« 年末一斉ネタ記事大放出~その8~ | トップページ | 2008年を振り返れば。 »

年末一斉ネタ記事大放出~その9~

その9ですぜ、あんた。
どんだけ溜めてたんだいってなもんさ。

残りは、PC関連がほとんど。
マニアックさアップでいきまっせ~

●ONKYOのオーディオNettop。
 (本田雅一の週刊モバイル通信

Netbookにはあまり関心が行かないんだけど、
これはちょっと気になっているんだよね。

だけど、どれだけ音にこだわるかというところ、
ちょっとわかんないんだよなぁ…

いい環境をつくっても、あんまり聴き分けられない
ような気もしていてね。

とはいえ、明確にPC的なところでコストダウンをした分、
付加価値としての部分にしっかりと還元されて、
PCの設計思想としては、すごく共感できるんだよね。
ちょうどここで書かれているような期待を
実現したひとつの例、と言えるだろう。

しかも、ここまで評価がいいと試したくもなるもの。
どうしようかいまだに迷い中である。

リッピング+WMA保存+ファイルサーバって感じかな。
あ、だったらHDD160GBじゃ足りないか…むにゃむにゃ。

●EeeBoxも進化してんだよねぇ。(GIGAZINE)

いるかどうかは別にして、外付けVGAやHDMI、
って載ってくると、相当見え方が変わってきますね。

音楽重視なら、ONKYOだけど、
Asusも魅力的ではあります。
まだ、登場はずいぶんと後になりそうな気も。

●Netbookで見れてもねぇ…(IT-PLUS)

Nettopで見れるというデジタル放送チューナー。
確かにAtomで地デジというのは、
よく見れるようにようにしたなぁとは思ったけど。

でも…なんちゅうか、そこまでモニタあるんだし、
別にいいやって感じだな。

録画するなら、もっと別の方法考えますってば。

世間一般はわからないけど、ちょっと
ニーズは少なめな気がしますがね。

●海外行くなら、これが楽でいいか?
 (日経トレンディネット)

世界各地のインターネット接続サービス
利用権1カ月分と接続ソフトのセット。

よく海外に出る人なら別だけど、
ごくたまーーーにしか行かないと、
こういうのだけあればこと足りるかもね。

1ヶ月間っていう期間が微妙だけど。
もっと期間と価格のバリエーションが欲しいところだね。

●こういうのがあるから、意欲が削がれる。
 (山田祥平のRe:config.sys)

たぶん、好きなところで録画した番組を
持ち出してみるっていうのは、過去の話になるのかも。

テレビ局のほうは、どう思ってるか知らないが、
そんなに著作権を主張して、ガチガチにガードしても、
それに見合うコンテンツがあるとは思えなくなってる。

録画しないものね。まず。

したいと思わない。見逃しても悔しくない。
っていう感じが、自分の中にかなり根付いてるし。

天地人だけは録画できたらな、って思うけどね。
まだ、出ずっぱりで旅先にいて、
テレビを見れなくなったりするかも、だし。

だけど、そのためにレコーダ買うか?
というと微妙。それまでにホテルにもどれ(笑)

社会一般の動きになるとは限らないけど、
地デジで録画にいろいろ制限 → めんどくさい →
だったら、録画しなくていいや → 録画機能への関心激減
というルートを確実にたどっている…

誰がためのテクノロジー、と言われている間は、まだいいよ。
そのうち言われなくなったら、どうします?

●Microsoft謹製、折りたたみ式モバイルマウス。
 (日経トレンディネット)

Tablet PC万歳、って言ってただろーがといわれそうだが、
日常の軽いネットサーフィンや、旅先での利用には
ペン操作は非常にいいのだけれども、最近の段々ハードになる
blogの長文更新の際には、やはりマウスが欲しい。
(LOOX P70YNのペン操作の感度が
 前モデルより悪いこともあるけどね)

というわけで、旅先にはマウスは持っていかないのだが、
こうして出先(=今回は実家)で大量に更新する予定のときは、
マウスを持っていっており、今はELECOMのくるっと
まわしてたたむタイプのモバイルマウスを使っている。
デザインはいいし、かさばらないが使い勝手は…
可もなく不可もなくと思うようになってきた。

で、新しく出たMicrosoftのこれ。
なかなかデザイン的にも優秀で使ってみたくなる。

どうせ、長時間blog書きまくりの際に持っていくマウス。
多少かさばっても許容範囲である。

今、blogネタ用のブックマークをみて、
こういうのがあったかと思い出したが、ちょっと
さっそく体験してみたくなったぞ。

ま、今日だけで相当時間費やしてますからね。更新に(爆)

●反射型と透過型を両立する液晶。
 (Infoseekニュース)

最近は少なくなったが屋外で見やすいように、
太陽光を反射してバックライト代わりにする反射型液晶。

これ、屋内では光量が足りずに見にくいんだけど、

|屋外では太陽光を使う反射モード、
|屋内や夜間ではバックライトを使う透過モードへ

ワンタッチで切り替えられるという。
これすごいね。モバイラーには響く機能だよ、これ。

LGディスプレイ製だそう。

●東芝の急速充電PCが早くも?(イザ!)

CEATECでおもしろいなーと思っていた、
10分程度で充電できる急速充電電池をつかったPCが
さっそく2009年に発売される見通し。

燃料電池も東芝は手がけているし、選択肢が広がるのは
うれしいニュースだよな。

個人的には今のままだと燃料電池がいいかなと思うけど、
もっとコンセントがつかえる場所が増えると、
逆に急速充電のほうがいい。

今はまだ、コンセントを使えるところを
探さなくちゃいけないからさ。

会社間で移動するようなビジネス用途なら、
いいかもしれないけどね。

●HPのPC戦略の転換。
 (本田雅一の週刊モバイル通信)

確かに、と納得させられた記事。
HPは変わったと一ユーザーから見ても思うもの。

経験価値に重点を置き、低コスト高スペックを謳うのではなく、
低コスト高デザイン、よい使い勝手を実現する。

要は、顧客にとっての価値って何?
というところを見据えると、スペックではなく
デザインだったり操作性だったり
というニーズの変化を聞き入れるというのは
こういうことなんだ、という気がします。

一貫性があって、イメージが形成されるように、
うまく導いている感じがするな。

HPは個人的に今後も期待できるな、と思ってます。

●今年の話題をさらったNetbookとSSD。
 (元麻布春男の週刊PCホットライン)

まさにその通りだと思いますね。
Netbookが一般ノートPCの価格下落を引き起こしたのは、
まず間違いがないしょうね。

ただ、あまり面白みが欠けるのも事実。
むしろ、SSDの動向のほうがよっぽどおもしろい。

今年の初めに清水の舞台から飛び降りる気持ちで、
SSDにしたけれども、おそらく今なら
もっと安く買えていたのに、とは思うが、
先行してSSDを体験できているのは、
PC好きとしては、よかったと思っている。

Intelの1.8型ももうすぐ市場に出回るようだし、
東芝も1.8型で256GBで相当な高速品が出るみたいだし、
どんだけ速くなるのか、楽しみではあるな。

●2009年のPC業界を占う!?
 (本田雅一の週刊モバイル通信)

で、2009年どうなんのという話。

どうだろうなぁ、長期的に魅力に耐えるデザインって、
ありえるのだろうか?という気もする。

やっぱり、年3回は多すぎるとしても、
1年に1回はデザインが変わって欲しいと思うんだよね。

どれだけよく練られたデザインでも、
移ろいやすいエンドユーザの関心を何年もわたって、
引き止めておくには、PCのデザインっていいものは、
何年経ってもいいものだよね、と思える土壌を
造るところからはじめないといけない。

だけど、ケータイもそうだが、PCのデザインって、
自分はかなり自分の関心事や嗜好の傾向を反映すると
思っていて、だからこそその人その人の、
関心のベクトルの状況に、引き付けられる意匠が
変わってくるのでは、と思うのだ。

だとすると、いろんなデザインがあっていいし、
そのデザインはどんどん競ってほしいと思うんだよね。

サービスとソフト、ハードの連携は、
今までからPCが不得意なところだよなー。
なんか変えて欲しいけど、変わるのかなーという気が。

モバイルWiMAXは…サービスが出てみないと、
素人にはなんともいえないが…
その頃には、自分のケータイ+通信カードを
どのキャリアで進めるかを考え直さないと
いけないかもしれないな、と。

au+WILLCOMって、かなり不利だと思うんだよね。
両方がWANをもってるから。

ケータイをauにするなら、au+モバイルWiMAXにし、
WILLCOMを取るなら、WILLCOM CORE+docomo。
WILLCOM+docomoの提携があるらしいからね。

ま、まだまだ先な気がしていますよ。

さて、明日は1年(ええ!)もほったらかしの
マイフォトの更新と今年最後のご挨拶を予定してまーす。

|

« 年末一斉ネタ記事大放出~その8~ | トップページ | 2008年を振り返れば。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末一斉ネタ記事大放出~その9~:

« 年末一斉ネタ記事大放出~その8~ | トップページ | 2008年を振り返れば。 »