« いよいよ! | トップページ | いきなり京都~Ghost編。 »

いきなり京都~ルーヴル美術館展編。

さて…今日は書くぞーーということで、
先週の土曜日の話です。

ちょこっと書きましたけど、
サントリーさんのブロガーイベントに当選!
ということで、帰阪の用事とセットにして、
みっちり楽しんできましたよっ。

止せばいいのに、高速バスで京都まで移動。
しかも、前日ギリギリまで飲み会(笑)

別に、京都に寄らなくてもバスで向かったときには、
とりあえず京都で降りて、京都タワー浴場で
さっぱりしてから行動開始!というのが多いです。

まず、向かった先は京都市美術館。
上野で行けなかった「ルーヴル美術館展」。

P1050165

阿修羅展に行ったときには、1時間待ち?とかだった記憶があるけど、
まだ京都展は、はじまったばかりからか、
ぜんぜん並ばずにスムーズに入場~やった~!

京都市美術館の正面。典型的な和洋折衷な感じ。
そういや、東京国立美術館もそうだよねぇ。

P1050180

やっぱり、見にきてよかったーって感じ。
同じルーヴル美術館展でも、17世紀ヨーロッパ絵画、
というところが個人的にはすごく魅力的。

例によって、図録とポストカードはゲット。
特に印象に残った絵画をいくつか列挙しておこう。
写真はどうだろ…と思うので挙げないことにします。

●ド・ブロワ嬢と推定される少女の肖像
 (ピエール・ミニャール)

太陽王・ルイ14世の娘の肖像だとか。

幼いのにちょっと気取ったポーズが
マセた感じというか、ナマイキ(失礼)な感じが
逆に小気味いい雰囲気がするなー

●農民の家族(ル・ナン兄弟)

華やかな王宮とは逆に、農民の姿を描いた作品。
光がつくりだす陰影が、シリアスな主題に
重みが加わっているなぁ。

●テーブルを囲む陽気な仲間(17世紀ローマ派)

いいなぁ。こういうのんべーな絵画って好きです(笑)
すごく楽しそう!

●窓辺の酒飲み(アドリアン・ファン・オスターデ)

これも酒ネタ。どことなく「ヒック!」と
酒臭さが漂ってきそう(苦笑)

●果物と野菜のある静物(サミュエル・ホフマン)

これ、さくらんぼの鮮やかさにびっくり!
すごく澄んだ透明感が感じられる絵画でした。

●クリュセイスを父親のもとに返すオデュッセウス
 (クロード・ロラン)

船からわずかに洩れる一筋の光がとても印象的。
光と影を活かした作品が多い中、
光の美しさを前面に感じられる作品もいいなぁ。

●ルネ・デカルトの肖像

有名な哲学者・デカルトの肖像。
じっと見ていると、口元がピクピクッと動いて、
不敵な笑みを浮かべているように見えてきて…

●5つの貝殻(アドリアーン・コールテ)

構図の美しさっていうんでしょうかね。
精緻に描きこまれた細部と相まって、
静物画であるのに、すごく引き込まれる何かがある。

●エスランの聖母(シモン・ヴーエ)

ある意味、布教のために分かりやすく描かれた
宗教画のひとつなんだけど、
このマリアさま、本絵画展イチの美人と思います(笑)

●大工ヨセフ(ジョルジュ・ド・ラ・トゥール)

わたし好みの陰影を活かした作品。
こちらも背景としては宗教画なのだけど、
分かっていないと、仕事する父の姿を
じっと見つめる子の絵、と思えるのだけどね。

暗闇に灯るろうそくの明かりが、
静寂さと緊張した雰囲気を高めているねぇ。

ということで、次まぐぽさんオススメの
ケーキ屋さんへ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

|

« いよいよ! | トップページ | いきなり京都~Ghost編。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/45576723

この記事へのトラックバック一覧です: いきなり京都~ルーヴル美術館展編。:

« いよいよ! | トップページ | いきなり京都~Ghost編。 »