« ぱちょこんのはなし。 | トップページ | ちょっとぉ。 »

ちょっとマニアックな。

さて、ちょっと長くなりそうだったので、
一部記事ネタを切り離してみましたよ。

●Netbookに載るWindows 7の機能。
 (元麻布春男の週刊PCホットライン)

Microsoftの業績の話。
PC向けのOSの業績が、悪化しているとのこと。

PC自体がかなり売れていないというのは、
世界的な現象だと思うけど、さらに
より上位のライセンスの比率が落ち、
Netbookに搭載されるWindowsの割合が増加。

これ、Windows XP for ULCPCのことですね。
ってことは、かなり安く卸しているはずで、
Microsoftにとっちゃぁ、儲からないOSなわけよ。

とすると、この記事にあるような、
Windows 7にNetbook版が出るとするならば、
搭載されるPCのスペックだけではなく、
OSの機能も制限されるのでは?というのは、
宜なるかな、とは思うんですけどね。

制限する機能にもよると思うけど、
それでも別に良いんじゃない?というヒトが、
結構出てくるような気がするんだよなぁ。

Windows XPからVistaになって、新しい機能って
わたしもほとんど使ってないですから。
Aeroは当然OFFだし、見た目もWindows 2000?
みたいな味気ないもんだしね(笑)

一方、効果の具合はさておき、
Ready Boostは使ってたり(余ったSDカードを常時装着)、
メイリオのフォントは好きだったり。
でも、なくていいといえばなくていい気もして。

そうすると、Microsoftはどう出るんだろうか?
というのが、次の記事のコメントへ。

●Windows 7がネットブックブームの終わりを招く?
 (笠原一輝のユビキタス情報局)

ちょっと同じような話が続くけど。

|ネットブックをフルPCの軽量かつ廉価版

といったときに、フルPCの「フル」って何?
ということを押さえておかないといけないだろう。

少なくとも、OSも話をしているわけだから、
OSの機能について、ということになると思うのだが、
たぶん一番のキモになるのは、同時実行できるアプリが
3つまでという強烈な制限。

現在のWindows XP/Vistaで、一部地域(日本はナシ)で
発売されているStarter Editionと同様で、
このほかにもプロセッサや画面の解像度の制限も。

で、日本のユーザがどう見てきたか?ということだが、
フルPCとしてNetbookを本当に見ているのか?
いや、それは違う、と思うね。

フルPCのフルといったときに、画面の解像度や
CPUパワーを問題にはしないだろう、普通。

「フル」の意味は、ケータイやスマートフォンではなく、
Windows上で使えるアプリがパフォーマンスの
問題はあるにせよ普通に使える、ということにあるはず。

だとすると、ネットブックの勢いが止まるかどうかは、
この「同時実行可能アプリ数制限」をユーザが
どう受け止めるかということにかかっている。

ホームネットワーク機能やAero、マルチタッチがなくても、
最初の記事でも書いたけど、まぁ影響は少ないと思う。

それに一度、Netbookを買うとアップグレードも不可。
これもキツイな…この記事にあるようにアップグレードの
パスくらいは用意してほしいもんだ。

●Windows 7のタスクバー。
 (山田祥平のRe:config.sys shino-blog)

なにやら、Windows 7のタスクバーの使い方が
結構変わるような記事があって、
しかも、これ使いやすいのか?という感じで。

と思ったら、shino-blogさんところで、
それはちげーんじゃね?という記事があって、
まだβ版であることや、設定は如何様にも変えられる、
となことが書かれてあって、よかったな、と。

実際に体験してみないと、良し悪しは
なんともいえなくて、文章だけの解説じゃちょっと…
というところが正直なところ。

でも、いわゆるクラシックスタイルが
できなくてWindows 7で新たになる操作方法しかダメ!
というのでなければ、まぁ良いんだろうな。

ほかの人はわからないけど、PCの極々細かい操作って
あまり変わってほしくないという面もあるんだよね。
もう慣れっこで、無意識化されてるところが変わると、
非常に慣れるのに時間がかかったりとかして。

●踊れるようになったHP。
 (本田雅一の週刊モバイル通信)

実は、HPのPCに興味を持ったのは、
この記事で書かれているデザインがよくなり始めた頃。

なので、凡庸という時代のものって、
あまり記憶にないんですよね。

かつて、HPの意欲的なTabletPC TC1000を
使っていたけど、あれが結構デザインが
よくなり始めた頃なんじゃ?と思っています。

例のHP mini 1000 Vivienne Tam Editionについて
書かれていますが、いわゆるNetbook系のPCでさえ、
HPのものは、デザイン的には群を抜いてますね。

すごくデザインを意識していて、
安っぽさを感じさせず、シンプルなのが、
わたしの好みに合ってます。

ソニーには(あまり好きではないが)製品を見て、
これはソニーだと思わせるものがありますが、
HPのPCもそんな感じがします。Appleもそう。

逆にそれ以外のメーカーには、1点ものでイイ!
と思うようなのがあっても、カラーというか、
そのメーカーらしさをデザインから感じることは
ちょっと難しいような感覚を持っています。

ほんの数年で、そんなものづくりに変えたHP、
世界No.1というだけではなく、
すごいなーと思った次第。

|

« ぱちょこんのはなし。 | トップページ | ちょっとぉ。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとマニアックな。:

« ぱちょこんのはなし。 | トップページ | ちょっとぉ。 »