« 軍艦島上陸作戦 vol.6(有田編) | トップページ | まだWILLCOMを見捨てるのは早いか? »

軍艦島上陸作戦 vol.7(鹿島編)

鹿島城は、元はもっと北側にあったのを
1806年に洪水被害が多かったため、現在の場所に
再度築城をし直したので、比較的建築年代としては新しい。

駅を出ると早速マンホール。
おっ、鹿島城ですね。

P1120411

最近は、知らないところに行っても、
GPSがあるので、迷うことがほんとに少なくなりましたね。
大手門に特に迷うことなく到着。

P1120412

高麗門形式で、小藩の大手門としては
一般的な形式なんじゃないだろうか?

元は黒塗りだったが、昭和になって
赤く塗り替えられたとか…いいんだっけそれ?
確かに塗り込めが浅い気がするな…

P1120413

脇には掘跡らしい池があり、
当時をイメージさせる情景になっています。

P1120415

堂々とした門構え、なかなか見ごたえあり。

P1120423

でも、これはいただけないなー…早く修理して!

P1120425

門の広さは充分あり、車も通れる広さ。
車高が高いとムリだけど、一般的な乗用車とかだと
全然問題なくOK。こう見ると歴史的な門なのに、
生活感すら感じられるんだよな。

P1120488

奥に行くと、旭ヶ丘公園になっているが、
1876年の佐賀の乱のゴタゴタの中で、鹿島城は炎上。
築城された年代が新しい割には、かなり早期に
建物を焼失してしてしまっていて…
大手門は、そんな中での数少ない遺構。

P1120437

石垣はしっかり残っていますね。築城年代が年代だけに
あまり凝った積み方はしていない様子。

P1120434

大手門と並んで重要な遺構が、赤門。
本丸に続く重要な門で、医薬門形式の門。

P1120447

こちらは元々から赤かったらしいですが、
どうして赤かったのか、そのいわれははっきりいないようだ。
大手門の赤と比べ、より赤が鮮やかでしっかり。

P1120448

医薬門というと、東大の赤門(旧金沢前田家上屋敷門)が
思い出されますよね。こちらも左右ではないですが、
右手に番屋を備えた構造になっています。

P1120478

左手。こちらも城壁の一部に損傷が残っています。
修理が必要ですよね。。。

P1120455

奥の校舎は極めて近代的。生徒たちにとっては、
あまり興味のないもの…なんだろうな…
誇りをもてるものだと思うんだけどね…

P1120467

鍋島家の杏葉紋(ぎょうようもん)が黄金色に輝きます。
赤にアクセントとして、金と黒というカラーがいい。

P1120460

帰り、武家屋敷群を抜けて肥前鹿島駅まで戻ったのだが、
あちこちで売り出し中の物件が!

P1120484

こちらも。

P1120485

武家屋敷で売り出し中なんて、はじめて見たんだけど、
城マニア的に惹かれる一方、維持費掛かりそうとか、
そもそもなんで?とか、興味は尽きない。

帰りは佐賀空港から。途中佐賀駅でカレーを頂きました。
以前もココでカレーを食べた気が…
てか昼もカレーやん(笑)

P1120496

ココのカレーは、なかなか美味しかったなと
妙に記憶に残っていたのでね。

ということで、軍艦島を中心とした九州のお出かけの話は
これにてお開きでございます。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 軍艦島上陸作戦 vol.6(有田編) | トップページ | まだWILLCOMを見捨てるのは早いか? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

軍艦島だったんですね~^^
近いのに行ったことありませんが、最近観光客がすごいらしいですネ!?

それに鹿島にお城があっただなんて初耳!
商売の神様の神社(名前が思いだせない)には小さい頃行ったことあるんですけどね~~

投稿: あやのすけ | 2009.11.15 22:01

nikko81です。

●あやのすけさん

そうなんです、軍艦島。
ニュースを見て、どうしても行きたかったのです。

今年の4月に公に解禁されてから、
連日、大盛況みたいですね。

鹿島、わたしもアレコレ調べて、
もしも(笑)のときのために、全国未登城リストを
作成してあって、行ってみました。

あまり、○○城と宣伝していないせいか、
知名度はイマイチですが、なかなか城ファンとしては
見所があって、よかったです。

投稿: nikko81 | 2009.11.16 02:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍艦島上陸作戦 vol.7(鹿島編):

« 軍艦島上陸作戦 vol.6(有田編) | トップページ | まだWILLCOMを見捨てるのは早いか? »