« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

アップルパイ×ISSA カレー。

気のせいか、グルメカテゴリばかり、
記事を書いてる気がするな(苦笑)

で、もう1本。

大阪の両親がアド街ック天国をみて、
神田のアップルパイを買ってきてくれ、とのこと。
あれ、アップルパイなんて好きだっけ?
という感じですが(笑)

近江屋洋菓子店さん。

神田といえば、前の職場でしたが
ちっとも知りませんで…

Webでさくっと注文してもよかったのだが、
一度は行っておこうということで、
昨日、買いに行ってきました。

老舗らしいレトロなフォント。

P1050708

せっかくだから自分でも食べたいということで、
カットされたのを買ってきました。
今日の朝はコレ(笑)

P1050854

てかー、りんごの量が半端じゃない!
デカイハンバーガーを食べるような感覚で、
思いっきりかぶりつきます!

りんごもアップルパイ向きなんでしょうね、
とても絶妙な美味しさでした。

なんか、こうして見るとワニが口をあけて
口の中にりんごが…って見えなくもない(笑)

P1050862

また昨日に戻ってしまいますが、
小腹が空いてきて、せっかく神田まで来たので、
ISSAにも出向いてきました。美味卵屋とともに、
このblogでも、ちょくちょく紹介していますが。

特製まつざわカレーを。松澤さおり監修って、
松澤さおりさんって、どなた?

P1050716

今回は、小腹が空いたということなんで、
これくらいの量でも全然OK。
ただ、基本的に量が少なく通常なら全然足りません。
ドリンクはごまはち(豆乳+黒ごま+はちみつ)をオーダー。

P1050709_2

野菜多めなルーに、ご飯のうえにチーズが乗って、
かけたときにちょうどとろけるって感じ。

P1050712

突飛な感じがなく、辛みよりコクを感じ、
飽きがこなそうな一品でした。美味い。

この日はお客さんが少なめだったので、
店内もひと撮り。神田というより秋葉原に近いけど、
ちょっとこのあたりではなかなかない雰囲気。

P1050715

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (1)

コイツを残して…

話は前後しちゃうが、21日の話。
本当は22日がよかったんだけど、たぶんムリだろうなー
ということで、1977年生まれ・31歳の最後に、
GLENLIVET 1977 31years Oldを頂きに、
芝パークホテルのBar the Fifteen'sへ。

P1050608

今回はしっかりとメモを取りながらテイスティング。
ボトルのイラストのような、実に華やかな香りが続きます。
メープル的な甘さを感じるときもありますが、
甘さはあくまで控えめ。イラストを見ていると、
媚びない自律的な女性を想起しますね。

この酒を後にして、32years Oldになるんだなーっと。
仕事ばかりの中、つかの間の休息です。

今回もリードバーテンダー藤川さんがいらっしゃったので、
前回聞いたのに忘れてしまったことを。

こちらのBarで頂く際のグラス、なかなか特徴的。
これ、グラッパというイタリアの蒸留酒用のグラス、
だったんですね。なんていう酒だったか…と思ってて。

グラッパも香りがよい酒だそうだが、
その香りを楽しむ酒という意味ではウイスキーも同じ。
香りが非常に心地よく感じられるグラス。

さらに、モルト×リキュールのマリアージュ提案も
頂きました。GLENLIVET 1977とは、
薬草を漬けたリキュール・Chartreuseとマリアージュ。

P1050610

これ、フランスのシャルトリューズ修道院に起源があり、
今も、その修道院の修道士3人のみが
その製造法を知るという秘伝の酒。

さらに特に薬効の強いものは、elixir(エリクサー)、
と呼ばれているそうな。そう、あのファイナルファンタジーの
エリクサーのモデル!なわけですね。

ハーブや薬草に起因するのか、すごく植物だったり土、
木の根といった香りを感じますが、味わいは非常に甘い。
なんだか不思議な取り合わせ。

ちょうど、GLENLIVET 1977が甘くはないので、
いい意味で相互補完する感じで、
さらに華やかさと純朴さが合わさって、
親しみやすさが出てきた感じがしますね。
さすが、プロの方にお聞きすると、発見大。

31歳の最後に、いいマリアージュを経験できました。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0)

花火×Highland Park1977。

立川駅でアレ?なぜこんなに人出が…
と思ったら、花火大会だったんだなということで。

なにがいいって、ベランダからぼーっと
しながら花火が見れるという点。

今日空けたのは、HIGHLAND PARK BICENTENARY 1977。
1998年ボトリングの21年モノ。

Highland Park蒸留所は1798年創業で、
1998年に200年記念ボトルとして登場。

P1050717

40%ということで少しパンチに欠けるけど、
蜂蜜香を強く感じる12年と比べ、
軽やかでフローラルな感じがします。

時が経つにつれて、柑橘系だったり、
意外な顔も覗かせるが、一貫してピート由来の力強さで、
いい具合に締められているところが、
HighlandParkですねぇ。

レアボトルなのですが、誕生日(過ぎてるけど)
ということで贅沢に頂きました。

花火をバックに。花火大会の現場に行くと、
どうしてもさわがしい。ゆっくりグラスを傾けて、
モルトを飲めるのは、自宅ならではかな。

P1050760

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

皆既日食?は?なんて言ってる間に。

やっぱり、今週も仕事漬けでした。
全然、そんな希望はないんですがね(苦笑)

このご時勢、そんなに働けるっていいんじゃ?
という見方もないわけではないですが。

世間は日食!とか言っていましたが、
もちろん、そんなの見上げる余裕もないわけです(泣)

てなことを言ってる間に、またレベルが上がっちゃい…
もとい、年齢が上がってしまいました。

弟からのメールで知ったのですが、
薩摩の戦国武将・島津義弘と誕生日が同じらしい(笑)

何度も言ってますが、ルーツが鹿児島に
ある自分としては、なんだかうれしいですね。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あれー、なんやったっけ?

せっかくいい記事の前書きを思いついた(はずな)のに、
風呂に入っている間に
すっかり洗い流してしまいました(笑)

むー、なんだかなー。

●くだらない…けどこゆの好き。
 (GIGAZINE)

波動拳を出したような写真。

夕陽をバックに撮っただけなんですが、
そういう写真を撮ろうしてるところこそ、
逆に撮りたい気がします(笑)

てか、どうせなら吹っ飛んだところ、
波動拳出してるほうが後ろに下がって、
波動拳が飛んでるように見せればいいのに。

●オートチャージ、便利なような怖いような。
 (日経トレンディネット)

Suicaがオートチャージに対応するようです。
これまではビューSuicaのみだったのが、
他のカードにも適用されるとのこと。

結局、ビューカードがなけりゃ、
全然関係ない話なのですが、オートチャージ、
ちょっとなんだか手を出しにくい感じ。

そもそもビューカードにするつもりも
ないんですけどね。

●聞くに堪えない屁理屈。(GIGAZINE)

アメリカの話ですが、携帯電話の着信音を
鳴らすのは著作権侵害とかっていてる人がいるらしい。

どこでも「著作権」を振りかざす輩がいるのは、
変わらないんですね。

ま、そもそも着信音なんて鳴らしませんけど。
いつもマナーモードですから(笑)

●中国でも売れるとは恐れ入ります。
 (サントリー ニュースリリース)

ちょっと、おおっと思ったリリース記事。
サントリーの黒烏龍茶が、中国でも売れているんだって。
もちろん、上海を中心とした大都市圏だけだけど。

中国のひとから見ると、自分たちが本場だという
意識は当然持っているだろうし、その中で、
ある程度、普通と違う効果がある烏龍茶として、
認められているのは、驚き。

とはいえ、そんなに脂肪吸収をおさえなくちゃいけない、
一部の富裕層のためのものかもしれないけどね。

●意識しすぎと誤解されるネーミング。
 (マイコミジャーナル)

見た瞬間に笑ってしまいました。
だって…サントリーのライバルのアサヒが、
黒烏龍茶に対して、白烏龍なんだもん(笑)

黒茶・青茶・赤茶と出しておきながら、
今回なぜに「白烏龍」。
ツボにはまっちゃいました。

●麒麟家×鳥井家の披露宴はいつ?

ちょうど1週間ですね、サントリー×キリンの合併話
企業規模としてはキリンが上なので、
キリン×サントリーって書かれてるけど、
個人的なツナガリとしてはサントリーが上なので(笑)

世界市場を睨むということに加えて、
事業分野として補完関係があるのは理解できるけど、
真っ先に思ったのが、ウイスキーはどうなるのか
ということと、ほんとにできるの?ということ。

こちらにも書いてあるけど、サントリーって、
株式公開してないんだよね。
そうそう創業家の鳥井家・佐治家が株を手放したり、
株式公開に踏み切るのだろうか?と思うのだが、
そうも言ってられないのかな?

もちろん、決まった話じゃないし、
公取委の側も慎重に見極める姿勢だし、
どうなるか、まだまだ分からないねぇ。

ちょっとおもしろいなと思ったのは、
統合後のウイスキーのシェア

これ統合してもしなくても、
結局、8割ってことなんじゃないの?
と思ってしまいました(笑)
# キリンさん、すみません。

あと、誰か知らんが「業界関係者」の談。

|いきなりHD同士の統合は無理でも、
|まずはウイスキー部門を統合するなど、
|部分合併から始める可能性

いや、それで全然OKですよ(笑)
サントリーとキリンのコラボは楽しみ♪

●DQ9、その評価や如何に。

DQ9が発売されましたが、まだまだ
DSに手を出してみようか…という余裕は、
全然ない今日この頃(笑)

評判はどんなものかと見てみると、
酷評がけっこう多いらしいという話。

でも、屈指のビッグネームですかねぇ。
しかも前作から5年(!)も経ってるわけで、
期待だけが盛り上がり、妄想を書きたてた節も。

詳しくは、GIGAZINEさんがまとめてくれています。

一方、ドラクエ休暇なる休みを取って、
やってる人もいるわけで、過剰な期待をせずに
普通に期待すれば、普通におもしろいんじゃ?

ドラクエ休暇を制度として…って書いてあって
こりゃすごいなと思ったら、

|社長1人の会社で、休暇を取ったのも社長1人

ぷぷーっと噴出してしまいましたよ(大笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

blogも熱いうちに打て?

どうもblogというと一度書き出すと、
慣性が働くがごとく、ブックマークしておいた
サイトを見ると、次から次へとことばが
あふれ出てきてしまいます。

ということで、書くときゃ一気に書くのが
いいんですけど、さすがにアップするのをどーっと
やるのはどうかと思ってからは、時間差アップ。

たまにある種のトランス状態が去ってから、
記事を読み返して見たりすると、
誤字脱字が多くて、あちゃーというときも
けっこう多いのですけどね。

ということで、月曜更新の第3弾目。

●あなた、そういって何度も何度も
 実行してこなかったわね?
 (マイコミジャーナル)

って、別に誰かに言われたわけじゃないですが(笑)
ホントね、映画には腰が重いのですよ。

行こうかな、どうかなと思いつつ、
結局、レッドクリフも見てないしね。
(PS3買ったら、Blu-rayで見よう)

しかし、しかし。このタイトルには笑いました。

「築城せよ!」

城好きとしては捨て置けないタイトルです(笑)
いや、三国志好きでもレッドクリフを
見てないくらいだから、説得力ナイですが…

いや、ホントこれは見るぞ!
クチだけの悪いクセをなくすためにも!

●何を以って最良と為すか。(イザ!)

日本人が海外で宿泊客として最良だとか、
世界各国のホテル経営者や、
従業員からの調査で分かったとか。

日本人が評価されている、礼儀正しさや清潔さ、
静かさなんていうのはさもありなん、と思うが。

苦情や不満の少なさって…小心者で言えないだけじゃ?
という気もしないでもないが、どうだろうか?
間違いなく、わたしはこのクチだ(笑)

●声…かけるか…なぁ、どうだろ?
 (japan.internet.com)

大阪から東京に来たときに、東京だったら、
もっとテレビで見るようなひとが
アッチもコッチもうろちょろしてる、
と思ってました。あは。

…そんなわけありませんよね。
有名人の方を偶然見かけるなんて、
そうそうないわけですよ。

で、皆さんどうですかという結果。
意外と30代男が積極的らしい(笑)
へー、そうなの?これは如何に。

ほんじょさんこにたんだったら、
あ…という間に通りすぎてっちゃう感じだろうな。

ほんじょさんは以前、サイン会の際に
少しだけお話しましたが、
なんというかすごく圧倒されましたから。

逆にしばじゅんなら、話しかけちゃうかも。
日記のグダグダ感(ほめことばよ)で
勝手に親近感を高めているから?かもしれないが…
新曲完成、Congratulations★

●え、ホントにする人いるの??
 (Infoseekニュース)

首都圏の駅で、「そのまま自転車持ち込まないで」
というポスターが張り出されるそうだ。
ちぃとも気づかなかったけど。

自転車に乗る人が増えたとはいえ、
自転車を電車に持ち込む人がいるんだな。

まだ問い合わせするくらいなら、
かわいいもんだけど。

しかし、写真とか東京メトロの麹町駅。
階段とか多いだろうし、むしろどうやって持ち込むの?
って気がしないでもないが…

●未来を完璧に言い当てる。(Gizmodo Japan)

「ファミコン」という名前に引きづられてるのは
仕方がないものの、コンセプト的には、
かなり言い当てているところがすごいです。

ネットワーク経由でのゲームダウンロードとか、
まさに今のPSPですもんね。

あと、ファミマガっつーのが懐かしい!
あったな、あったなー。

●なんとも力技だが、なんとも美しい。
 (Gizmodo Japan)

花を直接、フィルムに乗せて8万ボルトの
電圧を掛けてつくりこんだ神秘的な写真。

カメラを使わないって相当、力技と言うか、
強引な手法なんだけど、できた写真はすごい画。

チョット他では撮れない美しい写真。

●二条城の重文損傷。(イザ!)

こらあーと思わず、ディスプレイ越しに
怒鳴ってしまいました。

担当者が誤って…ってそういうレベルじゃないよね。
しかも、床に置いてたって!それもふざけてるな!
ありえないわー

扱いが粗雑過ぎますね。こういう人に、
文化財の取り扱いは任せられません。

●チョコに酢!?(マイコミジャーナル

チョコに醤油というのは、どうかなと思いつつ、
意外とアリだったけど、酢はどうなんだー?

わたし、酸っぱいものってけっこう好きなんですね。
きゅうりの酢和えとか。もずくとか。
あと、餃子も酢7:醤油3くらいで食べるし。

でもね、チョコと酢はむむむ、と唸るな。
先入観かもしれないけど、ちょっと遠慮したい感じ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間の感覚がなくなってる…

今これ書いてる時点で、相当時間が経ってます。
なのに、ほんとに感覚的には
そんなに経ってないんだよなー。不思議です。

まだまだ、記事を書き続けますっ!

●どこかで動画になってる?
 (イザ!)

22日の午前が、皆既日食ですね。
なんかあれやこれやとお祭り騒ぎですが、
たぶんそんな時間にゆっくりと見る、
なんてなことはありません。

絶対どっかで誰かが動画にしていて、
Youtubeとかにアップするんじゃ?
と思ってんですけど、甘いですか(笑)

●情報もまた需要と供給の関係。
 (『ビジネス2.0』の視点)

感覚的な話として、情報の流通量のほうが、
圧倒的に消費量を超えてるだろうな、
ということは感じるのですが、
ことばの定義と数値化をやった上で、
グラフ化されているのには、興味深いです。

情報の流通量が今後も増え続けると、
供給過多がさらに進むわけですが…

財の供給過多は価格が下がることで、
(一応)均衡に向かうように
経済学では言われますが、情報はどうなんでしょうね。

値段がどうこうっちゅー話じゃないし、
ますます、供給過多に拍車が掛かる気がします。
で、ますます情報に埋もれていくんだな…

●ガラスでできた窓。(Gizmodo Japan

こう書くと、至極当たり前のだから何?
というようなものですが、窓をWindowsと
一部だけ英語にするだけで、おもしろいものになります。

おっと!ホントに"Windows"がガラスでできてる♪
確かに単純にある種のデザインとしても、
美しいですね。これ、Windows 7の壁紙にいかが(笑)

●こんな恐ろしいことが…(Infoseekニュース)

会津若松のとある交差点で起こった事故。
当事者がどっちも青だった、と証言したことで、
調べてみると、ホントに両方青になる時間があった、
というミスじゃ済まされない話。

よく今回気づいたな、と。
今までから、何度か事故が起きてたんじゃ?

●より現実的な燃料電池へ。(GIGAZINE)

製造コストが従来の1/20、さらに長寿命という
燃料電池が開発されるようです。

こういうニュースを聞くと、燃料電池が使われる日が
そう遠くはないんだな、とワクワクしますね。

●宮城峡蒸留所・秘話。(NIKKA WHISKY)

今年は、宮城峡蒸留所が創業40周年。
ニッカのページにはいくつかのエピソードが
載せられています。

特に個人的に印象的なのは、ニッカ一番地。
宮城県進出の記念に何かプレゼントを、
という当時の県知事と町長に対し、
番地名にニッカの名をつけてくれ、
といった竹鶴翁の逸話。

日本にはいくつか企業名のついた地名が
あるけれど、くれ!、わかった!という感じで
名前が付いちゃうのもすごいな、と。

●600億よりも。(イザ!)

フジテレビ開局50周年のイベントで、
レオナルド・ダヴィンチの作かも?と言われてる
ラロックの聖母という絵画が展示。

ほんじょさんとロンブーが司会してる
「ザ・ベストハウス123」で話題になったとか。
(最近、テレビ見てないもんで)

お台場と言うガヤガヤしたところで、
絵画というのもアレな気はするが…
気になりはします。

てか、除幕式に3人が登場したそうだが、
元記事タイトル「本上まなみうっとり…」
を見て思わず、600億円の絵画よりも、
ほんじょさんにうっとりだよ…(笑)
思ってしまいました。あは。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0)

記事を書くのに要する時間。

皆さん、どれくらいなんでしょうね。
さらさらーっと書いちゃう方や、
すごい時間を取る方、いろいろでしょうけど。

ま、見ての通りわたしもものすごく時間を
とるタイプですね。

ネタ記事ってどうしても貯めちゃうから、
一気に書くと、5,6時間くらい。

イベントレポートの場合だと、写真整理で丸1日、
記事を書くのに、丸1日という感じ。

でも、書いてるときはすごく充実した時間だったり。
書く習慣がないと、なんで?と
訝しく見られますがね。そゆもんです。

さて、続き。ちょいとデジネタが続きます。

●ノートPCのACアダプタは不要に?
 (GIGAZINE)

すごいですね、新しく開発されたトランジスタで
ノートPC用のACアダプタが1/10以下に
小型化できるとのこと。

てことは、電源内蔵のノートPCも可能に?
というなんとも期待を持たせる話。

ま、わたしもモバイラーの端くれなので、
PCを持ち歩くときゃ、ACも必須なわけですよ。

小型とはいえ、200gくらいでも
けっこう気になる重さだったりします。

電源内蔵でどれだけPC本体が重くなるか、
にもよりますが、期待できる話ではあります。

●充電不要!(GIGAZINE)

またもや、電源ネタですが。

ぬわんと、テレビやラジオの電波を使って
充電できるケータイをNOKIAが試作!

まずは、充電なしで常時待ち受け状態に
できるのが目標とのこと。
それでもけっこうな進歩かな?

電波の飛び交っていない空間って、
都心じゃありえないだろうから、
持ってるだけで充電、ってことになるね。

逆に都心でみんなが電波で充電できる
ケータイを持って電波を吸収しちゃうと、
あたりでテレビが映らない!とか、
苦情がきたりしないかな…

●HP Mini 5101。(engadget japanese)

いつも、個人的に好みなデザインのHP。
かっくかくなのもいいですね。

次書く理由から、サブのPCがあったほうがいいかな
と思い始めてることもあり、Netbookも
自分のこととして、気になりつつあります。

●メインPCを持ってくと危険?
 (ライフハッカー)

昨年は台湾に行きましたが、あまり海外旅行には
縁がないわたしです。
が、いつ何時いくか分かりません。

ということで、気になったコレ。
パソコンを連れて海外旅行に行く際の注意点、
データのバックアップ、税関の通過、
電源の確保、だそうですね。

日本語OS、日本語キーボードなら、
税関でとやかく言われることはないのかなと思うけど、
データのバックアップもそうなのかーと。

電源は台湾に行ったときも、上海に行ったときも、
すごく調べて行ったので、OKでしたが。

こういうのを見ると、サブとして、
安いNetbookとかあったほうがいいのか、
と思ったりするのです。

●花柄=女性層というのはどうなの?
 (日経トレンディネット)

どうもこういう書き方をしてると
ステレオタイプなんじゃ?って思っちゃうんだよね。

でも、Vivian Tamのモデルの購入者のうち、
56%が女性…とか書いてると、
やっぱりそうなのかなーとも思ったり。

いや、むしろ逆に44%が男性なのか?
という疑問も。あのモデルを使いこなしてる
オトコをみてみたいもんだぜ。

●Appleが10月にネットブックを正式発表?
 (GIGAZINE)

ついにAppleもですかー。

やんねーやんねーといってましたが、
ある程度の市場規模になってくると、
ユーザーは求めていないとシラを切る訳には
行かなくなってきたのでしょうかね。

NetbookでMacデビューというのも
おもしろいかも?

●ピンポイントを使うまでもナイ。
 (GIGAZINE)

まだまだエリアが狭いWiMAXですが、
エリアに飛び地があったりして、
どこで使えるか使えないか、イマイチ分かりにくい!
ということからか、ピンポイントエリア判定、
というサービスが出てきましたよ。

えーっと。ピンポイント以前にぜんぜんエリア外
なわたしにはしばらく使い道がなさそうですね(泣)

●USB端末がどうしても萎える。
 (日経トレンディネット)

うーん、すごく本質を外してるのは
わかるんですけどね。

やっぱ、USB端末なのかぁ、というのが
何気に残念な感じ。

USBって汎用的なのは分かるんだけど、
装着時にみょーんって出っ張って、
カッコ悪いったら、ありゃしない。

最近は、G9×Bluetooth接続で
使っていることもあって、なおさら。
速度的には、個人的にはアレで全然OK。

速くて比較的エリアが広くても、
あのみょーんには萎えちゃうのですよね。
個人的な好みでしかないのですが。

●ついに32GBがここまで…
 (GIGAZINE)

規格上、SDHCカードは32GBが上限なんだけど、
ついにその32GBのSDHCカードが、
6,000円台になっちゃったようですね。

ウチのLOOX PはSSD 64GBなので、
SDHCカードというよりは、ストレージスペースの
拡張という感じでほしいですねぇ。

32GBの安さももちろん驚きですが、
16GBがめっちゃくちゃ安いのも気になります。

単純に半額弱ということですが、
いやそれにしても…ねぇ。

デジカメ用に16GBのclass6を使ってますが、
使い切ったことないですからね…

まだ続きますが、一旦ブレイク。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっかり過ぎちゃってました。

今、1,988記事ですーとネタを振っておきながら、
書いてる当の本人がすっかりスルー…
ということで、累計2,000記事を突破!

だいたい、初めて5年半というところなので、
ちょうど1日1記事ペースってのは、キープしてる感じ。
実際はすっごい波がありますが。

ということで、これからもガシガシ書いていきます。
気の向くままに。さて、気になるニュースへGo!

●質問力。
 (『ビジネス2.0』の視点 ビジネスマンの不死身力)

以前、購買エージェントの話を書いたけど、
わたしのヤル気のツボのひとつが、話を聞いて分析し、
それをどう実現させるか?ということなようで。

でも、いわゆるコンサルティングというのは、
顧客に提案することばかりに目が行く気がしてて。
や、あくまでイメージだけですけどね。

でも、まずやるべき最初のことを
「カウンセリング」表現されていたのには、
あぁ、なるほどとストンと腑に落ちる感覚。

これ、単純なマーケット・インの発想が
陥りやすいと思っているのですが、
顧客にあなたのほしいモノは何ですか、
と聞けばいい、ってもんじゃないんですよね。

顧客が何をしたいのか、整理できてなくて当然。
また、どのような解決法があるのか、
専門家じゃあるまいし、知ってもいない。

だからこそ、何に困ってるかをまず聞くこと。
そして、自分の知ってる知識を使って、
どのような解決ができるかを考えること。

顧客ということばをさまざまなことばに
置き換えてみれば、いろんな場面で
応用が利く気がするんだよな。

そんなことを考えてるときに、
イベントでのブロガーさんの質問力の高さに感心、
とかっていう話を読んだりすると、
blogを書く中で、質問力を鍛えられたりする?
と思ってみたりする。

鋭い質問には、必ず問題意識があるはず。
それって、人の話を傾聴し、読み解くチカラだったり、
普段のアンテナの高さに左右されるわけで。

内容としてはぜんぜん関係ないと思うけど、
こうして書いてることが、ちょっとは仕事に
活きてたりするんじゃないかと。

●脳波で動く車イス。(イザ!)

以前、脳波でPCを動かせるという話が出てたけど、
今度は車椅子を動かしちゃおうという話。

搭載したパソコンが信号化、と書いてるので、
まぁ、できるんだろうなという感じはする。

しかるべき応用編というところか。

●満102歳のブロガー。(Gyaoトレンド)

すごいですね、102歳。
年を重ねても元気な方々は体力もさることながら、
知的好奇心も旺盛だと思いますが、
まさにblogを書くなんていうのは、
うってつけなのかもしれませんね、うん。

|今後の目標と生き甲斐を尋ねると
|「人を驚かせる事」と即答

ははは、さすがですね(笑)
こう言い続けられる年の重ね方をしたいものです。

●頼み上手は右耳に囁く。
 (ライフハッカー)

だそうですよ。めんどくさいお願いを
同僚に頼むときは、右側から声を
掛けるようにしましょう(笑)

具体的で科学的な説明はされていないのですけどね。
あくまで仮説ですが、話のネタとしては
おもしろそうです。

●睡眠時間を効率化。(ライフハッカー)

昼に15分ほどの睡眠をとるだけで
随分とすっきりして、午後から仕事できますね。

本当に忙しいときは、昼20分・夕方20分と
仮眠をとることがありますが、
これもある意味、理にかなっている?

基本的に休み時間に眠るので、
時間もある程度規則正しく仮眠できますしね。

●iPodしか知らない世代が見るウォークマン。
 (engadget japanese)

これ、おもしろいですね。
リアルに体験してない世代だからこそ、の反応。

ちょっと残念な(そんな時間が経った?)感じもするが
過去の遺産を見て驚く反応を見て、
また、得るものがあるかもしれませんね。

同じように、この世代に初代ファミコンとか、
やらせるとどうなんだろうな。
意外とウケたりしないかな。

Wiiって、そういやファミコンのエミュレータ
付いてたよねぇ。人気はどうなんだろ。

●ウワサのカーネルサンダースお披露目。
 (産経ニュース)

道頓堀に沈んでいたカーネルサンダースが
引き上げられて、ようやくお披露目されたらしいが。

泥や塗装のはがれはそのままとしても、
取れた手首とかは痛々しいな…

なんだか、こないだの阿修羅展でみた
仏像のようだよ。

●かくいうわたしもそうですが。
 (コネタマBETA)

ヒゲをどう思うかって、けっこう意見分かれますよね。
ダメな人は徹底的にダメですし。

以前の事務所では(全員ではないにしろ)、
かなりダメな人が多かったです。

ということで事務所を変わってしばらくしてから、
イメチェンのつもり(?)で伸ばし始めたのですが、
意外と悪い意見はなく(聞こえてないだけかも。笑。)、
ここ数年、こんな感じですけどね。

わたしの場合、頭もそうなのですが、
ヒゲも伸びると、くしゃくしゃに縮むので、
短めに刈るのがポイント。

●これ、覚えていて損はない!
 (IDEA * IDEA)

Youtubeの動画をリピート可能にするテク。
すごくシンプルですが、使えますね。

メモメモ。

さてさて、1本で終わる…はずがありません(笑)
まだまだ続きます。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そそっかしいからこそ気づけた。

わたしですね、病気もあまりしないのですが
怪我もあまりしないんですよね。
なので、絆創膏なんかも備えがなかったりします。

が!ぼっーとしてたら、ヒゲソリ時に左親指を
さくっといっちゃいました。
おっとっと、止まりませんよーーー!

ということであわてて買いに走ったところ、
絆創膏=バンドエイドというくらいの絆創膏界の
代名詞、バンドエイドを購入。

それがですね、知らない間にすっげー進化!
なんでも、貼るだけで自然治癒力を高めるのですよ!

P1050591

なんか絆創膏らしくない白い半透明テープ。
パッドがかさぶたの代わりとなり、体液を吸収、
傷口に水分を保って、皮膚再生を早めるとのこと。

P1050592

そりゃ、どの業界にもあるだろうけど、
ちょっとこれにはびっくりしました。すげぃ!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

急に激務…で癒しのひとつ。

今週は激務でした。で、来週も激務決定。
その次も、次も…ということで、
最近までぬけぬけ、まったりと仕事してたので、
からだも頭もついていってません…

土曜日は夕方までホント、寝る、以上って感じだし。
あと何やったか記憶にございません(苦笑)

で、夕方頃に目覚めて「はっ」と、
Blender's Bar Blogの記事を思い出し、
1987ノンチルを飲みに行かなきゃと
思い立って、すぐに出かけたのでした。

てかねー、17日までの1986飲みたかったのになー…
これから飲む機会があるんだろうか??

向かった先では、アレ?Kaoriさんに遭遇。
これはこれは…

来るんじゃないかと思ってました、って
行動がお見通しだったようです(笑)

夏のこの時期はハイボールですね、ということで
最初の一杯は、ハイニッカのハイボール

で、余市1987ノンチルへ。
なんか思ったようにボケてませんねぇ…

P1050569

どうも飲み物・食べ物を撮るときは、
飲み気食い気に負けてしまって、納得行くのを撮る!
という気合がしぼんでいる気がします(笑)

ま、それはさておき、テイスティング。
自前のはなかなか勿体無くて開けられませんが、
そんなことは気にせず、頂けるのは幸せ。

ウイスキーって、すごく変化する酒というのを
改めて感じた一杯でしたね。

トップノートは、1988は甘く濃い蜜なのに対して、
ビターチョコのような甘さ。不思議と潮の香りは控えめで、
1987ノンチルのイメージを覆す感じ。

華やかさのある上品な甘い香りと
アーモンドやヘーゼルナッツの芳ばしさが
交互に押し寄せてくる感じでした。

大げさかもしれないけど、ホント熟成年数の
高いウイスキーは変化に満ちているよ。

自分のそのときの感覚やつまみなどによって、
同じ銘柄のウイスキーでも香りや味わい、余韻が
すごく変わってきて、ある種「一期一会」。

たとえがいいかどうかはあるけど、
戦国武将の戦場での姿だけではなく、茶の湯や文芸に
勤しむときのような、上品さを感じた次第です。

気のせいかもしれないけど、こういった空間で
頂いたほうが感覚が研ぎ澄まされる気がしますね。
# 研ぎ澄ますほどの感覚あるの、ってつっこむなー(笑)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武田信玄からの手紙。

こちらのblogで気になっていた冊子、
「武田信玄からの手紙」。

P1050556

山梨県立博物館監修の64ページの小冊子。
戦場、ライバル、家族、家臣の4つの側面から、
信玄自身が筆を執った書状を紹介。

「戦場」では彼の情報戦の巧妙さを感じ取れる。
自分の行動と逆の情報を流して油断させ、
その虚を突いて、一気に城を落としている。

一方で、神社に願文を捧げ、その戦況の吉凶を
占わせたといい、古くからの慣習も重んじていた、
と書いてあるんだけど、そうかな?と思った。

というのも、信玄自身がかなり信心深いこともあるけど、
その当時では、神託があれば末端の兵士まで、
神のご加護があると思って士気が上がっただろうし、
そういった活用法を見越して、
占いをしていたんじゃないかという気がするね。

「ライバル」では、徳川家康に対する書状。
信玄の外交力の強さというか、駆け引きが上手いのが
わかる格好の資料。

「家族」では、けっこう有名な資料だけど、
北条氏政室となった娘・黄梅院の安産を祈願する願文。

解説文によれば、後年八王子に居した松姫
病気回復を祈願した願文もあるそうだ。

他に次男・龍宝が疱瘡(天然痘)に罹った際、
両目とも見えなくなったら、自分の右目を以って、
龍宝の右目と交換してほしい、と訴えている。

結果的に片目で失うに留まり、僧籍に入ったわけだが、
陣中から手紙を出し、甲府を空けている間、
さぞかし不自由なことだろうと気にかけている。

後に、武田家が滅亡した後も、龍宝は生き残り、
現代に信玄の血脈を伝えている。

信玄というと、父・信虎の追放や、
長男・義信との対立から家族に対する
冷たいイメージがあるかもしれないけど。

しかし、家族とはいえ、武田軍団の構成員であり、
政治的に処断するときは、冷酷に実行している。
泣いて馬謖を斬るようなものだろう。

しかし、そういういざこざがあったからこそ
かもしれないが、人一倍家族に対する情愛は深いもの
だったのだろうな、と思わせられる。

最後に「家臣」。

現代語訳の雰囲気によるのかもしれないけど、
すごく部下への心配りが細やか。

この時代の上下関係は、下剋上の世であって、
今の上司部下などとは程遠い厳しいもの。

つらいことはよくよく承知しているが、
辛いのはお前だけじゃないのも分かってくれ、などと
家臣の気持ちを汲もうとしているところに、
信玄の信玄たる真髄を見たような気がする。

短い内容だったけど、すごく良かった。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天地人展。

実は、最近ちょっと見るのを溜め込んでしまっているのですが、
サントリー美術館の「天地人展」は見てきました。
やはり、この時代の本物を見るのは楽しいですね。

P1050530

特に印象深いのは…

●輝虎から喜平次へ宛てた手紙。

まだ元服前の景勝(=喜平次)に当時、
出家前の謙信(=輝虎)が陣中からしたためた手紙。

字が上手になったと喜び、もっと上手になるよう
手本を贈ろうとわが子のように可愛がる
謙信が微笑ましい。

このときに贈ったとされる字の手本も
今に伝わるそうな。

●刀剣マニア・景勝。

景勝は刀剣を集めるのが好きだったようで、
これは一番のコレクションだ、と記した
上杉景勝自筆腰物目録は、国宝。

特に刀身の長い刀を好んだといい、
展示されていた鶴姫一文字、高瀬長光も
刀身が長く、優美なつくりの刀だ。

口数が少ない景勝、さらに収集グセもあるとは、
かなり内向的な性格だったんだな(苦笑)

●直江状。

直江兼続が有名なのは、たぶんコレ。
天下をもうすぐ手に入れんばかりの家康に対し、
辛辣なことばが並んでいて、痛快ですらある。

その場でカッと怒らず、このようにつらつらと
書き立てるのはわたしの好みでもあり、
クレームを入れるときとか、わたしも直江状的な
メールを書くことがあります(笑)

●上杉本・洛中洛外図屏風。

かなりに人気で、なかなか前に進みませんでした。
かなり大きな屏風なのに、内容が実に精緻。

上杉謙信では?といわれる部分だけじゃなく、
子供たちが綱引きして遊んでるところとか、
コレ金閣だーと今でもある建物に見入ったり、
実に見ごたえのある屏風。

ちなみに国宝。

●宋版史記・漢書・後漢書。

こちらも国宝。藩主景勝が刀剣マニアなら、
腹心の兼続は書籍マニア。
主従揃って収集癖があるようです(笑)

その中の特に貴重なのが、中国にすら
現存していないという、世界的にも貴重な
宋時代の史記・漢書・後漢書。
すごいですね。

●利休好みは、兼続好み。

茶道もよくしたという兼続。
彼が使っていたという茶道具は極めて質素。

当時の派手な風潮とは一線を画して、
千利休にも通じる好みといえる。

ちなみに、景勝は茶の湯には興味なかったらしい。
社交的でない景勝らしい(笑)

ということで、やっぱりここでも図録はゲット。
図録が最近いっぱいになってきましたよ。

さて、この後はお隣のshop × cafeで一服。

期間限定の「アイスふやき最中」。
豆乳アイスと餡子を挟んで、最中にして頂きます。

P1050535

こんな感じで詰めていきます。

P1050538

しっかりした「熟甘」スイーツには、
山崎でしょう!さすが「サントリー」美術館だけあるよね。

P1050540

ということで、またもやサントリーさんな1日でした。

★おまけ★

Suicaが使える自販機。ひょっとしたら、今後は
Edyとか複数のサービスが使えるようになるのかな?

P1050474

そういや、土曜日はドラクエ9の発売日。
スライムが渋谷駅をジャックしてました!

P1050544

でも、近所のコンビニにはまだあったし…
今回は大量に用意してあるみたい。
今忙しいけど、ちょっと一段落したら、
DSと一緒に買おう(てか、DS持ってないのって言われそう)

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (2) | トラックバック (0)

京都タワー。

おまけ。

実は、帰ってくるのにもバス使いました。
往復で10,000円。

もう、ケチる年代じゃないでしょう!
とよく言われるのですがね…まだまだ若いつもりなんで(笑)

京都駅から乗ったのですが、見上げると
京都タワーがキレイでした。

P1050453

駅ビルにも反射して写りこんでいるのも、
なかなかいい感じでしたよ。

P1050458

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

いきなり京都~懇親会編。

さて、そろそろ日も暮れようとしています。
山崎駅前のヒロさんに、場所を移して懇親会っ!

P1050388

JR山崎駅からまっすぐ行って、徒歩30秒くらい?
普段から山崎蒸留所にお勤めの方々の憩いの場になってるそうで。

P1050390

乾杯は山崎12年のハイボール!
乾杯の掛け声も「ハイボール!」

P1050397

庶民的で美味しいものが並びます。

P1050404

とりあえず、食べる前に撮る!というのが
共有されているのがブロガーイベントのいいところ。

P1050402

宮本工場長オススメのカツサンド。
これもうまいぞー♪

P1050407

ここで、山崎18年登場!うそ!
会費2,000円ですよ?

P1050411

なかなか18年って飲めないんですけど、
実はこの後、18年ばっか頂いてました…何杯飲んだだろう?
てか、繰り返しますが、山崎18年飲み放題(?)で、
会費2,000円ですよ、あーりーえーなーいー!

P1050433

こちらがお店の方。もう山崎と長い間、
ともに歩んでこられたんでしょうね。
さりげなく、背後に響12年があるんですけど!

P1050437

オーナーズカスクも揃ってます!

P1050431

懇親会では、宮本工場長、グレイスさん、メグさんはじめ、
広報部の工場広報担当者の方々にも、大変お世話になりました。

毎度(と言っても2回目ですが)太っ腹な企画、
ありがとうございます。

グレイスさん、メグさん、またお会いできる機会が
ありましたら、よろしくお願いします。

最後、ブロガーイベントと一般イベントとの違い、です。
ココに注意しましょー。

・イベント会費無料
 ⇔ 通常は1,000円
・山崎蒸溜所工場長の参加
 ⇔ 通常はナシ
・ハイボール用の「山崎&白州」は、ミニチュアボトル。
 ⇔通常はグラスに入れられ、ミニチュアボトル持ち帰りナシ
・山崎ロゴ付きグラス付き
 ⇔ 通常はWeb優待券を持参でプレゼント
・ウイスキー館の営業時間延長
 ⇔ 通常は16時45分まで
・懇親会を実施
 ⇔ 通常はナシ

山崎ロゴ入りグラスはこちら。

P1050460

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (9) | トラックバック (1)

いきなり京都~テイスティング編。

いよいよ、テイスティング…のまえに、
宮本工場長のお話。

P1050371

今回のメインは、やはりハイボール。
これまでにすごいハイボールのイベントで、
2,000人以上が体験したそうで、
さらに100回以上も予定されていて、
4,000人以上の方々に体験していただくとのこと。

かなりハイボールに力を入れてきた
サントリーだけど、今年は更なる躍進に手ごたえがある様子。

やはり、食中酒として飲まれ始めている、
というのがポイントなんだろうね。

ウイスキーって、伝統的な飲み方としては食後酒。
「あるべき姿」では食べるときには
飲まないという頑ななところがあるけど…
やはり、食べながら飲むというのが一般的なわけで。

さて、ブラインドテイスティングということで、
Whisky A、Whisky B、Whisky C、Whisky D、
ということで、伏せられてますが。

P1050360

でも…でも…ぜんぜん迷いなく当てられました。
簡単すぎる…けど、マニア向けにしちゃうと、
それはそれで難しすぎるかなー(笑)

つづいて、「すごい」ハイボール。
ハイボールってねぇ、言われたとおりにつくれば、
美味しいんですけどね、ズボラしちゃうと、
ダメなんですよねぇ。

ウイスキーを入れて、氷を入れて、
かき混ぜること13回半。しっかり冷やすことが重要。

P1050375

そこで氷を足して、ゆっくりソーダを注ぐと…
「すごい」ハイボールの出来上がり!

P1050378

山崎・白州でつくりわけ。夏の暑い頃には、
さわやかな白州がいいかなー<山崎に来て言うな(笑)

P1050380

ハイボールって、炭酸に香味が溶けて、
それぞれのブランドが持つ特徴が際立つそうですよ♪

最後、宮本工場長に質問タイム!

わたしは、以前もとこさんのコメントで、
なんでやろーと思っていた質問をぶつけてみました。

|でも11年とか13年でなくなぜ12年‥

やっぱり、できることなら8年、9年、10年、
11年、12年、13年…とやったらいいんだけど、
ビジネス的な観点からはムリなので、
経験値的にココだっという年数なんですってね。

あと、数字のイメージを大事にしてる、
というのは意外な観点でした。
山崎11年より、山崎12年のほうがいいでしょーっと。
ふむふむ、すっげー感覚論だけどそんな気はするなー。

あと、どなたかが質問していた、
宮本工場長がいままででうれしかったこと。

1984年からウイスキーの需要が下がり始め、
87年、88年と山崎の稼動をとめたことがあったそう。

下がり続ける需要にこのままじゃダメだ、と
危機感が募り、技術の粋を結集して、
工場の改革に取り組み、89年に再稼動したそう。

時は経ち、宮本工場長がボウモア社に
駐在されていたときのこと。

スコットランドでも、いつもBarで山崎の香りを
確かめていたそうですが、2002年のあるとき、
これが山崎?とすごく変化を感じたとか。

そう、工場改革をしたあとの89年蒸留の
山崎だったんですね。

そして翌年、ISCという賞をいただいた時、
着実に進めたことが実を結んだことが、
うれしかった、とおっしゃっていました。

うーん、いい話ですね。
ものづくりに携わる人間として、
冥利に尽きると思いますね…それは幸せだな…

ということで、ここで第1部終了。
このあと、山崎駅前のお店で第2部懇親会へGo!

おっとっとお向かいに座らせていただいた
にこる☆さんと、
サントリートピックスさんにとらっくばっくー!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (1)

いきなり京都~ブロガーイベント真っ只中編。

で、イベントなのですが、有料試飲はナシ。
あとでしっかり飲めるので、ここはガマン(笑)
まずは工場見学に向かいますよー。

基本的に山崎蒸留所でやっているハイボール講座に
準じた内容なのだが、宮本工場長が参加されたりなど、
スペシャルな内容なのです!
(ちがうとこは、最後にまとめます)


P1050258

創業時のポットスチルを前にして、スタート!

P1050259

施設に入る前には手の消毒。

P1050263

例の新型インフルエンザが出てから、
関西に帰ってなかったので、
今、関西にいるんだということを
こういうところで感じたり。

最初は、仕込槽。

P1050270

発酵槽。

P1050272

もう山崎だけではなく、白州ほか蒸留所には
何度となく訪れているので、もう何度目?
という感じですが、わくわくする感じは変わらないですね。

いつもと大きく違うのが、ポットスチルの見学。
ガラス越しの見学が普通と思うのですが、
特別に蒸し暑い中に入って、見学できるのですー!

P1050275

当然、蒸留しているわけで、直火蒸留の釜だと、
1,200℃にも達するそうで、暑いこと暑いこと…

ですが、そこはブロガー。そんなのはお構いなしで
バシバシ撮っていきます(笑)

ポットスチルは入口から向かって左が初溜釜、
右が再溜釜で、向かい合った釜がセット。
それぞれのセットの釜は違っていて、
こうした「つくりわけ」は日本の蒸留所の特徴。

真ん中にふくらみのあるタイプはすっきり、
すっとシャープなカタチは力強い香味、
と特徴が分かれるのだけど、基本は同じタイプで、
初溜・再溜をするのがいいみたい。

でき立てのニューポットがどばどば出てます!

P1050285

そのニューポット。やはり、香味は深いですが、
荒削りな印象ですね。

P1050295

続いて、貯蔵庫。蒸留所でここの香りが
一番いいですよね。

P1050302

天使の分け前、Angel's shareの例。
5年と12年だったかな?
こうしてみると、天使は随分と酒飲みなのがわかるね(笑)

P1050308

チャーした樽の中。白州ではリチャー後の香りに
気をとられて中がどうなってるのかに
気が回らなかったけど。

P1050310

創業時に樽詰めされた第1号樽。当時のウイスキーは
放っておくと、酒飲み天使がカラにしちゃうので、
瓶で密封して保存しているそうな。

P1050314

むしろ、樽を壊さないために別のウイスキーをつめて、
樽を保存しているのだそうですよ。

これ、言ってもらわないと分からないメモ。
樽の種別と樽詰回数を示してるらしい。
「和」=ミズナラ、正の字で3回目の樽詰めの意。

P1050322

おっ!と思ったのがグレーンウイスキーの貯蔵。
知多蒸留所のものを山崎でも熟成させてるんですねー。

P1050328

貯蔵庫を出ると、山崎の仕込水。
千利休が茶室・待庵を構えた名水の地だけに、
水の美しさは格別。

P1050351

これ、紅葉の頃だと格別なんでしょうねぇ。
京都市内ばっかり行かず、山崎というのもいいかな?

P1050345

椎尾神社。ここの鳥居がローヤルのボトルの
元になってるんでしたよね。

P1050353

こういういかにも工場!という施設も
なかなか好きなんですが、宮本工場長になぜそんなのを
撮ってるんですか?と不思議がられ。

P1050356

食品工場なので、やっぱりキレイにしておきたい!
というのが宮本工場長の想いだそうですがね。

そのツナガリ?で、ファクトリーショップのIN THE BARREL。
1926年ごろの年代モノの建物と教えていただき。

P1050358

近代化産業遺産群にも登録されているのですねー。
元は瓶詰め工場だったとか。

さて、ここからはすごいハイボールづくりに、
ブラインドティスティング、と続きます。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いきなり京都~ブロガーイベント前段編。

さて、いよいよメインイベント。
山崎蒸留所ブロガーイベントです。

JR山崎駅で集合し、サントリートピックスの
グレイスさん、メグさんに引率されて、
山崎蒸留所を目指します。

途中、少しメグさんとお話しながら、
蒸留所に向かったのですが、
サントリーさんが主催するブロガーイベントは、
関西では初めてなんだそうですね。

皆さん、応募していただけるかどうか…なんて話も。
もぅ、謙遜しすぎだからっ★

参加者の皆さんのほうが3回目!とか5回目!とか
山崎に来ている回数が多いのには、クスッとしてしまった(笑)

山崎蒸留所に到着しましたよー

P1050223

まずは、山崎ウイスキー館で少し待ち時間。
入り口前にはパッションフルーツが植わっていました。

P1050229

実は、この十数分の待ち時間がけっこうよかったんですね。
普段山崎蒸留所に来て、写真は撮りますけど、
ブロガーイベントでしょ、なんか撮らなきゃ!
と写真撮りまくりで、そういや撮ってなかったなーという
ところも多かったんですよねぇ。

山崎ウイスキー館には、さまざまなタイプの
ウイスキーが並んでいるウイスキーライブラリーがあり、
照明の妙もあって、すごくキレイなのですよー。

P1050232

ウイスキー好きには、テンションが上がる空間ですよね。
眺めて美しい酒、ならではかなーとも思います。

P1050236

展示の中には、ウイスキーの製造工程に
ちなんだカタチのものも。ポットスチル(蒸留釜)。

P1050244

木桶発酵槽。中には歴代サントリーウイスキーの
貴重なボトルが。東京藝術大学で見たあのボトルも!

P1050256

そういや、七夕が近かったんだよなー…
ということで笹の葉に願いを託した短冊が飾られてて。

P1050249

こうしてきちんと七夕にお願い事をしたのは、
いつ振りのことでしょうか?

ウイスキーのブロガーイベントならではの
お願い事をしておきました♪

P1050254

さて、そろそろ始まる時間。
ということで、イベント真っ最中編へ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いきなり京都~Ghost編。

この後は、地下鉄で京都市役所前で降りて、
まぐぽさんから教えてもらったケーキ屋さん、
Ghostさんに向かいます。

ぼーっとしてると見過ごしそうな感じ(笑)

P1050192

あれー?どこー?というひとは、
行願寺を目標に行くといいと思います。
くるりと振り返った先に見えますよ。

P1050196

すっかり店内を撮るのを忘れていましたが、
あれ?Bar?って感じなくらい、
ボトルがアレコレ並んでいましたねぇ。

で、今回のお買い上げはアマレットとマッカラン12年。
アマレット。

P1050214

マッカラン12年。
P1050213

今回は、ウイスキー系は少なかったんだよねぇ。
ま、仕方ないよねぇ。

アマレットはホント、ほんのりーという感じ、
マッカランは少し感じるかなーというくらいで、
アルコールのほうはマイルドな感じ。

でも、ほんとに強いのだったら、
お酒に弱い人だったら、酔っちゃうのも
あるらしい!?

P1050206

どっちもチョコレートが濃厚だったけど、
マッカラン12年の、黒砂糖×マッカランのクリームと
チョコレートムースの組み合わせがよかったなー。

さて、そろそろ時間ですね。
山崎駅でブロガーイベントですよー!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いきなり京都~ルーヴル美術館展編。

さて…今日は書くぞーーということで、
先週の土曜日の話です。

ちょこっと書きましたけど、
サントリーさんのブロガーイベントに当選!
ということで、帰阪の用事とセットにして、
みっちり楽しんできましたよっ。

止せばいいのに、高速バスで京都まで移動。
しかも、前日ギリギリまで飲み会(笑)

別に、京都に寄らなくてもバスで向かったときには、
とりあえず京都で降りて、京都タワー浴場で
さっぱりしてから行動開始!というのが多いです。

まず、向かった先は京都市美術館。
上野で行けなかった「ルーヴル美術館展」。

P1050165

阿修羅展に行ったときには、1時間待ち?とかだった記憶があるけど、
まだ京都展は、はじまったばかりからか、
ぜんぜん並ばずにスムーズに入場~やった~!

京都市美術館の正面。典型的な和洋折衷な感じ。
そういや、東京国立美術館もそうだよねぇ。

P1050180

やっぱり、見にきてよかったーって感じ。
同じルーヴル美術館展でも、17世紀ヨーロッパ絵画、
というところが個人的にはすごく魅力的。

例によって、図録とポストカードはゲット。
特に印象に残った絵画をいくつか列挙しておこう。
写真はどうだろ…と思うので挙げないことにします。

●ド・ブロワ嬢と推定される少女の肖像
 (ピエール・ミニャール)

太陽王・ルイ14世の娘の肖像だとか。

幼いのにちょっと気取ったポーズが
マセた感じというか、ナマイキ(失礼)な感じが
逆に小気味いい雰囲気がするなー

●農民の家族(ル・ナン兄弟)

華やかな王宮とは逆に、農民の姿を描いた作品。
光がつくりだす陰影が、シリアスな主題に
重みが加わっているなぁ。

●テーブルを囲む陽気な仲間(17世紀ローマ派)

いいなぁ。こういうのんべーな絵画って好きです(笑)
すごく楽しそう!

●窓辺の酒飲み(アドリアン・ファン・オスターデ)

これも酒ネタ。どことなく「ヒック!」と
酒臭さが漂ってきそう(苦笑)

●果物と野菜のある静物(サミュエル・ホフマン)

これ、さくらんぼの鮮やかさにびっくり!
すごく澄んだ透明感が感じられる絵画でした。

●クリュセイスを父親のもとに返すオデュッセウス
 (クロード・ロラン)

船からわずかに洩れる一筋の光がとても印象的。
光と影を活かした作品が多い中、
光の美しさを前面に感じられる作品もいいなぁ。

●ルネ・デカルトの肖像

有名な哲学者・デカルトの肖像。
じっと見ていると、口元がピクピクッと動いて、
不敵な笑みを浮かべているように見えてきて…

●5つの貝殻(アドリアーン・コールテ)

構図の美しさっていうんでしょうかね。
精緻に描きこまれた細部と相まって、
静物画であるのに、すごく引き込まれる何かがある。

●エスランの聖母(シモン・ヴーエ)

ある意味、布教のために分かりやすく描かれた
宗教画のひとつなんだけど、
このマリアさま、本絵画展イチの美人と思います(笑)

●大工ヨセフ(ジョルジュ・ド・ラ・トゥール)

わたし好みの陰影を活かした作品。
こちらも背景としては宗教画なのだけど、
分かっていないと、仕事する父の姿を
じっと見つめる子の絵、と思えるのだけどね。

暗闇に灯るろうそくの明かりが、
静寂さと緊張した雰囲気を高めているねぇ。

ということで、次まぐぽさんオススメの
ケーキ屋さんへ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ!

いよいよ!
行ってきまーす!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仕事における幸せの一端を検証してみる。

仕事において幸せな状態とはどんな状態か?
をあらわしたベン図が載ってる記事がありました。
誠 BizID。

●やりたいこと(What we want to do)
●できること(What we do well)
●稼げること(What we can be paid to do)

の3つが重なってくれると一番いいんですよね。

自分のやりたいと思うことをできる能力が備わり、
なおかつ、それを実行することでお金が貰え、
生活ができる…言うことナシ。

わたしの場合、4年前に仕事が大きく変わったのですが、
はじめの4年間は、

●「やりたい」し「稼げそう」だが「うまくできない」

という感じだったかも知れませんね。
正確に言うと、うまくできないというよりは、
確固たる実績を残せないというもどかしさがありました。

やりたいし、求められていることであるが故に
高くハードルを置いていたのかもしれないですけど、
結果としてついてこないと(少なくとも自分ではそう思っている)
思ってしまうのは、それはそれで鬱々とした想いが。

逆に変わってからの4年と数ヶ月(~現在)は、

●「稼げそう」だし「うまくできる」が「やりたくない」

という感じですね。このblogは2004年から書いていますが、
2005年あたりの記事を読み返してみると、
当時相当、絶望感に苛まれていたことを思い出します。

もうダメだこれは、と。この場から逃れたいと。

でも結局、やりたくないなりに、別の角度から見た
モチベーション維持を見つけられたり、
一応、同じビジネスを違う角度から見ていることになるので、
元の位置に戻ったら、アレができるな、コレもしたいな、
という視点・論点が出てきたのも事実。

そして、意外にも認めてもらえる結果につながったりね。
別に認められるために仕事してんじゃないけど、
自分でも確かにこれは、やったなという感覚はあります。

結局のところ、やりたいことをはじめからやっても
うまく行かないのかもな、と思っています。

元の位置に戻るかどうか分かりませんが、
別の角度で学んだことや、そこにいたからこそ
成長できたことを元の位置に戻ったときの強み!
としたいですね。

どうなるか分からないけどさ。

やっぱ、商売である以上、お客さんがみえるところで、
お客さんが何が欲しくて、何を考えているか、
分かりやすい、そして分からなくてはいけない、
そういうポジションで、仕事がしたいもの。

とりあえず、この数年は

|これは致命的な罠。稼ぐためにイヤイヤやっていると、
|自分のやっていることに愛着が持てず、情熱も失われる。

という罠にかからずにやってこれたけど、
この先も延々とこうだと…さすがに折れるかもな。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Blender's Bar Blog。

先日のBlender's Barでの竹鶴21年の報告会、

|そのほかにもニュースがあるんだけど。。。
|まだ、わたしからは言えないっ(> <)

というアレですが。

ちょっと時機を逸してしまいましたが、
Blender's Barでblogを書かれる!という話なのでした。

お店の詳細情報や、イベント情報などが伝えられるそう。
早速チェックリストに入れましたっ!

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて、最終コーナー回りました!

さて、溜め込んだ記事もここで全部。
なんだかすっきりーという感じです。。

いや、別にもやもやした感情ではないのですよ。

●携帯ワイン。(らばQ)

これ…ほんとアウトドア用というか、
体を暖める必要がある場合に限って必要なモノなんじゃ?

でもその割には、60gのパウダーに対して、200mlの水で
割って作ってアルコール8.2%。ちょっと度数高めの
ビールくらいの度数しかありません。

確かに液体は重いですが、スキットルにウイスキーを
詰めていったほうがよっぽど暖まる気がするけど…

以前、極寒の釧路湿原で人っ子一人いない
冬の湿原を眺めながら、余市で買った180mlのボトルを
飲んで暖まったのはよかったなぁ。。

●富士総合火力演習。(マイコミジャーナル)

陸上自衛隊の軍事演習の観覧があるそうだ。
静岡県御殿場市の東富士演習場で、8/30に開催。
7/9が応募の締め切りだそう。

特にミリタリーマニアではないですが、
戦車やヘリコプター、様々な火砲などによる
実弾射撃が見れるらしい。

轟音と炎天下での観覧というのがチョット
いかにもすごそうだけど、興味はあるなー。

●テレビCMを抑制して利益が上がる時代。
 (武田隆のCGMに進路を取れ)

すごいですね、サトウの切り餅。

ある程度、知名度があるがゆえの結果ともいえますが、
業界にもよるでしょうが、むやみにCM投下しても
意味がないというケースも多いんでしょうね。

その筋の専門家じゃないので分かりませんが、
テレビCMとか半端じゃないお値段がかかってそうです。

逆にしっかりと自社と向き合ってくれる人を
大切にし、コミュニティの後押しをしてるほうが、
結果としては手も掛からず効果的じゃないの?
ということなんでしょうか。

着実に消費者が主導する時代が来ているのかもしれません。

●WILLCOM CORE XGPスピードテスト。
 (GIZMODO JAPAN ITmedia+D PC USER
  ケータイWATCH)

3つのサイトを見てみると、速い方のGX000INなら、
遅くても5Mbpsは出ているようですね。
実力はすごいようですね…

WiMAXと比べて、端末の新しいアイデアとか
ちょっと一ひねりというところがどうなるかが見もの。

あと、どちらがどうエリアを拡大してくるか。
WiMAXのモバイルルータのアイデアは、
秀逸だったからなぁ。

PCカード・Expressカード・USBくらいじゃ、
ちょっとつまんないよ。

●Wikipediaを百科事典にすると…(GIGAZINE)

よく書籍化しましたねぇ…ってネタづくりでしょ!
ひざまでの高さまである百科事典なんて、
使いにくいだけやん!

と思ったら、わたしのblogを5月に本にしようとしたら、
総ページ数が約3,000ページだったのでした。

ここまではいかないにしても、強引に1冊にすると、
とんでもないのができ上がりそうですね(笑)

●リンク・イズ・マネー。(シロクマ日報)

確かにそうでしょうね。リンクが多いほどいい、
つながっているblogやWebに価値がある時代です。

勝手にリンクするな、という時代があったな、
という感想を持つこと自体、実際の年月は別にして、
相当昔のような感覚を持ちますね。

そして、blogがもたらすツナガリは、
リアルな生活にも確実に影響を及ぼしています。

会社のツナガリだけではなく、
会社と全然別のところで、ツナガリを持つ、
ここでもリンク・イズ・マネーなのかも。

そして、わたしにとってのリアルな、
リンク・イズ・マネーの場が、BARなのかも。

●「アナロ熊のうた」着うた配信。
 (Infoseekニュース)

普段、着うたなんてつかわないし、
万年マナーモードなので、聞く機会もないのだが、
ものめずらしさもあって、アナロ熊のうただけは
ダウンロードしちゃったい!

これで、いつでも聴けるね(笑)

●姫路城の落書き、続く。(イザ!)

ホント、けしからん話なんだけど、
なんでこんなに多くなってしまったんだろう?

イタリアの大聖堂で日本人が落書きをした、
という話があったとき、海外のニュースの扱いは、
なぜそんなに日本が騒ぐんだ?
という感じだったと記憶している。

勝手な憶測でものを言ってはいけないと思うが、
世界遺産に登録されたことで、
そこのところの文化的なギャップが
表面化してるのだとしたら…残念。

●悔しいけど、日本人を確実に描写してるね。
 (ZDNet JAPAN)

ちょいとした小咄。以下引用。

|タイタニックが沈む時、救命ボートの数が足らなかったので、
|女性客と子供を優先させてボートに載せることになった。
|乗客を誘導する乗務員は男性客に、
|国籍ごとに言い方を変えて説得した。

で、イギリス人には紳士としてのプライドに、
アメリカ人にはヒーローへの憧れに、
ドイツ人には、規則への忠実さに訴えかけるのだが。

日本人には…

|だいたい、みなさん、そーされています。

ううぅ…当たってる…でも、笑えない。
日本人のイヤなところだ…この横並び根性。

わたし、人がこうだからこうっての、
メッチャ嫌いなんですがね。
日本人の特徴って言われちゃうと…さびしい思いです。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あくまで一度チェックしたヤツを。。

あと少しで、ネタ消化が見えてきました。
なんだか記録するために、blogを書いてるようで
主客逆転している気がしないでもないが…

一度はチェック済みのヤツでコレですから。
まだRSSリーダーの未読記事がてんこ盛り…
ううっ、どないしょ。5,000件くらい行ってる気がする…

●ヨーロッパではIEなし?(ZDNet Japan)

ヨーロッパでは、独占禁止法違反の疑いアリ!と
散々言われてきたMicrosoftだけど、
Windows 7では、IEなしで出荷するように
準備をしているようですね。

わたしも、基本はFirefoxなのでIEいらないのですが。
でも、たまにIEじゃないと動かないところってあるけど…

●名古屋でもSuicaがつかえる!あとは…
 (たべちゃんの旅行記)

2012年度には、Suicaが名古屋でも使えるらしいですね。
しかも、名古屋市営地下鉄や名鉄もOK!
こうなると、残りは近鉄ですがココはまだ未定。

というか、大阪に帰省するわたしとしては、
Suica⇔PiTaPaの相互利用ができてほしいんですけど。

何に問題があるのか分かりませんが、
大阪もSuica1枚になったらいいのになーーー。

●異常といいたい気持ち、わかります。
 (らばQ)

虎って水中で泳ぐんですねぇ。
ネコ科ということで、水は苦手かと思っていましたが。

しかしその水中の映像がまた…ホラー!
肉を食べようとしているところなんて…
その形相といい、歯の鋭さがすごく分かって、
怖さ120%です。。。

●これ、許されるんですか???
 (engadget japanese)

GPSに頼り切っていて、壊す家を間違ってしまった
という話。たまたまなのか、空き家だったからいいものの、
解体を指示したという企業のコメントナシって!

事故にはならなかったものの、生まれ育った家が
こういうかたちで壊されてしまうのは、
なんだか微妙というか、やりきれないというか…
そういう気分なんでしょうねぇ。

●山梨県教委、市河家文書を購入。
 (イザ!)

市河家文書といって、あーあーとわかるのは、
相当な武田家マニアです(笑)

かの山本勘助に関しては、資料が少なく、
明治時代に出された架空人物説のこともあって、
その存在が怪しく思われていた。

しかし、この古文書が発見されたことで、
軍師かどうかは別として、存在は確認できたわけ。
そういう意味で、貴重な史料なのですよ。

9月から特別公開?という話もあるみたい。
その折には、ぜひ山梨に伺いたいもの。

●ネトゲ廃人。(Infoseekニュース)

一度はじめるとやめられないというネットゲーム。
個人で完結せず、つながっているがゆえの
強迫観念や義務感からのプレイだとか。。。恐ろしい。

経験値稼ぎやレアアイテムの入手ってのは、
RPGの醍醐味でもあるのはよく知ってるけど、
自分の都合でやめられないってのって、つらすぎる。
というか、失うものが多すぎる。

これ、なんか歯止めがないとダメだよね。
こういう話を聴くと、FF14も尻込みしちゃうんだよな。

でも、きっちり自分を客観的に見ないと、
ブログの記事を書くというのも、
ある意味、強迫観念に苛まれて…ということが
ないようにしたいですね。

まさに、こう怒涛のように書いてるのが、
楽しいというか、一種のトランス状態なんだけど、
義務感が出てきたら、すっと止めます。

●「物語性」ってなんだろ?(japan.internet.com)

影響力のあるblogってなに?という問いから生まれた
ある種の傾向性みたいなものだけど。

物語性の高いblogは影響力が高いというのだが、
「物語性」のことばの定義がよく分からないので、
なんともいえないなーという感じ。

自身の体験を想起させたり、意見を聞くような
呼びかけがあれば物語性があるか?というのも、
データ上の相関はあるにせよ、説明がしっくり来ないよね。

問いがおもしろいだけに、分析がイマイチなのは
もったいないなぁ。

●これ…やりすぎ…(東京ウォーカー)

スタバって、以前より行く機会が減ってしまった
気がしますが、好きは好きなんですよ。

わたしは、ヘーゼルナッツシロップが好きで
ちょっと甘いのは今日は…というときは、
シロップナシで、ノンファットにしてみたり。

写真のカスタマイズではアレコレいれすぎて、
ちょっとしたパフェになっちゃってますけど。。。

ちょっと意外?と思ったのが、
はちみつ×シナモンの組み合わせ。
へー、そういう組み合わせってあうんだぁ。

よく行くのなら、いろんなカスタマイズを
楽しむのもおもしろそうだね。
これから暑くなってくるしねーーー。

●あるべきところへ。(イザ!)

興福寺の阿修羅像、話題沸騰で
わたしもみてきてよかった!と思っていますが、
九州での展示が終わった後、奈良に戻り、
金堂に安置されて、公開されるらしいね。

そもそも金堂に安置され、仏教的な空間を
つくっているのが本来の姿なワケよ。

10/17-11/23の間に予定されているそう。
帰阪するときゃ、京都ばかり行っているので、
奈良も行かないとなと思っていたところ。

ちゃんと奈良にも今年こそは、行っておきたい!
でも、何年ぶり?って感じなんだけど。。

まだまだアルよ。

blogramに参加してます。
ボタンを押してもらえるとうれしいですぅ。
blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »