« いきなり京都~ブロガーイベント前段編。 | トップページ | いきなり京都~テイスティング編。 »

いきなり京都~ブロガーイベント真っ只中編。

で、イベントなのですが、有料試飲はナシ。
あとでしっかり飲めるので、ここはガマン(笑)
まずは工場見学に向かいますよー。

基本的に山崎蒸留所でやっているハイボール講座に
準じた内容なのだが、宮本工場長が参加されたりなど、
スペシャルな内容なのです!
(ちがうとこは、最後にまとめます)


P1050258

創業時のポットスチルを前にして、スタート!

P1050259

施設に入る前には手の消毒。

P1050263

例の新型インフルエンザが出てから、
関西に帰ってなかったので、
今、関西にいるんだということを
こういうところで感じたり。

最初は、仕込槽。

P1050270

発酵槽。

P1050272

もう山崎だけではなく、白州ほか蒸留所には
何度となく訪れているので、もう何度目?
という感じですが、わくわくする感じは変わらないですね。

いつもと大きく違うのが、ポットスチルの見学。
ガラス越しの見学が普通と思うのですが、
特別に蒸し暑い中に入って、見学できるのですー!

P1050275

当然、蒸留しているわけで、直火蒸留の釜だと、
1,200℃にも達するそうで、暑いこと暑いこと…

ですが、そこはブロガー。そんなのはお構いなしで
バシバシ撮っていきます(笑)

ポットスチルは入口から向かって左が初溜釜、
右が再溜釜で、向かい合った釜がセット。
それぞれのセットの釜は違っていて、
こうした「つくりわけ」は日本の蒸留所の特徴。

真ん中にふくらみのあるタイプはすっきり、
すっとシャープなカタチは力強い香味、
と特徴が分かれるのだけど、基本は同じタイプで、
初溜・再溜をするのがいいみたい。

でき立てのニューポットがどばどば出てます!

P1050285

そのニューポット。やはり、香味は深いですが、
荒削りな印象ですね。

P1050295

続いて、貯蔵庫。蒸留所でここの香りが
一番いいですよね。

P1050302

天使の分け前、Angel's shareの例。
5年と12年だったかな?
こうしてみると、天使は随分と酒飲みなのがわかるね(笑)

P1050308

チャーした樽の中。白州ではリチャー後の香りに
気をとられて中がどうなってるのかに
気が回らなかったけど。

P1050310

創業時に樽詰めされた第1号樽。当時のウイスキーは
放っておくと、酒飲み天使がカラにしちゃうので、
瓶で密封して保存しているそうな。

P1050314

むしろ、樽を壊さないために別のウイスキーをつめて、
樽を保存しているのだそうですよ。

これ、言ってもらわないと分からないメモ。
樽の種別と樽詰回数を示してるらしい。
「和」=ミズナラ、正の字で3回目の樽詰めの意。

P1050322

おっ!と思ったのがグレーンウイスキーの貯蔵。
知多蒸留所のものを山崎でも熟成させてるんですねー。

P1050328

貯蔵庫を出ると、山崎の仕込水。
千利休が茶室・待庵を構えた名水の地だけに、
水の美しさは格別。

P1050351

これ、紅葉の頃だと格別なんでしょうねぇ。
京都市内ばっかり行かず、山崎というのもいいかな?

P1050345

椎尾神社。ここの鳥居がローヤルのボトルの
元になってるんでしたよね。

P1050353

こういういかにも工場!という施設も
なかなか好きなんですが、宮本工場長になぜそんなのを
撮ってるんですか?と不思議がられ。

P1050356

食品工場なので、やっぱりキレイにしておきたい!
というのが宮本工場長の想いだそうですがね。

そのツナガリ?で、ファクトリーショップのIN THE BARREL。
1926年ごろの年代モノの建物と教えていただき。

P1050358

近代化産業遺産群にも登録されているのですねー。
元は瓶詰め工場だったとか。

さて、ここからはすごいハイボールづくりに、
ブラインドティスティング、と続きます。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« いきなり京都~ブロガーイベント前段編。 | トップページ | いきなり京都~テイスティング編。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「グルメ」カテゴリの記事

コメント

イベント、お疲れ様でした。
ブログにも来訪いただきありがとうございます。

丁寧なリポートと、綺麗な写真、とても参考になります。
やはり同じ解像度でも、カメラや撮り方によって写真の味わいって変わるものなのですね。
樽の木の質感や、水の透明感、ポットスチルの輝き、とてもリアルな雰囲気が出ていて凄いです。
それに、全然気付かなかった知多グレーンの樽にも目を配られているあたり、さすがと感じました。

また、どこかのイベントでお会いできる事を楽しみにしています。

投稿: 岡電 | 2009.07.13 07:46

nikko81です。

●岡電さん

コメント、ありがとうございます。
お褒めのことば、とてもうれしいです。

これでも、コンパクトデジカメなのですが、
一眼っぽい撮り方もできたりして、
なかなか面白いです。

知多グレーンはけっこうびっくりです。
白州とかにもあるんでしょうね?
樽のデザインがかっこいいなーと思いました。

また、どこかのイベントでご一緒できるといいですね。

投稿: nikko81 | 2009.07.14 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/45578728

この記事へのトラックバック一覧です: いきなり京都~ブロガーイベント真っ只中編。:

« いきなり京都~ブロガーイベント前段編。 | トップページ | いきなり京都~テイスティング編。 »