« 九州城廻~天草編~ | トップページ | とりあえず、雑談から。 »

九州城廻~長崎編~

さて、長崎に到着。

P1130169

タイトル"九州城廻"なんですけどね…
長崎市には城はありません!

元はというと、長崎は大村純忠の一領地で、
近辺では玖島城(大村城)がある。

富岡城から抜けるため、長崎にたどり着いた、
というほうが正確な感じ。

時間も昼の12時を過ぎたあたり、夕方5時過ぎには、
長崎空港行きのバスに乗る算段。

さて…時間が微妙だけど、前回(もう3年前!)に
長崎を訪れた際に行けなかった崇福寺。

中国系の日本最古の寺院で国宝が二つもあり、
関帝廟もあるということで。

前回は山門だけだったけど、
今回は奥まで潜入します!

不許葷酒入山門。
も、もちろん、酒は飲んでませんよ!

P1130174

ちなみに「葷」とはにんにくやニラ、たまねぎなどの
辛味や臭みをもつ植物のこと。精力がつく野菜。
臭い息で禅寺に入ってはいけませんよ。

三門。竜宮門ともいうが、なるほど、
どこか竜宮城を思わせるシルエット。国重文。

P1130184

全体的に赤を基調に派手なのが、
中国系寺院の特徴。日本寺院にはない面白さ。

P1130183

聖寿山の字はインゲン豆を日本にもたらした
隠元禅師の筆によるものだとか。

こちら、国宝のひとつ第一峰門。

P1130194

額の字は、初代住職となった隠元禅師の弟子、
即非禅師の書だそう。
軒裏の組み方は中国でも珍しい様式。

P1130199

扉にはボタンとコウモリの意匠。
日本の鶴亀のように、中国ではコウモリが
幸運の象徴なんですよね。

P1130204

コウモリの彫り物、かわいらしいですね。

P1130206

もうひとつの国宝、大雄宝殿。

P1130202

二層目は後に増築されたらしいが、
形だけは、和様っぽい気もします。

漢字四文字の額縁はいかにも中国!
という感じを起こさせますよね。

P1130212

逆擬宝珠。なかなか珍しい。

P1130213

関帝堂。関羽将軍、顔が黒すぎます。。

P1130210

媽姐堂。県文化財。
1794年の建造。扁額がちょっと擦れてますが…
媽祖は、中国特に華南地方で崇敬される
海上を守護する女神さま。

P1130222

その前に立つのが媽姐門。
媽姐堂よりも後年(1827年)の再建だが、国重文。
なんで?

P1130220

扁額は美しいですが…

木魚の原型となった魚板。叩いて音を鳴らすことで、
集合の合図として使うみたいですねぇ。

P1130224

ちょっと表情がコミカル^^;

さて、もう一度振り返り際に第一峰門を撮って
次へと進みます…

P1130232

とはいうものの。ノープランなんですよね(爆)
どうしよっかなぁ…

ぶらぶら歩いてると眼鏡橋。
美しいシルエットの橋が架かっている川は良いですね。

P1130244

途中で坂本龍馬が始めた亀山社中に通じる道。
ちょっと行ってみるか!

P1130262

着いてみて、がーーーん。閉鎖かよーー。
こゆとこ、行き当たりばったりの悪い例(苦笑)

P1130264

その代わりに、こんなの出ました。
お呼びでないんですけど…

P1130265

実はこの後も、続々と猫軍に包囲されて、
あたりはすごいことになってました^^;

ちなみに右の猫、尾が団子状ですよね?
このほか途中で曲がってたり、
変わった尾の猫が多いのが長崎。

南方の猫で、江戸時代唯一の貿易港だったため、
多く見られるなんて聞いたことがあります。

ずっといるわけにもいかないので、
下っていきながら、ezナビウォーク。

何かないかな…と気になる場所を発見!
長崎歴史文化博物館。こんなのあったっけ?
と思ったら、2005年11月開館。

前回長崎に着たすぐ後に開館したようです。
なんだ、分かってればここに行くのに~

向かう途中、民家の軒先できれいな紅葉。
長崎で見たのはここくらい。

P1130282

長崎奉行所を模したもののようで、
建築的にもちょっと気になるところでした。
木造でしっかり造られている感じがするし。

P1130288

奉行所ですからここで江戸町奉行所みたいに
裁判みたいなこともするんでしょうかね?

見たところ、破風の形は違うけど、
高山陣屋のような感じもしないではない。

P1130294

これはNG!何この石垣~
石じゃなくてコンクリで造ったみたい、
すっげー手抜きじゃね?

P1130298

気を取り直して中へ。
でも、この時点であまり時間が残されておらず、
ざざーっと見るにとどまり。

もったいないなぁ…とすごく後ろ髪惹かれる思い。
じっくりと見学したいもんですね。

抜け荷(密貿易)で不正に取引された貴重品の処分を
処分するくらいなら安く卸してくれ、といって、
お上の仕事に口出しするな、と厳罰処分の例とか、
もったいない…という庶民感覚が出ていて面白い。

あと、遠山の金さんの親父さんが、
長崎奉行をしてたんだね。へーーー。

ということで、1時間も居れずに退却。
バスターミナルまでにあった中町教会をパチリ。

1897年に創建、原爆で尖塔と外壁を残し、
焼失するも、それらを活かしつつ再建された歴史ある教会。

教会の建物もすばらしいけど、
手前の壁の部分がちょっとモダンな感じがして。

P1130315

…はい、長い間お付き合い頂きありがとうございました。
やっとここで、先週の話が終わりましたよ…ながっ。

いつもの気になる記事はこれからこれから。
また平日、時間を見つけてチョコチョコ書いていきますよ!

|

« 九州城廻~天草編~ | トップページ | とりあえず、雑談から。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九州城廻~長崎編~:

« 九州城廻~天草編~ | トップページ | とりあえず、雑談から。 »