« Curry Week vol.4。 | トップページ | 東京タワー撮影も。 »

薩摩切子…美しすぎるその輝き。

さて。もう風邪も退散してくれたようです。
ということで、行けなかった「まぼろしの薩摩切子」を
じっくり鑑賞しに、東京ミッドタウンの
サントリー美術館に出かけてきました。

日曜はすっごい晴れてて、屋内イベントには
もったいないくらいの快晴だったんだけれども、
逆にだからこそ、混んでないかな~という算段。

ま、基本的に撮禁なので、写真はないんだけれども。
これはね…絶対行っておくべき!めちゃめちゃきれいです。

以前、鹿児島で復刻版を見たことがあるんですが、
オリジナルは、いろいろとデザインが多彩でした。
こんな薩摩切子が・・・?というものも。

江戸切子に比べ、赤いガラスに精緻な細工、
切込みがざっくりと深いのが特徴…程度の予備知識。
如何に知識がないかがわかりましたorz

よく見る八角形の中に細かい装飾が施されているのは、
「八角籠目紋に魚子(ななこ)紋」。

もとはアイルランドやイギリスのカットグラスの
ストロベリーダイヤモンドカットに影響を受けたとか。

これ以外にも、染織に使われていたデザインを転用した
「薩摩縞(さつましま)」やぼかしを入れたデザインなど、
かなり豊富なデザインを持っていたことがわかる。

いずれもその精緻なカット技術と絶妙の照明テクで、
ちょっと大き目の皿など、白い床に映った影までが、
とても美しく、なかなか行列が進まない^^;

もう一点、惹かれたのが篤姫の婚礼品として、
徳川宗家に伝わったという栓付瓶。

中央には典型的な薩摩切子のデザインである
蜘蛛の巣状に魚子紋、その上部下部には、
やさしくグラデーションがかかった亀甲紋。

シャープなところに柔和なデザインをミックスして
よりその印象に幅を持たせている感じ。

色も赤や青だけではなく、紫や緑ってのもあったみたい。
一番きれいだったのがエメラルドグリーンかな~
デザイン上も、本物の宝石が埋め込んであるが如く。

あと、面白かったのが、これも徳川家に伝わる
11cm×3cmほどの香水瓶。
なんかね、かたちからしてUSBメモリみたいで…
薩摩切子のUSBメモリ、お値段いくらだよ(爆)

例の如くポストカードと図録は必須。
これないと、絶対後悔する…はず。

P1030651

わたしの中に「薩摩」の血が流れていることも、
「薩摩」切子を意識する理由だったりするんですけどね。

これ、5月17日まで開催中。GWは混むでしょうが…必見!

|

« Curry Week vol.4。 | トップページ | 東京タワー撮影も。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

いえいえ、私も薩摩切子だ~い好きです♪
キラキラ光るカッティングは宝石を思わせ、
深いブル-&赤がステキですよね~。
いまひとつ江戸切子との違いがわかりませんが切子大好き!

投稿: あやのすけ | 2009.04.27 08:45

nikko81です。

●あやのすけさん

いいですよね、薩摩切子。
カッティングの複雑さ、美しさは江戸切子じゃ
かないませんねぇ。

でも、カッティングだけではなく、
色づけもすばらしいんだなと感心させられました。
いい具合に照らされたお皿が白い壁に
映し出されるのも、いいもんです。

エメラルドグリーンのなんて、
ほんと、エメラルドみたいで!

1985年から復刻された薩摩切子を鹿児島で
売っていますが、安いものでも3万以上と
なかなか庶民には手が出ない(笑)

投稿: nikko81 | 2009.04.29 13:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/44808097

この記事へのトラックバック一覧です: 薩摩切子…美しすぎるその輝き。:

« Curry Week vol.4。 | トップページ | 東京タワー撮影も。 »