« まとまりのない…話で。 | トップページ | The 5th Anniversary! »

贅沢なテイスティングとNew comers。

早速実行しました…世にも贅沢なティスティング…
余市1987non chill-filltered、余市1988、宮城峡1988。

P1000016

余市1987ノンチルは、余市を飲み干す美味さ…
とかねがね聞いておりましたが、もうまさにこれぞ余市!
ピートの効き具合の絶妙なこと。

ラフロイグみたいに、スモーキー過ぎず、
甘さを残しつつ力強さをダイレクトに感じます!

で、そのあと余市1988を頂くと、
深みを帯びた甘さを感じ、1987との明確な違い。
時が経つにつれて、潮の香りを感じたり、
変化があってとても飽きない。

最後に宮城峡1988。余市のあとに頂くと、
その軽やかさ、フルーティさが特に強く感じられます。

さて、そうこうしているうちに頼んであった、
New Comersの登場。

Kaoriさんオススメのシングルカフェモルト。
ブレンダーズバーで頂いて、その特徴的な甘さに
やられました。こちらはまた追々。

外装もオシャレ。

P1000017

ブレンダーズバーで見たとおり、
ボトルもいい感じ。切手のデザインが特徴的ですよね~

P1000021

もひとつはスーパーニッカのSpecial bottle。
有田焼のボトルに九州の古地図が描かれてます。

P1000028

すごく芸が細かいのが、福岡藩黒田家や佐賀藩鍋島家、
薩摩藩島津家の名前が「松平」になってること。

P1000033

P1000038

これ、特に有力な大名には松平姓を与えていて、
江戸時代は松平姓を名乗っていたんですよね。
これ、歴史に詳しくないと、???って思うと思います。

もうね、このボトルが気に入って、
オークションを競り落としました。飲み干したあとも、
ウイスキーの貯蔵用に残しておきたい逸品。

|

« まとまりのない…話で。 | トップページ | The 5th Anniversary! »

「グルメ」カテゴリの記事

コメント

最近、美味しいウイスキーの作り(飲み)方を教えてもらい、
いままで飲んでたのは何だったんだ??と思うことがありました。
奥が深いんですね、きっとね。
有田焼のボトル、ものすごく素敵です。
わたしもきっと大切にとっておきそう。

投稿: はるか | 2009.02.01 22:12

nikko81です。

●はるかさん

ウイスキー、すごく奥が深いと思います。
美味しい飲み方、なんでしょうね、気になります。
これで、はるかさんもウイスキー仲間に?(笑)

有田焼のボトル、いいでしょっ。
めちゃめちゃ気に入りました。

有田焼カレーの器とあわせて、焼き物は
有田焼比率が高くなりました♪

投稿: nikko81 | 2009.02.02 00:46

nikko81様

シングルカフェモルトをご購入頂きまして有り難うございました。

自分が美味しいというものをお勧めさせて頂いて、その方が又美味しいと言って下さると嬉しいものですね...。


投稿: Kaori | 2009.02.10 01:51

nikko81です。

●Kaoriさん

シングルカフェモルト、隠れた一品ですね。
ニッカのページでは告知されていますが、
やはりWeb限定ということで、ご存じない方が
多いのかもしれません。

Kaoriさんのお勧めがなかったら、手を出して
いなかったと思います。有難うございました。

投稿: nikko81 | 2009.02.11 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/43917185

この記事へのトラックバック一覧です: 贅沢なテイスティングとNew comers。:

« まとまりのない…話で。 | トップページ | The 5th Anniversary! »