« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

Mission Complete!

よっしゃー、貯めてあった記事が全部放出完了!
あとは、ほぼ日の「おとなの小論文」特集。
これは、これというときにまとめて出しますね。

さて、書ききるで!という爽快感とともに
記事のほう、まいりましょう。

●ボウモア 成城石井モデル。
 (成城石井TOP BUYER BLOG)

こないだ成城石井で見つけたオリジナル・ボウモア。
スモークしっかりのアイラモルト。
ちょっと普通のボトルより若めで、8年熟成。
若い女王様、なかなかやり手です。
(ボウモアはアイラの女王といわれてるのですよ^^)

スモークの強さだけではなく、
潮の香りをしっかり感じられる一品。

ちょくちょく蜂蜜のような甘さも顔を出し、
スモークをベースに変化を楽しめるのも、
いいところですなぁ。牡蠣の燻製の缶詰となんて
頂くと、最高であります、隊長!

そのほか、cote courさんのコーヒービーンズ
マリアージュさせようと計画中。

●激減?ん?(イザ!)

家庭用ゲーム機人口が減ってるという話。
でもさ、2009年が29.4%で、2007年の30.3%と比べ、
▲0.9%なわけよね?激減ってことないんじゃないの?

厳しいとは思うけどね、そんな激減って。
Wiiのようにゲーム以外にも活路を見出してたり、
PS3とかは、Blu-rayプレーヤにもなってるしね。

●「テレビカー」からテレビが消えたら何カー?
 (たべちゃんの旅行記

京阪といえば、テレビカーでしょ!って
んなわけはないんだけど、
かなり独特だったテレビカー。

昨今は、ワンセグケータイとかもあるし、
需要がなくなってきたらしく、撤去されるんだってね。

今じゃ地デジ対応までしてるのに…
やっぱりテレビって、皆思い思いの番組を見たいから、
なのかもしれないなよなぁ。

あと元記事にある停車駅増の影響。
その昔、わたしが京都大学の受験生だったころは、
京橋を出ると、京都七条までNon Stop!

今じゃ普通の私鉄並みに止まるもんね。
あんだけ、止まってたらゆっくりテレビも
見てられないかな?

●ドラゴンボール改。(マイコミジャーナル)

いよいよ来週の日曜からですね。
アニメにはあまり縁がなかったわたしも、
ドラゴンボールは大好きなんですよね。

でも、同じ声優陣で同じフィルムだと
再放送と何が違うの?と思ってたら、
デジタルHDリマスターしてるんですね。

要は、アナログ放送用からデジタル放送用、
になったような感じ。

個人的にはちょうど、サイヤ人襲来あたりからが
好きなので、スタートポジションもよし。
日曜朝からってのがなぁ…毎週起きられる?

●定額給付金。(ANA)

皆さんの手元には来ましたか?定額給付金の申請書。
わたしもつい最近来ました。

まー、労せず12,000円くれるってんなら、
いいですけど、あれやこれやコピー取んなくちゃいけないし、
てかコピーって、コンビニ行ってせなあかんし…
ウチのところでは、日曜も開庁してるのがまだ救い?

さて、何に使いましょうかね?
「定額給付金記念」でググると真っ先に、
JALやANAのページが。

ただなぁ、ちょっとしばらくは落ち着こう、
と思ってるので、今回はPassかも。
(そういって、あれ!どこにいるんだってな時もあるけど)

またウイスキー買うか…といっても欲しいボトルって
定額給付金じゃ買えないし。
使わないと趣旨に反しそうだし。何がいいかなぁ。

●「Suica」「TOICA」「ICOCA」の電子マネー
 2010年春から相互利用可能。(日経トレンディネット)

いよいよ、TOICAも相互利用ですね。
SuicaとICOCAが電子マネー共通っての、
かなり使わせてもらってます。
実家帰ったときに、東京と同じ感覚で使えて便利。

名古屋もながらで帰ってくるときは、
中継地点としてよく降り立つので、
名古屋でも使えるとうれしいなぁ。

なんか、電子マネーって絵空事のようだったけど、
もうホント、当たり前の存在ですねぇ。

●これ…面白いけどある意味残酷。
 (GIZMODO JAPAN)

オランダ・ロッテルダムのとあるバス停。
バスを待つのにベンチに座ると…脇の電光掲示に
でかでかと自分の体重が!!!

何も知らずに座って気づかないと、
かなりイヤですね…これは堪えるひとも多そう(笑)

いや、人に誇れるくらいスリムならいいんですけど。
気を抜くとすぐにブクブクと増えますから。

●ドでかバッテリー。(マイコミジャーナル)

ノートPCのバッテリ、もちろんセル容量が
大きければ多いほど電池は持つわけですけどね。

とりあえず容量をがめちゃめちゃでかいのを
作ってみました、という勢いの製品。

通常のノートPC用バッテリの2倍から4倍とか。
もちろん重量も重量は10,000mAhモデルが1.3kg、
20,000mAhモデルが1.9kgと重い。

でかいスーツケースで旅するのであれば、
1個放り込んでいいかもね。
ただ、もっては歩けないよな。

●PS3で地デジの録画が可能かも?
 (GIGAZINE)

まだ、推測の域を出ない話なんだけど。
PS3の周辺機器で地デジチューナが出るかも、
という話なんだけどさ。

テレパソが壊れてチューナつきのモニタを
買ってから、録画ができないんだよね。

かといって、録画するだろう番組は、
今だと天地人くらいだしなぁ…と。

Blu-rayプレーヤとして買ってもいいかな、
と思ってるPS3、録画ができるなら、
さらに大注目ですね。ゲームはサブ?

| | コメント (7) | トラックバック (1)

かまとろ家 哲。

向かった先は、大門の「かまとろ家 哲」。

P1020383

かまとろって?という声もあるかもしれませんが、
マグロの腹のさらに頭部に近いところ。
あまり取れない部位で、すごく貴重。

もちろん、かまとろのしゃぶしゃぶコース!
といいたいところが…要予約!え”?という感じ(笑)

P1020307

しかし、そこはShiqiaoさんの交渉力、
コース料理はダメでしたが、かまとろしゃぶしゃぶを
単品で頂くことができました!感謝!

しゃぶしゃぶが出てくるまでは、各種単品で。
定番の刺身。手前がかまとろです。
大トロほど脂ぎった感じはなく、
赤身よりも脂の甘みを感じられ、いい塩梅。

P1020312

旬の筍の焼き物。皮付きで焼いたもの。
これも春の香りが感じられ、
まさに今愉しんでおくべき一品。

P1020328

そうするうちにかまとろがキター!

P1020339

鍋にはキノコいっぱい。まいたけもあるー!

P1020346

刺身でも食べられるかまとろ、
ホント、ささーっと、泳がすくらいがちょうど好い。
ううん、なんとも奥床しい旨さです。

P1020354

かなり食欲に負けてるのか、ブレブレですね(苦笑)
逆にその方がそれだけ旨いってのがわかっていいかも?
# かなりの屁理屈、言い訳…

ちょくちょく水菜と長ネギを入れて。
これもしゃきしゃきして、美味しい!

P1020358

この後、雑炊へ進むのだが、なんと!
生米から炊くんですね。珍しい!

時間はかかりますが、それだけ美味しい雑炊を
いただけるわけで。その間は追加オーダーで。

マグロのカルビ焼き。重そうですが、ぜんぜん。
軽ーくいけちゃいます。マグロならではですね。

P1020367

マグロの目玉焼き。DHAたっぷり。

P1020376

実家では、舞鶴や福井のあたりまで漁港に出かけて
魚を買ってきていたので、食べてる機会があり。
グロテスクだけど、つるんとしたのがたまんないです。

さて…ぼこぼこぼこ。いい感じで煮立ってきましたかね?

P1020369

さて、頂きます♪
もともとつかってるお出汁も美味しく、
上出来な雑炊になりました!

P1020379

帰り、ちょうど東京タワーのライトアップ。
Kaoriさんの写真にあったやつですね。
省エネ対応とのことですが、これはこれでいい感じ。
また、じっくり撮りに来たいもの。

P1020400

Shiqiaoさん、よい店チョイス&楽しい時間、
有難うございました。
奥さまにもよろしくお伝えください~
あ、当blogもよろしくです~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

PIE 2009。

昨日の話ですが。PIE(Photo Imaging EXPO) 2009へ。
もう今年で行き始めて6年目。

展示会マニア(笑)なわたしは、朝から…と思っていたのだけど、
起きれずに到着は12時過ぎ。いやーん。
でも、個人的にはちょうどよかったかなという感じ。

デジカメ業界も飛ぶ鳥を落とす勢いはなくなり、
成熟期に入ったこともあるのか、小ぶりになった気がします。

では、いくつかのブースを見ていきましょ。

●Panasonicブース

自分がLUMIXユーザということもあって、
比較的知っていることが多かったけど…
見るのは初めてのものがほとんど。

まずはLUMIX初の防水カメラDMC-FT1。
こちらはWeb限定のスプラッシュブルー。

P1020164

アルミ的なヘアラインが美しく、
防水が活躍するであろう夏にぴったりのカラー。
オレンジはどうも○ャイアンツをイメージさせられ、
どうも駄目なんですよねぇ(笑)

防水性能をアピールする機械…でもこれ置いてあるだけ。
ちょっと味気ないかも。

P1020151

で、肝心の性能なんですがね、
やはりハイビジョン動画が撮れるところがポイント。
鏡筒が出ないタイプで光学4.6倍は立派。
動画撮影中にも寄れて、かなり便利そう。

逆に写真を撮るときのこれっ!というのが
感じられなくて、水中撮影用ビデオ?という感じですな。
基本性能はそつなく揃えてるんですけどね。

続いては、DMC-LX3。コンパクトなんだけど、
フルマニュアル対応という、デジイチの一歩手前、
とでも言えそうモデル。

P1020153

オプションだけど、外部光学ファインダにびっくり!
なかなか興味はあるけど、これだったらいっそのこと、
デジイチデビューするか!?とも。

今のLZ10でもある程度のマニュアル操作ができるし、
今のところはこれくらいでいいかと。

●オリンパスブース

オリンパスといえば、防水デジカメのイメージ。
他社からも防水対応が出てきているが、
一歩を先を行く防水に進化している模様。

P1020180

防水というだけではなく、防塵・耐低温・対衝撃にも
力を入れてタフさでは負けない!という気概を
強く感じましたねぇ。

こちらでは自分で水槽に手を入れて撮影OK。
わたしはその様子を撮るため、コンパニオンさんに
お願いをしましたがっ(笑)

P1020183

で、その防水性能はカメラそのままで
上位モデルのμ TOUGH 8000ならば、
なんと水深10mまでOK!

さらに防水プロテクターを着けると、
水深40mまでOK!ダイビングでも問題なしですね。

今までオリンパスの防水カメラに手ブレ補正が
なかったらしいのだが、今回から対応。
イザというというときのための防水と、
手ブレ補正、どっちを取る?というと手ブレ、
という人が多かったのだそうだ。これで巻き返し?

そのほか、-10℃でも動作する耐低温度性能や、
耐荷重性能(100kgまで)、対衝撃2m。

P1020185

P1020186

さすがに低温度だとバッテリの極端に落ちるので、
ちょくちょく暖めてやらないといけないようだけど、
お尻のポケットに入れて座ってもOKだし、
対衝撃2mもあれば、普通ならば地面に落としてもOK。

2Fから落として、1Fまでごろごろ…というときは、
どうなのかわかんないけど。やっぱ無理?

ちょっといい話。あるユーザーさんから、
オリンパス社にメールが来たらしく、
なんでも雪山でカメラをなくしてしまったのだが、
翌春になんとカメラが発見されたとのこと。

まったく問題なく動くだけではなく、
中のデータも無事だったらしく、感謝のメール。
いいよね、こういうの技術者冥利に尽きるのでは?

あとで、デジイチのデジイチ試撮コーナーには、
アイスリンクが!

P1020189

●Nikonブース

Niconはねぇ、デジイチというか一眼レフカメラは
いいんだろうけど、COOLPIXはどうもねぇ…
特徴に欠けるような気がするんだよねぇ。

その中で新発売のS230。タッチパネル対応で、
タッチしてピントを合わせるみたい。

P1020223

ただ、ちょっとタッチパネルの性能がアレなのか、
それとも、きちんと操作方法がわかっていないのか、
あまり使いやすい感じはしなかったなぁ。

でも、COOLPIXの展示スペースにいた
おねーさんは抜群にかわいかった。
Focusが甘いのは、たぶん気のせい(笑)

P1020216

普段、展示会に行くと、新しいモノがいっぱいあって、
とてもおねーさんを見るとこまで、
気が回らないのだけど…ね。
あ、ほんとだよ。ほんとだーっつーの(笑)

あと、Nikonのカメラのすごさを応用した
文化財未来継承プロジェクト「綴」。

あの「天地人」でも出てきた、
洛中洛外図屏風上杉本(国宝)をデジタル技術で複製した
屏風が飾ってありました。すごーーーく精細。

P1020217

もちろん、ただ高精細に撮影するだけじゃなく、
確かな印刷技術や、そこに金箔を張る伝統技術との
コラボレーションがあってのこと。

さて、屏風の一部をアップ。
ここ、どこでしょうか?実は室町将軍の花の御所。
ここに向かう武士の列が、上杉謙信だという説があります。

P1020219

写真じゃ小さいですが(アップして撮るの忘れた)、
武士の列の先頭のいく馬に「毛氈鞍覆(もうせんくらおおい)」
が見えるため、将軍足利義輝より使用を許された
謙信ではないか、というもの。

●キヤノンブース

こちらはたまたまトークセッションがあって、
これがなかなか面白かった。

剣豪柳生氏一族にして、俳優・日本野鳥の会会長の柳生博氏と、
野鳥写真家の戸塚学氏。

これちょっとー。ミミズほじくりすぎ!
ごめんなさい、写真の面白さに惹かれて、
鳥の名前をメモれませんでしたが…以下同文(笑)

P1020230

鳥だけ撮らず、人間もバックに写すからこそ
違った雰囲気が出せる好例。鳥がいるところは、
立ち入り禁止で鳥にとっては、安心できるんですね。

コメントする柳生氏。久しぶりにに見た気がします。

P1020235

みかんの皮をむいて食べるカラス。
カラスって、かなり嫌われてるけど、
ご承知の通り、頭が良くって撮影するにも
いろんななことをするので、一番楽しい鳥だとか。

P1020238

屋根の端にたたずむの図。
これ、平等院鳳凰堂を思い出しちゃいました(笑)

P1020245

それ以外あまり見てませんです…キヤノン。
ブースの真ん中のメリーゴーラウンドが
めっちゃ目立ってましたが…

P1020226

これ、相当長く回ってましたが、
モデルさんの交代がなかったような。

どのくらいの時間で交代なんでしょう…
ホント、お疲れさまです。
おねーさんの頭上に星やひよこが回ってる?(爆笑)

●富士フイルムブース

個人的に気になったのが、防水カメラで
世界最小最軽量のZ33WP。

P1020272

基本どころはしっかり押さえつつも、
防水3mはしっかり実現。

防水がいるシーンってそうそうないので、
メインのカメラにはできないけど、
水中でも撮ろうか、というときに
あったらよさげな感じ。

開発中の製品も参考出展。展示会って、
何がおもろいかって、こういう今鋭意製作中!
みたいなのが見れるから良いんだけどね。
ちょっと、少なかった気がするなぁ。

レンズを左右2つ搭載し、左目用・右目用の
イメージを撮影し、内部で合成して3D映像化してます。

P1020251

人間の目の幅と同じ間隔で撮る必要があるため、
幅は変わらないが、製品ではもっと薄くなる見込み。

その場ですぐ、3D映像が確認できますが…
かなり3Dがどきつくて、目が疲れる感じだなぁ…
もすこし、ソフトにしたほうがいいのでは。

P1020249

専用のフォトビューワや用紙に印刷することで、
3D画像のまま、楽しめるようですね。
これでもちょっと、きついわ…可能性は感じるけど。

モデルさんが、女優・モデルの香里奈に
似ててびっくりした。そうでもない?
わたし、誰々に似ている!といっても、
なかなか共感してもらえないヒトなので。。。

P1020253

今年は写真大好きデジイチユーザーの
Shiqiaoさんご夫妻とも、途中で合流したのですが、
Shiqiaoさん大注目のカメラがコレ。F200EXR

言われるまでは何てことない感じなんだけど、
カメラの基本中の基本、キレイに撮るという面で、
かなりズバ抜けてる感じがしました。

こういう機能があります、というのはわかりやすいけど、
性能ってわかりにくいところがあるからね。
もっと売れてもいいんじゃ?ということでしたが、
店頭でこの性能を伝えるのが難しいのかも。

●その他

防水にちょっとまた一歩、心惹かれた今回。
手軽に防水かできるキットもあるようです。3,800円。

出し入れがちょっとやりにくいけど、
これでも防水10mだとか。ちょっと買っとく?

P1020278

カシオでは、ひたすらダイナミックフォトのアピール。
もうね、これしか今年のPIEではやりません、ってくらい(笑)

要は、静止画に動画に一部を切り取って貼り付け、
手軽に合成動画を作れるというもの。

P1020281

くわしくは、あんだんごさんの記事で。

確かに面白そうではあるな、と。
ただ、動画と静止画のクオリティがかなり異なるので、
ちょっとどうなんだろう?という点や、
自分だったら、飽きちゃわないかな…という感じ。

このあと、合流したShiqiaoさんご夫妻と
美味しいマグロを堪能しに、大門へ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さて、今日も行きますよぉ。

さてさて、今日もネタ記事です。

少しウイスキーを愉しんでから、
すきっとして書くのがいい感じですね。

飲みすぎないようには気をつけないと、
ですけどね。(そしてこれが難しい。笑。)

●窮屈感…ねぇ。(イザ!)

廃墟が好きな人がいるのは知ってるけど、
高架下の建物限定で楽しむツアーなんてのもあるとか。

わたしも建物は好きですが、高架下は…
いろんなのがあるんですね。
神田のあたりとか、一種独特な感じはありますよね。

●江戸時代の通信講座!?(イザ!)

宇和島伊達藩から、京都や大坂の著名な俳人歌人に
通信教育で添削を受けて、文芸を嗜んだ資料が見つかった、
というニュース。

他藩はどうかわからないけど、藩祖政宗自身が
武芸だけではなく、文芸に秀でた人物だっただけに、
その精神が受け継がれていたんでしょうかね?

本家の仙台藩からは?

●乗客のタッチミスだからって…。
 (Infoseekニュース)

これ、SuicaやPASMOでうまくタッチできずに
改札を通過してしまった際、わざわざ遠回りのルートで
運賃を計算してしまうことがあるらしい。

しかも、鉄道各社はこうしたトラブルの可能性を
2年前に把握していながら、
「乗客のタッチミスが原因」として
システム改善や注意喚起を行っていなかった、と。

これ、ビックリしました。
絶対一度はやっているんじゃ?という気がしますよ。
だって、うまくタッチできなかったら、
ゲートが閉じるもんだと思ってますから。

これ、強く改善を求めます!
放っておくのは、怠慢ですよ。

●電源が使える押さえておきたいカフェ。
 (日経トレンディネット)

電源を使えるホットスポットというと、
まず挙げられるのがマクドナルド。

都内数箇所と、横浜・川崎などいくつか
チェックしてありますが、あまり雰囲気的に
落ち着ける場所ではなかったりします。

それに比べると、ココで紹介されているのは、
すごく雰囲気がよく、上質な感じ。

パークホテル東京1FのNews Art Cafeとか、
ビックサイトの帰りなんかに使ってみたい感じですね。

そうそう、バーハイソサエティ東京
パークホテルにあるので、そちらにも♪

●楳図かずお邸。(ココログニュース)

内部も公開されたそうですが、外観って、
そんな裁判するほど奇抜?って感じがします。
個性的ではあるけど。どうでしょうかね?

●朝カレーって、温めないの?
 (日経トレンディネット)

朝カレーってのが、話題になってるのは、
知ってたんだけどさ。

これ、手間を惜しむのもあるらしいが、
炊き立てのご飯にかけて温めずに食べるんだって。

ちょっと新しい感覚かもね。
おいしいのか?という不安はあるけどね。

個人的には朝カレーって、全然OKなので、
手軽にささっと食べられるカレーっての、
Welcomeですけど。

あと、タイトルから外れるけど、
100kcalカレーも良いですよね。
意外とカレーって、カロリーありますから。

●いるかー?これー。髭剃りケータイ。
 (engadget japanese)

中国であるという髭剃りケータイ。
発想の豊かさは買いますが…要りますかね、これ?

すっごい使えるシーン限られそう。。

●東芝、燃料電池を4月から量産化。
 (GIGAZINE)

燃料電池がついに4月から商品化。
まずは発電しながら携帯機器に充電できる、
外付けタイプの燃料電池になる見込みとか。

09年度中には燃料電池対応のケータイやPCが
発売されるそうですね。

ということは、今年のCEATECあたりで、
正式発表、デモ機展示って感じになるんでしょうか?
これは、ちょっと期待できそうですね♪

●1541年に発見、日本列島。
 (風雲!コネタ城)

ポルトガル・リスボン郊外に建つ、
発見のモニュメント。

大航海時代の先駆者エンリケ航海王子500回忌を
記念して建てられたそうな。

で、ポルトガルと日本の接点の最初が、
1541年に豊後(大分県)に漂着したとき。

これをもって、日本列島の「発見」としている
そうなんですがね。うーん、どうだかなぁ。

それまでも、日本ってあったわけだしね。
そう考えると、アメリカ大陸の「発見」なんていうのも、
ちょっと思い上がってんじゃね?という
感じがしなくもないなぁ、と。

●orzか、onzか。(ここを隠れ家とする。)

がっくり…というのを表現するのに、
orzって書きますよね!?

これ、onzとも書くんですね。
初めて知りました。

OTLとか、○| ̄|_なら知ってるけどね。

●メタボフリーヨーグルト。(マイコミジャーナル)

ほんじょさんがCMをされるという、
ヨーグルトの話。

これ、100g(1カップ)あたり42kcalと
なかなか気にならないカロリーですね。
普通のもので100kcalですから、約半分。
これでも少ないですけどね。

ほんじょさんに釣られて、食べてみる…か?
乳製品は好きだしね。

それにしても、ほんじょさんきれいですね。

今なら、こちらでほんじょの壁紙プレゼント中!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いい感じで書けています。

さて、ネタ記事のほう、再開しましょうか。
いやー、書きたいときに書けるのっていいですな♪

●阪神⇔近鉄直通電車。(日経トレンディネット)

すっごい関西ローカルの話で申し訳ないのだが。
京都、大阪、神戸はJRに阪急、阪神と電車に事欠かないが、
大阪の北部に住んでいたわたしにとって、
奈良ってちょっと、遠い感じだった。

この記事にもあるように、イラチかどうかは別にして
やっぱりなんばを経由しないといけないところが、
心理的な遠さを感じさせていたように思う。

が、これで一本につながるんだよね。
帰省の際には、これ使って奈良にいくのも良いかも。

あと、個人的な話だけど、桜川を通るのが、
すっごくなつかしい。ここ、駿台大阪南校の最寄駅。
駅から北に上がって、南堀江のほうへ。
浪人生時代は1年間通ったんだよね。

●ちょっとおもしろそう!(らばQ)

いま、羽田空港が更なる拡張に向けて工事中
なんだそうですが、その現場にプレハブ造りの
展望台があるそうです。

近くから飛行機が眺められそう。
1年以上ありますが、拡張工事が完成すると、
撤去されるそうなので、忘れないうちに
見ておきたいですね。

●わからなくはないが…(Infoseekニュース)

例のロシア-グルジア紛争に絡んで、
グルジアという読み方自体、ロシア語読みなので、
英語読みのジョージアに変えて欲しい、とのこと。

ジョージア…いくらなんでもアメリカのジョージア州
と間違うことはないだろうけど、
ジョージアっていうと、缶コーヒーのイメージがっ。

かといって、グルジア語だと「サカルトベロ」と
いうらしく、これだと「???」ってなりそうだし…

難しい問題ですねぇ。

●数学的にも根拠がある!?
 (秋山仁のこんなところにも数学が!)

著名な数学者の秋山仁氏の話なんですが、
寺院の屋根の曲線の多くが、雨水が最も早く落下する
最速落下曲線に近似しているのだとか。

これ、屋根の曲線というとあいまいだけど、
要は、日本建築に多く見られる反りのついた、
入母屋破風のことを言っているんだろうな。

数学的な背景はもちろんなかっただろうけど、
生活の知恵というか、宮大工の経験なんだろうなぁ。

でも、反りとは逆の「むくり」というのもあって、
外側に膨れた曲線もあるんですね。
寺院では知りませんが、熊本城の櫓の破風は、
むくりだったりしますし、民家でもたまに
むくり屋根を見ることができます。

これは、どう説明つくんだろうね?

●すごいけど、生活考えたら…(イザ!)

残業しまくり、休日はなく、店舗で泊まる…
というような苛酷な労働環境を余儀なくされつつ、
名ばかりの管理職で手当がつかないことに提訴した裁判。

会社からの評価は最低に落とされ、キツイ仕打ちを
受けながら、それでも仕事が好きだと。

転職なんでしょうね。勇気と覚悟がいりますね。
マクドナルドもここまで内部事情が明るみに出た以上は、
これまでと同じようにはできないだろう。

健康面は心配だけど、すごくエールを送りたい。
なかなかここまで毅然と戦えないよね。
すぐに折れちゃいそうです…ヘタレなので(笑)

●そうなんだ、河内長野。(イザ!)

関西以外では知る人が少ないかもしれないが、
大阪にも「長野」があって、河内長野市といいます。

わたしのイメージは、関西サイクルスポーツセンター
いろんな変わった自転車に乗れるんですよね。
でも、河内長野ってそれしかなかったんですが。

実は、爪楊枝の産地だったんですねぇ。
年間生産7億本というが、最盛期は700億本!
と桁が2つも違う。今は欧米向けや和菓子用などに
使われているとか。

こんなところにもMade In Japanが残ってたんですね。

●新入社員からヒゲ、やっぱNG?(イザ!

なんだそうです。茶髪や長髪には比較的寛容らしいけど。
これ、ヒゲってちょっと威圧感というか、
貫禄が出ちゃうからでしょうね。新人なのに、
エラそうに見えてしまうというか。

わたしの場合は、お客さんと直接接するので、
やはりちょっとまずいだろう、ということで、
はじめは伸ばしていませんでしたが、
仕事内容が変わって、内勤になってから。

しょうがないですかねぇ。
でも、ここ最近ヒゲが増えてきましたよね。

歴史を紐解くと、戦国時代はヒゲを伸ばす武将が
多かったのに対し、江戸時代に入ると、
戦国的な要素を感じさせるヒゲが敬遠。

今度、明治維新を経ると、欧米列強に
追いつけ追い越せで威厳が出るというので、
またヒゲを生やす人が多くなり。

第二次世界大戦後は、また「戦前」を
感じさせるということなのか、ヒゲが下火に。

また、なにか時代の節目なんですかね。
ヒゲが増えるというのって。考えすぎ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野梅郷。

もちょっと書きましたけども、
ぺこはら日記のだいさんの記事を見て、
日曜日にふと、青梅・吉野梅郷に出かけて。

なんか、やっぱり外に出かけたいな、という
気持ちがあったのでね。

何でも、関東随一の梅林ということで、
有名なですねぇ…そこそこ近所なのに、
ぜんぜん知りませんでした。むむ。

神代橋。梅のレリーフで梅が街の中心なんだな、
という印象を受けます。

P1020042

違うバージョンも。

P1020046

そば屋さんの看板。どうしても武田菱があると
反応しちゃうんですよねぇ(笑)

P1020047

この日はそんなに食べる気分ではなかったので、
寄りはしませんでしたが、こちらの記事とか
読んでると、美味しそうなので、いつかまた。

もちろん、マンホールも忘れません。
当然ながら、梅の花のデザイン。

P1020048

一箇所だけですが、カラーマンホもみっけ♪

P1020050

残念ながら、この日は生憎の小雨が降ったり止んだり。
でも、なかなかよいところです。

P1020051

橋とかちょっと気になったりして。

P1020055

もう梅の季節としては終盤でしたが、
まだまだ、しっかり咲いておりました。

P1020066

これだけ梅の木があると、あたりはすごく
梅の香りがたちこめて…これもまた楽しみなところ。

まだ咲いているとはいえ、接写しようとすると、
ふにゃんってがっくりorzしている花びらも多くて、
どれ撮ろうかな…とけっこう思案して。

これなんか、なかなかいいんでは?

P1020074

まだまだ、これから!という花びらも。
まさにこれから咲こうか、という感じ。

P1020095

小雨な日の特典?花びらに水滴が残ってるの、
なんかいい感じですよね。

P1020101

幹からひょいと花びらが顔を出してる?
ちょっとせま苦しそう(笑)

P1020098

最近、接写で撮るときには、
背景のぼやかしをしっかり入れるのにはまってます♪
(こういうのを馬鹿の一つ覚えという。笑。)

P1020104

梅林の近くには、小さいながら天満宮。
正面を撮らず、こんなところから撮ってるのは、
どことなく城(というか櫓)の雰囲気を感じたから。あは。

P1020132

背後から。遠くに梅林が見えますよね。

P1020143

ふと足元を見て気づいて、思わず撮ったもの。
ちょ…これ、いつのやつ?プルトップが
完全に外れるのって、すっごい昔じゃないか(笑)

P1020136

このあと、帰る途中に豆腐こんにゃくという
豆腐風のこんにゃくをお買い上げ。
こちらは食べる前に、またアップしますぜ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

勢いってあるよね。

どうも、blogを書くってことには、
勢いがあるような気がしている。

ネタが結構たまってきたりなんかすると、
書き始めるのが、後回しになったりするときもあるのに、
一旦書き出すと、坂道を転げ落ちるように、
書きたい気持ちにに加速度がどんどんついていく。
なんなんでしょうね、これ。

ということで、もう少しお付き合いくださいませ。

●レモンとイチゴの糖度が同じ?(Infoseekニュース)

感覚的には、そりゃーねーっしょ!
といいたくなりますが、糖度と酸度のバランスで、
甘いか酸っぱいが決まるとのこと。

そういや、はるかさんに紹介してもらった「はるか」
(なんだかややこしい。笑。)も、
みかんにしては、酸度が少ないから、
甘さが感じられるんでしたねぇ。

●うわー、みたくないわー。(成迫剛志の『ICT幸福論』)

ビックサイトで行われていた小売業向けの
ソリューションの展示会にて。

コンピュータが人間に「指示」を出して、
人間がコンピュータに「はい」とか返事して、
仕分け作業をさせる仕組みがあったそう。

これ…複雑ですよね。主従逆転って感じ。
効率化にはなるんだろうけどね…
それだったら、いっそのこと全部コンピュータで
やってほしいよね。

変に人間が絡んで、機械に仕事させられてる、
っていうように見えるのって、感覚的・生理的な
ところでゾッとするな…

同じようなものとして、GIZMODO JAPANでは、
ロボット先生の話。ううぅ、これもイヤだぁ。

●ガムシロップが標準な店。
 (マイコミジャーナル)

なんとなくその名前は聞いたことのあった「コメダ」。
名古屋ではめちゃめちゃ有名なコーヒー店。

|オープンから11時までは、ドリンクの料金のみで
|トーストと茹で玉子がサービス

というのは、関東でも同様なのだとか。

デニッシュの上にソフトクリームが乗った
シロノワールとか、独特なメニューが多いのだが、
先日、名古屋に寄った際にコメダに入ったときに、
驚いたのは、そこではなかったのであります。

些細なことながら、衝撃的だったのが、
ガムシロが標準で入ってるってこと!
ええーっ、うっそーーーんって、ビックリでした。

基本はブラック、欲しいときでもガムシロを
ちょっとずつ足していって微糖にして飲むので、
デフォルトでしっかり入れられてると、甘ぁっ!と
感じたんですね。これ、あとから調べてわかりました。

コメダでは、ガムシロ抜き!っていわないと
わたしには厳しいようですね…

●Vivienne Tam Editionのプロモ。
 (マイコミジャーナル)

これ、すごく感心しました。
如何に気持ちが女性に向いているかを感じさせますね。

女性がいつも眺める先には何があるか?
を考えた結果でしょうね。
絶対自分には(というか男性一般でも)思いつかないな、
というのと、広告効果がかなりあるじゃ?と思います。

たぶん、駅の化粧室で鏡を見ている時間が
男女でぜんぜん違うでしょうからね。

●チョコレート税。(GIGAZINE)

ま、食べすぎがよくないからといって、
税金をかければ減るってもんでもないですわな。

ちょっと話が違うかも、だけど、
タバコ税だって、どんなに高くしても吸う人は、
吸い続けるだろうしね。

しかし、チョコも食べすぎ、酒も飲み過ぎって…
イギリス人の健康は大丈夫なんでしょうか?
おせっかいながら、心配してしまいます。

●ここまで逆説的に受け入れられるのも珍しい。
 (GAME WATCH)

スペランカーといえば、ク○ゲーとのおぼえもめでたき、
伝説の主人公超弱ゲーム。それをリメイクして、
昔を思い出しながら、プレイするとは…

ゲームとしてどうなんだというところはあっても、
どうしても憎めない何かがあるんだろうな…
うまく表現はできないけど、モロこの世代なので、
わかる気はするんだけど。

それにしても、あのスペランカーをPS3でねぇ。
偉くなったもんだ(笑)

●腰砕けキャラ。(風雲!コネタ城)

大阪・十三の商店街のキャラ。
何この「鉄わん波平」って…なんともいえないB級さ…

てか、手塚・長谷川サイドから苦情や訴訟のネタに
されないのだろうか??

●戦国武将チョコ。(イザ!)

これ…ひとつツッコんでいいでしょうか…

|「関ケ原の戦い」に参戦した30人の武将

っていうの、戦国といえるんでしょうかねぇ。
有名どころ&人気武将をチョイスすると、
自動的にそうなるんでしょうが。

関ヶ原なんて、ギリギリ戦国の最終局面。
そこだけが戦国じゃないんだけどなぁ…

●割った卵。(らばQ)

こんなのがあるんですねぇ…新鮮さというか、
そういう卵は自分では買いたくないよな…

でも、コメント欄を見てると、業務用には
あるんですってね。まーそれはそうかも。

そこはビジネスですからね、割り切って。
何十個、何百個って割ってられませんよね。

でも、家庭用ならなぁ…割れないくらいしか
メリットがないか!?

●こうなりたいもの。(ココログニュース)

御年73歳の女優・淡路恵子さんが、DQ9の延期に
苦言を呈しているという話題。

DQにどっぷりというのがすごいですね。
ボケにゲームがよいよという記事もありましたが、
精神的に老いてちゃ、ゲームに興味向きませんよねぇ。

なかなか時間がなくてできませんが、
年を重ねてもこういう風に、いろんなこと、
特に自分よりも若い世代が興味を示すものにも、
一緒に興味を示せる自分でいたいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

blogを書いてる時間って…

書く習慣のない人からすると、
何そんなことに時間かけちゃってんの?
って感じなんだろうねぇ…

まぁ、趣味の一環という面もあるので、
好きなことをするんだから、当然でしょ!
という言い方もできるわけだけど。

はい、続きです。

●激安理髪店に洗髪設備義務づける改正案。
 (イザ!)

これね、「激安店」と表現するところにまず、
間違いがあるんじゃないかと思うんだよね。

激安じゃなく、適正。そう、て・き・せ・い!
要は、既存店も安い店がやっているような、
カットだけで短時間で済ませるメニューをやってみてば?
という気がしますよ。巻き返しができるのでは?

逆に安さを売りにしてきたほうは、経営努力をせずに
政治に働きかけるなんてズルイ!という感じでしょうか?
つべこべ言わず設置だけして、既存店に
ぐうの音も出ないくらいに追い込んでやれ!
てなもんですが、市況からすると厳しそうです。

ただ、7月以降の新規出店から設置義務対象、
というのは、これはちょっと不公平かも。
業界団体の圧力、といわれても仕方ないよね。

●Vistaにもくれ!(CNET Japan)

Windows 7には、IEとかMicrosoft製のアプリの
無効化ができるそうですね。

個人的には、Vistaでもせめて「Windows Media Center」
だけでもSTOPさせるようにしたもらいたいものだ。

もう…これ重いったらありゃしない!
WinDVDでいいのに、必ずこれが立ち上がってきます。
UAEよりか、ずっとうっとしい!

●ガン飛ばし自販機。(風雲!コネタ城)

もう…見栄はってカフェなんか行くなと、
ボディ前面に書かれた戦闘体勢の自販機。

東京ではまずないでしょうな…
てか、ココ堀江なんでしょ?ここで見栄張らんかったら、
大阪でどこで見栄張んねん!という感じも…
新世界あたりなら、わかる気もするけど。

●東海道新幹線車内で利用可能、WirelessGate。
 (GIGAZINE)

WirelessGate、安くていろんなところが使えるので、
わたしも使ってますが、いよいよ新幹線でもOK。

やったーという感じなのですが、
実は、先日ムーンライトながらの車内で、
ネット接続してると、すっごい気分が悪くなって…
車酔いならぬ、電車酔い。

そもそも、小さい頃は車に酔ってばかりで
それはそれは大変だったのですが…

てことは、新幹線でネットができても、
わたしには無意味かも…orz

●新城主決まらず。(イザ!)

先日、紹介した税金滞納で差し押さえられた
五重の天守。県が設定した最低価格の1億4,500万円では、
買い手がつかず、新城主は未定とのこと。

場所もはっきりしていないけど、
あまり便利な場所でなさそうだし、強気な価格設定でも
応じるほどどの企業も余裕ないだろうしね。

できれば、このまま使ってくれる人がいたら、
うれしいよねぇ。もう一回オークションに出すなら、
ちょっとは安くなるだろうから、
個人の自宅として、使う人がいたりして?
(いねーよ)

●王将、好調らしいです。(イザ!)

なんですってね。ちょうど、世間で冷凍餃子の
例の事件が起こったころくらいから、
妙に餃子が食べたくなり始め、今ではかなりの頻度で
王将に通っておりまする。

ま、なんたって安いしね。その割には、
店員が目の前で猛烈な勢いで、皮に餡を包んでたりして、
その場で作ってる感じが非常にわかります。

ま、店の騒がしいのとか、王将に限った話じゃないが、
中華料理屋にありがちな脂ぎった空気はあるけど。
スマートさを王将に求めてはないので、
そこはよしとしましょう。

禁煙にはなったらうれしいけど、
ま、無理だろな。いつも行くとこは
カウンターだけ禁煙なんだよね。
微妙だけど、まだそゆのがあるだけマシってもん。

●ま、平和なもんですね。(イザ!)

1985年の阪神優勝の際に道頓堀川に投げ込まれた
犠牲者のカーネルサンダース氏がみつかったニュース。

甲子園にもってこいだの、通天閣に飾るだの、
やいのやいの言ってましたが、
結局、KFCに返還されましたねぇ。

ただ、KFC側も好意的に見ているようで、
出番がありそうなら、貸し出しかねない雰囲気も。

これで、広告効果が推定27億円とか。
平和だなーという感じですね。
いや、別に悪意を持って言ってんじゃなくってね。

そういや、このカーネルサンダース氏がダイブした頃、
わたしは相当の虎ファンでした。
ランディ・バースのサインボールとか、
かなりバースグッズを揃えていた気がします(笑)

でした…過去形なんですけどね。
最近、野球ってトンと見ないし…WBCですら、
ニュースで結果知るくらいな有様(苦笑)

●夜行性移動物・最新事情。(日経トレンディネット)

寝台特急がなくなり、ムーンライトも臨時化…
ということで、列車の深夜運行は減少の一途。
逆にバスのほうは盛況なようです。

だけど、不慮の事態、つまり遅れがどうしても
気になるので、なかなか使えないんですよね。
いくら快適になってもね。

もちろん、列車だって起こりうるわけだけど、
バスの場合は渋滞ってのが、曲者。
これで会社に遅れたことがあるんだから(笑)

アレがトラウマでして…往きなら良いんじゃ?
ということもいえるのですが。

一方、フェリーというのは一度は使ってみたいね。
基本的にペーパーで車は乗らなくて良いときまで、
乗らないことにしているので、高速料金1,000円と、
言われてもぜんぜん恩恵がないのです…

●揚げ足取りもいけないけれど。(MSNニュース)

川崎の病院のとある医師が「どんどん吸って早く死んで」
などと発言していたのが公に出た話。

この部分だけが報道されて、なんと言う医者だ、
といわれるのも癪だろうが…

もののたとえとして何をどう表現するか、
どういうのがもっとも伝わるのか、ということを
考えることが少なかったんだろうな、と想像します。

|自虐的に述べて、逆説的に禁煙に賛成する
|意思を伝えたかった

これ自体は、別におかしいことではないし、
喫煙に賛成する考え方もあってもおかしくはないと思う。
が、上記の表現でそれが伝わるか?
というと、伝わらないと考えるのが自然だろう。

●じゃがいも+バター+味噌=ケーキ?
 (風雲!コネタ城)

よくある思いもかけないものから、思いもかけない味が!
というヤツですよね。ですが…

食べてみたら、おっっと思うのかもしれないけど、
ちょっと想像したくないんだけど…わたしだけ?

あともうちょっとだけ…続けますよ。
ええー、続けさせてよ、ねぇねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どうも…家でまったりできなくて(笑)

というわけで、遠出でこそないものの、
やっぱり出かけしまうのですよね。

家でまったり、しばじゅんのDVDでも
見ながらウイスキーを愉しんでてもよかったのですがね…
(え、昼間っから飲むつもり??)

でもきちんと、天地人の時間には帰ってて。
謙信在世中はほんとに大丈夫?な喜平次景勝くんですが、
なんとか上杉の御大将らしくなってきましたかね?

一方、武田勝頼初登場。甲陽軍鑑の記述どおりの
父信玄の重臣に反抗して耳を貸さない困ったちゃん。
謙信の教えに忠実な景勝、信玄の遺言を無視する勝頼。
すごく対照的ですねぇ。

相変わらず、兼続は「義」だの、「誇り」なので、
なんでも解決するスーパーマン…
最近、エライ図式が単純な気がしますが…

ということで、天地人を見てまったりしてると、
ネタの更新こんな時間になっちゃいますが…
Ready…Go!

●要は掘り過ぎなんだよね…(イザ!)

いわゆる日帰り施設、スーパー温泉の類は、
結構好きなのですが、アレのせいで源泉が減ってるとしたら…
ちょっと困りものですよね。
どんな資源も無限じゃないと、そゆことでしょうか?

温泉の定義を厳密にした結果、ってのもあるようで、
下部温泉では源泉が一時、ただの地下水と判定されたそう。
温泉の定義を満たす湯が再湧出したらしいが、
こういうので、格下げになる温泉もほかにも出てくるのかも。
自然のことだから、どうなるかわからないし…

不況、泉源の枯渇といいことなしな温泉業界。
ただ中国からの観光客が増えつつあるとか。

そういや、中国って温泉のようなのあるのかなぁ?
あまり聞いたことがないような。
だからこそ、中国人にも魅力的なのかな?

●油で揚げないポテトチップス。
 (A.diary ほっと一息おうちバル 日経トレンディネット)

あ~さんところで、こんなのあるんだーと気になってた、
油で揚げず、遠赤で焼いてるんだそう。
従来比72%油分カット。1袋138kcal。

ちょっと軽くて、ボリューム感がないのだが、
そりゃ72%も油分がないんだから当然。
むしろ、手がべとつかないのが良いんじゃない?とも。

しかし、この普通のポテチと比較した
この圧倒的なカロリー差。十分売れる素地は
ある気がするのだが…あまりコンビニでは見ない。

いや、一時は見たのが姿を消した感じ。
売れすぎ?それとも不評?どうなんだろう…

●訴訟社会、なんでしょうかね?(イザ! その1 その2)

マンナンライフに対して、責任を問うことが
おかしいんじゃないの?とアレだけ言われているのに、
まだ訴訟を起こすんですね…

亡くなった方々にはお気の毒な話だが、
消費者側の過失も明らかにありますよね…

訴訟しても、それは自由だけど、
そこでなぜ勝算があると踏んだのだろうか…不思議。

特に兵庫県のケースは、事件が起きたのがごく最近。
それにもかかわらず、意識してないのか…

●1日10円かぁ…そう考えると安いもの。
 (日経トレンディネット)

何度か取り上げてきたATOK 2009。
定額制サービスってのがあるんですよね。

もうMS-IMEの馬鹿さには、うんざりしているんだから、
早いとこ、ATOKに戻りたい気持ちはあるものの…

なんかもう一押しされないと…という感じだったのだが、
そうか、1日10円!そう考えると、
ぜんぜん安いやん、と実感が湧いてくるから、
アホな消費者だよねぇ。

家に落ち着いていないことも理由だったりするが、
これからしばらくは遠出では避ける予定なので、
(いや…GW前に1回だけあり)
もちょっと、家のほうに目を向けよっと。

●酒の安売り禁止案。(イザ!)

スコットランドの話なのだが、どんだけ飲兵衛?
という感じだなぁ…まったく。

酒の格安販売を控えよというぐらい、健康を害している人や
暴力沙汰を起こす人が多いってことでしょ?

ちょっと笑ったのが、医療費増大はわかるとして、

|仕事のずる休みなどによって生じる経済的損失

ってどういうこと?(笑)二日酔いで翌朝出社できないとか?

ウイスキーの本場だけに強い人ばかりだと
思ってたんだけど…そうでもないのかな?
それとも飲む平均が半端じゃないとか…

手元にLAPHROAIGのボトルがあるんだけど、
こんなことが書いてありまっせ。

UK Government's Sensible Drinking Limits
Men 3 to 4 units, Women 2 to 3 Units per day

ここでいう、1 unitとは25ml。てことはボトルあたり、
28 unitsってことになるわけだが。

こんな容量、わたしだって平気で超えてますよ(笑)
こういう奨めを政府から出されるってことは、
やっぱり、相当な量を飲むのかも…

●痛そうだけど…けっこうカッコいいかも?
 (GIZMODO JAPAN)

PCのマザーボードをボールペンに貼り付けた
とんでもない一品。とんでもないんだけど、
デザイン的には、なんだかイケてる感じがしなくもない…

高級コーティング仕上げってことで、
実はそんなに痛くなかったりするんじゃないの(笑)

●可視光線でも通信ができるそう。
 (INTERNET WATCH)

赤外線通信を可視光に拡張するという試み。
これ、4Mbpsとかっていうスペックなんかよりも、
目に見える光で通信できるってのが、
一種のデザイン的な働きもするんじゃないか?
という気がすごくしませんか?

電話番号の交換とかに赤外線を使う場合とか、
通信しているのが目に見えると、面白いですよね!

|携帯電話の赤外線ポートに可視光拡張を行うだけで、
|4Mbpsの照明光通信による放送型のコンテンツ配信が可能

ってことは、ケータイでコンテンツを受け取る
手段の一つに、近い将来なるかも、ですね。

●これ…短すぎて使いものにならないじゃない!
 (CNET Japan)

天地人、見逃したらこれを利用しようか、
と思ってたんだけど。NHKオンデマンド。

|番組の配信期間をこれまでの7日間から
|10日間に延長する

という記述を見てビックリ!そんな短いの?

少なくともドラマとかは、1年間は見れるように
しとかなきゃダメでしょ~
これじゃ、利用価値ナシ!

利用者は約5万人、3月末に8万人を集めるのが
目標だったらしいが、これじゃさもありなんって感じ。
むしろ、5万人でも多いかもよ!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっとぉ。

今日は、サントリーのイベントがきっかけで
読むようになったbloggerさんの情報をもとに外出。

青梅の吉野梅郷で梅を見たり(京都で見たばっかりやん!)、
東京ミッドタウンで世界遺産の写真を見たり。

青梅で買った豆腐こんにゃく、酒のあてによさげ。
おいおい頂きやす。こんな近所なのに…
ぜんぜん知らんかったし。

富士フイルムの写真展もよかった。
タスマニア原生地域の夕暮れの写真とか、
すごいグラデーションで美しい。

やっぱり、中国の黄龍・九寨溝の湖水の
青の美しさにしびれたし…行きたいなぁ…

ンゴロンゴロもよかったなぁ。
ポストカードがあれば…と思ったんだけど、
めぼしいものがなくって、買わず。

だいさんりすきぃさん、ありがとうございます。
参考にさせていただきました。

帰り、山崎シェリーカスクを見つけGet!
なんだかんだ言ってもやっぱり買うんですね…

帰ってきて、スピーカーがうんともすんとも
いわなくなってることに気づく…うむむ、なんで?

何度やっても、USB Audioのドライバインストールに失敗。
アナログならいいか、と思うとこれもダメ。
こりゃぁ…また一日仕事だな、こりゃ。はぁぁ。

ということで、これからネタ更新に勤しみます。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっとマニアックな。

さて、ちょっと長くなりそうだったので、
一部記事ネタを切り離してみましたよ。

●Netbookに載るWindows 7の機能。
 (元麻布春男の週刊PCホットライン)

Microsoftの業績の話。
PC向けのOSの業績が、悪化しているとのこと。

PC自体がかなり売れていないというのは、
世界的な現象だと思うけど、さらに
より上位のライセンスの比率が落ち、
Netbookに搭載されるWindowsの割合が増加。

これ、Windows XP for ULCPCのことですね。
ってことは、かなり安く卸しているはずで、
Microsoftにとっちゃぁ、儲からないOSなわけよ。

とすると、この記事にあるような、
Windows 7にNetbook版が出るとするならば、
搭載されるPCのスペックだけではなく、
OSの機能も制限されるのでは?というのは、
宜なるかな、とは思うんですけどね。

制限する機能にもよると思うけど、
それでも別に良いんじゃない?というヒトが、
結構出てくるような気がするんだよなぁ。

Windows XPからVistaになって、新しい機能って
わたしもほとんど使ってないですから。
Aeroは当然OFFだし、見た目もWindows 2000?
みたいな味気ないもんだしね(笑)

一方、効果の具合はさておき、
Ready Boostは使ってたり(余ったSDカードを常時装着)、
メイリオのフォントは好きだったり。
でも、なくていいといえばなくていい気もして。

そうすると、Microsoftはどう出るんだろうか?
というのが、次の記事のコメントへ。

●Windows 7がネットブックブームの終わりを招く?
 (笠原一輝のユビキタス情報局)

ちょっと同じような話が続くけど。

|ネットブックをフルPCの軽量かつ廉価版

といったときに、フルPCの「フル」って何?
ということを押さえておかないといけないだろう。

少なくとも、OSも話をしているわけだから、
OSの機能について、ということになると思うのだが、
たぶん一番のキモになるのは、同時実行できるアプリが
3つまでという強烈な制限。

現在のWindows XP/Vistaで、一部地域(日本はナシ)で
発売されているStarter Editionと同様で、
このほかにもプロセッサや画面の解像度の制限も。

で、日本のユーザがどう見てきたか?ということだが、
フルPCとしてNetbookを本当に見ているのか?
いや、それは違う、と思うね。

フルPCのフルといったときに、画面の解像度や
CPUパワーを問題にはしないだろう、普通。

「フル」の意味は、ケータイやスマートフォンではなく、
Windows上で使えるアプリがパフォーマンスの
問題はあるにせよ普通に使える、ということにあるはず。

だとすると、ネットブックの勢いが止まるかどうかは、
この「同時実行可能アプリ数制限」をユーザが
どう受け止めるかということにかかっている。

ホームネットワーク機能やAero、マルチタッチがなくても、
最初の記事でも書いたけど、まぁ影響は少ないと思う。

それに一度、Netbookを買うとアップグレードも不可。
これもキツイな…この記事にあるようにアップグレードの
パスくらいは用意してほしいもんだ。

●Windows 7のタスクバー。
 (山田祥平のRe:config.sys shino-blog)

なにやら、Windows 7のタスクバーの使い方が
結構変わるような記事があって、
しかも、これ使いやすいのか?という感じで。

と思ったら、shino-blogさんところで、
それはちげーんじゃね?という記事があって、
まだβ版であることや、設定は如何様にも変えられる、
となことが書かれてあって、よかったな、と。

実際に体験してみないと、良し悪しは
なんともいえなくて、文章だけの解説じゃちょっと…
というところが正直なところ。

でも、いわゆるクラシックスタイルが
できなくてWindows 7で新たになる操作方法しかダメ!
というのでなければ、まぁ良いんだろうな。

ほかの人はわからないけど、PCの極々細かい操作って
あまり変わってほしくないという面もあるんだよね。
もう慣れっこで、無意識化されてるところが変わると、
非常に慣れるのに時間がかかったりとかして。

●踊れるようになったHP。
 (本田雅一の週刊モバイル通信)

実は、HPのPCに興味を持ったのは、
この記事で書かれているデザインがよくなり始めた頃。

なので、凡庸という時代のものって、
あまり記憶にないんですよね。

かつて、HPの意欲的なTabletPC TC1000を
使っていたけど、あれが結構デザインが
よくなり始めた頃なんじゃ?と思っています。

例のHP mini 1000 Vivienne Tam Editionについて
書かれていますが、いわゆるNetbook系のPCでさえ、
HPのものは、デザイン的には群を抜いてますね。

すごくデザインを意識していて、
安っぽさを感じさせず、シンプルなのが、
わたしの好みに合ってます。

ソニーには(あまり好きではないが)製品を見て、
これはソニーだと思わせるものがありますが、
HPのPCもそんな感じがします。Appleもそう。

逆にそれ以外のメーカーには、1点ものでイイ!
と思うようなのがあっても、カラーというか、
そのメーカーらしさをデザインから感じることは
ちょっと難しいような感覚を持っています。

ほんの数年で、そんなものづくりに変えたHP、
世界No.1というだけではなく、
すごいなーと思った次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぱちょこんのはなし。

ということで、後回しになったPC関係の話。
ずいぶん昔(1ヶ月以上前)のネタとかもあったりするけど、
まぁ…賞味期限切れというところまでは
行っていないかな、と。

●20$のノートPC。(GIGAZINE)

ちょっとー、1800円(≒20$)って!
どんなものか気になりはしますが、激安すぎ!

懐疑的な声が上がるのは当然でしょうねぇ。
Eee PCでNetbookの市場を作ったASUSでさえ、
昨年第4四半期に赤字転落したこともあり、
安い7型クラスのPCをなくしていくみたいだし…

●ノートPCと並べるUSB液晶モニタ。
 (GIGAZINE)

これ、いいですねぇ…
7~8インチクラスだと、すでに使っているので、
あまり魅力を感じないんですけどね。

逆に18.5型とか、ちょっと大きすぎる?
という気もしないではないけど…

これだともうサブではなくメインのモニタ、
という感じでしょうね。USB接続できるモニタって
ほかにもあるみたいだし。

●超小型USBメモリ。(PC WATCH)

これ、ホント邪魔にならずにいい感じ。
結構ノートPCを持ち出すので、USB端子のフタ代わりに
ちょうど良いかもしれないですよね。

今はSDHCカードをReadyboostに使ってますが、
デジカメに使っているカードとの入れ替えが面倒。
とはいえ、自宅ではUSB端子はフルに埋まってるからなぁ。
やっぱり、付け外しはでてきちゃうね。

●発想がいい!おもしろい!
 (マイコミジャーナル)

Always Innovatingというアメリカの聞いたことがない
メーカーのNetbookだそうだが、
さまざまな形に変形するのが、なんとも面白い。

一般的なTablet PCとは違って、液晶部分を
回転させるのではなく、ノートPCを開いてそのまま、
倒していくというのが、いい感じ。

確かにこのやり方だと、デスクにPCを置いたままで
変形ができなくなってしまうが、液晶部分を回転させる
ヒンジをつけなくて良いというのは、メーカーにとっては、
造りやすい構造な気がするねぇ。

あと、ディスプレイが取れちゃうのとか。
これもすごい。個人的にはディスプレイ側ではなくて
キーボード側に基板を仕込んでほしいけどね。
自宅では大画面モニタ、モバイルは小さいモニタ、
というように使い分けできると、いいんだけど。

●本気なようです…(GIZMODO JAPAN)

ASUSがキーボードPCってのを出すようです。
そういや、展示会用に出していた…という記事が
以前にあった気がしますが。

キーボードのデザインとしては、なかなかいい感じ、
あとはモニタを買ってくるだけで良いようです。

しかし…いろいろ考えるもんですね。
コンセプトをすぐに製品化しちゃうところも、
勢いを感じますね。

●Eee PC Touch。(ZDNet Japan)

Eee PCにもタッチパネルがつくようになるんですね。
ドイツ・ハノーバーで開催されたCEBITでの展示。

Windows 7もにらんだことなんだろうけど、
個人的にはタッチでPCを操作するのが、
普通になってほしいものですねぇ。

もうTablet PCを使い始めて、かなり経つけど、
タッチやペンで操作できないPCは、
購入検討の対象になりえません、わたし(笑)

●DELLのタッチPC。(西川和久の不定期コラム)

DELLも出しているんですね。
だけど、HPのそれと比べると、デザイン的には
ちょっといただけない気もしますが…

ブルー部分の布になっているあたりは、
いい演出かもしれないけど、裏が真っ白っては!
表と裏ですごくアンバランスな感じ。

ただ、タッチ操作を意識したツール類は、
使い勝手はよさそう、かな?

●ノートPCを「ノート」といった理由。
 (日経トレンディネット)

ほほう、なるほどなと思った記事。
日本ではノートパソコンという名称が当たり前だけど、
外国ではラップトップ、という言い方も主流。

で、そのノートって言い方、日本発だったようです。
知らんかったなぁ。

その発端は、NECの98ノート。東芝がDynabookで
初めて「ノート」PC市場を創出したときには、
ブックパソコンと呼ばれていたそうな。

これに対し、NECが98ノートを出す際、

|パソコンの使い方をよくよく考えるならば、
|情報を得るブックではなく、自ら能動的に書き込んで
|利用するノートとしての呼称の方があっている

ということで、ノートという名称をつけたとか。

そう、そうなんだよね。わたしもパソコンって、
能動的でクリエイティブなツールだと思うんですよね。

そう考えると、Netbookが確かに使い方に
あった(たまたま?)ネーミングというのも、
なるほど、頷けるのである。

もうちょっと、PC関係続きます。
重めというか、マニアックな話題ですが。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スーパーニッカ、ようやく。

今月の3日に、ブレンドを変えて
リニューアルしたスーパーニッカ
ようやく、お店で見つけたので早速購入。

ここのところ、ニッカといえばシングルモルトばかりで
ブレンテッドのニッカは久しく遠ざかっていて。

久しぶりに飲むスーパーニッカ、おいしく頂きました。
ブレンドもウッディ&バニラというアピール
(あれ、どこかで聞いたな?)というだけあり、
ブレンドも好みな感じでした。

おっとっと…もう半分空けちゃいました。
ちょっと飲みすぎ。

P1020041

それでもやっぱり、サントリーと比べて、
ブレンテッドのブランド力が薄いのも事実かな、と。

もちろん、シングルモルトも好きだけど、
もっとブレンテッドもがんばって欲しいなぁ。

バーじゃなくて、普通の居酒屋とかでもね。
リザーブやローヤルおいてある店はそこそこあっても、
スーパーニッカ、まずない気がする…

あと、ついでにみつけたコーヒーのおまけの富士・はやぶさ。
いいタイミングに出しますな~
ま、オマケのレベルから出るものではないけど。

P1020031

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ストレス解消。

この時期というのもあるんだけど、
けっこう忙しいこのところ。

それに加えて、あれこれと同時並行で
進めると頭がとっても疲れる…

ひとつひとつのことが、それぞれ面倒だったりするし。
中身も人間の取り扱いもね。
けったいなヤツには、付き合いきれんわ。ほっとこ。

といいつつ、一晩寝ると忘れるとても幸せな
アタマの仕様をしているので、
明日には、???ってなってるかもね。
でも、醒めてもしっかり覚えてるんだからねっ

ま、いいや…記事行こ、記事。
すいません、PC関係の記事と予告しておきながら
軌道変更。ビジネスチックな話題を揃えてみました。

●ビジネストークNGワード集。
 (トラパパ@TORAPAPA)

なるほど、というキーワード。
1,2,3は、ビジネスに仕事内容以外の話や守秘義務上、
まずい話をするわけだから、これは論外として。

4の「知りません」の類。

いるよねぇ、まずこれいっちゃう人。
別にコンサルじゃありませんが、仮に知らないにしても、
いきなりこれでばっさりやると、すごく感じ悪いですよね。
言い方の問題かもしれないけど。

5の「興味ない」もNGだよなぁ。

つらい仕事しかありませんというのは、
それは違うと思うんだけど(捉え方の問題)、
興味あるかないかは、関連部門やお客さんには関係なし。

自分のモチベーションの問題にこの手の話を
持ち出すならともかく、仕事そのものの話に、
この類の話はNGですね。イケマセン。

6の「できません」も最初に言う言葉じゃないよ。
無論、スーパーマンじゃないし、できないことのほうが
むしろ多くて当然なんだけど、それを如何に達成するか?
が勝負なわけで、いきなりできないというと、
試合放棄、敵前逃亡と見られても、仕方ないね。

7の帰って良いですか?は、どうなんだろ?
業界によるのかな…

●発信力。(GoTheDistance)

ちょっと、まじめな話が続きますが。

発信力、影響力のあるメッセージを発信する力、
と読み替えられるんでしょうかね。
それに必須なポイントを紹介されています。

1.Yes/Noが明確

軽い気持ちで書いてるblogもあると思うんで、
そのblogのポリシー如何では、どこまで意識するか?
という面もあるんだけどね。

結局、何をどういいたいのか?がわからないと、
読み手は頭の中に「???」が残って、キモチワルイですよね。

どこまでロジカルにするかは、程度の差はあれど、
ある程度は意識しないと支離滅裂になっちゃうよねぇ。

2.Yesに立脚

研修とかでもよく出てくるんじゃない?と思うけど、
批判する、特に傍観しつつ批判することの、
この楽なこと、楽なこと。誰でもできます。

自分が満足するためじゃないでしょう?
と言われると、いやそれも大いにあるんだけど?
というのが、わたしの場合なのですが…

Noだけの文章って、読みたくないし、
Noから成り立っている自分って、
薄っぺらくて、イヤだよね、そんなの。
いろんなYesの有機的な集合でいたい、と思います。
(理想として、ね)

|自分でToBEを示せないのなら、誰かのToBeの中で
|従属的に生きて行かざるを得ない

たぶん、これが根本的にイヤ何だと思います、わたし。
有意義に生きてくのに何が大事かって、
自律(自立じゃなく自律)と好奇心、だと思ってます。

●訊いていいこと、悪いこと。(IDEA * IDEA)

これ、なるほどなぁ…と。
よくアンケートとかあるけど、自分の困ってることとか、
こうして欲しいことを書いてもらう、ってこと。

これ、自分の希望やニーズは自分が一番よく知っている、
という仮説に基づいていると思うのですが。

果たしてそうかな?

感覚論だけど、思いもかけないもの、
でもふと自分の目の前に、現れるとすごくイイもの。
それって、すごく魅力的に映りますよね。

言ったことをそのまま実現すると期待していたことが
期待していた通り、なわけで満足はするけど、
感動はしないんだろうね。

|そのソフトを使って一番成功しているユーザー
|のところに行ってひたすら観察するらしい

観察しつくしていると、提供者が思いもかけない
使い方があったりとか、想定外のベネフィットを感じて
使っていたり、というのがわかるのかも。

一方で、消費者側としては言った意見が、
採用されると、とってもウレシイ!という側面もあって、
まぁ、難しくもあったりするのですが。

●報酬を与えることができる、という報酬。
 (ZDNet Japan)

ここまで書いちゃったので、ビジネスチックな話題で
このエントリを〆ましょう(笑)

「あったらいいな」を実現する企業ということで、
日本HPの取り組みを紹介した記事。

直属の上司だけじゃなく、プロジェクトに
関わった他部門の上司からも評価してもらえる、
というシステム。これいいなぁ。

部門横断的な視点って重要じゃない?
にもかかわらず、セクショナリズムに囚われている
悪いケースって、あったりするけど。

こういうのがあると、関連部門にとっての立場と
自分の部署の立場、そしてその間に立つ自分に
できることって何だろう、って考えるようになるよね。

本社の社長が日本支社の一社員の仕事ぶりに
ボーナスをくれたケースとかって、ちょっと粋な感じ。

日本HP独自の社員から社員へ贈るプレゼントって、
仕組みもすごくモチベーションアップになりそう。

マネージャでなくても、お世話になった!
よく協力してくれた!という気持ちを持つことがあるけど、
それを目に見える形で、さらにシステム化されてる、
ってところ、すっごく興味深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書き始めて2時間。

さっきの記事、よく考えると、
書き始めてから2時間くらい経ってることに気づく。

けっこう書くのに時間がかかるもんなんだよね。
ネタのうち、どれを書くか書かないか。
もう、それはそのときの気分で決まりますけどね。

ネタとしてとってあっても、そのとき、
ちょっとこれは気乗りしないなぁ…と思ったら、
縁がなかったものして、すんなりと
あきらめることにしています。

でも、あきらめきれないものが
実は、ほとんどだったりして(苦笑)

では、つづきでーす。

●その名は「さくら」。(たべちゃんの旅行記)

山陽・九州新幹線の名前が「さくら」になったそう。
以前、長崎行きの寝台特急の名称に
使われていた名称が復活。

無難ですが、いい感じですね。さくら。
博多~鹿児島中央の九州新幹線「つばめ」もそうだけど、
内装がかなり「和」を意識したデザイン。

外観は近代的なシャープな印象だけれども、
「さくら」と日本を代表する美のひとつを
その名に冠する山陽・九州新幹線もまた、
和の内装デザインになるんでしょうかね?

●タンチョウ、列車と衝突死。(イザ!)

これ、すごいびっくりした。

以前、釧路に旅したときにYHの方の話だと、
神様、仏様、御鶴様というくらい、それはそれは
大切にされている特別天然記念物なのだから。

よっぽど、列車に近いところに
降りようとしていたんだろうなぁ…残念。

●「UQ WiMAX」がサービス開始。
 (INTERNET WATCH)

これ、無料試験サービスが申し込めない地域に
住んでるもんで、すっかり関心が冷めちゃいましたが。

まぁ、様子見ですね。しばらくは。
WILLCOM COREのほうは、ちょっと不安な声も聞くし…

最終的には、今更ながらのイーモバイルという、
選択肢も出てきたような感じ。最初からそうしておけば…
ま、ホットスポットで使えれてば、不自由はしないけどね。

早速、レビューが載っている模様。

まだまだ圏外が多そうなのと、速度はこんなものか…
という印象。もちろん、速いところでは
かなり速度が出るみたいだけど。

●時代屋、オープン3周年。(イザ!)

最近は、暦女が集まることで話題な時代屋。
もうオープン3周年なんだとか。

気になりつつも、行ったことがありません。
こういうグッズてきなものって、ご当地に行って、
たとえば仙台なら伊達政宗、甲府なら武田信玄、
というところで、買ったりはしますが…

新宿のもののふ天守同様、
戦国好きとしては押さえておきたいところです。

政宗のハンチング帽、かっこいいなーと思うんだけど、
完売なんですよねぇ。

●NokiaがノートPC市場に参入?(CNET Japan)

これ、にわかには信じがたい話。
だってさ、ノートPC市場なんてもう血みどろの戦場でしょ?
まさに死屍累々たるレッドオーシャンそのもの。

そこに敢えて参戦するとは…よほどスケールメリットを
活かした戦いができると踏んでいるのだろうな。

どんな製品を出すのか、見ものではある。

●氷筍。(イザ!)

水滴が瞬時に凍ってできるという氷のたけのこ、氷筍。
温暖化の影響からか、例年よりは小さめだそうだが…
実にきれいですねぇ。

|入り口から届くわずかな光に輝いて幻想的な雰囲気

というのを実際に見てみたい気がします。

●植生の変化をどう見るか…政宗の森。
 (イザ!)

もうひとつ、温暖化ネタですが。

|政宗が仙台城築城の際、裏手の防備と水源確保のために
|「御裏林(おうらばやし)」に定め、一般の立ち入りや
|伐採を禁じたことが始まりとされる。

という青葉山の木々。だが、従来では仙台では育たない、
南方の植物が目立ち始めているいう。

よくいわれるCO2は必ずしも原因ではなく、
むしろ温暖化の結果だ、という説もあるようだが、
原因はどうあれ、温暖化は進んでいるということか。

徐々に、しかし確実に進んできている、
自然の変化に不気味さを感じます…

●ドンキーコングJrの視線を感じるシャワールーム。
 (GIZMODO JAPAN)

時折、こういう日本発のものにはまってしまい、
日本人のほうがえぇ?と思うような記事に出くわすことが
けっこうありますけど、これもそのひとつ。

これひとつひとつ、タイルを貼ってくの、
大変だったでしょうに。
しかもまた、いい出来具合だ、これ(笑)

任天堂関係者ではないけれど、
日本のものがココまで愛されると、
なんだかうれしいですよねぇ。

●これ…重さでわかんなかったんでしょうかね?
 (GIGAZINE)

食べ物の封を切ると中からとんでもないものが
出てきてニュースになることはありますが、
ポテトチップスの袋からケータイという話。

これ…チェックするとかしないとかというよりも、
明らかで重さでわかるんじゃないでしょうかね?
重量チェックとかするでしょ、工場出荷時に。

考える限り、なぜ混入したかの仮説が
ぜんぜん、思いつかないんですけど…
なぜだか、ぜひ聞いてみたいものです。

●レジ袋、Noと言えますか?(イザ!)

最近では、けっこう意識して言うようには
しているので、もらわないことが多いのだけれど。

コンビニとかだと、言わないと勝手に袋に
入れちゃう人っていますよね?
ペットボトル1本なのに…というような。

スーパーでは有料化も進んでいるようだが、
売り上げへの影響で、無料化復活の店舗も。
こういうところこそ、自治体の出番だよね。

営利企業は、業績に悪影響が出ると、
見直さざるを得ないからな…

とはいえ、自分の問題として考えた場合、
やはりお店に袋が欲しいなぁというのも事実。

これ、毎日スーパーで買い物に出かける人は、
マイバッグを持つ習慣ができるだろうけど、
たまに会社帰りに寄ることもあるかな~という場合、
そのときのために、バッグを持ち歩くか?
というと、厳しいような気もして。

有料でかつ丈夫な袋を常備してもらって、
次回来た時に返せば、返金しますってのがいいかなぁ。
あ、でも家に貯めてしまうか…うむむ。
いや、ズボラなだけというと、その通りなのですが(爆)

続きは、明日以降に。
最近、PCの話題をしていないので、そっち方面。
あ、期待してないって?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さてさて。

ここ数日、出かけてばかりいたブランクを取り戻すべく、
あれも!これも!それも!ということで、
あれこれ片付けていました。

文字通りの「片付け」もあるのですが、
髪を切ったりとか、そういうのも含めてね。

そういいながら、土日も半分はまぁーったりして
進みが遅かったりするんですが(爆)

ということで、記事のほうにも。
早くしないと1ヶ月前の記事とか出てきちゃうぜよ。

●ブログを読むのに使われる総時間。
 (一般システムエンジニアの刻苦勉励)

ネット利用時間に占めるblogを読む時間の割合が、
リッチコンテンツの出現やブログ数自体の増加、
あるいは海外から日本語ブログが
流れ込んでくるといったことによって、
読まれる時間が少なくなっちゃう?という話。

基本的に匿名のアクセス数がそんなに増えようが、
(増えたら増えたでうれしいけど)
ま、別にいっかなという感じなので、
ブログ数の増加や、海外の方が日本語でブログを
書いてくださるなんていうのは、大歓迎ですけどね。

自分のブログが読まれる総時間よりも、
よくきてくださる方々が、読んでくださる時間が
増えていくとうれしいかなぁ、と。

そして、そういう方々をちょっとずつでいいから、
増やしていきたいなぁ、と。それがわたしの希望です。

●blogの長期サービス停止。(マイコミジャーナル)

これ…きっついよねぇ。
そんなに思い入れがない人もいるだろうけど、
今ココログでコレやられたら、たぶん発狂します(大げさ)

まぁ、そこまではいかないにしても、
かなりの精神的ダメージですよね。
長く続けていればいるほど、ね。

やっぱ、自分のHDDにもバックアップは
とっとくべきなんでしょうかね。
そうか、本にしとくとか。
# あ、もう3月も半ば、本にする計画は?

●暦女のきっかけは、大河ドラマ?
 (CNET Japan)

だそうです。歴史に関心がある女性の6割が
大河ドラマをきっかけに興味を持ったと。

わたしの場合は…明らかに「信長の野望」や
「三国志」に代表されるコーエーのゲームですね。
もちろん、学校の授業で少なからず
関心があったことは確かなんですけどね。
# 信玄おじさんなんて、小学校くらいからかな?

ただ、大河ドラマって結構気になるのが、
史実との差異。実はかなりあるようですね。

今やってる天地人も、わたしが気づいただけでも、
あれ?そうだっけ?というのも少なくないし、
史実を照らしあわせているblogを読んだりすると、
その大胆な違いに、驚かせられます(苦笑)

ドラマと史実は違うことを念頭において、
実際はどうだったのか?を追っていくのも楽しいですけど。

●ゲームの効用と好奇心。(らばQ)

テレビゲームが老人のボケ防止にという話。
ま、ゲームに限った話ではないのでしょうけど、
能動的に働きかける、という点が必要なのでしょうね。

逆にテレビって、すっごい受け身な感じがしますが
それはあまり脳を使ってないってことなんでしょうか。

あと、同じことばかりしてるってのも、
脳が慣れちゃって、あまり使わなくなっちゃうような気も。
チャレンジ精神をいつまで持てるか、ってことに
懸かっている気がしますね。No Curiosity, No Life!

●これは失礼すぎる!(Infoseekニュース)

トルコから柏崎市の施設に寄贈されたトルコ建国の父、
ケマル・アタテュルク大統領の像が横倒しにされ、
山道脇に放置されている件。

なんかすごくいざこざがあって、すぐにどうこうって
訳にはいかなそうですがね…
民間会社と市の言い争いも、そんなのやってる暇があったら、
同じことを言い続けるんじゃなくて、
どうやったら解決するか?を考えれば良いのに…

トルコは特に親日家が多い国として知られるが、
ちょっとこの扱いは、非礼だよね。やっぱり。

●どうやって見分ける??
 (スラッシュドット・ジャパン)

QRコードを使ったフィッシングってあるそう。
これ…明らかに怪しそうなURLとかだったら、
避けられもしますが…QRコードか…盲点。

こういうのってありうるって知ってないと、
疑うことなくはまっちゃいそうな気がします。注意。

でも…どうやって見分けるんだろうね?
Web上のQRコードはページを確認するとか、
そういうのができそうだけど、紙のやつは?

●もうやめたら…(Infoseekニュース)

韓国で68歳の女性が、なんと運転免許の筆記試験に
775回も挑戦し、失敗。まだあきらめていないとか。

夢を持ち続けて、挑戦するのは良いですが、
ちょっといくらなんでも…

●ネットユーザーは目が悪い?(CNET Japan)

ま、そういう人は多いでしょうね。
ただ、PCの画面で悪くなったという人もいれば、
インドア系の趣味が多くて、どれをやっても、
目を酷使するものばかり、という人もいるでしょう。

あと…眼鏡、わたし眼鏡暦が長いくせに、
1本しかないのです…買おう買おうと思って、
結局、酔いつぶれた拍子にぶつけて壊し、
困ってから買うという惨めな状況に陥るわけです(爆)

仕事とプライベートくらいはあっても良いと思うんですよね。
で、いつもあってもいいと思うだけで終わるorz

●中国茶の香り。(All About)

最近はもっぱら、ウイスキーですが、
実は中国茶も好きなんですよね。
以前に上海で味わったのが、すごくよくて。

飲むのももちろんですが、以前は茶香炉で茶葉を
焚いてたりもしてましたし。

で、そのお茶の香りも実に複雑。
表現するのにもなかなか難しそうです…

が、ウイスキー同様、まずは表現してみる、
自分が感じた香りをどう表現されているかを知る、
など、トレーニングが必要なのかも。

●ちょっとした話題づくりに。(GIZMODO JAPAN)

数字4桁で誕生日を入れて、それを四則演算して
人間関係を割り出す?というジョークグッズ。

デザインがいかにもおもちゃっぽいのが、
ちょっとうむむ、という感じですが、
1年365日の「誕生日占い」をデータベースに、
とのことで、ちょっとした話題づくりに面白い?

わたしの知人で、友人・先輩後輩・上司など、
あらゆる人の誕生日、記念日を記憶している
林家ペーに匹敵する(!)記憶の達人がいます。

彼女に持ってもらうと、あんな関係やこんな関係が
わんさか出てくるかも?(笑)

●ムリヤリやらせるんじゃなくて、工夫を。(イザ!)

中国と比較して、日本の中高生は学校・塾・家で
勉強をする時間が半分しかないにもかかわらず、
勉強がきついと感じているとのこと。

これ…いろいろ考えさせられますね。

というのも、わたしは勉強そのものに
けっこう関心もってやっていたほうなので、
学生時代通して、しんどいと思ったことが少ないんですね。
# 結果が出ないとか、受験不合格ってのは
# もちろん、ショック大でしたけど。

明らかに、そんな勉強しなくても、
それなりにでいいんじゃね?という感じが
日本にあるのと、中国はやはりかつての日本のように
勉強して出世して、というハングリー精神が
かなり強いってこともあるだろうね。

甘えてるんじゃないの?という声もあるけど、
今の日本の環境を考えると、いかに興味を持つか、
自律的に勉強に向かわせるかを考えるべきかと。

甘えるな根性出せというようなやり方は、
ちょっとそぐわないよなぁ。

そうそう、甘えるな式のやらせ方って、
イトイさんが言っている「恐怖の効用」に近いよね。

勉強の仕方というよりも、関心の持ち方というか、
いろんなことに関心を示せる力を伸ばすほうが、
相当、強力な応用力に化けると思うな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャンスがあれば目ざとく城へ!

えーっと。最近週末にぜんぜん東京にいない、
nikko81です(爆)

先週はというと、すっごーい久しぶりな出張。
遠出するのは「うわーい♪」なんですが、
中身のほうがアレなもんで、何気に複雑な気分。

で、出張先から東京までの飛行機が取れず、
やむなく大阪・伊丹便で帰着。
お。こりゃぁ…ちょっと寄り道ですかい、ダンナ?

というわけで、なかなかいけなかった城へ。
伊勢・桑名城。桑名は一度、愛知万博の際に泊まりは
したんだけどね、散策はしてなくて。

まずは恒例のマンホールチェック。
桑名というと、折り紙や焼きハマグリが有名。
ということで、マンホールもそのご当地特産品。

P1010793

P1010796

下の写真、ハマグリなんだけど、
はじめはおにぎり?とか思って、なんでおにぎりなんだろう…
と首を傾げてしまいました(笑)

あとは、七里の渡し。尾張・熱田の宮宿と
桑名宿を結ぶ・旧東海道の海上路。
これもマンホールの題材に。ここまで全部、
カラーマンホってのもすごいなぁ。

P1010794

消火栓には、たぶん桑名城。
やったー、やっと城のデザインだ!

P1010799

駅を降りると、バス停を見て「???」。
こんなところに「有楽町」があるんですねぇ。

P1010797

まずは、桑名市博物館。もちろん、
お目当ては桑名城模型でございますことよ、ほほほ。

往時の桑名城瓦が展示してるんだけど、
外に吹きさらし。中に入れてあげようよー

P1010803

で、その模型ですが…なかなかいい感じ。
桑名城は、長良川に突き出た東海屈指の水城。

P1010814

よいですねぇ…個人的に山城よりも堀を
ふんだんに使った水辺のある城が好きなので、
水城は、縄張りとしてすごく好みなのです。

これが天守。元禄時代の1701年の大火で焼失して以来、
再建されることはなかった。

P1010828

長良川を行き交う舟から眺められたであろう、
桑名城の姿。これ、壮観だったでしょうねぇ。

P1010839

そのほかには、「桑名の千羽鶴」。
桑名市の無形文化財で、独特の連鶴の折り方。
だから、さっきのマンホールに折鶴があったんだな。

P1010843

これとか、百鶴(ひゃっかく)というだけあって、
どんだけ鶴がいるんだろうという感じ。

P1010856

これもわかりやすい「雛遊」

P1010857

さて、無料の博物館を過ぎて向かうは九華公園・桑名城址。
お、これは当時の石垣っぽいな?どうなんだろう?

P1010861

でも、ほとんどがこういう感じ。
明治期に四日市港の開港に桑名城の石垣が
かなり流用されたんだってね。もったいない。チッ。

P1010866

入り口には、関が原後に桑名を治めた、
徳川四天王・本多忠勝像。鹿角脇立兜をかぶり、大数珠を
身に付けているが…あれ、蜻蛉切は?

P1010872

忠勝は岡崎の生まれだが、
晩年はここ桑名で過ごしていたんだなぁ。

よくわからない立て札。なぜ中心なんだ?

P1010877

桑名城址を長良川に近いほうへ歩いていくと、
櫓らしいものが見えてくる。
これ、国土交通省の水門統合管理所。

P1010882

これ、旧桑名城の蟠龍櫓(ばんりゅうやぐら)跡になるということで、
蟠龍櫓を概観復元したものなのです!
櫓跡に造るから、せっかくだから概観だけでも
復元しようという心意気。良き哉、良き哉。

P1010900

長良川からこうして目立つところに建っていて、
行き交う舟から目立ち、天守焼失後の桑名城のシンボルの
ひとつとなっていたようで。

P1010908

蟠龍とは、天に昇るまえの地面にうずくまり、
とぐろを巻いた龍のこと。これが航海の守護神として、
飾られていたため、蟠龍櫓と称された。

って、あれ???ナニコレ?

P1010914

ちょっとー、なにこの無粋なカメラは?
もうちょっと何とかならなかったんですかね?

龍の飾り瓦がとてもいい感じなだけに、
すっごい残念でした…

P1010923

ちょっと露出を抑えて。日が暮れて、青い時間になる
間際っぽい一枚をみたいな感じで撮ってみました。
龍のシルエットがかっこいいですよねぇ。

P1010931

さて、次は本丸・二の丸方面へ。
九華公園という名前、今はきゅうかと読むが、
むかしは「くはな」と読み、桑名の名を
もじったものだったそう。

こちらはこちらで、往時の堀がかなり残され、
とてもいい雰囲気でした。石垣も残ってると、
なお◎だったんですけどねぇ…もったいない。

これが、桑名城址・九華公園全図。
堀がかなり残っていて、水辺に囲まれた公園であることが
よくわかります。

P1010944

堀はこんな感じ。いずれも現代的なつまらない石垣もどきや
木の板を添えてあったりするだけで、城跡らしくはない。
が、この堀のすばらしさは桑名城のかつての
情景を思わせるには十分。

P1010945

P1010948

P1010952

敷地内の鎮国守国神社。あれ、もう桜ですか?
ちょっと、早くない?でも、花びらからかすかに
香るのは、桜の花の香り。

P1010954

社殿は入母屋破風に贅沢めな装飾が施され、
けっこう目立った感じ。

P1010963

ん?左下になんかいますね…
おおあくびをして、ごろんと横になっている猫。
お腹が大きいところをみると、おめでたさん?

P1010977

この神社、なんかアシンメトリーですよね…
ちょっとおちつかない^^;

P1010975

天守跡には、戊辰戦争の招魂碑。

P1010969

構成している石は古そうだが、
天守があった当時のまま、というわけではなくて、
天守台の石垣を再構築して造った感じ?

P1010964

ちょっとだけ、当時の石垣かな~
と思わせる部分を発見。

P1010985

さて、この後はぶらぶらと岐阜へ向かい、
岐阜駅で時間つぶし。以前行ったときには、
たぶんなかったと思うんだけど…岐阜駅がキレイに。
まだまだ工事中みたいだったけど。

P1010995

P1010999

あ、マンホールも!

P1020006

駅の構内には、岐阜城模擬天守のイラスト。

P1020008

で、ふと時刻表を見ると、富士・はやぶさが
岐阜駅につく時間が近い様子。
こりゃ、ヘッドマーク撮っときますか?
(あれぇ、これちょっと鉄な発言?)

一番先頭を陣取り、バチッと。
先日のはやぶさ乗車では、東京駅で撮影できなかったからねぇ。

P1020025

ということで。ちょっとでもチャンスがあれば、
城廻を見逃しません!というお話でした(笑)

あ、書いてるうちに日付変わっちゃいましたね。
3/13、富士・はやぶさのラストランの日。
夕方の6時ごろの東京駅、混雑するのかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

答えは…そう、山崎。

ま、わかっちゃいますよね。
サントリーの山崎蒸留所です。

なんで向かったかというとですね。
せっかくだから、山崎シェリーカスクをここで買おうと。

JR京都線・山崎駅で下車、徒歩数分。
日本にある数ある蒸留所で最も交通の便がいい、
といっても良いでしょうね。
駅からの近さでは、余市もかなり近いですけど。

位置しているのが、大阪と京都の境。
旧国名でいうと、摂津国と山城国の境。
古い境界を示す道標が残っています。

P1010743

今回は、工場見学はPassして即、ファクトリーショップへ。
あ、前回工場の写真とってなかったら、写真は撮っとこう。

P1010747

で、ファクトリーショップ「IN THE BARREL」に
行ってみるんですけれど。ないんですよ。なんでよ?

どうやら、前日・前々日の土日で全部1次入荷分は
売り切ってしまったようで、次の入荷待ち。おっとぉ。

正直、ええーーーっって感じでしたが、
ないもんは仕方がない。一応、東京でも買えるしね。

だからといって、もちろんこのまますごすごと
帰るような真似は致しません!

山崎18年、25年、シェリーカスクを頂き。
(写真は、山崎25年)

P1010753

山崎25年ともなると、ハーフショットだけでも、
結構なお値段しますが、銀座なら軽く
10,000円超えでしょうね。
ハーフショット15mlで、2,300円。

山崎って、飲むときによっては熟した甘さが、
甘ったるくも感じられるときがあるんだけど、
白州同様、12年と18年ではすごく差があって、
シェリー系の感覚がほどよく出てくる感じ。

価格とのバランスやシェリーの感じ方、
総合的な好みから言って、18年のほうがよかったかな、
という気がしています。それでも、ボトル\21,000。

帰り。蒸留所前にある踏切。ランプの点灯が
360度見える最新型だよ、これ。テレビで紹介してた。

P1010755

もうひとつ、JR山崎駅前にある古い建物。
妙喜庵という寺院です。何気なく建っていますが、
かの千利休が設けたという、国宝茶室・待庵がある、
それはそれは、すごいところなんですよ。

P1010760

何せ国宝級、
そうおいそれとは通してもらえません。
1ヶ月前の予約が必須、かつ団体で押しかけたり、
高校生以下は、立ち入り禁止!
てか、「謝絶」ってところが拒否感満載です(苦笑)

P1010763

てことで、外から眺めるのみ。
城郭でなくても、瓦をチェックするクセがあるわたしは、
鬼瓦がちょっと気になりました。

P1010766

さて、衝動的に京都へ飛び出たのも、
これでおしまいです。でも、今週また…話があるのです。
さっきの「かすうどん」とこの「山崎」、
記事書いてる場所が、名古屋だったりするのです( *´艸`)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

加寿うどんってご存知?

さて、ランチタイム。
ブックマークしてあった、烏丸仏光寺の鉄板焼き
「たちばな」さん。お昼はうどんがメイン。

P1010740

こちら、「かすうどん」がアピールポイントなんですが…
かすうどんって知ってます?

わたしも最近、知ったんですけど、
大阪・南河内で食べられてきたうどんだそうで、
ホルモンをカリカリになるまで揚げたのが、
出汁に入っているようで、余計な脂が落ちてて、
高タンパク低カロリー。

お出汁が美味いというところに惹かれて、
出向いていきました。

チョイスしたのは、かすうどん+卵かけご飯セット。

P1010736

これがその「かすうどん」。
見た目じゃわからんのですが、出汁にコクがあって
かなりいい感じでした。

P1010735

実は、うどんっててんかす(関東で言う揚げ玉)が
ないとすっごい機嫌が悪いのですが(笑)、
これはそんなワガママなんぞ、引き飛ばすくらい、
ヒットしました。こりゃいいですぞ。

卵かけご飯も。醤油が掛かっているからではなく、
卵自身がいいんでしょうね。黄身がオレンジ色に近く
よい卵でしたよ。

P1010737

残念ながら、お値段は記録し損ねたのですが、
550円だったと思います。

が!

なぁんと、おつりが切れたからということで、
値引きしていただきました。
1,000円でおつり500円。50円引き。
もう…なんて気前が良いんでしょ。

でも他のサイトを見ると、値段が違う…あれ記憶違い?
値引きをしてもらったのは確かなんだけど。

ま、値段云々よか、美味いので
すごく記憶に残ったお店でした!

ちなみに…近くに「信長の野望」や「三国志」で
有名なコーエーの事務所があります。
すっごい個性的な、でも歴史モノをやってるだけあって、
それを感じさせるような社屋。

P1010730

瓦には家紋じゃなく、コーエーのロゴが!

P1010731

さて、このあとはJR京都線で大阪方面。
京都と大阪の境にある工場といえば…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅をながめに。

で、翌日。

四条大宮から嵐電に乗って北野白梅町。
京都でこの時期といえば、北野天満宮の梅でしょう!
ちょっと道を間違え、裏門から入っちゃいましたが…

P1010547


ちょうど梅が見ごろな感じ。平日だったこともあり、
馬鹿みたいな混雑もなく、至極快適。

P1010550

本殿も破風も桃色の装飾がされていて、
桃の花の色とマッチしていますよね。

P1010648

実は今の本殿・拝殿は1607年の豊臣秀頼の
造営によるもの。豊臣家財政力低下のために、
あちらこちらで金を使わせた徳川家康だが、
これもその一環だったのだろうかな。

桃山時代らしい豪華絢爛な装飾。
特に破風の飾りは、この時代の城郭にも通じる
ところがありますね。

P1010597

柱から飛び出てきたような獅子。
躍動感があっていいです!

P1010565

お、今年厄年やん…orz

P1010569

本殿前の三光門。重要文化財。
どーんと、立派です。

P1010669

横から。見ごたえ十分。

P1010680

こちらは獅子ではなく、龍が柱から飛び出し。
気のせいか、じゃーんっていってる気が(笑)

P1010688

って、ちょっとちょっと!
「梅をながめに。」ってタイトルなのに、
梅がちっともないじゃないか…そうでした。
もちろん、梅の花も撮ってますがな。

紅に…

P1010613

白。

P1010618

紅白同時咲き乱れ。

P1010720

単に梅の花を撮るだけではなく、
こうした歴史ある建物をバックに撮ると、
それだけでちょっとよさげな感じがしてくるから不思議。

P1010635

これ、どことなく梅鉢紋を彷彿とさせますね。

P1010711

桜もよいものですが、梅は香りがしっかり
感じられるので見るだけではなく、
香りも楽しめるところがよいですよね。

こうした枝垂れているのがあると、
ちょっと花を近づけてみたりして。

P1010728

やさしい表情の臥牛像。ちょうど梅の花を
眺めているようにも見えるな。

P1010673

楼門から出てきました。ホントはココから入るのが
正面なんだけどねぇ。これは桃色などの明るい色はなく、
黒×金の豪華な中にも、堅実な印象。

P1010729

このあと、ランチタイム。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

The King of 衝動的外出。

ちょっとネタを一休みして。
(いっぱい溜まってだけどね!)

先週の日曜の話なんですけどね。
翌日も休みだったんですが、どうしよっかなぁ…と
悩みに悩んでたんですが。

たぶんですね、いろんな方の刺激を受けたからでしょうか、
わたしのなかの鉄分がかなり増えてきている気がします。

で、何を迷っていたかというと、はやぶさ。
実は一度、寝台急行「銀河」に乗ってきり、
いわゆるブルートレインには、乗車したことないのですよ。

一度は、はやぶさに乗ってみたいなぁ…と
思っていたら、廃止なんですよ。

もう…これを逃したら一生乗ることないかも!
ということで。

この時期のプラチナチケットを手に入れ、
なんと、はやぶさに乗車してきましたぁ!

でも、そんなに休みがないので、
東京から京都まで。さすがに熊本までは行けず、
つかの間の乗車、となりました。
(つかの間とはいえ、6時間くらいは乗ってたけど)

東京駅発は18:03。

P1010443

こちらが特急はやぶさ。

P1010454

特急富士も連結されてます。
門司で切り離され、はやぶさは熊本へ、
富士は大分へ。

P1010444

もう…今日で最終日?というくらい、
すんごい人だかり。3/13のラストランの日には、
どうなってしまうんでしょうね。

P1010465

わたしは、そんなにマニアではないので、
よくわからないのですが…
すごい細かい型式の部分の写真を
必死に取り集めている人、
サボをバックに記念写真を取る人など、
皆さん、思い思いの写真を撮っておいででした。

むしろ、わたしはそういう人たちを
ずっと見ていた気がします。

牽引する機関車は駅のホームからはみ出していたので、
撮影できなくって、後ろの富士のほうへまわり、
ぱちっと収めてきました。

P1010470

さて、出発の時間。なにやら外が騒がしいです。
熱狂的な鉄道ファンの声がします^^

車内は当然ながら、年季の入った昭和な感じ。

P1010472

もち、B寝台です。一度A寝台個室とかに
入ってみたい気もしますがね。サンライズ出雲とか。

P1010533

寝台にはシーツのほか、浴衣なんかも
あるんですね。まぁ…十何時間もの電車の旅だからなぁ。

P1010474

上段だったんですが、こういうので
上り下りします。

P1010490

ざっと見たところ、乗客は鉄道マニアか
お年を召した方ばかり、という印象。
まぁ、熊本行くだけなら飛行機が速いもんねぇ。

時間とお金に余裕があるか、熱狂的に
愛しているかのどちらかでないと…

JR東日本エリアの車内販売で、サンドイッチを。
一応、富士・はやぶささよなら記念。

P1010479

中身は、ふっつーのサンドですがっ。

P1010488

ちょっと、これじゃ足らんので、
駅で買っておいた富士★はやぶさ記念弁当も開封。

P1010493

マニアさんなら、こういうのひとつとっても、
とっておいたりするんでしょうかね。

P1010495

中身はこちら。特にコレ!というのはなかったですが、
まぁまぁ、おいしかったですよ。

熱海を過ぎ、JR東海エリアに入ると、
JR東海パッセンジャーズの販売に切り替わり、
事務員室での販売。ちょっと気になり覗こうとすると…
おっとぉ、並んでますよ!列車内で行列って初めてだ!

P1010501

なぜかというと、乗車記念のカードが
もらえるから、のようでした。しっかりGet。

P1010506

購入したのはこちら。
食堂車のビーフカレーとハヤシライス。

P1010519

なにぜ、リアルタイムを知らんもんで、
なつかしいも何もないんだけど、気になるじゃない。

食べてちょっと寝たら、すぐに京都。
ちょっとねぇ、せっかくなら熊本まで乗ってたいんだけど。
さらに夜を走る列車が走り去るのを見送り、
深夜の京都駅に降り立つ。さて、明日は何しようか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

blogについて、考える。

ここ最近で更新したネタ記事、実は一気に書き溜めていて、
ちょっと先にアップするようにしています。

もちろん、以前からこういう機能はあるのですが…
あまりにもまとめて更新しすぎなので、
そこんところを調整するためのなのです。

だからといってちょこちょこ書いて、
まとめてアップというのは、ちょっと難しそう。

なにより、文章の質というか流れというか、
勢いというのかが寸断されてて、ちぐはぐな感じだから。

やっぱ、書くときは気乗りしてるときに、
ダァーーーーーッと書いてかないとね。

ということを考えていると、ちょーどヒットする
関連記事をネタ帳に入れていたので、これについて。

●ネタ収集と更新速度。(HINALOG 2.0 その1 その2)

blogをやり始めて、結局あまり更新しないまま、
フェードアウトしてくひともけっこう多いと思うのですが、
その段階からステップアップし、曲がりなりにも
続いてまっせ、となったその次。

1.ネタ(インプット)
2.味付け(付加価値)
3.記事(アウトプット)

これを生み出す速度、深さや広さ、あるいは
まとまり具合(調和か混沌か)って、
すごく個人差があって、またそれがそのblogの特徴に
なるんだと思いますねぇ。
# ははっ、調和か混沌かって…
# DISSIDIA FINAL FANTASYじゃないか(笑)

まー、アルファブロガーといわれる、
ごく一部のちょーハイレベルなひとたちとは、
どの項目でも及ばないんでしょうけれど…
もうひとつ、認められたい欲求の差ってのもあるかも。

自分としてはまずもって自分のために書く、
というのが基本なので、客観的に見た水準は、
おもいっきり棚上げして、自分が納得するか?
っていうのが、すごく重要なわけです。

溜め込む性質のひとって、認められることよりも、
職人気質というか、自分への納得について、
すごーく欲張りなんですよね、たぶん。

熟成のタイミングを逸したんじゃ?
みたいなのも、自分がチャンと書けるヒマと気力がないと、
自分に納得するものがかけない!って思ってんでしょう。
だったらもう、素材を捨ててもしゃーないって。

だとすると、今回のアルファブロガー・アワード2008では、
一発屋(失礼)な1件のとっても光り輝く記事があれば、
受賞したりもしたそうで、そゆ性質のblogも
認められてるってことなんでしょうね?

単にネタをとっておいてしっかり書けるときに…
ということだけじゃなく、
これってなんでネタ帳に入れたんだっけ?
と忘れているところから、始まるネタもあるし。

そのときそのときの納得というか、
忘れていたからこその発見とそれを噛み締めて記録する。

ウイスキーも(またかよ)蒸留から熟成、製品化まで、
気の長いような時間を経ているわけで、
当然、そこには人から人へ想いが伝えられているわけで、
熟成を経た後に、先代には気づかなかったことも、
今になって気づくかもしれない。

これをアナロジーとするなら(相当強引だが)これが気になる
と思った自分から、忘れていて今書こうとする自分へと
熟成という期間を経て、初めて生まれることも、
あるんじゃないか?という気がするんだよね。

これって、相当に自己中心的というか、
自分のために書いてる人間のいうことだよなぁ…
これでは、評価されませんねorz

なんかちょっと、blogを書くってことって何とか
自分がblogで大切にしてることって何?という
ことを考えてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちっとも追いつかない理由。

結構書いていても、ネタ帳が
すっきりしないのはなぜ…そう、書くのに
モタモタしてると、次から次へと
記事に押しつぶされるのです…!おそろしや(笑)

そうならないうちに、記事に追いかけられつつ、
どばどば書いてきますよぉ。

●笑われ力。(マイコミジャーナル)

なるほどねぇ、確かにそゆの大事かも。
このひとって、憎めないんだよねぇって
ケラケラ笑われているひとって、楽しく生きてそう。

慕われ系かぁ。自分ってどうだろ。

●USBメモリで音楽を買う時代。
 (GIZMODO JAPAN)

ほえええーって、ちょっとびっくりした。
コピーガード関係は確かに気になりますが、
少なくともPCで聴くことを想定してるわけだから、
PCにリッピングすることはできんじゃない?

それとも、聴くときは必ずUSBメモリをつけてねーん、
ってことなのかもしれないけどさ。

USBメモリ自体がファンアイテム化するところも
上手いなぁと思うし、どんどんUSBメモリの使われ方が
広がってますよねぇ。

昨今じゃ、USBメモリもどんどん容量が上がってるので、
今までの全曲カバーUSBメモリ!なんてのも
できちゃうかもしれませんぜ。

●駅のトイレの手洗い場に石鹸ほしい。(イザ!)

これ、常々思ってたんですけどね。
みなさん、どうです?

駅でトイレに行って石鹸で手を洗えないの、
すごくストレスだったりします。

小さな無人駅とかならまだしも、
ちょーデカイ駅でもなかったりするんですよね。
あ、イタズラされるからそゆところこそないのか。

旅先では、たまにキレイキレイとか、
もってくときありますもん。
大きな街をあまり通らないときとか。

●羽田-台北便検討?(イザ!)

これ、よいですねぇ。
昨年に一度、台湾に行きましたが、
語学的なハンデをあまり感じることなく楽しめる
海外旅行初心者には、いい感じです。

馬鹿みたいに遠いというか、NEX代が
ものすごくもったいなく感じるので、
羽田から行けるというだけで、すごく身近に感じます。
上海がそうですもんね。

●すでにそう思っているひと、
 多いんじゃないの?(日経トレンディネット)

試験サービスが始まった、モバイルWiMAX。
最初はかなりエリア的に厳しいようなんですけれど、
最初は固定回線的な利用をアピールしては?という内容。

これ、わたしもそう思ってます。
前にも書いたかな?

もちろん、いずれはモバイル回線と統合できれば、
とは思うんですけどね。しばらくは自宅+大都市圏で
使えて、Hotspotで補完みたいなのもありかと。

最近では、イーモバイルもかなりエリアが
広がってきた感じがするので、
今は、モバイルWiMX+イーモバイルがいいのかぁ。

エリアの強さは、AIR-EDGEが最強だけど、
速度は最低だしね…でもわたしとっては、
日本全国で一番エリアが広いってのが、アドバンテージですが。

●侮れない72歳。(らばQ)

引ったくりにあった72歳のおばあちゃんが、
犯人の10台の少女に走って追いつき、
かばんを取り返した、という話。

いくら

|17歳のときに全英大会の100ヤード走に出場し、
|ファイナリストに輝いた

とはいえ、気合だけで走れはしないでしょう…
普段から相当鍛えておられたんでしょうね。

わたしはたぶんダメ…歩くのはかなり歩けますが、
走るのはとんとダメ。マラソンならまだましですが、
瞬発力となると、ぼろぼろorz

●朝カレー?(Infoseekニュース)

朝からカレー?と思うかもしれないが、
実は脳の活性化にどうやらいいらしいのだ。

たまに朝からカレーを食べたくなるときってあるが、
意識的に気合を入れないといけない、
脳みそを使う前にカレーを、というのはなかった。

試験の前にカレーか…ということが広がると、
ココイチとかが受験シーズンにキャンペーンを
張ったりするようになるのかな?

あ、個人的に牛丼屋が24時間開いてるよりも、
カレー屋が24時間開いてたほうがうれしいかもしれない。

●おおー、これは見に行かなきゃ。(イザ!)

無類の城マニアですが、けっこう洋館フェチでも
あったりするわたし。(要は歴史ある建物が好き)

いま、東京駅の改修工事も、早く終わんないかなー
なんて思ってみているのですが、
三菱1号館なる明治のオフィスビルが復元されるとのこと。

来月に美術館としてオープンするそう。
ちょっとこれは、完成したら見に行きたいですねぇ。

●これいきたーい。(イザ!)

工場見学とか、小学生の頃に行くよりも、
断然オトナになってから行ったほうが楽しい気がします。
学校行事で行っても、あんまり覚えてないよね?
(え、そうでもない?)

工場見学といえば、最近はウイスキー工場ばかりですが、
チキンラーメンの工場見学とは面白そう。
てか、チキラって大阪発なんですよね。

大阪帰って、山崎蒸留所ばかり行くんじゃなくて(爆)
チキラ見学ってのもいいかなぁって思います。

実は、このほかにも銚子でヤマサ醤油や
ヒゲタ醤油の工場見学、なんてのも行きたいなぁ…
とひそかに思っていたりします。
お、そういやもう18きっぷの季節だ…ニヤリ。

●うわ、匠や!(風雲!コネタ城)

こざとへんに…カタカナの「エ」って書くと…
うわ!匠や!匠って字になる!

いや、まぁそれだけなんですが、
普通の楷書とくらべて、なかなか味のある字に
仕上がっていて、びっくり。

●「個人情報保護」があらわれた!
 (平凡でもフルーツでもなく、、、)

モンスターということで、ドラクエっぽく
はじめてみましたが(笑)

中学の卒業式で撮影ご遠慮くださいって。
こゆのって、どういうときはどうあるべきかってのを
これまで「常識」と呼ばれてきたものが、
ある程度、ざっくりとしたルールになってたんだろうけど。

主催者(この場合が学校)も、もしなんか言われた時に、
ってことで、杓子定規に撮影禁止にしてる感じ。
杓子定規=思考停止、ってことですよ!

学校側として、どこまでが責任が持てて、
どこからは持てないか、考えようとしてないですね。
めんどくさいのかな?はたまた、責任もてる範囲を
腹くくって決められないのかな?

個人情報保護法を持ち出すなら、
全員に同意を求めるとか、NGという人がいたら、
どう折り合いを付けていくか。やりたくないでしょうね。

…いつになったら、ネタ記事を吐き切れるのだろう…
んもう、気になることってば、多すぎ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デメキング試写会。

そう、ちょっと昨日のことを書いておくと。

ほんじょクリップのRustyさんにお誘いいただき、
ほんじょが友情出演で出ている
映画「デメキング」試写会・舞台挨拶に行ってきました。
# もう…ホント、Rustyさんにはお世話になりっぱなしです。
# ほんとうにありがとうございます!

ちょっと開始までに間に合いそうになかったので、
駆け足で会場まで。とそこで気づいたのが…
ストラップのウイスキー樽がない!
しかも、「おつまみ」のプリッツも1本しか残ってない!

P1010781

おお…という間もなく、会場へ。
Rustyさんとはあとで顔を合わせるとして、
舞台挨拶。相変わらず、ガッツ石松が
すっとぼけてましたけど(笑)

でねー、ほんじょが出るということで、
参加してみたのですが、友情出演ということで、
すごくチョイ役でした。2分くらい?

で、内容なんですが、原作を知らないのも
あるんでしょうけど、すごく不思議な感じの作品。
うむむ?舞台挨拶でもあったけど、
あまり、深く考えると袋小路に陥りそう…(笑)
探検団とかはRPGぽくって、面白かったかな。
(あ、あまりネタバレしちゃイカンですね)

そのあとは、Rustyさんとお食事して帰りました。
なんどか、ほんじょがらみでご一緒しましたが、
じっくりお話しするのは、初かもしれませんね。
いろいろ、興味深いお話をお聞かせいただき、
ありがとうございました<Rustyさん

| | コメント (0) | トラックバック (1)

まだ1/3程度なんですけど…

はい、まだまだ先は長いっす。
ちょくらちょっくら、進めていきまっす。

●ヤフオクに城が出品?(GIZMODO JAPAN)

ヤフオクに5階建ての城郭ぽい建物が
出品されていたらしいです。

元はラブホらしいのですが、税金滞納で
差し押さえられた物件だとか。

約15,000m2で天守もどきの5層櫓に2~3層の
隅櫓、多聞櫓が連結されています。築20年以上。
オークションは2月26日で終わっているようですが、
だれか落札した人はいるのでしょうかね?

わたし?ちょっとデザインがオーソドックスすぎて、
いいかな。いや、そういうことじゃないだろう…

●ウイスキー樽を使った多機能ペン。
 (+D Style)

いいっすねー、これ。
蒸留所に行くと、樽材のペンってあるんですが、
単一色だけなんですよね。

結構3色(or4色)ペンを仕事では愛用しているので、
樽材のペンって、あまり仕事では使えないんだけど。

ま、でもお値段も5,000円かぁ…けっこうしますね。
ペンとかよく無くすからなぁ。やっぱもらい物でいっか?

●これ…当然とはいえ露骨。(らばQ)

確かに助かりさえすれば、文句はないですけど。
ファーストクラスとはいえ、ちょっと複雑。

かといって、こんなときのために、
ファーストクラスにするわけにもいきませんけどね。

●ポロシャツかぁ…(Infoseekニュース)

パイロットにしても、CAにしても、
憧れの職業なわけじゃない?

ちょっとポロシャツじゃ、幻滅しますよねぇ。
これ、ANAやJALまでやりだすと、
いよいよ、航空業界もやばい?って思っちゃうかも。

●信じるとか信じないの問題ではないのでは?
 (イザ!)

アメリカって意外と進化論が受け入れられていないのは、
けっこう以前からだったような気がする。

が、いずれにしても科学は反証可能であり、
進化論を含めたすべての科学は仮説にすぎない、
ということをもう一度、考えてみても良いかもしれない。

信じるとか信じないという問題ではなく、
今のところ、明確に反証されていないというだけのこと。
ここを抑えておかないと、科学って暴走する。

●滝のライトアップ。(らばQ)

有名なナイアガラの滝をライトアップした画像。
これ、かなり良いですね。ぜひ実際に見てみたい。

ナイアガラの滝ほど、ダイナミックではなくても、
滝をライトアップするという発想が新鮮な気がします。

●「一眼レフ」女子。(Infoseekニュース)

お世話になっているbloggerにもいらっしゃいますが、
女性で一眼レフを持ち歩いている姿を
ここ最近、かなり頻繁に目にするようになった気がします。

この記事からすると、ブログがその増加の背景の
一端を担っているようですな。

だけど、デジイチまでいかなくても、
コンデジでもある程度、撮れるやん?というのが、
わたしの素直な感覚なんですよね。

|被写体の選び方や撮影時間、光の使い方、構図のとり方

まで熱心に学ぼうとするのには、
もっと突っ込んだ考察が必要な気がしますが?

●おにごっごができない…(イザ!)

小学生まで深くケータイが浸透している話。
学校への持込が禁止されるところも出てきているが、
小学生が互いに連絡を取り合って逃げるから、
いつまで経っても、鬼が誰も捕まえられないとか。

笑っちゃいけないが、思わず笑ってしまった。
なんかもう、生活のルールが違うって感じだね。
野球してても、声援せずにメールばかりとか。

これ、ケータイって大人でさえ、
依存的になるわけだから…

小学生とかだとなおさらなのかも。
禁止するよりも、お作法を学ぶべきなのかな、と。

禁止しても、禁止しきれないだろうしね。

●デコ電。(らばQ)

これ…すごいですね。一回デコったら、
機種変するのがもったいないでしょうねぇ。

以前、All Aboutで携帯電話の設計者の方が、
血の滲むような思いで1gの軽量化を果たしたのに、
そのケータイを使っている女性が、
でっかいストラップをつけていてがっくりした、
という話を読みましたが…

これ、ある程度軽くなってるからこそ、
こういう遊びの部分でいろいろつけられるんだろうな。

個人的にドハデなのは好みじゃないですが、
形はそれなりに気に入っているのに、
カラーとか柄が…っていう場合、こういうので
カスタマイズできそうですよね。

PCにもこういうのが発達してほしいなぁ。

さて、いつになったら終わるかな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再開するよぉ。

さて、ネタ記事。ブックマークしてあるのが、
ぬあんと、130件以上。もう…たまるのは早いわ。

ま、全部が全部記事にはしませんがね。
できないってのと、なんでこれブクマしたんだっけ?
みたいなのも出てくるわけですよ。

ということで、第1弾スタート(何弾あるの?)

●生き生きした骸骨。(らばQ

なんかすごく自己矛盾した言い方だが、
躍動感あふれるスケルトンの銅像。

自転車乗り回したり、人生に疲れたり、
ゴルフしてたり、ギター弾いたり…

ありがちな日常シーン×骸骨というだけで
なんだか、ぷぷぷってしそうな感じ。

●100年後といわず、10年後なら?
 (事務局だより)

以前、100年後くらいにblog読まれても、
それそれでいいんじゃない?と書きましたが、
10年後となると、ちょっと微妙かも。

マイケル・ジャクソンの例を見てて、
確かにおっ…と引っかかる。

|本人が書いたことさえ忘れてしまった言葉も
|いつまでも残り、それを後付けで見られる

ということ、それってちゃんと意識して書いてる?
ってことなんですよね。そう、大切なのは、
本人が忘れてるでしょ?ってこと。

5年blogやって、記事数が2,000件に届こうか、
というくらい書いてると、まぁ覚えてなんてないですよ。
覚えていることはあっても、覚えていないことのほうが
圧倒的に多いわけ、ですよね。

そのためにも、確固たる自信を持って言えること以外は、
あまり軽い気持ちで批判とかしないほうが良いんでしょうね。
もちろん、これは言いたい、言わないと!
ということは別ですけど。忘れた頃に軽い気持ちで言った言葉で
指されちゃった日にゃ…最悪ですよね。そゆのに限って、
いつまで経っても思い出せないんだ(爆)

●虹の橋、じゃなくて端。(らばQ)

これ、珍しいですよねぇ。
道路に反射してもひとつ虹があるようにも
見えていたり。

惜しいかな、なにぶん道路なので、
こう風景としてはアレな感じなんですけどね。

●写真だけ見ると…(らばQ)

これ、写真だけ見ると、ツララのように
垂れ下がったのが規則正しく並んでいて、
きれいなようにも見えますが。

実は、ロシアのナパーム弾の実験跡。
1,000℃以上で焼成される赤レンガが、物の見事に溶け、
再度固まった姿らしいのです。

そう考えると、その恐ろしさをまざまざと
見せ付けられる気がしますね…

●仲良くなる方法。(東京ブック)

手軽なことですが、あ、なるほどと思った。
意図的ではなくても、こういうのってきっかけに
なりやすいよね。

意識化というか言語化されると、はっとした
発見があるいい例かもしれない。

●DQ9、発売延期。(ドラゴンクエストIX情報ブログ)

もう、いつの話だよ!って感じですが、
2週間くらい前に発表になったんでしたかね。

これ、けっこうお怒りな人もいたようですが、
個人的にはまだDISSDIA FINAL FANTASYを
やりきっていないので、
7月でもぜんぜんいいよーって感じ(こら)。

●WILLCOM CORE、心配です。
 (GIGAZINE)

ちょっとねぇ…WiMAXと対照的に
不安要素があるようですね…WILLCOM CORE。

はじめはあんまり速度が出ないんでは?
なんて懸念もありましたが、
そもそもちゃんとはじめられるの?という気も。

ガセネタであれば良いのですが。

●今年は、山下信玄。(富士の国やまなし観光ネット)

今年の信玄公祭りの信玄役は、柔道の山下泰裕氏。
どっしりした体系は、旧来の信玄像にはぴったりですが、
すこし優しい面持ちの信玄になりそうですね。

●酒のつまみについて。
 (CNET JAPAN)

20代では、コンビニで買う人が多いという話。
まー、そりゃそうでしょう。
一番手軽ですしねぇ…と思ったら、
全年代では、スーパーが約87%でトップ。
男女別では、女性はデパートが多いそうで。

表題をどうつけるかって、難しいよね。
これ、明らかに20代がコンビニ利用が多い、
というの、回答結果のひとつに過ぎないわけで。

わたしは、チーズ・チョコ・サラミが多いですが、
こないだの漬物だったり、刺身系もイケたりしますよ。

あと、カロリーが気になるときは必殺、韓国海苔!
カロリーが低いのに、すごく合うんですよね。
できれば、ピート系・塩っ気のあるウイスキーがいいですね。

●これ、何に役立てるんでしょうね?
 (gooニュース)

ねたみのプロセスを科学的に究明したという話。
まー…ネガティブな研究ですが、
これ、どうしようってんでしょうね?

まさか…単なる好奇心?
それとも、教育か何かに応用したり?

●これぞ、わたしのイメージするたこ焼き。
(All About)

たこ焼きの発祥が大阪東成の今里にあったとは
知りませんでしたが、ここのたこ焼きは、
わたしが食べてきたたこ焼きに近いようです。

|生地そのものに出汁の味がついていて、
|タコの甘みと歯ごたえが感じられて、

そう、生地を作る時にダシを加えて、
基本スタイルだったんですよね。
で、原則的にソースはかけない。

|元来、大阪の食文化というのは、こうした「はんなり」
|「まったり」とした上品な味で、
|「こってり! こてこて! くいだおれ!」
|というような大阪の食文化イメージは非常に一面的で、
|メディアによって拡大解釈されたものというのがよくわかる。

ぜひ、こういうところを強調しておきたいですね。
お笑い=大阪=大阪人は面白い、みたいな思い込みと
同じで、とかく大阪は一面的な見方をされて、
困ったもんですよ、まったく。

●ホンマ、笑ろてる場合ちゃうで。(イザ!)

そうそう、吉本ばっかりなんですよね。
今の大阪のイメージって。ほんま、かなわんわ。

京都人や神戸人に大阪と一緒にされたくない、
とまで言われる始末。

そこで水都としてのイメージアップを
図っているらしいけど。

これ、以前からもちょくちょくあったんですがね。
淀川と大阪湾の汚さを知っているので、
何が「水都」や、ずっと思ってるんですけどね。

秀吉時代や江戸時代ならまだしもね。
ライトアップするのも良いけど、
え?これが大阪の川?といえるほど、
キレイにしてからやってもらいたいもんである。

さて、まだまだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のお出かけ~WML2009試飲・山崎~

さて、1時間ほど間を空けて、山崎のセミナー。
この間に気になる試飲を堪能。

まずは、ニッカブースで竹鶴35年。
先般も頂いたのですが、なにせ忘年会の終盤。
至高の酒は酔っ払いが飲むんじゃぁ、ありません。

同じブレンテッドの響と比較すると、
響が華やかさ重視なところがあるけど、
どことなく気品があるというか、落ち着いた感じ。

ただ、やはりニッカはシングルモルトなイメージですね。
竹鶴35年だけじゃなくもっと廉価なブレンテッドも
幅広くやんなくちゃな。From the Barrelとか、
美味しいのに、目立たないすぎだよ~

あと、余市の20年と15年。これけっこうするのに、
無料試飲なんですよ。びっくりです。
個人的には20年と12年が同じ方向性で、
15年がちょっと違った感じ。

あの場でははっきり言葉にできなかったので、
もう切れそうな12年を少し置いておいて、
次は15年を買うことにしよう。
20年は…ちょっと財布に厳しいか…余市1988あるしね。

ハイランドパーク30年とか40年も飲みたかったが、
チケットが足らず、×。買いに走る時間も山崎までなかったし…
そんなにチケット要るものなんだな。失敗。

途中、ランチはチケット代込み。
サンドイッチとパン、オレンジジュースがついてきます。
これはこれで、美味しかった。ウイスキー飲むのに、
しっかり食べておかないとね!

P1010352

P1010354

で、サントリー・山崎のセミナー。
輿水さんのお話もなかなか興味深い。

チーフブレンダーともなると、1日に100-200本の
テイスティングをするらしいですが、
忙しいときにはなんと400本!
さすがにそのときは、晩酌が嫌になったそうです(笑)

さて、試飲するのは山崎1989パンチョン樽、
山崎シェリーカスク、梅酒樽後熟、そして山崎1984。

P1010358

セミナーの最初には、販売状況の説明。

P1010362

海外でかなり伸びているようですが、まだまだこれから、
とこれまで以上に、伸ばしていく意気込み。

良くも悪くも常に「販売」を意識している
サントリーの姿勢がよく見えますね。

で、あと熟成だったりかなりコアなところの
ウイスキーの製造過程の説明。

樽って個性がかなりあって、それぞれに
最適なピークを迎える頃に製品しなくてはならず、
10年モノだからといって若いわけではなくて、
これは10年でピーク、これはまだまだだな、
将来の響30年のためにとっておこうとか、
そういうチェックをしているそうです。

あと、天使の分け前についても、
もし天使に分け前をやらなかったらどうなるか?
つまり、樽熟成の間、ステンレスの中で
密封し、蒸発を防いだらどうなるか、なーんて、
実験もやったそうです。駄目だったって。
やっぱり、天使にあげる酒はケチッちゃいけないらしい(笑)

こゆのも「やってみなはれ」なサントリーらしいところ。

あとね、いろいろメモしたんだけど、
たぶん酒が結構入っている→字がよれよれ→読めない!
ってことで、記事の役にたたーん(笑)

テイスティングでは、パンチョン樽は山崎の基本、
な感じがしましたね。たぶんわたしが山崎に感じる、
安心感のようなものでしょう。

シェリーカスク、このとき一度すでに飲んでいましたが、
レーズン系のシェリーらしい香りがストレートに
感じられて、これまたいい逸品。これ、ノンチルらしいっすよ。
ボトルは、山崎の12年あたりのボトルの流用かな?

P1010262

ストレートでもきつすぎないような48%という設定。
まぁ、このあたりにまろやかさの一片があるのかな?

3つ目は、梅酒樽後熟。
話は聞いていたんだけど、これすごく新鮮。

シェリー樽なら甘さが移るなら、
梅酒樽ならどうか?というこれもサントリー的精神の賜物。
樽熟成感を基本にフルーティさや酸味を感じ、
余韻に梅酒感が程よく出てきますね。

酸味があると食べ物に合わせやすいとのこと。
確かにこれって、晩酌じゃなく飲みながら、
何か食べたくなる、食中酒という感じがしますね。

ラストは山崎1984。ボトル100,000円の逸品。
絶対にボトルは手が出ませんよー

ボトルデザインも秀逸。「山崎」の墨文字を、
ゴールドの吹きつけで直接ボトルにあしらった手の込んだもの。

P1010264

これ、ミズナラ樽を前面に出した山崎ブランド25周年記念。
やっぱ、高いせいかこれだけちょっと量少ない(笑)

この香りは、ニッカだけではなく、スコッチでも
作り出せないだろうねぇ、日本らしさを追求するサントリー
ならではなんだろうなぁ。

もうちょっと欲しかったね。量が。贅沢だけど。
っていうか、もうこれ1回きりかな、庶民には(苦笑)

さて、このあとショコラのセミナーもあったんだけど、
ちょっとねぇ、南青山とかぶりすぎ。
なんか、あんまり何度も出てもしょうがない…
という気がしてきました。

それよか、ショコラというと南青山で
ショコラだけのテイスティングをした100% Chocolateが
ブースを開いていましたよ。

メープル大好きなので、28番のメープルシュガーが
すっごい美味しかった。いいわーこれ。

P1010401

そのほか、41番のオレンジと47番のローズ。
47番のローズが特にすごい。けっこうしっかりローズが
感じられるんですよね。

カタログ見てると、いろいろあって迷います。
Single Beansもいいけど、いろんなフレーバーと
合わさったのもいいよね。

ロイヤルミルクティーとか、蜂蜜、和三盆なんかも
気になります。変わったとこでは、チーズやバジル、豆乳
なんてのもあります。一度、京橋のお店に行かんとなぁ。

これでWMLは終わりなんだけど、総じて言うなら、
あと1日欲しかった!ということ。

マスタークラス(セミナー)を受けてると、
試飲できる時間って、すごーく少ないんですよねぇ。
セミナーはセミナーでいいお話が聴けるし、
外すのは難しいんだけどさぁ…
(ホントはハイランドパークも聴きたかった!)

この2週間の週末の話、ようやく書き終わりました。
あとはネタ記事ですが、昨日今日であまりに大量に
アップしたので、ちょっと控えます。

準備だけ、バッチリしておきますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のお出かけ~WML2009開会・余市~

さて、たぶん自分史上最短の滞在時間で
終えた大阪滞在。朝の伊丹発の便で東京へ向かいます。

あれ、こんな立派なのあったっけ?
何度も利用しているのに、まじまじと見たことなかったなー
建物はぜーんぜんですが、字を書いてあるあたり、
ちょっと雅な気がします。気のせい?

P1010212

さて、ウイスキーマガジンライヴ!2009、
10:30開城じゃなかった開場。
(もう!これだから城マニアは!)
でも、かなり早く開場についてしまいました。

ブレンダーズバーでお見かけした方々も、チラホラ。
やはり、年季の入ったWhisky Loversです。

開場まで、ハイランドパイプの演奏。
衣装もスコットランドらしい男性のスカート姿。

P1010226

わたしにとって、この手の音はアイルランドを想起させます。
もちろん、ハイランドパイプとアイルランドの
イリアン・パイプは結構違うようなのですが…

で、開場後すぐオープニングセレモニー。
主催者の挨拶(英語)のあと、
WWA(World Whisky Award) 2009の発表会。

ブレンテッド、ブレンテッドモルト、
シングルグレーン、シングルモルトの4種に、
エイジ別のサブカテゴリがあって、全10カテゴリ。

ニッカは、From The Barrel、宮城峡ノーエイジ、
宮城峡12年、竹鶴21年。

ウイスキーマガジン日本語版編集長のデイブ・ブルーム氏と
受賞盾をもつニッカチーフブレンダーの久光哲司氏

P1010241

サントリーは、響17年、響21年、知多シングルグレーン、
The Cask of Yamazaki 1993、白州25年。

同じくデイブ・ブルーム氏と受賞盾をもつ、
サントリーチーフブレンダーの輿水精一氏。

P1010246

ちょっと、わたしの好みからは「ん?」という
感じだけど、嗜好品ですからね。こればっかりは。

これみてて思うのは、ニッカの実力。
ニッカって比較的安価なウイスキーでも受賞することが
多い気がしています。竹鶴21年でも700mlボトルで
10,000円くらいでしょ?

サントリーは、知多グレーンこそ8,000円くらいだけど、
響17年が10,000円、響21年が20,000円。
白州25年に至っては、100,000円だからね。

で、セレモニーが終わったら、余市のセミナー。
15分ほどあったので、気になるブースにあるモノだけ
チェックしてから、余市の会場へ。

と思ったら、けっこうもう人が入ってました。
Kaoriさんってば、最前列に陣取ってるし…さすがです。

今回テイスティングするのは、左から…
余市1988、余市キーモルトWoody & Vanillic、
余市キーモルトSherry & Sweet、
余市キーモルトPeaty & Salty、
そして、最後を飾るのが余市1987ノンチル。

P1010266

おっとー、ほとんどウチにあるんですけどっ(笑)
ないのは、Peaty & Saltyくらい?でも、何度も頂いてるし。

スライドの説明はいろいろと興味深い。
早速、余市1988がウイスキーマガジンで高評価!

P1010287

ためしにちょっと海外のサイトを検索してみたら、
フランスのウイスキーWebショップがヒット。
余市1988、Webのトップに掲載されてます!

お値段220ユーロ、日本円にして約27,000円。
やはり円高が影響していますね。
でも、海外でもどんどん評価されてほしいなぁ。

関係ないけど、ほかにもいろいろネットで
探していたら、Whisky In Tubeなるものに目に留まり。

このお店で売っているみたい。細長い試験管のような瓶に
ウイスキーが詰められています。ニッカもあるよ!

これちょっとー、カッコいいじゃないですか。
旅先に1種類だけじゃなく、いろんな種類のウイスキーを
ちょっとずつもっていけそう!

日本じゃ売ってないのー、ねーねー。

…閑話休題。

主に、各品種の説明は何度かブレンダーズバーで聞いてるが、
やはり、個人的には余市1988が良いね。
自分にとっても、ウイスキーの魅力に改めて目覚めた2008年、
という記念になる年に、心から美味いと思えるウイスキーに
出会えて、うれしい限りです。

あと、Sherry & Sweet。ここに来る前に、
サントリーのブースで山崎のシェリーカスクも
先に飲んできたんだけど、
やはりこちらは余市らしい力強さというか、
香ばしさを伴った深いシェリーの甘さ。これも好き。

その他では、余市の自然のお話。
竹鶴翁はかつて、

ウイスキーはその土地の風の香りがする

といっていたそうだ。

もちろん、余市も例外ではなく、山風・川風・海風を
存分に吸って、ニューポットにあの風味が醸成される。
いいなぁ、余市って蒸留所だけでまわりって、
あまり散策してないかも。
余市の風を感じる旅ってのもいいやね。

個人的に思ったのは、テイスティングの順序が?という感じ。
余市1988は最後にもって行ったほうが良いような。

1987ノンチル→1988といったほうが、同じ20年でも
ブレンダーの設計思想でこうも変わるか
とわかると思うんだけど?

最後の質問コーナーでは、早くも余市1989の方向性。
久光さんは、余市らしさを残しつつも、
ちょっと今までとは違ったものを造りたい、
とおっしゃっていました。
また、余市1989も楽しみですね♪

そして、お土産。ノーエイジの余市が1本、
それに竹鶴政孝物語1冊をなんと、
全員にプレゼント!よっ、太っ腹!

長くなったので、一旦切ります。
次は、山崎のマスタークラス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週のお出かけ~大阪とんぼ返り編~

さて、やっと先週の話ですね。
あまりに怒涛の更新で、土日はほぼ書いてばかり?
という感じです。ははは。

さて、先週土曜日は大阪へ帰還。
ANA×スターフライヤーの共同運航便に乗りたくて、
珍しく関空をつかったんだけどさ。

たまには違った航空会社もいいな、と。
特にちょー黒好きなわたしは、機体から内装に至るまで、
黒中心のデザインは心地よいのですよ。

あと、CAがパンツルックって珍しいかも。
すごくキマッてて、nice!でしたね。
あ…何の話だ…はいはい、関空ね。
で、これまた久しく乗っていないはるかに乗車。

P1010114

いつもなら、特急なんてもったいない~
と思うのだけど、あまり余裕がないので。

で、着いたのは、中之島。なぜ?
まーまー、そうあせらずに。

肥後橋で降りて、筑前橋を渡って、
堂島川沿いを西に。

なんか見慣れないレンガ造りの建物。
これ、中之島新線建設工事の
インフォメーションセンターだって。

P1010125

そっか、京阪の中之島線ができたからね。
鉄な人には、興味津々なんでしょうか?
わたしは、レンガ造りの建物のほうに気持ちが…あはは。

で着いたのは、リーガロイヤルホテル。
大阪発祥の高級ホテル。

P1010130

なぜここ…というとですね。
この中にショコラブティック・レクラがあるから。

ここで有名なのが惑星ショコラという、
太陽系の惑星をイメージした丸いショコラ。
これを頂きたくてね。基本的にお店に行かないと
ネットや電話じゃ買えないんですよねぇ。
# ヴァレンタイン/ホワイトデー期間はやってるそう。

で、それがこれ。ちょっと宇宙っぽくするために、
暗めにして撮ってみました(笑)

P1010438

手前から順番に…

水星;マンゴー
金星;パッションフルーツ
地球;ライチ
火星;オレンジ
木星;フランボワーズ(ラスベリー/木苺)
土星;アプリコット(杏)
天王星;ライム
海王星;バナナキャラメル

ってなってます。冥王星は惑星の仲間から
はずされてしまったので、ナシ(笑)

土星とか輪っかが書いてあるし、
なにより地球がすごいでしょー。
見た目にも楽しく、女性ウケもいいですよ(笑)

普段、大阪でしか買えませんので、
大阪のお土産にイイ!と思いますよ~
いつもたこ焼きせんべいとかで、マンネリしてる人に(笑)

このあとは、出来立て(といっても結構経った)の
中之島線を使って、谷町四丁目へ。

P1010138

駅は木目の濃茶色を使った落ち着いた感じ。
なかなかいい感じでした。

P1010140

実はこの日は、中学の同窓生の結婚パーティ。
# 最近そういうのが増えてきたな…さすがに(苦笑)

で、お店もなんと、同窓生がオーナーをやっているのです!
Kamekichiといいます。

P1010151

ほんとねー、本人には悪いんだけど、
まずもって料理してるなんて、想像つかない!
んでもって、この洒落た雰囲気もええっ?って感じ(大失礼)

でも、料理してるときは職人の目。
自分でお店を切り盛りしてるのって、すごいね。

自分でお店を持つって、辛く厳しいこともあると思うけど、
勤め人からすると、すごくかっこよく見えます。

ぜひ、大阪に行かれたときにはKamekichiへ!
(めっちゃ宣伝モード)

もひとつ、びっくりしたのが、
Webサイトをつくってるのも、同級生なのよね。
うわー、みんなすごいなー。うわうわ。

で、パーティそのものは完全な同窓会状態。
特にわたしは、東京在住なのであまり参加する機会がなく、
見る人見る人、ひさしぶり。一度顔を合わせたひと、
ほんとに中学以来ぶりなひと、いろいろ。

ひとり、同じ部活だったのに…思い出せない人がいて…
うわー申し訳ない…てか、ぜんぜんちゃうやん!
名前を言ってもらっても、その名前は覚えてるけど、
やっぱ、ちゃうやんみたいな(笑)

で、新郎さんですが、彼は変わってませんねぇ。
勉強もスポーツも万能、でも人当たりもやわらかいナイスガイ。
うわさによると、そうでもなかったときもあるらしい(笑)

新婦さんはすごくかわいらしい方でした。 
O型新郎の片づけできないっぷりが許せないそうで、
もう一回ご自分で片付けられるとか?ま、O型だからねぇ。

とても楽しかったですねぇ。
そうそう行けたもんじゃないですが、行ける時には
できるだけ大阪に帰って顔を出そう、と思います。

で、翌朝の飛行機で帰京…そして東京ビッグサイトへ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

先々週のお出かけ~坂戸城編。

さて、最後は坂戸城。
ちょうどいい具合に南魚沼あたりを通るので、
ちょっくらみていくか、てな具合。

十日町で飯山線を降り、北越急行で六日町。
さすが大河ドラマの地元、列車が「天地人」verに
なっていましたよ♪

P1010029

P1010037

着いたらもう、どこもかしこも直江、直江、直江。

P1010040

よく思うのだけど、ここまで兼続ばかりだと、
景勝がかわいそう…めっちゃ影が薄い。

P1010043

実は、けっこう上杉景勝はすごい人物と思っていて、
信玄のあとを継いだ勝頼が、信玄の意向を守らなかった一方、
景勝は謙信に忠実だった気がします。
偉大な先代を持つ2代目はツラいと思うよ~

道路に行き先案内地図に雲洞庵があって、
おお!と思ったけど、あまりに遠いので、
(いや、歩けないことはないけど時間がね)
ちょっと今回は、坂戸城だけにしてパスしました。

P1010050

で、坂戸城も広いのでごくごく手前まで。
生誕地の碑だけ見て帰ってきました。また今度だな。

P1010070

坂戸城にはかなり雪が残っていたけど、
足元には雪解け水が川のようになって流れていて、
相当な勢いで融けてました…

P1010074

で、ちょっと坂戸城を見て、天地人博南魚沼へ。
途中でマンホールゲットも…これなんのデザイン?

P1010080

橋にも「愛」の兜がデザインされてます。
この辺りにいた頃はかぶってないと思うけどね?

P1010082

なぜか、中国語の簡体字の「愛」。
どうして?

P1010087

こちらが会場。やはり天地人=米沢という感じがあるんでしょうね。
人ではかなり少ないような気がしました。

P1010088

入場すると、南魚沼産コシヒカリがもらえます。
ちょっと微妙な量だけど(笑)

P1010097

中身はまぁ…といった感じ。写真も撮れないしね。
ほぼ南魚沼の撮影は終わっているので、
メイキング集とかはなかなか面白かった。

ちょうど前日に、喜平次役・与六役の子が
来ていたみたいで、サインをしてあったり、
その他の俳優のサインなんかも置いてあったり。

個人的には、華姫(景勝妹、景虎室)の
相武紗季の字がきりっとしていて、好感の持てる字。

あと、直江景綱役の宍戸錠がイラストを描いていて、
すごく景綱に似ていて。ささっとペンをとって
ああいう絵が描けるのって、すごーい。

さて…これで先々週の話は終わり。
休む間もなく、先週の大阪とんぼ返りと
ウイスキーマガジンライヴ!の話に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »