« 東北・北海道縦断大作戦・八戸編1。 | トップページ | 東北・北海道縦断大作戦・三戸編。 »

東北・北海道縦断大作戦・八戸編2。

さて、博物館を出ると何だアレは?
と興味を引くもの。電車の車体でしょうか?

P1080087

特急と書いてあります。

P1080088

機械類もそのままなようですね。

P1080090

何に使われているのか、イマイチ分かりませんが、
なにやらすごそうな感じだけはしますね…

ちょうど日暮れ時、雲の切れ目から夕陽が
洩れてキレイでしたよ。

P1080094

マンホールも忘れず。
はちのへ菊まつりがあるからでしょうかね、
菊の図案でした。

P1080104

八戸城址・三八城(みやぎ)公園に着くころには、
夕陽がちょうど沈むところ、ちょうど高台にあるので、
キレイに見渡せました。

P1080107

ただ、公園そのものは遺構とかその類は一切ナシ。
普通の公園という感じで…城マニアには残念。

P1080116

だからこそ、の角御殿表門。ありましたよ。

P1080138

板葺き屋根のなかなか立派な門。
現在は、南部会館の門。

P1080129

気軽には入れるのか…どうなのか。
小心者(笑)なので、そのまますごすご引き返しましたけど。

P1080122

ここで、一旦宿に戻るため、本八戸駅へ。

これ…大きく出たな、「人間の贅沢」とは(笑)

P1080140

この時間帯はついつい、カメラを手にとって、
あちらこちらを撮りたくなりますね。

P1080143

電車到着!八戸までわずか2駅ですがね(笑)

P1080154

で、また暗くなって戻ってくるわけです。
ライトアップ中の表門。

P1080158

なんで戻ってくるのか、それは…BARに伺うからです(笑)
以前に、ふらっと入って痛い目にあってるんですが、
虎穴に入らずんば虎児を得ず、ということで、
行ってみました…BAR BARONさん。

P1080162

初めて入っても浮くことなく、ゆったり飲めました。
どうやら今回はアタリな模様。

P1080172

1杯目は、ニッカシングルモルト仙台12年。
同じ宮城峡モルトなんだけど、ちょっとドライな感じ。
モルト原酒も宮城峡は、Soft & Dryと
Fruity & Richがあるけど、これはSoft & Dryの方向性?

P1080170

2杯目は、ハイランドパーク16年。
現ボトルのラインアップは12年,18年,21年なので、
旧ボトルでしかないんでしょうか?

P1080185

お店の方も美味いんですよーと仰るとおり、
いいですね、これは。残念ながら、
メモを持ってきてない → 美味しかっただけ
ということで、詳細メモかけないのですけど…
いいよね、美味しかったんなら(笑)

3杯目はラガヴーリン16年。
最近、ラガヴーリンがチョット気になるスコッチです。
和製モルトが中心のわたしですが、
いろいろ飲んでいきたいと思ってる銘柄。

P1080187

BAR BARONさん、有難うございました。
blogも書いてられるようですね。

っと。さて、翌日は八戸から一旦南に下がって、
三戸へ、また戻って今度は弘前に向かいます!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« 東北・北海道縦断大作戦・八戸編1。 | トップページ | 東北・北海道縦断大作戦・三戸編。 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おっと、本州出てないですよっ。
気長にお待ちしてます。楽しみです!

元気ですねー。
私は夕方早くにホテル→お風呂して着替えて夜の部 な感じで動いてました。
一回電池が切れちゃう(^_^;)

投稿: まぐぽ | 2009.10.12 21:00

nikko81です。

●まぐぽさん

本州出るのはまだまだ…
弘前城にミニチュア建物群、
八甲田丸に竜飛海底駅…
でも、早いうちに書ききりたいです。

フルパワーで動き回ると、
帰ってきてからがぐったりですよ^^;

投稿: nikko81 | 2009.10.12 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/46466319

この記事へのトラックバック一覧です: 東北・北海道縦断大作戦・八戸編2。:

« 東北・北海道縦断大作戦・八戸編1。 | トップページ | 東北・北海道縦断大作戦・三戸編。 »