« ニュースを振り返る…その9 | トップページ | ニュースを振り返る…その11 »

ニュースを振り返る…その10

ほんとに来ちゃいました~その10。
このペースで行くと、年内に終わりません…
そして、その20まで確実に行きますが…

なんか、年末を目の前にして、
締め切りに追われているマンガ家のような気分(笑)

もう…書こうと思ってブックマークしたのを
全部網羅しないときが済まない!
というある種の完璧主義が、まだまだ自分の中に
残ってるんだなーと再認識してます。

我ながら、メンドクサイ性格だ(爆)

●blog登場の前後で変わる情報収集のスタイル、
 そしてその先…(blogs.com)

まぁ、そうだろうな、と思います。

どれだけの人がblogの登場と普及にしたがって、
情報収集のスタイルを変えているかは未知数ですが、
確実にblogの登場にしたがって、RSSベースで、
情報を取りに行くようになりましたね。

でも、けっこうこれでもRSSの登録が多いと、
1日に1,000件以上の未読タイトルがあって、
1日サボるとエライことになったりはしますけどね。

さらにその先、Twitterをやってる人の中には、
もうRSSすらメンドクサイ、
だれかがTwitterでつぶやいたのを
みることで、フォローしてるひと=
自分と関心が近しいと思われる人のつぶやき
で追ってく、というひとも。

個人的には、最初に書いたように少しでも、
関心があるかもしれないことを諦めたくないという、
情報に関してはムダに強欲なので(笑)、
そのスタイルはちょっと…という気がしますが。

だといっても、RSSすら知らない、活用してない、
という人もいっぱいいるんでは?という気もしていて、
ますます、その格差が広がってく気がします。

これ、デジタルデバイドではなく…
何デバイドっていうのでしょうかね?

●線の中にJR。(風雲!コネタ城)

おもわず、笑った記事。
走り書き気味で、「線」の水をJRってかくと、
それらしく見える気がしますね~

●ぜひ、ウェブポとコラボを!
 (walkerplus)

なかなかおもしろい発想なキットカット。
いわゆる定番のお菓子でも、各地方にしかない
という味があったりしますよね?

ま、手軽なお土産ではあるのですが、
そのままポストに入れて、送ることができる
という画期的なアイデア。

いいですね、これ。切手もそこのご当地の
切手にしてみたりだとか、ポストじゃなくて、
るるぷぅさんみたいに郵便局に行って、
地元ならではの風景印で消印とか。
いろいろ組み合わせると、さらによさそう。

あと、ウェブポと組んで、blog仲間にも
旅先からお土産を渡せたりしたら、楽しいだろうなー。
もちろん、連絡が付かなかったら、
自分の家に届くようにしなくちゃ、だけど・・・

●せんたく便お試しレポート。(マイコミジャーナル)

確かにこういうのって、需要がありそう。
てか、すっごい自分だって気になる。

実は、ワイシャツは自分で洗濯してまして、
ドラム式洗濯機で乾燥はほどほどにして、
浴室乾燥で干しておくと、アイロン要らないくらいに
けっこうキレイになるんですよね。

だけど、さすがにジャケットはねぇ。
クリーニング出します。一人暮らしだと。

畳んで送られてくるのもあれば、
ダンボールに詰めて、吊るされているタイプも。

確かに折りたたんでないほうは、
シワを気にしなくてもいいけど…
ダンボールがもったいないな、という感じ。

個人的にはよくクリーニングを出すのを
うっかり忘れたりするので、
深夜に開いてる、もしくは集荷してくれる、
ってのがあったほうが、うれしいかもです。

●世間は広いというかなんというか。
 (みんなのアンテナ バックナンバーセレクション)

世の中では、ひとりじゃどうしても
食事ができない人っているんですね、というか、
そういうひとに哀れみの視線とか…どっかおかしいのでは?

|大学生や専門学生がひとりだと学食で食事が出来なくて
|校内のトイレの個室で昼ご飯食べてる

ってのには、驚愕です。マジで?ネタじゃなくて?
ありえない…ありえなすぎる。

あと、女性一人の食事でも、
高級フレンチで一人のディナーってのは、それはどうだ?
という気はするけど、あとは全然イイと思うけどね。

フレンチや焼肉とかも、イヤとかじゃなくて、
その度胸というか、気にしなさというか、
に感心しますね。すごいな、と。

いろんな意味で一匹狼的要素が多くて、
傍から見るとそれでも「さびしさ感」が
足りないらしいわたしですが・・・

昼休みも、かならず誰かと一緒でないと!
と無言の圧力がかかるのはシンドイですね、そりゃ。

どれも、一人で食べるのは友達いないとか
さびしいとか、なんかそういう勝手な思い込みを
している人がけっこういるってことが問題だな・・・

●仲間の死を嘆き悲しむチンパンジーたち。
 (らばQ)

未来を悩まないのか、悩めないのか、
という話を先日書きましたけどね。

これに続いて、チンパンジーの話題2つ目。

埋葬という行為をチンパンジーに見取らせることで、
死の概念を持ちうるかどうか、
の実験的な要素もあったのだろうけど…

悲しみにくれるかのように、静かに見つめる
チンパンジーが多かったとのこと。

人間に非常に近しいチンパンジー、
彼らの心に去来するのは、なんだったのだろうか?

●これはすごい…一見の価値アリ!(らばQ

普段、ゴルフなんてしないし、
あまり興味もないんですが、これはすごいな!
という動画があったので。

まるで水切り石のごとく、すいすいぴょんぴょん、
池の水面を跳ねて行き、あれよあれよという間に、
なんとホールインワン。

●Wi-Fiダイレクト。(ライフハッカー)

これ…どういう意味だろ?

全ての対応ガジェットをAPにするってことは、
その周囲90m以内に、たとえばPocket WiFiを
持ってる人がいたら、周りの人がみんな、
それ経由でネットにつながるってこと?

あとPocket WiFiの周囲90mから離れていても、
そのPocket WiFiにつながっている
PCとだけは90m以内にあれば、それもつながるってこと?

ちょっと…なんかキケンなニオイがしませんか?

●どうして33歳なのか…(笑)
 (All About)

結局、蒸留所で11月に買ってしまった
山崎パンチョンですが、33歳のしなやかな女性、
という表現がおもしろいな…と。

ウチのblogを見てくださってるなかにも、
「33歳(前後)のしなやかな女性」ってけっこういる…
のではないかと思っていますが、どんなもんでしょうか(笑)

●日本人としてうれしい限り。(イザ!)

ベトナム戦争での米軍枯葉剤散布の影響の
象徴にもなっていたグエン・ドクさんのお子さんの名前に、
富士山と桜を意味するベトナム語を名前に。

分離手術のときもそうだし、日本と関係が深いわけだけと、
いい関係を築ける礎になればいいなぁ。

ちなみに、Wikipedia見て知ったんですが、
漢字にすると「阮徳」と書くそう。

●鼻づまりは集中力を落とす?(ライフハッカー)

風邪を引くと、鼻づまりしやすいので、
それ、すごく分かりますね。

もう…つらくてつらくてしょうがない、
ってほどじゃないんだけど、ちょいちょいイラッと
くる感じがすごくタチが悪いです。

ちなみに、鼻づまりになると、ウイスキー飲んでても
まったく価値半減。なにせ、香りを楽しむ酒。
鼻が利かなきゃ、ウイスキーに失礼なので、
鼻づまりになったら、飲みません。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« ニュースを振り返る…その9 | トップページ | ニュースを振り返る…その11 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

山崎パンチョン樽。33歳の女性を思わせるって表現、達磨さんらしいですよね。
わかるような、わからないような。

達磨さんはたしか、私の行く銀座のバーを紹介した際に、マスターのことを「とっぽい」って書いていらっしゃいました。
マスターは「とっぽいバーテンダーって書かれちゃいましたよー」って言ってたけど、なんとなくわかるようなわからないような。

投稿: まぐぽ | 2009.12.30 10:11

nikko81です。

●まぐぽさん

確かに分かったような、分からんような…
って感じですよね。

こうなりゃ、ウイスキーの表現はもう、
自分の感じたままに表現していいんだと割り切れるかも。

あと、「とっぽい」って初めて聞きました。
意味が分からなかったので、ググりました(笑)

投稿: nikko81 | 2009.12.30 12:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニュースを振り返る…その10:

« ニュースを振り返る…その9 | トップページ | ニュースを振り返る…その11 »