« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

土日の中華ランチ。

特に最近、たべもの&ウイスキー関係の
写真をアップすることが多いからか、
また、太っちゃうんじゃないのぉーって言われてますが(笑)

一応ね、1日のカロリーを気にしながら
計算して食べてるんですよー、これでも。

ということで、また!といわれるかもしれませんが、
食べ物ネタ。昨日今日のランチ。

昨日は、一度アップした四つ角飯店。

レトロ(すぎ)の昔ながらの中華料理屋という感じですが、
特定の日には餃子が半額ということで、有名なんですけど。

今回は回鍋肉(ホイコーロー)。

P1040700

ばりうま!とまでいえるかどうか分かりませんが、
わたしにとっては好みの味でした。750円。

辛味噌の味が店によって、けっこう違うな…
というのが回鍋肉でして。

とはいえ脂多めの料理なので、
食後の黒烏龍茶は必須(笑)

で、今日は…YASさんの記事を見て、
そういや台北で小籠包食べたのも、
ちょうどこの時期だったなーと思い出すと、
どうにも小籠包を食べたくなってきました。

確かに新宿とかにあったような…と
調べてみると!うそ!立川にあるじゃないですか!
ということで早速食べてまいりました。

メニューにすべてカロリーが書いてるのが
好感度大ですね。中華ってカロリー取りすぎになっちゃうから、
どの程度なのかって、把握しておくのは重要です。

今回は、台湾らしく牛肉麺(ニュウロウメン)セットに
新しく出たらしい鶏肉小籠包。

牛肉麺セットには、レギュラー小籠包×4がついて、
1,230kcal、鶏肉小籠包は6個で230kcal。
合わせて1,460kcal…かなりいきますね(爆)

こちら先に出てきた鶏肉小籠包。
あっさり目な感じですが、スープはバッチリ含んでます。
先をちょっと齧って、中のスープを頂いてから、
食べるのが吉なようですよ。

P1040721

続いて、レギュラー小籠包。こちらは豚肉版。
おっと、近づきすぎた!

P1040723

もう一度。

P1040724

こちらもスープたっぷり。むむーうまいー。
よく行く人にとっては、各店舗で味の違いがわかる?
1年前に台湾の本店で食べましたが、
そんなの記憶の引き出しから持ってこれるはずもなく。

牛肉麺。前回食べたのは空港だったので、
断然コッチのほうが美味かった。
もちろん、台湾でもきちんとしたところで、
食べれば美味しいところが多いんだろうけど。

P1040726

色が赤いので、辛い味をイメージするかもしませんが、
少し辛いくらいで、実にあっさり・まろやかな味。
牛肉は角煮をイメージすると分かりやすい。

どれも総じて美味かったですね。満足。
あと、ジャスミン茶もよかったな。

ただ、コストパフォーマンスはかなり悪いですね。
牛肉麺セットは1,659円。
で、もひとつ鶏肉小籠包が…780円。
合計で約2,500円…ごふっごふっ

台北だともっと安い気がしたんですが。
気軽には行けない価格ですね、これは…

とはいえ、クリスピー・クリーム・ドーナツのときも
そうだったけど、人気店でも立川にあるのは
けっこう空いてたりしますので、あまり並ばずに
食べられるのは、ポイントかもしれませんよ。

本店のほうがもっと美味いと聞きますが…
まぁ、なにせ1年前なんで…わかりません。あはは。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

立ち止まって、消費をもう一度考える。

消費とは、モノを買うとはどういうことか?
これはかつて大学で経済学に触れたときから
考え続けているテーマ。

最近は、消費の現場から遠ざかったこともあって、
腰を据えて考えたことが少なかったけど、
ほぼ日刊イトイ新聞で続けて、話題が出ていたので、
今改めて、想いの丈をつらつらと書いてみることにしたい。

●消費と真剣に向き合う覚悟がありますか?
(ダーリンコラム 5/18)

かつて、経済学を学んだときには、
消費そのものにスポットライトを当てることは、
ある種のタブーな雰囲気があったような気がする。

経済は消費、詰まるところは人間の欲求や必要から
スタートして成り立つものなのだけど。

一方で消費という行為ほど、「人間のつかみどころのなさ」を
体現したものはなく、経済学は消費を与件として、
正面から扱うことを避けてきたように思うし、
またその考え方は、今でも変わってないのではと思っている。

経営学の世界では、経済世界で向き合う対象として、
消費の分析を進めてきたけど、マーケット全体としては
消費は確かにあって、いかにそのパイをかっさらうかを
考えてきたのでは、と思っている。
専門的に学んでないので、その点は感覚論でしかないが。

イトイさんの文章にはクルマを例にとって、
クルマは売れないということはないだろう、
と思っていたのが、実はそうじゃないと分かってきた今こそ、
消費の重要性にもっと気づけるんじゃないか、
ということをコラムで書いているんだけどさ。

ものづくりの現場において、効率性や生産性への
執着は実にすさまじいものであるけれど、
その真剣さと比べると、消費の現場と向き合う立場にいると
そこまでの覚悟とパワーを持って、お客さんと向き合う
自信を持つことが、すごく難しいことのように思えて。

誤解を恐れずに言うと、効率性や生産性という概念は
すごくロジカルであって、数字できっちり「見える化」できる
ということが、目標に邁進する大きな推進力になるのだけど、
先ほど言った「人間のつかみどころのなさ」を
相手にしないといけない消費の現場は、
いつもどこか不安を抱えながら、辺りの様子を伺いつつ、
半ば自らが進む道が正しいんだと、何度も自分に
言い聞かせながら、一歩ずつ歩みを進めてきた、
どうも、そんな気がしてならない。

見えないダーツの的の中心を狙うより、
見えている的の中心を当てに行くほうが
どれだけ努力しやすいことか、想像できるだろう。

本当に消費って大切だよねと気づきすらしなかったヒトも
いるんだろうけど、大切だと分かっていても、
どう向き合っていいのか分からずに、
対峙する術が分かっているほうにからだを向けていた、
というヒトも多いんじゃないかと思う。

|「生産」が圧倒的に「消費」より重要なんだ
|というイメージは、変わってはこなかった

のではなくて、変えたくても怖くて変えられなかった。
得体の知れない「人間とは何か?」に
情熱を傾けることに怯え、避けていたからではないか?

|しかし、そこでこれまで注いできた情熱と、
|同じくらいの分量の情熱を、
|「人間は、どういうことがうれしいのか」
|「人間は、どういうものなのか」
|「人間が、いやだと思うのはどういうことなのか」
|というようなことを考えるのに、振りむけていったら、
|理論ばかりでない実感としての、
|消費の経済が見えてくるのではないだろうか。

というイトイさんの言うことは間違いなく正しいと思う。
正しいんだけど、その情熱を傾ける覚悟があるかどうか。

なにをどう考え、どうがんばればいいか分からなくて
途方にくれていた宿題に手をつけることはできるか?
問題はその壁に対峙する覚悟、そこなんだろう。

壁を登りきったヒトもいると思う。
登りかけているヒトもいるだろうし、
登る覚悟ができたというヒトもいるだろう。

でも、社会全体としては壁の前でまごまごしているような
わたしのようなヒトが多いんではないかと思うんだ。

情熱を傾けたいという思いはふつふつとあるのだけど、
その思いをぶつける術が見つからなくて、
不完全燃焼してここまで来たというのが、
考え続けてきたテーマに対するわたし自身についての
正直な感想、というところ。

●パシリをやめて話し合おう。
 (ダーリンコラム 5/11)

というところで、さらに1週前のダーリンコラムへ。

パシリ考、ということで社会全体がパシリになっていないか、
つまりは、情報の受け手の言うことを隅から隅まで聞き出し、
言われたことをしっかりと対応すぎていないか?
自ら、パシリになろうとしてないかと。

イトイさんも書いてますが、これかつて言われた
「お客様は神様です」的な考え方なんだと思うんですね。

「パシリ」的というか、「お客様は神様」的な発想には
ある重要な点があることに気づいた。

それは、ヒトとヒトの関係を簡略化させようとし、
上で書いたような「人間のつかみどころのなさ」を
本人たちの口から何をしてほしいかを言わせることで、
ある意味、効率性や生産性と向き合うのと似た感覚で、
ユーザーや顧客と向き合おうとしている、のでは?

しかし、マーケティングに少しでも携わったことがあるなら、
消費者が自分の口で話すことが、そのニーズのすべてには
決してなりえないということは、分かると思う。

以前、プロダクトアウトとマーケットインの話で、
顧客の言うことを聴きましょうというのが、
如何に危ういかと書いたことがあったけれども、
言ったことを素直にやるところには、決して感動は生まれない。

お客さんにアンケートをとる。お客さんのところに出向いて、
直接意見を聞いてみる。ユーザを集めて
意見を出し合ってもらう…等々。

そこに書いてあることをどれだけ愚直に実現するか。
これだったら、できた/できてないを
測ることはすごくやりやすいし、人間とは何かという小難しい、
そしてできることなら逃げたい宿題をやらずに済む。

「パシリ」という関係を例に出して説明するのはすごく
分かりやすいたとえだと思うんだけど、
言われたことを愚直にやる・してもらう関係って、
ごくごくミクロな個人個人の人間関係に
置き換えて考えてみれば、ホントにいい人間関係には
なりえ…ませんよね?

詳細は割愛するけど、消費者がチカラを持ち始めた
といわれ始めた頃に経済学部生として、
卒論を書いたんだけども、買い手が表現力のアップを背景に
作り手や売り手と拮抗して、コミュニケーションを深めていく
可能性を書いたんだけど、なかなかうまくはいかないみたい。

相手の立場を理解したうえで、言いたいことを言いあい、
意見に違いがあれば喧嘩もし、その中で答えを紡ぎ出していく。
実際に直接担当者とユーザが話し合うだけじゃなく、
マーケットという舞台を通してだっていい。

そのためには、言われたコトではなく、
そのバックにあるヒトを識ろうとする覚悟を持つこと。

たぶんそういう関係のなかで生まれたモノは、
マーケットインとプロダクトアウトが
会話してできた貴重な結晶。

そういうものにヒトは惹かれるんだと思っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

定期的に書いていくのは難しいね。

個人でやってると、どうしても一定のペースで
書いていくのは難しいなという感じがしますねぇ。

参考する記事がなくって、書きたいことを
頭に思い浮かぶがまま…だったらいいのですが、
ネタ記事にしても、イベントとかにしても、
資料がいっぱいあって、整理して…となると、
けっこうな作業になるんですよね。

ってことで、平日はまずムリ。
土日も出かけちゃったりするとその日はムリ。

なんかこのままだと、blog書くために
有給休暇をとったりしちゃうかもです^^;

ということで、ネタ記事に!

●Googleストリートビューの新サービス。
 (@IT その1 その2)

あれだけ批判があってもびくともしないGoogle。
その根性の据わりっぷりは逆にすごいですが、
またイチから取り直すようですね。

カメラの撮影位置を下げて、垣根の向こうが見えない
ようにしたりだとか、ナンバープレートにぼかしを入れたり、
とりあえずは懸念に対して向き合おうという姿勢は
感じられるかなーと思いますが。

ストリートビュー専用ダイヤルも用意とのことだが、
表札とかはネットやこの電話窓口で、
リクエストに応じてぼかしを入れるとのこと。

ナンバープレートでできるなら、表札も
デフォルトでぼかせばいいのにね。

逆に自転車での私有地撮影ってのは面白い。
Googleが勝手に撮影するんじゃなくて、
所有者のリクエストに応じるかたち。

観光地などについて、事前に現地の様子が
確認できるといいよね。
逆に見た感じで行かなくていいやーと思われる
懸念もないとはいえないけど(笑)

第1号は京都の名刹・高台寺。
自転車に取り付けたカメラで撮影する様子が、
Youtubeにアップされている。

ちょっと危なっかしい場面もあるけど(笑)
こうしたことで外国の方にも、
日本の観光地がイメージされやすくなったら、
いいなーと思いますよね。

●乾電池で動くノートPC。(Infoseekニュース)

なんだか怪しげな感じもしますが、
タイの企業が乾電池で動くノートPCを開発したとのこと。

CPUがよく分からないXcore86ってヤツで
パフォーマンスはどうなのか。。。

しかも、単3電池8本で駆動時間4時間。
むむむー、そんなにメリットがなさそうですね。

●このなんともいえないユルい感じが、いい。
 (こう見えて報道系。)

からーさんの記事で見て知って、
トップランナーにも出てて、このひとオモロイ!
と思っていましたが、ほぼ日にも登場。

写真との向き合い方とか、そんなこと考えて
撮ってんだーとか、ゆるゆるトークの中に
いろいろ潜んでます。ぜひ、読んでみてくださいな。

この場の感じ、すごく好きですよ。

●サンライズ瀬戸・出雲のシングルデラックスレポ。
 (GIGAZINE)

一度は、乗ってみたいんですけどね。
サンライズには何度か乗りましたが、基本的に
交通費はけちんぼなので、特急料金だけで乗れる
ノビノビ座席しか乗ってないんですよね。

大阪→東京で特急料金+寝台料金が、
16,180円とのことですが、新幹線の特急料金が
5,000円くらいなので、ちょうど1万円くらいの
ビジネスホテルに泊まったもの、と考えれば、
移動時間の効率性も合わせると、高くはないか。

個人的には、揺れてるなかでPC見ると、
たぶん酔うだろうなということで、
PCを見るのがたぶんできないのがアレかな…
という気はしますがね。

寝るだけなら…やっぱりノビノビでいいやん!?
って感じになっちゃいますが、体験はしたいな。

●セグウェイ公道へ?(イザ!)

セグウェイが本格的な普及を目指し、
公道での走行ができるよう、道路交通法改正などを
働きかける計画があるようだ。

どのくらいのスピードが出るものなのか…
という点が分かりませんが、
歩道での使用を考えているみたい。

日本の公道にセグウェイが走る姿って、
あまり想像できませんが…観光地とかで、
レンタサイクルの代わりに、
レンタセグウェイなんてなところから
スタートになるんじゃないかな。

個人で買うには…ねぇ。

●そりゃ、面食らうわなぁ…(イザ!)

戦国BASARAというゲームで伊達政宗に興味を持った人が、
仙台を訪れ、宮城県護国神社にアニメチックな
ゲームキャラのイラストを絵馬に書いて奉納、という話。

知らない人にとっては???でしょうけど。
関係者が困惑するのも、そりゃそうだよ。
ま、やりたきゃいいんじゃないの?
護国神社の方々も、見守ってくださるということだし。

でも、なぜ護国神社に?というのが理解不能。
基本的に護国神社は政宗と関係ないよね?
隣接する浦安宮は政宗を祭ったものらしいが…

なんか政宗目当てできてるのに、
関係ない神社で盛り上がってるのって、
無知を晒してるようで、気づくとすごい
恥ずかしいと思うんだけど。。。

●アナロ熊が暴いた秘密。
 (小田嶋隆のア・ピース・オブ・警句)

なるほど、と。民放連の度量の狭いコメントが
アナロ熊を生んだわけですな。

アナログTVを象徴するキャラのようでありながら、
実は民放連のメディアリテラシーの低さを
象徴したキャラだったとは。

しかし、民放連も絵に描いたような「釣り」に
遭うようなコメントを出したもんだよね。
如何にマスメディアしか知らず、
現実に起きてることを理解してないかがよく分かる。

地デジカって何のためのキャラ?
地デジを普及させるためのキャラだよね?

なのに、無断掲載禁止ですか?
ブログ や掲示板(ってのもなんか古臭い表現だが)に
どんどん載せてもらった方がアピールになるじゃないの?

著作権といえば、脊髄反射的にがんじがらめにする!
というのがこの業界の考え方なんだろうか。

記事の中にある表現が気に入った。

著作権の名の下で、手にしたユーザの
利用が制限されてしまっているものは、
「モノを乗せない条件下でのみ機能する棚」と同じで、
インテリアにしかならない実用性のないものだと。

ははは、その通りだ。

●名物においしいものあるだろ!?
 (Business Media 誠)

「名物土産においしいものなし」は、本当なのか?
という問いを検証する記事。

見も蓋もないが結論はこういう感じ。

客のほうはどこに行ったかが重要で、
味の良さは二の次。

供給側も、名物になると数が出るようになり
全国区化=工業化+流通優先で味に拘れなくなると。
画一化・均質化が進み、まずくなく安定的に売れる
商品になっていくと。

そうすると、値段が高くなっていき、
期待した(それだけお金を払った)割には、
さほど…と思うようになると。

だから、名物土産はさほどおいしくない、と。

あの…ツッコミどころ満載なんですが。
一通り記事を読んでみたのだが、
ぜんぜん理解できない。

旅行に行ったひとが土産選びに味は二の次?
それ、自分のことだけじゃないの?
そんなのきっちり調べもしないで、
一般化していいんでしたっけ?
少なくともわたしはそうじゃないですし。

それに、工業化したら味に拘れない?
それ、つくってる人に失礼なんじゃないの?
味にこだってませんなんて、口先だけで
いえることじゃない。どれだけ調べたんでしょうか?

著者はどれだけ美食家なのか知らないけど、
名物土産に挙げられてるもの、食べたことあるものは
どれもおいしいものばかりですよ。
白い恋人に赤福に萩の月、信玄餅…

あと、名物土産は、地元で食べている者なしって…
名物がその地の人に食べられているかどうかって
全然関係ないよね?

なに、土産物って地元の人が何時も食べてる
ものじゃなきゃいけないの?わけわからん。

久しぶりに酷いものを読んだ気がする…
読んで酷いだけだったら無視すればいいだけだが、
土産物をつくってる立場になって考えたら、
馬鹿にしてるのもほどがあるよ。

●全社員が有給消化できる会社。
 (誠 Biz.ID)

日本企業で社員全員が有給休暇を
全部消化できる会社ってあるの?という感じだけど、
あるんですねぇ。しかも20年連続。

どこかというと、あの北海道土産の定番のひとつ、
マルセイバターサンドの六花亭製菓。

やっぱりはじめは残業が増えてしまったらしいけど、
業務効率化とか個々人の技術力アップとか、
効率的に仕事することがきちんと認められる
環境になったことが大きいんでしょうね。

売り上げアップとか、品質が認められたとか、
そういうことは評価されても、
効率的に仕事したということも認められないと、
有給休暇の消化って難しい。

売上も品質も大事だけど、同じくらい効率性も。

最後のコメント、

|おいしいお菓子を作るには仕事と休日のバランスが大切

ってのは、どの企業もどの業界も同じだと思いますね。

さて、まだつづきまーす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

G9、約1ヶ月使ってみて。

さて、G9に機種変更して1ヶ月ほど経ちました。
ということで、使用感とかまとめておきましょうか。

基本的に不満点はほとんどなく、機種変してよかった!
という感じ。MEDIASKINに相当惚れ込んでたので、
ヤなところがあったら、後悔するかも…
と思っていましたが、杞憂だったですね。

ということで、箇条書きでまとめてみましょ。

ここがGood!

(1)画面が大きい!

MEDIASKINが小さすぎた?
という気がしないでもないですが…

スライド型なので画面サイズは大きく、
かつ、解像度もかなり高いので字を小さくして
表示内容たっぷりでもきっちり表示。

また壁紙も以前よりかなり細かくなり、
美しい写真が美しく表示できるのもいいですよ。

(2)必要機能を網羅。

とりあえず、MEDIASKINで使っていた機能で
使えなくなるのはなかった。
具体的に言うと…Felica(Edy + Suica + QUICpay)と
GPS機能(EZナビウォーク)。

Felicaは完全に生活に浸透しちゃってるので、
これないと電車やバスに乗れないし、
(定期券もケータイのFelicaに入ってるし!)
現金もあまり持ち歩かなくなったので、
コンビニで買いものするのにも不便だし。

GPSは出かけたときに必須。特に初めて行く旅先や
行ったことにない場所での飲み会では、
EZナビウォーク大活躍ですからね。

(3)段々ボタンが心地いい!

十字ボタンに限らず、テンキーもなんですが、
ボタンが斜めになってて、手前側が盛り上がり、
奥が下に沈んだ感じになってるんですね。

実にこれが押しやすいんですよね。ちょうど手前のところに
指の腹を当てて押すようにするといい感じ。

原宿で見てきたときにはあまり感じませんでしたが、
テンキーもわずかながら傾斜があるようですね。
ほんのわずかだけですけどね。

(4)デザイン

シンプルなガジェット系という感じのデザイン。
側面のつや消しシルバーが気に入ってます。
MEDIASKINのようなマットな触り心地のよさはないですけど、
逆にガジェットなデザインには、合わない気もしますね。

(5)カメラの使い勝手がいい!

G9のカメラって、ケータイっぽくなくて横にして持って
ちょうどシャッターボタンの位置にあるカメラボタンを押して、
フォトモードを起動。コンデジ的な感覚で撮れるのがいいです。

ケータイのカメラって変な位置にカメラがあって、
指が入ったりとかしちゃうし、あまり好きではないのですが、
これなら非常に撮りやすいですね。

解像度は2048*1356の約300万画素。充分です。

機能的にもマクロモードや手振れ補正、バーコードリーダや
QRコードリーダ、笑顔検出、シーンセレクト、
ちらつき補正、ホワイトバランス設定、露出補正などなど、
かなり豊富な感じですね。ないのはズームくらい。

構造的に光学ズームはムリでしょうし、デジタルズームなんて
あまり意味がないと思ってるので、問題なし。

あまりまだ撮ってませんが、ホワイトバランスとかは
設定できる範囲に限界がある気がしますが、
ケータイカメラとしては充分でしょう。

個人的には、ケータイで露出の調整ができるというのが
すごくびっくりー。

(6)ロック機能がnice!

一時期の例外はありますが、基本的にアンチ・折りたたみ!
なわたしなので、ストレート・フリップのいずれかを
使ってきたのですが、ボタンがどうしても剥き出しになるので、
ロックボタン(ボタン無効)が必須なんですよね。

スライド型のG9も必須なんですけど、なかなかこれがいい。
というのも、ロックボタンを押すとテンキーを隠した状態には
ロックが掛かるんですが、テンキーを出すと
自動的にロック解除。

で、またテンキーをしまうとロックが掛かる。
ロックをしないとと意識することなく、誤操作を防止できて
よく考えられてるな!と思います。

ただ、カメラを使うときには必然的にテンキーを
しまった状態になるので、ロックボタン解除が
必要にはなりますけどね。

(7)ショートカットメニューがGood!

画面の下部にいくつかアイコンを置いておけて、
待ち受け画面から十字キーの下ボタンを押すだけで、
アクセスができるんですね。

Windowsのタスクバーにあるクイック起動のような感覚で
よく使う機能を登録しておけます。

わたしの場合は…

●アラーム   … 目覚まし代わりに必須
●カレンダー  … スケジュール管理はケータイ派
●Bluetooth  … これからワイヤレスモデムとして使うので

あたりを登録してます。アプリ系は登録できるのが
限られるのがちょっとなーという気はします。
EZナビウォーク登録しておきたいんだけど。

(8)検索窓がすぐ出てくる!

どんなときでも気になったことがあればすぐに
ググりたくなる検索中毒(笑)なもので、
待受画面で上を押すだけで、検索窓が出てきて、
ググれるというのも、細かいことですが
うれしい機能かもしれませんね。

(9)Bluetooth×定額×高速データ通信

MEDIASKINが対象外だったので、気にしてなかったんですが、
G9はPCで通信しても定額なんですね。最近気づきました。
これ、機種限定なんですがG9はその恩恵に与れます。

ダブル定額に入ってると、EZweb・Eメールだけだったら、
4,410円/月が上限額、PCサイトビューワを使ってると、
5,985円/月が上限額なんですけど、PCでの通信に使うと、
13,650円が上限額となり、PCでも定額。

13,650円って、高ッ!って思うかもしれないけど、
わたしの場合はケータイや自宅のFTTHとは別に
モバイルPCの通信用にWILLCOMを契約していて、
これがけっこうな金額になるんですね。

で、au(PC通信無) + WILLCOM > au(PC通信有)
って感じになりそうなんだよね。

あくまで上限額が13,650円なだけでいつもではないし、
上限額行っても、WILLCOMきったほうが安い気がする…

しかも、G9はBluetooth内蔵でPCとの接続はワイヤレス。
手間がないし、ちょっとした優越感に浸れそう…わくわく。

電池の心配はあるけど、利用するであろう旅先では
ほぼ間違いなく、乾電池で充電できるケータイ充電器を
持って出るので、そこは心配ないかと。

ワイヤレスゲートのヨドバシカメラプラン(月額380円)も
別途契約してるので、BBモバイルポイントと
livedoor Wirelessが使えるんですね。
てことは、WILLCOMでないとつながれないのは旅先くらい。

って考えると、WILLCOM CORE XGPを待たずに、
解約しちゃってもいいかな…なんて。

でも、もし立川でWWAN(WiMAX or XGP)が使えて、
速度がFTTH並みなら…逆にFTTHを解約して、
WWAN+ワイヤレスゲートを基本にして、
どうしても使わないといけないときにau、
というのが一番いいな…と考えると、
ちょっと悩みのタネになりそうなんだけど、むむむ。

(10)カレンダーのスケジュール登録件数

地味なところですが、200件登録できます。
実はMEDIASKINに変えたときに、
100件しか登録できなくって、
スケジュールはケータイで管理するわたしには、
すごく窮屈だったんですね。

200件くらいは必要ですよ、やっぱ。
もっと多くても、ぜんぜんいいですけど。

ここがイマイチ…

(1)十字キーとその下

段々ボタンはいいのですが、いわゆる電源ボタンや通話ボタン、
クリアボタンと十字ボタンの間に隙間がないんですね。

よくやっちゃうのは、十字の下を押すつもりが
クリアボタンを間違って押しちゃうということ。

慣れの問題かもしれませんが、十字キーや
履歴・メール・Ezwebなどの黒いキーと
電源・通話・クリアのキーの間に
ちょっと隙間がほしかったなという気がします。

(2)ワンセグさっぱり…

これはG9のせいにすべきかどうか…ということですが、
ワンセグがですね、さっぱり入らないのですよ!

MEDIASKINのときはアンテナがなくって、
イヤホンをアンテナ代わりにしなくてはいけなくて、
それが面倒であまり使ってなかったんですよね。

G9になってワンセグ用のアンテナが付くようになり、
これで見られるな…と思っていたら。

ウワサによると立川ってワンセグが入りにくいらしい、
ということも聞いたので、他の場所だったら、
バッチリ入るのかもしれませんが。

* * * * * * * * * * * * * * *

…ということで、不満点はごくごくわずかで
基本的には大満足という結果。
あまりクセがなくって、他の人にもオススメできそう。
MEDIASKIN同様、長いお付き合いになりそうです。

ただ、MicroSDカードがバッテリ近くにSIMカードと重なって
スロットがあり、バッテリを外さないと抜き差しできないのが、
ひとによっては困るかもな、と。

わたしは入れっぱなしなので、関係ないですけど。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
6/7追記。

電池のもちなんですが、MEDIASKINと比べて、
同じくらいかちょっと悪いかくらいな感じですね。
普段は会社でも自宅でも充電していますが、
旅先では、注意が必要かも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ウイスキーの復権じゃぁ!

ネタ記事はたまっているのですが(しつこい)、
これだけは先に書いておきたくなったので。

ウイスキーが今年が増産基調らしい。
ニッカもサントリーも。うれしいことじゃないですかぁ。
Infoseekニュース

「角ハイボール」で押して押して押しまくりの角瓶は、
1月~4月の出荷量が対前年13%増。
山崎も10%増とこちらも好調な感じで、
サントリーの2009年全体では、前年比+1%の増産とか。

ニッカもスーパーニッカが好調らしく、
スーパーニッカの売れ行きは数字で書いてないけど、
2009年全体で+3%とか。

スーパーニッカが若い人にも、ウケているんだってね。
うむうむ、佳き哉佳き哉。

海外の輸出も伸びてるみたいだし、
ジャパニーズウイスキーの名誉ある受賞も
このところ続いているし。

2008年はわたしにとって、ウイスキーとの付き合い方に
大きな変化が出たエポックメイキングな年だったけど、
2009年は日本のウイスキー業界にとっての
エポックメイキングになるのかもしれないね。

ぜひ、そうなってほしいものだよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青歯に夢中。

ネタ記事がそろそろたまってきているのですが、
G9×LOOX PをBluetoothでつなぐのに、
夢中でそんなどころじゃありませんでした(笑)

詳細はG9の全体レビューで書きたいのですが、
G9はPCでの通信も定額制対応。

これだったら、WILLCOM解約しても、
通話+ケータイ通信+PC通信総額だと安いし。

イーモバイルほどじゃないけど速いし、
エリアは広いし…という感じ。
G9のバッテリ切れたら終わりだけどね。

PCでケータイの壁紙作って転送するのも
Bluetoothつかってワイヤレスでできるのもいいな。
ようやく、Bluetoothを普通に活用できる時が
遅ればせながら…来たようです!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

上野三昧 その3。

さて、最後は2009 TOKYO純氷まつり
これ製氷業者さんのイベントらしいですが。

氷のグラスでカクテルやビールがいただける!
というまぐぽさんの情報により、
2日連続の上野、ということになりました(笑)

ただね、午前中はお生憎様の雨模様。
傘を差しながらでちょっと、持ちにくかったが、
氷のジョッキで昼間からビール!

P1040490

カクテルも!紙を挟まないと冷たくて
とても持てないんだけど^^;

P1040491

飲み終わったらこんな感じ。

P1040499

入り口手前では、氷の彫刻をやってたり…

P1040585

氷の壁にライチ。氷の壁を通して撮ると、
不思議な画が撮れました。

P1040610

あと、氷の科学館ってのが面白かった。
氷にレーザーを当てて、氷の中から液化させると、
解けた氷のカタチが、雪みたいな花型をつくる、
という実験。ホント雪みたいー。

P1040517

捕鯨船が取ってきた氷山の氷とか。
解けるときにぷしゅぷしゅ音がしてるんだけど。

これ、遥か縄文時代くらいのときに氷山が
できた頃の空気が閉じ込められていて、
それが出てきた音なんだよね。そんな昔の空気がっ!

P1040505

個人的にいちばんすげっー!と思ったのが、
偏光板という板を氷の入った皿の上下に挟み、
上から見てみると、ホントの氷の姿が見えるっての。

偏光板って、液晶や光磁気ディスクにも使われてて、
しっかりと日常で活躍してるんですってね。

こんな氷です。普通の氷ですよね?

P1040532

それが偏光板を通してみると…ほらっ!

P1040553

実は、水を一気に冷やすと小さな結晶が
固まって結晶が連結した多結晶の氷になり、
結晶と結晶のつなぎ目が、偏光板を通して見ると
しっかり見えるってことなんですね。

逆に、時間を掛けてゆっくり凍らせると
単結晶の大きな塊ができて、これが解けにくい。
これをつくるのこそ、氷屋さんの仕事なわけですよ。
見てる分には多結晶の氷がキレイけどね!

で、その単結晶の氷がつまるところ、純氷。
大きな缶に水を入れ、一気に冷やしすぎずにじっくりと。
真ん中にエアーをボコボコ入れて、水の中の気泡を
飛ばしながら、ゆっくり48時間掛けて冷却。

動きを見るためのもので、ホントは缶があって、
ボコボコーーっとエアーが出てるとか。

P1040557

できた氷はこんな感じ。

P1040570

外から固まり、真ん中に向かって冷えていく。
奥に見える角のほうは斜めに筋ができるのだけど、
手前の長方形の長い面のところでは、
辺に対して直角に筋ができていってますよね。

直角に筋ができるところは、きれいに割れやすい。
やっぱり木目みたいにこの筋に沿って、
割るんだそうですよ。

部位としては、表面や底はクラッシュアイスとかにし、
大きな塊の中間部分が、マグロで言うトロに当たる
一番いいとこ。解けにくく不純物のない純氷。

このあと、おいしい氷の造り方とかも、
教えてもらったりして。

1日のイベントでしたがかなり面白かったね。
特に偏光板!これおもろいわ。
東急ハンズで売ってるよ、とは科学館の先生の弁。
ちょっと、買ってみる?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

上野三昧 その2。

さて、お次は国宝・阿修羅展。
あんだんごさんの記事を見て、
行こうかなー、どうしようかなーと思ってたら、
行きたいというひとがいたので。

実はどっちかというと、行こうというひとが
いたから行ったのに、もう会場ではどっぷりと
阿修羅像の魅力にとりつかれたのでした(笑)

もともとは興福寺の創建1,300年の記念と
約300年ぶりに中金堂が再建される
という復元事業の一環。

いろいろと小物も展示されていて、
入り口のほうでは相当だんごになっているのですが、
よほどそれらに興味がない限り、ささーっとみて
メインの八部衆・十大弟子像に向かったほうが…

うん、阿修羅に行く前のところですでに
見ごたえ充分でした。すごい!

八部衆とは、古代インドの神々が仏教に
取り入れられ、仏教の守護神となったもの。
阿修羅もそのひとつなんですね。
それぞれがどこか異国を髣髴とさせる顔つき。

乾闥婆(けんだつば)とか、獣の被り物にみえ、
その表情もあいまって、どことなくかわいらしい。
あと、緊那羅(きんなら)が朝青龍にみえて
仕方がなかったんだけど(笑)

いくつか腕が欠損している像があるが、
これ、興福寺が焼き討ちや火災のたびに持ち出され、
10回の災厄に焼失したものらしい。

一方、釈迦に随ったとされる十人の高弟が
十大弟子のうちの六人の像が現存。

こちらはいずれも僧の姿だが、澄ました顔を
したものもおれば、物悲しい顔をつきをする者、
優しく語りかけようとする者、
何か強く諭そうとするもの、さまざま。

すごく表情が豊かで、見ていて飽きない。
ガラス越しではなく、直接拝見できたのも大きいな。

さて、いよいよお待ちかねの阿修羅。

阿修羅だけは、別の部屋に展示されていて、
周りを一周、ぐるぐる動いている人の群れに混じり
一箇所に固まらないように、少しずつ動きながら。

もうええわー(いや大阪弁はしゃべってない)と
あきらめて列を抜ける人もいたが、
ここが我慢のしどころ、ゆっくりと人の抜けるのを
待ちながら、前列を確保しましょう!

で、阿修羅とは何ぞや?ということでWikiを…
元は、インドの神・アスラ。

今でも争いの場を修羅場、なんていったりするが、
阿修羅は常に戦う戦闘神。元は正義の神だったが、
娘を帝釈天に嫁がせようと思っていたのに、
力ずくで奪われたことに怒り、力を司る神・帝釈天に
戦いを挑み続けたという。

力に勝る帝釈天に勝てるはずもないのに、
また、娘が正式に夫人になってるのに、
争いをやめず、正義も拘りすぎると悪となり、
狂ったように戦い続けるバーサーカーに
なってしまったのだそうだ。

という予備知識を持ってみてみると…

とても戦闘神という雰囲気を感じられず、
むしろ、女性に近いような体つき。顔も小顔だし。

三面ある顔は、どれも澄ました顔であるものの、
正面の顔は眉を歪め、むかって左の顔は
唇を噛み締め、右の顔は遠くを見つめる…
何かを内に抱え込んでるような、そんな気がする。

また後方から見ると、左右の顔が六本の腕のうち、
空に突き出している二本の腕をしっかりと
見据えているようにも見えてくる。
(↓ポストカードより)

P1040667

正面から見た静の姿とは異なり、角度を変えると
舞を踊ているような躍動感があって、
とても複雑で神秘的な美しさを感じる。

ぜひとも正面からだけ見るのではなく、
阿修羅像を一周してすべての角度から見てみると、
すごく発見があると思いますね。

東京では、再来週の土日、6/7(日)まで。
そのあと、7月には福岡県太宰府市の
九州国立博物館で公開予定。
これ、並んでも見に行く価値大です!

P.S.
YASさんも行かれていたようで…
トラックバックしとこー。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

上野三昧 その1。

ちょっとデザフェスと話が前後してしまうけど、
先に、先週の上野の話を。

いろんな人から情報をもらって、
上野が楽しそう!と思っていたら、
タイミングよく阿修羅展、見に行きたい!
という話になったので、いろいろと上野へ。

今回、訪れたのは…

●資生堂・サントリーの商品デザイン展…りすきぃさん
●国宝・阿修羅展…あんだんごさん
●2009 TOKYO純氷まつり…まぐぽさん

の3点。やはりブロガーさんはイベント感度大ですね。
情報、感謝です。てかみなさん、よく考えると
モルト×ショコラの参加者さん(笑)

では、見てきた順に商品デザイン展から。
商品デザイン展もいいんですけどね、
会場となった東京藝術大学の建物がいい感じ!

煉瓦の門に城郭風な入母屋屋根。
反りも起り(むくり)もない一直線な感じ。

P1040421

外壁は瓦を縦に積んだような感じ。
今年の初めに、清洲城で見た感じだよね。

P1040425

デザイン的にはアリだよなーと思っていたら、
こんなところで見かけるなんて。

正門?かな。どこから見ても城っぽい…
でもどこか現代的な雰囲気もあって、すごくイイ!

P1040426

かなり鬼瓦がデカめ(笑)

P1040433

なんか不思議な空間じゃないですか?

P1040435

基本は城郭や御殿風なんですけど、
どこか美術館的な感じもしてるよね。
和洋折衷じゃなくて、和洋融合って気がする。

ということで、関係ない話が続きましたが、
肝心の陳列館のほうに。

まぁ、意図したことだろうけど、
資生堂とサントリーって、どちらもブランド力が
非常にしっかりしてるというイメージ。

各々の商品デザインは古臭さなどは決してなく、
むしろ、時の流れが刻まれた「時間的な古さ」との
ギャップが、今そこにある新しいデザインには
どうやっても真似のできない味わいを生み出している。

もちろんウイスキーを飲むので、
ウイスキーボトル(ばかり)に目が行くんだけど…
特に気になったのをちょちょちょ。

今なお、そのカタチでありつづける角瓶。
誕生はなんと1937年。時間的な隔たりを感じさせない
モダンなデザインは、いま角ハイボールのアピールで
再び脚光を浴びようとしている。

そういやオールドやローヤル、リザーブといった
名だたるウイスキーはどれもその基本スタイルを変えず、
カタチを見ただけでそれと分かる個性を確立しているし。

あと、インペリアルというウイスキー。
1964年発売とのことで当然、わたしは知らないのだが。
以下、カタログからです。

P1040648

すごいよねー、これを贈られたら出世の証だってよ。

もっと凝ったデザインといえば、センチュリー2001
わたしが生まれた年にできたザ・ウイスキー。

センチュリー2001は、オークの木箱に抱かれて
熟成するイメージを醸し出している、
ウイスキーならではのデザイン。

P1040678

これ、当時30,000円だったそう。
今みたいにのめり込んでたら、買ってたかもなー。

ザ・ウイスキーは初の陶器製。これ以上の
ブレンテッドはないという目指した心意気に沿うべく、
有田焼で独創的な浮き出し技法をつかったデザイン。

P1040675

このあとも響21年や35年の有田焼シリーズに
つながっていく取り組みなんだろうな。

他にもイベントごとのスペシャルボトル。
今も続く干支物、博覧会やコンサート記念、
それにオールドのスペシャルラベルとかも。。。

P1040691

プライムブルーという中国・台湾向けウイスキー。
すごい都会なイメージのボトルで、
ある意味、ウイスキーらしくないが…
台湾や中国でも飲まれているというのが意外。

P1040698

おっと…ついつい、サントリーばかりに…
まぁどうしても関心がソッチなので、
勘弁してくださいよ(笑)

ほかにもみたいー!おもしろそう!
というひとは、ぜひこの週末に上野へ。
6/1(月)まで、開催しておりますですよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごった煮。

ネタ記事や、G9のレビュー、先週行った
デザインフェスタの記事とか…書くことは山積だけど、
今日明日とも出かけるので…G9とデザフェスは
ちょっと後になりそうな予感。

ということで、なんだかごった煮な適当なことを
ずらずらーっと書きたい気分。

で、ポストに届いたこれ。
やっと定額給付金。出すのが遅かったんで、
ようやく給付決定通知書。
銀行振り込みって、もらったっていう実感ないよね(笑)

P1040411

昨日飲んでて、あれ?という
HIGHLAND PARK 12YEARS OLD。
おっかしーな、もうほとんど残ってないやん!
また補充しておかないと…

またサントリーから限定ウイスキー『白州HEAVILY PEATED
って出るみたいで、こちらも気になるし。
4,000本ってちょっと流通量少なめね。9,000円。

とか考えてると定額給付金なんて、
あっちゅう間になくなる気が^^;

P1040406

ドイツ土産のお酒。これドイツ語ばかりで
なんなのかぜーんぜんわかんないのですよ…

P1040407

わたし宛のお土産ではないのですが…
でも、お酒といえばnikko81さんがもってるほうが!
ということで、職場の女の子に頂きました。
(ん?のんべーイメージかな??)

また、近いうちに試す予定。

って酒の話ばっかやん!ということで、
思いつきでこんな話を書いてみようかね…

なんの脈絡もないんだけど、寝床に貼ってある
信玄おじさんの訓示。風林火山が有名ですが、
アレは孫子のことばですからね。
甲府・恵林寺で買えます。

P1040409

何事も50点をもって上出来とし、70点は中、
100点満点は下という内容。

その心はというと、50点にはこれじゃいかんと、
がんばり続ける元になるが、70点だと怠けが、
完璧な出来だと、驕りが生じるからだと。

たとえ一時的に完璧な仕事ができても、
傲慢になって怠け心が表れると、
いい仕事は続けられないよ、と。

武田信玄って、すごく強いイメージがあるけど、
実はすぐ怠けたり、遊んだり…という
ナマケ心やすぐに調子に乗ったりするということを
自分の心にも見出していてるんですよね。

人は城、人は石垣…と言われるように、
人の信頼とチームワークを何より重んじ、
また人の心をつかむのが特に上手かったわけですが。

そのスキルは自己をしっかり見つめるという中で、
うまれたものなのかなーと思ってます。

神がかり的な信長や謙信と大きく違う点の一つ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネタ記事に勤しむ。

せっせと記事を書いています。
何のためにそこまで…とblogを書かない人には
思えるのでしょうけどね。

なんでだろうな…書きたい衝動があるのもそうだけど、
気になったことを忘れてしまうのがもったいない、
という情報面・知識面で無駄によくばりなんでしょうね。

ということで、今日はこちら。

●同じこといっても…(イザ!)

単純なモノの良し悪し(機能性とか審美性とか)でなく、
ある種のストーリーがある商品が売れる、という話。

別段、考え方としては新しくもなんともないんだけど
「…置き換えて感動的物語を創作し、…」
あたりにどうにもキナ臭い感じがしてならない。

要は、消費者はモノを買って、はい終わりってんでなく、
モノを使ってなりたい、したい、楽しみたい…と
モノを使うことでどうなるかをイメージしながら、
買い物をするわけだよね?

物語マーケティングって、そのイメージをある程度、
先に企業がかたちづけて商品と一緒に見せることによって、
使ったときのイメージをしやすくしてる。

黒烏龍茶の場合も、脂肪吸収が抑制されて、
ダイエットにいいというところでイメージを留めず、
いやいや、ということは脂っこい食事を
心おきなく食べられるんですよ、
と一歩進んだイメージを先に形作っておく。
ここが、マーケティングの巧さだろうな。

でも、感動的物語を創作っていうとさ、
ありもしない感動物語をでっち上げて、消費者に買わせる…
みたいな雰囲気をどうしても感じてしまうのです。
被害妄想かもしれないけどね…

●SSDは地球を救う。(GIGAZINE)

地球を救うのは、ではないのです!
SSDなのです(笑)なーんてね。

SSDはHDDに比べ消費電力が少ないわけですが、
企業内のデータセンタをSSD化すると、すごい効果が、
という話なんですよね。

そうはいっても、容量はHDDが先行、価格も安く、
速度もまだSSDが圧倒的に速いでしょうから…

消費電力でSSDに置き換わるというのではなく、
他の条件がHDD並みかそれ以上になったときに、
付随的に起こること、と思ったほうがよさそうですね。

●これウチもやってます。(風雲!コネタ城)

そうなんですよね~詰め替え用といいながら、
キャップを変えるだけでよくって。

付け替え用とかにしたら?

●世界最高齢の女性、130歳で死去。
 (GIGAZINE)

最終的な確認が取れていないとのことでしたが、
カザフスタンの世界最高齢の女性が
お亡くなりになったとのこと。

裕福でなく、人が多くて手狭だったため、
政府が家をプレゼントしたそうですが、
その新しい家の風呂場で転んで腰を痛め、
それが回復せずに、なくなったとは皮肉な話。
ご冥福をお祈りいたします。

生まれたとされる1879年というと、明治12年。
日本人だと、大正天皇や滝廉太郎、永井荷風、
鳥井信治郎といったところ。

海外では、アインシュタインやトロツキー、
スターリン、陳独秀など。
もはや、歴史上の人物って感じですよね…

●チョコで走る…エコかもしれないけど複雑。
 (Infoseekニュース)

ハンドルはにんじん、本体はジャガイモ、
シートは麻の繊維と大豆オイルフォーム、
潤滑油には植物油、燃料はというと…
廃棄されたチョコレートと野菜オイル、とか。

だけど、廃棄されたチョコレートって…
そんな燃料になるほど、廃棄されてるってこと?

クリーンかもしれないけど、そんなに
捨てられていることが問題なんでは?

●若者解散装置「モスキート」。
 (GIZMODO JAPAN)

これ、オトナには聞こえづらい17KHz以上の
高い周波数のモスキート音で、器物を壊して回るような
やんちゃ(?)な若者を近づけないという装置。

でもこれって、猫よけ装置と同じよね?
なんだかなーという気がします。
(これ、JR東日本の通販カタログによく載ってる…)

ちなみに、高周波音年を経るごとに聞き取りにくく
なるようですが、とりあえず18KHzまではOKでした。
その先は敢えて(笑)試してませんが、一応若者ってことで
よろしくお願いします(何が?)

興味のある方は、こちらから可聴周波数域チェック、
試してみてくださいな。

●平戸から江戸まで1,000km完歩。
 (Infoseekニュース)

1,000kmですよ、1,000km。
どんだけ掛かったんでしょうね…
と思って調べてみたら、約2ヶ月でした。

一日当たり、約17km。歩けなくはないですが、
相当くたびれそうですね…すごいっ!

●おおー、1万円台。(家電WATCH)

AOKIの洗濯機で洗えるスーツ、18,900円~に
改定されたとか。いよいよ気になってきますね、コレ。

近いうち、買っちゃおうかなー。

●奇跡の脱出劇。(GIGAZINE)

これ、思わず見入っちゃいました。
ヘビに飲み込まれようとするカエルが、
もう姿が見えなくなる…一歩のところで脱出!

なんか途中から顔がカエルで体がヘビみたいな、
想像上の生き物みたいになってますが…

どうやって形勢逆転するか、見てのお楽しみ。

●ええー、どうしよう…(ScanNetSecurity)

駅のコインロッカーに入れておいたPCが
なくなっていたという事件。

これ、電車の網棚に忘れたとか、
居眠りしていある間になくなったとか、
そういう過失じゃないですよね。

旅に出るときには、間違いなくPCをもって
出かけていて、コインロッカー使いまくりなのですがー。
こんなことってあるの?コインロッカー完全に
信用しすぎていたかも…でも…荷物どうする?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とりあえず、食だけを。

かをり嬢のblogでScatman Johnの話が出てから、
頭の中で、びーばっぱーぱらっぽー♪と
ループしてるnikko81です(笑)

しっかし、なつかしいよね。
見事にアラサー世代のツボを突いてますねー。
今の眞鍋ちゃんに毒針もたせたら、
はぐれメタル一撃じゃない?(笑)
# ドラクエ知らない方、すみません。。。

ということはさておき、体調悪いっちうーのに、
東京ビックサイトまで出かけてきて。
そう、デザフェスに行きたかったから。

1年ぶりなんですよー、デザフェス。
1年に2回あるので、2回もskip。
今年こそは行っとかなーということで。

いや、でも疲れますね。ビックサイトの
西展示棟のほぼ全体を使っていて、
さらに一つ一つのブースが個人なもんだから、
数が膨大すぎる!!!

最後は気合だけで回ってました(苦笑)
が、面白いもの、キレイなもの、???なもの、
たくさん戦利品があるし、懐かしいひとにも出会えたしね。
落ち着いたら、またアップします。

とりあえず、食関係だけ先に。

るるぷぅさんところにコメントした際に、
恵比寿のチーズラーメンが気になるーてなことを
言ってられたので、昼はまず恵比寿に寄ってから。
けっこう有名どころの九十九ラーメン

P1040106

どどん、と削りチーズが山盛りです!
これを少しずつ溶かして食べるのが吉。

スープは、味噌ベースですが、ダイレクトに
味噌の味を感じることはなくチーズと融合して、
また違ったコク深い味を出しています。美味い。

900円と決して安くはないのですが、
たまに食べるラーメンならいいかな、と。

これでカキ氷っぽく、チーズを削りだしてます。
このチーズ、あの花畑牧場のチーズだそう。

P1040101

意外とオトクな小いくら丼350円。

P1040100

で、帰り。こちらは杉並在住時代に、
よくお世話になったに西荻窪・八龍。

他にも美味いのがあるのですが、
80%以上の確率でオーダーするのが台湾丼。

P1040394

ひき肉・ニラ・万能ねぎ卵とじあんかけピリ辛。
いわゆる名古屋発祥の台湾ラーメンのどんぶり版。
台湾と…関係はないみたい(笑)

久しぶりに食べたけど、やっぱり美味い。
好きだ、この味。オススメです。750円。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

薩摩と余市。

うむむー、また鼻水が止まりません。
また風邪ひいちゃった?もう…

鼻が詰まると、ウイスキー飲めないので
つまんねー、と大弱り。

あ、いや物理的に飲めなくはないですが、
香りを感じにくいので、せっかくのウイスキーが
もったいないな、と思ってね。

これ開けようかなーと思ってたのに。
ヴィンテージ薩摩1984

P1040087

マルスウイスキーは、駒ヶ根蒸留所が主なんですが、
製造元の本坊酒造が焼酎メーカーなので、
本社工場は、鹿児島なんですね。

その鹿児島で蒸留・熟成させたシングルモルト。
スモーキーな感じらしいです。

個人的には、ニッカがおいしいウイスキーは
北で生まれる
と言っているのに(笑)、
日本ウイスキーの歴史で最も南で造られたウイスキーって、
どんなもの?という天邪鬼な興味があって。

薩摩切子のところでも触れましたが、
自分のルーツが薩摩にあるという意識もあるし。
ま、悟空がサイヤ人の血を意識するようなもの?(笑)

出身地の大阪では山崎があるし、興味のある
武田信玄伊達政宗のお膝元でも、蒸留所があるし。
無理矢理感満載ですが、ツナガリを感じます。

ということで、しばらくお預けですねぇ…

あと、キーモルト余市も届き。

実は、昨年7月にマイウイスキー造りの際に、
かなり買って手で持って帰れなかったのに、
もうないのですよ。うわーん。
大事に飲んでたんですがね。

でも、アサヒショップで180ml版があるのを見つけ、
早速オーダー。しかし、Peaty & Saltyは完売…
Sherry & Sweetもわたしの1本で、完売。

P1040091

余市に行けば買えるんですけどね。
ボトル買いに行かなくちゃ。
NIKKA Blender's Barでも飲めるんだけど、
やっぱ、手元においておきたいじゃない。

そろそろ(てかいい加減に)、G9のレビューも
書きたいなーと思ってはいるんですけど、また今度。
一言で言うと、懸念は杞憂でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

テレビのない生活。

実は、なぜかよく分かりませんが、
地デジつき液晶モニターの調子が悪く、
TVが映らないんですよね…

ということで、しばらくTV見てません。
見たいときはワンセグ(笑)

とりあえず天地人を見れればいいので、
意外と不自由しませんね。

とはいえ、いつまでも見れないのもなーという感じ。
集合アンテナが悪いんじゃね?という気もするが。

では、つづきをば。

●誰のために働くのか。(【考察】企業の組織改善)

これ、つとめびとにとっては永遠のテーマかも。
難しいですが、個人の意見としては、
まず「自分のために」ってのが必要なんだと思います。

でも、その自分のためにってのは、
金を稼ぐというより、働くという行為を通じて、
視野を広げる、成長するということ。

イチローが王監督と食事をした際に、
現役時代に自分のためにプレーしていたか、
チームのためにプレーしていたか、
と問い、王監督は自分のためだと答えたそうですが。

「皆のために」を実現するには自分が楽しさを
感じる中で、着実に成長しないと、
実現するべき「皆」の足を引っ張るだけ。

特に、自分の納得感や達成感やよろこび、
目指すところへ向かっているという感覚を実感する
ということは、きっちり押さえておきたいと思っています。

その上での、for the team。
はじめからチームを上位に意識して行動できるひとは
限られているような気がします。

●blogでつけられるスキル。
 (『ビジネス2.0』の視点)

この方が書かれているように、わたしのように
本名でビジネス的なブログ を書いてはいなくても、
短時間でわかりやすく、ということは意識しますね。
一種の慣れのようなものかもしれません。

短い文章の中でも、キーワードが転がってます。
説明力や本気を伝える力。重要ですね。

説明って、相手を動かす原動力だと思っています。
誤解を恐れずに言えば、正しいことを正確に説明する「だけ」
が説明ではないと思っていて、いかにそのあとの
相手のアクションの変化につなげられるか、
そういう力をつけるのが大事かな、と。

直接的には効いてきませんが、blogの仕事への効用も
けっこうあるのではという気がしてきました。

あともう1点、要約力。よく大学入試の頃は、
国語や世界史で○字以内で述べよ、というのがあったけど。
どうしても、長くなるんですよね、文章。

小粒でもピリッと効く文章。
そんな文章をさらっと書けるといいですよねぇ。

●立川はよくばり。(日経ビジネスオンライン)

だそうです。

首都圏の1,409駅を対象に、
「流行感度」「利便性」「環境」「親しみ」の
4つのパラメータを数値化し、カテゴライズ。

一見異なったように見える街でも、
特徴による意外な共通性が見えたりして面白い。

よくばりというのは、すべてにおいて
数値が高い信長の野望でいう武田信玄のような、
すべての能力値が90以上というような駅のこと。
(たとえがどうなんだ?という気がするな。。。)

よくばりに該当するのは、自由が丘、吉祥寺、町田、
そして我が立川の4駅のみ。

あなた好みの駅占い、なんてのもあって、
相性は94%。大吉でした♪
うん、満足してるよー。

首都圏の皆様、お住まいの街はどうな特徴がありますか?

●「日本が立ち直れるか」論からみえること。
 (THE SHOW MUST GO ON
 加藤順彦の Pan Asianな視座でいこう)

ちょっと違った視点から。

例の「日本は立ち直れないから、海外で働こう」という
メッセージ、いろいろ刺激を受けて文章を書く人が
多いみたいですね。

それが合ってるか、間違ってるか、
どう思うかはさておき…

このメッセージってとっても情報が伝わるチカラが
強いんだなと思わせられました。
多くの人が取り上げて、blogなりSNSなりで
文章を書くわけですもんね。

情報の影響力の強さ、とはこういうこと
なんだと思いますね。

●おはようございます、といえない理由。
 (Business Media 誠)

幸いなこと…かどうかは分かりませんが、
入ってきて早々、挨拶もできないとは…と思った
ケースはいまだないんですけどね。

知らない人に声をかけたり、目を合わせたり
してはいけない、と言われて育ったから、
という解答は、すごく説得力があるな、と。

言っちゃいけないんでしょうけど、
あぁ、だったらしょうがないねと
思わず納得してしまいそうになります。

なんでアイツは、いつもこうなんだ!!!
と激高する前に、自分と相手ではそもそも
行動原則・ルールが違うんでは?
と自問してみるのも、いいかもしれません。

●勘助宛の書状。
 (躑躅ヶ崎の新館~武田氏とそのゆかりの人たち・ブログ版~
 山梨日日新聞 Web版

これ、武田ファンにとってはすごい発見。
山本勘助の実在の根拠となる唯一の証拠である
市河文書のほかに、新たに書状が見つかったとのこと。

しかも、5通もあって、直接信玄が勘助
(文書では菅助)に送った手紙も2通あるとのこと、
信玄が信頼している様子が伺える資料だとか。

群馬県の安中市学習の森ふるさと学習館で、
保存されるとのことだが、どういう内容で、
どう読み解けるものなのか、研究が待たれます。

●読めますよね?(はぐれ雲)

人間は、単語の最初と最後の文字さえ合ってれば、
単語の順番はぐちゃぐちゃでも、頭が再構成し、
きちんと読めるようになってるみたいです。

リンク先で読んでみてください。
意外と普通に読めてしまいますよ。

●城人気が加熱。(イザ!)

なんだか、城を訪れる人の数が増えてるみたい。
熊本城、首里城、浜松城で過去最高更新。
姫路城も好調なようですね。

いわゆる歴女が増えたことも原因なのかな?
いずれにしても、城好きとしてはうれしいニュース。
全国100名城のランキングなんかもほしいですね。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

再減量中とは言いながら。

一応、落としているつもりです…が、
週1回の休肝日以外まで、禁酒するのはムリですね^^;

ということで、やはり食べ物のところで
気をつけるのが基本、ということになりそうです。

ということで、ネタ記事行きますよぉ。

●Windows 7関係。
(@IT ZDNet Japan マイコミジャーナル)

あと半年くらいですかね。Windows 7。

Vistaよりさくさく動きそうとか、
タッチパネルを意識してたりとか、
SSDにパフォーマンスを引き出してくれたりとか…

今までの「OSでこんなことができるように!!」
というよりも縁の下の力持ち的なところに
注力されてる気がして、珍しく?期待が持てそうな感じ。

個人的には、SSDもタッチパネルも使ってるので、
これを境に一気に普及してほしい感じ。

Windows XP Modeって対応するCPUが限られるとか。
お店で売ってるノートは全滅?
とかって話もあるけど、むしろ企業向けのほうが
意味があるようなモノのように思うけど?

●感染した人に近づくとメールが!
 (GIGAZINE)

あくまで実験ということですが…
これ、まかり間違うとパニックになっちゃいますね。
特に日本人の性質を考えると。

携帯電話のGPS機能を使って、とのことなので、
技術的にハードルが高いわけではないでしょうが、
心理的抵抗感はあるでしょうね…

「あなたは感染者と同じ電車に乗っていました」
といわれても、すごいショックだろうな…

なんか文言の雰囲気的に、ドラクエIIIで
ぼうけんのしょ(=セーブデータ)が消えたときの
音が頭に鳴り響きそう(笑)

●国産ウイスキーの海外への出荷量。
 (イザ!)

話のネタ的には、竹鶴21年の受賞話なのだけど、
ニッカとサントリーの輸出量に目が行き。

08年度、ニッカが22,000ケース(264,000本)に対し、
サントリーが91,000ケース(1,092,000本)。
国内でのシェアもそうだけど、ずいぶんと差があるな。

サントリーはWMLの際に、輿水さんが海外展開の話を
されていたけど、ニッカもぜひ、がんばってほしいね。

●杞憂…に終わればいいけど。(IT-PLUS)

設計図だったり、ソースコードを開示させられる?
という中国の認証制度の話。
これ、ありえないよねーと書きましたがね。

けっこう、たられば論も含まれてたのかな、と。
ニュースって報道=真実って思っちゃいがちだけど、
ほんとにそうなんだっけ?って、
思わないといけませんよね。

もちろん、ほんとに杞憂かどうかは、
最終的な結末を待たないといけないわけですが。

●電子タバコも禁止!(Infoseekニュース)

JR北海道が、見た目タバコに見えるが
人体への害はない電子タバコも駅構内での喫煙を禁止、
という措置に反発が、という話。

確かに現実は害がないでしょうが、やはり人間は
良くも悪くも、見た目で判断するもの。

あれっ!って思いますよね。
でも、その割には臭くないかな…という感じか。

●遠隔データ消去、PCでも。(INTERNET WATCH)

ケータイには遠隔ロック、ってなのがありますが、
PCにもそういうことができる時代なんですね。

企業PCだとこういうのウケるだろうなぁ。
個人PCでは…だけど。

個人的にPC置忘れとか、ありえないんですけどね。
自分の持ち物で高額ランキング上位ですから(笑)
でも酒に酔ったら、わからないかも!

次に、つづきまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

にがおえ。

G9に入っているモバイル三国志4で最近、
時間がつぶれるnikko81です(笑)

ちょっと、プロフィールのページなんですが、
似顔絵を入れてみました。
もちろん、自分で描いたんじゃないですけどね。

それなりにデフォルメされて、特徴は出てるかと。
以前のがあまりに似てない気がしたので…

こんな感じのヤツなんです。ま、興味があれば
見てみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ご近所なのに…お初です、八王子。

さて、GWでたんと体重も増えたことだしorz
今日は運動がてら、八王子に出かけてきましたよ。

立川も多摩地区の中核都市ですが、
人口では立川17万に対し、
八王子は57万と話になりません。
そして八王子のほうが歴史が古いですね。

スタートは、JR横浜線・片倉駅。
お昼ごろだったので、ラーメンを目指します。

お…第1マンホール発見っ!

P1030910

実は、「えびす丸」というところに行きたかったんですが、
生憎、お休みのようでした…ということで、
少し先の「おまた」さんへ。

P1030920

この山盛りのたまねぎが特徴ですねぇ。
美味しいは美味しいのですが、味濃い目にすると、
ちょっと濃すぎだよ…

これでは味薄めにしたほうが
よかったなーという感じ。基本はいいだけに、
味を濃くしたことが悔やまれます。

たまねぎも甘みがあって美味しいのですが、
スープの濃さに抹殺されてますorz

かつお粉ってのがあって、コレを掛けると
またずいぶん違った味になって、
いい感じではありました。

P1030923

ぜひ、次来るときは薄めで頼もう。
安い(=基本ラーメンは500円)というのも魅力。

さて、目的はというと西八王子近くの信松院。
信玄の娘、松姫が織田の武田攻めの折に、
八王子に逃れて開いた草庵が元になっている。

おぅ…第2マンホール。歩道のデザインと一体化、
と思いきや、少し主張している部分もあり。

P1030928

信松院前の道路は松姫通り。

P1030933

これも…武田菱なんだよね?

P1030934

こちらが入り口。緑に囲まれた寺院です。
建物は新しいものだけど、門扉の武田菱が
格式の高さを思わせます。

P1030936

松姫像。

P1030939

ここで、ちょっと松姫の紹介。

松姫の母は、甲州一の美女と名高い油川夫人。
一昨年の大河ドラマ・風林火山では「於琴姫」の名前で
登場してましたよね。

そんなDNAを受け継ぎ、松姫も超美人だったそうです。
また、松姫は信長の嫡男・信忠のフィアンセでした。

会ったことはないのですが、手紙のやりとりで
交流を深めるという、なんとも微笑ましい関係であったとか。

しかし、信玄が三方ヶ原で家康と激突すると、
後方で支援した信長とも関係悪化で、縁談は自然消滅。

信玄死後、武田の命運は尽き、勝頼の勧めで、
八王子に逃れるも、甲斐攻略の総大将となった信忠から、
迎えの使者があり、信忠に会いに向かう。

しかし…ここで本能寺の変。信長自身だけではなく、
信忠も京都で命を落とすとの報。
このあと八王子に戻り出家、信松尼と称す。22歳。

八王子で余生を過ごした松姫の伝えた織物が、
後に八王子織物として後世に伝わるという…

さて。本題へ戻り。

敷地内に入ると、城郭風の建物。
こちらは寺務所のようです。

P1030942

比較的新しそうな建物ですが、
例によって、武田菱が輝いております。

P1030948

こちらが観音堂。これ、午前中に写すべきですねぇ…
猛烈な逆光です。青屋根と白壁と日本の寺院にしてはカラフル。
1989年5月3日落慶。ちょうど満20年ですね。

P1030949

午前中で、快晴ならこんな感じなんだけどなぁ。

こちらが本堂らしい。基本的に拝観不可。
この形を見て、川越城の本丸御殿を思い浮かべました。
P1040004


観音堂内。日光東照宮や瑞鳳殿を彷彿とさせる
仏教的な装飾が並びます。でも松姫の霊廟ではありませんよ。

P1030967

ここには、信玄五男の仁科盛信の孫、
仁科資真が寄進したという、武田印の軍船模型があるんですが、
これどこ?どこ?と思っていたら…

P1030984

えー、そうなのか!予約必要とな!
観音堂の撮影もイマイチだし、また来ないといけないな。
あっ、さっきの本堂にあるのかな。。

こちらが信松尼の墓。命日は4/16らしい。
信玄が4/12なので、すごく近いんですねぇ…
近くなので、また来年寄ってみてもいいかもねぇ。

P1030985

戻るときに観音堂の裏手にシーサー発見。
なんでだぁ(笑)

P1030998

P1040001

さてと。ここで信松院を後にします。
さ…八王子駅から電車で…ちがうーーーー!
歩きじゃ、歩き。立川まで歩くぞーー!

ということで、歩いて帰りました(爆)
スタートの片倉駅から測って、約15km。
ということは、また1,000kcal消費(笑)

でもね、歩いているといろいろ写したくなるネタが
あってblogger的にはネタが増えて、ありがたかったり。

これ、ツツジ…いや5月だからサツキかな。
でもこんなユニークなの、見たことないよ。
なんかアーティスティックな感じ。

P1040023

やった、カラーマンホ発見。色塗っただけじゃなく、
のっぺりしたのに絵を書いた感じ。

P1040024

ラーメン信玄亭。残念ながら支度中。
Yahoo!グルメの評価がやたら高く、今度行ってみたい。

P1040027

おっと、こちらは別バージョンのカラーマンホ。
よくあるタイプのカラーマンホですね。

P1040044

多摩大橋。ここをわたれば、八王子を抜けます。
Aの文字みたいなフォルム。塗装色もグラデーション?

P1040053

ということで、このあたりでネタは終了。
いやー、今は15kmが限界ですね、10kmと15kmでは
疲れた感覚がぜんぜん違います。

コレで少しは、ダイエットになれば。
もちろん、平日もできるだけ会社帰りにも歩きたいですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GW中の記事 vol.2。

つづきでーす。

●脂っこい食品ほど記憶に残るとなっ!
 (GIGAZINE)

だそうです。まぁ、人類のたどった歴史を考えるなら、
そういった記憶の形成のされ方はあってもおかしくないけど…

ま、全部が全部食事で決まるわけではないけど、
記憶に残りやすいという事実を
知っておいて、損はないかもね。

逆にいつまでも記憶に残していたい
出来事があるときには、ちょっと脂っこ目、とか。

●最高学府なのに…(Infoseekニュース)

困ったものですね。自分自身が大学を離れて、
もう結構なるので、体感していることではないんだけど。

原因のひとつにあげられている入試制度。
やはり、ある程度勉強して知識を蓄えるってのも、
必要なことだと思うんですよね。

受験だけが勉強じゃないのは確かだけど、
知ることは、自分で考える土台。
知識だけじゃ、自分で考えることにはならん
というヒトもいるけど、知識がなくっちゃ始まらない。

●知らないうちに。(Infoseekニュース)

知らないうちに、東大ががんばってるらしい。
どうも、東大ってカタいイメージのままなんだけど、
大学改革ではかなり先を行っているらしい。

以前よりも東大一人勝ちが進み差が広がってさえいるとか。

|新しい価値観、新しい動きを
|打ち出す気構えが感じられない

とまで言われたら、黙っていられないでしょう。
逆の立場のひとの論説も、ぜひ拝聴したいものです。

●下水から「お宝」。(イザ!)

長野県の下水処理場に流れ込む下水に大量の金が含まれ、
県は4000万円以上とかで、笑いが隠せない様子。

でもこれ、

|精密機械の基盤や金メッキに使われている
|金が、工場から廃水として流れ込んで

いるのだとしたら、それはそれで問題じゃないか?
また企業のほうもそうだとしたら、
今後は流さずに自分たちで処理しようとしないかな?

地中から温泉水を介して鉱脈の金が
流れ込んでいるなら、その鉱脈を探し当てたほうが
もっと効率がいい気もするし。

●要害・Cafe fortina。 (要害旬情報)

先日、甲府に行ったときにお邪魔した
積翠寺温泉「要害」。
その屋上にカフェができたようですね。

夜景が素晴らしいですねぇ…
こういうところで地元の甲州ワインを頂きながら、
夜景撮りに精が出そうですね(苦笑)

●世界中から…Stand by me。(らばQ)

世界中の無名のアーティストがそれぞれの場所で
演奏した音、歌う声を合わせて、Stand by meを
つくっています。これすげー。

世界中の人でつくりあげるのって、
なんだか感動します。通信技術の発達あってのこと、
だけど、それだけじゃできない何かがありますね。

●JR日光駅、リニューアル。(イザ!)

以前からいいなぁと思っていたJR日光駅の駅舎。
外観はほとんど変わっていないが、
インテリアも合わせて、レトロ調のものに。

また、日光東照宮行ってみようかな。
nikkoだけに。笑。

●善光寺、大混雑。(イザ!)

ご開帳の善光寺、すごい混んでるみたいですね。
soraさんが行ってこられて、
40分は並びますよとのことだったけど、
参拝するのに土日は1時間半待ちもあるとか。

GW過ぎると、ちょっとは落ち着くかな?

●ふーん、ふむふむという感じ。
 (Infoseekニュース)

日本はもう立ち直れないから、
海外で働くことを考えようですって。

「日本はもう立ち直れない」の部分は、
キャッチーなだけな気がしますが…

どうもこう、大きなダイナミックな仕事がいいとか、
伸びてる環境で仕事しないと、と思えません。

それがよければ、海外で仕事をという選択は
正しいでしょうけどね。

成功体験って何だろう?成功体験の意味をまず、
考え直すのが先じゃ?というのが正直な感想。

ヨーロッパの仕事観は仕事、家庭は家庭、
個人は個人を、それぞれ大事にしつつというイメージ。
(大雑把過ぎるかもしれないけど)

それをまるっきり真似るんじゃなくて、
参考にしつつも緩急つけながら、
生きてくのがいいかなぁ、なんて思ってます。

●インベーダーやタイタニックを浮かべ。
 (らばQ)

まぁ、そういうカタチの氷がつくれるってことです。
でもインベーダーはちょっと惹かれないかな。
インベーダー世代ではないのでね…知ってはいるけど。

タイタニックも、沈んだ船が…というのは…
これで飲み物出されると、なんだかブラックジョークが
隠されてそうでイヤだな…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

GW中の記事 vol.1。

GWは、すっかりマイフォトとかできないことを
まとめてどっさーとやったので、通常の更新はこれから。

●冷静に。(永井孝尚のMM21)

関係ないのに、メキシコ料理屋の客足が遠のいたりと、
餃子事件のときもそうでしたが、
なんかおかしいよなーと思います。

ま、今回も危険は危険なので、
冷静な注意は必要だとは思いますが、
誰かが言ったことをそのまま真に受ける、
ということがないようにしたいですね。

これに関係して、情報ワクチン(シロクマ日報)
という考え方、ちょっと気になりました。

ウイルスの蔓延と情報の拡散って、
爆発的なところって似ていて(いわゆるミームの考え方)、
正しくなくても、伝わりやすい情報が伝わっていく。

だとすると、誤った考え方が流布している際に、
正しいことを広めるだけではなく、
拡散しやすさを埋め込まないと、誤った情報が拡散した
状況を正せないということなんでしょうね。

シロクマ日報に書かれている「戦略的な情報加工」とは
まさにこういうことを言うのでしょうね。

でもこれって、ある意味マーケティングと似た世界。
市場競争のなかでもマーケティングが必要なように、
政治や医療の世界でも、ある種マーケティング的な発想が
求められているのかもしれませんね。

それにしても、「メキシコ料理だ、怖い怖い」だって。
メキシコ人に失礼すぎる!!
首根っことっ捕まえて、土下座させたいね。

●どんな論理?(Infossekニュース)

海外ロケから帰ってきて、暖房がつけっぱなしで、
電力会社にクレームを入れた、という芸能人の話。

そんな長い間つけっぱなしにしたことはないが、
電気を切るのを忘れがちなので、
やっちゃうのは理解するけどさ…

消し忘れた分、電気代どうにかしろって。
よくそんなこといえるなーというか、
そゆこと、テレビで言っちゃうんだねぇ…

案の定、blogは炎上。当然。
ぱっと見、そんなきついことを言わなそうなのに…

コメントは全削除のようだけど、
こういうのこそ、きちっと誤ったほうがいい
と思うんだけどね。

それにしても、こんなクレームに30分も
付き合わせた東京電力のご担当者様…
おつかれさまです。

●アナログマ。(Infoseekニュース)

ぶっちゃけ、コッチのほうが親しみもてますw
あなろーぐま、あなろぐーま、まだまーだげんきー♪

最近ね、テレビを見る時間ってすごく少なくて、
さらには画質がキレイだろうが、
どっちでもええやんと思い始め…下手すりゃ
ワンセグだけでいいかもね(笑)

●これ思った!一緒や!(風雲!コネタ城)

恵比寿駅のエスカレーター横に張ってある張り紙。
そのまま行くと、東口改札に行くんだけど、
途中まで東口の案内なのに…

ちなみに…○○と××は反対(西口)よ!って。
先に書いてくれーと思ったのは、
わたしだけではなかったよう(笑)

●永作博美さん、ご結婚。(イザ! はぐれ雲)

そうなんですねー、おめでとうございます。
しかし、この方どうしてこんなにかわいらしいのでしょうね?

個人的に「かわいい」と「かわいらしい」って、
ぜんぜん別だと思っていて、実は「かわいらしい」ほうが
より人間性に根ざしたというか、単にルックスだけでは
なしえない愛おしさがあると思うんです。

あと、すごくキャラの幅が広いというのも、
男女問わずひきつけるところかな、と。

このニュースでがっくり来るひと、
相当、多いんでしょうね(苦笑)

●G9はどこまで息が続くか?(ITmedia +D モバイル)

出だし2週でauの販売数トップの座にいるG9。
INFOBAR2は急降下したらしいが、G9はどうかな?

個人的には、INFOBAR2っていいことはいいんだけど、
登場感というか、インパクトに欠けていたかも。

追々レポるけども、使いやすさもまずまずだし、
性能は現世代のモデルとしてはきっちり押さえているし。
長続きするといいなぁ。

●ブルトレ活用企画。(マイコミジャーナル)

JR九州がブルートレインを使ったツアーを企画。
もちろん、九州圏内のみの運転だけど、
せっかくの「資源」、うまく活用していますね。

第3回目の夜行列車として運行し、ブルートレイン内で
宿泊できるツアーとか人気出そう!

●定額給付金を現金支給。(Infoseekニュース)

千葉の我孫子では、定額給付金が現金支給だとか。
システム対応の遅れが原因とのことだが、
大きな混乱もなく、ある一定以下の市町村なら
こういうのもありなんでは?と思ってしまった。

どうも口座に振り込まれてしまうと、
受け取った感じがなくて、12,000を何に使ったのか、
貯金したのかどうなのかってのが見えにくいんだよね。

気がついたら、使ってましたみたいな(苦笑)

現金支給も人出や対応する職員の問題など、
大変であるのは分かった上で、ね。

例によって、二回にわけまーす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

blogのあれやこれや。

そういや、ブログパーツをけっこう増やしました。

ひとつは、「白州蒸留所」。

すっかりサントリーでは白州派なのでねぇ。
樽出15年が最近のお気に入り。

もうひとつは、マイミクさんから教えてもらった、
ほめられサロン」のブログパーツ版。

最近、ほめられずに叱責ばかりされている
貴方にオススメです(笑)
会社とかでやると、恥ずかしくてブラウザ閉じちゃうかも?

あと…ココログ出版。blogを本にするやつですね。
見積もりが来ましたんですけどねぇ…
案の定、5年間の内容は2856pages(爆)と
膨大すぎるボリューム。

1冊当たり、448pまでだそうで…なんと
1年分すら収まらないっ!
その448pですら、お値段が2万弱orz

あまりのお金の掛かりように、
如何するか、思案中なのでございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Splitz' AOYAMA再訪。

昨日は、今のプロジェクトを離れた女性Hさんの
お疲れさま&ありがとうございました会を
催してきました。@Splitz' AOYAMA

残念ながら、写真は撮ってないのですが…
bloggerじゃないヒトとの席で
写真はためらわれるのでね…

金曜なので2時間制?ということで混んではいましたが、
何も言われずそのまま居座り^^;
遅刻魔・M先輩的にも、ありがたかったです(苦笑)

この店オススメで、ショコラ×モルトのときにも
頂いたDry SplitzやMild Splitz、
あんだんごさんに何で飲んでないのよーって、
あとからツッコまれたオレンジトニックなどなど。
もちろん、ダージリンミルクも。

わたしの周りってウイスキーを飲むヒトは
ほとんどいないんですが、もうひと方お連れした
女性Tさんも含め、大好評でした。よかった。
サントリーさん、マーケティングバッチリですね^^
# Tさんは、特にお気に入りで4,5杯は飲んでたような(笑)

あと、料理がすごくお手ごろ価格で美味しい。
前回はサントリーさんのオゴリ(笑)だったので、
値段を意識してなかったんですが。

バルゾーンとラウンジゾーンとでは、
ちょっとお値段が違うようですね。

いや、総じて満足度大。
ココは押さえておくべきところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸2日の大仕事。

ふいー…やっと終わりました。

2008年1月分から、ずっとほったらかしだった
マイフォト。写真のアップからコメント付けまで、
丸2日かかってやっと完了しました!

特に「美」「建物」カテゴリは写真数が2倍以上!
激増えです。てか、放置しすぎ^^;

城は全部で121城になりました。
石垣だけとか、土塁だけという城も含めると、
それ以上になると思いますが、
あくまで城郭「建築」メインなので、
ずっと、ノーカウントとさせてもらってます。

けっこうがんばったので(ずっと座って腰痛い)、
ぜひ、みてやってくださーい。

左のマイフォトのリンクからどうぞっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

WiMAX体験+ごまはち。

かなりぼーっと、ゆーったりと。

休みの日はほぼ出かけるか、掃除するか
買い物するか…でじっとしていないので、
全然予定なくって、今日何しよっか?みたいなのも
それはそれでぜいたくだなーと思っています。

そんななか、そういやアキバでWiMAXのイベントやってるな!
ということで、出かけてみました。
(やっぱり出かけるんやん)

ThinkpadのExpress cardスロットに端末が
挿してあり、デモされていました。
青く光るのがイイなぁ。

P1030839

環境がいいせいか、3回計測平均で12.5Mbpsの下り速度。
ちなみに上りは、平均2.8Mbps。
ま、入んないところは入んないんでしょうけど。

ちなみに、7月の正式サービス開始時は、
東京23区、横浜、川崎のほか、名古屋・京阪神も
カバーするのだとか。
わが立川には、09年度末くらいかな…とのこと。

先ほどは、Express Cardでしたがもちろん、
PCカードやUSBタイプも。

P1030816

P1030824

P1030826

PCに内蔵したときのイメージ。
WiFi(Wireless LAN)と同じくPCI Express Mini Cardで
接続する感じ。ただし、アンテナは違うらしい。

P1030846

モジュールは、Intel製。
右の5350はすでにアキバでバルク品が出てるみたい。3,980円。

アンテナの入手と分解して入れ替えて、
内蔵させちゃうヒトが出てくるんでしょうかね?

なかなかWiMAXもいい感じでしたが、
やっぱり、XGPも出てからだな。
XGPが10月からだから、それくらいには、
どちらかにしていることだろう。

改札内のイベントだったんだけどせっかくなので、
久しぶりに秋葉原で降りてみました。
アキハバラデパート跡。なにができるんでしょうね?

P1030857

ひさしぶりに、issaに寄ってみました。
どれくらいぶりだろう?

豆乳×黒ごま×はちみつのドリンク「ごまはち」と、
蒸し鶏丼を頂きました。丼は客層のせいもあってか、
ミニサイズな感じです。

P1030859

アップ。蒸し鶏はちょっと塩辛かったかな。
もうちょっとあっさりしてると良いんだけど。

P1030863

ごまはち。

P1030870

黒ゴマの香ばしさとすこし蜂蜜の
甘さが出ていていい感じ。豆乳のくさみは
ぜんぜんありません。コレ好きなんですよね。
# でも、注文忘れられてんですけど。。ゴルァ。

さーて、今日はなにしよっかな?
1年以上、貯めに貯めてるマイフォトのアップでもするか。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おひさし、Blender's Bar。

そういや、久しぶりにNikka Blender's Barに。
忙しかったのと、体調がよくなかったのもあって、
けっこうご無沙汰になってました。

でも、お久しぶりですねぇなどと
話せる感じがいいですね、Barに寄ってたのって、
blogを書く以前だから、すごく懐かしい感覚。

出かけ際に近所の踏切にて。
線路が続く様子と夕焼けってすごく合う気がするね。

P10306562

空だけをもう一枚。これこそフランスの旗だ(笑)

P1030662

この日は、スーパーニッカのリニューアルに伴って、
スーパーニッカ15年、スーパーニッカ原酒も
終売になるということで頂きに。

Hi Nikkaのハイボールからはじめたんですが、
次に頂いたのがフローズン・スーパーニッカ。

バーテンさんが言われるように、
ちょっと香りは閉じちゃうんだけど、
トロッとした感じと、ひんやりした後味の
すっきりさが新鮮な感じではあります。

S社のハイボールに対抗して、コレを推していくのか??

これ、フローズン・スーパーニッカを
バニラアイスに垂らしても面白いんじゃないかな。
ということで、ウチのスーパーニッカは冷凍庫行き。

P1030770

そのあとは、いよいよ15年と原酒。
スーパーニッカ15年。ボトルが今より雫に近い形ですね。

P1030683

先に新スーパーニッカを飲んでると、
その強調されたバニラ系の甘みが感じられますが、
こちらのほうがよりニッカらしい力強い感じがします。

まぁ、その意味ではニッカも時代とともに
変わろうとしている、ということなのかもしれませんね。

もう終売か…と思うと少しさびしい気もします。

で、次は原酒。スーパーニッカに使われている
モルトを厳選して、55.5%のカスクストレングスに近い
度数で楽しめる一品。

P1030656

実は、このスーパーニッカ原酒、わたしが自分のお金で
初めて買ったウイスキーでもあります。

味覚や嗅覚は、特に記憶と結びつくといいますが、
美味いのはもちろんのこと、個人的にはすごく懐かしさ
を感じるウイスキーなんですよね。

お話によると、旧スーパーニッカだけではなく、
終売となる15年や原酒も探して買っている人もいるとか。

わたしも1本ずつくらい、ストックしたくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お誕生日。

ホント、いつも出かけてばかりなので、
いかにも休息、という感じでだらーっと
させてもらってます、はい。

さて、今日はほんじょさんのお誕生日ですね。
早いものでもう34回目のお誕生日。
自分がもう30overですからね、そりゃそうだ。

いつもきれいで、好奇心旺盛なほんじょさん。
これからもご活躍を期待しています。
ちょっとマニアック(?)な趣味をお持ちなところも
隠れた魅力なんですよね。図鑑大好きなとことか(笑)

いつもお世話になってるRustyさんところで、
化粧品のpdcのキャラクターになってるのを知り。
いつにも増して透明感のあるほんじょさんでした。
さっそく壁紙もらってきました。
メルマガは役に立てようがないんだけど…^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »