« 年末一斉ネタ記事大放出~その6~ | トップページ | 年末一斉ネタ記事大放出~その8~ »

年末一斉ネタ記事大放出~その7~

腹も減ってきました~きゅるる~

●え、あかんのか…でも…(Cnet JAPAN)

充電しながらの携帯操作、8割半が経験あり、
という話なんですけどね。

え?みたいな軽い衝撃が。
PCの感覚があるかもしれないけれど、
充電しながら操作するのって、
電池パックに大きな負担をかけてしまうとか。

でも、できることがあれだけ増えると、
電池が切れることもすごく多くなるし、
そうもいってられないよねぇ。

やっぱり、電池容量に比べて、
電気を多く消費する機能が多いからなのかもね。

●以前から言われてましたよね。(イザ!)

上越市が名称変更の検討がある、という話。

そもそも、上越新幹線は群馬(上野)と越後(新潟)を
結ぶという意味で、理にかなった名前だが、
「同じ」名前の上越市には行かないという点が、
わかりづらいと従来からいわれていたと思う。

北陸新幹線が新潟県を通る機会に、名前を変えるのは
いいことだと思いますね。よそ者ですが。

ただ、頸城野市はいいとしても、くびき野市は
やめてほしいなぁと思うんだけど。

難しい漢字 → ひらがなにしようという感覚が許せない。
実は、さいたま市とかも非常に違和感を覚えるもので。

●ATOKよ、再び。(山田祥平のRe:config.sys)

WinXPのTablet PC Editionのとき、すごくATOKの
相性が悪くって、はずしてしまった記憶があるんだけど、
もう…最近MS-IMEの馬鹿さ加減に、不満爆発。

Vistaになったことだし、ATOK入れてみたい気が
またむくむくとしてきましたね。

感動変換、ATOKですよ。比較対象が
しょぼすぎるから…という気がすることが悲しいが。

ATOKは月額300円で最新版が使える
「ATOK定額制」サービスなんてのもあるようで、
気を配らないうちに、時代は変わるなぁ、と。

●こんなことが…あるのか??(GIGAZINE)

猫が行方不明の幼児を保護していたという話。
狼少女ならぬ、猫赤子とでも?

ほかにも猫に限らず、他の動物の面倒を見る
例があるような気がしますが…

猫がからだを暖めたり、食べ物をやったり、
していたのが幸いし、命拾いしたそうな。

この赤ん坊、この先も猫にかかわりが深いのかも
しれませんね。

●江ノ電が発令した辞令。(イザ!)

いい話ですなぁ。

江ノ電の運転士になりたいといって、
先天性の心臓疾患で亡くなった少年に、
運転士の辞令を交付したという話。

いや、それだけっちゃそれだけだけど、
暗い話が続く今、ちょっと光ったような気がしてね。

●自然が造る青は格別。(GIGAZINE)

ブルーホールという自然が造る青の写真。
ブルーホールとは、

|かつての洞窟や鍾乳洞が何らかの理由によって
|海中へ水没し、浅瀬に「穴」が開いたように
|なってしまっている不思議な地形

をいうそうです。

イタリアの青の洞窟を髣髴とさせるような、
深くて吸い込まれそうな美しい青ですね。

●Suica&Kitaca、相互利用。
 (マイコミジャーナル)

3/14かららしいです。SuicaとKitakaの相互利用。
あ、KitakaはJR北海道のICカードのことね。
その頃になると、余市にいくのも便利になりそうですかね。
(また行くつもりーーーー???)

個人的には(絶対無理だろうけど)、
新千歳から出ている快速エアポート、小樽行じゃなくて、
余市行きにしてもらえないかな~

●意味を考えない、か…アーティストはどう思う?
 (イザ!)

これ、けっこう衝撃的だったんだけども、
洋楽じゃなくって、邦楽でも意味を聴き流して、
あたかも、インストとして聴いている人がいるとか。

そんなに文字をスルーすることができるものか、
とびっくりすると言うか、信じられなくて。

もちろん、ことばがすべてではないし、
逆にことばがあるからこそ、ことばが障害になる、
沈黙が大事なんじゃないかみたいな風にも
考えられるんだけど…

このようなことばの罪っていうのは、
ことばがあってはじめて存在するもので、
そもそも、言葉をスルーするってのとは違う気がする。

これ、アーティストにしてみれば、
相当ショックなんじゃないかな…どうなんだろ。

ちょっと、これについては、
いいことなのか、悪いことなのか、わかりませんが、
少なくとも、何か考えさせられることではあります。

●余市と竹鶴を飲んで、タンチョウを救おう!
 (ニッカウヰスキーHP)

今なら、余市と竹鶴を買うと、1本あたり30円が、
(財)北海道環境財団に寄付され、タンチョウと釧路湿原の
保護に役立てられるそうです。

わたしは、特に釧路湿原が好きでして、
過去に3度ほど、訪れています。

大好きなウイスキーを飲んで、
大好きな自然を守ることに協力できるとは。

いいですね、こういうの。

●そうか、そういう人もいるんだろうな。
 (ITmedia+D モバイル)

|とにもかくにも“iPhone”な一年でした

だそうだ。

あれほど、興味が出ないデバイスも珍しいんだけど。
自分としてはね。

タッチパネルなのにね。

●これ、ニーズあると思います。
 (イザ!)

mixiが住所を知らない人に対して、
年賀状を送るサービスをしているが、
さらにそれが進化したようなサービス。

メアドがわかれば、携帯サイト上から
伊勢丹や銀座千疋屋などの贈答品を
贈ることができるそう。

もちろん、ちゃんと意思確認をして、
相手の了承が必要ですけど。

携帯サイトからってことと、
伊勢丹や銀座千疋屋とお店が限定されるのが
ちょっと残念かな~

特にわたしとか、旅好きなひとがよくblogに
きてくださるだけに、旅先で見つけたこれを…というのを
住所を知らなくても贈れれば、面白いと思うんですがね。
(旅好きなひと、そこのあなたですよ、あなた)

|

« 年末一斉ネタ記事大放出~その6~ | トップページ | 年末一斉ネタ記事大放出~その8~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末一斉ネタ記事大放出~その7~:

« 年末一斉ネタ記事大放出~その6~ | トップページ | 年末一斉ネタ記事大放出~その8~ »