その幕の引き方についても、また多様であってしかるべき。

とはいうものの、その幕を引くセレモニーは
その人本人のためだけではないのもまた確かだ。

最近は、質素な葬儀や葬儀そのものがない、
というのが多いそうだ。かなりの割合で、
本人が生前、望んでいることが多いようだ。

きちんと話し合いが付いているならいいのだろうし、
多様なあり方があっていいとは思う。が。

基本的に人生の幕は、引くものではなく、
下ろされるものであって、命途絶えるその瞬間を、
どうありたいかを自分でデザインするのはいい。

死後どうしてほしいかの希望はいえると思うし、
ちゃんとそういう話はしないといけないのだろうけど、
最終的には、残されたひとに託すべきではないかな。

お金を掛けて若い人に迷惑をかけたくないと
本人は思っていても、子供たちはお金を掛けてでも、
納得して死と向き合える場をつくりたいと思うかもしれない。

逆に、きちんと昔ながらの葬儀を…と思っても、
その葬儀で残された人によって、望ましいものかどうか。

戒名をつけてもらい、回忌ごとに読経をして…
という「お決まりの方法」だって、死者を弔う気持ちが
長い時間を掛けて結実した方法なのだけど…

それはとりもなおさず、仏教が心のよりどころに
なりえていないこと、また現代の人の死と向き合い、
気持ちを整理し、記憶を胸に明日を生きるために、
何を必要としているかをつぶさにつかめていないことを意味する。

宗教とは哲学と密接に結びつき、如何に生きるか、
そして、如何に死ぬかの問いに個々人が、
答えを出すための導きができなくては、
もはや、見捨てられてしまうのかもしれない。

仏教が活きた宗教として、ひとの生き方に
影響を取り戻せるかどうか。

実際、そんなに普段から考えてるわけではないけど、
仏教の高校出身なんで、ちょっと気になりました。

●漢字を悪者にするな。(イザ!

何度か書いてきた気がするんだけどね。
文字をやたらとひらがなにする動き。
個人的にすごく違和感があって。

確かに障害者のことを障がい者と書く向きが
あることは知っているが、これも非常におかしな話。

単純に「害」の字のマイナスイメージから
来ているんじゃないだろうか?

言われるほうの身にもなれ、
と言われるかもしれないけど、だとしても、
ひらがなで書くことは何の解決にもなってないような。

障害者はそもそも、「障碍者」と書くそうで、
当用漢字表にないために、代替する文字として、
「害」が当てられたという経緯があるようだ。

「碍」とは妨げるという意味。
そういう意味で、「害」という字を当てたのが、
そもそも間違っているといえよう。

●まだ続く、実名・匿名論。
 (日経BPネット)

まだこういう話されてるんだな、と半ば
呆れる気持ちもあるのだけど。

個人的には、実名なんてありえないし、
匿名だからいい加減とか中傷の温床だなんて、
ナンセンスもいいところ。

やりたければ、実名でやりたい人の
コミュニティをつくってもらえればいいだけの話。

一般的な原理原則として、意図的に何かを
ひとつの方法のみに収束させるには、よくよく
注意をしなくちゃいけない、と思うんだけど。

●オトナ語。
 (みんなのアンテナ バックナンバーセレクション)

イトイさんところで始まったヤツだと思ってんだけど、
気づいたら使ってたな、というようなのが多い。

しかも、けっこうこの年になっても、
そういう言い方もあるのか、と思うことも。

いつだったか、これはマストでしょ?
といわれて、マストが助動詞mustの意味だと
気づくのに少々時間が掛かったりして。

でも、このオトナ語、基本的に日本語で
言えるようなところをなんか言葉だけ英語で
言っちゃってる感じがして、よくよく考えると、
あまりいいもんではないな、という気がしている。

ま、でも周りが使って会話していると、
自然と使ってんだよなぁ。まぁ、それが生きたことば、
ともいえるんだけどさ。

ちょっと変わったところでは、「ベルサ」に「なるはや」、
「直帰」とかまぁ一時の流行語かと思いきや、
けっこう長く使われてるんだな、みたいなのも。

「そもそも論」とか使うことはあるけれど、
この場合の「そもそも」って副詞をムリヤリ
形容詞化するという、日本語の扱いとしてはムチャなんだけど…

●資本主義の厄年。(ほぼ日ダーリンコラム)

イトイさんのこの表現のしかたがおもしろくて、
よく読ませてもらってるのだけど、
コピーライターってのは、ことばとことばに
「!」をつけて、つなぐのが仕事なんだろうな、と。

あ、チョット関係ないけど、。

|勝ち勝ち勝ちで進んでいくよりも、
|負けを勘定にいれながらやっていくようにしないと、
|厄年から後を生きていくのはむつかしい。

これ、信玄のことばをふと思い出し。

|弓矢の儀、取り様の事、四十歳より内は
|勝つように、四十歳より後は負けざるように

なんか、相通じるものがありそう。

●WILLCOMの危機。(日経トレンディネット)

先般のHYBRID W-ZERO3が気になってはいるのだけど、
そして、少なくともモノを見てみないことには、
とは思っているんだけど、どうにも引っかかるのがこれ。

やっぱりかなり苦しいんだろうな、というのも現実。
本当はもっとWiMAXと鎬を削る場面になっててもいいのだけど。

当面、一般ユーザ向けにXGPは縁遠いものになるし、
WILLCOM CORE 3Gだと、WILLCOMの回線を保持する、
という意味ではアリだけど、内容面から言えば、
イーモバイルのほうが…という気もする。

もう…ダメかなと思って変えようとした矢先の
HYBRID W-ZERO3登場。
もう少し、様子を見ようかと思っている。

●"自分がやったほうが早い"はダメ!
 (マイコミジャーナル)

全然マネージャでも何でもありませんが、
人に何かをやってもらうということが増えたな、
というのがここ半年くらいの変化のひとつ。

もちろん他部門に何かお願いをってのはあるんだけど、
今までずっと下っ端というか、孤軍奮闘な感じに
慣れちゃってるところもあって…

3. 自分が出しゃばる
4. 自分でできることは自分ですべきだと思う

は実にやっちゃいがち。放っておくと心配で…
って絡み始めると、結局他のやることができず、とか。
よくよく肝に銘じておかなくては。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (1)

休憩。

チョット休憩。
またアップは、明日の夜以降に進めます。

ふとドラクエの聖なる祠を聴きたくなったので、
ようつべで探したら、こんなの出てきました。
いいなぁ…楽器を弾けるひと、尊敬します。

すごく慎ましやかで神聖な曲たちなので、
(いわゆる日本のじゃなくて)本来のクリスマスっぽい。
もう終わっちゃったけど(笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その5

続きでーす。一気にアップするのはなんだから、
アップするのは1日2つくらいにしておきます…
でも、ネタ記事としてはがっつり書きためておくのですが。

●テレビのいいところ。(ほぼ日ダーリンコラム)

前にも書いたけど、テレビほとんど見ないなー
という感じなんですが、イトイさんがいう、

|だけど、衰退していると思われているときには、
|なんでも「だめ」に見えちゃったりするものだから、
|逆に、こういうときにこそ、
|「いいところ」を、ちゃんと探しておくほうがいい。

ということには、諸手を挙げて賛成です。
全部がダメなんてことはないはずで、
いいところがあったからこそ、
ここまでやってこれたんだからさ。

ポイントは、「わかることをする」というのが、
テレビの最大の特長だということなんだけど、
たぶん、これってテレビじゃない何か、
blogでも何でもいいんだけど、そういうことが
学ぶべきポイントではあるかもしれない。

急速に情報の発信元が個々人にシフトしようとするとき、
単純な書きたいことを書きたいように書くというところから、
も少し上を目指すときに、そういう視点が要るのかも。

わかりやすく書けばいいっていうもんじゃないし、
わかってもらう必要があるのか?というのもあるけど、
わかってもらうためには、どうするか?
というのは、何か学べるのかなという気も。ぼんやりだけど。

逆にテレビは、視聴者が分かったような気分になって、
ほんとに分かってんだっけ?というような
場面を作ってきたような気もする。一方で。

たぶん、お互いがお互いから学ぶことがあるんだろうな。

●ブロガーイベントの今後。
 (平凡でもフルーツでもなく、、、)

今年になって、徐々にブロガーイベントにちょくちょく
参加するようになって、思うんですけど。

たぶん、イベントに来る人って、かなり固定化されつつ
あるんじゃないかなということを感じるんですよね。

いや、わかんないよ。そうじゃないかもしれないけど、
数回参加しただけでもそういう感じがする。

ブログマーケティングとか、最近だったら、
Twitterマーケティングなのかもしれないけど、
何か新しそうなのに引っ掛けて、うわーいってやるのは
はいはい…てな感じでみていたんですが、
やっぱり(当たり前ながら)そんな単純な「うわーい」
ではないという結論なんでしょうな。

その中で、ブロガーイベントの意味って何?
あるいは、今後ってどうなの?ってのを考えるならば。

この記事で書かれているような価値、つまり
製品に強弱さまざまな関心を持っていて、
なおかつ、文章で表現できる第三者から見て、
その製品がどう見えるか?というのを聴く場を持つということ、
これは、今後も価値を持ち続けうる点だろうな、
とすごく共感をするわけで。

マス広告に縁がない会社さんに…とありますけど、
いやいや大企業だってそうでしょう。
個人的には大企業になればなるほど、
そういう第三者のコメントを直に聴くことが
難しくなっていくと思うんですよ。

実にサントリーさんのブロガーイベントは、
その辺を押さえて運営されている感じがしますね。

あの…いまは全然マーケティングではないんですが、
基本発想はマーケティングと自負するわたしとしては、
聴いてみる側の立場も経験したいんですけどね。

●うん、好き!(blogs.com)

FFDQ好きならこういう風景好きだろ?といわれて、
見てみてみると…うん、こういうのすっごい好き(笑)

別にFF/DQのようなRPG好きではなくても、
単純にキレイだなーというように、楽しめると思いますよ。

いろいろ見たい方はコチラ。大量にあるので注意!
お気に入りの写真+DQ/FFの音楽があれば、
なお一層楽しめるかと(笑)

●阪堺電車の危機。(イザ!)

わたしはあまり在阪時代も、南のほうには行ったことがなく、
阪堺電車も実は乗ったことがないですけどね。

ただ時代の流れとして、路面電車が見直されつつある
というときに、潰しちゃいけないんだろうな、と。

新しい市長は、LRTの導入を見送る方針だというし、
どうするつもりなんだろうか…

●原宿駅のあのホーム。(マイコミジャーナル)

鉄道トリビア。原宿駅を渋谷から新宿に向けて
通ったときに、開かないほうのホームありますよね?

実はアレ、明治神宮の初詣用。
ってか、東京近辺の人なら知ってんじゃ?
という気はしますけどね。

いまだに年末年始を東京で過ごしたことがないので、
明治神宮に初詣って行ったことなくて、
どんな感じなのか、知らないんですけど。

もう一方は、宮廷ホーム。天皇陛下専用らしい。
でも、ダイヤ変更で迷惑かけたくないとのことで、
最近は東京駅から新幹線ってのが多いんだってね。
こないだもそうだったけど。

●白鷺城・平成の大修理始まる。(イザ!)

10月から着工され始めた姫路城(白鷺城)の修理。
なんと平成27年(2015年)3月までの大修理。

10月から着工されたといっても、2010年度は
工事のための素屋根や櫓台の建設だけで終わっちゃうそう。
そこから、2011年度から約3年掛けて修理。

修理の途中で、その様子を見ることも
できる
ようですね。ぜひその際には、姫路に行かないと!

あの太平洋戦争で焼失する天守が多い中、
被弾してなお生き残った、奇跡の天守。
その姿を永く残せるように…

●ひげとカネの関係。(Reuters)

アメリカでの話だけど、口ひげを生やした男性は、
あごひげを生やした男性より8.2%を多く、
ひげを生やしていない男性と比べても4.3%多いとか。

あの…わたし両方なんですけど、どうなんでしょうか(爆)
口ひげ>なし>あごひげって感じですよねぇ。
ひげがあればいいってもんじゃないってこと?
てか、あごひげと口ひげで±0とか…

いや、我ながらアホな妄想です(笑)
この調査自体もアレですが、「米口ひげ協会」って、
さらっと書いてあるけど、ナニコレ(爆笑)

日本口ひげ協会ってあるんだろうか?

●いつも思ってることだけど。
 (木村武弘のB型ブログ)

もう…みんなそう思ってるんじゃないですかね?
みんなってすごくグレーな言い方だけど。

|インターネット社会においてコンテンツ制作者には
|適切な利益が得られ、ユーザー側には一番都合の良い方法で
|コンテンツを提供できる制度設計

そうなんだよね。コンテンツ製作者に
利益が出ないようにしてまで、ユーザの利便性を
追求すべきじゃないんだよ。

でも、逆に今のやり方に固執するあまり、
ユーザの利便性が置き去りになってるのもまたダメ。
じゃぁ、どう制度設計するのか?だよね。

問題なのは、既存の制度にしがみつこうとすること。
個々の利益云々の前に、どうしたら全体最適になるかを
考えるように導く旗振りが必要なんだけど…

著作権法は現代の禁酒法…とはよくいったものだ。

●おりゃー!という声が聞こえてきそう。
 (GIGAZINE)

猛烈に狭い空間を飛びぬけるツバメの写真。
体を捻って飛びぬける技もたいしたものですが、
そのときの表情がなんともりりしい。

いや、正確に言うと表情なんて、
持ち合わせてないんだろうけど、そう見える…

でも、コレどうやって撮るの?

●ピ、ピ、ピアノがしゃべった!!(GIGAZINE)

ナレーションはドイツ語なので、なんのこっちゃいな?
という感じですが、コンピューター制御で演奏させて、
あたかもしゃべっているような音を出しているようで…

確かに字幕とセットにして聞いてみると、
そういってるように聞こえますね。

いかにもロボットらしいというか、宇宙人というか。
あ、みやさんも記事にされてましたね。
(毎度遅くてすみませんねぇ)

●部長にお前って言えますか?
 (平凡でもフルーツでもなく、、、)

リアルタイムに程遠い遅れっぷりなので、
あー…そういやそんなんあったなーという感じでしょうけど…

大阪府の職員が橋本知事に不躾なメールを
出して処分ってのがありましたが、
個人的にはキッチリと筋の通った意見が言えるなら、
むしろ、そういうダイレクトに言える環境は
いいとは思うんですけどね。

無駄に罵倒したり、蔑んだりとかっちゅーのは、
感覚がズレてるとしかいいようがありませんねぇ…

確かに380億の損失が出ていることに対して、
その自覚がないというのを職員全員に出すか?
という気はしないではないですけど。

でも、もっとすごいと思ったのは、
知事にお前と言い捨てるメールを出す
職員が100人もいること!これのほうがありえない…

どの組織にもトンデモなのはいると思うけど、
一般に上司に当たる人間に「お前」はないでしょう…
と思わない人間が100人も…

これ、民間企業に置き換えると、
そのありえなさが際立ちますね。

●モヒカンジェット就航中。(ANA

もう終わっちゃいましたが、12月は一部のANA機が
昔のデザインで就航されていましたね。

もうすっごい昔、小さい頃に伊丹空港まで
飛行機を見に行った頃のANAの飛行機がこんな感じで、
うっすらですが、なつかしさがありますね。

もう…現実逃避もできないくらい、
いっぱいいっぱいなので、見に行く余裕もなかったですが、
電車でも飛行機でも、期間限定デザインって
なかなか興味があります。

●一流の部下力。(成幸者を目指す男の独り言)

なかなかおもしろい視点。
ホントはきっちり読んだほうがいいのかもしれませんが…
キーワードだけでも、頭の片隅置いておくと、
刺激になりそうなひと言です。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その4

年内にネタを書ききる自信がないnikko81です(爆)
あんまりにも多すぎて、どないしたもんかと…
昨日は、「The 怠惰」な一日を過ごしちゃったし…

といってても仕方がないので、少しずつ書いていきます。

●主のいなくなったblog。(イザ!)
時系列で振り返る、というのからはチョット外れるんですが。

自分のblog、死んだらどうなるのか―

このことは、昨年飯島愛さんが亡くなったときに、
こうなるんだなぁ、というのを見た気がします。
まさに、墓碑というか祭壇というか。

そして、まだコメントは毎日続き、
いまや6万件のコメントまでになっているのだとか。

別に意識したわけじゃないが、死後も残るとして
それが愚痴やどうでもいいことばかりだと、
残すのも申し訳ないが、一応は思考の軌跡として、
残っていても、恥ずかしくないものだと思ってて。

逆に、記事に書かれているような、
亡くなったあの人の書き込みを見てみよう、
というようなことも、現実としてある。

今年のココログ白書にも約4割の人が死後も
残しておいてほしい、という結果。

やはり、blogとは物体としてではないが、
ある種のまとまりあるカタチとして残るものだから、
内容によっては、削除してほしい(25%)というのも
それはそれで分かる気がする。

わたしも何だかの手段で、残しておいて欲しいものだな
と思う一方、サービスが必ず続く保証もなく、
また必ず残るものではないのも事実。

やっぱり、本にするとかそうなっちゃうんだろうねぇ。

ちなみにFacebookには死亡通知という、
機能があるんだってね。

●かゆみを感じるのはどこ?(イザ!)

逆に分かってなかったんだっけ、というのが
びっくりなこのニュース。

基本的に各感覚器官で刺激を受けたら、大脳に伝わって
そこで初めて感覚として認識されるわけだけど、
「かゆみ」を認識しているのが、大脳のどこか?
というのが、やっと判明したんだって。

|アトピーなどのかゆみを抑制する薬の開発

ということは、この部分のみを麻痺させるとか、
そういうことなんだろうな。

●「かしこさのたね」の成分だったりして(笑)
 (らばQ)

またまた脳関係。アルツハイマーやADHDの治療に
用いられる薬が、頭のよくなる薬として、
飲んでる学生たちが世界で増えているとのこと。

規制する法律等がなく、つまり合法的なわけで、
どうしようも今はないんだそうですが、
副作用とか…ありますよねぇ。普通に考えて。

確かに何かを飲んで頭がよくなるというと、
求める気持ちも分からないわけではないですが、
飲むだけでダイエットとかと同じで、
うまい話には…と思うべきでしょう。

一瞬、ドラクエの「かしこさのたね」の主成分は
これなのか?なんて思ったわたしでした(笑)
でも、コレは副作用ないよ!

ヤですよね、使ったらたまに賢さが下がった!とか(笑)

●auにも!(ITmedia+D モバイル)

ケータイ版のドラクエIII。コレ何気にすごいうらやましいのです。
ドラクエといえばIII。どれだけやりこんだことか。
そして、どれだけ「ぼうけんのしょ」が消えたことか(笑)

ということで、思い出深いドラクエIII、
auでもやりたいんですよね。
docomoに変えろって?うーん。

●「ありがとう」の反対語。
 (谷誠之の 「カラスは白いかもしれない」)

なるほど!と思った話です。
「ありがとう」の反対は、「当たり前」だ、と。

単純に「ありがとう」の語源を見た場合に、
有り難う→有り難し→めったにないということで、
反対が、いつもある→当たり前となるんだろうけど。

でも、それ以上に「ありがとう」と言う意味、
ありがたさとはは何かを再認識させられる話ですよね。

●ポジティブで病気を遠ざける!(毎日.jp)

自分が生活を楽しんでいる!という男性は、
そうではないと自覚する男性に比べ、
循環器疾患を発症したり、死亡する危険性の低いという話。

ただ、発症危険性で1.2倍の差、
死亡する危険性で1.6倍の差とけっこう僅差であって、
ポジティブさは間接的な要因で、真因は別にある?
という気がしないでもないけどね。

ちなみに、女性はポジティブさとの相関はないとのこと。
やっぱ、女性のほうがストレスに強いんでしょうか…

●マクドってどういうときに利用する?
 (メルマガの先は・・・)

確かに…最近、マクドで電源のないお店に行くことは
ほとんどない。首都圏近辺でも、大阪・京都でも、
電源のあるマクドって押さえてあって、
もっぱら、ネットをしにいくという感じ。

個人的には、Wireless LANは別になくてもいいから
(あるに越したことはないけどね)
電源の整備を急いでほしいという気がします。

PCじゃなくても、ケータイの充電器を挿してる
人もけっこう見かけるし、
利用価値が広いと思うんですよね。

●ワイヤレス給電システム(GIGAZINE

というところで、この話。

SONYのこの技術、プレスリリースでは
家庭にあるテレビなどを想定しているみたいだけど、
こういう不特定多数の人が集まるところこそ、
真価が発揮できる気がしますよ。

PCやケータイなどに、受電アダプタを接続して、
店舗側の送電デバイスからの電力を受けるという感じ。

給電距離を50cmから80cmというから、2~3席にひとつは
送電デバイスを置いておかないといけないけど…

●これ、似てすぎててやだなー。(らばQ)

赤ちゃんの泣き声を真似するインコ。
ちょっと怖いくらいに似ていて、ぞくっとします。

●鶏醤(けいしょう)って何?(イザ!)

レバーなど鶏の内臓を使って、醤油ができるそう。
鶏からつくった醤油ということで、鶏醤というらしい。
旨味成分が豊富で臭みもなく、塩分は控えめとか。

ウチで使っているヒゲタ醤油の減塩本膳も、
アミノ酸豊富で塩分1/2なんだけど、
360mlで定価440円なのに対し、
鶏醤は、300mlで998円とかなり割高。

試しに買ってみるというのはアリかもだけど、
ちょっと高いんでないかなーと。

あと、加工食品向けの原料として加工する過程で
出た「産廃」を有効活用ということだけど、
捨ててたんだ…というところに逆にびっくりしたりする。

●電池で知る「電」車。(イザ!)

大都市圏にしか住んだことのないわたしは、
送電線のないディーゼル列車は、
旅をしてるって感じさせるもののひとつなんですけども。

CO2削減の一環として、蓄電池で走る列車が
開発されているんだとか。
送電線がなくても、これなら軽油を使わなくていい
ということなんですね。

旅先で、あれっ何でこんなに静かなの?
と思ったら、電池で走る電車だったという日も
遠くないかもしれません。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙からメリークリスマス。

届いた皆さんも多いかもしれませんが、
今年は、JAXAの衛星「きずな」を経由して送られる
クリスマスカードをお世話になった方々に送ってみました。

実は、シゴトで午前様だったのですけども、
職場でも、ケータイメールを見ても、
PCメールを見ても、コメントを見ても…
なかなか皆さんに楽しんでいただけたようで…
これだけリアクションがあると、送り甲斐がありますね。

皆さんのリアクションで、あぁ今日はイブなんだ、
って再確認した次第(笑)

皆さんのコメントにオシャレ!というのが
多かったのが印象的でしたよ。
# 本人はオシャレじゃないけどとか…言うな!(笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (11) | トラックバック (1)

ニュースを振り返る…その3

FF13をやるために買ってきたPS3。
ビックカメラでPCゲームの無双OROCHI Z
チョット試遊してしまったがために、
PS3版を買ってきて、一日やってました。

コーエー作ではあるんだけど
戦国時代と三国志の時代がごちゃ混ぜになった、
トンデモ(?)な設定だけど、
とりあえず、バッタバッタと斬りまくる!

…ストレス溜まったんだな(笑)

ということで、ニュースの振り返りの続き。
もう今年もあんまり時間ないからねー。
今年の振り返りは今年の内に!

●球場でPCなんて開くから…(GIZMODO JAPAN

あららーという話。球場でPCを開いていたら、
ファウルボールがジャストミート!

|キーボード部分に壊滅的な打撃を加え、
|キーも吹っ飛ぶすさまじさ

ということだけど、一番気になるのは
データだよね?HDDもご愁傷様…なんだろうな…

●引退した地下鉄車両の第二の人生。
 (らばQ)

ちょっとちょっと、そんなの丸ごとポシャン!って
捨てたらダメだろ、と思うのですが…

ニューヨークの地下鉄の車両は、
有害物質を取り除いた上で、人工の漁礁とするために
海中に投入してるんだとか。

600台の車両を漁礁とすることで

|魚の数は400倍、釣り船の出港数も年300回から
|1万3000回へと激増

というからその効果のほどはすごい。
点滴から身を守られるということなんでしょうが…

でも、いつか限界が来る気もしますけどね。

●モンスターがあらわれた!(イザ! ZAKZAK)

このあと、ちゃらちゃらちゃらちゃら
ちゃらちゃらちゃらちゃら、ちゃちゃちゃ
ちゃちゃちゃ…とドラクエの戦闘音楽を
思い出していただきたいんですが(笑)

ま、それはさておき、モンスター○○っての、
モンスターペアレントってのが最初だった気がしますね。
学校に難癖つけてきて、理屈の通らない親という意味で。

が、いまや学校だけじゃなくって、
万引きを通報した小売店に万引きをした子供の親が
クレームするという学校の外でも、モンスターぶりを
発揮してしまっている様子。

あと「ペアレント」だけじゃなくて、
モンスター○○って他にもあって、
ZAKZAKの記事の例では、クレーマー。

しかもレシート要らないって言ったのに、
渡したことに難癖をつけて、店に謝罪文貼れとか…
店員さんの個人情報漏れちゃったらしいし…

どういう思考回路してんだろ。何を求めてんだろうか?
意味が分からない。

●カルピス×○○。(東京ウォーカー)

カルピスの社員食堂では、毎月7日にカルピスを使った
メニューが出るそうですね。

飲み物としてではなく、隠し味(?)のひとつとして。
カルピス×麻婆豆腐、カルピス×カレー、
そのほかにもカルピス×シチューとか。

カルピスの甘みで、料理がなめらかになり、
発酵性食品なところが料理に深みをプラスしてくれるとか。

ま、料理しませんけど(笑)

でも、こういう取り組みっていいなーと思いますね。
自社製品を社員がしっかり知るきっかけになりますもんね。

せっかくだからお店開くとか、どっかにレシピ出して、
お店で食べられるようにしてもいいのにね。

●類は友を呼ぶ…のを逆手に使って。
 (竹内義晴の、しごとのみらい)

たしかにな、と。

自然と似たような思考回路の人とつるむのは、
すごくありがちなことなんだけど…

○○のようになりたい!と思ったら、
まず飛び込んでみて、そういう「類」に勝手に入って、
意図的に類は友という状態に持ってくことで、
その「類」のいいところを吸収できたりするのかも。

シゴトの話じゃないけど、ウイスキーの人のツナガリが
まさにそんな感じ。飲みなれてはいたけど、
まだまだ初心者なのに、あちこちイベントに顔出してると
ほんとそういう風に近づいていくだよねぇ。

シゴトでも、業務の内容は選べないけど、
こういう仕事のしかたする人いいなぁと思ったら、
仲良くしとくことで、得るものがあるような気がします。

そして、いつも悪口ばかり言う人、というか、
文句しか言わずにたいしたアクションをしない人とは、
出来るだけ近寄りたくないですね。

●Chocorat de La tour Eiffel。(GIGAZINE)

エッフェル塔をチョコレートでつくっちゃった
ひとがいるそうです。しかも数メートルもあるとか…

なぜか、フランスじゃなくイギリス・ロンドンの
セント・パンクラス駅で展示されたとか。

これ…夏は間違いなくアウトですよね(笑)
いや、イギリスは緯度高いからいいのか?どうなんだろ。
日本じゃまずNGかと…

●そう…ですか… (blogs.com)

メーカーが勝手にこういうのいいだろ、とか
こういうのがいいんだと思い込んでものづくりをする、
プロダクトアウトだけの考え方で、
モノをつくっていい時代はとうに過ぎ去ってます。

マーケットで何が求められているか、あるいは
求められようとしているのかという、
マーケットインの考え方「も」必要。
個人的に、どっちかじゃダメだと思うんですけど。

で、それを踏まえたうえで、ですよ?

デジカメで「小型・軽量」とか要らないとかってバッサリ。
画素数は確かにそうだけど、ズームってほしい人もいるよね?

これさ、そもそもシェア「時代」ってなんだっけ?
というところから話し始めないといけないよねぇ。

そういうstyleのひとがホントにマーケットで、
どういう位置を占めてるの?って考えないとダメなんじゃ。

動画にしろ、写真にしろ、その場ですぐ共有って、
個人的にはソッチこそどうでもいい。
もちろん、それが楽しいという人がいることも知ってるけど。

そのトレンドがどう動くのかを見極めて、
モノをつくるんだと思うんだ。

自分がこう使ってて、まわりもそうで、
なのに何にも分かってないっていうのは…
なんだかなぁ、という感じ。

なんかtwitterの話をしたときと
話の構造が、なんだか似てる。
みんなリアルタイムで共有するしたいのかなぁ。

「その場そのとき」と「アップするとき」のギャップ、
それこそが好きなんだけどなぁ。

コレが新しくて、コレは古いみたいな、
そういうのヤだな。共存しようよ。

●高速料金1000円の恩恵感じません…
 (Infoseekニュース)

ま、お分かりかと思いますが、コッチ(東京)に
来てからほとんど車に乗ることがないんですよ。

駐車場が…とか都心じゃ逆に不便とか、
まぁいろいろあるんですが、結果的に乗らずに済むなら
乗らなくていいか、というのではや9年。

ということは、高速道路1000円になったところで
恩恵はほとんどなく、対抗する鉄道会社の
安いきっぷとかくらい?

記事にはないけど、フェリーでは廃業してるとこもあるし、
鉄道は鉄道で大変そう。バスもドル箱の儲けが少なくなれば、
赤字路線の維持も大変になるだろうし…

CO2をばらまくのをなんで
そんなに優遇しているのか、イマイチわからん。

最近は車の出荷台数も減ってるというから、
日本の基幹産業のひとつの自動車業界のため?という
勘ぐりもしたくなるわけですよ。

●屋形船。(静かなごはん便り)

いいなー、屋形船。
ちょうど、忘年会シーズンだから、
今頃だとけっこうフル稼働してるんだろうか?

一回やってみたいですねー。
会社の忘年会は終わっちゃったけど、
なんかの機会のときに提案してみようかな。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その2

さて、続き。

●平城宮大極殿の復元(イザ!

基本的に城マニアですが、
こういう時代の建物の復元もいいですね。
やはり中国の影響が強く、規模は全然違うけど
北京の紫禁城のような印象。

公開が楽しみですねぇ。

●興ざめではあるが…(Buzzurl)

京都・三十三間堂(蓮華王院)の壁に落書き防止の
興ざめベニヤ板が張られるという話。

文化庁に届けてなかったというのは問題ですが、
落書きが深刻なのも事実なんですよねぇ。
姫路城でも落書きの話はあったし…

監視カメラとかは限界があるのかもしれないけど、
キッチリ監視して、本人だけじゃなく、
問題を起こした学校は、以後修学旅行での出入り禁止、
くらいのことをやらないとダメかも。

●家系図ってブームなの?
 (ZDNet Japan)

へーそうなんだ、という感じではありますが。
でも、個人的にも関心はあります。

先祖を遡ると、鹿児島で侍してたんですが、
どんな生活をしてたのかとか、
例えば島津○○の家臣だったとか、
そういうのは、知っておきたいかな、と。

元記事のエピソードもいいですね。
たまたま隣り合わせただけのひとが、実は遠い親戚だなんて。
やはり、人はつながってんですね。

●ソーラーパネルに髪の毛。(GIZMODO JAPAN)

普通、ソーラーパネルにはシリコンが
使われるそうなんですが、実は人間の髪の毛でもOKとか。

だとすると、もっと効率的なやり方が
ありそうですね。おもしろいけど、最適解じゃなさそうな。

●体温でケータイ充電?(GIGAZINE)

もうケータイでいろんなことをするようになってから、
電池不足には常に悩まされています。

そして、いろんな新しい充電方法が
ニュースになるんだけども、そんな1つ。

熱を利用した低コストな発電システムが、
将来的には体温のような低い熱でも、
充電に使えるようになる、とのこと。

これ、そうすると防水ケータイだったら、
お風呂の中に入れておくと充電できるのかね(笑)

●タスクに占拠される脳。
 (坂本史郎の【朝メール】より)

そうなんだよね。やるべきことが一気に起きて、
どう処理していいかわからない状態、コレがストレス。

考えてみれば、いまの自分そのものだったりする…

●未来を悩めるけど悩まない、ということ。
blogs.com

なるほどなぁ…とちょっと思うところがあった記事。

ヒトの特徴として、想像するチカラに長けている
というのは確かにあって、それがヒトの繁栄につながったはず。

だけど、未来を悩むことができるチカラを
必ずしも上手には使いこなせてないんだろうな、とも思う。

いつも、未来をああだこうだというのではなく、
今ここをどう生きるかとをしっかりバランスをとって、
考えなくちゃいけないんだろう。

チンパンジーのレオが、未来を悩むことが、
そもそもできなくてこうなのか、
それとも、未来を悩むことはできても、
その未来を悩んでもしょうがない、
今ココを生きるんだ、と思ってやってるのか。

いずれにしても、考えさせられることは
いろいろあるな。

●肝心な理由が分からないんですけど?
 (Reuters 世界のこぼれ話)

ジャイアントパンダなんかに金をつぎ込むのはヤメにして、
さっさと絶滅させれば?という動物学者の弁。

ニュースになりうる「衝撃の発言」かもしれないけど
なんで、そうなのか?単純にカネの問題?
そこが分からないと、なんとも言えないんですけど。

●重要文化財をレストランに。(イザ!)

旧福岡県公会堂貴賓館がレストランとして、オープン。
こういう活用の方法って好きですね。

博物館とか単に当時のものを見ることができる、
というより、現役で別の仕事を持って、
活躍しているってのが、イイ。

建物って、本来は使われてナンボですからね。
大事には使ってほしいけど。

●屋根を白く!(FUJI SANKEI BUSINESS i)

温暖化防止のために市内の建物の屋根、
約9,000万m2に太陽光を反射する白色の塗料を塗る!
とニューヨーク市長が発表。

冷房費や消費電力の削減のためらしいけど、
コレ、塗る費用は誰持ち?とか、全部一斉に真っ白って…とか
いろいろ気になりはしますね。

なんか歴史ある建物でも、屋根だけはみんな真っ白白
ってのも、それはあんまりな気はしますが。

●お好み焼きはおかず?Yes or No?
 (livedoorニュース

東京の7.7%はさもありなん、という感じだけど、
大阪で45.5%も意外と多くないんだな、
というのが正直な感想。

8割超くらいだったりするのかな、と思ったんだけど。

●9割はないでしょー…(イザ!)

見出しだけを見ると、60~70代の9割超が
ほぼ毎日PCを利用しているって見えるけどさ。

ネタ元がネット調査なわけだよね?
そりゃそうなるだろ、と。ネット調査じゃない方法で
見てみないと、さすがにコレではバイアスがかかり過ぎ。

●東大赤門のヒミツ。(All About)

東京大学の赤門といえば、旧金沢藩の御守殿門。

だけど、関東大震災の際に落ちたかわらを修復する際、
前田家の家紋から「學」の字に置き換えられた瓦もあるとか。

これ、皇居の旧江戸城富士見櫓をはじめとした
江戸城の建造物にも同じことが言えて、
本来なら徳川家の葵紋なところが、震災で崩れて
再建されたときに、ところどころ天皇家の菊紋に
変えられてたりしますよね。

●イギリス版・埋蔵金伝説?(らばQ)

18年もやってれば、当たるもんなんですね。
金属探知が趣味(というのもすごい)なイギリスの方が、
近くの農地で、ざっくざくの金銀財宝発見。

どのくらいの価値になるか、想像もつきませんが
そのうちの半分は発見者のものになるとか。
そんじょそこらの宝くじでは、足元に及ばないかも。

|日本の場合は、文化財保護法によって
|歴史および芸術的価値の高い物は国の管轄になるため、
|発見者が受け取るのはわずかな報奨金のみとなる可能性が高い

これって、徳川埋蔵金が見つかっても、
発見者はメリットなしってこと?(笑)

●これ、わたしもそうです。家ではね。
 (イザ!

やっぱり、汚れる汚れないの観点から言って、
座って用を足すことが多いですね。

別に、誰かに言われることもないのだけど。

また、続きは後ほど。
うわー…まだ485個もある<ブックマーク

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースを振り返る…その1

えーっと。ニュースってNew=新しいからこそ、
ニュースなワケですよね。

気になる!と思ってブックマークして早4ヶ月orz
初めのほうはもう9月初、ぜんぜんNewじゃないんですが(汗)

ちょうど、時期柄今年を振り返る…的に、
つらつら書いていこうかと思います。
ま、約600件(!)もあるので、絞り目に。

●渋滞学。(日経トレンディネット)

渋滞にはわれ先に!と突っ込むんではなく、
ゆっくりと十分手前から減速することで、渋滞回避や燃費向上、
それに時間短縮ができるというもの。

車を運転しないんでアレですが、こうも実験結果が
わかりやすいと確かに感動しますわね。

ただ、運転している側とすると、ホントにそうすることが
早いんだろうか?と感覚と現実が一致しにくい、
という点があるのかな、とは思うな。
映像を見せられて頭では理解できても、ね。

●恵まれた環境というのは、実感しにくい?
 (イザ!)

中国企業が、日本の水ビジネスを狙っている?という話。

こういうのが成り立つってことは、水に恵まれている証拠。
だけど、恵まれていることこそ、
恵まれているありがたみが分からなかったりする。

例に出ている白州水工場は、もちろん白州蒸留所に
併設されている水工場。仮に白州の水源に影響があれば、
それは即、ウイスキー造りにも影響が出るということ。

もちろん、ウイスキーのことだけ考えちゃダメだけど、
暗黙の了解とかがある日本人同士だけで
うまくやっていける時代じゃないんだな、ということ、

まただからこそ、文化的背景が違う人たちが
参入しても、あるべき姿でビジネスが回るよう、
法整備が細かいところまで、必要なんだろうな、と。

これは、アラル海の事例(らばQ)だけど、
たった数十年前まで琵琶湖の100倍の面積をもった広大な湖が
灌漑用水に使い過ぎたため、ほとんど干上がったそうだ。

やりすぎるとこうなる。

●トレヴィの泉がホントにいいんだろうか?
 (イザ!)

誰がはじめたか知らないけど、豊岡の青龍洞に
お金を投げ込む人が多いらしい。

|天然記念物を傷つけなければ、
|硬貨をどんどん池に投げ入れてもらい、
|玄武洞公園をもっとPRしたい

マジですか?そういうもんなんだろうか?
基本的に硬貨ってキレイなもんじゃないし…

仮に回収して年間5万円あったとしても、
月換算で約4,200円。どんだけの頻度で回収してるか
この記事では分からないけど、そんな儲けには
ならない気が…するなぁ。

トレヴィの泉は人工のものだけど、
こちらは自然のものですからねぇ…

●上海の「美人すぎる車掌」さん。(らばQ)

この…すぎるっての、今年はよく聞きましたね。
市議に海女さんに…

上海でもバスの車掌(てかバスに車掌さんいるんだ)さんで
すっごいカワイイ車掌さんが話題になってました。

コレ、わたしはさっぱり中国語は分かりませんので…
映像を見るだけですけど(笑)

もうすぐ、上海万博ですがその頃には、
こういった車掌さんが増えてるんでしょうなぁ。
てか、この顧さんって方は復帰されたのかな?

●「とても」の方言47都道府県。(blogs.com)

まぁ…いっぱいあるもんやねぇ。
「すっげー(神奈川)」とか、ちょっとすごいがくだけただけやん、
というものから「べらぼー(東京)」とか、
聞けば分かるけど、自分は絶対使わんな、とかとか。

関西圏はチョット異論あり。
むっちゃとめっちゃとかよく混ざるし、
えらいも普通に使うけど?

1都道府県=1つに限定するのは、
ちょっと無理がある気もする。

ごっつうって奈良だっけ、とか。
逆にがっせーとか知らんし。
あれ、「ばり」はどこへ行った…と思ったら
福岡?コレも普通に使うんですが。

あ、東京で普通に会話するときには使いません(笑)
大阪人用もしくは、大阪に帰ったとき。

●1G = How much?(Web R25)

FF13をやるつもりで結局、またDQ9はスキップしそうな
雰囲気ですが、好きは好きなんですよね。

で、たしかに1度は考えたことがある、
1G(ゴールド)=何円?という話。

DQっぽい武器防具屋があるってのもすごいですが、
なんとなく感覚的に1G=1000円はしっくりかも…
と思いきや。

ということは、スライムですら1000円持ってるってこと?
ゴールドマンは確か1000Gくらいだったから、
なんと100万円??

たしか、リムルダールではやぶさのけんは
25000Gで売ってたはず、ということは…
一振り2500万円っすよ!

…ってあれこれ考えるのも楽しかったり。
てか、思いつくのは全部DQ3なんですけど(笑)
やりこんだからなー…ホント。

●これ、間違いじゃすまないよね。(らばQ)

フランス語の機内案内だけ、間違っちゃいましたって。
すんません、じゃ済まないよねぇ。

でも、冷静に見れば英語圏のひとが
リラックスしてるのはなんで?というところに
気づければ、よかったんだろうけど。

●アンセンブル、そろそろいいかな?
 (All About のんでーのんでーのまれてーのんでー
 ぺこはら日記
)

響12年を楽しむならココ!ということで、
気になるお店ではあるんだけど。

大盛況で予約取りづらいというのから、
ちょっとは落ち着いたかな。今年はもうアレだけど、
来年、ちょっと行ってみたい。

シンガポール料理との組み合わせも楽しみ。

●成田空港と都心が30分、使う人はダレ?
 (日経トレンディネット)

赤坂のアークヒルズと成田空港をヘリコプターで
結ぶサービスがあるとのこと。

所要時間30分とすごく早いんだけど、
スタンダード機でも、片道3万8000円…驚愕。

使えるのは、ホントにお金持っててTime is moneyな
実業家の皆さんとかなんでしょうね…
世界が違うわ(笑)

●習慣の違い。(THE SHOW MUST GO ON)

あー、なるほどなという記事。

一応、わたしはカメラってファインダをのぞいて
撮るもの、だけど、最近のデジカメは光学ファインダじゃなく、
液晶をみて撮るよね、という理解はしています。

が、ホントここ数年でカメラを持ったよ、
という人にとっては、液晶を見て撮るということしか、
知らなかったりするんですよね。

双方ともコレが当たり前、と思ってたわけですが、
こういうところに気づける人は、
何かにつけて強みがある気がします。

●テレビ依存度が最も低い世代。
 (Infoseekニュース)

うん、そうそうと思った話。
テレビ依存度が最も低い世代ってのが、30代。

わたしもほとんどテレビを見なくなりました。
ぶっちゃけ、なくてもよくね?くらいの勢い。

今年の初め頃は、天地人があったんで、
まだ時たま見てはいましたが、途中で挫折してからは、
ホント見なくなりましたね。

「忙しくて本を読む時間が減っている」のも
またこれ、うなづけてしまいます。

でも、テレビと違うところは、
読めていなくても、本を読む時間はほしいな、
と思う一方、テレビはもういいかと感じているところ。

一時期、テレビ代わりにしていたPCが
故障してテレビを見れなかった時期があるんだけど、
そのときも大して不自由しなかったしな。

ということで、一旦切ります~

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (5) | トラックバック (0)

あれこれ届いてます。

ずっと前に届いてたのかもしれないけど…
今日届いてるのに気づいた柴田組組員証。

P1140565

ステッカーが意外とデカイ(笑)

宮城峡1989も届きました。隣は余市1989。
また年明けにでも開けましょうかね。

P1140570

今日はPS3を買ってきましたが、ウェブポの続きを
やらないといけないので、FF13は明日までお預け。
てか、明日は明日で溜まりきった「気になるニュース」の
記事を書かなくちゃ、なんだけど…

って考えると、しばらくできない!?

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふー…

…っとため息が深くなる今日この頃。

とりあえず、忙しい感じになってきて、
なかなか満足に更新できないんで、
雑談チックにワラワラ…という感じで。

気分一新したいのもあって
久し振りにゲームをしようと、FF13を買ってきました。
PS3ないけど^^;もちろん、PS3も後で買う予定なんだけど。

あとで、これとかこれでも見て、
べんきょうしとこ。

初期出荷本数は180万本突破って、なかなか好調?

ゲームといえば最近、頭の中でなぜか
サガフロンティアの音楽がとめどなく流れてます。
特に、時の君の音楽が…コレ好きなんだよな…

あと、アセルスとかT260Gのラスボスとか。
全然、毛色の統一性ないけど(笑)

しかし、1997年発売なのね…12年も前…ううぅっ。
ま、いいや。

そいや、WILLCOMのHYBRID W-ZERO3
専用プランも発表されてますね。

端末が実質3万5520円。PCと接続したり、WiFi-APとして
つかってMAX5250円。通話は月額1450円で定額。

WILLCOMで通話しないから、5250円でワイヤレスモデム
としてつかえないのかな?

でも、まだWiMAXとPocket WiFiとすっごく悩んでる。
むむむむー。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソサエティ・クリスマスパーティ。

クリスマス…とはチョット早い話だけど、
最近会員になったばかりのソサエティのイベント

イベントは控えようと思ってたんだけど、
こればっかりはね…

P1140507

種類があまりにも多すぎて、どれを飲もうか迷います…

P1140510

が!

まず最初に選んだのは、4.73。Highland Park 30yo。
長期熟成かつHighland Parkではあまりにお目にかかったことがない
シェリーカスク。どんな感じだろ?

P1140527

もう…いかにもシェリー!という色ですが、
単純なシェリーではなく、コク深いメイプルアンバー。
Highland Parkらしいハチミツ的な甘さもバックに控えています。

このあといろいろ飲みましたが、香りの面では、
コレが最高でした。もともとHighland Park好きですが、
ちょっと違った横顔を見つつ、それもいいなー!という感じ。

ただ、52.5%なんだけど飲み口が柔らすぎて、
香りの割りにはちょっと淡白すぎるかなー
という感じもしましたが。

あと、Glenkinchie 19yo。草というか麦というか、
植物的な心地よい香りが特徴的。
Glenkinchie自体が、草の香りと評されるけれど、
officialの12年を飲んだときよりも、すごく心地よくって、
原っぱで昼寝をしているような感じかな。

P1140537

途中、JAZZの演奏があったり…

P1140536

東京タワーを眺めたりして…

P1140544

アレコレ飲んだ最後の〆は、山崎119.5。
もう…あぁ、山崎っって言いたくなるほどの、
The YAMAZAKI、って感じ。

どんなに酔っていても、これを他のモルトと
間違えることはあるまい。

ウッディ感に溢れた香り、ミズナラ由来の
エステリー香にしてやられました。〆にふさわしい逸品。

P1140559

そろそろ、抽選会の時間。
人ごとのように当たったらいいなーと思っていたら!

え!

ソサエティボトル119.10(山崎)に当選!
うわーーい!10/31に東大で頂いたアレですね。

P1140561

またいつぞやの機会に開けることにしましょう。

いや、実に有意義でした。むふむふ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウイスキーの話×2。

竹鶴21年が世界最高賞「トロフィー」を受賞したのは、
記憶に新しいところですが、その記念ラベル。

早速、購入しました。ちょっと金色が多くて、
豪華な感じになってますよ。

P1140496

中身は同じでしょうから、全然普段飲みに使うけど、
ボトルは取っとくだろうなー。

あと、ウイスキーラバーズアワード。結局抽選漏れなんですが、
いいなーと思いながら記事を読んでいたり。
asaさんだいさんYASさんがご当選。

栗山千明さんが言うように、

|ウイスキーを飲んでいるという行為自体に品がありますよね。
|佇まいがカッコよくて、渋さが強調されるというか。

という人が増えてほしいものです。うん。

小雪さんはCMのイメージがあるけど、
彼女自身もウイスキーに似合ってる気がします。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (5) | トラックバック (0)

エリクサーのエリクサー割。

さて、そろそろFINAL FANTASY13が出ますね!
ゲームには最近遠ざかってしまったけど、FFはやっておきたい!
ということで、心待ちにしてます。予約してるし。

で。

ここ数作、サントリーからソフトの発売に合わせ、
ポーションが出ていましたが、今回はなんと、エリクサーッ
ローヤルゼリーが以前出たポーションの3倍含まれるとか。

で、それに合わせて、フランスのハーブ系リキュール、
シャルトリューズ・エリクシール・ヴェジタルを調達!

P1140498


南仏のシャルトリューズ修道院に伝わり、
この修道院の修道士3人のみが詳細な製造法を知る秘伝の銘酒。

これ、芝パークホテルの藤川さんにモルトとシャルトリューズの
ご提案を頂いたあと、エリクサーってあるんだ!
と見つけてから、これはっと思ってたんですよね。

ブランデーをベースに130種類のハーブを加え、
5回ハーブに浸し、4回の蒸留するらしい。

エリクシール(英語読みだとエリクサー)は霊薬の意味で、
FFのエリクサーもこれがモデルになったんだろうな。

ということで、エリクシール・ヴェジタルのストレートと
エリクシール with エリクサーを体験!

P1140503

まずは、エリクシール・ヴェジタルのみで!
普段から、ウイスキーをストレートで飲むので、
度数の高い酒は慣れてるけど、さすがに71度は強烈!

でも、少し苦味のあるハーブの心地よさは
けっこうクセになる味ですね。アルコール飲んでるんだけど、
なんか、ハーブサウナというかよもぎっぽい感じ。悪くない。

で、今度はエリクサー割。
やはり割ったほうが飲みやすい。チョットエリクサーのほうに
レモンが入っていて、エリクシールの苦味を中和。
ハーブのさわやかさをしっかり感じられて、いいわ~

臭みが強めな肉料理と合わせると、臭みが消えつつ、
美味しくいただけるのでは?なーんて、思いましたよ。

よーーーし、これでHPもMPも最大値まで回復だっ(笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長崎南蛮ショコラ。

今週は何かと大変でした。
忘年会シーズンだと、仕事の立て込み+飲みが
続いちゃって、いろいろチェックできず。
RSSリーダーの未読件数がすごいことに(笑)

あと、年賀状も書かなきゃなーって。
今年はウェブポでいくつもりだから、
カンタンに済んじゃうかな、と勝手に思いこみ。

さて先日、軍艦島上陸作戦を決行してきたのは、
ご承知の通り(?)ですが、
佐世保で見つけた「長崎南蛮ショコラ」が美味しくて、
また頼んじゃいました。1箱1,050円。

P1140485

現地で買ったのは、即食べちゃったので、
記事に書けなかったのですよ。。

もちろん、ウイスキーと頂きます。
手前に見えているのは、メーカーさん(九十九島グループ)の
プレゼントで頂いた他のお菓子。あざーっす。

チョコカステラにチョコレートのガナッシュクリーム。
甘過ぎず、非常に好みな感じ。

P1140493

ウイスキーのあてにも、個人的にはGoodでした。
ちなみにウイスキーは、「伊達」とあわせてみましたよ。

あんまり日持ちはしませんが、こりゃなかなかの逸品。
デパートの物産展とかでも、置いてほしいね。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

DESIGNTIDE TOKYO vol.2。

さて、続きです。

何の変哲もない鉛筆に見えるけど、
真円をしていなくて楕円。
つまり、ころころ~と転がっていかないわけ。
ちょっとしたことだけど、なるほど、と。

P1130310

ダンボールの口を閉めるのによさそうなテープ。
コレで、きちんと閉まってんの?
という若干の心配はあるものの、貼るのは楽そう。

P1130313

細い金属糸で刺繍されて、形状記憶できる布。
ちょっとした小物入れとか、いろいろカタチを変えて、
つかえるスグレモノ。

P1130315

鍵って、小物入れに入れとくしか発想がなかったんだけど、
こういうところに挿しておくってのもいいな。
指した鍵が歯に見えて、ちょっとトボけた顔に(笑)

P1130323

音にあわせて、水が振動する様子。
ホント、水っていろんな姿かたちになって、おもしろい。

これ、何だと思います?実は扇風機。
扇風機というより、サーキュレーターかも。
まん丸なので、風邪が球の全体から全方位に出る感じ。

P1130379

カーペットの下に仕込むフットライト。
使うかどうかは別にして、こういう発想がおもしろい。

P1130388

砂の上に正円の軌跡を書く「一日時計」。
一日の内どれだけ過ぎたかをアナログな感じで、
つかむのって、不思議な感覚かも。

P1130390

文字盤の角(エッジ)がどれも高さが異なり、
光を受けたときの陰影の出方が違ってきて、
どのエッジを12時とするかによっても、見え方が違うみたい。
光をうまく使える人の掛け時計ですね。

P1130395

漆ではなく、シカ(だったかな)の革の上に
特殊な塗装を施したもの。

この小物入れには、ちょっとした仕掛けがあり、
ある動作をしないと開けられないんですよね…

P1130400

まんなかがボタンのようになっていて、
ココを押す・もう一度押すでロック・アンロックに
なるんですよ。もちろん、誰でもできるので、
鍵にはなりませんけどね。

手前と右側に開く家具。縦方向・横方向の
両方から開く家具って、珍しい!
奥に押しやられたものでも、取りやすいみたいです。

P1130412

その仕組みはこう。なーるほど。

P1130409

ココからは物販コーナー。実際展示されているものを
購入することもできます。「!」と思えるものを
即購入できるんですね。買い過ぎ注意!

特に、ガラスモノに弱いので、すぐに買っちゃいそうになります。
どれも魅力的なんだもんなー。

P1130416

この縦じま具合がいいな…美しい。
どう使うかをよそに、もう少しで買うところでした。
あぶない、あぶない。

P1130428

動物型のUSBメモリ。
どこにメモリがあるかというと…

P1130447

お腹の中です。
若干、ライオンに食べられちゃいました的な画に
なっちゃってます(爆)

P1130449

似たデザインの立体メッセージカード。
こっちのほうが、ほのぼのしてるかな?

P1130476

水滴のようなマグネット。
たくさんあると壮観ですねぇ。
でも、おしゃれなところで使わないと価値半減。

P1130450

ボトルを注ぐしぐさをすると、明かりがつく。
これ、赤めの光りでウイスキーボトルと
テイスティンググラスのカタチなら、すっごい惹かれてた(笑)

P1130458

チョコ好きな人向けのおさいふ。
ストロベリー×チョコ?

P1130459

SOAPという名前の灯り。軽く触ることで明かりが灯る。
防水かどうかは分からないが、そうならバスルームにもよさそう。

P1130470

光るペンたて。ペンを外すことで明かりが灯る。

P1130474

こんな感じ。

P1130475

コンセプトはいいんだけど、ゆるい感じなのに、
明かりが青ってのが気になるんだよな。

なんか、青ってデジタルでとがったイメージだから。
好きな色ではあるんだけどさ。

あと、アスクルのコーナーも。
普通はかなりまとめ買いになっちゃうのも、
この日ばかりは、バラで購入OK!

電池。数字が大きく単?電池か一目瞭然。

P1130478

ナイロン製の軽そうなエコバッグ。
これ、お買い上げ。実はスーツのポケットに忍ばせ、
会議のときの資料とか持ってくのが多いときに
使ったりしています。

P1130479

最後に、葉っぱのカタチのマグネット。
ただの鉄の棒なのに、植物が鉄の棒に絡まって、
生えてるように見えて…すごい!

P1130481

赤く紅葉している葉は、レア!

P1130483

コチラは、今自宅で活躍中。

ざっと、駆け足というか気になるものに、
ちょいちょいコメントって感じでしたが、
デザインに興味ある人、ちょっと変わったcoolなもの、
が好きな人には、オススメのイベントでした。

また、来年もいこーっと。

あ、そうそう。この後100% Designも行ったんですが、
時間がかなり遅くって、あまり回れず。
でも、相変わらず撮禁だし…
やっぱり、DESIGNTIDEのほうがいいや。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

DESIGNTIDE TOKYO vol.1。

はははは、と笑いたくなるくらい時間が経っちゃいました。
11/3の文化の日、毎年恒例のデザインイベント。
もう1ヶ月以上前…C= C= C= C= C= ヾ(;^^)/〃

100% TOKYOはいつも撮影禁止で、ぷーとむくれてましたが、
今年は心変わり。DESIGNTIDEのほうに行ってみました。

結論から言って、入場料安いし撮影OKだし、
見ごたえ充分だし、コッチのほうがいいなーという感じ。

まずは、DESIGNTIDE に行く前にTOKYO MIDTOWN AWARD。
直接は関係ないけど、気になるものがアレコレ。

マン額。いわゆるマンガチックな「ズキューン」とか、
「どーん」とかっていう吹き出しつき。
これオモロイな!写真とセットプレゼントとか!

P1130090

いかにも日本!な感じのグッズ。
個人的にはビールを注いだら、富士山チックになる
富士山グラスとかイイなーという感じ。
東京タワーにペットボトルもちょっと飾っておきたし。

P1130093

くつくつした。あ、GDE2009でみたな!

P1130096

和柄あめ。些細なものだけど、
海外に行ったときのお土産に持ってくとかにいいかも。

P1130100

石垣デザインのテープカッター。
城マニア的に注目度高し(笑)

P1130104

草履じゃ…ありませんよ。鼻緒が取れてるっしょ?
実はコレ、壁掛け時計!和風なものに囲まれた空間なら、
ちょっと違和感ありだけど、モダンな空間にこそ、
逆に似合うような気がしますね。

P1130106

EAT JAPAN CANDY。日本全国47都道府県を食べつくす!
というコンセプトの飴。さすがに日本を訪れた方も、
47都道府県を回るわけには行きませんからね。
これで、丸ごと日本を感じてもらえれば!

P1130111

笹舟DISH。かんたんにつくれる紙皿。
これ、お土産に含まれていたりなんかするとnice!
会社でお土産配るのに、コレで配ったりっていいよね。

P1130113

手作りの自動販売機。手作り感がたまらないね!

P1130129

さって、こっからが本題よ!

P1130140

文字の形をした梱包材。
ここでは「L」「O」「V」「E」ってなってました。

P1130143

こんなバラの花の梱包材も。ただのプチプチじゃなくて、
ちょっとカタチに工夫するだけで、箱を開けたときの
リアクションが違うかもしれませんね。

P1130146

アロマディフューザー。周りの音の反応して、
波紋がほわほわ動きます。

P1130150

まんまですが、「つらら」という照明。
だいたいは赤めの光が好きなわたしですが、
こればっかりは、白色光じゃないとヘンですよね(笑)

P1130162

ゴミ箱にかぽっとはめるお手軽シュレッダー。
アイデアの勝利!

P1130164

コレも音に反応する…なんだろ、水のオブジェ?
水の動きがとても不思議で、阿蘇・高森でみたアレみたい。

P1130184

普通はこんな風に下から上に上がってるように見え…

音に反応してポンポンッと下がって行くみたい。
反応が楽しくて、お客さんがなかなか離れません(笑)

わざとピントを外して撮ってみました。
こゆのも画になるオブジェ。

岩肌に生育する様子をモチーフにした花器、Rock。
アクリルを使っていて光加減が美しい一方で、
どこか和の雰囲気も醸し出していいますよねぇ。

P1130194

キャンドルホルダー。ろうそくの炎はそれだけよりも
何かを通してみたほうが、圧倒的にキレイですよね。

P1130209

カーボンファイバー製のいす。
見た目以上に軽くって、持ったときの印象が
「えっ?」という感じ。

P1130213

挿すのが楽そうな傘立て。デザインよりも
それに目を付けるあたり、自分のズボラ加減が分かるな(笑)

P1130219

コチラも傘立て。傘に残ったわずかな水滴も、
植物のための水にしちゃおうというもの。
雨が降らなかったら…とか、言っちゃイケマセン(笑)

P1130225

ただ、雨の音が流れるだけのレコード。

P1130233

雨に濡れるのはヤだけど、家の中にいて、
雨のザーーーッという音を聴くのは、悪くありません。
ちなみに、レコードの溝がつながってて、
自動的にループするんだってよ。

全部コレ、一本の太い針金でできてるそうです。
すわり心地、思ったほど悪くはないです。
長く座る気はないですけど(笑)

P1130242

コートハンガーなんですが、先を取り替えると
照明にも。てか、本体がリサイクル紙でできてる!
LED照明だからこそ、できる業ですな。

P1130260

一本ずつ起こして、背もたれのある椅子にしたり、
背もたれをなくしたり。

P1130270

でも、机のほうが実用的。机の端を1本1本起こせて、
ブックエンドにできるみたいですね。

P1130276

どんな椅子でもぶらーんぶらーんとできる道具。
あの感覚いいですもんね。

P1130284

学校の椅子でぶらぶらやって、どったーんと
転んでたヤツがいたよなと思い出す(笑)

読んだ本や雑誌をぽいっとかけておく…
コレなんていうんだろ。手元にひとつあると便利かも。

P1130285

提灯のような優しい光がある一方、
それほど和風な感じが主張していなくて、
モダンな空間にも、マッチしそうな照明。

P1130296

ちょっと長くなったんで、一旦切ります~

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

twitterがどうにもしっくりこない理由。

ブックマークをため始めて4ヶ月。twitterってなんじゃ?
と考え続けてきたんだけど、なんかあまり気乗りがしない理由が
徐々に見えてきた気がする。

結論から言ってしまえば、twitterの特徴とされる
「リアルタイム」で「場所に縛られず」「双方向」に
コミュニケーションできるというそのものが
自分自身のネットの向き合い方に合わない気がするからだ。

いや、合わないというと大雑把過ぎて、正確ではない。
ひとつには、あまりにもネットとの距離が近すぎ、ということと
もうひとつは、すべてを網羅できないという
えもいわれぬもどかしさ、とかとか。

やってないのに情報だけ集めてるんで、
間違ってることとかあれば、そこんところはご容赦を
頂きたいんですけど。


●スピード感に感じる息苦しさ

心理学で、パーソナル・スペースという考え方がある。
コミュニケーションをとる相手に求める物理的な距離感のことで、
心理的な縄張り意識、とでも言えば分かりやすいか。

親密な関係になればなるほど、そのパーソナル・スペースが
どんどん縮まっていくのだが、程度は個人差があって、
内向的な人ほどスペースが広く、社交的な人ほど狭い。

人と人とのコミュニケーションで、心地よいと感じる
距離感が合うということは、人間関係がうまくいく・いかないの
重要なポイントなんじゃないか、と思っている。

で。

リアル空間での人と人との「距離感」を
パーソナル・スペースとするなら、
ネット空間での距離感は、何に相当するのか?

今は、ないんじゃないかと思う。

個人的に思うのは、リアル空間での距離感に相当するのは、
ネット空間では、「スピード」なんじゃないかと。

ということを頭に思い描いて、twitterのことを考えてみると、
followされる、している人の発言(tweet)がだーーーと流れ、
それを見ながら、気になることにはtweetし…ってやっぱり、
せわしなく感じることが先行する。

ネットと向き合う自分のリズムからは、
あまりにも早すぎるような気がしていて、やる前から
息苦しさや鬱陶しさを感じるわけ。

twitterを使っている人ですら、その手のリアルタイム感が
あらゆるニュースで行われていたならどうか?
と考えたときには違和感を感じるというくらいだし。


●欲張りはダメ、諦めが肝心?

年に何度も、展示会によく出かけているのは、
blogをみてくださっている方ならよくご存知だと思う。

最近ではいろんなジャンルの展示会を見に行くので、
一部じゃ、展示会マニアなんて呼ばれたりもしているが・・・

そのときに、どうしてもやめられないのが、
「全ブースを回ること」だったりする。

疲れがたまっているときに、ビッグサイトや幕張メッセの
端から端まで歩き通すのは、けっこうきつく、
回りたくても、へばってしまうことも多々あるのだけど、
気持ちとしては、「全部回りたい」。

しかし、twitterはそうじゃない。

フォローする・される数が大したことがなければ、
全部くまなく見て回れるかもしれないけど、
ある程度の数になると、全部を追っていくのはムリなようだ。

てか、そもそも全部を追っかける!
なんていう考え方が間違いで、
たまたま目にしたものに興味があれば、
反応すればいいんじゃないの、という感じ。

ムリに追っていこうとすると、それこそ「twitter疲れ」に
なってしまうんだろうな、と。

割りきりが大事、といわれても感覚的にどうも、
「落ち着かない」「キモチワルイ」のはどうしようもない。

容易に想像が付くと思うが、基本的には
モノを「捨てられない人間」でもある。

これも個人の嗜好性によって、好き嫌いが分かれそうだ。


●一国一城の主か、流浪の狩人か

個人的な感覚として、かつて眞鍋かをりが「あそびば」と
表現した
ように、blogはすごく「自分」を表現したり、
「自分」の活動を伝えたりする「場」の感覚がすごく強い。

キーワードは、自分と場。twitterとの比較でいうと、
「場」の感覚があるかどうか、だ。

blogは、箱庭的に自分のスペースをせっせとつくりこむ感じ。
自分の部屋をお気に入りのもので囲んだり、
ドラクエやFFを納得いくまでやりこんで、自分色に染める
という、あの感覚に近いものがある。

twitterには、「場」がない。いや、「場」はあるが、
タイムラインという人(=tweet)が行き交う、
パブリックスペースはあるけれど、自分を表現するために
用意できる場、というものはない。

情報を求めてタイムラインを彷徨う「流浪の狩人」と、
自分の「場」をせっせと表現に邁進する「一国一城の主」。

要は、コレも趣味嗜好の問題だ。
twitterのせいでblogが書けないとかって人は、
twitterだけでいいだろうし、
じっくり考えて文章を書きたい人(わたしもそのタイプ)は、
blogを書けばいいわけ。

並存する人も出てくるんだろう。自分で情報を狩りに行って、
帰る「場」に持ち帰って、より自分色にしてく、みたいな。
時間的にできればいいんだろうけどね。

個人的にはタイトルを付ける時点で重いって、
なかなか感覚を理解するのが難しいけど…


●all or nothingは危険

どんな物事であっても、極論には解はないと思っているが、
twitter的な「時間の共有」がこれからの潮流であって…
という議論もけっこう見受けられるが、
これには正直、辟易する。意外と多くてね。

発明扱いしているのなんて、持ち上げ過ぎでは?

チョット昔に、ネットがテレビや新聞を殺すかと
まじめに議論されていた記憶があるけど…

実際は、そんなはずはなく、
今までテレビを見ていた人の何割かが
ネット中心になるだけ。

もちろん、テレビに携わる人にとっては、
それが危機であることは確かだとは思うけど、
それが即、テレビの「死」を意味することにはならない。

そんな新しいサービスが起こった途端に、
既存のサービスがまったく見向きもされなくなるような、
多様性のない社会だとしたら、そっちのほうが問題だ。

twitterは新しい。その今盛り上がっているなかに
身を置くことが、テンションが上がるのも
分からないわけではないが、少し冷静に
考えてみてもいいのでは。

blogでコレ欲しいっていたら、時すでに遅しって、って何?とか。

RSSって、もう死んじゃうの?とか。

RSSのような特定サイトの更新情報を持ってくるのではなく、
twitterで「関心が近い誰か」が関心を持ったニュースで、
要は人で情報の振り分けをするという発想は、
確かにアリかもしれないけど。

いずれにしても、100%Webの世界がこんな風
「流れの世界」になったら、やりにくくてしょうがない…

何度も書くけど、自分のネットへの向き合い方として、
時間的な概念で進めることは、どうにもニガテ。
静的な場としてのWebと、動的なストリームとしてのWeb。
並存してくれなきゃ、困る。
そんな多様性のない世の中にはしないでくれ。


●で、結局。

基本的にやったみたいと思わなければ、足を踏み入れない。
誰かがやってるから、流行りだからというのは
これまでも一貫して、あまり新しい何かをする動機には
ならないんだよね。自分の場合。

ということで、オモシロイと思う人には、
まぁ、オモシロイと思うんだろうな、ということと
どうやら、自分はその人ではないらしいということ、
この2点は、はっきりした感じがする。

ならば、そう思える日まで、twitterは取っておこう。
twitterを潮流と呼ぶのなら、あえてその潮流から
離れるとどうなるか、ということを体験してみるつもり。

また、オモシロそうと思えれば、
そのときに、やればいいだけの話だから。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮城峡1989テイスティング。

最近なかなか、書く時間が取れず、
ぐったりしちゃって。なんかもういいよー…という感じ。

とりあえず、12月になったことだし年賀状の準備とか。
今年は、まぐぽさん同様、ウェブポを使おうかと。

あと、今年を振り返る記事。ニュース系の記事が
たまってしょうがないので、12月はイベントとかは極力
控えて、ブログ記事に勤しみます…勤しむはず…

といいながら、昨日はNikka Blender's Bar
ヴィンテージ宮城峡の新作、宮城峡1989のテイスティング。

この日はノートを忘れるは、ペンを忘れるはで大失態。
しかも途中で買ってきたペンが修正ペン…真っ白白。
コントかよーっ!
とりあえず、ペンはお借りできてよかったですが…

あと、ボトルを撮るのを忘れてました。
せっかく、「海松色(みるいろ)」の渋い緑のデザインなのに。

ま、でも宮城峡1988よか、かなり好みで、
また買っちゃいそうな感じです。出費し過ぎですね。。

で、その海松色、中世に役人が身に付ける衣の色だったり、
現代でも宮内庁雅楽部の楽人の衣装の色だとかで、
おめでたい色なのだそうですよ。

紙質は、和の雰囲気をまとった「しこくてんれい」。
リンテック社の特殊な紙。和紙じゃないんだけど、
その質感はなかなかのものです。写真ないけど(苦笑)

で、肝心のテイスティング。

P1140460

少し濃い目の色をしていますが、基本コンセプトは
余市1989と同様、活性樽を中心にしたヴァッティング。

ちなみに奥にあるのは、例の有田焼ボトル
余市1989の際に、珍しいボトルを持参された方がいたので、
負けじ!と持っていきました。(その割にはペン忘れ。笑。)

久光チーフブレンダーに伺ったところ、
旧九州工場の鳥栖でのボトリングではないか、とのこと。
久光さんご自身も、はじめて見たそうです。

ボトリングの工場は、「ニッカウヰスキー株式会社★」の
★の部分の数字で分かるそうです。

おっとっと、閑話休題。

まず、香り。とても軽やかで、フローラルな感じ。
強烈なガツンとくる余市の樽熟感とは違った、
とても優しいウッディネス。
そして、青リンゴのような上品なフルーティさ。

宮城峡としてのサブコンセプトが、癒しというのも
うなずける香りですね。

味わいは、打って変わってドライな甘さ。
意外とグッと来る力強さがあって、香りのイメージとの
ギャップがまたおもしろいですね。

1989年は、仙台が政令指定都市になった都市だそうで、
人口100万人とするために、仙台市中心部の海側から
山形県の県境まで、広大な市域にしたそうです。
1989年は、仙台にとってもエポックメイキングな年なのかも。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
いやいやそれにしても、最近南青山率が高いですわー。

また、1988との味比べもしなくちゃなー…
でもこの日、1988は飲まなかったけど、
絶対1989のほうが好みっ♪と確信してます(笑)

■おまけ■

ニッカのハイボール缶。近くのコンビニに入るようになりました。
ようやくか…という感じ。まず販路を広げないとダメだもんね。
角ハイに負けるな!!スーパーニッカの水割りも欲しいけどっ!

P1140483

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »