« 迎賓館・清水湯・ウイスキー。 | トップページ | twitterがどうにもしっくりこない理由。 »

宮城峡1989テイスティング。

最近なかなか、書く時間が取れず、
ぐったりしちゃって。なんかもういいよー…という感じ。

とりあえず、12月になったことだし年賀状の準備とか。
今年は、まぐぽさん同様、ウェブポを使おうかと。

あと、今年を振り返る記事。ニュース系の記事が
たまってしょうがないので、12月はイベントとかは極力
控えて、ブログ記事に勤しみます…勤しむはず…

といいながら、昨日はNikka Blender's Bar
ヴィンテージ宮城峡の新作、宮城峡1989のテイスティング。

この日はノートを忘れるは、ペンを忘れるはで大失態。
しかも途中で買ってきたペンが修正ペン…真っ白白。
コントかよーっ!
とりあえず、ペンはお借りできてよかったですが…

あと、ボトルを撮るのを忘れてました。
せっかく、「海松色(みるいろ)」の渋い緑のデザインなのに。

ま、でも宮城峡1988よか、かなり好みで、
また買っちゃいそうな感じです。出費し過ぎですね。。

で、その海松色、中世に役人が身に付ける衣の色だったり、
現代でも宮内庁雅楽部の楽人の衣装の色だとかで、
おめでたい色なのだそうですよ。

紙質は、和の雰囲気をまとった「しこくてんれい」。
リンテック社の特殊な紙。和紙じゃないんだけど、
その質感はなかなかのものです。写真ないけど(苦笑)

で、肝心のテイスティング。

P1140460

少し濃い目の色をしていますが、基本コンセプトは
余市1989と同様、活性樽を中心にしたヴァッティング。

ちなみに奥にあるのは、例の有田焼ボトル
余市1989の際に、珍しいボトルを持参された方がいたので、
負けじ!と持っていきました。(その割にはペン忘れ。笑。)

久光チーフブレンダーに伺ったところ、
旧九州工場の鳥栖でのボトリングではないか、とのこと。
久光さんご自身も、はじめて見たそうです。

ボトリングの工場は、「ニッカウヰスキー株式会社★」の
★の部分の数字で分かるそうです。

おっとっと、閑話休題。

まず、香り。とても軽やかで、フローラルな感じ。
強烈なガツンとくる余市の樽熟感とは違った、
とても優しいウッディネス。
そして、青リンゴのような上品なフルーティさ。

宮城峡としてのサブコンセプトが、癒しというのも
うなずける香りですね。

味わいは、打って変わってドライな甘さ。
意外とグッと来る力強さがあって、香りのイメージとの
ギャップがまたおもしろいですね。

1989年は、仙台が政令指定都市になった都市だそうで、
人口100万人とするために、仙台市中心部の海側から
山形県の県境まで、広大な市域にしたそうです。
1989年は、仙台にとってもエポックメイキングな年なのかも。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
いやいやそれにしても、最近南青山率が高いですわー。

また、1988との味比べもしなくちゃなー…
でもこの日、1988は飲まなかったけど、
絶対1989のほうが好みっ♪と確信してます(笑)

■おまけ■

ニッカのハイボール缶。近くのコンビニに入るようになりました。
ようやくか…という感じ。まず販路を広げないとダメだもんね。
角ハイに負けるな!!スーパーニッカの水割りも欲しいけどっ!

P1140483

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 迎賓館・清水湯・ウイスキー。 | トップページ | twitterがどうにもしっくりこない理由。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

まいど~ 
宮城峡1989なかなか良さそうですね。
サブコンセプトは「癒し」ですか・・・最近癒されてヘンからナーなどと思いつつ。
来週は月曜から木曜まで仕事で東京に滞在しますのでブレンダーズバーあたり顔を出すかも知れません。

投稿: ウイスキーオヤジ | 2009.12.06 12:44

こんにちは!
1000本ですから賞とか取っちゃえばスグ無くなりますよねー。早目に買いですかねぇ…んー予算が…(笑)

九州古地図ボトル!!
日田ではなく鳥栖にも工場があったんですねー!
九州工場新設記念ボトルなので日田工場だと思ってました!

★の部分、1~順番に「よみにあとかも」って覚えてます。
あまり語呂合わせになってませんが…

投稿: じー | 2009.12.06 13:35

nikko81です。

●ウイスキーオヤジさん

宮城峡1989、いいですよ!
確実に前作よりは、いい仕上がりになってると思います!

あら、東京へご出張ですか?
では、わたしもまた青山に繰り出しますか…
そうすると今月、青山行き過ぎなんですけど(笑)

●じーさん

1000本…けっこうすぐなくなる量ですよね。
っていう、限定に弱くて結局買っちゃう気がします。

そう、鳥栖ってビックリですよね!
Blender's Barはニッカマニアの常連の集まり、
すごく濃い情報が出てくるんですよ♪

|★の部分、1~順番に「よみにあとかも」って覚えてます。

すごい!そんな覚え方が!
よ=余市、み=宮城峡、ですよね!?
と=鳥栖、か=柏、も=門司でしょうか?

に=西宮??「あ」ってなんだろう??

投稿: nikko81 | 2009.12.06 20:12

1北海道工場 余市のよ
2仙台工場  宮城のみ
3西宮工場  西宮のに
4弘前工場  青森のあ
5栃木工場  栃木のと
6柏工場    柏のか
7門司工場  門司のも 

読みに後かも~(笑)
正確には「ほせにひとかも」?なんのこっちゃ?
鳥栖は入って無いんですよー!!
1~7までこの順番で教わりましたが今度、青山で確認
して下さい(笑)

ウチには昔の1の北海道工場ボトリングが結構ありますが
気のせいか工場ごとの味が微妙に違って感じられます。

余市蒸溜所のカスクもそれぞれ瓶詰め場所が違ってて
面白いですよ!

ただ、琉球ニッカが無いのでその辺は確認してないんですよね(T_T)
残念ながら北海道で琉球ニッカに出会う確立が無さそうな…


投稿: じー | 2009.12.07 11:44

nikko81です。

●じーさん

有難うございます!さすがですね!
そっかー「あ」は弘前なんですねぇ…なんで、
「ひ」がないのかと思ってました。

と…は栃木のと?てことは、栃木なんでしょうかね。
ちなみに番号は5なんです。

年末にでも、青山でもっかい聞いてきます。

余市のカスクは、いろいろ瓶詰め場所が違う
ようですね。でも1番はないんですよね…

琉球ニッカ!あれば、また宝物ですね。

投稿: nikko81 | 2009.12.09 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/46944435

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城峡1989テイスティング。:

« 迎賓館・清水湯・ウイスキー。 | トップページ | twitterがどうにもしっくりこない理由。 »