« The Scotch Malt Whisky Society 2009 Winter bottle tasting。 | トップページ | エッゲンベルグ城に隠された大坂城を追え! »

京都・山崎にて。

金曜は、新幹線で京都へ。京都で降りるのは、
もちろん(笑)、山崎蒸留所を見越してのことです。
# 大阪人なのに、新大阪の利用率が…

特に今回は、焦って帰る理由もないので、
ぷらっとこだまを利用しました。

東京→京都間で、\9,800。350ml以下のアルコールか、
500ml以下のソフトドリンクがもれなく付いてきます。

もちろん!チョイスはアルコールに決まってんじゃないの~
ウイスキーに決まってんじゃないの~

P1130757

選びませんでしたが、角ハイ缶があったのが、
今年らしいな、という気がしましたよ。

朝から(笑)アルコールでいい気分、
すやすや…してる間にもう、岐阜羽島。
飲み終えたのが小田原なので、随分寝てました。

京都に着くと、なにやら人でごった返してます。
日の丸を持った人もチラホラ…

P1130767

そう、京都を行幸されていた天皇陛下が、
東京にお戻りになる、まさにそのときなのでした。

陛下がお見えになったのは、ほんの一瞬、
でも、こんなに間近にご尊顔を拝するのはなかなかないこと。
偶然ですが、貴重な瞬間でした。

皆さん、写真を撮ってましたが…そしてわたしも…
ちょっと掲載は遠慮しておきます。

その足で向かったのが、山崎蒸留所。
何度も見学しているのに、また見学(笑)
最終回の15時に参加です。

30分以上、時間があったので、
イキナリ有料試飲コーナーで、山崎パンチョン!

P1130779

軽やかでバニラ香やバナナのような、
若々しい果実香が魅力的ですねぇ…
正直、山崎シェリーカスクは思ったほどでは、
なかったんだけど、これはなかなか。
通常の山崎12年と飲み比べるのも、おもしろいかも。

おっと、そうこうする間に時間!
ま、基本的に何度もみてるんですけど…
ポットスチルの見学、一般見学なのに中に入れました。
あれ、いつからそうなんだっけ???

P1130787

何度も見学しちゃうのは、やっぱり貯蔵庫の香りを
体感したいからだったりします。すーはー。

P1130799

1999年蒸留のサントリー100周年記念樽をはっけーん。

P1130805

まだまだ若い2008年蒸留モノ。さすがに2009年は
なかったような気がしたけど、どっかにあったのかな?

P1130809

貯蔵庫を出たところで、紅葉してるかな…と思ったら、
1本の木だけ思いっきり紅葉中、あとはちょっと時期尚早。
思いっきり紅葉中のがコレ。

P1130811

清冽な水辺の情景に紅葉を…と行きたかったんだけどね…
ちょっと早かったようでしたね。

P1130814

見学後の無料試飲では、山崎12年・白州12年の水割り。
でも、やっぱり物足りなくて、有料試飲に直行しちゃうのでした。

山崎18年。通常の山崎シリーズでは、
コレが一番好きですね。高いけど…^^;
シェリーベースのプレミアムな逸品です。

P1130820

ホント、頼むから山崎18年のハーフボトルつくって!

最後は、山崎12年構成原酒・ミズナラ。
まぐぽさんの好物そうなの。やっぱり美味いですね…
わたしも「山崎ミズナラ」とか出たら、即買いするかも。

P1130821

この日は、外国からのお客さんも来てらして、
internationalな感じでした。
そして、有料試飲コーナーのおねーさんが、英語上手!
ポニーテールもかわいいし(ソレは聞いてない)

…ということで、閉館10分前。やっぱりショップに戻り、
山崎パンチョンをお買い上げ。蒸留所に行って、
ボトルを買わずに帰ったためしがありません(爆)

ここまでで、すでに6杯。さらにこのあと、
予備校時代の友人と飲みへと流れていきました。

なんばのお気に入りのBarも紹介してもらい、
なかなか充実した(アルコール分がね)金曜でした♪

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« The Scotch Malt Whisky Society 2009 Winter bottle tasting。 | トップページ | エッゲンベルグ城に隠された大坂城を追え! »

旅行・地域」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

蒸留所いいですねー。
なかなか山崎蒸留所は行けないのでうらやましいです。

ミズナラ樽原酒なら銀座Bar-Hをおすすめ。
近くにある洋菓子店キルフェボンでは、最近山崎タルト、白州タルトを売っていたような。
餃子の天龍も近いですから、私的にはグルメトライアングルなのです。

投稿: まぐぽ | 2009.11.21 12:36

nikko81@大阪です。

●まぐぽさん

今までいっていない分、帰省の度に
行ってもいいんじゃないかと勝手に思ってます(笑)

銀座でもミズナラ原酒を飲めるんですね。
やはり、美味かったですから東京でも
飲めるとなるとうれしいですね。

投稿: nikko81 | 2009.11.21 19:00

まいどーウイスキーオヤジです
京都市内のお寺は紅葉も見ごろですが山崎は今からのようですね。
10月の頭以来行ってないので、また出かけたくなりました(て言うか行き過ぎ・・・)
ところで12月初旬には有料テイスティングカウンターにラフロイグ18年が登場するようなのでそちらも楽しみです。

投稿: ウイスキーオヤジ | 2009.11.22 03:53

nikko81@大阪です。

●ウイスキーオヤジさん

そう、京都のお寺や嵐山の辺りが、
見ごろと聞いたので、山崎も?と思ったんですけどね。

そうですか、ラフロイグ18年も!
年末、また帰阪するかもしれませんが、
いつもその頃には、蒸留所が閉まってるのですよね…

投稿: nikko81 | 2009.11.22 21:50

まだ紅葉が始まる頃なんですねー
北海道はスキー場もオープンの時期ですよ(笑)

パンチョンにミズナラ原酒に北海道にいるとなかなか
飲め無いのでとても勉強&参考になります!

ミナミのBARもいいなぁ…

投稿: じー | 2009.11.24 11:51

こちらのブログを開くと心なしかウイスキーの芳香な香が漂ってくるような(笑)
と言っても私はウイスキーを頂きませんのでウイスキーボンボンの香^^;

朝から一杯でほろ酔い気分で旅のスタートって羨ましい!
それも大好きな場所へ向かうって幸せ♪
ウイスキーの透明に近い琥珀色がきれいですネ。

投稿: あやのすけ | 2009.11.24 16:39

nikko81です。

●じーさん

そうなんですよ。京都市街はちょうど紅葉を迎え、
3連休にばっちり合わせたようでしたけど。
北海道はスキー場…もう雪降る季節ですもんね。

パンチョンはなかなかイケますね。
買ったボトルは、実家や新幹線の中でも頂いちゃいました(笑)

●あやのすけさん

|心なしかウイスキーの芳香な香が漂ってくる

あはは、有難うございます。
飲めない方でも、雰囲気を感じていただけたら
うれしいです!

朝からほろ酔い、でも会社の方たちは仕事で、
ちょっと罪悪感も(?)

ちょうど帰省のついでだったのですが、
やはり、ウイスキーだったり、城だったり、
何かにつけて、好きなものを結び付けてしまいます。

|ウイスキーの透明に近い琥珀色がきれいですネ。

ホント、ウイスキーは香りや味わいはもちろん、
眺めても楽しめるお酒だと思います。

投稿: nikko81 | 2009.11.24 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都・山崎にて。:

» 東海道新幹線の各駅に停車 「こだま」号300系グリーン車 [グリーン車 アッパークラス体験記]
 デビュー当時は「のぞみ」型車両として呼ばれていた東海道新幹線300系車両もその数がだいぶ少なくなりました。現在、日中の「こだま」号へも700系が目立つようになりました。  今回は初代「のぞみ」号の車両である300系グリーン車を紹介します。 ... [続きを読む]

受信: 2009.11.23 19:42

« The Scotch Malt Whisky Society 2009 Winter bottle tasting。 | トップページ | エッゲンベルグ城に隠された大坂城を追え! »