« Blender's Bar Blog。 | トップページ | いよいよ! »

仕事における幸せの一端を検証してみる。

仕事において幸せな状態とはどんな状態か?
をあらわしたベン図が載ってる記事がありました。
誠 BizID。

●やりたいこと(What we want to do)
●できること(What we do well)
●稼げること(What we can be paid to do)

の3つが重なってくれると一番いいんですよね。

自分のやりたいと思うことをできる能力が備わり、
なおかつ、それを実行することでお金が貰え、
生活ができる…言うことナシ。

わたしの場合、4年前に仕事が大きく変わったのですが、
はじめの4年間は、

●「やりたい」し「稼げそう」だが「うまくできない」

という感じだったかも知れませんね。
正確に言うと、うまくできないというよりは、
確固たる実績を残せないというもどかしさがありました。

やりたいし、求められていることであるが故に
高くハードルを置いていたのかもしれないですけど、
結果としてついてこないと(少なくとも自分ではそう思っている)
思ってしまうのは、それはそれで鬱々とした想いが。

逆に変わってからの4年と数ヶ月(~現在)は、

●「稼げそう」だし「うまくできる」が「やりたくない」

という感じですね。このblogは2004年から書いていますが、
2005年あたりの記事を読み返してみると、
当時相当、絶望感に苛まれていたことを思い出します。

もうダメだこれは、と。この場から逃れたいと。

でも結局、やりたくないなりに、別の角度から見た
モチベーション維持を見つけられたり、
一応、同じビジネスを違う角度から見ていることになるので、
元の位置に戻ったら、アレができるな、コレもしたいな、
という視点・論点が出てきたのも事実。

そして、意外にも認めてもらえる結果につながったりね。
別に認められるために仕事してんじゃないけど、
自分でも確かにこれは、やったなという感覚はあります。

結局のところ、やりたいことをはじめからやっても
うまく行かないのかもな、と思っています。

元の位置に戻るかどうか分かりませんが、
別の角度で学んだことや、そこにいたからこそ
成長できたことを元の位置に戻ったときの強み!
としたいですね。

どうなるか分からないけどさ。

やっぱ、商売である以上、お客さんがみえるところで、
お客さんが何が欲しくて、何を考えているか、
分かりやすい、そして分からなくてはいけない、
そういうポジションで、仕事がしたいもの。

とりあえず、この数年は

|これは致命的な罠。稼ぐためにイヤイヤやっていると、
|自分のやっていることに愛着が持てず、情熱も失われる。

という罠にかからずにやってこれたけど、
この先も延々とこうだと…さすがに折れるかもな。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« Blender's Bar Blog。 | トップページ | いよいよ! »

「ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/45480918

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事における幸せの一端を検証してみる。:

« Blender's Bar Blog。 | トップページ | いよいよ! »