« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

先々週のお出かけ~野沢温泉編。

さて、野沢温泉
駅を降りると、見事な冬山。
さすがスキー場で有名なだけありますわな。

P1000850

バスで15分ほどで温泉街へ。

長野五輪の際に一部会場になったためか、
長野市と同じく長野五輪のマンホール。

P1000858

もちろん、野沢温泉らしいのも。
これ、野沢菜でしょうね。

P1000859

泉質は硫黄泉。あたりには硫黄泉独特の香りが
立ち込めます。苦手な人もいるだろうけど、
あの香り、キライじゃありません。
いかにも、温泉だな!という感じがしますしね。
ここまできついとちょっと…ですが。

流れるのは温泉なんでしょうね。
硫黄分が析出して青白くなっています。

P1000860

1件目に訪れたのは、河原湯。
残念ながら、清掃中でした。

P1000861

それにしても湯屋がいい感じの建物。
珍しく調べていかないで、訪れたんだけど、
(時間つぶしくらいにしか考えてなかった)
こりゃ、いいものみたなーという感じ。

2件目は大湯。野沢温泉のシンボル的なところみたい。
ここも湯屋が櫓風のいい建物。

P1000871

正面の唐破風がどっしりとした感じを出してますね。

P1000874

側面から。周りの建物とぴったりしているので、
ちょっと雰囲気が合わない感じもするんだけどね…
でも、よくできた建物だと思います。

P1000876

で、お湯なんですがね。
これがもう、熱いの何の。かなりの熱いのが
好みな方ですが、これは熱い!

あつ湯とぬる湯があるのですが、
ぬる湯で十分熱いです。あつ湯なんて
足を入れようとも思わないよ…

かなり混雑していたんですが、
あつ湯だけ誰も入らず…笑。

湯上りにちょっと散策。
ちょっと北へ上がり、湯澤神社と健命寺へ。

健命寺。なかなか年季の入った門。
奥にさらに山門が控えています。

P1000886

看板を読むと、ちょうど戦国時代(1574年)に
かの「天地人」で上杉景勝・直江兼続が幼い頃学んでいた
雲洞庵から僧を呼んで、開山されたとのこと。

また、野沢温泉といえば野沢菜なわけですが、
その野沢菜はこの健命寺が発祥なんだそうです。
野沢菜発祥の地の碑。

P1000893

江戸時代、第八代住職の晃天園瑞が京都を
訪れた際に、大阪・天王寺の天王寺蕪(かぶ)を
持ち帰ったのが最初。

野沢温泉の気候では、蕪はよくは育たず、
葉や茎ばかり成長したのをうまく使ったのが野沢菜、
というわけなんだなぁ。ふむふむ、また雑学+1。

さて、山門に向かって歩みを進めようとしたら。
山門前に雪が固まってる!行けるかな…

P1000897

左手には、薬師堂。これも当時の建物でしょう。
古建築好きにとっては、興奮ポイント。

P1000890

で、山門前の雪。雪のかたまりに靴で穴を深く開け、
そこを足場に何とか上がることができました。ふぅ。

山門には、野沢菜原種がこの境内に、
という看板。でも、野沢菜原種「ほ」って何よ?
さては誰か、「は」にいたずら書きしたか?

P1000901

いやいや、そうではなく漢字を当てると
原種圃、つまり農家が利用する種子を生産するための
原種子をつくる農場のことなんですね。

もう…「ほ」って漢字で書かないから、
その場で意味わからんやん!

脱線しますが、むやみに漢字をひらがなにするの、
すごくキライです。やたらとひらがな化するの反対!

で、山門奥の本堂ですが…雪に囲まれて近づけません…
雪、どうにかしてよ(笑)

P1000908

本堂は詳しく見れませんでしたが、
薬師堂がこれ、すばらしいのですよ。

P1000915

一部だけ木が赤いのは、新しい木材なんでしょうかね?
それとも材質が違うのか?

いずれにしても、特に彩色がないように見える中で、
デザイン上のアクセントになっているな。

あと、彫刻もなかなか。獅子。

P1000916

龍。

P1000918

鳳凰。

P1000919

そのまま隣の湯澤神社へ。こちらも
彫刻がすごかったなぁ…同時期に造られたんだろうね。

P1000931

湯澤神社から下へ降り。鳥居。

P1000960

地図を手に、さらに北へ。麻釜(おがま)が見えてきます。
これ、70℃~90℃もの高温の湯が湧き出て、
昔から山菜などの茹物に使われてきたそう。

P1000962

これがその茹釜。これでゆでるとちょっと
硫黄の風味とかするんだろうか?

P1000966

こっからさらに北へ向かうと、滝の湯。
これ、けっこう穴場な湯屋で大湯はあれほど、
混雑していたのに、ここは誰もいませんでしたよ。

P1000973

誰もいないので、湯船撮っとこ。
奥から出る湯は78度の超高温。

P1000974

ためしに触ると…あつぅぅぅて当然(笑)

P1000988

これ、大湯でもありましたが、湯もみ板。
湯もみというと、草津温泉をイメージしますが、
こちらも負けず劣らずの高温だしね。

P1000976

湯屋はこんな吹き抜け構造。
湯けむりが湯屋の上からふわふわしてるのは、
こういうつくりだからなんだねぇ。

P1000984

さて、2回も入るともう体が熱い熱い。
まだいくつか、外湯をみてきましたが、見るだけ。

次は、発祥の湯という熊の手洗湯や…

P1010005

一番大きな湯屋がある中尾の湯あたりに
行ってみたいな、という気がします。

で、いい忘れましたが、外湯ってすべて
完全無料なんですわ。ありがたや、ありがたや。

あと気になったのが、外国人の多さ。
バスにも英語の注意書きがあったり、
運転手さんが軽い英語をしゃべってました。すごい!

P1010007

さて、飯山線をさらに進み、十日町経由で
南魚沼市六日町。喜平次くん与六くんの故郷です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

先々週のお出かけ~飯山城編。

長野からさらに北へ向かうと、飯山。

飯山といえば、上杉謙信の出城として知られる
飯山城があるじゃないですかぁ。
ということで、飯山線に乗って、北飯山まで。
こっちのほうが飯山城に近いのです。

長野駅にて。かいじの列車が松本行きの快速として
使われているんだね。ちょっとレア?

P1000683

てか、かいじって車体のデザインが武田菱なのね。
ぜーんぜん気づいてませんでした。
ま、山梨と武田は切っても切り離せないからね。

P1000684

で到着した、北飯山駅。
雰囲気でわかると思うがちょーーー寒かった。

P1000693

とはいえ、雪は一部に残るのみ。
こんなに寒いのに、ちょっと少ない感じがするなぁ。

P1000694

で、また前日に続いて霧がすごい!
飯山城の城門に着いても、霧がかっていて、
ぼーーーっとした感じで。

P1000698

かなり間近で見てもこの調子。ちょっとぉ。

P1000701

この城門、民家に払い下げされていたものを
飯山城址に再移築されたものらしい。
かなりの改変がなされていて、どこの門かは…不明。

門を過ぎると飯山市弓道場。ここから上ると、
城郭っぽくなってきます。

P1000720

本丸には葵神社。かなり小ぶりな感じ。
てか、やっぱり霧が濃すぎる…

P1000726

石垣もなかなかしっかり残っています。

P1000731

P1000733

ただ、なんとなくですが、
石垣主体の城ではなく、高石垣も必要なかったようで、
積み方が現代っぽいというか、単調かな。

P1000743

本丸奥は急傾斜。先の景色が見えない…

P1000749

二の丸からは北川を望むとうっすらと
いいやま雪祭りの準備をやってるのが見える。

P1000751

そのせいだとおもうんだけどさ、
やたらとウルトラマンタロウの歌が聞こえてくるんだよね。
何の催し?という気がするんだけど、
城廻にウルトラマンタロウのうた、めっちゃアンマッチです…

石垣から張り出した樹木。これ、往時はどうだったんだろう?
こんな石垣があるのと櫓の組み合わせって、
どう見えるのかなぁ…

P1000758

雪が積もってるところはけっこう本格的に
積もってる感じ。たぶん昼はそれなりに気温が高く、
朝晩がかなり寒いので、雪が中途半端に解けてまた凍り、
すごい滑りやすい危険地帯。

P1000781

1時間もぶらぶらしてると、さすがに霧は晴れてきて、
すっきりとした空模様になってきました。

入り口の飯山城城門もこの通り!

P1000804

こっちのほうがわかりやすいかな?
横断幕の奥の城門がはっきり見えますよね。

P1000827

帰り際、北飯山駅近くで猫発見。
寒いのになんで外出てんの?

P1000836

おっとっと、危うく忘れるところ。
マンホールもGet。雪国の身支度だけど、
今年は暖冬だからねぇ…

P1000689

さて、また飯山線に乗車して、
戸狩野沢温泉駅。ここから先へ行こうとすると、
なーーんと、2時間半待ち!

ということで、ここから野沢温泉に向かって、
時間つぶしをしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先々週のお出かけ~善光寺編。

長野駅に着いたら、もう真っ暗。

P1000465

さて、長野に向かったのは、
善光寺のライトアップ、長野灯明祭りが目的。

以前は山門が修復中だったので、
山門も見ておきたかったしね。

2004年から始まった長野灯明祭り、
04年05年は出かけたんだけど、それ以来。

今回は雪がまったくない!ちょっとどうなのよ?
という感じでした。04年の頃なんて
吹雪いてて大変だったんだから。

でも、相変わらずの人出で賑わっていましたよ。
仁王門前の様子。

P1000474

奥に進むと、改修された山門が堂々たる様相で登場。
立派な門です。見ごたえ十分。

P1000511

山門横の大勧進前では、カメラを構えた人でいっぱい。
そんなにいいアングルで撮れるのかな?

P1000489

で、撮ってみたのがこちら。
確かにいい感じだけど、人が多いよ~

P1000630

色違い。何秒周期かでライトアップする色が変わります。
赤や紫は明るさが足らなくて、撮影するのが難しい…
ということで、撮れたのはほかには青くらい。

P1000613

善光寺本堂。やはり毎年本堂は赤なんでしょうかね。
それにしても、日本建築もライトアップが合うものです。
寺院建築といい、城郭建築といい。
これ、現代ならではの楽しみ方ですよね。

P1000536

正面以外は明るさが足らなくて、
ISO1600程度じゃぜんぜん写りません…ということで、
一気にMAX ISO6400の高感度で撮影。

P1000565

P1000578

いやー、きれいでしたね。
ちょっと趣向がマンネリという気がしないでもないけどね。
(以前に行ったときとほとんど同じ)

帰り、思い思いのメッセージが書かれた
灯火を見ながらぶらぶら。

P1000646

またらーめん邦心に…と思ったけど、
今年はちょっと浮気して、てんてんへ。

塩かつおという塩・魚介系の好みな味付けをチョイス。
あまりかつおの感じが強くなく、塩を軸に
いい感じにまとまっていました。美味い。

P1000659

さて、ここで1日目終了。
このあと、長野からさらに北に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先々週のお出かけ~白州蒸留所編。

さて、本日のメイン、白州。

小淵沢駅からは、サントリーが手配してくれている
無料タクシーで蒸留所まで。これが良いんだよなぁ。
もちろん、乗る前に小淵沢のマンホールもゲットでやんすよ。

P1000334

余市や山崎と違って、ちょっと遠いのよね。
あ、宮城峡もちょっと遠いけど、ニッカが無料送迎バスを
出してるからねぇ。

入り口の石垣に埋め込まれた白州の銘板。
なんか城好きとしてはうれしい感じ^^

P1000343

ホント、森の蒸留所。木々の奥に見える
ウイスキー博物館がすごくいい感じ。

P1000345

この日はとても天気がよかったので、
博物館全景をとってもすっごく様になる写真が撮れ。

P1000357

セミナーまでそんなに時間がないので、
今回は博物館はあまり見てませんが、
最上階から八ヶ岳は見ておきたいなーっと。
よいながめ。

P1000375

セミナーが始まるまでは、IN THE BARREL
買いたいウイスキーの物色。

樽出原酒15年・12年に電車乗りながら飲む用の
白州蒸溜所限定シングルモルト、あとローヤルが入った
ウイスキーケーキ。これウイスキーを別にしても、
このケーキ美味い。特にチョコのほう。

さて、セミナーの開始。
まずは、工場見学。ま、一度見てるのでね。
ふーーんという感じで。

マッシュタンやポットスチルなどをざざーっと見て…

P1000403

白州ならでは目玉、リチャーの工程。
樽の中を焼き、一度使った樽の熟成力を復活させる
めっちゃ重要な工程。たぶん、見れるのは白州だけ。

P1000414

前回と違ったのは、リチャーした直後の樽を
間近で見れること!これはすごいーーーーー!!

P1000419

すごく甘くて香ばしい香り。
焼きたてのチョコレートケーキのような…
あまりにすばらしい香りだったので、
最後まで香りを堪能してました。

最後は貯蔵庫。当然ではあるけど白州らしい
澄んだ香りがからだに染み渡ります。

山崎では見つけられなかったけど、
1977年貯蔵の樽があったのがちょっとウレシイ。
貯蔵庫は撮禁なので、写真はないけどね。
そっかー、コイツと同い年なのかーとか思って。

さて、マリアージュ講座開始。
今回は大阪のPALET D'ORのショコラとのマリアージュ。
東京にも新丸の内ビルにお店があるようです。
大阪なハービスPLAZA ENT 4F
大阪人なんで、どっちも行く機会がありそう♪

P1000439

残念なのが、どれとどれをマリアージュするか、
手元に書いてないだよね。一瞬、スクリーンに出るんだけど、
どれだっけ?みたいな。たぶんこれでしょう、と
言ってみたものの、見事にはずれ。
(向かい斜めの方、ごめんなさい)

P1000440

この画面を手元にも置いててくれなきゃ、
わからへんっちゅーに。

テイスティングしたのは、白州の10,12,18年と山崎12年。
基本的に白州の方向性は同じなので、
南青山のときと比べると、多彩さは一歩も二歩も引く。

もちろん、マリアージュは悪くはなく、
個人的にはどれも良いんじゃない?といった感じ。

むしろ、白州だけにフォーカスして飲むことないので、
ボトルを持ってる12年を軸に、10年の若々しさや瑞々しさ、
18年のさわやかさとうまく溶け合った深みを感じられて、
よかったなぁとは思います。

ま、テイストに変化をつけるためか、
山崎もありましたが、あまりウイスキーに
なじみのない方はともかく、個人的には要らなかったな。
白州25年を出して欲しかった(ムチャぶり…)

さすがに白州18年は手が出ないのですが、
これだったら、10年も置いておいて良いかな、と。

あと、気になったスライドをいくつか。
日本のウイスキー蒸留所の紹介。
ニッカやキリンも紹介してるよ!
N社とかK社とかって、バレバレやん!

P1000426

白札が発売されたときのキャッチ。

|醒めよ人!舶来妄信の時代は去れり!
|吾に国産至高の美酒、サントリーウイスキーはあり!

時代を象徴してるのと、このころから
宣伝上手なんだよなぁ、と。

P1000427

全体的にはよかったのですが、時間が少なかったね。
もう少しゆっくりと愉しませて欲しかった。
モルト→ショコラ→モルト→…と進め、
次のモルトに行ったあとに、戻ってきたいじゃない?
時間的にそれができないんだよねぇ。

さて、ウイスキーを愉しんだ後は、長野。

途中乗り換えの塩尻あたりで、
ちょうど日没。いい感じのグラデーション。

P1000462

| | コメント (4) | トラックバック (0)

先々週のお出かけ~長坂翁編。

さて、次はウイスキーを飲む前の腹ごしらえ。

以前行ったそば屋・翁がなかなか美味しかったので、
また行ってみることに。蒸留所からも近いし。

普通ならちょっと離れてるので、車がないと…
というところだけど、長坂駅からは徒歩で3kmちょっと。
ぜんぜん、徒歩圏内です(爆)

マンホールはここでもチェック。
以前見逃してたマンホールもあったりして。

P1000304

P1000303

マンホール in マンホールも。
(これなんていったらいいでしょうね)

P1000306

途中で、イーモバイルの回線工事をしてました。
へー、このあたりもイーモバイルが通じるようになるのか。
速度で圧倒的に不利なAIR-EDGEってば、ヤバイね。

P1000305

さて、着きました。翁。

P1000314

掘りごたつ式に座れるところを確保。
出てくる蕎麦茶がいい。

P1000325

どうしても選んじゃうのは田舎そば。
極太かつそばの風味が濃く感じられるのが好き。

P1000328

普通のそばと違って、ずずずーとスムーズには
ちょっと入らない太さなんですがね。

葉わさびの醤油漬けも頂き。
これ、つまみに欲しいところですね。
やっぱり、白州との相性がいいのかなぁ。

P1000330

ま、そばにしてはちょっと高いのですが、
美味しいそばってこういうの、ということで
旅先で財布の紐が緩いときには良いかな、という感じ。

後から聞いた話ですが、前の店主のときは
もっと美味しかったんだけどねぇ…という話も。

わたしは、今のしか知らないので、
十分美味しいと思いましたがね。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

先々週のお出かけ~武田八幡編。

さて、やっと書けそうです。
もう書くネタが2週間分もたまっちゃって…

まずはの白州セミナーがメインだった14日。

前日はなつかしい(といっても数ヶ月ぶりなだけだが)
顔ぶれと飲んでいて、飲み帰りにそのまま
特急かいじに乗り込み甲府へ。

翌朝7時から行動開始!

いきなり行っても、早すぎるのであちこち寄り道。
まずは、戦勝祈願(何の?)を兼ねて、
韮崎の武田八幡神社へ。

P1000236

その歴史は古く、(伝説の域を出ないが)
日本武尊の子である武田王の屋敷があったことから、
「武田」の地名が起きたそう。

その後、同地に武田王を祀る祠があったが、
822年に嵯峨天皇の勅命で豊後国(大分県)の宇佐八幡を
勧請して武田八幡宮としたのが神社としての始まり。

さらに、清和天皇の時代には、京都・石清水八幡の
勧進もなされ、常陸国武田郷(茨城県ひたちなか市)から
配流され移ってきた源清光の子、信義はここで元服し、
「武田」信義を名乗り、甲斐武田の祖となった。

祖父・父が武田郷から配流されたことで、
武田ツナガリを感じたのか、武田八幡を氏神とし、
たいそう崇敬したと伝わっている。

社殿は、信玄の再建によるもの。
信玄時代の建造物を間近に見れる貴重なスポット。

P1000242

山門をくぐり、階段を上っていくと小さな拝殿。
ただでさえ、軍事費がかさむ戦国の世、
現代から見れば、質素なように思えるが、
往時はなかなか豪華なつくりだったようです。

P1000249

手前が拝殿、奥が本殿。

P1000254

側面に回って本殿。

P1000256

ふと見える般若の顔。こわすぎーーー

P1000257

こういうアングルで見ると、信玄がつくった
櫓があればこう見えるのかなぁ、なんて思ったり。

P1000259

社殿を出る頃には、木漏れ日が。
なかなか写真に収めるのは難しいけど、
美しいですよね~

P1000264

神社を出ると、猛烈な霧。
軽く雲海のようになってました…

P1000275

遠くから。火事でもあったんかいな?
というくらいの、煙の見えるような感じ。

P1000277

韮崎駅までぶらぶらしながら取ったもの。
アッコにおまかせって…堂々としたパクリっぷりに感服(笑)

P1000285

マンホールも忘れずに。武田八幡の由来を知ると、
まさに「武田の里」ですよね。

P1000290

山梨に来て思うのは、武田二十四将の誰かの
姓が結構見受けられるんですよね。
たまたまかもしれないけど。

特に多いのが内藤昌秀(昌豊の名は誤伝らしい)の「内藤」。
韮崎では、三枝守友の「三枝(さえぐさ/さいぐさ)」
もあったし。

韮崎の店先で見たベスト。

P1000296

この格子柄はアーガイル・チェックといい、
スコットランド・アーガイル地方に由来するそうだが、
武田の里・韮崎で見ると、武田菱にしか見えない^^;

ニッカが伊達政宗の兜の前立をモチーフに
伊達」のラベルをつくったんだから、
サントリーは白州蒸留所もあることだし、
武田菱をモチーフにボトルデザインをして欲しいなどと
妄想(笑)しながら、ゆったりと駅に向かいました。

お次は、長坂町の蕎麦屋さんへ。
参考にしたblogへTB!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またたまりグセが…

この土日、動き回ってましたよ。
ということで、ネタは書けず、甲信越記も書けず。
むしろ、溜まる一方ですが何か?(笑)

てか、写真の整理すらできてませんが?
おそらく、2月中はupはムリそうですわ。。。

土曜は昼から飛行機で大阪へ。
中学の同級生の結婚披露パーティ。

若干、新郎新婦ほったらかしで(汗)
ただの同窓会的な感じになってましたが…
新婦さんも同級生やったっけ?みたいな。

あと何がすごいって、お店も同級生がオーナーの
カジュアルフレンチのお店。
自分でお店持ってんねんで!料理してんねんで!
しかもフレンチやで!びっくりしました。

ゆっくり後で宣伝しときます(笑)

で、日曜の朝にとんぼ返りで東京へ。
家には帰らず、東京ビックサイトへ直行して、
ウイスキーマガジンライヴ!へ。

これ、飲みすぎでヤバイですね。
あんなのやこんなのがガバガバ飲めるんだもの…

余市は20年よりも15年が好みでした。
12年を常飲していますが、そろそろ切れるので、
15年に変えてみよっかなぁ。

前回いい加減で申し訳なかった竹鶴35年も
しっかり味わい、メモして。

これだけでも結構飲んでるのに、
張り切って、セミナー3つも申し込んで。
余市、山崎を過ぎ、ショコラ×モルトくらいになったら、
明らかな酔っ払いになってました…しかも日が暮れる前から。

余市は改めてうまさを実感。余市1988、1987ノンチル、
Woody & Vanilic、Sherry & Sweet、Peaty & Salty。
残念ながら、どれも体験済みだけど、
やっぱり美味いものは美味い。

1987ノンチルがピーティさよりも
ビターな深みとして感じられ、また違った顔を。
Peaty & Salty→1987ノンチルの頂く順序が
関係してるのかもね。

てか、また余市に行ってキーモルトを
たんと買ってこなくちゃ。

山崎は、お高い山崎1984よりも、
山崎シェリーカスクがよかった。
やっぱ、シェリー好きなんだよなぁ。しみじみ。

それに、まぐぽさんから聞いていた、
梅酒樽後熟もなかなかのヒット。
梅のすーっとしたさわやかさがウイスキーには新鮮。

ショコラセミナーは、サントリー系。
マッカラン、グレンフィディック、ボウモアは、
南青山のセミナーとまったく一緒。

美味いのがわかっているので、新鮮さはないが、
まぁ美味いものは美味い。

山崎シェリーカスク×ビターショコラも
なかなかよかった。てか、これなら合わせやすいよね。
購入決定ですwww

このあと、Blender's BARの常連さんに連れられて、
銀座のBARに一軒、そのあともKaoriさんと少しお話を。
餃子でも?という話だったのだけれど、
餃子の天龍、もう閉まっててざんねーん。

また、追々写真つきでアップしていきます…が、
いつになることやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白州×野沢菜漬。

甲信越記の写真整理すらできていません…

週末はとんぼ返りの帰阪+ウイスキーマガジンライヴ!
なので、いつアップできるか…という感じ。
ネタ記事もあるんだけどさ。

訪れたのは、韮崎の武田八幡神社に長坂の蕎麦屋・翁、
もちろん、白州蒸留所。

それから、善光寺のライトアップに、
飯山城、野沢温泉に兼続くんの故郷、南魚沼。

写真が例によって多くて、
整理に時間がかかるなぁ…苦笑。

北信濃・野沢温泉街で買った野沢菜漬の瓶詰めと白州。

P1010108

これ、すごーーく合います。
もうひとつ、野沢菜買っときゃよかったな。
樽出原酒もこれから頂きたいと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

山崎シェリーカスク。

明日早そうなんですけどね…起きる自信まったくなし。
てか、またblog書いちゃって、ちーーっとも、
起きる気ないんじゃない(笑)

また例によって、ブックマークのblog用ネタの
欄にあふれそうな感じになってきてます。

週末また出かけるし、ちょっとまた書けない
時期が続くかも…はやく甲信越記書きたいんだけど!

でも、1つだけ気になる話。
山崎のヴィンテージモノ山崎1984と、
山崎シェリーカスク発売の話

プレスリリースはこちら

山崎1984は、通常の山崎25年同様、
お値段10万円。てことは、庶民には手が出ませーん。

でも、シェリーカスクは興味あり。
普通の山崎とは違った(特にわたし好みの)味な
気がしてね。9,000円だったら手が届く。

まぁ、ココのところ、余市/宮城峡1988、
余市1987ノンチルと高価な酒を立て続けに
買っているので…控えめにしたいんだけど、
できないよね。あは。

あとセミナーでは、山崎蒸留所のシングルモルトセミナー
結構頻繁にやるっぽいので、ぜひ大阪に帰るときに
バチッと合わせていきたいもんです。

あ、3月のNikka Blender's Barのイベントも気になる…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中目黒でカレー食べるなら。

さて、現実逃避(笑)から戻ってきました。
文字通り、甲・信・越と回って。

現地で買った白州限定ウイスキーが家路に着く頃には
カラになっているのは何ででしょうか(爆)
これからじっくり、樽出原酒15年・12年を頂きますが。

ウイスキー以外にもいろいろあるけど、
そこは追々ってことで。

で、話は戻って金曜日。
ちょっとワケあって、午後休。

所用前に、中目黒に寄り道し、
はるかさんが記事にされていた有田焼カレーの
お店、アンティロミィさんへ。

行く前にページ見ておけばよかったんだけど、
若干迷い気味。こんなに目立つ建物なのにねぇ。

P1000211

ちょっとかっこよさげな階段を上がって、
2Fがアンティロミィさん。

P1000186

すごーくきれいにまとめてあって、
洒落つつも、シンプルにすっきりとしたインテリア。

P1000195

あまりお店の中の写真を撮ることはないんだけど、
お店の人に了解をもらってでも、撮りたいな、
という気持ちになりました。

ステンドグラス調の照明も美しく。

P1000202

奥に小さく見てますが、食器関係は
ほとんど有田焼と思しき陶器。
ま、そりゃそうですよね。

P1000209

テーブルにはひとつひとつ花が。
皿つきで出てきたおしぼりと一緒に!

P1000190

って、ここまで書いて何の話?
という感じですが、頂いたのはビーフ焼カレー。

P1000193

ちょっと写真じゃわかりにくいかな、
あの弁当の有田焼カレーに大きな佐賀県産和牛が
どーーんと乗っております。

モノはデカイですがとてもやわらかく、
肉質も脂身よりは赤身中心で肉の旨さが感じられ。

カレールーはやはりあの旨さ。
とろけたチーズとの相性も良いですよね。
チンするより、断然作り立てがいい。

サラダがついて、2,100円。
けっこうボリューム大だし、オーナーさんの国産素材への
強いこだわりがあるのも関係してる?

うむむっ…と気軽にはいけない感じですが、
美味しいのは間違いないようです。
次は、有田鶏のほうにしよう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

一応、あるにはあった…

一応、あるにはあった…
一応、あるにはあった…
雪、見つけました(笑)

…もう、見つけないとないなんてさ。

始まりまで時間があるので、
ショップを散策。

ローヤルのウイスキーケーキと
白州樽出原酒、白州織り込みのチョコなどに
ロックオン。

せっかく白州に来ているので、
山崎はお預け。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いざ、白州!

いざ、白州!
白州蒸留所のシングルモルト×ショコライベント
参加者用の無料バス待ち。

雪がなさすぎる〜てか、暖かすぎ。

コート、暑くてロッカーに
預けちゃったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばーくすーい。

いやー、やられちゃいました。
せっかくの祝日。

午前中に岩盤浴行ってすっきりー♪と思ったら、
昼過ぎに眠いな…と思って横になったが最後。

気づいたら、日が暮れてました。こらー。
1年以上もほったらかしのマイフォトとか、
更新したかったのに…今月はこれから忙しそうなんで、
3月くらいまで更新できなそう。ぐは。

てことで(どんなこと?)ニュースのほうへ。

●世界のお札の数え方。(IDEA * IDEA)

…たしかにトルコ笑える。
それ以外にもいろいろあるんだねぇ。

そういう数え方もあるのか、ちょっと
感心したりするものもあります。

●子龍、人気は高いですよね。(イザ!)

すっかりレッドクリフPartIは見逃し、DVD待ちな
感じですけれども(爆)、趙雲(趙子龍)が
主人公の映画が公開されるとのこと。

クセのある蜀将のなかで、常識人なイメージの趙雲。
三国志のキャラの中では、人気が高いほうですが、
劉・関・張の義兄弟や諸葛亮にくらべ、
スポットライトを浴びることは少なかったかと。
今度こそ、見に行こう(ホント?)。

●これ、鳥山さんも対応困ったろう。
 (GIGAZINE)

実写版のドラゴンボールの映画。
まぁ、以前から相当かけ離れたものになるらしい、
ということは知っていましたがね。

原作者の鳥山明氏のコメントが、なんとも
苦渋に満ちたというか…

ココまで改変されたものにコメントを、
といわれても困るよねぇ。

別次元の「新ドラゴンボール」って、
裏を返せば、俺のとはまったく違うってことだよね(笑)

●吉と出るか凶と出るか?(Infoseekニュース)

続いて、ドラゴンボールネタ。
ドラゴンボールZが、アニメ番組として、
復活するらしいですね。
できる限り、当時の声優キャスティングで。

声が変わってんじゃない?という心配も
ありますが、別人よりはマシなんじゃ…とも思います。
OP/ED曲が前とっかえというのも、複雑。

こういう復活モノって、昔のファンと今のファンを
どう最大公約数を取ってくかが難しいよね。

ちょっとどうなるのか見もの。

●アホはアホと諦めていましたが…
 (INTERNET WATCH)

最近、(わかりきったことですが)MS-IMEの
すっとぼけた変換にそろそろ耐えられなくなってきて、
また昔のようにATOKを入れたくなってきました。

以前のWindows XP Tablet PC Editionのとき、
ATOKとちょっと相性が悪くて、中断してたんだけど。
そうこうしているうちにVistaになっちゃって。

で、ATOK2009登場。ブログ書くたびに
イラッとすることを考えると、
さっさと入れたほうがいいのかも。

●もう32GBが来ちゃいましたか。
 (GIGAZINE)

SDHCの上位規格としてSDXCが発表されたばっかりですが、
規格上最大容量32GBのSDHCカードが暴落とのこと。

16GBが暴落したときもすげーと思いましたが、
ここもすでに暴落とは。1万円切ってますよ!

SDスロットはReady Boostにも使ってるので、
単純に容量だけじゃなく、速度も伴わないと、
食指が出ないのですが、まぁ時間の問題。

うちのLOOX PはSSD64GBなもんで、
SDHCに32GBとか入れると、すごいストレージ空間が
増える気がしますねぇ。

SDXCが出てくる理由がよくわかります(笑)

●ウイスキーもお忘れなく!(CNET JAPAN)

20代の実に7割が宅飲みをするという話。
おまえ20代ちゃうやんというのは、横に置いといて(笑)
ずいぶんと変わってきた感じがしますね。

最近はあまり飲まない人が多いといいますが、
外でガヤガヤ飲むより、自分のペースで飲む、
という人が多くなってきたんでしょうかね。

残念ながら、何飲む?の問いに
ウイスキーはランク外のようですが…ウイスキーも飲んで!
あ、別にニッカさんやサントリーさんに
お金もらってませんけど(笑)。
ウイスキー人として率直な感想をね。

性別、年代を問わず安く手に入るのがいいらしい。
ならば、たとえば竹鶴12年。

ボトル2,000円程度で手に入り、
普通ならこれで、けっこう持ちますよ。

発泡酒の缶をいくつも買うより、
断然リーズナブル。体調や気分に合わせ、
度数も調節できまっせ~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

早速実践、マリアージュ。

サントリーのイベントで培ったマリアージュの知識。
早速活かしちゃいました…たまたまだけど(笑)

宇治茶の名店・京都・伊藤久右衛門の「濃茶のしらべ」。

久しぶりに、伊藤久右衛門さんからお取り寄せしましたっ!
パッケージもいい感じですねぇ。

P1000175

パッケージを開けると木箱。豪華。

P1000177

で、お味なんですけどね。「濃」茶というだけあって、
茶の甘みがチョコレートに負けてない。
抹茶の挽きたて感すら、感じる上品かつ圧倒的な深み。

P1000183

で、ここでマリアージュ。白州12年の登場。

P1000021

白州、やるぅ。やっぱり美味すぎ。
相性の合う組み合わせだとホント、1+1=∞。

いままで、サントリーでは山崎12年や響50.5が
主体だったけど、改めて白州、見直しました。美味いっ!
若葉のさわやかさがすごく感じられ。

濃茶のしらべもちょーオススメ…
なんですが、残念ながら完売。うむぅ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

にじみ出た想いこそ、本物。

ついさっきまで、音遊人(みゅーじん)見てました。
そう、じゅんちゃんが出てるから。

番組中であった、歌が上手いから
感動するんじゃなくって、想いがにじみ出て、
思わず感動するのが、本物だというようなことば。
(細かい文言はちょっと違うかも)

歌に限らず、たぶん感動って本物だったり、
本気だったり、全力だったり、そういうものに
向けられるんだと思うんだよね。

2/1のblogの内容から。

納得いかないものを創ってはいけないという本気と
表現したすべてを背負う覚悟。

それを強く意識しているからこそ、
プロフェッショナルとしてカタチにしていける、
のだと思います。

|楽を選んだ時に、表現者としての命が終わるんだと思います。
|こだわりがなくなったという証拠ですから。

たぶん、これってどの職業でもそうじゃない?
楽をして手を抜いて、人に誇れなくなったら、
それはもう、その職業人としては、死んでるんだろう。

まだまだもっと誰かに必要とされたい。認められたい。
知ってる人は知っている、でも、
知らない人は知らないじゃ、やってないのと
一緒とまで言い切ったしばじゅん。

でも、着実に歩みは進んでいる気がしますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の妻夫木兼続。

まったくー、直江兼続ってこんなだったんでしょうか?
武田には詳しいわたしも、上杉は知識が薄くて。

もう、ダメダメくんじゃないですか。
陣中で喧嘩なんかして、謙信に謹慎を命じられてるし。
景虎陣営も挑発が過ぎる気がするが。
喧嘩両成敗じゃなくてよかったね。

コレ史実なの?これまでの流れもそうだけど、
創作がかなり入ってる気がする…

ま、それはおいといて、ネタの続きね。

●武田24将騎馬行列参加者募集。
 (富士の国やまなし観光ネット)

今年もやってきましたね、甲府の騎馬行列。
今年は信玄の祥月命日が日曜。

信玄公祭りの行列は参加できないけど、
(芸能人が信玄役になることが多し)
これは、みんな一般公募。

いつぞやの年に参加したことがあるんですよね。
往復で計4時間、馬に乗りっぱなし。
そーとーきついっすよ、これ。

でも、武田軍になった気分で、
沿道の方からおにぎりもらったり、手を振ってもらえたり。
まさに戦に勝って、凱旋した気になって(笑)

わたしが参加したときは、相当濃い武田マニアが
終結していましたね。知識の量が半端じゃない。

●ケータイがある時代の勉強。
 (Infoseekニュース)

難しいですよね。ケータイをもち始めたのは、
大学生の頃だったので、高校までにケータイがある、
という感覚がよくわかりません。

たぶん、あったら持ち込もうとするだろうし…
どの時代でもケータイがあれば、そっちに
関心とられるのだと思いますね。

持ち込み禁止にしても、家でやるだろうし。
わたしの時代だと、ゲームがこういう槍玉に
上がっていたのかな。

ま、でも勉強する人はするよね。

●なつかしい写真いろいろ。
 (MSN産経ニュース)

ほんじょクリップのRustyさんところで
ご紹介があったほんじょさんの写真館。
10年くらい前の写真もあったりして。

初めの頃は今から見るとちょっと垢抜けないかな?
時が経つにつれて、どんどん洗練された
ステキな大人の女性になっていらっしゃるのがわかります。

わたしは、万年筆ベストコーディネイト賞の
プレゼンターのときの写真が一番いいなーって。

●綾町にこんなところが?
 (静かなごはん便り)

わたしも宮崎の綾町には、行ったのですが、
もう…綾城しか見えてませんでしたね…あはは。

パン工房綾さんの緑茶のパンが美味しそう。
綾城から2-3kmくらいのところ。

また宮崎を訪れることがあったら、
ちょっと寄ってみたい感じ。

●お色直し前のおふざけ。
 (らばQ)

こらーー、古城になんてことを!
と思ったんだけど、実は老朽化で外壁の張替えが
必要になったみたいで、それなら外壁を新しく
する前に古い外壁に絵を書いちゃおうって。

日本の城ではちょっと考えられないですが、
きちんと元に戻るならまぁ…オフザケとしてはありなのかも?

●別にあげてもいいよ、てかあげなくても買うし。
 (イザ!)

チョコの売り上げアップ作戦としか思えない、
逆チョコってヤツ。買えとプレッシャーがかかる方は、
お気の毒ですが(爆)、わたしなんぞは単純に
チョコが好きなので、スペシャルなものを買えて、
うれしいなーという感じすらします。

単純にチョコを交換する日でいいと思います。
ホワイトデーの立場がないか^^;

ま、いずれにせよ、いいことです。
なにがしか、チョコ買ってると思うしな。

●お互い様な気もしなくはないけど…
 (マイコミジャーナル)

今年のバレンタインデーとホワイトデーは
休日をいいことになかったことにする人多数^^;

女子でも1/3の人がなかったことにするんだったら、
男子が40%以上、なかったことにしても…
お互い様な気もしますがね。

てか、会社に配るのをなかったことにするのは、
まーいいですが、もらったのになかったことにするのは…
どうかと思いますがねぇ。返しておいたほうがいいって。

会社の女性は味方に付けておいてソンはないですよ
←え、損得勘定かよ(笑)

●100年後のblog。(IDEA * IDEA)

後の世代のひとが、自分のblogを読むかも、
っていうのは、考えなかったなぁ…でも、十分に
ありえることですよね。

恥ずかしいこと…かどうかはわかりませんが、
たいしたことねーなこいつ的な印象はあるでしょうね(笑)

でも、祖父母の世代のひとが、何を悩んでいたかとか、
何が辛かったとか、楽しかったとか、うれしかったとか…
そういうのを目にすることって、なかなかないですよね。

だとすると、そういうのを残せるツールがある
われわれの世代はとてもラッキーなことだし、
ぜひ見て欲しいな、と思いますね。

●京都大学が目指すもの。(All About)

「深い表現力を問う」京大に対して、
「高度な処理能力を問う」東大

というのは、すごく判る気がします。
京大って独特だし、その問題に何を求められてるか、
すごくメッセージ性があると思うんですよね。

|京大の数学では文系前期の場合、
|120分で5題出題されている。
|基本は完答一問で、後は部分点をいかに取るか

まず、完答できるかどうかが怪しかったんだけど<数学
たぶん、世界史は満点に近かった自信があります(笑)

英語もそう、英文和訳・和文英訳、
頑なにこのスタイルなんだよなぁ…

情報を処理するんじゃなくて、いかに読み込み、考え抜き、
自分なりのアプトプットを出すか、それを高いレベルで、
求めるのが、京大のスタイル。

個性的な人材を求めているメッセージ性に
あの頃の自分があれだけ京大にこだわった
理由があったのかもしれない。

京大に集まってくるであろう、自分をしっかり持った
「個性的な人材」になりたくて。
そんなひとと刺激しあいたくて。

なーんて、昔のことを思い出しました。
京大に合格してたら、こんなにも感慨をもつことは
なかっただろうなー

大学受験はがんばったけど、希望は叶わなかった。
だけど、すごく充実して楽しかったし、
辛いという感覚はなかった。

いまでも、受験番号が書かれた紙を
写真立てにはさんでいたりする。

P1000171

ちょっとコレ見て、がんばんなきゃな、
なんて思ったりするのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい感じで書けています。

最近は、無茶に貯めすぎず、
いいペースで記事を書けています。
こんな位で書けるといいんだろうな~

ま、来週から予定たくさんで
ちゃんとかけるか心配ですけどね♪

じゃ、いきましょう。

●うわ、コレ美味そう…(サントリーグルメガイド)

このオムライス美味そうっすね~
オムライスといえば、神田の美味卵屋ばかりで、
新しいとこ開拓してません…最近。

ちょうど、表参道ということで、
Nikka Blender's BARやSplitz'Aoyamaにも、
比較的近く、ウイスキーを飲む前の
腹ごしらえにもいいかも。

●WiMAX試験サービス受付開始。
 (INTERNET WATCH)

いよいよ、試験サービス始まりましたね。
わたしは立川なんで、申し込めませんが…orz
試験期間は、基本使用料と登録料が無料、
かつ端末も無料で提供され、有料サービス後も、
引き続き使用できるとか。うらやますぃ。

以前なら23区内に住んでたので、OKでしたが…
そういってもしょーがないっすからね。

ま、黙って様子見ましょう。
WILLCOM COREがどう出るかもあるし。

でも、いよいよ時代が変わり始めましたね。
23区内や横浜・川崎で広範囲に使える様子。
首都圏のJRの駅もサポートされてるみたいだし。

それで、10数Mbpsが出るんならね。
もはや、固定もモバイルもなく、回線は1つでいいかも。

●専門機関がないから言わなくていい?
 (GIGAZINE)

Googleのストリートビューですが、
Googleがごめんなさいしたようです。

海外では事前説明していたのに、日本では
専門機関がなさそうだったから、言わなくてもいいと思った、
ということで、足早に進めてしまったようで。

専門機関があるとかないとかより、
仮に担当が違っても、自治体とか政府に言うべき、
だったように思います。どこかわからんかったから、
いうのやめときました
、って。どんな言い訳?

だけど、今度の事前通知しますっての。
事前通知してヤダ!といえば、載せられることは
ないんでしょうね。

●これ、ヴェネツィアに行ったらぜひ!
 (イザ!)

ローマ教皇庁(法王は厳密には誤り。こちら参照)が、
ヴェネツィアにレストランを開いたそうで。

利潤を追求しないため、ちょーー破格。
そんな安くて美味店があれば、ヴェネツィア再訪の折には
ぜひ、訪ねてみたいものです。
カトリック教徒にこだわらないそうですし。

●すぎやまこういち氏のコンサート。
 (GAME WATCH)

ドラクエはオリジナルサウンドだけでなく、
交響組曲という形でオーケストラ音源でのCD発売が
あるんだけど、コンサートもやってんですよね。

FFのは聞きにいくことがあるんだけど、
DQも一度は行っておきたいなーと思ってます。

DQ9ではおなじみのテーマがちょっと
アレンジされる模様。楽しみ。

8/5に東京でコンサートがあるので、
できたら行きたいなぁ。DQ9の音楽がさっそく
オーケストラで聴けそうで、いいなぁ、と。

●サントリー・アサヒとも過去最高益。
 (イザ!)

電機・自動車は壊滅を言われるほど、
景気後退を受けてメタメタになっていますが、
飲料部門は好調のようです。

サントリーは決算報告を見ると、
ウイスキーは前年約98%と前年並み。

角ハイボールの猛烈なアピールで、角瓶が
前年を上回る伸張、山崎も国内で前年比104%と好調。
さらにヨーロッパで8割増ということで、
着実にジャパニーズが海外でも飲まれ始めているよう。

逆にニッカの親会社であるアサヒビールは、
ウイスキー部門の言及がほとんどなし。
ニッカはどうなんだ!無視かよ!

●Blu-rayもういいけどね。
 (INTERNET WATCH)

Blu-rayに補償金かけるんですってね。
相変わらず既得権益に固執する姿は醜いもんですが、
Blu-rayで映画を見ることはあっても、
TVを録画したりとか、たぶんしません。

だけど、PCに音楽があるからって、まだPCに
補償金かけろって言ってるんですな。

|「私的録音録画に用いる機器は72.4%がPC」
|「83.4%がPCに収録された楽曲をさらに
|(携帯音楽プレーヤーなどに)コピーしている」
|「30代までのユーザーが所有するPCに保有されている
|楽曲は239億曲超」といったデータを引き合いに出し、
|iPodを含む携帯音楽プレーヤーやPCに補償金を
|課金する必要性を訴えた。

何の補償なんでしょうね。毎度ながら怒りを禁じえません。
このデータで、課金しなければいけない理由は何?

CDを買う→PCへリッピングする→iPodへコピー、
この一連の流れで、権利者団体は何を損してるの?

こういう感覚が消費者にはあるはず。
きちっとしたロジックで説明できるなら、
消費者を前にして、堂々と説明してみてはどう?

個人的には、言っているロジックがわからないのと、
ユーザの協力したい思いを無視している点に、
どうにも悪い勘定しかもてないのが本音。

アーティストに協力するならいくらでもする。
でも、どう使われているのかわからない権利者団体に、
くれてやる金は一銭もありません。

まだ、続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲み足りなくて。

東京、天気はいいですが、風がめっちゃ強い…
風の音がビュービューしています。

さて、昨日。会社の同期の結婚披露パーティへ。
奥様も会社の1つ下の世代で知っていて。

新郎・新婦どっちも知っているのって
初めてかな。あまり以前の事務所に行かなくなったので、
なつかしい顔が多かったな~という印象。

Yくん、Cちゃん、お幸せに。

で、昼過ぎからずっと飲んでたはずなんだけど、
まだ飲み足りず…帰りはパパしゃんな同期だけだったので、
ブレンダーズバーに寄り道していき。

まずは、お気に入りのブレンダーウイスキーNo.4
シェリーの甘さやピートの力強さなどいろいろ、
特徴はあるけど、樽熟感を感じるならコレ。

キーモルト余市Woody & Vanillicも好きだけど、
複雑さも欲しいなら、これがいいよね。

おつまみには、以前Kaoriさんからオススメ頂いていた、
アボカドと豆腐の和風サラダ。
すっかり、写真に撮るのを忘れていたので、
Kaoriさんのblogから、ご覧あれ。

アボカドとウイスキー、合うもんですね。
ま、そりゃそうか。ブレンダーズバーにあるんだからね。

あと、かりらさんからお勧めいただいていた、
ベン・ネヴィス。ハイランドのスコッチですが、
一時操業停止だったのをニッカが買収したそう。

すごく飲みやすいハイランド。これだったら、
すっきりしていて初心者にも勧められそうかな?

P1000162

ブレンテッドのベン・ネヴィスもあるんだって。
確かに主張する感じじゃないから、
ブレンテッドが似つかわしいのかもね。

P1000163

あと、先月手に入れたスーパーニッカ・有田焼のボトルの話。
お話しすると、過去にニッカが出した商品の一覧表を
持ってきてくださいました。極秘資料か?(笑)

それによると、1988年か89年に出たもの。
もう20年も前のボトルなようで。
さすがに液面低下してるだろうし、
香りのほうはどうだろうな?

ということで、一度味見をして、
今度ブレンダーズバーに行くときには、
ボトルをもっていこうか、と。

〆には、こないだ食べた博多にらそば。
塩ベースにモツをトッピングしてみました。

P1000166

麺は細麺で、鶏と野菜の甘みが中心のスープ。
なかなか美味しいほうだったけど、
もつ福の「海の神」のスープにゃ、かなわない!

やっぱりデフォルトの醤油のほうが、
あってる気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30万アクセス&余市ブログパーツ。

ということで、やっとこさ30万に到達。
pingもそんな意識して飛ばしてないことを考えると、
まーまー、いい感じなのでは?

約5年で30万。約160アクセス/日。
こんなに雑多で取り留めのないblogにこれだけ
きてくださるだけでも、ありがたいもの。

そういや、こちらもやっとのことだけど、
ニッカがブログパーツはじめたようですね。

早速、余市のブログパーツを付けてみました。

宮城峡もいいんだけど、やっぱ余市。
余市は聖地だよね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やはり、マリアージュはすごかった!

さて、もう少しじっくり書きましょうかね。
シングルモルト&ショコラのマリアージュ講座

会場は、南青山のSplitz'Aoyama
スプリッツという、アルコール度数を5%前後にまで
落として飲みやすくしたハイボールがウリ。

お店の入り口からしてイイ感じですよね。

P1000055

席には、山崎12年ミニチュア、白州12年ミニチュア、
グレンフィディック12年、マッカラン12年、
ボウモア12年が並んでます。

ショコラ講座のためのチョコも。
100% chocolate cafeだね、これ。

P1000081

内装もお洒落でいいです。
個人的には流木を組み合わせたような照明が
すごく気に入りました。

P1000076

メモを取るために山崎蒸留所で買った
ペンを持っていったのですが、鉛筆も用意され。
さては、サントリーさん、メモ取らせて、
ブログに書かせる気、満々ですね!

P1000088

右上のお皿に見えているのは、ショコラ講座で
出てきたカカオ豆やカカオマスのタブレット、
白っぽいのがカカオバター。
単品ではあまり美味しいものではないですね…

ショコラ講座は、(株)ポットラックインターナショナルの
ショコラコンシェルジュ・伏見聡子さんより。
かわいい女性でした←聞いてない!?

カカオは神々の食べ物として珍重され、
元来は飲み物だったとか。

面白いのが、カカオの花ってこんな具合に、
幹に直接咲いて、花が落ちたあとに
15-25cmの実がなるんだってね。
その実の中に30~40の豆がなっているそう。

上の写真にあるようにカカオ豆を直接、
口にすることができたのだけれど、
アーモンドと言うかナッツと言うか、
豆っぽい香ばしさの中に、ちゃんとチョコらしさが
感じられるんだよね。意外とイイ感じ。
そのままおつまみにしてもいいんでは?

ショコラも品種を混ぜてフレーバーを
安定させるために、ブレンドするのが一般的だけど、
シングルモルトみたいに単一の地域のものだけで
ショコラにしてその特徴を個性として、
楽しもうとする動きがあると。
やっぱ、風土や気候など、その土地その土地で
フレーバーが大きく変わってくるんですね。

シングルビーンズと言って個性を愉しもうと
するあたり、シングルモルトと共通点が多いです。

さて、ショコラのテイスティング。
現地ではちょっと難しいなーと思ったんだけど、
舌の付け根から順には苦味、酸味、塩味が感じやすい、
というのが参考になったかな。

で、今こうして書きながら再度、
ショコラのテイスティングをすると、
すごく今違いがはっきりしてきた!

個人的には、ちょっと苦味のある
エクアドル産の15番がよかったな。

さて、次はシングルモルト。
最初は、山崎12年ハーフロック。

P1000105

わたしの席の周りはウイスキーな人が多く、
ハーフロック薄いぜ!みたいな(笑)

わたしもトワイスアップはよくしますが、
ハーフロックはしないので…

で、山崎12年や白州12年のテイスティングは、
いつも家で飲んでるので、
あぁいつもの…と言う感じで。

でも、山崎はウイスキーを飲み始めたときからの
お付き合いなので、いつ飲んでも安心する
アロマとフレーバー。

新入社員の頃、歓迎会で先輩をビビらせたあのオーダー、
山崎・ダブル・ストレート。いまや伝説です(笑)

グレンフィディックは、社内表彰のときに
以前の事務所の人たちから頂いたとき以来のテイスト。
なんか、記憶も一緒によみがえる感じ。

マッカランは相変わらず、生クリームと言うか、
アイスクリームのような、しかもダイレクトに
はじめからがーーっとくる甘さ。

シェリー系の甘さが好みなわたしは、
マッカランも好きなスコッチ。

代表的なアイラのボウモアは、
この中ではスモークが強く感じられるが、
フィニッシュに出てくるかすかな甘さもあって…

飲んでばかりいると、最近ジャパニーズな
感じだけど、スコッチもボトルが欲しくなってきた。

てか、まぐぽさんの飲みが早いんだってば(笑)
五種類飲んだ後に戻ろうとしても、
全部飲んでしまってないんだもの^^;

で、お待ちかねの「すごい」マリアージュ。
ちょっとー、自分でめっちゃハードル上げてるやん、
と思ったのだけど、言葉に違わず、
すごかったのでした。

マリアージュするのはこちら。

P1000113

右上;山崎×ROYCE生チョコ山崎シェリーウッド
右下;白州×ROYCE生チョコ白州
中央;ボウモア×ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ カプチーノ
左上;マッカラン×ベルメアーズフランボアーズ
左下;グレンフィディック×パスカルカフェシトロン

山崎はすでに自分で買って体験済みだったので、
合うのは分かってるんで、ちょっと感動少なし。

白州のROYCEホワイト生チョコ、まぐぽさんから
美味しい話は伺ってましたが…絶品。
これ、ショコラが勝っていて、ウイスキーが
引き立て役になる感じがしたな~

で、白州生チョコすでにROYCEじゃ売り切れ。
Splitz'Aoyamaでしばらく頂けるということなので、
また来ないとな~

感動的だったのが、グレンフィディックとボウモア。
いずれもレモンやコーヒーのフレーバーで
チョコとしても個性的なほう。

これが、それぞれのシングルモルトと合わせると、
バチーーーーッと決まるんだよなぁ、すげーわ。

ボウモアのスモーキーさとコーヒーのロースト感が
似たもの同士しっかり引き立てあるのだとか。
うーーん、納得です。

一定の規則みたいなものを教わったので、
速報で書いたようにいろいろ応用してみたい感じ。
# まぐぽさんから伺った、余市×塩チョコも。

最後に懇親会ですが、まずこのお店のウリである
スプリッツから。普通のハイボールよりすっきりしていて、
ウェルカムドリンクにピッタリかな?

P1000127

専用のサーバーから注がれます。
デフォルト(?)のドライ・スプリッツだけでなく、
トニックウォーターをつかったマイルド・スプリッツもあり。

P1000124

すっかり脇役でしたが、お料理も美味しかったです!

P1000129

P1000131

そのあと頂いたのが、特製カクテル。
角瓶をベースに角砂糖とオレンジやブルーベリー、
ジンジャー…といったもので漬けてあります。

P1000135

わたしが気になったのは一番奥の、ダージリン。
紅茶好きを自認するものとして、ここは外せないでしょう!
お店の方のオススメで、ロイヤルミルクティー風に。

P1000140

その飲みやすさに、紅茶の芳しいフレーバー、
かすかに残る角瓶の雰囲気、なにより
引っかかるところのないスムーズさが絶妙。

これ、場の中盤なら相当飲んでしまっていた気がします。
うまいわー、これ。いいですね。

あとちょっと、サントリーさんの営業さんとお話。
実は何度もイベントでは共演していて、
久光チーフと輿水チーフと仲がよかったりするんだって。

営業さん自身も余市に行ったことがあったりとか。
へー、そうなんだーって。

元は同じ、日本に本物のウイスキーを、と
志を同じくしたもの同士。

程なくして、異なる理想を胸に違った道を歩んだ、
竹鶴政孝と鳥井信治郎。

サントリーの目指す方向、ニッカの目指す方向。
それぞれはっきりしていてすばらしい。

その二人の想いがいまひとつに…っていうわけで、
ニッカとサントリーのブレンドってやって欲しいなぁ、
って思いました。難しいだろうけど。てか、絶対無理?

でも、スコッチだったら会社に関係なく、
ブレンドしてなかったっけ?

輿水さんがニッカのブレンドしたりとか、
久光さんがサントリーの原酒使ったりとか。
あー、もうこれ妄想の域だな。絶対無理やわ^^;

なんかいがみ合ってる敵ではなくって、
お互い認める好敵手、武田信玄にとっての
上杉謙信みたいな、そんな感じを受けました。

だからこそ、ウイスキーの全日本チームというか、
全日本の代表といえるモルトを、
ニッカとサントリーのヴァッティングで試して欲しい。
あ、キリンやイチローズモルトも参加する?

妄想はともかく(笑)、大満足なイベントでした。
約1週間後にお邪魔する白州のイベントも楽しみです。
また、よろしくお願いします~

お席が近かったあんだんごさんyasuyukiさん
もとこさんにTBしとこ~

あ、yasuyukiさん、TBできひんわ…

2/8 追加;TBくださったアワーミュージアムさんにも
TB送っておきましたっ。

2/10 追加;TBくださった、「東京居酒屋&グルメ日記 a cup of sake
のいたばし猫たろうさんにTB!!

| | コメント (9) | トラックバック (4)

とりあえず、速報。

南青山のサントリーさんのブロガーイベント
無事に終了しました。

てか、山崎と白州のミニチュアボトル、
帰りの中央ライナーで2本とも
空けちゃいましたが何か?ははん。
まだ山崎は1本、ミニチュア残ってるけど。

内容は、ショコラ講座・シングルモルト講座、
そして、両者のマリアージュ。

ショコラの香りと味わいは難しかったなぁ。
違いはわかるんだけど…ウイスキーと違って、
ちょっと分かりにくい気がしたね。

シングルモルトは、山崎12年・白州12年・
グレンフィディック12年・マッカラン12年・
ボウモア12年。

山崎・白州は家にあるので、分かってるとして、
グレンフィディックは頂き物以来。なつかしい感じ。

マッカランは生クリームのような勢いのある甘さ。
山崎も甘いほうだけど、しっとり感じる印象。

ボウモアはスモーキータイプ。
でも、ラフロイグに比べりゃ、
まだあとに感じられる甘さがわかりやすいか。

で、やはりマリアージュはよかった。
グレンフィディック×レモンガナッシュ、
ボウモア×カプチーノショコラ。

これは、衝撃的でした。大発見。
こんなに合うものなのかって。

山崎は体験済みだったのと、
白州は生チョコの美味しさが際立ち、
ちょっと白州が目立たなかったかな?

モルト×ショコラは、もっともっと勉強したい感じ。
ホワイトチョコとThe Fuji Gotemba18年、
っていい感じなはずだし、
スモーキー×コーヒーが合うなら、
余市12年とも合わせてみたいしさ。

2月にはあと2回、モルト×ショコラの講座があるので、
もっとパワーアップしたいです!

最後に懇親会。サントリーの営業さんから、
(山崎蒸留所で聞いてうすうす分かってたんだけど)
響50.5の終売予告の話。うわー、残念すぎる。
こりゃ、ストックに走らないと。

あとなぜか、ショコラではなくウイスキーに
釣られた方々が周りに多かったのは気のせい?

お店の感じもよく、またお世話になるかも。
ダージリンと角砂糖を角瓶でつけたカクテルが、
すごーーーく、美味しかった。これはイイ。

まだまだ書き足りませんが、とりあえず速報ということで。
いろいろメモも取ってあるので、またしっかり、
写真つきでupしたいと思います。

当日、来てくださっていた、
サントリーのグレイスさん、メグさん、
14日の白州の講座にもおいでになるかも、とのこと。
また、よろしくお願いしますね。

その白州でも、3月か4月ごろに
ブロガーイベントやるんだって。

4月は毎年必ず、山梨に行くので、
日程が合うといいなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

明日は、南青山へ!

さて、明日は南青山のSplitz'Aoyamaへ。

シングルモルト&ショコラのマリアージュ講座
しっかりメモっておきたいと思います。

あまり、夜更かししないように
…でも、記事は書いちゃお。
って言ってるから、遅なってるやん(苦笑)

●あまりにも痛ましい…(らばQ)

電気料金を滞納していて、リミッターを取り付けられた
93歳の老人。その解除の仕方がわからず、
凍死してしまったという事件。

なんか…普通すぐに解除するんでしょうけど、
解除されずにしばらく経ったら、
おかしい!と思える体勢でないとおかしいよ。

●文字通り、命の水。(らばQ)

こちらも事故の話だけど…ソファがのしかかってきて、
下敷きになったという65歳の男性。

身動きができず、手に届く範囲にあった
ウイスキーで2日間過ごしたとか。

でも、ウイスキーってのどを潤せはしないよね?
やはりアルコールのカロリーで生きながらえたのか?

わたしは手の届く範囲にはいっぱいボトルがあるので…
心配なしですかね←何が?(笑)

●そんな生きがいなど、要らない!(イザ!)

消火が生きがいで、出番が少ないから、
消火できるように火をつけただと?

まったく以って、バカバカしいとしか言いようがない。
そんなことで、築400年以上の建造物が失われた。

韓国の南大門放火もそうだけど、
歴史の重みがつまらない個人的なエゴで失われるのは、
なんとも歯がゆいものだ…

●おしょうゆショコラ…え?
 (Infoseekニュース)

醤油って、卵ご飯専用からチーズ用、
果てはアイスクリームにカレーと、
もう使うシーンを増やそうと躍起な感じがしますが。

チョコに醤油風味ってのができたらしい。
いわゆる塩×甘み=美味しい、の図式?

|西洋ではしょうゆはスパイスとして
|香り付けに使われることが多い

というのは、初めて知ったな。
香りづけねぇ…ちょっと興味はありますが。

●どことなく雰囲気が。(イザ!)

西郷隆盛と山形の庄内藩の武士の会話の中から
まとめられたという南洲翁遺訓。

隆盛の曾孫で陶芸家の西郷隆文氏が、
解説書に出会ったエピソードが書かれた記事だが、
やはり…そんな雰囲気がありますね。

有名な西郷隆盛の肖像は実は本人ではなく、
弟の西郷従道といとこの大山巌を
合成して描いたものらしい…けどね。

直接会って書いたという肖像とみても、
まぁ…どうだろ。似ている感じはするかな?

●旅行参加率ってなに?(イザ!)

20代の旅行への意欲が下がっているという話。
パソコンやインターネットに支出がシフトし…
って、ちょっとありきたりすぎる気がするけど。

気になったのが、「旅行参加率」ってことば。
参加率?ううん?

これって、パック旅行への参加率ってこと?
それとも自分たちで企画する旅も含まれるの?
どうなんだろう…

あと20代男子で40%台強、20台女子で50%強、
というのが高いか低いか、何ともいえないね。

数字の記事って一見、客観的っぽいけど、
もちょっと、いろいろ出してもらわないとねぇ。

●キケン、キケン!(笑)
 (マイコミジャーナル)

おっとっととエバラ焼肉のたれのコラボ。
絶対、一気に一袋食べちゃいそう。
途中でやめとくとか、絶対無理だと思う…笑。

●今度は抹茶+玄米茶。(日経トレンディネット)

以前は抹茶があって、ちょくちょく買ってたのだが。
玄米茶がブレンドされた新発売。

淹れたて…とまではいかないけど、
作りたてのお茶っていうのが、けっこう好きです。

●無重力状態の炎。(らばQ)

平成教育委員会とかで、問題に出てきそう。
まず、わからんね。炎が丸くなるなんて。

なんか…ガスが切れそうなライターみたい(笑)

●なぜ、この形に?(らばQ)

オランダにあるという架け橋。
車を通すときは道路をつくり、船を通すときは、
道路を跳ね上げて。

でも、もうちょっとスマートにする方法、
あるんじゃないかなぁ…なんか巨人が、
よっこらせってやってるみたいやん(笑)
笑えるけど。

●継続的に人気のようです…卵かけご飯のお店。
 (Infoseekニュース)

これ、みやさんが美味しそう~って、
言っておられたアレですよね。
約1年前の記事。よく憶えてるな<自分

年間7万食、ってことは1日平均200食弱。
休日には、300~400人近くがつめかけるって、
スゴイよね。人気店。

T.K.G.って何の略かと思えば、
Tamago Kake Gohanってこと(笑)

本が売れるなんて、ちょっと考えられないが、
誰でもできる卵かけご飯、だからこそ、
こだわると奥が深いのかも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

最近、激早です。

まぁ、このご時勢ですからね。
残っていそいそ仕事するよりも、
さっさと帰りましょう、的な雰囲気。

みんながHappyで早く帰れるんなら良いけど…
どうも暗い感じが付きまとうよね。

でも、せっかくだからゆっくりさせて
もらっていますがね。

ホント、去年と大違い。

さて、記事のほうに行きますね。

●盛り上がるということ。
 (ほぼ日刊イトイ新聞~おとなの小論文教室)

その1その2

あとよし言葉、つまり最初落としておいて、
あとで褒めるってことの意味。

しっかり考えると、すごく油断しがちだし、
奇襲攻撃というか構えがないところで、
ことばの刃が突き刺さり、
本人へのダメージが大きいかも。

そしてそれが、なんらなの共有される場、
で起きやすく、場の盛り上がりのもとに
許されてしまうとしたら。

実は、この「盛り上がり」というの、
あまり好きではないとずっと思ってたんだけど、
もやもやした一端がわかった気がします。

ウケればいい、そのためなら少々(てかかなり)
自分をネタにしたって構わないってことを
少なからず強制される雰囲気。

これなんだろうなぁ、と。
もちろん、自分だって何気ないことばで、
そういう場で刃を振るってきたかもしれないんだけど。

若者、ということばがどこまでの範囲を言うのか
わからないけれども、
「宴会を盛り上げようとしないいま時の若者」は、
「しれっと、まったりと、お酒を飲んで」いるらしい。

いいじゃないか、それで、と思う。
そんなので白けるなら、そんな場は
こっちから願い下げだ、って。

最後の「傷つけないというスタートから始まるもの」
の葬儀屋の娘さんの話が印象深い。
シチュエーションや内容は違うけど、
自分だって、思い当たる節があるから。

皆さんはどうですか?

●天守再建50周年記念!(会津若松市市政ガイド)

これ、るるぷぅさんに教えてもらったのですが、
会津若松の鶴ヶ城、再建50周年ということで、
江戸末期の赤瓦に葺き替えされるそうで。

本州の赤瓦の城郭というと、鶴岡城や盛岡城が
思い浮かぶところだけど、いずれも模型のみで、
復元すらされていない。

ちょっとシックな赤瓦で覆われた鶴ヶ城、
すごーく、期待できます。

あわせて外壁の塗りなおしも。
できればキッチリとした白漆喰でお願いしたいところ。
あと、ちょっと痛んでるところがあった
記憶があるので、そゆところの修繕も。

あの…また城主募集しません?
熊本城宇都宮城に続いて三城目狙い…(苦笑)

●それって、ちょっとちがくね?
 (Infoseekニュース)

スターバックスの業績が…という話。
確かにブランド力で力を付けてきた感はあって、
出展ラッシュでコンビニ化、というのは、
わからんでもないかなぁ、と。

だけど、シェアをとる以上に、

|短期的な利益を追求し、新事業への投資を要求する
|株主を意識するあまり

だとすると、それって本末転倒というか、
株主重視経営を履き違えてないか…

まずは、お客さんあっての商売でしょ?
お客さんが求めてない(=そんなにお店イラナイ)ことを
やっちゃうのって、間違ってるよねぇ。

●とりあえず、やってみる。
 (ほぼ日刊イトイ新聞~ダーリンコラム)

わたしは常々、好きなことはもっと好きに、
キライなことでもせめて±0に、と思ってます。

なんかね、好きとかいいと心から思えることが
が多いほうが、楽しそう、てか楽しいはず。

あれはどうこう、それはどうこう、
って、批評してるのか、文句言ってるのか、
そういった心根で、生きているのって、
すごくもったいない気がするんだよね。

そうは言っても、入っていきにくいところは
やっぱりあるんだけど、少なくても頭からけなしたりとか、
そういうのは、努めて避けたいなと思います。

好きなものがいっぱいあって、
どれもいい、どっちでもいい。

そういう「どっちでもいい」なら、
welcomeですよ。

●××はほのおをはきだした!(ドラクエ風)
 (スタパブログ)

デジモノ人柱系なのが面白かったんだけど、
最近はどうも、猫ブログ化して趣旨違うんじゃ…
と若干、辟易しつつ見ていますが、
この写真は、すげーっと。

なんかCGで炎を付け加えたら、ドラゴンみたいに
炎を吐いてる図になりそう。
3枚目の芸人チックな表情にも注目。

●なんと、小天守にも!(HAZAMA BLOG~Forward)

愛媛の大洲城や宮城の白石城など、
城郭建築の本格木造復元も手がけたことがある
株式会社間組の社員さんのblog。

名古屋城本丸御殿の復元工事も手がけるみたい?

で、1/16の更新ではなんと、熊本城の小天守も
今年の1/1から試験的ではありますが、
公開されているそうです!

外観復元天守なので、中身はまぁ…置いといて、
大天守を違ったアングルから眺められたり、
宇土櫓がどう見えるのかなーとか、結構気になります。
てか、城主だし!知らんでどないすんねん!

とはいえ、熊本なのでそうそうは行けませんが、
ちょっと、記憶の片隅にでも。

●いや…こんなに30を強調されると。。。
 (マイコミジャーナル)

前もどっかで生地にした記憶がある…
って、約2ヶ月前

応用した製品、ってのがコレだったのね。
これ、パッケージがすごくないですか?
男30、キケンみたいな感じ(笑)

店で手に取ると、このヒト気にしてんだーとか
思われてんじゃねーかとか、無用な自意識が芽生えそう(爆)

●世界初の禁煙国。(IDEA * IDEA)

これだけ聞くと、ちょっと衝撃的だけども、
もともとあまり喫煙者がいないのであれば、
かの国にとっては、そんなに極論じゃないんだろうな。

違反した際の罰金の高さや自宅用に輸入する際の
関税(200%!)には、徹底的だなと思います。

世界の規範…か…道程は厳しそうですね。

●サブディスプレイブーム?(GIZMODO JAPAN)

USBでディスプレイにつなげるアダプタ、
というのはありますが、アダプタじゃなく、
液晶そのもののインタフェースがUSB、というのが、
出てきているみたい。
USBバスパワーでACアダプタ要らず。

一昔前のNetbookに搭載されていそうなくらいの
7型WVGA解像度で縦に回転することもOK。

なんかウインドウを常に出しとくくらいなら、
ちょうどいいのかもしれませんね。
15,000円くらいというから、それなりに手軽な価格。

ちょっと狭いという人には、8型VGAってのも。

ちなみにわたし、LOOX P22型ワイドのディスプレイ
つないでるんですがね。LOOX P自身の液晶をサブに
使ってるんですよね、家では。
iTuneを常時表示したりして、結構便利。

第2弾へ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥中華 in 多摩センター。

ネタ記事の前に、今日のお昼の話。

先日、山形・天童を通りかかったとき、
わざわざ下車して、ラーメンを食べに行きましたが、
その味を知っているのは、こちらで食べていたから。

山形ラーメン・天童
ちょっと食べたくなったので、行ってきました。
立川から多摩モノレール。
立川住人になって、もう1年近いのに、
多摩モノレール、初乗車でした(笑)

車内は大阪モノレールと似た感じだけど
車窓から、富士山が見えるのはすごいね~いいね~

さて、ラーメンです。

P1000048

いわゆるラーメンっぽくなく、
スープがちょー和風なところが好み。
相変わらず、スープが美味いです。
脂たっぷりのラーメンは苦手だったりしますから。

だけど、以前より味が落ちたような?
気がしますね。鶏もちょっと堅かったし、
おおーっという感じが少ない気も。
てんかすも気持ち少なめだしな~。

天童の水車生そばのほうがやっぱ、上かも。
ま、東京で食べれるからいいか。

なぜかカウンターにファイナルファンタジー12の
ポーションがっ(笑)

P1000047

あと、帰りにマンホール。
雨水の貯水槽なんでしょうかね?
シンプルながらも、かわいげがあるデザイン。

P1000052

こちらは、遠景に富士山と…
これどう見ても、鮭ですよね?

P1000053

うそーー、多摩川に鮭戻ってくるの?(笑)
いや、ほんとに戻ってくるんだったらゴメンナサイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

The 5th Anniversary!

今さっきまで、ネタ記事書いてたんですが、
ものの見事に、消去されてしまいました…

Firefoxのお助けアドオンを入れていたのですが、
いらんときも残ってたりするので、OFFにしてたんです。
…やっぱり、こゆのって忘れたときに、
やってくるんですねぇ。

ま、今回はネタ記事の引用元はkeepしてあるので、
また書かせて頂きやす。

で、今日。
blogをはじめてめでたく5周年を迎えましたっ。
5年も書いているんだなぁ…
5年って結構な期間ですよね。

昨年、ココログ出版とかでカタチに残そうか、
と思って結局しなかったんだけど、
5年って、ちょうどいいキリなので、ぜひ近いうちに
本にしておきたいな、と思っています。

が、(ご承知の通り)記事数が記事数なので、
最低でも1年=1冊くらいにはなりそう。
下手をすると、200x年前半/後半で、
分けないといけないかもね。

2月はいろいろ予定があるので、手を付けられそうなのは、
3月以降かな~って感じではありますがね。

GWあたりにできた本を読み返してみて、
この5年を振り返る…なんてことができたら。

はじめて1年経ったとき、長続きしそう
と思ったけど、ほんとに長く続きました。

元はというと、自分の書きたい衝動というか、
脳裏に浮かんだことを少しでも留めておきたい、
消えてしまうのがもったいないという感覚から、
HPだったりblogをはじめたわけですが。

仕事が変わったときに、自らと向き合い、
どう落としどころを付けるのか、
そんな場を提供してくれたのも、blog。

3周年のときの記事は、今でも読み返してみて
記憶と感情の流れを噛み締めておきたいです。

付随的に、関心の近しいひとからコメントをいただけたり、
自分ってどういうことを考えているか、
何を大切と思い、どうなりたいと思っているか、
ある種の自己紹介ツールのようにもなったりして。

これを読んで何かを考えるきっかけになったりとか、
楽しみにしてくださる方がいたりすると、
自らにとどまらず、何倍ものプラスの影響があったり。
うれしいことでよ、まったく。

加えて、つながることを中心にしているSNSと違い、
関心を軸につながりあえる、っていうのが
blogのいいところですよね。やっぱ、自分にあってる。

2周年のときに書いた「浸透している」感じは
まだまだ続いています。

なんか、去年と同じようなこと書いてるよなぁ(笑)

5年も続けていくと、確実に、かつ思っていた以上に
うれしい変化がありました。
でも、ウイスキーに喩えるなら、まだまだこれから。
もっともっと美味しくしていきましょう。

これまでも、そしてこれからも、
たくさんの「ひきだし」が集まった
大切な「あそびば」になっていく気がします。

お世話になっている方々、
これからもどうぞ、よろしくお願いします。

これからつながりあうであろう方々、
その日が来ることを心待ちに致しております。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »