« CEATEC 2008 ケータイ編。 | トップページ | CEATEC 2008 映像・PC編 その2。 »

CEATEC 2008 映像・PC編 その1。

さて、次はテレビ/映像、PC編。

●東芝ブース

個人的にすごく関心があった超解像技術。
まずは、DVDでもハイビジョン並みに…というXDE。

Ceatec2008042

昔の映像をむりやりDVDにしたようなのだと
あまり効かないようだけど、ここ数年のDVDだと、
けっこう効くようだった。

比較対照のデモでも、ハイビジョンに匹敵、
という言葉は、まぁアリなのかなと思わせる画質。

とはいえ、もともとHD画質なものをSD画質に落とし、
これにアップコンバートさせているようだ。

総じて、「XDE」の画質には期待が持てそう。
あまり録画はしないので、このDVDプレーヤでいいかなと。

Ceatec2008043

かんたんシンプルなレコーダも。
でも、これ買うんだったら、素直に
普通のHDD/DVDレコーダ、買ったほうがいいよね。

Ceatec2008044

珍しい、立てかけ型の液晶テレビ。
設置面積がすごく小さい。コンパクト。

Ceatec2008045

といっても、ほんとに立てかけるだけで、
ちょっとした振動でズダーーン、ってなことにはなりません。
わずかに支える部分はありますよ。

Ceatec2008046

こちらはもうひとつの超解像、レゾリューションプラス。
実は、フルハイビジョン液晶が増えている一方で、
地デジ放送は1440*1080どまり。BSは1920*1080。

つまり、地デジはフルHD(1920*1080)を活かしてないわけ。
そこをうまい具合に画素を補完して1920*1080に
補正するのが、レゾリューションプラス。

けっこうよくわかるのですが。
写真でも、芝生の目の細かさが出てますよね。

Ceatec2008047

同じ仕組みは、東芝のAVPC・Qosmioにも。
PC用に最適化されてはいるが、やはり専用GPUで処理。

Ceatec2008052

東芝・ソニー・IBMで共同開発され、
PS3にも搭載されているCellプロセッサを組み込んだTV。

同時に48チャンネルを表示したり…

Ceatec2008049

いくつかの番組を時間をずらしながら、
表示してみたり…曲芸のようなことができるみたい(笑)

Ceatec2008050

でも、一番実用的なのが、チャンネルを切り替えるのが
とても速いんだよね。地デジって普通、
切り替え遅いですよね??

CELLTV」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

ちょいと、やりすぎの感もあるが…

話題のネットブックも。
やはり、ちょっとしっかりしてるなという気はする。
気はするんだけど、やっぱ特徴ねーよな。

Ceatec2008051

東芝が毎年、出展してる燃料電池。
年を重ねるごとに小さくなってて、進化が伺えます。
普通のケータイよりちょい厚いかなーという程度。

Ceatec2008054

この小さな部分が燃料電池だそう。

Ceatec2008055

前も出ていたようなエタノール燃料。
先ほどの試作機だと、15回分の容量だそう。
連続待ち受け時間は、現行のケータイより短いが、
その都度、燃料を入れればいいよね、という考え方。

Ceatec2008056

やはり、販売ルートの確立は難しいようで、
当初はネット販売になりそうとのこと。
ってことは、けっこう実用か近いってことかな?

さらに、もっと違ったバッテリーライフの提案。
急速充電が可能なSCiB。

90%の容量まで、なんと10分で充電するんだって。
10時間もバッテリがもたなくても、
会議と会議の間にちょこっと充電すれば、
また元通りというわけで、こういったモバイルPCの
使い方もあるでしょう、ということ。

Ceatec2008060

充電の速さはこの通り。相当速いです。

急速充電(東芝)」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

ただ、高い電圧を掛けて一気に充電するため、
PC側でも高電圧負荷に耐えられる構造でないとダメ。
ACアダプタもかなり大きくなるとのこと。

拠点間モバイル、たとえば会社と自宅だけで、
移動中はあまり使わない、という人には、
うってつけの電池かもしれませんな。

さらには電動バイクへの応用も。
PCだけじゃなく、使い方が広がります。

Ceatec2008063

SSDの展示。2009年には512GBに達する見込み。
同時に速さも進化が著しくなりそう。

Ceatec2008068

一方、HDDは現状ですでに250GBに達しており、
容量面ではまだまだHDDに軍配が上がりそう。
でも、容量はもういいような…

Ceatec2008059

●ソニーブース

まず、目に付いたのが有機ELテレビ。
すでに商品化はされているが、さらに薄型化。
もう、薄すぎて不安になりますね。

Ceatec2008074

さらには27型の有機ELテレビ。
これ位だと実用的。でも、11型で20万円もする有機EL、
27型だと、いくらになるんだろう?

Ceatec2008075

こちらもしっかり薄いですよ!

Ceatec2008077

4倍速駆動TV。
倍速駆動が一般的になったところで、4倍速。
60Hz→120Hzになった時は、変わったな!
と思わされたけど、120Hz→240Hzは、
確かに分かるんだけど…ねぇという感じ。

Ceatec2008078

ワイヤレス転送のテレビ。
そろそろ一般的に出てきそうな雰囲気。

Ceatec2008079

Ceatec2008080

Blu-ray搭載のVAIO TT。
ドットピッチが小さいせいか、
よりシャープに見える気がしますね。
たぶん、これに慣れるとDVD戻れなそう…

Ceatec2008081

シャンパンゴールド。こういう落ち着いた色の
金色はけっこう好きですが、前面はちょっと…

Ceatec2008082

これもまた個性的なクリムゾンレッド。
ちょうどこんな感じで液晶部分を
シャンパンゴールドにしてくれれば…
とはいうものの、ソニーはあまり手を出しませんがね。

Ceatec2008083

映像・PCその2へ、続きます。

|

« CEATEC 2008 ケータイ編。 | トップページ | CEATEC 2008 映像・PC編 その2。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/42781567

この記事へのトラックバック一覧です: CEATEC 2008 映像・PC編 その1。:

« CEATEC 2008 ケータイ編。 | トップページ | CEATEC 2008 映像・PC編 その2。 »