« あれこれ届いてます。 | トップページ | ニュースを振り返る…その2 »

ニュースを振り返る…その1

えーっと。ニュースってNew=新しいからこそ、
ニュースなワケですよね。

気になる!と思ってブックマークして早4ヶ月orz
初めのほうはもう9月初、ぜんぜんNewじゃないんですが(汗)

ちょうど、時期柄今年を振り返る…的に、
つらつら書いていこうかと思います。
ま、約600件(!)もあるので、絞り目に。

●渋滞学。(日経トレンディネット)

渋滞にはわれ先に!と突っ込むんではなく、
ゆっくりと十分手前から減速することで、渋滞回避や燃費向上、
それに時間短縮ができるというもの。

車を運転しないんでアレですが、こうも実験結果が
わかりやすいと確かに感動しますわね。

ただ、運転している側とすると、ホントにそうすることが
早いんだろうか?と感覚と現実が一致しにくい、
という点があるのかな、とは思うな。
映像を見せられて頭では理解できても、ね。

●恵まれた環境というのは、実感しにくい?
 (イザ!)

中国企業が、日本の水ビジネスを狙っている?という話。

こういうのが成り立つってことは、水に恵まれている証拠。
だけど、恵まれていることこそ、
恵まれているありがたみが分からなかったりする。

例に出ている白州水工場は、もちろん白州蒸留所に
併設されている水工場。仮に白州の水源に影響があれば、
それは即、ウイスキー造りにも影響が出るということ。

もちろん、ウイスキーのことだけ考えちゃダメだけど、
暗黙の了解とかがある日本人同士だけで
うまくやっていける時代じゃないんだな、ということ、

まただからこそ、文化的背景が違う人たちが
参入しても、あるべき姿でビジネスが回るよう、
法整備が細かいところまで、必要なんだろうな、と。

これは、アラル海の事例(らばQ)だけど、
たった数十年前まで琵琶湖の100倍の面積をもった広大な湖が
灌漑用水に使い過ぎたため、ほとんど干上がったそうだ。

やりすぎるとこうなる。

●トレヴィの泉がホントにいいんだろうか?
 (イザ!)

誰がはじめたか知らないけど、豊岡の青龍洞に
お金を投げ込む人が多いらしい。

|天然記念物を傷つけなければ、
|硬貨をどんどん池に投げ入れてもらい、
|玄武洞公園をもっとPRしたい

マジですか?そういうもんなんだろうか?
基本的に硬貨ってキレイなもんじゃないし…

仮に回収して年間5万円あったとしても、
月換算で約4,200円。どんだけの頻度で回収してるか
この記事では分からないけど、そんな儲けには
ならない気が…するなぁ。

トレヴィの泉は人工のものだけど、
こちらは自然のものですからねぇ…

●上海の「美人すぎる車掌」さん。(らばQ)

この…すぎるっての、今年はよく聞きましたね。
市議に海女さんに…

上海でもバスの車掌(てかバスに車掌さんいるんだ)さんで
すっごいカワイイ車掌さんが話題になってました。

コレ、わたしはさっぱり中国語は分かりませんので…
映像を見るだけですけど(笑)

もうすぐ、上海万博ですがその頃には、
こういった車掌さんが増えてるんでしょうなぁ。
てか、この顧さんって方は復帰されたのかな?

●「とても」の方言47都道府県。(blogs.com)

まぁ…いっぱいあるもんやねぇ。
「すっげー(神奈川)」とか、ちょっとすごいがくだけただけやん、
というものから「べらぼー(東京)」とか、
聞けば分かるけど、自分は絶対使わんな、とかとか。

関西圏はチョット異論あり。
むっちゃとめっちゃとかよく混ざるし、
えらいも普通に使うけど?

1都道府県=1つに限定するのは、
ちょっと無理がある気もする。

ごっつうって奈良だっけ、とか。
逆にがっせーとか知らんし。
あれ、「ばり」はどこへ行った…と思ったら
福岡?コレも普通に使うんですが。

あ、東京で普通に会話するときには使いません(笑)
大阪人用もしくは、大阪に帰ったとき。

●1G = How much?(Web R25)

FF13をやるつもりで結局、またDQ9はスキップしそうな
雰囲気ですが、好きは好きなんですよね。

で、たしかに1度は考えたことがある、
1G(ゴールド)=何円?という話。

DQっぽい武器防具屋があるってのもすごいですが、
なんとなく感覚的に1G=1000円はしっくりかも…
と思いきや。

ということは、スライムですら1000円持ってるってこと?
ゴールドマンは確か1000Gくらいだったから、
なんと100万円??

たしか、リムルダールではやぶさのけんは
25000Gで売ってたはず、ということは…
一振り2500万円っすよ!

…ってあれこれ考えるのも楽しかったり。
てか、思いつくのは全部DQ3なんですけど(笑)
やりこんだからなー…ホント。

●これ、間違いじゃすまないよね。(らばQ)

フランス語の機内案内だけ、間違っちゃいましたって。
すんません、じゃ済まないよねぇ。

でも、冷静に見れば英語圏のひとが
リラックスしてるのはなんで?というところに
気づければ、よかったんだろうけど。

●アンセンブル、そろそろいいかな?
 (All About のんでーのんでーのまれてーのんでー
 ぺこはら日記
)

響12年を楽しむならココ!ということで、
気になるお店ではあるんだけど。

大盛況で予約取りづらいというのから、
ちょっとは落ち着いたかな。今年はもうアレだけど、
来年、ちょっと行ってみたい。

シンガポール料理との組み合わせも楽しみ。

●成田空港と都心が30分、使う人はダレ?
 (日経トレンディネット)

赤坂のアークヒルズと成田空港をヘリコプターで
結ぶサービスがあるとのこと。

所要時間30分とすごく早いんだけど、
スタンダード機でも、片道3万8000円…驚愕。

使えるのは、ホントにお金持っててTime is moneyな
実業家の皆さんとかなんでしょうね…
世界が違うわ(笑)

●習慣の違い。(THE SHOW MUST GO ON)

あー、なるほどなという記事。

一応、わたしはカメラってファインダをのぞいて
撮るもの、だけど、最近のデジカメは光学ファインダじゃなく、
液晶をみて撮るよね、という理解はしています。

が、ホントここ数年でカメラを持ったよ、
という人にとっては、液晶を見て撮るということしか、
知らなかったりするんですよね。

双方ともコレが当たり前、と思ってたわけですが、
こういうところに気づける人は、
何かにつけて強みがある気がします。

●テレビ依存度が最も低い世代。
 (Infoseekニュース)

うん、そうそうと思った話。
テレビ依存度が最も低い世代ってのが、30代。

わたしもほとんどテレビを見なくなりました。
ぶっちゃけ、なくてもよくね?くらいの勢い。

今年の初め頃は、天地人があったんで、
まだ時たま見てはいましたが、途中で挫折してからは、
ホント見なくなりましたね。

「忙しくて本を読む時間が減っている」のも
またこれ、うなづけてしまいます。

でも、テレビと違うところは、
読めていなくても、本を読む時間はほしいな、
と思う一方、テレビはもういいかと感じているところ。

一時期、テレビ代わりにしていたPCが
故障してテレビを見れなかった時期があるんだけど、
そのときも大して不自由しなかったしな。

ということで、一旦切ります~

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« あれこれ届いてます。 | トップページ | ニュースを振り返る…その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

きゃーっ!そんな機内放送が流れちゃったらパニックになっちゃいますよネ!?
フランス人でもビジネスマンなら英語もわかっちゃって両方のアナウンスどっちが本当???なーんてやっぱりこちらもパニック。
でもその逆だったらもっと恐い!!
本当は危ない状態なのにちょっと揺れますだったらね~。
乗務員には緊張感と責任を持って仕事して欲しいものです。

TV、もともとあんまし見ないもんな~!
最近のTVってどのチャンネルも似たりよったりで1億人総お馬鹿化を目指してるのかと思えてしまいます。
TVは視聴率を追う余りどんどん自分で自分の首を絞めてるような気がするなあ!
このあたりでTV製作も真剣に先ゆき考えなきゃね。

投稿: あやのすけ | 2009.12.21 15:21

nikko81です。

●あやのすけさん

一瞬聞いたらパニックになる人はいるでしょうね。
両方を分かったらとしたら、冷静にどっちか?
と判断できる人がいるかどうか?

単純なミスでドギマギさせるのはやめてほしいですね。

テレビ、ホントにあえて見るほどじゃないなー
と思いつつもだらだら見るものですが、
最近はそんなだらだらする時間もなくって。

テレビってホントに考えないと、どう見てほしいか、
今までの流れとは違った観点でつくらないと、
見捨てられる気はします。

かといって、なくなるわけではないと思うのですけど。

投稿: nikko81 | 2009.12.22 07:07

ファインダーの話題、実際に経験したことがあります。
旅先で、そばにいた人に写真を撮ってもらったことがあるんですけど、
ちょっと暗いところだったので、銀塩の一眼レフを渡したんですね。
普段使ってるコンパクトデジカメに手ブレ補正がついてないので。
半押ししてからシャッター切ってもらえますか~、とお願いしたら、戸惑われました。
やっぱり、ファインダーをのぞくってことを知らなかったみたい。
案の定、できあがった写真は下が思いっきり切れてましたけど(笑)、それも旅のいい思い出になりました。
それだけ、気軽に写真を撮影できるようになったってことなのかな。

投稿: はるか | 2009.12.22 13:05

アンセンブル・・・また行きたいです。
シンガポール料理と響、両方とも初めてだったので
すごく刺激的でした。

響12年もちらほら店頭に出始めているので
買いたい気持ちでいっぱいです。

投稿: だい | 2009.12.23 18:41

nikko81です。

●はるかさん

どのくらいの年代のヒトからなんでしょうね。
ファインダーをのぞくってことを知らないのは。
半押しっていうことばも「?」かもしれませんよね。

以前と比べて、写真撮ってる姿を街中で
見かけることも多いですし、それだけ撮ることが
当たり前になったということでしょうか。

●だいさん

ウイスキーとシンガポール料理ってのが、
すごく興味あるんですよね。どう合うんだろう、って。

響12年、ウチにストックしてます。
いろんなウイスキーを飲みましたが、
響12年は、コレにしかできない香りと味わいがありますね。

投稿: nikko81 | 2009.12.23 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニュースを振り返る…その1:

« あれこれ届いてます。 | トップページ | ニュースを振り返る…その2 »